ポタポタ時々記

シンプル&スローライフ途上の思い、出来事、買い物記録などです。

雪の結晶型マルチツール 発注  


 こんなものを発注してしまった。

 180613
 「Creative 19-in-1 Snowflake Shape Multifunctional Tool - PLATINUM 2」

 このサイトはこうした小物類で面白いものがあるとのことである。

 ところで、発注後、<住所が間違っているか不確かではないか!>とのメールが入った。
 最初はそんな内容だけのメールだったので無視していたが、再度、私の住所がこうなっているということでそのアドレスが記されてきた。これは正式のメールに違いないと、こちらのサイトで確認した後返信した。
 こうした経験を経ながら私も少しはネット購入に賢くなっているかな?(笑)

 しかし、この註文サイト、こちらの住所を入力すると表示段階で少しおかしくなって表示されたような気がする。だから途中であきらめての入力だったが…。
 そうした点は問題だが、こうした確認メールが来るということはグーグルマップででも確認しているのだろうか?
 どこが管理しているサイトかは確認していないが、製品の質だけではなくこうした対応の仕方も進化していることに感心する。
tb: --   cm: 0

SOTO GストーブST-320 購入  


 普段、アウトドア用品を使っていると燃料はアルコール、ガス、そして家ではIHで使えるモノはIHになっている。
 外に持ち出すにはできるだけ軽量が良いということで、基本的にはアルコール。炊飯等では固形燃料が軽く簡単で良いと思うようになった。 しかし、普段使いではIH以外ではガスの便利さも強く感じるのは仕方ないと言うべきだろう。

 だからいつの間にかガスバーナーも結構増えてしまった(苦笑)。
 OD缶使用の場合は深型クッカーとの組合せが最もコンパクトに収まって良いと思うが、クッカーとしては浅型の方が使いやすいと思うし、OD缶はまず価格が高い。そんな訳で日常的にはどうしてもOD缶を使う機会が少ない。
 一方、CB缶の方は1本100円もしないから気楽に使える。CB缶が使えて浅型クッカーで使いやすいガスコンロ、ガスバーナーも複数になってしまったが、そんな中で、私が持つ最後のバーナーになるかもしれないと考えていたのがSOTO ST-320だった。しかし、これは新しい製品のせいなのかなかなか価格が下がってこないらない。旧製品はプレミアが付いているのか考えられない価格になっている。

 ところが先日、スタートセットということでCB缶付き低価格の製品「SOTO GストーブST-320/ST-700」(¥ 6,840-)を見つけてしまった。 そして我慢できなくなったというわけである。
 この形状から考えれば、メスティンと一緒に持ち出すのが最もふさわしいように思う。

 20180529


 使ってみた感想は以下の通りである。

 大きさ軽さで言えば決して小さくはないが、こうしたギミックの下でこういう形になり、これ単独で気楽に持ち出せるという意味でも持つ喜びのようなものを感じる。
・組み立てやガス缶との接合に最初は迷ったか、もちろんそれは最初だけのこと。後は簡単である。
・五徳はなんでこんな形状なのかな?と思うところはあるが深く考えていない。
・着火しにくいという意見もあるようだが、最初こそ2~3回着火操作を要するかもしれないが、特に問題を感じない。
・メスティンに入れるには袋のままだと窮屈だが、これだけガッチリしていれば無理にメスティンに入れなくても他に入れるところはいくらでも見つけられるように思う。

tb: --   cm: 0

KOVEA CUBE ステンレス ミニガスストーブ   


 「KOVEA CUBE ステンレス ミニガスストーブ 」。以前から度々見かけてはいたが、改めてこのコンパクトさが良いのではないかと思うようになった。
 狭い家の中で使うためにこれを考えてみようと思ったわけである。

 ネットで様々な価格比較を見ていたのだが、AmazonやらYahooオークションやら見ていくうちに「Qoo10」というサイトに当たった。
 そう言えば韓国系の通販サイトだったのではないかと思い出した。聞いたこともあるしニセサイトでもなさそうだ。
 そして、何より価格が安い。送料込みで3,570円(表示価格より20円割引きだった)。こういう価格差は嬉しい。

 これは家で使うため…と割り切って、結局註文した。


 それが4月4日に届いた。
 詳しくは覚えていないが、4月1日に受注したという記録があるから意外と短期間で届いた。Amazonよりかなり安かったのは嬉しい。

 肝心の製品の作りはシンプルそのもの。多少バリがあるものの価格のことを考えれば悪くないと思う。

 KOVEA CUBE

 肝心の機能面であるが…。
 個人的には次のような感想ではあるが、製品としては概ね納得である。
・天板面がフラットだというのは後片付けが容易で良い。
 しかし、バーナー周辺部が少し落ち込んでいる。こうしたところへ汁ものが回り込むと逆に清掃しにくくなってしまう。
・十文字の五徳は小さなクッカーが使えて良い。
 しかし、バーナー部が少し大きくしかも外向きなので小さなクッカーでは効率が悪くなるようにも思う。小さなクッカー主体として購入したつもりなので少しだけガッカリ。
 どうせなら、十文字の五徳は本当の十文字にして欲しいところ。
tb: --   cm: 0

電気の省エネデバイスは使えるか?  


 FBでまたこんなのを見つけた。
 「電力会社はこの省エネデバイスの登場を世の中に知られたくないようです。」

 180317

 私はこういうのに弱い。
 電力の契約をauに変更しても、電力の元は東京電力。条件さえ許せば東京電力から離れたいものだと思う。
 蓄電池がもっと進化すればもっと社会も変わるだろうが、とりあえずこんなものを試して見ようという気になって註文してみた。人柱になる覚悟である。

 しかし、新しいサイトからのネットでの購入はいつも多少緊張するものだ。
 これは、他の人々からのコメントがあったり、註文受付の返信もすぐに来たから多分大丈夫だと思っていよう。

 今はまだ皆さんにお勧めできる段階ではありませんね。
tb: --   cm: 0

新しいキャンティーンポーチ購入  


 キャンティーンポーチがどうにも気に入らない。大きさだったり、生地の具合だったり…である。

 そこで、このポーチ「M.O.L.L.E. COMPATIBLE 1QT CANTEEN / UTILITY POUCH モレー1QTキャンティーンポーチ コヨーテ」の評価が価格の割に良さそうだったので購入してみた。

 第一印象は、大きさは良い。ただ、蓋のデザインが悪く納まりが悪い。それにサイドのポケットももう少し大きければ良いのに…と思う。なぜこういうもののデザインって、それ自身のことしか考えていないんだろうと思ったりする。

 簡単にレビューしてみると、
◆ポーチの蓋の幅が小さいのでキャンティーンのボトルがサイドから見えてしまう。もう少し被せるようなデザインであればもっと多目的に使えるように思う。
◆サイドのポケットが小さく浅いので入れる物が限定されてしまう。せめてポケットストーブくらい入るほどの大きさがあれば良かったのだが…。
◆肩に掛けられるようなベルトを受けるためのDリングなどの用意があっても良かったように思う。

*     *     *     *     *

 その後、使い勝手が悪い点があるのと、他にも使いたいニーズがあったので少し加工した。

◆キャンティーンカップの納まりがあまり良くないので中央をカットしてボトルの頭を出すようにした。ついでに他のものも入れられるようにと考えてみた。この方が見かけもスマートになったように思う。

 180315

◆例えば、「STANLEY(スタンレー) キャンプクックセット 0.71L」と「スノーピーク(snow peak) クッカー ソロセット 焚」はこんな具合になる。

 180315 180315

◆「nalgene(ナルゲン) カラーボトル 広口1.0L」と「スノーピーク(snow peak) クッカー ソロセット 焚」はこんな具合になる。

 180315 180315

 それにしてもここまで蓋を留めるベルトが長くなくても良いように思うが…。
tb: --   cm: 0

プレキャスター購入  


 実は、大型サイズの絵を持ち運ぶための台車を作ろうと考えていた。
 そんなところにモノタロウから500円クーポン付きのDMが届いたので、台車のためのプレキャスター(こうした車をこう呼ぶことも知らなかったが…)を購入してみた。

 前方は自在車で、後方は固定車で行くことにした。ストッパーは(間違っていなければ)車の回転と自在の回転を止めるタイプを選んだつもりである。

 20180311 20180311

*     *     *     *     *

 届いた車を見たが、これだったら一つずつで良かったかもしれない。
 但し、自在車のストッパーは足で押さえていないと効いていないような仕掛けだった。これがちょっと残念。安いだけのことはあるというところか。

 使い方としては概ね以下のようなところだろう。そしてできるだけ簡便な作りにしたいと考えた。

◆これで持ち運ぶ可能性の高い大型サイズの絵は30号以上となるだろう。そして枚数は今までの経験からしても3枚ほどが最大と考えて良い。F60やF80を運ぶことは多分殆ど無いだろう。
◆しかも、これを使うのは(遠方の場合は専門業者に依頼するから)近隣の場合だけである。

 そんな条件で考えたらこんなもので十分なように思う。
 但し、自在車が便利に使えるか、却って使いにくいかは、実際に使ってみなければ何とも言えない。

 180313

 ここまでは、あくまでも大判サイズの額を運ぶつもりのものだが、せっかく4個あるから重い荷物を運ぶ台車を作ることもできそうだ…考えてみようか。
 もちろん、私のすることだから分解組み立てができるものになる(笑)。
 まずはホームセンターに行って、適当なスノコがあるかどうか探してみることにしよう。


 
tb: --   cm: 0

ニトリ・マルチポケットトートバッグ購入  


 Youtubeで「ニトリ・マルチポケットトートバッグ」を紹介しているのを見た。このページ「デイキャンプ ピクニックセット キャンプニトリ」である。

 本日は、絵画教室の5月の会場抽選の日。今までなら当然自転車で行くところだが、バスの敬老パスをもらってからは駅周辺でいくつかの用事がある時にはついついバスになってしまう。それに、今は水虫のためにどうも活発な動きを自粛してしまう傾向にある。
 だが、水虫も発症からそろそろ1ヶ月が過ぎようとしており、回復基調になってきたようだ。医者は2ヶ月は覚悟する必要があると言っているが、これまでの1ヶ月とは気持ちは大きく異なる。これから1ヶ月は(気を許すつもりはないが)もっと気楽に動けるだろう。

 そんな気分もあって、会場は無抽選で確保できたので他の買い物ついでにニトリに寄ってみた。上述のページで紹介していたのはホワイトであったが、店舗で見るとその他、ブラックとグリーンがあったので、迷うことなくブラックを購入した。確かに手頃な大きさで使いやすそうだ。

 20180210
tb: --   cm: 0

温湿度計(温度内外両用)購入  


 シンプルな生活を目指すと、いかに自然とつき合うかが重要になる。
 不足する装備は論外だが、重要なのは過剰な装備をしない、変化する自然に合わせて適宜装備の可変を目指すと言うことではないかと考えるようになった。つまり厚着の装備より、薄手の装備で適宜調整していくということではないかと思う。

 そのため、こんな温湿度計「Neoteck 温湿度計(内外温度) LCD デジタルメーター」を買ってみた。(内外の)温度計、湿度計、時計がセットになったものである。
 それにしても、こういうものがこんな価格で買えるようになったんだなぁとちょっと感慨深いものがある。

 171128

 本当はもう少し小さいものを欲しかったが、相対的に評価が高いと思われたこちらを選んだ。
 届いたものに不満や予想外という点はないのだが、驚いたのは余りにも簡単すぎるマニュアルである。
 小さくて無くしそうなのでここに記録しておくことにする。

 171128 171128

 使ってみた感じでは、まあこんなものかといったところだが、外気温の変化が大きく興味深い。

 外気温が5℃あたりになってくるとさすがに寒さを感じる。
tb: --   cm: 0

パタゴニアLight & Variable™ Hoodyの故障対応  


 「パタゴニアLight & Variable™ Hoody」…私のものは昨年春製品らしい。
 購入から1年、全く着ていなかったが、これからのシーズン丁度良いかもしれないと、本日の荒崎海岸スケッチに着てみた。
#製品番号(パタゴニア衣類の製品番号の識別方法)は、STY27236SP16とあった。末尾の「SP16」は「2016年春」製品という意味らしい。
#過去記録によれば、2016/03/06ジャケット14040円(カード払い)だったらしい。

 本日着ていった感じでは、これからの季節、気に入って着られると思っていたのだが…。右ポケットのファスナーが噛んでしまって全く開かなくなってしまった。
#このポケットはリバーシブルになっていて、本体をこのポケットの中に収納できるようになっている。そのため反対側にもファスナーのつまみがある。そのせいではないだろうが、表面的にはどこも噛んでいるように見えないのだが、うんともすんとも動かない。
 私が困っているのを見かねて仲間の数人が挑戦してみたがお手上げだった。
 家に帰って、ペンチで強引に引っ張ってみたらつまみが取れてしまった。仕方ない。中には敬老パスやスイカが入っているのだが明日パタゴニアに行って話してみよう。

 パタゴニアの対応が楽しみだ(苦笑)。

 171102

*     *     *     *     *

 翌日、久し振りの友人達との飲み会に出かける前にパタゴニアに寄ってファスナーの故障のことを話した。

 あっさり修理に応じてくれた。
 ポケットの中のものを取り出したかったのだが、それは内側からポケットの下部を切って取り出してくれた。
 修理の方法はファスナーの取り替え、切った部分の補修は当て布になるということらしい。修理期間も通常では12月初旬になるとのことだが、今回の事情を考慮して11月20日頃にしてくれるとのこと。修理代は無料とのこと。ありがたい。

*     *     *     *     *

 飲み会は、高校時代の体操班の仲間3人+1人、さらに女性2人の予定だったが、女性陣は腰を痛めたとのことで欠席。
 それでも楽しくちょっと飲み過ぎたようだ。
 帰りのバスを3バス停ほど寝過ごしてタクシーで帰った。久し振りの寝過ごしである(笑)。

*     *     *     *     *

11月10日(金)
 パタゴニアから修理についての確認の電話が入った。修理に出した際確認して出しているのだから今更ながらのことであるが…。どうやら品物は修理部門に正式に移ったらしい。
・ファスナー部分の交換になるので、同じものがなければ異なった色になること。
・中にあった貴重品を取り出した際カットした部分は当て布されること。

11月16日(木)
 本日、宅急便にて修理品が届けられた。20日頃と聞いていたので予想より早く帰ってきたありがたい。
 送料はどちらの負担かは確認していなかったが、パタゴニア側でもってくれたようだ。
 当て布はきれいに処理してあるものの、やはり当て布したという感じが見え見え。しかし、内側だから仕方ない。
 ファスナーは、以前のものは生地と同色だったが、修理品は生地よりやや濃い色になった。これは見えないところだし、両方を一緒に見る人もいないだろうから、全く気にしていない。
 とにかくパタゴニアの責任で修理してくれたのは嬉しい。

 171116 当て布の様子。やはりこうなるか。
 171116 交換されたファスナーはやや色が濃くなった。

tb: --   cm: 0

「モダニストEXシリーズ 2017」の購入  


 現在最も良く使っているリュックは、Snowfaceの20リットルのもの。手頃なサイズで気楽に使えるのが気に入ってあらゆる場面で使っていて既に数年経過してきている。
 最近、肩を痛めてからあまり重いものを持たないようにしているので、このリュックに絵の道具を入れ、水彩紙は別に手に持つようにしているのだが、やはり不自由と言えば不自由ではある。

 ところが本日のFBでまずいものを見つけてしまった。
 それがこちら「モダニストEXシリーズ 2017 USB充電ポート付き防水リュック」

 171028

 私が外描きで使う水彩紙はF6サイズ。つまり410×318mmのサイズとなる。できればこれが入るリュックが欲しいと思っていた。以前持っていたリュックがあったのだが生徒さんに安く買われてしまった。ただ本音を言えば、デザイン的な詰めがちょっと甘いと思ってはいた。
 ところがこのリュックのデザイン。細部の工夫にはちょっとやられてしまった。価格も¥9,899。
 サイズも (H)17.72″(L)x 13″x (W)5.91″(つまり450×330×150mm)。微妙なサイズだが、これに水彩紙が入ればまさにあつらえたようなピッタリサイズとなる。仮に水彩紙が入らなかったとしても、現在の使い方なら何とかなるだろう。
 色はグレーの方がオシャレだと思うが、あまり目立つのがイヤだったので黒を選択。

 聞いたこともない会社、サイトでちょっと心配だったが、特にダメという確信もない。そして、何とかなるだろうと発注。

*     *     *     *     *

 11月3日の夜、品物が届いた。なかなかガッチリしたリュックである。
 ちょっと残念なのは、F6が入るにはわずかに小さかった。しかしこれは想定内。水彩紙の持ち運び方は既に頭の中にある(笑)。

 11月4日、このリュックを使ったお絵描きセットを工夫してみた。
 何とかなったようだ。次回のスケッチが楽しみである(*^_^*)。
tb: --   cm: 2

「ミズノWRジャケット」購入  


 私は、道具にはこだわるが、着るものや靴などには全く関心がない。いや「なかった」という方が正しいかもしれない。
 ところがこの数年、アウトドア関係を中心として山用品に関する衣類や履き物が増えてきた。もちろん価格も今までに考えられないほど高価である。だから、長く使わないともったいない…と思っている(笑)。

 先日、久し振りに横浜中華街でランチを楽しんだ後、マムートに寄ってレインウェアを見た。ネットでマムートのものが比較的高評価だった記憶があったからだ。とうとうこんな記事まで気にするようになったようだ。
 ただ、店には気にしていた製品は見つからず(私の記憶が不確かだったのだろう)、その代わり「MAMMUT GORE-TEX HORIZON Jacket」を薦められた。馬子にも衣装と言ったらいいか、めずらしく私に似合っていたような気がした(笑)。しかし、価格42000円は安物を愛用してきた私には高すぎるようだ。残念ながら見送って帰った。

 171028mamu-to

*     *     *     *     *

 そして本日、溝ノ口で行われていた友人の写真店に行った帰り、川崎ミズノに寄ってみた。そこで見つけたのが「WRジャケット」。価格22000円。しかも明日まで1割引きだという。

 171028WR

 とうとう購入してしまった。マムートの製品とはデザインも違うし、こちらはゴアテックスではなく耐久撥水とあるが、そうそう使うものではないので半額では私はこちらに転ぶ(笑)。
 だからと言ってこちらを気に入っていないわけじゃない。
 もちろんマムートのものは街着として優れていると思う点は多いが、こちらもなかなか細部に配慮が行き届いているようで良い(ただ、胸の斜めポケットだけが防水的に意味不明なつくりだけど)。スケッチなどにはむしろこちらの方が適していると思っている。これからの季節に活躍してくれるだろうと期待している。
 
tb: --   cm: 0

DOPPELGANGERウルトラライトレッキングチェア C1-71  


 肩を壊してしまい「保存治療」が決まったので、家でおとなしく絵を描く日々が続いている。今は40号を2枚描いているが、あと1日もあれば完成させられそうだ。

 今は、肩の痛みは殆ど無くなったが何となくしっくり来ない違和感が残っている。
 リハビリのために、腕を正面から真上に上げるようなことをしてよいと言われているが、横から上げたり、後ろへ持っていくような行為は禁止されている。
 現在、腕は何とか170度くらいまで上がるようにはなっているが殆ど力が入らない状態である。1ヶ月ほど様子を見ないと何とも言えないが、最悪、こんな状態になってしまうのかもしれないと覚悟もしている。

 一番影響を受けるのはお絵描き生活であるが、しばらくは右手に重いものを持てないし肩も休ませたいので、左手・左肩で処理できるような荷物にしたいということになる。当面、お絵描きスタイルを、今までの「立って描く」スタイルから「座って描く」スタイルに改めた方が良さそうだ。
 つまり、絵を描く方もロースタイル、UL志向になってきたというわけである(笑)。

 今までもいろいろなイスを使ってきたが、今のお気に入りのイスはロゴスのこれ「 ロゴス チェア 7075トレックスツールM(私の物はブルー)」(実測296g)(左写真)。 同様に軽い物では、こういうタイプ「ロゴス チェア 7075ポケットスツール」(カタログ値280g)(右写真)もあるが、この足では柔らかな地面だとめり込んでしまうので私としてはNGである。これは絵を始める時、参考にした本で紹介されていた「グリベルのイス」の経験による。これは全てのアウトドア用イスについて言える私のチェックポイントである。

 170909 170909

 ちょっと違うタイプでもう少し軽い物はないかと探した結果、今日これ「DOPPELGANGERウルトラライトレッキングチェア C1-71」(240g、¥2,070-)が届いた。これの4本足のタイプもあるのだが、3本の方がより軽く小さいはずと思っていたのだが、やはり座り心地は四角の座面の方が良さそうだった。ちょっと残念。

 170909

 このイスも先の足元のチェックポイントからすれば疑問符がつきそうだが、これを選んだのは実は他にもちょっと考えるところがあったからだった。しかし、実物を見た感じでは予定していた使い方は難しそうだ。

*     *     *     *     *

 結局、現段階では最初に挙げたイスが最も良さそうだ。それを推薦するイスとして紹介しようと思ったが、今見れば結構高価なものになっている。
 amazonで見るだけでも似たようなイスがいくつも見つかる。もちろん大抵の物は私の物より安価だが、座面の高さ・大きさが異なる。また、フレームの分解・組み立てができるなど便利なものもある。最もわかりにくいのが座面の耐久性である。今の私の使っているものはなかなか良いと思うが、これが絶対良いとは言い切れない。
 結局、自己責任で選ぶしかなさそうだ。

①チェア 5603ポケットスツール
 軽いが高価。そして座面が小さく低い。

②アウトドア チェア コンパクトチェア スツール 釣り椅子 超軽量 小型 ウルトラライト
 この他にも同様のイスが何社かから出ている。各社とも大体2000円くらいまでの範囲である。
tb: --   cm: 0

新しいコンデジ  


 ポルトガル旅行の飛行機の中でリコーGX200の盗難にあって以来、コンデジは中古のリコーGRデジタルIIを使っていた。

 リコーGRデジタルIIはもちろん良いカメラだけど、私にとっての不満点は単焦点(28mm)であること、動画が撮れないことだったので、デジイチを使わない時にはiPadを使うことも多くなっていた。画質に物足りなさを感じながら…。 
 しかし、カメラの友人からいろいろ話しを聞くに、最近のコンデジの進化は凄いらしい。

 ということで、思い切って新しいコンデジ購入を決めた。友人に相談に乗ってもらったら友人が買ったのと同じ機種になった。私にはもったいないのだが…(笑)。
 これで、スケッチ補助の写真も、水彩画のデモ動画も4K画質で撮れることになってしまった。

 今回手に入れたのはこちら「SONY RX100IV」になった(笑)。
 付属品も含めて、今日買ったのはこんなもの。写真以外に液晶保護フィルムがあるが、これはカメラに既に取り付けられている。
 (左写真)左下はデジイチのレンズキャップを一時的に保管しておくためのアクセサリー。
 (右写真)追加の電池+充電器だが、左写真と一緒に撮るのを忘れた。
 専用のケースは恰好良いがすぐに使うには不自由なので、今まで自分が使っていたものを使うことにした。
 今回は、特に価格が安くなっていたのと、5000円のキャッシュバック、古いコンデジの下取り(3000円)付きである。

 170827 170827

 上の写真群の中にある買い足したグリップを装備しての雄姿がこちら。
 いろいろ安くしてもらったが、それでも結構な金額になった。大切に使っていこうと思う。

 170827
tb: --   cm: 0

水出しコーヒー用ポット  


 写真は、中華街で衝動買いをしたルイボス茶のためのポット。
 これが水出しコーヒーを作るのにも使えることがわかったので、外スケッチの前夜にこれを使っている。結構便利である。
 ネットで調べてみたらこれらしい。

 170621

 朝まずは一杯。残りをマグポットに入れて持参し昼に一杯という感じである。

 明日は午後からの室内の教室なので、マグポットの出番はないけど…。
tb: --   cm: 0

MSR コッヘル アルパイン ストアウェイ ポット 1.1L  


 最近気になっており、発注していた「MSR コッヘル アルパイン ストアウェイ ポット 1.1L」(3,456円)が到着した。

 170430

 気になっていた理由は、

①家で使っているアルミ鍋(これより少しだけ大きめ)が少しくたびれてきたので新しいのが欲しくなった
 そのためにはIHでも使えなければならない…ということでステンレス製が欲しくなったというわけ。

②どうせ買うならアウトドアで、それも焚き火で使えるような手頃なものがないかと思っていた。
 私が最近考える「手頃なサイズ」は1リットル前後。できればちょっと大きめが良い。それでこれを選択。
 そして、できればこれに他のアルミクッカーが内臓できるかどうか確かめても見たかった。
#このブログを見ている人なら、誰が考えてもこれが主たる理由だろう(笑)。

 結論としては
ミニトランギアのセットは余裕を持ってスタッキングできる。
 中で多少がたつくが、これはどうにでもなる。
 
ツンドラ3ミニも、鍋1つなら蓋をつけたままスタッキングできる。
 これは殆どピッタリ状態で、中でがたつくこともない。
 ツンドラミニの中にケトルも入れられるから、ケトル、炊飯クッカー、汁物クッカーのセットができるというわけである。

 ついでに、山フライパンがどう納まるのか試してみた。

◆山フライパンも隙間なくスタッキングできる
 私のものは深型であるが、ここで支えてしまいこれ以上入らない。
 まだ、2cmほど下に余裕がありそうだから、通常の山フライパンなら殆どピッタリ納まることになる。
#但し、この蓋は山フライパンの中にスッポリ落ちてしまう。
 このまま蓋を兼用するためには何かを挟むなどの工夫が必要であるが、スタッキングを考える限り山フライパンとも相性が良さそうだ。

 170430 170430

 これで、当面は家使いであるが、いざとなれば焚き火で使えるクッカーができたというわけである。
 重量にはちょっと難があるものの、かなりしっかりしているので、このままザックに放り込むなんてこともできそうだ。

 質感はとても良い。持つことに満足感を得られるクッカーの一つ…そう思う。

tb: --   cm: 0

付録に惹かれて…fam到着  


 最近は付録に惹かれて雑誌を買うことが時々ある。今回は「fam Spring Issue 2017」
 数日前に、近くの有隣堂に寄ってみたらまだ販売前だったので、今回はAmazonで購入。

 丁度、先日買ったティッシュがめずらしくただ安いからということでビニール袋ケースのものだったので良さそうだ。小物入れにも使えるし…。
 つくりも結構しっかりしている。

 170324


 個展の準備のストレス?を小物の買い物で晴らしているような感じだね。
tb: --   cm: 0

ファイヤーピストン(BE-PALの付録につられて…)  


 BE-PAL最新号(4月号)の付録は「広角&接写レンズ2枚付き」である。これにつられてついつい買ってしまった。しかしまだ私のiPadに使えるかどうかも試していない。

 170317

 その中に興味深い記事があった。それが「井ノ原快彦の野外日曜大工店…ファイヤーピストン」というもの。
 つまり急激に空気を圧縮すると高温になるということを利用して、チャークロスに発火させ火を起こす…というものである。私には初の情報。それも簡単に火が点きそうである。
 早速ネットでも検索してみた。BE-PALを見れば早いのだが、ネットにもこんな作り方のページ「圧気発火器の製作と利用」があった。もちろんYoutubeにも様々な動画を見つけることができる。どうも予想外に小さなものである。

 しかし、購入しようとすると結構高い

 そんな中、こんなページを発見。
 ちょっと遊んでも良いかも…と購入してみた。
 しかし以前、ネットショップ詐欺に引っかかっているので、このサイトのこともちょっと気になったが、どうやらこのサイトは自作の品物を販売するためのものらしい。ネットショップ詐欺ならこんな手の混んだサイトをつくらないだろうと思った(笑)。中にはアルコールストーブもあったりして面白いものがあるかもしれない。でもチラ見した感じでは割合分野が限定されていて「道具」関連のものは少なく、私にとってはあまり関心が沸くものではなかった。

 しかし、これで遊ぶためにはチャークロスも作らなければならない(^^ゞ。でもチャークロスがあれば様々な方法で火を点けることができるなぁ(笑)。
 コットンボールでワセリンティンダーは作ったし、チャークロスも作ってみるか(笑)。

 私も相当の物好きである(笑)。

     *     *     *     *     *
 届いたものを見ると、本人自身がブッシュクラフトが好きで、ファイヤーピストンに関心を持ったらしく、他の人にも知って欲しいと「ファイヤーピストンの組み立てキット」として考えたものらしい。丁寧な説明書とともに全ての部品が入っていた。もちろんチャークロスも…である。
 価格といい、品物の構成といい、かなり良心的なものだと思う。

 サイト情報そのものは消滅してしまう可能性もあるので、感謝の意味を込めて画像を拝借して紹介しておくことにする。

 170318firepiston

*     *     *     *     *

 その結果は…。

・1回目…何の反応も無し。
 ふ~ん。これではダメか。
・2回目…何だか焦げ臭い臭いが…。
 やはり素手ではちょっと痛い。軍手をしてやることにした。
・3回目…無事着火!!
 わかってはいても、やっぱり嬉しい(笑)。
 チャークロスも、結構消えたりしないものなんだということがわかった。

 ファイヤーピストンによる着火よりも、むしろそれを火口に移す方がコツがいることがわかった(笑)。
tb: --   cm: 0

Landport ソーラー式エコライト solar puff  


 ULなランタンにもいろいろあるから迷ってしまう。
 …で、結局これ「Landport ソーラー式エコライト solar puff」(¥ 3,437)を選定。

 この手のものを選ぶ私の基準はもちろん軽量・デザイン。そして、機能的には今回はウォームライトであること。そしてベルトが上下についていることだった。

 170317puff


 そしてこんなもの「VICTORINOXネイルクリップ 580」(¥ 2,421 )も…本日届いた。

 170317victorinox
tb: --   cm: 0

アルコールバーナーセット ( EBY249)  


 アルコールストーブは、機種によってはその蓋を密封することによって燃料そのものを運ぶことができるものがある。そうでなければ、当然燃料を別途運搬する必要がある。
 トランギアは密封して60mlほどは運搬できるようだ。しかし、これだけでは心許ない。そこでその倍を運搬できるというこの機種「アルコールバーナーセット ( EBY249 )」が気になっていたが、以前はどこにも売られていなかった。

 本日、何気なく見たら販売されているではないか?
 しばし迷った末に購入。上のリンク先はアマゾンだが、楽天の方が安かったのでポイントを足してそちらで購入。

 商品単価:1,836円+送料=2,430 円(総合計) 支払額:ポイント利用で1,741円 だった。

 170312evernew

 高さがあるので五徳との相性が問題になるとのことだが、私の使い方なら困らないと思っている。
 私の意識としては、燃料ボトルを兼ねたストーブである。
tb: --   cm: 0

タイガー ミキサー 小型 250ml  


 アウトドアに関心を持つようになって、食への関心が高まり、実際に食生活の方も結構変わってきた。

 今までなら、こんなものに関心を持つこともなかったろうが、ふと気紛れてしまった(笑)。
 キャイーンの天野ひろゆきが宣伝している「マジックブレット」が気になったのかもしれない(笑)。しかし、こんなに大げさでなくて良い。
 似たようなものに「イワタニ サイレントミルサー」があった。これも良さそうである。しかし、これでコーヒー豆をひく気もないし…。

 ということで結局これ「タイガー ミキサー 小型 250ml(¥3,956)」になった。

 170305

 試しにということで、人参、バナナ、伊予柑、牛乳をブレンドしてみた。結構美味いものだ(笑)。
 果物や野菜類を食する機会が増えるかもしれないが、その他どう使えるだろうか?
 使いながら考えてみよう(笑)。

PS
 使ってみると、250mlは微妙に小さい。ちょっと多目に入るとスタートせず、リセットが必要とされてしまう。
 柔軟に使うにはもう少し大きめの方が良いかもしれない。
 しかし、今はこれしかないので余計なことは考えず使い方を考えていくことにしよう。

 ということで、慣れてくると、これはこれでなかなか使える。毎日使うようになった。
 水でさっと洗い流せるところが良いと思っている。

tb: --   cm: 0

パタゴニア・フーディニパンツ  


 私の冬のお絵描きスタイルは大体定まってきた。

 冬のお絵描きは、最初暖かいと思っていても、同じ場所で(特に日陰で)描いていると、3~4時間もすると身体の芯から冷えてくる。だから冬は重装備になりがちである。
 上半身はいろいろ工夫ができるが、下半身の方はなかなか難しい。
 今ままでは重装備の場合、インナーパンツ(つまり股引)を履いていたのだが私はこれが嫌いである。ジジ臭いというのではなく(笑)足にまとわりつくような感覚が嫌いなのだ。

 本日、久し振りにパタゴニアに寄ってみて、ふとそんなことを思い出してしまった。
 風を通さないものをアウターとして利用すれば、それだけでかなり暖かいのじゃないかと思ったのだ。もちろん防水であればより望ましいが、そうなると必然的に生地が厚く重くなる。だからそこまで行かなくても、耐水性・撥水性があれば良いと判断した。
 そして購入したのがこれ「フーディニ・パンツ」
 
 フディーニ・パンツ

 いつも気にしているように、軽いということは一番だが、裾が開くから靴を履いたままでも履きやすい。殆どそれだけで決めた。だが、裾の開閉はプッシュボタンよりはファスナーにすべきだと思う。
 この手のもの、いつもはMサイズでピッタリなのだが、これはやけに足が長かったのでSサイズを試して見たらピッタリ。ガッカリ(笑)。

 もう春なのに…とも思うが、もしかしたらこれからの季節だからこそ余計に、こうしたものが便利に使えるかもしれない…そう期待しよう。

 その後、こんな紹介ページがあるのを見つけた。

*     *     *     *     *

 それにしてもパタゴニアのブランド料は高い。もちろんパタゴニアの企業精神には同意できることも多いが何となく高いブランド料のコジツケにも感じられる。シーシェパードにまで資金援助しているというのは気に入らない。
 この手のものは過去だったらユニクロで済ませていたのだがユニクロの経営姿勢はもっと気に入らない(^^ゞ。
 まともで誠実な企業を見つけるのはとても難しい。
tb: --   cm: 0

mont-bell ハンディスコップ  


 先日購入した「ヌプシ ブーティ ウォータープルーフ IV(COLOR:K)」、今は絵を描く特に活躍してくれている。
 ただ、唯一の問題が足にギリギリのサイズなので、脱ぎ履きに結構窮屈だということである。これは逆に足にピッタリということなので痛し痒しのところがある。
 ただ、外で脱ぎ履きに時間がかかってしまうのは残念なので、何か良い靴べらのようなものがないかと考えた時ふとハンディスコップを思いついた。
 最初は、「MIZO ミニスコップ モグ」を思いついたのだが、それとの評価比較と靴べらとしての使いやすさを考慮して標記「mont-bell ハンディスコップ 」にした。

 170210

 最近、山用品の大切なところは単一機能より複数機能を有していることが特に大切であると思っているのだが、まさにこれは複数機能を果たしてくれる(笑)。

 届いた製品を見てもなかなか気に入った。
 靴べらとしても使いやすそうだし、もちろんスコップとしても(十分と言えないまでも)使えると思う。
 
tb: --   cm: 0

A&D デジタルホームスケール  


 今まで使っていたデジタル計量器。過去に何回か落として、電池を交換すれば使えると思うが一部壊れている。
 それが電池が切れて表示されなくなったので、電池を入れ替えようと思ったら単4×4本だった。ところが今、使える電池は単3しかない。この際、単4はできるだけ使いたくないと単3のものを入手しようとしたのだが、これが意外と少ない。
 先日も単3の電池・充電器を買ったばかりだし私は単3が特に好きである。中途半端な単4を使うより、多少分厚くても単3にして欲しいくらいだ。

 私が見た限りでは、単4使用(それも2本が一般的なようだ)は多いのだが単3使用は「A&D デジタルホームスケール 3kg」(写真左)と「タニタ デジタルクッキングスケール 1kg」(写真右)くらいのもの。

 170202 170202

 もっと安いもので単位の切り替えもできる単4使用のものもあったが、ここはあえて単3にこだわってみた。今までの経験から計測できるのは3Kgくらい欲しいと思ったし、グラムだけわかればいいと割り切った。
 デザインも角型が良いと思ったのでこれに決定。
 
tb: --   cm: 0

最近買って良かったもの3点  


 最近買って良かったものを紹介してみよう。
 
◆ヌプシ ブーティ ウォータープルーフ IV(COLOR:K)
 好日山荘の年末の売り出しで買ったのがこちら。
 外で絵を描いている時間は概ね4時間である。3時間も日陰でじっと描いていると身体が芯から凍えてくる感じが理解できる。足元の暖かさは大切であると思って買ったもの。この冬、寒いところへ旅行するつもりだったこともある。こちらは事情があって中止することにしたのだが…。
 もっといい靴もあったかもしれないが、先日のお絵描きでも十分役立ってくれたようだからOKと考えよう。

170122

◆Fashy湯たんぽ2L(ウルトラマリン)
 いつだったか、TVで、日本で一番寒いと言われる町「陸別町」だったと思うが、冬でも暖房を使わないで生活している人がチラッと紹介されたことがあった。その人は冬山に登るために普段からそのような生活をしているのだそうな。
 私自身は、アウトドアに関心を持つようになってからあまり電気を使わない生活になっている。電気代は極力払いたくないとも思っている。
 但し、夏はエアコンの連続使用(これが一番電力を使わないらしい。事実そうだった)、冬も厚着をしているがエアコンをあまり使わない。使う時はエアコンを連続使用にしている。エアコンはヒートポンプ方式であり、ゼロから熱を生み出しているわけではないので最もエネルギーを使わない暖房の一つでもあるらしいからだ。
 エアコンを使わない日はさすがに夜になると足元が冷えてくる。そのため、寝る前に足を温めるものが欲しいと今更ながら買ったのがこれだった。
 使ってみるとなかなか快適だ。容量は2リットルだが、通常は1リットルで使うらしい。どこかでそんな記述を見た記憶がある。
 1リットルで朝方まで暖かさを感じでいられる。寒さや保たせたい時間によって入れる湯の量を調整すれば良いだろう。
 もちろん風邪をひいたら頭を冷やすにも使える。と言ってもこの数年熱が出て寝込むようなことになった記憶はないが…(笑)。

 170122

◆カンパラパック(KHAMPA LA PACK All Black)
 絵を描きに行く時など、どうしてもカメラ他小物類を入れておくバッグが欲しい。いちいち背負ったリュックを下ろして…というのでは面倒だからだ。
 そのバッグは大きさが最も重要だが、背負うスケッチ用リュックと干渉しないということが大切だし、自転車に乗ることもあるのでその際にも邪魔にならないものが欲しいと思っていた。これまでウェストポーチやらベルトポーチやらを買ってきて、ベルトポーチはある程度満足していたのだが、冬になりダウンを着用するようになるとベルトポーチはちょっと具合が悪いと思うようになってきた。
 それでこれを選択したのだった。軽くて長さが素早く調節できる点が特に良い。

 170122

 概ね満足だが、ただの袋なので小物が中で暴れるのがやっかいだった。そこでいつもの段ボール工作(笑)。これは徐々に改良されていくだろう。
 左のボックスは携帯電話と愛用の財布(今は「アルティジャーノ」と呼ぶらしい)。右のボックスはコンデジが入る。これが固まれば、他のものは分散して入れておけば良い。他には、雑多なモノがぶら下がったキーホルダー、財布に入りきらない紙幣、ハガキ等々。
 右に見えるのは「MSR ALPINE ディッシュブラシ/スクレイパー」。靴に付いた泥を落とすために買ってみた。絵を描いていると足元がぬかるんでいるということが時たまあるからだが、まだ実際に使ったことはない。
 左に見えるのは安物単眼鏡。適当なもので蓋をしている。

 170122
tb: --   cm: 0

プリンター到着  


 予定通りプリンターが到着。
 サイズ、機能とも大きな変化なし。先のものがマットの黒だったものが今度はクリアの黒というだけ。中に入っていたプリンターインクも含めての価格だから、本体価格¥5,980はあまりにも安すぎる。これでは修理に出すこともできない。処分する方が大変である。何故こんな仕組みになってしまっているのだろう。

 170104

 早速、既存のコードをつなぎ替えインクを移して必要なソフトを入れて、新しいプリンターの使用開始。
 蛇腹式の手帳の年間スケジュール表を印刷し、古い手帳の中を新しいものに入れ替えた。手作り感満載の手帳である(笑)。
#この蛇腹式のスケジュールは、今年から販売停止になってしまったようなので自作したもの。年間スケジュールが1枚に納まるのは過去のことをふり返る時、とても便利なのである。

 170104

 そして、必要な資料の印刷をして今日の仕事は終了。
 ようやくプリンターが順調に動くようになって良かった。

 そう言えば、これまで受け取った賀状は送った数のほぼ半分になった。まあこんなものかな?
tb: --   cm: 0

新年早々の買い物  


 年末に発注していたものが届いた。

 まずは、アマゾンでタイムセールしていた(と思うけど)エネループとついでに純電池。
 いろいろな電池が中途半端なまま溜まってくるのが机周辺の雑然さを増しているような気がしているので整理したかった。
 早速、充電池が入っていた箱でこんな箱も作ってみた。いつもの段ボール工作である(笑)。これで電池の使用サイクルが効果的に循環するのではないかと思う。

◆パナソニック eneloop 単3形充電池 8本パック スタンダードモデル ¥ 1,580
◆パナソニック 急速充電器 単3形・単4形 BQ-CC57(USB出力付き) ¥ 2,454

 170102 170102 170102

 そして、原発事故以来これまで買ってきていた水を、これからは浄水器にしようと考えてこんなものを買ってみた。ポリ容器にも何かと問題がありそうだからである。
 蛇口が通常のものと違うために、取り付け金具(無料)を註文する必要があり、その到着を待っている。

◆三菱レイヨン・クリンスイ 蛇口直結型浄水器 クリンスイ ¥ 3,595

 170102
 
*     *     *     *     *

 そして、新年になってから…。

 ひげ剃りは男にとってはやっかいな仕事だ(笑)。
 毎日カミソリを当てると肌がもたないから、学生時代から電気カミソリだった。最初に買ったのがブラウンシンクロン。これは直しなおし使って、最後はコードの抜き差しがスイッチになるまで、結局30年以上使った。
 次ぎに買ったパナソニックの充電式は2年足らずで使えなくなったので、充電式はイヤになって再びブラウンの製品を買ったが、もうコード式のものはなくなって充電式のものだけになっていた。ただ、これは何回か刃を交換しながら今も使っている。

 しかし、今は必ずしも毎日ヒゲを剃る必要がなくなったので、カミソリを使うようになった。その方がきれいに剃れるからだ。
 主に使っていたのはShickのものだったと思うが替え刃が何種類かあって、替え刃を買うのにいつも迷うのが面倒でいつの間にかあまり使わなくなったので、これからは使い捨てのものにしていこうと思っていた。 
 使い捨てのカミソリも、実際に使ってみるとたった一度で切れなくなり2度目は使いたくないものから数回使えるものもあるなどわかってきたので、大体の目星をつけてそれを使っていこうと思っていた。
#カミソリには何枚も刃を持っているものもあるが、何かの情報で、2枚あれば十分だということだったので、刃数は2枚もあれば十分と思っていた。
 そんなわけで、これからのカミソリは使い捨てでいいやと考えていたのだが、本日、 「ものぐさ自転車の悦楽」など、自転車に関する気楽な著作の多い疋田智氏(私も友達申請していたらしい)のFB投稿 「【メルマガ最新号】あけおめことよろっすの(週刊 自転車ツーキニスト699)」でこのカミソリのことを知った。その軽妙な記事に惹かれて、もう一度この手のものを使ってみようと思ってしまった。

 そして、早速買ってしまった。「フェザー エフシステム サムライエッジ ホルダー替刃2個付 (日本製)」 ¥ 670
 残っている使い捨てカミソリと併せて使っていこう。

 170102
tb: --   cm: 0

プリンターの発注  


 今日明日で年賀状を印刷して出してしまおうと思っていたのに、プリンターの具合がよろしくない。印刷の度にプリントされる位置がずれる。
 そんな中、黒のインクが切れてしまったのでノジマに買い物に出た。携帯電話に会員登録していたのに、それも忘れてしまった。

 インクを買ってきてさあプリント…と思って今朝の続きをやってみたのだが、その度にエラーが出る。
 一度オフにして、再度オンにしてもエラーが出るようだと回復出来ない故障だと取扱説明書には書かれていて、以前はそれを何とかクリアして動かしていたのだが、インクはその度に消費するし、今回のように印刷位置が安定してくれないのではもう我慢できない。
 そんなわけで、今日のところは黒を買って来たのだが、ネットでインクも発注済みだし、このインクが使える以前のプリンタ「キヤノンPIXUS MG3230」を再度註文することにした。結局このプリンターは2年しか保たなかった。

 さて新しいものにどんなものがあるか調べてみたら、「キヤノンPIXUS MG3630」が良さそうだった。価格も¥5,980。どうしてこんなに安いんだろう…というほどである。ただ、到着は1月4日になってしまった。
 残りの賀状の印刷をどうしようか?

tb: --   cm: 0

今日の買い物・防寒靴他  


 最近は、いろいろ環境が落ち着いて来たせいかまとまった買い物が少ない。Amazonなどでも小物ばかりである。
 でも今は年末と言うことで大売り出しのシーズン。安売りもされているということで川崎へ出たついでに東急ハンズ、好日山荘などに寄ってみた。

 まずは東急ハンズ。私が好きなのは防災コーナー。実は私のアウトドアへの関心の一部には防災用品としての意味もある(それにしてはいろいろ揃えすぎているけど…)。
 防災用品を見ていると、いろいろ興味深いものがある。
 例えば、「水ピカッ」…スプーン一杯の水で?一週間連続発光、とか。「簡単湯沸かし器」…火なしで湯を沸かす。「エマージェンシーシュラフ」、「防水防風保温の(断熱)シート」、「MobilePoncho」などである。これらはアウトドアでも使えるが、専用のものよりはるかに安い。ただ、今回は時間がなかったのでこれらはスルー。

 そして、好日山荘。
 今日の狙いは防寒靴。NorthFaceのものが良さそうだったのでこれを購入。この靴は寒い時期のお絵描きにどれほど役だってくれるだろうか?
 そしてついでに見つけてしまった3割引き(季節はずれ)のシャツ。

 161224

 ファッションには全く関心のない私だが、過去の仕事スタイルから今は完全なアウトドアスタイルに変身。靴こそ相変わらず地味系統だが、全体としてはかなりカラフルになってきた(笑)。
tb: --   cm: 0

ネットショップ詐欺にひっかかった  


 先日は、今年小学一年生になる孫の誕生日。
 娘にプレゼントには何が良いかと聞いたら、最近「ブレイブボード」なるものが流行っていて、それを欲しがっているからそれが良いんじゃないかと…。そして、こんなのかな?と楽天のサイトを指定して来た。私はブレイブボードの実物を知らない。

 早速ネットで検索して、同じような商品でさらに安価なのものを見つけたので註文した。Amazonではもっと安価なものがあったが実物がわからないので、とりあえず指定された商品と同じものだと思うものを選択していた。
 ところが振込後の反応が悪い。おかしいなと思いながらメールを送っても返信がない。
 さらにおかしいと思い「会社名 評判」で検索してみて、詐欺だったと悟らざるを得なかった。

 これまでの社会生活で金銭に関するトラブルが無かったとは言わないが、ネット生活30年、初めてのネット詐欺被害である。こんなことで犯罪者などにカネを渡すのは口惜しいが今回のことは勉強代と考えざるを得ないだろう。それ以上に、こういう連中に個人情報を晒してしまったことの方を残念に思う。
 
 最近、メールにも(一部では話題になっているらしい)添付ファイル付きの宅配便を語ったものなど不審なメールがいくつか入っていて、ようやく静かになりかかっていた時だった。
 相手方からの動きには適切に反応できたつもりだったのだが、今回は(自分が商品を理解していないにもかかわらず)註文すべきものがハッキリしていただけに注意力が散漫だったと反省。

 皆さんの参考になるかもしれないので、いくつかの不審に思った点を書きだしてみよう。
 サイト自体は、見栄え、構成、商品一覧など一般的には良くできている。しかし、これは他のページのパクリで十分可能なことだから、これだけで信用しては危険だということだろう。

【不審に思った点】

 幾つか書きだしてみたが、当然詐欺集団も対策をしてくるだろうからイタチごっこになってしまうことに気がついた。これではモーニングショーと同じになってしまうと思い、削除した。

【私なりの対策】

◆特定の企業単独のネットショップは気をつけること
 そうした意味で、Amazonや楽天に関係する企業なら、一応通販業務を行っていることが明らかと言えるかもしれない。

◆サイト名、社名で評判などを検索してみること
 不審情報が出てくれば明確だが、情報不足のものも怪しいと思うべきである。
 私がひっかかったのは「GOOD SHOP」。情報不足だった。
 そして運営会社名は「株式会社 カラリー」。2ちゃんねるに同様の書き込みがあった。

◆ネットショップ詐欺 一覧
 こんなサイトも参考にすべきだろう。

【その後の対策】
 登録する際に使用した個人情報で、変更できるものは変更する。
 カードなら停止。

 そんなところだろうか?
tb: --   cm: 0

モンベル・山専ボトル  


 大分前からそういうボトルのことは聞いていた。
 しかし、900mlの魔法瓶はテニスなどに持って行っているサーモスのものがある。必要ないだろうなぁと思いながらこれを良く見たら「保冷専用」とあったので嬉しくなった(笑)。

 ただ、サーモスの山専ボトルのデザインがイマイチかなぁと思っていたところで、やはりこの人の記事に、モンベルで新しい山専ボトルが出るというのを聞いていたので待つことにしていた。そして、本日の記事でそのニュース「アルパイン サーモボトル 0.9L」。全くこの人の記事は私にとっては危険である。

 サーモスのものと比較してみると、私はデザインはモンベルのものが好き。重量はモンベルが10g少ない。性能はいろいろな数字があって実は良くわからない(笑)。価格はトントン。

◆モンベル
 以下900mlの場合
 【重量】380g
 【サイズ】直径φ7.9 X 高さ 30cm
 【耐熱温度】(内栓)100度 / (外栓)100度 / (パッキン)150度
 【耐冷温度】(内栓)-20度 / (外栓)-20度 /(パッキン)-40度

【保温・保冷効力】
 保温(開始時95度):6時間後78度、24時間後51度
 保冷(開始時4度):6時間後8度、24時間後12度
 ※ 保温・保冷効果とは室温20度(±2度)において、製品に規定量の95度の熱湯(4度の冷水)を満たし、所定時間放置した場合の温度です。

こういうのもあった。
【保温・保冷効力】
        保温 保冷
スタート 95度     4度
6時間後 81度以上 7度以下
24時間後 61度以上 10度以下

◆サーモス
【保温性能カタログ値】
経過時間 旧800ml 旧500ml 新900ml 新500ml
6時間 79度以上 76度以上 80度以上 77度以上
24時間 57度以上 49度以上 60度以上 50度以上



 ということで、早速モンベルのものを発注(笑)。これで熱・冷両用の魔法瓶ができたことになる。
 私の場合、送料500円込みで5360円。さすがに高いと思うが、ポイント1290があったのでそれを使って4070円でゲットして気休め(笑)。

 160902

 これならお絵描き、テニス、そして何とか自転車にも(もう少しだけ細身の方が良かったが…)使えそうだ。

tb: --   cm: 0