ポタポタ時々記

自転車を中心とするスロー・ライフや時々の買い物記録などです。

iPadMiniの移行…何とか終了  


 私は普段iCloudを使用していない。
 もともとそんな必要を感じていないということもあるが、容量の制限があったり、トラブルの際には復旧できないこともあったりするだろうと思うと、便利なことがあるのもわかるが、基本的にはあまり信用していないのだ(笑)。

 だからとりあえず、iThnesを使ってみることにして、ネットでその方法を調べながらやってみた。

 まずは、今のiPadMini3をiTunesを使ってバックアップを取ろうと思ったらiTunesの更新を求められ、インストール後リスタート。
 まず「iPadと自動的に同期しない」をチェックしないといけないらしい。
 気になるのは購入しているアプリが移行できるかどうか…であったが、これがどうなのかサッパリわからない。
 それでも何とかバックアップは出来たらしい。

 そして新しいiPadMini4をつないで「パックアップの復元」をしようとしたら、iCloudとの関係を何とかかんとかといろいろな設定を求めてくる。
 何かやっているうちに、PCのiTunesの反応が遅くて、接続しているコードを抜き差ししないといけないのかと思って接続を切ったらリセットさせられるハメに…(笑)。
 指紋認証やら新しいパスワードなどを設定させられて何とか最初の状態に戻し、改めて「バックアップからの復元」作業へ。途中、<別デバイス>へパスワードのコードを送ったとのコメントに対応。これも何回かさせられた。
 別デバイスとは何の事やら…とわかる頃にはどうやら作業が終了。

 結局2~3時間くらいかかってしまったが、何とかmini3で使用していた環境がそのままMini4に移ったらしい。気になっていたアプリもそのまま移ったようだ。このあたりは昔のモバイルの環境に比べれば進歩しているようだが、途中の手続きの煩雑さはもう普通の人には限界じゃないだろうか?

 後は、これまでの環境が設定も含めて移行できているか確認すれば、今までと同じように使える。
 但し、今まで使っていたロジクールのキーボード付きカバーに入れようと思ったらMini4の方がわずかに(1~2mmほどか)大きい。こんなサイズくらい以前と同じにしておけば良いのに…と思うのは私だけだろうか?まるで嫌がらせをしているようにしか思えない。
 Appleの独善性は昔も感じていたことをまた思い出してしまった。

*     *     *     *     *

 あと10年くらい。
 このiPadを最後にして行きたいものだがやっぱり無理かな?

 さて、この機会に、AppleIDのパスワードやら、GoogleMailのパスワードの変更をするハメになったりしているので、これも記録しておかないと行けない。
 今までいくつか変更したりしているから、混乱のないようにしないと今後も酷い目にあいそうだ。
tb: --   cm: 0

「iPadMini4」に機種変更  


 2年間の縛りが解けたので「iPadMini4」128Gbに機種変更した。相変わらずガラケーとの2台体制で行こうということである。
#上に見えるのが今まで使っていた「iPadMini3」。

 170914

 何も考えずガラスフィルムにしてもらったら、これだけで約5000円とか。ちょっと高かった(笑)。
 このフィルム代も含めて3年間2Gb上限として4004円/月。
 iPhoneにしようかとの考えも頭にはあったのだが、
①電車内等でスマホをいじっている人々を見ていて、自分がネットに依存しているという気分を感じてしまうのもいやだと思うこと。
②今後iPhoneも変化していくだろうが、その度に新しさに飛びつくのもどうか。そもそもこんなものに振り回されるのもバカバカしいと思うことが根底にあること。

そんな思いから割り切ることにした。

 170914

 教室をすることがなくなればiPad生活ともオサラバになるだろう。
 そもそも、iPadで通話が可能にすべきなのだ。LINEやSKYPEを使えば通話ができるらしいが、なぜデフォルトでできないのだろうか?

 さて、最大の問題は今まで使っていたアプリやデータの移行である。
 iCloudやiTunesでバックアップを取っていなかったからどうなるか…。

 機種変更の手続きには予想外の時間がかかってしまった。
 さらにauのカードを作ったり、au電気に切り替えたり、ビデオパスの契約をさせられたり、キャンペーンのプレゼントをもらったりと、(ウォーターサーバーだけは断ったが)言われるままに契約をしてきた。こうやってauに取り込まれて行くのだ(笑)。

-- 続きを読む --
tb: --   cm: 0

iPadをどうするか…思案中  


 私の契約はau。iPadとガラケーの2台持ちで月々1万円近くかかっている。
 もともと、携帯でのメールはキーボードがないのであまり使う気がしない。もっとも今ではそれも少し増えてきたが…。
 視力は意外とそれほど悪くはないので裸眼でも新聞くらいは読める。それでもスマホの画面の小ささにはイライラが募りそうなので、iPadMiniを使っている。今のは2台目になる。

 そろそろiPadの2年間の縛りがとれて契約更新時期なので、次をどうしようか考えるため、病院の帰りにauショップに寄ってみた。
 今の機種をそのまま使い続けても月々の支払料金はちょっとバカバカしいとは思っていたから、iPad契約をやめにするか、次の機種で契約するかどちらかだろうと見通しはあった。しかし、新規購入だと今の機種は無駄になってしまう。なぜこんなもったいないシステムなんだろうという思いはある。

①iPhoneにまとめれば、8859円との見積もりが出た。私としてはこれはない。
②新規iPad(2GB3年契約)とガラケーとセット契約だとiPadが3860円になるという見積もりを薦められた。説明を受けている席の右壁に紹介されていたものだ(笑)。私の使い方だと1Gbも使っていないからこの選択はあり得る。
③iPadで契約をやめ(Wi-Fiだけにして)、ガラケーだけにする方法もある。こちらの可能性も考えている。

 今、②と③で揺れている。今月中の決断である。
tb: --   cm: 0

展覧会のオープンと終了  


 本日は午前中から次の展覧会オープンのための仕事。
 
 キャプション・プリントのために昨日作ったデータを持ち込んだのだが…肝心のPCとレンタルしているプリンター(複合機)の相性が悪いようで、何度も設定を変えて試みても、紙詰まりしたりたまに成功したりと思うように行かない。
 しかもこの機種、あえて機種名を書かないが、紙のサイズ、厚さ等を設定しなおしてもいつの間にか元の設定に戻ってしまっていたり、手差しを指定すると出力しようとする度に紙の入れ直しを要求する仕様なのか…イライラさせられることばかり。

 さらに考えを改めて他の試みをしようとしても、今度はワードの仕様の不自由さのために思うように行かず…ということで、時間ばかりかかってしまっただけでとうとう不成功。皆で手分けして手書きで処理することになった。残念。

 その後は、部屋割り表の作成。カット&ペーストの繰り返し。ここでもノートパソコンの不自由さを感じながら…だった。
 ある程度までは進めたのだが、残った仕事は仲間にまかせてもう一つの展覧会の終了に合わせて搬出のために駆けつけることになった。

 やはり自宅PCの持ち運びやその度に必要とされるコードの接続し直し等は大変だが、自宅の環境をそのまま持ち込むようにしないと、私にはこの仕事は最早視力の点でも仕事処理の能力の点でも無理だと思い知らされた。

*     *     *     *     *

 
 その後は終了する展覧会の会場へ。
 私の絵の搬出は簡単だ。スケッチカートに積み込んで梱包用ベルトでひと縛りするだけ。

*     *     *     *     *

 本日は疲れ果てて、両方の展覧会の飲み会(慰労会と打ち上げ)を遠慮して早めに帰宅させてもらった。

 まだまだ今週一杯はオープンした展覧会のために忙しい。
 せっかくの良い季節なのに残念だ。
tb: --   cm: 0

ようやく展覧会準備一段落  


 すでに始まっている京橋の展覧会は、自分の作品3点をそれぞれの人々が持ち込んで展示すると言うだけのものだから、開始後1時間もすれば終了して帰ってきた。

 160921 カメラを忘れて携帯カメラの画像。

*     *     *     *     *

 しかし、現在準備中の展覧会は、パソコンを扱える人は私以外にもう一人いるだけで、他は殆どがパソコンを自由に扱えない人々。そういう人達が展覧会を運営していくわけで、しかも公募をしているものなので、応募者の管理やら審査、その結果の送付等々、仕事の多くが手作業である。つまりカネをかけないで手作り感一杯の展覧会となっている。
 これまでの作業では、出品者の受付と審査及び審査結果の連絡等々の仕事であった。この後は、展示作品の会場への部屋割り、展示等々が残っている。部屋割りは展覧会開始日の午前中に決定するのでそれを一覧表に整理するといった仕事が残っている。
 そうした仕事で最も重要なのが最初の応募者の情報の整理である。ひたすら入力することになるわけであるが、こんな仕事をノートパソコンでやっていられないと、普段使っているデスクトップを持ち込んだ。幸い、私のデスクトップは2012年に購入している「Endeavor ST150E」というもの。今なら「ST180E」ということになるのだろう。それにディスプレイはiiyamaの21インチだろうか?横幅57cmほどのもの。これをリュックと手持ちで持ち込んで作業を行った。もちろん一人で入力は無理で、派遣会社から一人応援を頼んだ。

 何とか、先に作っておいたvlookup関数を使ったエクセルファイルを使って入力。予定通り完了した。2人で一杯だった。
 派遣会社の人は10年ほどSEを経験したとのことで、PCの使い方も手慣れている。おかげで今回はフィルターの使い方を学んだ(笑)。

 結局、20日から休日を挟んで22日までデスクトップを現場に取られて私の方は不便を囲ってしまったというわけだが、設置しなおすことで、机回りの整頓が少しはできたようだ。

 後は、展覧会初日の作業を何とかすれば良いだけだからPCの問題は気が楽だ。
 でも、目録の表紙に各自10部ずつ自分の絵を描くんだって…。本当に手作りの展覧会だ(苦笑)。
tb: --   cm: 0

PCとiPadMini  


 本日は、展覧会のためのPC環境の準備のためということで、日本橋方面にあるとある会社にプリンターを借りるための事前打ち合わせに行った。

 カラー複合機を借用する際の諸々の指定の詳細やら、その機器を展覧会場に運び込むための手順等を確認するためである。
 カラー複合機は、ハブを介して接続するのでIPアドレスを振る必要があり、それは何とかできそうだった。今日の問題はそれほど重要ではない。

 しかし、本当の問題は会場となる美術館の事務室の条件である。
 美術館の事務室というのは、PC機器の準備が全くなく、事務所として使えるPCもプリンターもない。しかもインターネット接続もできないという恐るべき環境である。その上、借用機器の受け取りもこちらが必要な際には、今日訪問した相手先の会社が休日。それを事前に美術館側で預かっておくこともできないという。恐るべきお役所仕事(笑)。

 だから、全て関係者が機器の手配をする必要がある。
 私の場合には、ネット環境は外ではi基本Padのみ。ノートパソコンに繋げるUSBのものはあるのだが、これは現在休止状態で、使った途端にその月は約5000円かかるというe-mobileのもの。しかも何年も使っていないのでそんなものを信用するわけにはいかない。iPadを使ってのテザリング接続もできるのかもしれないが、まだやったことはない。しかも今回は本格的な作業になるので、デスクトップPCを持ち込むことにしていた。
 そんな状況の中で、PCで編集したデータをメール送信したいという事情ができてしまっていたのだった。

 最初はUSBメモリーかSDカードでデータを移せばいいだろうと軽く考え、以前買ってあった「Camera Connection Kit」をiPadに差してみた。最初は何やらこのままでは問題があるかのようなメッセージが出たが、無理矢理使ったら何とか認識することができたもののどうやら画像の読み込みに限定されているようだ。これでは使い物にならない。
 仕方なくネットで検索したところ、これ「I-O DATA iPhone・iPad用 USBメモリー clipbag (lightningコネクタ対応/iOS対応/16GB) U3-IP16G」が見つかった。私としては殆ど使わない代物だし、動画も使うつもりもないので、最もメモリーの小さいものにした。I-O DATAの製品を選んだのは、これまでの経験から、電話対応も何となく技術者的な雰囲気があって好みだし、個人的には信用している会社だからである。

 早速使ってみたところ、最初にClipbagというソフトのインストールを要求されたが、そのままiPadでもPCでも問題なく使用できた。これなら大丈夫である。
#ちなみに、このキャップは外したものはもう片方にかぶせることができる。
 しかし、それにしてもiPadとPCのデータのやりとりという本来簡単であるべき仕事が、なんと面倒臭くなっていることだろう。

 160916

*     *     *     *     *

 ついでに今まで殆ど使っていないDropboxも改めて設定してみた。
 昨日、カメラを忘れてiPadで撮った画像をPCと共有することができた。しかしこれも双方にネット環境があってからこそ。

 さらについでに、PCでiPadを認識できないか確認してみた。そのためにはiTunesのインストールが必要だと言うことは理解していたが、このところインストールエラーを起こしており、そのままになっていた。
 その原因を探り、改めてインストール。

 実はiTunesは普段全く使っていない。以前、旧式のiPadの環境を再構築するために使ったくらいのもの。相変わらず私にはわかりにくいし使いにくい。データを同期するとか環境をバックアップするとか、そんなもののようだ。

 サラッと書いては来たが、それぞれかなり面倒な作業である。
 私はただ、iPadの中身が覗けて、データの読み書きができれば良いだけなのだが…。
tb: --   cm: 0

GoogleMapの進化?に驚いた  


 昔から、地図には少なからず関心があったから、様々な地図を見てきたと思う。
 本日、ストリート・ビューを見ながら、何となく明日行くところを確認していたら、ふといつもと違うことに気づいた。

 私の記憶ではGoogleMapと連動しているGoogleEarthは空中写真で、それほど間近には接近できないものと思っていた。また、3D画像を以前動かしてみたこともあった、それは3Dのデータが入力されている都心部周辺に限られるものだと思っていた。しかも、以前見たのは単なるモデリングデータで、いわゆる積み木模型を動かしてみるようなものだった。
 しかし今日はストリート・ビューと比較的低空の空中写真が連動しているのに気づいた。
 つまりストリート・ビューを遠ざけていくと、より上空から見た周辺の景観に切り替わり、しかもCtrolキーを押しながらマウスを動かすと、視点が自由に切り替わるのだった。驚きました。
 しかも建物も単にモデルではなく、ちゃんと立面画像がマッピングされているので、多少不自然なところがあっても、まさにリアルな画像になるのだ。
 GoogleMapがこんな風に進化しているとは思っても見なかった。

 しかし、知っている人は当然知っているわけだろうし、今更驚くようなことではなかったんだろうか?

 ちなみに、私の住まいの近くでは…。

 160716 これは普通のストリート・ビュー。
 160716 そして普通の空中写真。

 以下、視点を変えて見た。こうした情報があると、ポタリングにはとても役立ちそうだ。
 ついでに横浜港の方まで見てみることもできる。上大岡辺りの建物データもちゃんと入っている。

 160716 160716
 160716 160716

 一体、どの地域までこんな風に加工されているんだろうか?と今度は田舎を見てみた。

 160716 これはストリート・ビュー。
 160716 そして空中写真。

 さすがに建物データは入っていないが地形データは入っているようで、高さはやや低いが起伏は十分わかる。
 へ~、こうやって上空にあがると、南アルプスを超えて富士山が見えることになるんだ。当然だけど…。

 160716 160716
tb: --   cm: 0

ヤマト運輸不審メールにご注意  


 2日ほど前に、ヤマト運輸から「商品お届けのご案内」なるメールが届いていた。怪しげな添付ファイルがあったので保留にしたままだった。

 さっき、ヤマト運輸のサイトを覗いてみたら、こんなページが…。

 気をつけないとね。

 160713
tb: --   cm: 0

メーラーのバージョンアップ  


 長年使っているメーラーソフトがある。JustSystemのShurikenである。恐らくかなりマイナーなソフトだろうと思う。

 PCを使い始めた頃の最初のソフトがJustSystemの○○太郎だったような気がする。何しろワープロが出始めた頃のソフトだったので何というものか忘れた。
 その後一太郎Vwe3だったか忘れたが、改名されたような気がするが定かではない。
 それがいつの間にか世間ではMicrosoftのWordが主流になったものの、その頃には私はMacに移行していたのでPagemakerを使うようになっていたから、Wordにはなじめないままだった。

 メーラーもいろいろ使ったが、結局はテキスト主体のものが便利だと思い、最終的にはShurikenを中心に使うようになっていた。それがVer4だった。
 それ以上VerUpする必要性を感じていなかったのだが、一年ほど前からGmailを受け取ることができなくなってしまっていた。やむを得ずBrowser(Chrome)でGmailを扱っていたのだが、これまた正直言って使いにくくてたまらなかった。

 いつかもう一度テキスト・メーラーに戻したいと思っていたのだが、もう一ShurikenでGmailを使えるようにもう一度挑戦してみようと思い立ってやってみた。

 やってみたことは、
◆Gmailでのセキュリティ緩和…どうやったかもう忘れた(笑)

◆ShurikenのVerUp …今は「Shuriken 2016」となり、ユーザー価格でVerUpできるようになっていた。MyShop価格でDL版が 1,944円。長年使ってきたからこのあたりでVerUpしてみるか…というわけである。
 新しい機能として「メール送信のトラブルを未然に防止」がついていた。これは便利である。

◆Shurikenの設定の確認「Shuriken設定 gmail」を見て何かを操作したが、もし不具合が起きたら、またこのあたりで確認すれば良いだろう。

 Gmalを送受信できるようにするために、VerUpが必要だったかどうか今になってしまってはわからない。
 しかしまあちょっと面倒になる部分はあったが、新機能もあることだし、これで良しとしよう。
tb: --   cm: 0

「Windows10を入手する」のアイコンを消す  


 このところデスクトップ画面に盛んにWindows10へのUpdateのアイコンやらメッセージが出ていた。
 しかし、今の私はWindows7で全く不自由をしていない(いや厳密に言えば以前のXPの方が良かったくらいだ)から、完全無視を決め込んでいた。

 ところが昨夜、知らないうちにどこかに触ったのかもしれないが、いつの間にかPCが自動的にWindows10のインストール作業に入ってしまっていた。そのため1時間ほどPCを動かすことができなかった。最終的には、「Windows10をインストールするか、拒否するか」の選択画面になり、そこで改めて「拒否」を選択したところもとのWindows7に戻っていった。ヒヤヒヤものである。
 今朝になったら、やはり自動的にインストールモードに移行しようとしていた。つまり「後何秒か操作がなければインストールモードに入る」という趣旨のメッセージである。
 昔からWindowsの余計な仕事には腹が立っていたし、これ以上ソフトのバージョンアップを迫られるのもご免なので、改めてこのWindows10への誘導画面を削除してしまった(参考)

 ところで、Windows10導入のメリットとデメリットは公式的にはこちらで紹介されているようなものであるらしい(メリットデメリット)。

 しかし、それとは別にこんなニュース「Appleのソフトウェアエンジニアリング責任者曰く:FBIの要求は全iOSユーザーの安全を脅かす」があったことをご存じだろうか?
 一方、私は以前からWindows10に関してはこんな情報を見ていた。参考までに…。
 消してしまおうと思ったのは、そんなことも多少は関係している。

◆ 非一般ニュースはアカウント凍結 @kininaru2014111
・windows10は、大して変化はない。余計に使いずらくなりそう。http://www.gizmodo.jp/2015/07/windows_10_dayone.html
・「windows10」は月額使用料を取る?最近のトレンドは買い切りでなく、月々徴収というヤツで、将来的には毎月、マイクロソフトにカネを払わないと使えなくなるらしい。PCに詳しい人が口を揃えて「10は入れるな」と言ってるので、確かだろう。http://my.shadowcity.jp/2015/07/post-7560.html
◆ 安保 隆 @AmboTakashi
・Windows10は絶対に入れるな!マイクロソフトは、古いPC、ぶっ壊すために無償で配ってるのか? http://my.shadowcity.jp/2015/10/windows10.html

 また、個人情報の漏洩についてもいろいろ問題がありそうだとの情報もあった。



 それ以上の情報を欲しい方は続きをご覧下さい。
-- 続きを読む --
tb: --   cm: 0

ついにHP100LX・200LXが~(;_;)  


 標記のタイトルを見てピンと来る人は、かなりのPCマニア、それも結構お歳の方だと思う。

 勝手気ままに書いているこのブログを見てくれている人のうちでも、何人の人がこれをご存じだろうか?
 HP100LX…私が最初に持った本当のモバイルPCである。結局100LXから始まり、途中紛失した1台も含めれば、100LXと200LXを全部で4台を所有していた。それも全てCPUを倍速のものに交換して…。

 最後の200LXの液晶がスダレ状況になってしまったので(写真左側)、改めてこれまで使わないでいた初期の機種、HP100LXを引っ張り出したのだったが…ご覧の通り(写真右側)。液晶がやられてしまっていた。これでもまだ使えないわけではないが、これではもうデータを読むことぐらいにしか使えそうもない。
 時々思い出したように使っていたMS-DOSのソフトも、そろそろコマンド自体を忘れかけているし、そもそも64bitになったら同じデータを使えていたいくつかのソフトも使えなくなってしまっているようだ。

 151014

 この機種は、私の30年以上のPC歴の中でも最も長い間つき合ってきたPCだった。
 私のPCの楽しくもあった一時代が終わったような…そんな感じである。

*     *     *     *     *

 私たちの世代は幸か不幸か、過去の貧しかった時代からの現在の生活に至るまであらゆる生活体験を持っていると言って良いだろうと思う。
 私の実家はもともとは農家だったし、父は(叔父が言うには)死ぬまでに19の仕事をしてきた人だという(私の記憶では6つまでしか数えられないが)。その殆どに失敗して、その度に田畑を売り払ってきたらしい。私も農家の子供として中学生までは家の仕事を手伝ってきたし、豆腐製造業(この頃は私も小さかったが)をしたり、その他小売り店をやっていた時期もあるし、新聞配達業をやっていた時期もあるので中学の頃は学校までの道すがら新聞配達をしながら通っていた。
 食事の用意も、かまど~石油コンロ(記憶があまりないが)~電気炊飯器という経由だったろうか?
 飲料水も手押しポンプで井戸水からカメに溜めた水だったし、風呂の水も私の子供の頃はその手押しポンプを使って入れていた。それが私の役目でもあった。

 就職してからは…コピーでは青焼きという湿式のもので手描き原稿・図面からコピーをしていた。それが乾式になり、ゼロックスなどのコピー機になり、ついにはファクスまでついた複合機…という具合だった。仕事の原稿も手書き時代から、ワープロも使ったし、PCもワープロ的な利用から表計算、図形作成、DTPへと進んできた。記録メディアもフロッピーディスク(8インチ、5インチ、3,5インチ)からMO,CD、DVD(まだLDは使っていないが)、HDと推移してきた。その他カード・メディアもフラッシュ、PCMCIA、CF、SD等々いちいち覚えていられないほどだ。
 本当にこれほど必要なんだろうか?と思うほどだ。

 今、身の回りには最先端のものがそろっているのだが(私の回りは時代遅れのものだが(笑))、それが良いことなのかどうか…、アウトドアに関心を持つようになったせいか、よけいにそんなことを考えたりしてしまう。
 私がスローライフに関心を持つようになったのは、便利さを求めて次から次へと消耗していく生活にはもううんざりしているから…という意味もある。

 今更それをどうこう言っても意味のないことだが、そういう過去があったことを自覚しているのと全く自覚していないのとでは、何かが違うように思う。
tb: --   cm: 2

iPadMiniのリセット  


 コジーづくりに先だってのことだったが…。 私の旧iPadMiniの嫁入り先からSOSが届いていた。
 iPadMiniがフリーズを起こして全く動かなくなったというのだった。

 もしかして、交換したSIMに関係することかと考えた。
 昼飯がてら都合が良い場所というので桜木町で落ち合ってSIM交換をしてみたが、全く関係ないことがわかった。こうなれば預かって何とかしてみるより方法がない。しかし、全く見当がつかない。
 ただ、横浜More’sの4階のカメラのキタムラに、Appleの技術者がいると聞いていたので、とにかく行ってみようと帰りに寄ってみた。

 何のことはない。リセットすれば良いだけのことだったのだ。
 そのリセットの方法は「画面下の○ボタンと右上のスイッチボタンを同時に長押しする」というもの。リセットは考えないわけではなかったが、そんな方法があったとは考えもしなかった。リセットのためのよくある小さな穴もないし、ボタンは一つだけだし(○ボタンのことは忘れていた)…と思っていたのだった。
 今考えてみれば、PCのCtrl+Alt+Deleteを思い出せば何とかなったかもしれないのだが…。いずれにしてもリセットはハード的に行うことしか頭になかった。
 ネットで検索すればすぐにわかったことだったろうが、故障だと思い込んでしまっていたので、そんなことも思いつかなかった。

 フリーズしないための注意事項としては、同時に動かすソフトをあまり増やさないということだった。稼働中ソフトの停止の仕方を嫁入り先にもちゃんと教えていた筈だったが、すっかり忘れていたらしい。10個くらいのソフトが稼働中だった(笑)。

 古い機器を他人に使ってもらうというのは何かと苦労が多い(笑)。
tb: --   cm: 0

TL騒然、シャープがすごい携帯を発表しやがった!!  


 大企業であり、原発企業である東芝が粉飾決算にも拘わらずマスメディアから追求を受けていないのは、巨額の政治献金や天下りを受け入れているためだという話しがある。
 対してシャープはそれらに比べれば弱小企業。政治献金もせず、ユニークな技術だけが売り物の会社だったのがマスメディアで叩かれた理由だとも言う。もう先がない会社だと思っていたが、こんなユニークな携帯を発表したようだ。
 こんなことをきっかけにでも良いのだが、何とか立ち直って欲しいものだ。

 TL騒然、シャープがすごい携帯を発表しやがった!!
 http://matome.naver.jp/odai/2144411515610865701

 私は「安心携帯」にしたばかりだけど、本当にこんなのが発売されたら買ってしまうかも(笑)。

 関心を持たれた方は、まずはリンク先をご覧下さい。
 ここに写真を掲載しないのはそのためですから…(*^_^*)。
tb: --   cm: 0

iPadの復活  


 私が新しくiPadMiniを入れたので、引き取ってもらった以前のiPadMini。
 実は、OSの更新をかけたらおかしくなって動かなくなってしまっていた。何やら正体不明な「アクティベートが必要」というようなメッセージが出て動かなくなったのだった。

 いろいろ調べてみると、どことも、どうやら契約解除したiPadは、simロックの関係でOSの更新が認められていないらしいということがわかってきた。つまり本体の問題ではなくsimの問題だったらしい。

 最後の手段ということで、これ「AU iPhone5 専用 純正Nano simカード(0.67mm) アクティベション〓アクティベートカード」を購入。以前のauのsimと交換してみたら何事もなく動き始めた。
 150926

 良かった。
tb: --   cm: 0

PC環境問題の解決  


 絵を一段落させた後、友人に渡すiPadMiniの環境整備は終えていた。

 昨日、教室へ行く前に名簿をプリントして…と思ったら印刷ができない。どうやらそれまで使っていた EP801Aのドライバーを削除した際に、AdvancwdSystemCareに誘導されるままに、めずらしく徹底的に削除しようとしたので必要なものまで削除してしまったらしい。新しい問題の発生である。

 仕方ない。夕食後、プリンター環境をいじってみた。
 スプール機能がなんたらかんたらでプリントマネジャー回りの関係らしいことがわかった。何とか言うソフトが足りないというので、検索してみたらRegTweakerというソフトに辿り着き、DLして稼働させてみたら、解決のためには購入しなければならないということになった(笑)。購入しても解決できるかどうかわからないのに…と思いながら、その前に…と、プリントマネジャーらしいソフトを稼働させてメニューを選択してみているうちにこのあたりで何とか問題解決。どうやったか忘れたが…(笑)。

 次いでに、ネットワークスキャナーの問題にかかった。これには手こずった。
 今まではちゃんとルーター(ハブ内臓)で認識しているのかどうかもわからなかったが、ふとしたことでルーターのライト表示がオレンジ状態がエラーではないことがわかったので、一応つながっているらしいことは確認できた。それまでは確信が持てないでいた。
 それが確認できれば安心して次に進める。ネットワークでも指定していたIPアドレス(192.168.0.201)を表示しているのが確認できたので間違いないだろう。
 しかし、それからが大変だった。こんなキーワード「ES-6000HS IPアドレスの設定方法」で検索してみて、価格comのこのページを知ったのでいろいろ試して見た。
#ついでにマニュアル関係のページも控えておこう。ES-6000HSESNSB2

 これを見ると、今まで使えていたのがむしろ不思議なほど。たまたま偶然使えていたんだろうか?と思えるほどで、新しい作業だった。
 もちろん、当初のCDからはインストールできないので、ネットからDLしたスキャナー(ES-6000HS)関係のソフトを入れ、ネットワークスキャニングボックス(ESNSB2)のソフトを入れて、入ったソフトをいじっているうちに、ようやくIPアドレスとソフトの関係が理解できてきた。
 それらしいIPアドレスを入れたところでスキャナーが動き出したのでシメシメだった(笑)。もちろんScanning関係のソフトも動くようになった。但し、今回は固定IPアドレスにはなっていないようなので、そのあたりがどうなるかだ。それでも使えるようになっただけでも助かる。
#始めたのも遅かったが、終了したのは午前2時を過ぎていた。やれやれだ。

 但し、このスキャナーも今の機種Windows7(64bit)すらきちんとサポートしていないんだから、次のOSではとても期待できそうもない。EPSONにもサポートの意志がないんだろう。
 嵩張るスキャナーだが、私にとってはA3用はさすがに貴重だ。大事にしていくしかない。

-- 続きを読む --
tb: --   cm: 0

iPadMiniの環境設定  


 今日も雨。 格別することもないので、iPadMiniの環境設定。

 以前のiPadMiniでは様々なソフトが入っていた。これで編集するようなソフトまで結構入っていたのだが、その手のものはこれまで殆ど使っていない。最早iPadMiniでなんか編集しないんだね。ただ見るだけ。
 だから有料のソフトも結構入っていたのだが、使わないものはあきらめることにした。殆どの有料ソフトはそういう運命(苦笑)。

 それにしてもBluetoothっていうのは得体の知れない通信手段だなぁ。何かと悩まされる。

 とりあえず最低限のものは入った。
 あとは使いながら各ソフトに対応したID・パスワードを入れていくこと。そして使いやすいよう、アイコンの配置を整えていくことかな?

 もう目がショボショボだ。

*      *      *      *      *

 次は、今までのiPadMiniを人にあげるための環境設定だ。

tb: --   cm: 0

iPadMiniの初期化  


 今日は午後から人形町での教室。
 その前に、auショップで初期化してくれるような話しだったので行ってみたのだが、私の話を誤解していたらしい。iPadMiniの初期化はAppleでないとできないのだそうな…。

 教えてもらったAppleのサポートに電話してみたら、予約が必要だと言うこと。シリアルNoを聞かれたが、何しろiPadMiniの裏に描かれた文字は小さくて読めない。Appleはデザイン優先。格好つけすぎだ。
 技術スタッフを置いている店ということで横浜の場所を教えてくれたのだが、初期化をしてもらうには技術料がかかるかもしれないとのことで、一度は自分で初期化することにした。

 帰宅後、ネットで検索してみた。最初、引っかかってくるのは全てiPadが正常に稼働している状態での初期化。
 再度挑戦したら引っかかってきた。検索ワードは「ipad パスワード 忘れ 初期化」こんな感じだった。

 最も役立ったのはこちらのページ
 しかし、その後も、必ずしも順調に進んだとは言えないほど深いトラブルだったらしい。とにかく「このiPadMiniは使用できません」というメッセージが出るばかりだったから…。
 でもまあ何とか初期化はできた。
 途中、以前のiPadMiniで使っていたiCloudのデータの復元ができるかもしれないと期待していたが、これはダメだった。
 完全に初期化された(笑)。

 さあ、これから再度環境設定だ。やれやれ。
 iPadMiniをルーターにしてのアンドロイド携帯の接続はあきらめようか…(笑)。

*      *      *      *      *

 ロジクールからメールが入っていた。
 交換の機種が送られてくるらしい。今までのものは廃棄して欲しいとのこと。(思わずにんまり(笑))
tb: --   cm: 0

iPadMiniの新機契約  


 先日auへ行った時の話しで、7月の契約が良いというので早速行ってきた。

 左が旧iPadMiniで、右が新iPadMini(枠が白いのは箱に入っているから…)。フィルムも両方とも新しくしてもらった。
 正直言ってこの両機だが、内蔵メモリーが32Gbから64Gbになったというだけで何が違うのか良くわからない。

 150701

 旧機の方は引き取り手がいるので、新機の設定をまた最初からしないといけない。SIM交換するだけにしたらどうだろうか?と考えて見たが、まあこのまま新たに設定することにした。
 昔、Macを使い始めの頃はこういう作業が楽しくてしかなかったような気もするが、今は面倒なだけじゃなく、根気もなくなっているし、目もよく見えない時があったりして、予想外の時間がかかってしまう。

 まあ、焦らずにゆっくりやるしかない。

 ところで、「簡単携帯」だが、これがなかなか良い。撮影した画像を添付ファイルで送ろうと思ったのだが画像がグレー表示の上に×がついていて送れない。しばらくマニュアルを見ているうちに「標準」に切り替えるモードがあるのに気づいた。これを切り替えれば普通のガラケーになる。つまり、普通のガラケーに年寄り専用のモードが加わっているようなもの。
 「簡単モード」では、文字の大きさは「普通」に設定して使っているが、気に入ったのが「ハンズフリーモード」。そして相手の話しに合わせて「なめらかモード」とか「ゆっくりモード」にも設定できる。メールを読むのが面倒な場合には「読み上げ」機能も使うことができる(笑)。
 写真も何段階かにメモリーサイズなどを設定できるのだが「簡単モード」で送れなかったのは、メモリーサイズが最大5Mbになっていたからだった。
 「簡単モード」で使えなかったバイブレーターも使えるようになったし、良く見れば「ICレコーダー」「音声認識」までできるようになっている。簡単携帯どころか、機能盛りだくさんガラケーである(笑)。
 今の携帯ってこんなものなんだろうか?前の携帯は3年前の契約だが、この携帯もそれに比べてそう新しくはないと思うのだが…。
tb: --   cm: 0

携帯がとうとう「簡単携帯」になった(笑)  


 今日は終日曇り空だった。

 今までの睡眠不足・疲れがあったのだろう、少し寝坊をしたので、午前中はダラダラ過ごして午後から最近恒例になっている胃と大腸のカメラ検診のための予約に出かけた。検尿でタンパク質が±と出たのは、少し疲れがあったからだろう。

 その後気になっていた携帯の機種変更の手続きのためにauショップへ。
 iPhoneにしようと以前書いた記憶があったが、実は携帯は通話とメールくらいしか使っていない。そして、以前の高校同期との飲み会で友人のiPhoneを見て、その画面の小ささに圧倒的に不満を感じてしまっていたので、ガラケーとiPad(ここではiPadMiniのこと)の2本立てで行くことにしていた。
 ということで、本日はまずは携帯を機種変更することにした。
 今度の機種は「簡単携帯」
 ワンセグも必要ない機種と希望したらこうなった。結果的に、年齢相応のものになってきた(笑)。これなら殆どわからない機能はない。本当に実用的機能だけ(笑)。
#ちなみに、以前も書いたかもしれないが、こちらが私のモバイル遍歴。よくまあいろいろ触ってきたものです。

 150627

 ついでにiPadをどうしたら良いか?とも考えていたので、それについても聞いてみた。

 今だったら、モバイルルーターで3991円/月。新規iPadで64Gbで5385円/月との返事だった。しかも契約時期からみれば7月1日からが良いと言う。
 そうそう、自宅のインターネット環境はJ:comなので、スマートバリューだったか…多少通信費が安くなるという。 
 さあどちらになるかな?

*      *      *      *      *

 簡単携帯。 実際に使ってみるとなかなか良い。特に、通話(話すこと)についてきめ細かな配慮があって驚く。
 私が必要とする携帯の機能はどんどん少なくなっているが、携帯自身は着実に進化しているんだと改めて感じるものである。

 150627garmin
tb: --   cm: 0

JCN横浜からJ:COMへ  


 私のところは現在JCN横浜。会社都合でそれがJ:COMへ移行することになっているらしい。
 そのため、今年12月までにメルアドの移行をしないといけないのだが、それとは別にモデム交換サービスとかで担当者が説明に来た。今はサービス期間になっているらしい。
 なかなか好感がもてる青年だったので、いろいろ詳しく聞いてみた(というか説明してくれた)。

 結果、今月中にモデム・ハブ・ルーターセットの機種に交換するとともに、チューナーを入れるのがもっともコスパが良いことがわかったのでそうすることにした。今やTVなどほとんど見ないのだがまあ良いだろう。
 そして、8月でiPadの契約がちょうど2年になるのを区切りに、iPad契約をやめ、今のガラケーをiPhonにすることにした。

 iPadは家の中での使用が中心ということになるのかな?
 あるいは、iPadは地図代わりということを考えれば、今日見つけたこのサイト「スマートフォンの通信機能無しで使える世界地図/日本地図アプリ」を参考に、地図を入れてみよう。
tb: --   cm: 0

Garmin GPS USBのドライバーの問題解決  


・ネットで検索して「USB対応GPSのドライバ再インストール方法」を見たが、随分古い記事だ(笑)。
・デバイスマネジャーをチェックしてみた。
・試しにGarmin GPS USBを削除した後、windows7のアップグレード手順に入ったのでそのままアップグレードしたら、いつの間にか再インストールされていた。
ただ、C:\Windows\System32\driversの中に、grmngen.sysとgrmnusb.sysの2つが入っていたのが気になり、一つずつ入れ替えてやってみたが、認識してくれない。GPSの方では「接続済み」となっている。

PCの方では相変わらずGPSを認識していないようだ。
「デバイスがみつかりませんでした。お使いのデバイスがコンピュータに接続され、電源がオンになっていることを確認してから、再試行して下さい。(もちろんこんなことはやっている。)
お使いのGPSのインターフェイスオプションを、GARMINまたはホストモードに設定する必要のある場合もあります。」
この後半の文章は何を意味しているんだろう。

GPSに触っているうちに、軌跡ログが満杯になっていることに気がついたので、思い切って削除してみた。しかし変化がない。(リスタートしていないのでこれが原因かどうか不明。)

上記のサイトに最新のドライバーがあることがわかったので、これを入れて見た。もちろんこれでリスタート。
念のため、上記のドライバーファイルはデスクトップにコピーしておいた。しかし、タイムスタンプはすでにはいっているものと同じだった。windows7のアップグレードですでに最新ドライバーが入っていたらしい。

これで解決した。
ドライバーの更新はしたが、もしかしたらそれより「軌跡ログの満杯」が原因だったかもしれない
随分無駄な時間を費やした。
tb: --   cm: 0

PCがGPSを認識しなくなった  


 ところで今日はGPSmap60csがおかしい。途中で2度も電源が落ちてしまった。
 帰宅して、PCにデータを転送しようとしてもPCがGPSを認識しない。でもMapSourceはすぐに立ち上がる。だがMapSourceもGPSを認識していないので当然データ転送ができない。
 デバイスのプロパティを見るとこんな風に表示される。未指定となっている。
 じゃあと、Garmin USB GPSのプロパティを見るとこうだ。ここがおかしい。もちろんハードウェアの方は、「このデバイスは正常に動作しています。」となっている。
 どうしたら認識されるんだろうか?
 
 141027

*     *     *     *     *

 そう言えば、1ヶ月ほど前からPCのHD1Tbが認識されなくなってしまっている。中のデータは結構大切なのだが…。
 また、最近はTV録画のHDも容量一杯だ。
 全く、次から次へと新しい問題が湧いてくる。
 仕方ないのでHD3Tbを2つ注文「I-O DATA USB 3.0/2.0接続【家電対応】外付ハードディスク 3.0TB HDC-LA3.0」。もちろんPC用とTV用である。メーカーはBuffaloの方が若干安いがどうも安定性に欠ける気がしているので、今回はIODataにした。個人的にはこちらの方に信頼性があるような気がしている。

 141027


*     *     *     *     *

 それにしても外部メモリーも安くなったものだ。
 その昔、200LXを使っていた頃、8Mbのフラッシュメモリーカードを7・8万円や、40Mbを12万円以上出して購入していたのを思いだす。もっともその頃は経費で落としていたけど…(^^ゞ。まあまあ良い時代だったんだろう。
 つい2日ほど前、その200LXのことを(苦労して私のアドレスを見つけたらしいが)聞いてきた人がいた。だが、そのデータの殆どが認識しないHDの中に入っているのだ(苦笑)。200LXのソフトのドキュメントなんてHDに放り込んでおくだけだからなぁ。そう言えばNIFTYのFHPPCのデータをCDに保存したものがあるはずだが…。多分。

 こんな話しが理解できる人、殆どいないでしょうね(笑)。もう20年も前の話しです。
 せっかく思いだしたので、そのページを結構苦労して探してみました。
 こちらのページ、私のモバイル遍歴です。
tb: --   cm: 0

Runtasticの環境が使えそうかな?  


 自転車でどの程度走っているか?
 今まで、何となく気になって一応GarminGPSmap60で走行データを記録し、それに附属していた?Mapsourceというソフトで軌跡を表示していた。
 今は、iPadMiniやらGARMINconnectやらRuntasticやら、何かと増えてきた(笑)。

 何か一つに統一したいと考えるのが人間。ついでに地図機能も欲しいし…。
 ということでRuntasticの機能を見てみた。

 Garminのデータはそのまま取り込めるらしい。Pluginをインストールしてそれが出来るようになった。Gpxデータは読み込めるらしいが、これはちょっと面倒。GarminGPSmap60ではGdbデータなので変換が必要。試しに今までのデータをgpx出力してみたらとんでもない表示になってしまった。確認してみたがこれは1アクション毎のようだ。
 それに、タイトル編集ができそうもないので、自転車別の統計をとるためには、この「スポーツ種目」で代替させるしかなさそうだ。
 強いて言えば、カン太=レースサイクリング、ポン太=サイクリング、ブロ太=マウンテンバイク?かな?
 131107runtastic
 でも、こんな風に全部を地図表示するというのはMapsourceしかできないし…。
 131107map
 エクスポートはできるんだろうか?と見てみたら、1アクション毎だがどうやら出来そうだ。
 131107export
 
 ということは~? シメシメ(*^_^*)。
 普段使いだと、iPadMiniだけ持って行けば何となりそうだということのようだ。
 iPadMiniは電池を食うのでそれだけが要注意ということか。

 まあカン太だけはGPSを着けてもらってしまったから、これはこのまま行くことにしよう。


 しかし、ブロ太にはiPadMiniはどう着けたらいいかなぁ…なんて、バカな妄想が広がっていきます(笑)。

 早速やってみました(笑)。多分こんな感じでiPadMiniを持ち歩くことになるんでしょう(笑)。
 131107 131107
 見る時は手を添えないと見えません。Runtasticの地図を見る時は、さらに首をかしげないと見られません(笑)。
 何だかクロスバーも欲しくなってしまうかなぁ(笑)。

 でもiPadMiniがちゃんと使えるとわかったら、こんなもの「スリムグリップホルダー & バイクハンドル取付マウント」が欲しくなるんでしょうかねぇ(笑)。
 131107iPadMini

 その他見つけた関心ページ。
・iPad miniも自転車に装着してみた
 ただ、マウントには何種類かありそうだ。

 必要があればもっと検討する必要がありそうだ。今はまだ早い(笑)。

tb: --   cm: 0

iPadで使えるGPS関連ソフト  


 かっての仕事柄か地図が好きなようである。
 かといって地図情報を細かく読み込むというわけでもない。多分、どんな地図があるのか、様々な地図を知るというだけの関心のようだけど…。

 iPadMiniがポタリングで使えることがわかったら、GarminGPSmap60で知ることが出来る情報<地図上での自分の走行軌跡>をiPadMiniでも知りたくなった。
 <iPad GPS関連ソフト>で引っかかったいくつかのサイトから面白そうなサイトを見つけた。

◆iPad miniをカーナビにするGPSデータ連係アプリ「TexaGPS」&「なびすけHD」
 ここでは、カーナビ利用はどうやら「なびすけHD」というソフトがあるというくらい。

◆行動を記録しよう!使えるGPSロガー&ロガーアプリ
 これは導入編といったところかな?
 Runtastic Road Bike GPS サイクルコンピュータKingGPS: 欲しかった機能・使い勝手がここにある!GPS ロガーアプリの王様!1372 - たのしいiPhone! AppBank などに関心。

◆ナビゲーション の人気 iPad アプリランキング
 このあたりがナビソフトなのかな? ただそれほど関心を惹かなかった。

◆位置情報を地図に記録/確認する iPhoneアプリ・iPadアプリのランキング
 最も関心を惹いたのがこちらのサイト。
 中でも有料ながら「ロードバイク PRO サイクルコンピュータ」なんか、サイコンとダブるけど良さそうな気が…。私は全部を使わなくても<高機能>というのが好きだ(笑)。
 特に、runtasticのソフトは良いらしい。

 iPadで使えるGPS関連ソフト

*     *     *     *     *

 そう言えば、のぶちゃんさんは「IpBike ANT+™ サイクルコンピューター」というのを使っている筈。サイクルコンピュータ専用のソフトも検討する必要があるかもしれない。

 こんなところで、いくつか気になったソフトがあったのでのんびり試して見たいと思っている。



 とりあえず「Runtastic Road Bike GPS サイクルコンピュータ」を入れて見たが、画面が縦型のみで回転しない(^^ゞ。何だよ~(笑)。
tb: --   cm: 2

GarminEdge500Jとその記録を生かすサイト  


 このところベランダの改修工事などがあって落ち着かず、しかもあまりの暑さにとてもポタリング気分ではなくなって、遠出ができないでいます。せめて25℃くらいになって欲しいものです。
 そんなわけで、最近は自転車情報ばかりになっています。

*     *     *     *     *

 私がカン太(Domane)で使っているサイコンはGarminEdge500Jらしい。GPS付きのものである。
#らしいというのは、ちばサイクルで適当に着けてもらったからだが…(笑)

 それまで使っていたのは、キャットアイのごく普通のサイコン。そして、昔、海外旅行のために購入していたGPS(Garmin60CS)。
 GPSの方は、Garminから提供されているMapsourceで走行軌跡などを表示させている。

 ところが、Garminからは別のWebService、GarminConnectがあるというのを知ったのはほんの数ヶ月前のことだったろうか? だが、私のGarmin60CSはこれには対応していないらしく、認識してくれなかった。
 だから、GarminEdge500Jでそのサービスを使ってみることになった。使ってみると言っても殆どMapSourceと同様の使い方しかしていない。ケイデンスなども測れることはわかっているし、その数値などもたまには気にして見るのだが、もともとあまり関心がないのでそれ以上深まらない(^^ゞ。
 自転車もいろいろ増えてしまったのだが、機種別の走行軌跡などもちょっと関心があったのでGarminEdge500Jを今でも使っている。本心は統一したいんだけど現状では無理そうだ。

 本日FBを見ていたら、「Stravaを使用して4.5 kilometersをサイクリングしました。」という一文と地図上に軌跡を示した図が目についた。
 さっそくStravaを検索してみた。
 そうかGoogleのサービスか。機能も大凡のことはわかったが、どうもそういう使い方にはなりそうもない。
 どうせ他の人と比較してもガッカリするだけだし(笑)、途中寄り道したりしてしまうのが常だから記録を測る意味がないんだよねぇ(^^ゞ。
 でも、こんな方達はそれなりに利用価値を見出しているらしい。参考のため記録しておく。

◆自転車初心者のロードバイク・クロスバイク改造記 GARMINユーザーに超オススメの走行履歴管理サイト「Strava」
◆きっと明日も自転車日和 “STRAVA”って何ですか?!
 
tb: --   cm: 0

Garmin Communicator  


 FBの友人が「1301鎌倉街道上道・笛吹峠」のポタリングに参加したらしく、その様子を紹介していた。そう言えば、このページは以前見るだけは見たことがある。
 ここにこのコースの総合データというのが紹介されていた。「ダウンロード可」というのが気になったのである。
 さて、このページを探してみるとタイトル下のメニューに「Send to Device」というのがあるのに気がついた。これをクリックしてみると「Garmin Communicator」というPlugInが必要らしい。私のPCには入っていなかった。
 探してみたらこのページ「Garmin: Communicator Plugin Updates & Downloads」からダウンロード、インストールができたのは良いが…。
 しかし、私の古いGPSでは勝手にデータがカットされてこれ(右写真)しかインストールできていない。これじゃあいくら何でもお話しにならない。せっかく面白いことになりそうな気がしたんだけどなぁ。
#こういうところが古い機種の限界か(;_;)。ガッカリ。
 
 130114 130114

 その後、ふと思い治してメニューを見ればいくつかの方法があることがわかった。
 ちょっと面倒だがデータをダウンロードして(tcxデータ)、MapSourceで読み込み、それをフィルターで500ポイントにすれば私のGPSでも読み込むことができるというわけだ。

 130114
tb: --   cm: 0

ルートラボとGPS  


 今日も良い天気。ポタリングでもと思ったが明日も天気良さそうなので、それは明日にして今日は作業日とした。
 作業にかかる前に、ふと明日はテニス仲間と走ってみようかという気になり電話をしてみたが日程合わず、今日はルートラボでルートを企画してみた。概ね30Km以内と言うことで図のようなルートを考えてみた。どうせなら自分も行ってみたいところ、ということで途中で彼と合流しながら区内の公園巡り考えてみた。
#もう少し自由に編集できると良いのだが…。
 詳細な部分は車中心のようなので自転車では思うようにルート表示を指定できない。もっと詳細に指定できたり、後のルート変更がもっと自由になれば良いのだが…。しかしまあここまでやってくれるだけでも立派なものである。

 とりあえず、今日のところはそんなコースを考えてみた。

 121227ルートラボ

 もちろんこのルートはGPSにも入れられるだろうということでお試し。以前やったような気もしないでもないのだが(笑)改めてもう一度。
#調べてみたらやっぱりやってた(笑)。
 でもこの時よりこの方が簡単だった。やはり新しいMapsourceだからか?
 >のぶちゃんさん、新しいMapsourceだったらすんなりできました。


注:但し私のGPSmao60CSにこのデータを読み込ませるためには、フィルター機能を使ってポイント数を500ポイント以下に削減する必要がある。

 ルートラボで作成したこれをTCXで保存したものだけがMapsourceに読み込めるようだ。読み込んだデータはMapsourceのトラックに読み込まれた。これをGPXに送れば、これをトレースする形でルート選択をあまり間違わないで済むというわけである。
#ちなみにKMLデータはGoogleMapなどで読むことができる筈。

 121227mapsource
tb: --   cm: 0

Waypointの編集  


 このところ日常的なことでは動いているものの、中距離(20Kmくらい)以上がちゃんと乗れていない。

 最も大きな理由が選挙。気になって集中できないのである。しかしそれも悲惨な結果で終わった。自分なりの整理をして頭を切り換えて行こう。

 そして年末の忘年会。先週2つ、今週も2つ、来週1つ。お酒が入ってしまうと飲酒運転になってしまうので輪行はやめているし…。

 さらに一つの理由は、田舎に帰った時の転倒で肋骨を痛めたらしくその痛みが抜けないこと(もっとも大分良くなってはいるのだが…)。だからテニスもしていない。すっかり身体を動かすのが億劫になってしまっているようだ。おかげでジワリと体重の方も増加気味(笑)。

 明日ギャラリーを回って来ようかと計画を立てたのだが、それが6カ所にもなってしまった。とても無理だろうと思うが試して見たい。
 スタートは新宿、六本木、銀座3カ所、京橋1カ所、そして東京駅から帰還という計画である。まあ行けるところまで行ってみよう。

 GPSを使っていて、私にとって最もやっかいなのはWaypointの編集である。GPSでWaypointを削除さえすれば、MapSourceから送り込めば良いと思っているのだが、GPSでの操作方法をついつい忘れてしまう。いつもしばらくたってからこちらのサイトを思い出して何とか操作しているのだが、この際ここに記録しておこう(笑)。
 「Waypoint / ウェイポイント」…これで次にはすんなり思い出せると良いのだが…。
tb: --   cm: 0

ルートラボ  


 今まであまり使っていなかったが、「ルートラボ」なかなか使えると言うことがわかった。
#きっかけは、のぶちゃんさんからいただいたコメントから…。
 >のぶちゃんさん、ありがとうございます。


*     *     *     *     *

 予定ルートを描き、それを自分のGPSに入れておけば簡単にそれを追跡できる。
 他の人のルートを参考に(追跡・併走して)走ることもできる。
 自分の走行ルートを保存することもできる。
 
 距離・標高も表示されるので、ルートの厳しさも概ね判断できる 等々。

 GPSをお持ちの方は様々な使い方が考えられるが、GPSがなくてもいろいろ楽しい使い方ができる。

 私は古いGPSなのでPCとGPSのデータ交換が面倒な面がありますので、使い勝手が今ひとつ残念なところがありますが、新しいGPSを持っているなら是非…とお薦めしたい。

*     *     *     *     *


 私の場合にはもう一つ、「NAVITIME」自転車ルート検索を使うこともあります。簡単に目的地へのルート検索が可能です。
tb: --   cm: 0

街っぷる首都圏  


120627
 一時期大きな地図帳「街の達人(でか字)神奈川(横浜・川崎)便利情報地図」を持ったのですが、自転車で見るには1ページでカバーする範囲が小さすぎることが致命的だということに気がついてしまいました。
#特定の場所を詳細に知るには良いのですが…。

 もちろんスマホなどの地図も良いんですが、何と言っても一覧性は紙の地図に叶わない。それで自分の使いやすい新しい地図を探していました。
 そして、最近比較的気に入って持ち歩いている地図がこれ「街っぷる首都圏」(Amazon)

 大きさ・軽さは手頃。カバーしている全体の範囲も良い。ページあたりのカバー範囲も手頃と思う。幸い歳の割には小さな字が読めているようだ…とは言っても歳をとってくると文字の大きさも大切。そんなところを評価しています。
 なかなか使いやすいと思います。

 地図が必要だと思われる方は、検討してみても良いかも。

・昭文社のページから 
・街っぷるシリーズ
tb: --   cm: 0