ポタポタ時々記

自転車を中心とするスロー・ライフや時々の買い物記録などです。

ポン太(DashX20)のハンドル回りの検討  


 本来やらなければいけないことがあるのに、ちょっと関心を持つとそちらをやってしまわないと気が済まない…これは私の昔からの性格らしい(笑)。

 カン太の方で、iPadMiniを地図帳代わりに使えるかも…と思ったら、ポン太でもやってみないと気が済まなくなった。
 カン太の環境が大分整理がついてきたのでポン太も検討してみることにした。ゲンジ~さんから譲っていただいたKnogのバッグをポン太で使うことにして…。

 これが最大限の装備状況になるだろうか?
 マップ・ホルダーには3カ所のベルクロがついているが、中央の1カ所だけで十分だ。
#ただiPadMiniの使用は、路面の振動が直接ひびくのがちょっと心配。
 ハンドルの左側にぶら下がっているのは、以前のトップチューブ(振り分け)バッグの片割れ。Q10カメラ専用のバッグをこんな形でつけてみた。あくまでもすぐに使える環境として…である。使わない場合にはKnogバッグの中でも良いだろう。

 131016 131016

 これがKnogバッグを前提にした場合の最小構成である。GPSMap60で走る場合を想定している。
#ライトはKnogバッグがなくなるとハンドルに必要になるかも…。いろいろ時と場合に応じて…なんて考え始めると必然的に忘れ物が多くなる。困ったものだ。

 131016 131016

*     *     *     *     *

 おや?こんなところに…?
 ドリンクと工具を自転車につけるとしたらやはり2カ所欲しいかな?と考えたらこうなった(笑)。通常の位置につけようとすると、ポン太はフレームが小さいので使えなかった。結局使えるところはここしかなかった(笑)。
 我ながらバカだなぁと思っているが、出来る限り身軽に…と考えると自転車に持ってもらうしかない。そのための方法をいろいろ考えているところだと思っていただきたい(笑)。

 131016

 さあ、気が済んだところで、今日はこれから1枚お絵描きです。
tb: --   cm: 0

ポン太用サドルの検討(1)Brooks  


 Brooksのサドルでチタンを使っているサドルがあることをFacebookで知ったので検索してみた

 確かにあることはあるが…この中で最も柔らかいというB15 Swallowで370g。だが¥44,100。
#思わず笑ってしまう価格。
 しかもこれで、現在転用して使っている旧Bromptonのサドルと同じ重量。

 130531brooks


 これを使う気にはなかなかなれそうもない(笑)。
tb: --   cm: 2

シートポスト・サドル交換(ポン太)  


 130517

 今日は良い天気。昨日の夕方からの激しい雨はあれは何だっただろう。
 その雨の中、注文していたシートポストが届いていたので、早速交換してみた。サドルはとりあえずブロ太(Brompton)のものである。とりあえずこうなった。クッション部分が無骨になるかという心配もないではなかったが、何とか許せる範囲のようだ。
#背景は無視して下さい(笑)。

 130517

 右側が新しくしたもの。シートポストで230g、サドルで120g重量増加となっている(^^ゞ。

 130517 130517
 130517 130517

 こうなると当然走ってみたくなる(笑)。で、軽くひとっ走りして交換した結果を確認。走行距離5.9Km。
 お尻の感触は随分柔らかくなった。これまでのゴツゴツ感は全くなくなった。サドルの尻に当たる感じも以前のものよりずっと良い。これならお尻が痛くなる感じは全くない。一応交換成功のようだ。そのうち、ポン太用のサドルを改めて検討してみよう。
 そういえばサドルの位置が随分前に来たようで、ハンドルの遠い感じが随分和らいだようだ。

 130517

 こうしてみるとシートポストが黒になったので、サドルも黒が良いかな?ちょっと精悍な風貌になったようだ。

tb: --   cm: 0

SILVA LEDフロントライト 発注  


 昨日も今日も額装作業。こんな良い天気なのにもったいない。
 これからの展覧会は、春先だけは絶対にやめよう(笑)。

 ちょっと気晴らしにリンク先の巡回をしていて見つけたこのフロントライト。丁度ポン太に良さそう。
#というのはポン太の今のライト。日常的には問題ないのだが、ハンドル部の上に取り付けるものであるため、折り畳み時にちょっと支障を感じていたような…。

 130504SILVA

 それでついついポチッとしてしまった。
 正式には「SILVA Velo SPORT BIKE LIGHT LEDフロントライト 37246-3」と言うらしい。
tb: --   cm: 2

Cane Creek 3G Thudbuster Short Travel Seatpost 発注  


 先週から風景画の教室を始めてしまったこと、次の展覧会の準備作業が忙しくなってしまったことなどで、テニスも自転車もすっかりご無沙汰気味になってしまいましたが、そうこうしているうちに、FBでも友人になった「モバ造のモバイル&ネット生活」さんから標記のシートポストがなかなか良いということを教えていただいた。
 そしてお薦めのサイトAmazon.comにて早速発注してしまった。http://goo.gl/fw7LR
 Sizeは31.6を選択。31.6mmで当たった店舗は日本発送はしてくれなかった。
#考えてみればAmazon.comで発送してもらうのは初めて。以前も絵の道具であるが日本発送をしてくれない商品があったので殆どあきらめていたが、ちゃんと送ってくれる店舗もあるらしい。やってみるものである。

 130421

 実は、ポン太のお尻がいつも少々痛い。これで長時間走るのは辛いと思っていたのだが、残念ながらこれに普通のサドルをそのまま置くことができない。アダプターを噛ませるか、別のシートポストにするかどちらかの選択なのだが、この際、まずはシートポストを選択することにした。
 とりあえずはブロ太の旧サドルがあるので、調和するしないの問題はともかく、このシートポストがどんな具合か試して見ることにしたい。

 何となく沈滞気味の生活に張りが出てきた(笑)。

*     *     *     *     *

PS
 本日、5月16日、4月から始めた5回目の教室(港の見える丘公園)から帰ったら到着していた。ちょっと長かった。
 中央の四角の部分がゴムで出来ていて、これがクッションになっている。3種類のゴムが入っていた。既にセットされているものは「中」なのだろうか?まあとにかくセットして走ってみよう。
tb: --   cm: 2

小物ケージ  


 昨日、ようやく個展が終了しました。
#関心のある方はこちらをどうぞ

 個展会場は横浜そごうデパート9階でしたので、普段足を運ぶことが殆ど無い「Loft」や「無印良品」にも足を運んでみました。そこで気になっていたのが「シザーバッグ」です。
 以前、トップチューブにつける小さなバッグを購入していたのですが、小物持ちの私にはちょっと小さすぎたのです。それで先日来自転車にとりつけるミニバッグを検討していたのですが、シザーバッグをリクセン化することで対応できるのではないかと考えたのです。
 今回、Loftにあった物の中でも最も安く、開口部も大きなものに目が留まりました。1995円でしたのでこれならまあ良いかと購入してしまいました。

 個展が終わりましたので、本日早速リクセン化してみました。材料は今まで殆ど使っていなかったBrompton用として購入したボトルケージのアタッチメントです。内部は以前購入の塩ビパネルをカットしてバッグの安定化を図っています。
#ブロンプトンで走る時は殆どTバッグ付きですのでボトルケージは不要なのです。
 これならコンデジ(またはボトル)はもちろん、財布、携帯2個は楽に入ります。
#また余計なものをつけてしまいました(笑)。
#装着した写真はまた別の機会に…。今日は部屋中撤収した絵などでガタガタですから…。


 130206
 上から見るとこんな感じ。
 一眼レフのレンズがすっぽり入りますから、入れ方によっては一眼レフも入れられるかもしれないと期待していますが、荷重的にちょっと無理かも。


 こんなアタッチメントを取り付けています。内部はバッグ全体を支えるように塩ビパネルを入れています。ポケットのベルトは大げさなのですが、実はこれ磁石式のホックで留めるようになっているのです(^^ゞ。まあデザインは良いとは決して言えないのですが…(笑)。
 130206 130206



 
tb: --   cm: 0

どこでもケージホルダー  


 130121どこでもケージホルダー

 ネットを見ていたらこんな製品を見かけた。
 価格も安いしいつかは役に立つだろうと、ついポチッとした。
 ボトルケージをうまく加工して、もしかしたら、ポン太の小物入れのようなものに使えるかもしれないと思って見たのだが…。

PS
 24日午前中に到着。
 何とか使えるんじゃないかと思うけど…。
tb: --   cm: 2

レーザーテールライト  


 発注していたレーザーテールライトが届いた。やはり単4・2本を使うため結構大きい。

 130121

 最初ポン太(DashX20)に着けようと思っていたのだが、かなり低い位置でないとサドル後ろの荷物に隠れてしまうことがわかった。そうなるとシートポストには着けられない。

 結局ロボ太のテールライトと交換することにした。そして、ポン太のテールライトの位置はこんなところに下向きに着くことになった。かなり変則的になってしまったのは、3ウェイバッグをサドルに取り付けても見える位置がここしかなかったということ。
 今まではクリップ式のテールライトがあり、荷物の方にそれを着けて使っていた。着脱式になるので何かと不便ではあったが、本当はその方が有効かもしれないと思いつつ、こんなところへ着けてみたわけです。
 下を向いているのは、できるだけ光の位置を低くしたかったため。このあたりは調整が必要かもしれませんが…。

 130121

*     *     *     *     *

 そして、ロボ太の方はこんな風になった。
 多分、これだけ大きくても、まさかテールライトだけ盗難に遭うということは考えなくても良いだろうと期待しているけど…。
 
#ブロ太はあまりにも見苦しいので、本当は紹介したくはないのだが、あくまでも近所に出かける下駄代わり…ということで(笑)。
#以前のバックミラーは駐輪場で隣の自転車に引っかけられて脱落してしまったので、昔のブロ太のものを使っている。こちらの方が快適だ(笑)。


 130121 130121

PS
 夜になって試しに点灯してみた。
 うん、なかなか明るい良い感じ。ちょっと目立ち過ぎかもしれないが…(笑)。
 まあロボ太の方が夜使う機会は多いからこれで良かったかも。

PS
 夜間の点灯の様子はこちらです
tb: --   cm: 0

シートポストの検討?  


 ポン太(DashX20)のサドル問題である。

 まだ合わないのか、どうしてもお尻が痛い。とは言いながらも少しずつ慣れて来ているような気もするし、判断に悩むところである。
 また、ハンドルがやや遠いような気がするところも、慣れというのは恐ろしいもので、こちらも少しずつ慣れて来ているような気もする。

 ポン太のサドルをもし交換するとしたら、ブロ太(Brompton)のサドルが届いてから…と考えてはいるが、選択肢が大分狭まってきたようだ。

 2013年版のDAHONのカタログでDashX20のシートポストを見ると、通常のサドルを使える形式のようだ。
 調べてみたらそれがこれ「ControlTech, 7075AL, 31.6x350mm / Black」http://goo.gl/OYqrv
 そして私のDashX20(2011年版)は、「Kore Race I-Beam, 31.6×350mm /silver」。

 つまり、2013年版のシートポストならそのまま使えるというわけだ。サドルの位置を少しでも前に出そうとすればアダプターを購入するより、シートポストを購入すべきだというのは、この両者を比較すればわかる。

 ということで、私としてはサドル交換をする際には、シートポストを交換することで決着したというわけ(笑)。
 製品はこれかな?「コントロールテック TEAM ISSUE 1A SILVER シートポスト 31.6mm×350mm」http://goo.gl/smiTw
 あるいはこれのBlack。Blackの方がやや安いようだ。
tb: --   cm: 2

アダプターかシートポストか  


 ポン太(DashX20)のサドルを交換しようとすると次の選択肢があることがわかった。

 <DAHON サドル>で検索してみたら、2009年対応のページであるがこんなページ(こちらの方がわかりやすい)が見つかった。

 つまり、サドルを交換するには次の方法があるということか。

①アダプターを追加購入するか
 KORE RAIL ADAPTER  ¥3,570(¥3,400) 古い価格になるが…。
 Kore I-Beam Seat Post(Rail Adapter Kit) 1450円 http://goo.gl/Ivz3u
 ただ、ちょっと格好が悪い。

 130105サドルアダプター

②シートポストを交換する方法
 これは、ちょっと研究が必要。
 130105シートポスト

 デザインの問題とサドルの位置合わせのことを考えると、シートポストを交換する方が良さそうな気がする。
 いずれにしてももう少しサドルポジションを検討してみないと…。
tb: --   cm: 0

リクセン化カメラバッグの補修  


 以前こちらのページで紹介していた<リクセン化したカメラバッグ>。実はこちらは支えのパネルが紙製のものだったせいか、いつの間にか割れてしまっていた。
#ちなみに梁から吊っていたポン太、今はもう少しスマートに整理されています。

 130104 無残な姿
#複雑な形状になっているのは、バッグの形に合わせているため。

 気にはなっていたのだが、本日調子に乗ってBrooksを発注してしまった勢いで、以前購入済みの3mm厚の塩ビパネルに交換することにした。
#もう一つの3Wayバッグが塩ビのパネルを使用していて問題がなさそうだったからである。
#今回は半分しか使っていないのでもう一つくらいリクセン化できる。何をしようか思案中です…と言いながら、実はスケッチ用バッグのつもり(笑)。


 今回は慣れていたせいもあって無駄な作業がなくなったようだ。
#背景は先日出品した絵。一部は今度の個展に展示予定なので片付きません(笑)。

130104
・バッグの下端に見えているのが塩ビパネル。
・アダプターの上部2カ所、綴じ紐で塩ビパネルとバッグを固定している。
tb: --   cm: 0

DashX20のサドル  


 年賀状というのはこちらがやめようと思っても、あちらから来るとそれに対して返事を書かなくては…という気にさせられてしまうものらしい。
 280枚買っていた賀状も結局足りず、本日コンビニで20枚追加購入。何とか出し終えた。

 少しホッとしたところでふと思いついたのがポン太(DashX20)とブロ太(Brompton)のサドルを交換できないか?ということ。特に意味はないが気分転換くらいだろうか。
 しかし調べてみるとDashX20のサドルはかなり特殊なものだと言うことが改めて良くわかった。支える2本のスチールの幅がかなり狭いのである。

 130102

 そのうち2chでこんな記事を発見。
#DashX20の記事に関して検索すると、このブログがトップに出てくるようじゃ基本的には情報不足になりがちなんだけど…(笑)。

120 : ツール・ド・名無しさん[sage] : 投稿日:2011/09/08 09:52:08 ID:???
MからLへのサイズアップってトップチューブ1本分ズレたくらいで
シートチューブが4cmくらい伸びてるけど
ヘッドチューブ・ダウンチューブ・チェーンステーはそのままっぽい
VectorやMuの長いシートポストは太くてサドル合わないし
足長さんはDashX20付属の太さ31.6mm長さ340mmのKOREシートポストから
同じI-BEAMで一番長い400mmを選ぶかパイプ自作するしか無い


 私の場合短足だからこの心配はないが、どうやらシートポストをI-BEAMのシートポストに交換してやれば一般的なサドルが使えるらしい。ちょっとやっかいなことだ。

 ということで、I-BEAMのシートポストがこちら
 130102

 なるほどこれなら他のサドルも使えそうであるが…。さあ困ったぞ。
 当面はこのサドルにお尻を合わせるしかないか(笑)。

 やはりブロ太のサドルをBrooksへの交換の方が早いかなぁ。
tb: --   cm: 2

ツールボトル到着  


 先日、島忠で何気なくシンプルなボトルゲージ(ミノウラ)を見つけて買ってしまった。今は定位置にはポンプを付けているのだが殆ど使う機会がない。それよりボトルの方が出番があるかと思ったからだが…。
 ポンプはサドルバッグに入れればかろうじて入る。それで良いと思っていたらyasuさんのブログを見ていてツールボトルなるものがあるのを知ってしまった。
 実は、今のトップチューブバッグは思ったより入らないし、ポン太(DashX20)を畳む時ハンドルと多少干渉するところがあって何気に面倒だったりする。そんなわけで今度はツールボトルが欲しくなった。
 条件は、①ポンプ、②チューブと交換器具、③最低限のアーレンキー、④軍手などを入れたい。だから少し大きい方が良い。そう思いながら選択したものがこれだった。結果はOK、もくろみ通り。何より安価だし、色もポン太には合う。長さ(19.5cm)太さ(7.4cm)ともにボトルゲージにピッタリ。内部のスポンジは不要なので、さっさと外してしまった。
#但し、デザインは無骨だしポン太の車体には大きいんだけど…(^^ゞ。

◆OGK KABUTO(オージーケーカブト) TOOLBOX 700 ホワイト
 OGK KABUTO

 これでトップチューブバッグがなくなって少しスッキリしたかも。
 バッグなしで走ることも殆ど無いから、飲み物はそちらに入れれば良い。それより定位置がなくさまよっていた工具類が一カ所に納まったのが嬉しい。

 ブロ太(Brompton)にも、同じようなセットを入れられるものが欲しくなってきた。多分サドルバッグになると思うけど…。
tb: --   cm: 2

トップチューブバッグ到着  


 午後出かける用事ができていたので、午前中に届けてもらうように指定していたのだが、運送会社の不手際があって遅れたものの、何とか出かける直前に受け取ることができた。注文していたトップチューブバッグである。
 111213トップチューブバッグ

 思ったより小さかった。しかもポン太(DAHON DashX20)のヘッドチューブはやや太いので取り付けるのにこれがギリギリ。
 コンデジを入れてみたのだが、私の場合(GX200)レンズカバーをつけているせいかちょっと嵩張る感じであまり余裕が無い。それでも携帯や鍵類など入れたい小物はそれなりにありそうなのでこれだけでも助かりそうだ。
 まだiPhoneは持っていないが、来年の更新時に機種変更する予定だが、少なくともその置き位置はこれで決まったと言うことかな?(笑)。

 今のところ何とか納まっているものの、だんだん他のものと取り付け位置の調整が必要になってきそうだ。
tb: --   cm: 0

birzman/バーズマン ZYKLOP-NAVIGATOR発注  


 最近、家の周囲を巡っているのもそろそろ飽きてき始めているようだ。
 しかし一方、年内は海側へのルートの可能性を探る程度にしておいてみよう…という感じもしている。本格的に輪行をするのは来年からにしようと…。

 昨日の段階では、今日の天気予報は晴れだったはず。だから本当は朝になったら午前中から金沢八景あるいは杉田方面に出かけてみようと思っていたのだが、目覚めて雨音が聞こえていたのでガッカリしてゆっくり寝になってしまった。だから今日はグズグズ過ごすことに…。
*     *     *     *     *

 もともといろいろなものを身に着けて走るのはあまり好きではないので、ブロ太(Brompton)ではTバッグ、ポン太(DashX20)でもシートポストにリクセンカウルのアタッチメントにバッグをとりつけて走ることにしていた。しかし、財布やコンデジなどは必要な時すぐに取り出したいためヒップバッグを使っていたが、上着を着るようになるとそれもかなり不便を感じるようになってきた。
 そんな時だったが、つい先日のぶちゃんさんのブログでトップチューブバッグなるものがあるのを知った。ネットでもいくつか検索してみたが、肝心のサイズが良くわからないことが多い。そんなわけで、のぶちゃんさんが購入したという「birzman/バーズマン ZYKLOP-NAVIGATOR」が大きさも手頃そうなので、同じ品物を発注してしまった。
>のぶちゃんさん情報ありがとうございました。

 birzman/バーズマン ZYKLOP-NAVIGATOR

 届くのは来週の火曜日らしい。楽しみだ。
 さ~て、何が入るかな?
tb: --   cm: 0

flame BROMPTON  EZY PON!  


 今日は天気が優れないのでおとなしく家で雑用。

 111106EazyPon

 久しぶりにmixiを見ていたらこんな製品を見つけた「flame BROMPTON  EZY PON!」。ブロンプトンのパーツとして売っているようだが、別にブロンプトンのパーツとして考える必要はない。
 つまり三ヶ島のEZYペダルに対応するものだから、もちろんDashX20にも使える。もっともDashX20の場合には片側だけ取り外すということはあまりしないけど…。

 一応こういう製品があるということだけは記憶しておこう。
tb: --   cm: 0

ペダルについて(4)…「Power Grips」届いた  


 昨日発注したばかりなのに、今日の午前中には「Power Grips」が届いた。早い。

 説明書を見ながら取り付けてみた。説明書を見てもなかなか面倒である。ただ、金具があるので自作の場合よりは自由度が効くことは確かだ。
 それにペダルを取り外して作業できるのも嬉しい。

 110814説明書 110814説明書

 これで一番わかりにくいのが手前の取り付け位置や角度である。
 一応、足への引っかかりが少なくなるよう可能な限り下部に取り付け、角度は45度くらいにしてみた。外側末端部はどの程度の余裕を見たらいいかわからないので写真の程度にしたが、そのうち微調整して変えるかも。いずれにしても今のところは足の固定・解除もなんとかなりそうで嬉しい。
 ちょっと試してみたところでは「なかなか良い感じ」。やはりPowerGripsにして良かったようだ。

 110814PowerGrips全体状況 110814PowerGrips全体状況
 110814PowerGrips部分 110814PowerGrips部分

 昨日いただいたビール630ml(中ビンか)1ダース分の商品券があったので、今日は奮発して2本。おかげ良い気分になった(笑)。
 その代わりPowerGripsのお試しはまだです(笑)。
tb: --   cm: 0

ペダルについて(3)…結局「Power Grips」  


 どうも何か気になることがあると、決めてしまわないと気が済まないところがあるらしい。

 しばらく考えていたのだが、結局、死せる詩人さんに教えていただいたサイトから早速「Power Grips」を発注してしまった(笑)。
 言い訳的ではあるが、その理由をいくつか書いてみると…。
・ハーフクリップの引き上げはつま先部分であり、引き上げ力がそれだけ弱そうだ。きっと不満足感が出てくるように思う。
・となると、「Power Grips」に行くのは目に見えている(笑)。
・「Power Grips」の自作も考えないでもないが、フィンガークランプと同様、自作では不満点が出て結局購入することになりそうな感じがする。
・さらに進んだ選択肢SPDペダルは、どうも私の使い方ではそこまで行かないような気もする。
 それで発注してしまったというわけである。
 もっとも、死せる詩人さんに教えていただいたサイトが発注ページだったので余計に背中丼されたようだ(笑)。

>死せる詩人さん
 適切なアドバイス・情報ありがとうございました。

 この「Power Grips」は、当面、ポン太(DashX20)に取り付けるものだが、もしこれに不満を感じるようであれば、これはブロ太(Brompton)に移し、ポン太の方にSPDペダルをつければ良いこと。いずれにしてもそう堅苦しく考えることはない。
tb: --   cm: 2

ペダルについて(2)  


 このところ暑気払いが続いて運動から離れているので、今日はかなりの猛暑だけどテニスに行ってみようと出かけた。2リットルの水を買ってコートに行った途端思い出した。今日は夏休みで休みだったのだ。

 仕方ないので、買い物をしながら帰った。これでも往復8Kmだから何も無いより良いか。

 シャワーを浴びた後涼みながら、本当は個展の準備もあるのだが手持ちぶさたになってしまったような気がして、ゲンジ~さんが買ったというKeenのSPDサンダル、どういうものか知りたくなって調べてみた。
 なるほど。形状は靴のようだけどつま先が守られたサンダルか…。なかなか格好良い。でも私にはちょっと高いかな?。
 しかしこれだけじゃあダメだ。SPDペダルにはどう取り付けるんだろう?…そうか。SPDペダルに対して、靴底にクリートをつけて一体化するというわけか。ふ~ん。
 この2つのビスにクリートを取り付けるわけか。でもクリートは靴底より出っ張るのかなぁ。クリートをつけるとやっぱり歩きにくくなるのかなぁ…と疑問は尽きない。
 こんなページ(SPDペダルの使い方たった1万円で、あなたの自転車を2倍パワフルにする方法)を見つけた。私の場合、年齢の割には(笑)関心はあると思うが、やっぱり自転車で長距離を走るのが目的…というわけではないので、歩きにくいのはちょっと考えてしまう。それでも走ること自体がもっと楽しくなれば使い方も変わるのかな?

 さて、SPDペダルで検索してみると圧倒的にシマノが出てくる。
 私のペダルは取り外しができるということで、DashX20では三ヶ島を選択したので、「三ヶ島 spd」で検索してみたら、三ヶ島にもあるらしく安心した。

 その中に、こんなページ「BD-1に乗って街へ出よう/masaさん」も見つけた。どうやら私と同じようなことをしている。

・ペダル/PROMENADE-Ezy(三ヶ島)
 私と同じようなペダルをつけて…。
 うん?「忘れてはならないのが下の写真のEzyストッパ-の取り付け?」つけていないぞ~。そう言えばそんなのが付いてきていた。使い道がわからなかったので片付けてしまっていたが…。
 あわてて探して付けてみたが、カチッ音がするまでスライドすればそうそう動かないと思うけど、本当に不可欠なんだろうか?まあいいや。しばらく付けてみよう。

・クリストフ ハーフクリップ(ゼファール)
 この人はハーフクリップを選択している。発想も私と同じようなもの(笑)。

・三ヶ島MM-Cube Ezy(SPDペダル)
 でも結局はSPDペダルか…。考えていることも私と同じようなものだからとても参考になる(笑)。
 私もいずれは三ヶ島ペダルをブロ太(Brompton)にも付けて、適宜気分と使い方によってペダルを変えてみようと思っていたんだけど…。

 と思っていたら、今度はこんなページ「BD-1で楽々通勤~BD-Wonderful」の「三ヶ島 コンパクトEzy」を見つけた。
 そうか、アダプターだけでも買うことができるんだ。何だか嬉しくなってきた(*^_^*)。

 お試しの順序としてはやはり、ハーフクリップが最初かな?
 三ヶ島・ハーフクリップの商品ページを見ると、どうやら「三ヶ島 [MIKASHIMA]ハーフクリップDEEP」が私の考えている商品になるらしい。

 その次が「PowerGrips」かな?あるいは一挙にSPDに行くかどうか…。まあそのうちハッキリしてくるだろう。
tb: --   cm: 2

ペダルについて(1)  


 mixiの自転車コミュのリンクから何となく三ヶ島のこのページにジャンプした。私のペダルもこの会社のものだから…とちょっと関心を持って眺めて見た。ペダルもなかなか面白い。
#何となくSPDペダルが気になっているのだが、やはり歳も歳だから転倒がちょっと恐い気がするし…。かといって、アタッチメント金具を付けて走る程じゃあない。私の場合には、自転車を降りてからの方が問題だから、歩きにくそうにしている人の姿を見ているとそこまでは無理かなぁと思っていた。

 このページの下の方に「ハーフクリップ」というのがあった。サイズは限定されてしまっているようだが、これって私のペダルにもつけられるんじゃないかな?使い心地はどうなんだろう。ちょっと関心。

 110809ペダル01

 そうそう、死せる詩人さんがmixiで書いていた「PowerGrips」これもなかなか良さそう。
 パワーグリップをどうやったら入手できるか探しているうちに、自作した方のページが見つかった。Valusuさんのページやら、男一匹ガキ四十路さんのページ。良く見ればまだまだ出てくる。こちらこちらのページも…。このページもこっちのページも参考になる。
 う~ん。研究の余地ありだなぁ、転倒はちょっと恐いし…。でもきっとそのうちやってみるだろうなぁ(笑)。


 それにしても上の方にある「Fit-α SPORTS 2-buckle」というもの。これはしっかりして良さそうだけど、どうやって外すんだろう?ついつい余計なことを考えてしまう(笑)。

 110809ペダル02
tb: --   cm: 2

携帯ポンプの設置(DashX20用)  


 今日も暑い。
 本当は教室の日だが、このところ気分が乗らないので今日も休み。
 そのうち、7月10日に発注したポン太の(DashX20用)携帯ポンプが到着。
 最初はあるはずのホースが見あたらず、こんなものかな?と焦ったが、説明書を見て納得。さすが良くできている。使い心地も悪くなさそうである。

 110713携帯ポンプ取説  110713携帯ポンプ設置状況

 早速、ポン太にも設置してみた。ちょっと格好悪い(笑)。
 しかし、バッグなどに入れて嵩張りたくないし、駐輪中の盗難もちょっと心配だし…と、悩ましいこともあるが当面はこの場所に置いておくことにした。

 その後はちょっと買い物。そして絵を描いた。

 今日の絵<川向こうの村:F4縦>。先日のリベンジである。
 川向こうの村:F4縦
tb: --   cm: 0

携帯ポンプの発注(DashX20用)  


 天気は良いが、昨日も疲れたので今日は家でのんびり過ごした。

 そうなるとやはり気になっている商品が…というわけで、ついついポチっとしてしまったのがこちらの商品「topeakレースロケット HP マスターブラスター ブラックPPM07900」。

 110710topeakレースロケット HP マスターブラスター ブラックPPM07900

 実は、以前からのぶちゃんさんのページ気になっていた商品。なかなか良さそうな商品で、東急ハンズ等で探してみたが実物はなかなか見かけない。仕方ないのでネットで検索して思い切って発注。送料が必要だけどこういう場合は仕方ない。

 検索途中で、こんなページがあり、今は3種がでていることがわかった。
  HP、HPC、HPX、と3種類あって。
  ・HP はアルミで 109g 180mm
  ・HPC はグリップまでオールカーボン 73g 180mm
  ・HPX はアルミ.ロングタイプで 114g 250mm

 そう言えば、ネット検索しているとHPの付いていないものも結構あったが、これはら旧製品になるということなのかな?
 私の場合は、ミニベロだしそうそう使うものではないので最も小さなHPの黒とした。ポン太はベースが白、オプションが殆ど黒のデザインなので、一応色合わせしたつもりです。



 これの到着後の状況はこちら

tb: --   cm: 0

Carry on Cover の確認  


 今日は曇り空。でも昨日のことがあるので今日はおとなしく過ごすことにして、DashX20の折り畳み方及びCarry on Coverのチェック。

 DashX20の折り畳みには、
・両輪を支えるフレームをマジックテープで固定
・サドルを下げ、ハンドルも出来るだけ低く、その向きも変えること
・着脱式のペダルも外しておくと邪魔にならなくて良い

 Carry on Coverは
・左ハンドルのブレーキ部と折り曲げたトップチューブに引っかけ
・ベルトを最短にして肩にかけると最もコンパクトになる
・折り畳み側(車輪の反対側)のカバーをたくしあげるようにして、(カバーをひきずらないように)マジックテープで余った部分を固定できるよう加工
・車輪側は手を加えなくてもオリジナルのままで大丈夫

 こんな感じで何とか輪行スタイルができた。

 写真では折り畳み形状をご紹介。
 ハンドルはサドルがぶつかるギリギリまで下げている。
・前輪は、手許にあった100円ショップで買ったマジックテープ(黒)で束ねた。
・いつも持ち歩くロックは固定物と一緒にロックできる物。これをリクセンカウルのエクステンダー アタッチメントパーツ CK810に巻いておくことにした。不格好だが、サドルバッグには入りそうもないので…。
#こうしてみると、フロントギアを保護したくなりますね。
 110620折り畳み形状
tb: --   cm: 2

周辺整備もろもろ  


 天気予報では、今日の夕方から明日の日中までは雨になりそう。仕方ない明日は絵でも描いていよう。
 絵の方は、このところあまり気分が乗っていない。

 バッグのリクセン化予定がもう一つ。ポン太の環境整備ももう少し考えたい。ブロ太のリアキャリアのウィールがもう一つ調子が悪い。そんなことがあって、部品を揃えに東急ハンズに出掛けた。
 ついでに買ったものもあったが、本日の収穫は以下のようなもの。

110616買い物・アダプタープレート1365円
・フロントライトアタッチメント580円
・バックミラー2100円
・携帯用発電機付きライト1260円
・スペーサー・ワッシャー・ボルトナットその他988円

 そして、本日の作業。

1)ブロ太のリアキャリアの補修
 つまり、6mm径の丸棒がスチールになってから少し柔らかいようだ。オフセットの寸法が大きかったせいもあったようで、買い物カート状にしたりして押しているとすぐにオフセットした部分が曲がってしまう。それを何とかしたかったのである。スチール棒を1.5cmカットするとともに、ナットなども少し整理した。オフセットの部分は20mm巾のボルトを使用したのでスッキリしたが、効果の程はまだ不明。
 これの補修がダメだったら、スチール棒もオフセットも全てあきらめてリアキャリアに直接ウィールを取り付けるべく、そのための部品も買ってきた。

110616ブロ太リアキャリアの改良

2)ポン太へのバックミラーの取り付け
 発注していたリクセンカウルのアダプタープレートを受け取っただけではもったいないので、店内をブラブラしながらやはりポン太にバックミラーを付けようと思って最もシンプルで見やすそうなものを買ってきた。
 ハンドルのグリップエンドを外すというのは聞いていたがどこまで外せばいいのか、どのようになっているか検討がつかないので、強引に外してしまった。
 写真のハンドル上に置いてあるものが取り外した部品。全部で3つに分割されてしまったが、結構複雑になっていた。
 取付の方は、ブロ太での経験があるので、何も迷うことはなかったが…。

110616バックミラー

3)3Wayバッグのリクセン化
 3Wayとは言っても基本的にはリュックで使うだけだったこのバッグ、これも出番が減ったのでリクセン化してしまった。
 これも、アタッチメントの受け手を内部に出さず、このファスナーのポケット内部に留めている。試して見た上でどうしてもダメな場合は内部に受け手を移すことになるだろう。今回は、買ってきた15mmのボルトがあって助かった。受け手を内部に移す場合には20mmのボルトが必要になる。
#リュックとして背負う時ちょっと背中にあたるけど、もうそういう機会はあまりない筈だから良しとしよう。あるいはショルダーバッグとして使うか。

110616リクセン化バッグB 110616リクセン化バッグB

 これでポン太の装備はほぼ完了。
 バッグのリクセン化がうまくいったせいで、ブロ太でも使いたくなってきてしまった(^^ゞ。そこで、ロボ太に取り付けていたリクセンカウルのアタッチメントを外してしまった。近日中に何とか工夫してブロ太につけてみたいと思うようになったのである。

 でもいつまでもこんなことをしてはいられない。
 明日は雨らしいので、久しぶりに絵でも描こうと思う。
tb: --   cm: 0

カメラバッグの手直し  


 本日は曇り空、雨は降らないらしい。
 それで久しぶりにテニスに行くことにした。ロボ太に例のリクセン化したカメラバッグを取り付けて…。特に目的があったわけではないが、使い心地を試して見たかったから…。

 ところが実際に走り始めると微妙に前後にブカブカしているのが気になった。
 実は、このバッグ、内部にマジックテープによる仕切で自由に区切れるようになったものなので、パネルやアタッチメント部品は内部には顔を出さないように処理している。これが原因だということがわかっている。
 仕方ない。帰宅した後、外部と内部を綴じ紐で締め付けることにした。これで大分安定するだろうと思う。

 110615リクセン化バッグ01.jpg 110615リクセン化バッグ02.jpg
 写真左:アタッチメントの上下4カ所に綴じ紐でボードを固定している部分がある。これらのうち、上の2カ所の綴じ紐を裏側(バッグの内部)まで貫通させることにした。
 写真右:写真では見えにくいかもしれないが、この2カ所だけがバッグの内部まで貫通している部分。


 テニスの方は、久しぶりであまり調子が良くない。身体が眠っている感じである。まあそうそうテニスが出来る訳じゃないから仕方ない。
tb: --   cm: 0

DashX20にカメラバッグが付いた  


 曇り。蒸し暑いが外に出るとちょっと涼しさを感じる。

 せっかくカメラバッグのリクセン化をしたところなので、やはり使ってみたい。
 早速、「リクセン&カウル(RIXEN&KAUL) エクステンダー アタッチメントパーツ CK810」を発注してしまった。
 110611CK810
 ついでに「フリーパックMETA2」というのも…などと考えたが、こちらの方はかなり大きそう。DashX20とのバランスも気になるし、使い心地の評価もいろいろありそうなので、もう少し様子を見ることにした。
#何となく、DashX20に重いリュックをつけて走るのもあまり格好良くないかな?なんて思ってしまったのです。

 それよりすっかり出番の減ってしまった3wayバッグがあるので、まずはそれをリクセン化した方が良さそうだと思い直した(#こちらの方が小さいし…(^^ゞ)
 しかしそのためには「KM811アダプタープレート」が必要だし、その他の材料の準備もあるからすぐにっていうわけにはいかない。

 いずれにしても、まずは、この「エクステンダーアタッチメントパーツCK810」の使い心地を試して見てからのことである。

PS
 先日紹介した方のページから、「リクセンカウルCADDY(キャディ)」なるものを見つけてしまった。これならハンドルポストへの取り付けも可能になるわけだ。うーん、こっちの方が良かったかもしれませんねぇ。
 それに、こんなパーツもあるんですねぇ。「TIOGA Front Bag Holder (YBA00100)(Q016066)

 まあ、「エクステンダー アタッチメントパーツ CK810」がダメだとしてもロボ太の方で使えますので、あまり深く考えなくても良いことですが…。



 上の記事は、実は昨日書いたもの。
 今日は、しばらくぶりのブロ太とともにホームセンター・島忠へ行って来ました。買い物にはブロ太は便利です。
 こうして乗ってみるとブロ太も結構よく走るしなかなか良いと思います。

 今日買ってきたものは、もう一つのバッグのリクセン化のための部品が中心。つまり、「塩ビパネル」1200円、(念のための)「ボルト」250円、そして「「6角レンチセット」298円、「フック」158円×2である。
 少ししっかりしたかったので、塩ビパネルは奮発してしまったものですが、小さなバッグであれば100円ショップのクリップボードで十分だと思います。
 110612買い物

 今日は、走行距離11,11Km。最高速度30.8Km/時。
#今日の感触では、ブロ太も30Km/時くらいは難しくないようです。

*     *     *     *     *

 「リクセンカウル・ アタッチメントパーツ CK810」を発注したのは昨日のことですが、それが到着。
 そして、一昨日作ったカメラバッグが、サドル下から伸びたアタッチメントパーツに無事付きました。殆ど何の問題もなくピッタリサイズです。ただ、バランス的にはカメラバッグがちょっと大きいか…。
#背景がまずかったですね(^^ゞ。

 110613アタッチメントとバッグ2
tb: --   cm: 0

DashX20の周辺を整える  


 天気曇り。ちょっと蒸し暑い。
 午前中、ローロ馬車道から電話。「Carry on Cover」が使えることが確認でき、その在庫も店にあるとのこと。先日、スタンドも届いたことを聞いていたので、店まで足を運ぶことにした。東急ハンズで滑車も買いたかったし…。
#今日は自転車なし。さっさと帰ってきやりたいことがあったから…。

 東急ハンズでは、滑車は思ったより安い物が入手できて満足。ついでにフラフラとタテ・ロックも買ってしまった。これは2つめのロックとしてブロ太とも共用するつもりものなので、出来るだけコンパクトなものが欲しかった。あまり長居をすると他のものも欲しくなりそうなのでさっさと退散してローロ馬車道へ。「Carry on Cover」と「スタンド」を受け取って帰った。
 今日の買い物は写真のとおり。
 110610買い物
 そして、「Carry on Cover」の取説。こんな風に使います。
 110610「Carry on Cover」01 110610「Carry on Cover」02

*     *     *     *     *


 家に帰ってからは、ちょっと考えていた工作というか日曜大工というか…。

 まずは、Dash X20の住まいづくり。
 もう少し改良が必要だけど、滑車を追加したら随分楽になった。そりゃそのはず、必要な力が半分になったんだから…。
 110610Dash X20の住まい

 次いで、以前から考えていたカメラバッグのリクセン化。
 100円ショップで買ったクリップボードなど必要なものは買ってあったのでそれを使って加工。結構面倒だったが、これでとりあえずアタッチメントがあればカメラや小物だけはサドルの後ろに取り付けられるようになった。自分でも結構満足の出来映えになった(*^_^*)。
だから、サドルバッグの取付は当面やめておこうかとも思っている。あるいはブロ太に回すか…。
 110610カメラバッグのリクセン化

PS
 バッグのリクセン化については、こちらのページなどが参考になるかも…。あるいは同じ人のこちらのページ
tb: --   cm: 2

DashX20の装備を整える  


 早速、Dash X20 の装備を整え始めました。

 Dash X20 の装備

・GPS
 これはもう準備ができていたのでそれをハンドルに取り付けるだけ。

・サイコン
 これも既に届いていますのですぐに取付。もう取り付け自体は慣れているので特に困ることはないのですが、問題は周長。このタイヤは「Schwalbe Durano, 20"×1.10 F/V」とのことだが、こちらの 「誰にもわかるタイヤ周長」を見ても良くわかりません。
 ネットで検索しても私の検索では周長はでてこない。仕方ないので実測してみたところ約1460mmとなった。とりあえずこれを入れるしかないですね?

・リクセンカウルのアタッチメント
 ことさら今する必要はないが、ブロ太と共用できる「ボトルゲージ」「ミニマップ」があるので敢えて取り付けてみました。
#ボトルゲージ用の穴はあるんだけど…。

 これにベルをとりつければもうハンドル回りは混雑状態です(笑)。
 そうそう、購入時に一緒に買ったフロントライト(照明というより、こちらの存在をアピールするだけのもの)もどこかに取り付けないといけません(^^ゞ。

 その他、付属の「CATEYE車輪反射鏡」も取り付けてみました。しかしあまり格好良くない。外した方が良いかもしれないとは思いますが、安全のためなのでもう少しつけておこうかと思っています。
#でも同じ目的なら、LEDのものの方が良さそうですねぇ。

 「シール」もありましたが、これは特につけるところが思い浮かばないのでとりあえず保存。

 今の段階ではそんなところでしょうか?
 あとは、カバーが届いた時に必要ならそれを考えることにしましょう。


 そして、いずれ必要になりそうなのがこちらのページのもの。
 テニスに行くにも、絵を描くにも、カメラを撮るにも…こんなバッグがあると楽になるかなぁ…なんて思いますが、とりあえずは今のリュックで間に合ってしまいます(^^ゞ。

 さて、装備が整ったところで、本日はいつもの舞岡公園…には入りませんでしたが、その周囲を一巡り。

   ・曇り、気温23度、湿度74%
   ・走行時間 35分
   ・走行距離 8.01Km
   ・平均速度 13.5Km/時
   ・最高速度 30.3Km/時(いつもの下りの坂道は走っていない)
   ・消費カロリー 86.2Kcal(思ったほどではないんだ)

 ちなみに、4月から今までの軌跡データです。今日の試走は黄色の部分です。ご参考までに…。

 1104_0608軌跡
tb: --   cm: 2

DashX20の設置場所の準備  


 110606滑車

 今日はやや蒸し暑い曇り空。ちょっと用事があって横浜へ。
 多分、ポン太ことDashX20が明日には届くことになっているので、その設置場所を何とかしないといけない。
 できるだけ場所をとらず邪魔にならないようにしたい。ただ、幸いなことに、手頃な梁があるのでそこに吊すことをイメージしながら東急ハンズに寄った。そこで選んだのが写真のような材料。

・滑車はこれが最大のものだった。耐荷重は不明。対応ロープは9mmとあった。
・ロープは太さ8mm(ここまでしかなかった)。長さは余裕を見て6m。
・ロープ端金物2個
・D環金物2個
・半端なベルト60cm?  合計3,483円
 多分、全部を使うことはないと思うが…。

 あとは試行錯誤でやってみるしかない。うまく行ってくれれば良いけど…。
#ブロ太で試して見たがちょっと重い。もう一つ滑車があった方が良かったかな?
#つまり、ここの<図 2a>のイメージだけど…。その必要性も考えておこう。

tb: --   cm: 0