FC2ブログ

ポタポタ時々記

シンプル&スローライフ途上の思い、出来事、買い物記録などです。

折り畳み電動バイク「Stigo」…良いなぁ  


 またまたネット情報。「電動バイクを、室内に駐輪 ― 折り畳み電動バイク「Stigo」」というものが出たらしい。
 簡単に折りたためて室内にも持ち込める。これなら乗り物にも乗せられそうだ。しかも、この形状なら、うまくすればこれに荷物を載せて引いて歩くこともできそうだ。しかも重要なのは日本仕様だということだ。今まで電動アシストなど様々な乗り物情報が出てきても、特殊な日本仕様に対応していないというものばかりだったのだが、ようやく日本国内でも気楽に使えそうなもの。しかもデザインも悪くない。そんなものが出てきたようである。

 181215

tb: --   cm: 0

年賀状の印刷も発注  


 このところちょっと風邪気味だったが、ようやく今日になって通常モードに戻ってきたようだ。

 展覧会案内状が解決したので、ついでに…というわけで次は年賀状にかかることにした。
 こんなデザインにしてみた。昨年の賀状と大差ない(笑)。空白の部分に手書きコメントを入れる予定である。

 1812111

 このデザインで、同様に官製年賀状を使って印刷してもらうことにした。案内状では何回か間違っているから今度は大丈夫だろう。
 18日完成予定日ということで、200部(このところ同じ部数)、価格¥14,644(官製年賀ハガキ代込み) だった。

-----------------------------------
発注日:2018/12/11
受付番号:V*******
商品名:官製年賀はがき(弊社立て替え)
送り状品名:2019**賀状
用紙サイズ:ハガキ
用紙:お年玉付年賀はがき(はがき代込)  8~300枚 ―
印刷色数:片面フルカラー

部数:200枚
完了予定日数:7営業日以内仕上
締め時間:24時 入稿締切(月~金) / 17時 入稿締切(土日祝日)
製品価格:14,644円
オプション:
小計:14,644円
-----------------------------------
発送先 : 登録住所へ発送
-----------------------------------


 そして数分後には、データのWeb入稿、支払いも終了。
 昨年はコイデカメラにデータの店頭持ち込みだったが、今年はもっと順調に進みそうだ。ただ、送料が余計にかかるのかな?

 昨年のコイデカメラの費用を調べてみた。
 同じ部数で以下の価格だから、今年の方が安く上がりそうだ。(参考:コイデカメラの事例

 ・店内印刷写真入り 11,232円
 ・特急仕上げ       540円
 ・年賀はがき(52円) 10,400円 計22,172円

 ちなみに他にネットではアスクルのページがひっかかった。
 アスクルでは、その他投函まで引き受けるサービスもあったが、オリジナルデザインのものは受け付けていないようだった。
 (アスクルのページ)
tb: --   cm: 0

展覧会案内状の作成  


 またまた間際になってしまった。いつも間際にならないと動き出せない悪い性格である(苦笑)。

 ハガキ印刷等はいろいろ使ってみたが、某印刷所が最も安くて早い。その代わり自分でデータを作らなければならない。過去はIlluseratorで作っていたが、Windows7になって使えなくなってしまったので、あまりメジャーではないCanvasで作っている。だから結局pdfに変換してWeb入稿することにしている。
 某印刷所のWebページに注文方法やらデータの作成方法など様々な詳細が記されている。大分慣れて来たとは言え、あまりにも複雑なのでいつも迷ってしまうのが面倒臭い。

 今回は、案内状600部で2,480円となっていたが、前回の註文で溜まったポイントが1000ポイントあったので1,480円になった。
 今の時間に入稿して、12日に出来るというのだからその速さも凄い。

 これじゃあ町の印刷屋が成り立たないわけだ。私のこうした註文もそれを促進してしまうわけだから心苦しい。

 181209 181209

*     *     *     *     *

 10日朝、データ入稿不備との連絡が入った。
 確認したつもりだったのだが…。

毎々格別のお引き立て有難うございます。
------------------------------------------------------------
下記の件につきまして、入稿データに不備がございます。
再度ご入稿いただくまで作業はストップ致します。
なお再入稿いただくのが締切時間を過ぎてしまった場合は、
一旦こちらのご注文をキャンセルして頂き、改めてご希望の
内容でご注文をお取り直しの上、ご入稿下さいます様、
お願い申し上げます。
------------------------------------------------------------
≪不備内容≫
■お申し込みは片面印刷ですが、データは両面分ありました。
正しい片面分データをいただくか、両面印刷でお申し込みをやり直し下さいませ。
お申し込みし直しの場合は、再度データをアップロードして下さい。            

※再入稿・ご回答いただいてからの納期再カウントとなります。回答・再入稿の日時により完成日が後退いたします。
あしからずご了承下さい。



 仕方ない。再度発注し直し。
 両面(片面フルカラー。片面モノクロ)印刷で3050円だった。 既に振込済みの差額、1570円を振り込んだ。

 その後、再度不備があったとのメール。
 今度はサイズが異なっていた。こういう客を相手にしている窓口もなかなか大変だ(苦笑)。

■ご注文とデータのサイズが違いました。
ご注文ははがきサイズですが、データはA4サイズでできていました。
はがきサイズ(100×148mm + トンボ )、もしくは塗り足しサイズ(106×154mm)で再入稿下さいませ。

○規格仕上サイズと塗り足し
https://www.tcpc.co.jp/links/makeInfo#base01

※弊社の業務では、データの作成は行なっておりません。デザイン作成、ラフからの製版、文章・絵柄の作成・修正、
データを拡大(縮小)するなどサイズの変更は、ご対応させていただくことができません。
※仕上り線は消していただくことをお勧めいたします。

※再入稿・ご回答いただいてからの納期再カウントとなります。回答・再入稿の日時により完成日が後退いたします。
あしからずご了承下さい。



 出力のためのソフト「CubePDF」の詳細設定の中にサイズ指定の部分があった。ここでハガキを指定する必要があったようだ。以前使ったままだったし、他の設定が指示された通りになっていたので、サイズ指定をその度に設定するとは思わなかった。
 但し、PDF出力の際、何故か増し塗りのための余白の上下に「白部分」が出てしまうので、今回は念のためにベースの黄色をやめて白に変更して出力、再送信した。

 これでようやく「チェック完了」の連絡が来た。
 やれやれ…である。それでもこうしたやりとりがネットで行えるのは私にはありがたい。
-- 続きを読む --
tb: --   cm: 0

iPadの交換できたが…リカバリ作業はイマイチ  


 こんな形で新しいiPadが届いた。それに対して、旧iPadはリセットした状態でなおかつSIMカードを抜いて渡した。
 これで交換作業は終了。

 181209

 さて、その後はリカバリー作業だが…。

 iPadをPCにつなぎ、PCの方はiTuneを立ち上げてスタート。
 バックアップは3つ出来ていた。どれが古いものかわからないので上から選択したが、iPadのソフトが古いから云々という理由ではねられた。一番下のものを選択したら作業がスタート。一方、iPadでもWiFi他いくつかのパスワードを求められるし、最後はコード番号(携帯に送られた番号)を入れて確認するといった面倒な作業。
 結局、gmailやメールアドレスなどのパスワードは入力することが多かったが、あるものはパスワード入力が必要だったり、あるものはそれが必要じゃなかったり…、コード番号も何度か選択して携帯に送る設定をしないと送られなかったりと、何だか複雑怪奇。スマートじゃない。

 最後、確認してみれば、Line他、最近入れたアプリが入っていない。
 どうなっているのか未だに良く理解できないが、何とか基本的なものはリカバリーできたようだ。
 入っていないアプリはまた徐々に入れて行くしかないか。

*     *     *     *     *

 その後、こんな返信が来た。

修理が完了しました。
お客様の製品をご送付いただき、誠にありがとうございました。お手元にお届けする交換品にて Apple 製品をお楽しみください。

修理をお申し込みいただいた製品: IPAD MINI 4 WI-FI, CELLULAR
修理 ID: D402565523

修理状況の確認 Web サイトで状況を確認することもできます。
よろしくお願いいたします。
Apple サポート



tb: --   cm: 0

iPad交換のための準備作業  


 年末の忙しいこの時期に、画面が壊れたiPadの交換の準備作業を行うハメになった。

 宅配分で新機を届ける際に、旧機を渡さないといけないというので、金曜日には到着する予定のものを日曜日に延期させてもらったので、作業は本日しかない。
 今まではバックアップなど必要ないと考えていたのでやったことが無かったが、本日は、iCloudへのバックアップとiTuneを使ってのCドライブへのバックアップの両方を行った。

 iCloudの方は比較的スムーズに行えたが、iTuneを使ってのものは新しいiTuneバージョンをDLする必要がありちょっと手間取ったが、それ以上に時間もかかった。恐らく後者はインストールされているソフトのバックアップも行っているらしいせいか。(もっともそれにしてはiCloudは短時間過ぎるような気もするが…。
 いずれにしてもiTuneを使っていたら、いつの間にか「更新」作業まで行うハメになり、しかも途中で停止してしまったような気がしたのでUSB接続コードを途中で抜いてしまったら、再度更新作業に入ったようで、その意味でも時間を要した。しかし、概ねどういうリカバリーをするのか理解できたようだ。
#音楽や映像をダウンロードするような趣味はないし、私にはわかりにくいiTune haはこんな時しか使うこともない。これだけできれば十分である。
 おまけに「更新」とはインストール済みのアプリを再度入れ直すことのようだから、その意味でも時間がかかる作業のようだ。

 あとは初期化して、Simカードを抜いておけばいい状態だから、明日の交換には問題ないだろう。
 但し、おかげでCドライブがまたまた一杯になってきたようで、ドライブ表示が赤くなってしまった。やれやれ。
 
tb: --   cm: 0

iPadの修理依頼  


 長崎旅行中にiPadを何回か落下させてしまった。
 そのため、多少画面にひび割れ状態があったのだが、それ以上にひどいことになってしまった。

 181206

 そのため一応確認しておこうと、Appleサポートに電話して修理の仕方、条件などを聞いた。
 幸い保険に入っていたので、4400円+消費税で済む(2回まで有効)ようだ。

 方法としては、次の3つがあるとのこと。

①近くのアップルサポート店に持ち込む方法…予約状況、在庫状況によってすぐに交換(または修理)とはいかない。

②配達により預かり・返却の方法…これは私は考えない。

③クレジットカード決済による(新機種配達、その場で壊れたものの返却)ExPress修理?…これを使うことにした。

 これの重要なポイントは、宅配便で新機が届いた際、旧機を交換する必要があるということ。これで4400円+消費税となる。
 それができない場合には、¥65664が引き落とされるということである。

 以下の条件に 1 つ以上該当する場合は、¥65664 の未返却料金をご負担いただきますので、ご了承ください。
- Apple に届いたお客様の製品が、保証対象外修理サービスの対象にならないと判断された場合。
- Apple に届いたお客様の製品が、不正に改造されていると判断された場合。



 必ずしも使えないという状態ではなかったが、この際、交換してもらうことにした。
 そして、早速メールで手続き方法等の連絡が来た。

 私にとって重要なポイントは次の2点だった。

①データのバックアックと復元の方法を私は知らなかったこと。一度もやったことがないから。
 しかし、それはこのメールにて知らされるから問題はなかった。

お客様へ
これまでにお伺いした内容からいたしますと、お客様には以下の情報がお役に立つのではないかと存じます。

iPhone、iPad、iPod touch をバックアップする方法
iPhone、iPad、iPod touch を消去する (初期化する) 方法
iPhone や iPad の SIM カードを取り出す/差し替える
iPhone、iPad、iPod touch をバックアップから復元する

お気軽にサポートをご利用ください。Apple サポート では、製品の詳細を確認したり、最新のソフトウェアアップデートをダウンロードしたり、ほかのユーザとヒントや解決方法を共有したりすることが可能です。また、Apple へのお問い合わせに最適な方法をお選びいただけます。



②クレジットカードを使用しようとした際、このカードは使えないとの告知メッセージが出た
 そう言えば、先日医者に行った時、財布に小銭しか入っていなかったのでATMで現金を用意しようとしたら使えなかった。それも使用停止されていたからだろう。

 以前、このカードはICチップの読み取り不調だとかで交換したことがあったが、私にはカードが使えないことの方が問題である。
 早速、カードの問い合わせ先に連絡を入れた。

 すると、カードの不正使用が疑われてカードの使用を一時的に止めているとのこと。再発行をすることになった。
#殆どこのカードはネットでしか使用しない。カード側が自主的に停止したということはカード側の方でデータが流出したに違いないと思ってはいるが…。
 いくつか過去の支払い先についての確認をされた。9万円ほどの支払いの見込みがあったようだが、それは記憶のないものだということで支払い停止してもらった。一応、実害はなさそうである。
 どのようにカード情報が流れたのかわからないが、銀行側で止めたと言うことは、恐らくそちらから情報が流れたものと思われる。
 結局、今のカードは即時停止。一週間後くらいに新カードが届けられることになった。
 登録されている支払い先の更新はこちらで行わなければならない。それが面倒である。
tb: --   cm: 0

うっ滞性皮膚炎 治療完了  


 以前から治療を続けていた「うっ滞性皮膚炎」であるが、2度目の10gのマイザー軟膏がそろそろ終わりそうなので医院に行った。

 一応順調に治ってきているようで、「今まで1回/1日の軟膏塗布を、これから1週間、1回/2日の塗布にしてそれで終了しよう。」ということになった。このマイザー軟膏はステロイド系の薬なので長期使用は良くないらしい。
 ちなみに長期使用すると副作用(皮膚が薄くなるとかカビが生えてくるなど)が大きいとのことである。

 これからはうっ滞が起こらないように注意していかないと、また同じような症状になるとのこと。
 要するに歳のせいで。血液の循環が悪くなるということだから、少しでも足を上げたり、適度な運動によって血液循環を促進することが大切だということである。

 歳をとると予想もしていなかったことが起きるということらしい(苦笑)。
tb: --   cm: 0

パーゴワークス・パスファインダーのチェストバッグ化  


 チェストバッグなんてものがあるかどうか知らないが、ここではそう呼んでみた。

 長崎の旅でやはり便利だと改めて感じた「パーゴワークス PF01 パスファインダー」であるが、これがちょっと不便なのは 
 ①特定のザックに受け部品を取り付けておかないといけないこと
 ②常にザックを下ろす時にこれも一緒に操作しないといけないこと  である。

 ところがこんなもの「MysteryRanchクイックドロービノハーネス COYOTE」があるのを知った。(参考:使い方のイメージ)
 これなら単独で使うことができる。しかし、価格が高い。
 しかし、この形状だとカメラには向いているかもしれないがiPadには使えそうもない。それに、私としては同じようなバッグをいたずらに増やしたくもない。


 それでちょっと頭を巡らした(笑)。
 つまり、「パーゴワークス PF01 パスファインダー」に付属のベルトを追加してショルダーバッグ形式にした上で、ウェストベルトを加えれば簡単にチェストバッグ化できるではないか!というわけである。つまり、女性が良くやっているバッグのリュックサック化と同じようなものである。
 これなら、ザックと別に常に胸の位置で使えることができる。しかもiPad7や本のような嵩張るものをいつでも取り出すことができる。今使っているウェストバッグが、ダウン上着を着た場合にどうしても邪魔になるのに比しても、かなり使いやすくなるのではないかと思う。

 ちょっと試して見たがなかなか使えそうな気がしてきた。特に外スケッチの場合に便利そうだ。
 この際、見かけは無視である(笑)。

 あまり簡単なアイデアなので画像は省略。

*     *     *     *     *

 その後、「ギアスリング」なるものがあるのを知った。
 これを使えば同じような使い方ができるが、無くても済みそうだ。今回は我慢がまん(笑)。

 181208

 
tb: --   cm: 0

長崎に行っていました  


 11月28日から12月1日まで長崎に行っていました。
 関心をお持ちの方は、こちらをご覧下さい。

 なお↓は長崎の稲佐山展望台のレストランで描いた小スケッチです(笑)。

 稲佐山の展望台窓際の席、「トルコライスセット(1500円)」で粘りながら、モレスキンの小さなスケッチブックに簡単スケッチを3枚ほど描いた。
 といっても客は広い空間に私だけだったんだけど…。

 181128

 181130181130

 181130 181130



 この旅行中、カメラなどをどのように所持するかが課題でしたが、次の組合せがとても便利でした。

「パーゴワークス PF01 パスファインダー L ライトオリーブ 」
 リュックはホテルに置いたままで、これにiPadなどを入れて持ち歩いた。

「PeakDesign ピークデザイン プロパッド PP-2」「Excellence カメラクイックリリース」
 これを太ベルトに取り付け、それにデジイチをぶら下げるスタイルである。
 いささか格好はよろしくないが、撮影のタイミングに合わせてカメラ操作ができ、あまり邪魔になることもなかった。
#今まではリュックのベルトに付けていたのだが、リュックと一緒でないと行動できないのが難点だった。
 

tb: --   cm: 0

ブロンプトンもついに電動アシスト?  


 時々覗いている「チャリパカ」(チャリバカかと思っていたらチャリパカさんだった。失礼!)さんのブログで知ったこちらの電動アシスト自転車である。

 20181106

 まさに、Bromptonと間違えてしまいそうな…。
 ハリークインとはもともとはイギリスのメーカーだったらしいが今は日本のGICという会社のものらしい。これじゃあ中国の物まねをとやかく言えないかな?(苦笑)
#もっとも、今や日本の技術は既に中国に追い越されているように思うが…。
 会社のWebPageを見ると、なかなか面白い品揃えをしているようでもある。それにしても安くて良いなぁ。

 これをよく見ると、本家のBromptonと似ているところが多いが微妙に異なるところもある。しかし、こんな電動アシストができるということは、同じ方法でBromptonも電動アシスト化できるんじゃないだろうか。
 私としてはそちらが進んでくれるのを望みたいものだ。
tb: --   cm: 0

キャプテンスタッグのザルとフライパン  


 本日こんなものが届いた。
 今回註文したものは、他のものとの組合せを意識していた。

①CAPTAIN STAG18-8ステンレス深型プレート16cm用ザル M-8187(\1270-)
 181114
 以前購入したシェラカップ「UNIFLAME UFシェラカップ 900」があった。一人分の料理をするのに結構便利に使っていた。持っていた蓋ともなかなか相性が良かった。
 もしやこれに合うのではないかと思ったのだが、狙い通りだった。取っ手を固定すればこのまま蒸し物もできそうだ。
 使い勝手で言えば、これはアウトドアというより家の中で使う予定である。

 なお、「UNIFLAME UFシェラカップ 900」との組合せや、これに使える蓋は下の写真のとおりである。
 この2つの蓋は「ホーローあじわい鍋 弥生(やよい) IH200V対応 18cm HA-Y18/高木金属」のガラス蓋や「アルミ D型 親子鍋蓋 18cm 【業務用】」(サイズは全く同じなので乗せるだけですが)である。但し、つまみは換えていたりする。

 181114
 181114 181114


②CAPTAIN STAGバーベキュー用 フライパン 3層鋼(\1453)
 181114
 
 スキレットは2つ持っている。「イシガキ産業 フライパン 18cm」「ニトスキ19cm」である。両方を使っていればそれぞれの良さがわかるのだが、一人用としてはこの中間サイズがソロ用として使いやすいのではないかと考えていた。
 しかもこれは、以前購入した「MSR コッヘル アルパイン ストアウェイ ポット 1.1L 」とも質感、サイズともフィットするのではないかと思ったのだったが、これもまさに狙い通りだった。これで2つのスキレットが整理できるだろうか。
 このセットはIHでも使えるが、アウトドアでは焚き火でも使えるというわけである。「焚き火には頑丈なステンレスが良く合う」と勝手に思っている(笑)。

 なお、MSRコッヘル アルパイン ストアウェイ ポット 1.1L との組合せや蓋(上記つと同じ)の状況は下の写真のとおりである。

 181114
 181114 181114



tb: --   cm: 0

モバイルFAX  


 私なりに日本のPCの発展経緯を考えて見ると、ワープロとFAX、これらがガラパゴス機器のように思う。

 以前、200数十万円ものワープロ「文作君」が1年後には全く使われていないという状況だったことことを書いたことがある。個人的には「エプソンのWord Bank note2」を使ったりしたこともあったが、結局は中途半端で終わった。

 FAXはどうだろうか?
 まだメールが普及していなかった頃である。これができてから仕事が忙しくなった。
 ファックスを送ろうとして、その度に原稿が戻ってきてしまうというので、相手方に何回も同じ原稿が送られていた…なんていうのは単なる初期の笑い話であるが、私の友人は、クライアントから締め切り時間に間に合うように原稿を送って欲しいという要求に対して、原稿がスムーズに送られないように紙を抑えていて「済みません。FAXの調子が悪いようで送れません」なんていう言い訳をしていたようだ(笑)。私はそれほど悪知恵が回らなかったが…。
 モバイル環境ではFAX送受信をサービスする企業もあったが、もともとあまりニーズがないから使ったことはなかったと思う。
 その代わり、以前紹介したHP200LXとPHSを使って、マクロ操作で殆ど自動的にFAX送信はできていた。交通費の精算などはプリンター代わりに使っていた。この頃がモバイルを使って最も楽しかった頃だろうか。HP200LXで議事録なども取れていたから大活躍だった。今、それに匹敵するような楽しいモバイル機器はないように思う。

 1月の教室展のためのPR資料の締め切りが本日までと言うことだったので、窓口に出向く代わりにFAXで送信してみようと、以前からiPadに入れていた「FAX」というアプリを使ってみた。原稿は撮影で自動的に整形してきれいに取り込んでくれる。
 ただ送信はやはり有料だった。料金は \450/週、\3600/3ヶ月、\5700/12ヶ月だった。

 やはりこれを使うのは見送って、コンビニへ行った。50円で済んだ。
 コンビニの複合機が今やとても便利だから個人でこうした機器や機能を必要とすることはかなり少なくなっている。
 カラーコピーはもちろんだが、スキャナーもいずれは使うことになるだろうと思う。
#今は古いA3スキャナーがあるので、これで描いた絵をスキャニングしているが…。

 
tb: --   cm: 0

ハンディスモーカーというもの  


 TVから何となく流れていた放送でこんなもの「ハンディスモーカーFUMO」があることを知った。

 アウトドアに関心を持つと燻製づくりなどもちょっと面白いと思ったりするが、これはそれを手軽にしてくれるらしい。

 同じようなもので「GLUDIA燻製器」というのもあるようだ。基本的には使い方は同じだ。

 その他、「SOTOの燻製器「キッチン香房」」のように簡単に燻製ができるものもある。

 私はこの手のものにそれほど関心が無いしこうした調理をしたいほどの関心もないから見送るつもりだが、関心を持たれた方はいるのかな?

tb: --   cm: 0