ポタポタ時々記

自転車を中心とするスロー・ライフや時々の買い物記録などです。

MSR コッヘル アルパイン ストアウェイ ポット 1.1L  


 最近気になっており、発注していた「MSR コッヘル アルパイン ストアウェイ ポット 1.1L」(3,456円)が到着した。

 170430

 気になっていた理由は、

①家で使っているアルミ鍋(これより少しだけ大きめ)が少しくたびれてきたので新しいのが欲しくなった
 そのためにはIHでも使えなければならない…ということでステンレス製が欲しくなったというわけ。

②どうせ買うならアウトドアで、それも焚き火で使えるような手頃なものがないかと思っていた。
 私が最近考える「手頃なサイズ」は1リットル前後。できればちょっと大きめが良い。それでこれを選択。
 そして、できればこれに他のアルミクッカーが内臓できるかどうか確かめても見たかった。
#このブログを見ている人なら、誰が考えてもこれが主たる理由だろう(笑)。

 結論としては
ミニトランギアのセットは余裕を持ってスタッキングできる。
 中で多少がたつくが、これはどうにでもなる。
 
ツンドラ3ミニも、鍋1つなら蓋をつけたままスタッキングできる。
 これは殆どピッタリ状態で、中でがたつくこともない。
 ツンドラミニの中にケトルも入れられるから、ケトル、炊飯クッカー、汁物クッカーのセットができるというわけである。

 ついでに、山フライパンがどう納まるのか試してみた。

◆山フライパンも隙間なくスタッキングできる
 私のものは深型であるが、ここで支えてしまいこれ以上入らない。
 まだ、2cmほど下に余裕がありそうだから、通常の山フライパンなら殆どピッタリ納まることになる。
#但し、この蓋は山フライパンの中にスッポリ落ちてしまう。
 このまま蓋を兼用するためには何かを挟むなどの工夫が必要であるが、スタッキングを考える限り山フライパンとも相性が良さそうだ。

 170430 170430

 これで、当面は家使いであるが、いざとなれば焚き火で使えるクッカーができたというわけである。
 重量にはちょっと難があるものの、かなりしっかりしているので、このままザックに放り込むなんてこともできそうだ。

 質感はとても良い。持つことに満足感を得られるクッカーの一つ…そう思う。

tb: --   cm: 0

付録に惹かれて…fam到着  


 最近は付録に惹かれて雑誌を買うことが時々ある。今回は「fam Spring Issue 2017」
 数日前に、近くの有隣堂に寄ってみたらまだ販売前だったので、今回はAmazonで購入。

 丁度、先日買ったティッシュがめずらしくただ安いからということでビニール袋ケースのものだったので良さそうだ。小物入れにも使えるし…。
 つくりも結構しっかりしている。

 170324


 個展の準備のストレス?を小物の買い物で晴らしているような感じだね。
tb: --   cm: 0

ファイヤーピストン(BE-PALの付録につられて…)  


 BE-PAL最新号(4月号)の付録は「広角&接写レンズ2枚付き」である。これにつられてついつい買ってしまった。しかしまだ私のiPadに使えるかどうかも試していない。

 170317

 その中に興味深い記事があった。それが「井ノ原快彦の野外日曜大工店…ファイヤーピストン」というもの。
 つまり急激に空気を圧縮すると高温になるということを利用して、チャークロスに発火させ火を起こす…というものである。私には初の情報。それも簡単に火が点きそうである。
 早速ネットでも検索してみた。BE-PALを見れば早いのだが、ネットにもこんな作り方のページ「圧気発火器の製作と利用」があった。もちろんYoutubeにも様々な動画を見つけることができる。どうも予想外に小さなものである。

 しかし、購入しようとすると結構高い

 そんな中、こんなページを発見。
 ちょっと遊んでも良いかも…と購入してみた。
 しかし以前、ネットショップ詐欺に引っかかっているので、このサイトのこともちょっと気になったが、どうやらこのサイトは自作の品物を販売するためのものらしい。ネットショップ詐欺ならこんな手の混んだサイトをつくらないだろうと思った(笑)。中にはアルコールストーブもあったりして面白いものがあるかもしれない。でもチラ見した感じでは割合分野が限定されていて「道具」関連のものは少なく、私にとってはあまり関心が沸くものではなかった。

 しかし、これで遊ぶためにはチャークロスも作らなければならない(^^ゞ。でもチャークロスがあれば様々な方法で火を点けることができるなぁ(笑)。
 コットンボールでワセリンティンダーは作ったし、チャークロスも作ってみるか(笑)。

 私も相当の物好きである(笑)。

     *     *     *     *     *
 届いたものを見ると、本人自身がブッシュクラフトが好きで、ファイヤーピストンに関心を持ったらしく、他の人にも知って欲しいと「ファイヤーピストンの組み立てキット」として考えたものらしい。丁寧な説明書とともに全ての部品が入っていた。もちろんチャークロスも…である。
 価格といい、品物の構成といい、かなり良心的なものだと思う。

 サイト情報そのものは消滅してしまう可能性もあるので、感謝の意味を込めて画像を拝借して紹介しておくことにする。

 170318firepiston

*     *     *     *     *

 その結果は…。

・1回目…何の反応も無し。
 ふ~ん。これではダメか。
・2回目…何だか焦げ臭い臭いが…。
 やはり素手ではちょっと痛い。軍手をしてやることにした。
・3回目…無事着火!!
 わかってはいても、やっぱり嬉しい(笑)。
 チャークロスも、結構消えたりしないものなんだということがわかった。

 ファイヤーピストンによる着火よりも、むしろそれを火口に移す方がコツがいることがわかった(笑)。
tb: --   cm: 0

Landport ソーラー式エコライト solar puff  


 ULなランタンにもいろいろあるから迷ってしまう。
 …で、結局これ「Landport ソーラー式エコライト solar puff」(¥ 3,437)を選定。

 この手のものを選ぶ私の基準はもちろん軽量・デザイン。そして、機能的には今回はウォームライトであること。そしてベルトが上下についていることだった。

 170317puff


 そしてこんなもの「VICTORINOXネイルクリップ 580」(¥ 2,421 )も…本日届いた。

 170317victorinox
tb: --   cm: 0

ケリーケトルの話題再び  


 ケリーケトル。私をアウトドアに引き込んだきっかけはこれだった(笑)。

 170317

 本日もYoutubeを見ていたら、こんな動画「2017.1.30~31 冬のソロキャンプ。①  ケリーケトル スカウト1.2L」を見つけた。なんと面白いギアだろうと思う。
 この人の途中での独白「道具好きの困った習性」というのに思わず苦笑いである。
#参考「最新版】 ケリーケトル ~Outdoor Life Enjoyed~ 」

 とても魅力的なギアだと思っているのだが、なかなか焚き火の機会もない、サイズ選定もなかなか難しい、ちょっと大きい、ちょっと重い等々迷っているうちに、アルコールストーブの自作から実際にはスタートしてしまった(笑)。

 アウトドアというのは、生活全般に関わるだけに道具好きの私には範囲が広くて興味が尽きることがない。おまけに非常用としても使えるという口実がある。
 そんなわけでそろそろ落ち着いて来たとはいえ、未だにいろいろな面白い情報を得ている(笑)。
tb: --   cm: 0

アルコールバーナーセット ( EBY249)  


 アルコールストーブは、機種によってはその蓋を密封することによって燃料そのものを運ぶことができるものがある。そうでなければ、当然燃料を別途運搬する必要がある。
 トランギアは密封して60mlほどは運搬できるようだ。しかし、これだけでは心許ない。そこでその倍を運搬できるというこの機種「アルコールバーナーセット ( EBY249 )」が気になっていたが、以前はどこにも売られていなかった。

 本日、何気なく見たら販売されているではないか?
 しばし迷った末に購入。上のリンク先はアマゾンだが、楽天の方が安かったのでポイントを足してそちらで購入。

 商品単価:1,836円+送料=2,430 円(総合計) 支払額:ポイント利用で1,741円 だった。

 170312evernew

 高さがあるので五徳との相性が問題になるとのことだが、私の使い方なら困らないと思っている。
 私の意識としては、燃料ボトルを兼ねたストーブである。
tb: --   cm: 0

タイガー ミキサー 小型 250ml  


 アウトドアに関心を持つようになって、食への関心が高まり、実際に食生活の方も結構変わってきた。

 今までなら、こんなものに関心を持つこともなかったろうが、ふと気紛れてしまった(笑)。
 キャイーンの天野ひろゆきが宣伝している「マジックブレット」が気になったのかもしれない(笑)。しかし、こんなに大げさでなくて良い。
 似たようなものに「イワタニ サイレントミルサー」があった。これも良さそうである。しかし、これでコーヒー豆をひく気もないし…。

 ということで結局これ「タイガー ミキサー 小型 250ml(¥3,956)」になった。

 170305

 試しにということで、人参、バナナ、伊予柑、牛乳をブレンドしてみた。結構美味いものだ(笑)。
 果物や野菜類を食する機会が増えるかもしれないが、その他どう使えるだろうか?
 使いながら考えてみよう(笑)。

PS
 使ってみると、250mlは微妙に小さい。ちょっと多目に入るとスタートせず、リセットが必要とされてしまう。
 柔軟に使うにはもう少し大きめの方が良いかもしれない。
 しかし、今はこれしかないので余計なことは考えず使い方を考えていくことにしよう。

 ということで、慣れてくると、これはこれでなかなか使える。毎日使うようになった。
 水でさっと洗い流せるところが良いと思っている。

tb: --   cm: 0

パタゴニア・フーディニパンツ  


 私の冬のお絵描きスタイルは大体定まってきた。

 冬のお絵描きは、最初暖かいと思っていても、同じ場所で(特に日陰で)描いていると、3~4時間もすると身体の芯から冷えてくる。だから冬は重装備になりがちである。
 上半身はいろいろ工夫ができるが、下半身の方はなかなか難しい。
 今ままでは重装備の場合、インナーパンツ(つまり股引)を履いていたのだが私はこれが嫌いである。ジジ臭いというのではなく(笑)足にまとわりつくような感覚が嫌いなのだ。

 本日、久し振りにパタゴニアに寄ってみて、ふとそんなことを思い出してしまった。
 風を通さないものをアウターとして利用すれば、それだけでかなり暖かいのじゃないかと思ったのだ。もちろん防水であればより望ましいが、そうなると必然的に生地が厚く重くなる。だからそこまで行かなくても、耐水性・撥水性があれば良いと判断した。
 そして購入したのがこれ「フーディニ・パンツ」
 
 フディーニ・パンツ

 いつも気にしているように、軽いということは一番だが、裾が開くから靴を履いたままでも履きやすい。殆どそれだけで決めた。だが、裾の開閉はプッシュボタンよりはファスナーにすべきだと思う。
 この手のもの、いつもはMサイズでピッタリなのだが、これはやけに足が長かったのでSサイズを試して見たらピッタリ。ガッカリ(笑)。

 もう春なのに…とも思うが、もしかしたらこれからの季節だからこそ余計に、こうしたものが便利に使えるかもしれない…そう期待しよう。

 その後、こんな紹介ページがあるのを見つけた。

*     *     *     *     *

 それにしてもパタゴニアのブランド料は高い。もちろんパタゴニアの企業精神には同意できることも多いが何となく高いブランド料のコジツケにも感じられる。シーシェパードにまで資金援助しているというのは気に入らない。
 この手のものは過去だったらユニクロで済ませていたのだがユニクロの経営姿勢はもっと気に入らない(^^ゞ。
 まともで誠実な企業を見つけるのはとても難しい。
tb: --   cm: 0

mont-bell ハンディスコップ  


 先日購入した「ヌプシ ブーティ ウォータープルーフ IV(COLOR:K)」、今は絵を描く特に活躍してくれている。
 ただ、唯一の問題が足にギリギリのサイズなので、脱ぎ履きに結構窮屈だということである。これは逆に足にピッタリということなので痛し痒しのところがある。
 ただ、外で脱ぎ履きに時間がかかってしまうのは残念なので、何か良い靴べらのようなものがないかと考えた時ふとハンディスコップを思いついた。
 最初は、「MIZO ミニスコップ モグ」を思いついたのだが、それとの評価比較と靴べらとしての使いやすさを考慮して標記「mont-bell ハンディスコップ 」にした。

 170210

 最近、山用品の大切なところは単一機能より複数機能を有していることが特に大切であると思っているのだが、まさにこれは複数機能を果たしてくれる(笑)。

 届いた製品を見てもなかなか気に入った。
 靴べらとしても使いやすそうだし、もちろんスコップとしても(十分と言えないまでも)使えると思う。
 
tb: --   cm: 0

A&D デジタルホームスケール  


 今まで使っていたデジタル計量器。過去に何回か落として、電池を交換すれば使えると思うが一部壊れている。
 それが電池が切れて表示されなくなったので、電池を入れ替えようと思ったら単4×4本だった。ところが今、使える電池は単3しかない。この際、単4はできるだけ使いたくないと単3のものを入手しようとしたのだが、これが意外と少ない。
 先日も単3の電池・充電器を買ったばかりだし私は単3が特に好きである。中途半端な単4を使うより、多少分厚くても単3にして欲しいくらいだ。

 私が見た限りでは、単4使用(それも2本が一般的なようだ)は多いのだが単3使用は「A&D デジタルホームスケール 3kg」(写真左)と「タニタ デジタルクッキングスケール 1kg」(写真右)くらいのもの。

 170202 170202

 もっと安いもので単位の切り替えもできる単4使用のものもあったが、ここはあえて単3にこだわってみた。今までの経験から計測できるのは3Kgくらい欲しいと思ったし、グラムだけわかればいいと割り切った。
 デザインも角型が良いと思ったのでこれに決定。
 
tb: --   cm: 0

最近買って良かったもの3点  


 最近買って良かったものを紹介してみよう。
 
◆ヌプシ ブーティ ウォータープルーフ IV(COLOR:K)
 好日山荘の年末の売り出しで買ったのがこちら。
 外で絵を描いている時間は概ね4時間である。3時間も日陰でじっと描いていると身体が芯から凍えてくる感じが理解できる。足元の暖かさは大切であると思って買ったもの。この冬、寒いところへ旅行するつもりだったこともある。こちらは事情があって中止することにしたのだが…。
 もっといい靴もあったかもしれないが、先日のお絵描きでも十分役立ってくれたようだからOKと考えよう。

170122

◆Fashy湯たんぽ2L(ウルトラマリン)
 いつだったか、TVで、日本で一番寒いと言われる町「陸別町」だったと思うが、冬でも暖房を使わないで生活している人がチラッと紹介されたことがあった。その人は冬山に登るために普段からそのような生活をしているのだそうな。
 私自身は、アウトドアに関心を持つようになってからあまり電気を使わない生活になっている。電気代は極力払いたくないとも思っている。
 但し、夏はエアコンの連続使用(これが一番電力を使わないらしい。事実そうだった)、冬も厚着をしているがエアコンをあまり使わない。使う時はエアコンを連続使用にしている。エアコンはヒートポンプ方式であり、ゼロから熱を生み出しているわけではないので最もエネルギーを使わない暖房の一つでもあるらしいからだ。
 エアコンを使わない日はさすがに夜になると足元が冷えてくる。そのため、寝る前に足を温めるものが欲しいと今更ながら買ったのがこれだった。
 使ってみるとなかなか快適だ。容量は2リットルだが、通常は1リットルで使うらしい。どこかでそんな記述を見た記憶がある。
 1リットルで朝方まで暖かさを感じでいられる。寒さや保たせたい時間によって入れる湯の量を調整すれば良いだろう。
 もちろん風邪をひいたら頭を冷やすにも使える。と言ってもこの数年熱が出て寝込むようなことになった記憶はないが…(笑)。

 170122

◆カンパラパック(KHAMPA LA PACK All Black)
 絵を描きに行く時など、どうしてもカメラ他小物類を入れておくバッグが欲しい。いちいち背負ったリュックを下ろして…というのでは面倒だからだ。
 そのバッグは大きさが最も重要だが、背負うスケッチ用リュックと干渉しないということが大切だし、自転車に乗ることもあるのでその際にも邪魔にならないものが欲しいと思っていた。これまでウェストポーチやらベルトポーチやらを買ってきて、ベルトポーチはある程度満足していたのだが、冬になりダウンを着用するようになるとベルトポーチはちょっと具合が悪いと思うようになってきた。
 それでこれを選択したのだった。軽くて長さが素早く調節できる点が特に良い。

 170122

 概ね満足だが、ただの袋なので小物が中で暴れるのがやっかいだった。そこでいつもの段ボール工作(笑)。これは徐々に改良されていくだろう。
 左のボックスは携帯電話と愛用の財布(今は「アルティジャーノ」と呼ぶらしい)。右のボックスはコンデジが入る。これが固まれば、他のものは分散して入れておけば良い。他には、雑多なモノがぶら下がったキーホルダー、財布に入りきらない紙幣、ハガキ等々。
 右に見えるのは「MSR ALPINE ディッシュブラシ/スクレイパー」。靴に付いた泥を落とすために買ってみた。絵を描いていると足元がぬかるんでいるということが時たまあるからだが、まだ実際に使ったことはない。
 左に見えるのは安物単眼鏡。適当なもので蓋をしている。

 170122
tb: --   cm: 0

プリンター到着  


 予定通りプリンターが到着。
 サイズ、機能とも大きな変化なし。先のものがマットの黒だったものが今度はクリアの黒というだけ。中に入っていたプリンターインクも含めての価格だから、本体価格¥5,980はあまりにも安すぎる。これでは修理に出すこともできない。処分する方が大変である。何故こんな仕組みになってしまっているのだろう。

 170104

 早速、既存のコードをつなぎ替えインクを移して必要なソフトを入れて、新しいプリンターの使用開始。
 蛇腹式の手帳の年間スケジュール表を印刷し、古い手帳の中を新しいものに入れ替えた。手作り感満載の手帳である(笑)。
#この蛇腹式のスケジュールは、今年から販売停止になってしまったようなので自作したもの。年間スケジュールが1枚に納まるのは過去のことをふり返る時、とても便利なのである。

 170104

 そして、必要な資料の印刷をして今日の仕事は終了。
 ようやくプリンターが順調に動くようになって良かった。

 そう言えば、これまで受け取った賀状は送った数のほぼ半分になった。まあこんなものかな?
tb: --   cm: 0

新年早々の買い物  


 年末に発注していたものが届いた。

 まずは、アマゾンでタイムセールしていた(と思うけど)エネループとついでに純電池。
 いろいろな電池が中途半端なまま溜まってくるのが机周辺の雑然さを増しているような気がしているので整理したかった。
 早速、充電池が入っていた箱でこんな箱も作ってみた。いつもの段ボール工作である(笑)。これで電池の使用サイクルが効果的に循環するのではないかと思う。

◆パナソニック eneloop 単3形充電池 8本パック スタンダードモデル ¥ 1,580
◆パナソニック 急速充電器 単3形・単4形 BQ-CC57(USB出力付き) ¥ 2,454

 170102 170102 170102

 そして、原発事故以来これまで買ってきていた水を、これからは浄水器にしようと考えてこんなものを買ってみた。ポリ容器にも何かと問題がありそうだからである。
 蛇口が通常のものと違うために、取り付け金具(無料)を註文する必要があり、その到着を待っている。

◆三菱レイヨン・クリンスイ 蛇口直結型浄水器 クリンスイ ¥ 3,595

 170102
 
*     *     *     *     *

 そして、新年になってから…。

 ひげ剃りは男にとってはやっかいな仕事だ(笑)。
 毎日カミソリを当てると肌がもたないから、学生時代から電気カミソリだった。最初に買ったのがブラウンシンクロン。これは直しなおし使って、最後はコードの抜き差しがスイッチになるまで、結局30年以上使った。
 次ぎに買ったパナソニックの充電式は2年足らずで使えなくなったので、充電式はイヤになって再びブラウンの製品を買ったが、もうコード式のものはなくなって充電式のものだけになっていた。ただ、これは何回か刃を交換しながら今も使っている。

 しかし、今は必ずしも毎日ヒゲを剃る必要がなくなったので、カミソリを使うようになった。その方がきれいに剃れるからだ。
 主に使っていたのはShickのものだったと思うが替え刃が何種類かあって、替え刃を買うのにいつも迷うのが面倒でいつの間にかあまり使わなくなったので、これからは使い捨てのものにしていこうと思っていた。 
 使い捨てのカミソリも、実際に使ってみるとたった一度で切れなくなり2度目は使いたくないものから数回使えるものもあるなどわかってきたので、大体の目星をつけてそれを使っていこうと思っていた。
#カミソリには何枚も刃を持っているものもあるが、何かの情報で、2枚あれば十分だということだったので、刃数は2枚もあれば十分と思っていた。
 そんなわけで、これからのカミソリは使い捨てでいいやと考えていたのだが、本日、 「ものぐさ自転車の悦楽」など、自転車に関する気楽な著作の多い疋田智氏(私も友達申請していたらしい)のFB投稿 「【メルマガ最新号】あけおめことよろっすの(週刊 自転車ツーキニスト699)」でこのカミソリのことを知った。その軽妙な記事に惹かれて、もう一度この手のものを使ってみようと思ってしまった。

 そして、早速買ってしまった。「フェザー エフシステム サムライエッジ ホルダー替刃2個付 (日本製)」 ¥ 670
 残っている使い捨てカミソリと併せて使っていこう。

 170102
tb: --   cm: 0

プリンターの発注  


 今日明日で年賀状を印刷して出してしまおうと思っていたのに、プリンターの具合がよろしくない。印刷の度にプリントされる位置がずれる。
 そんな中、黒のインクが切れてしまったのでノジマに買い物に出た。携帯電話に会員登録していたのに、それも忘れてしまった。

 インクを買ってきてさあプリント…と思って今朝の続きをやってみたのだが、その度にエラーが出る。
 一度オフにして、再度オンにしてもエラーが出るようだと回復出来ない故障だと取扱説明書には書かれていて、以前はそれを何とかクリアして動かしていたのだが、インクはその度に消費するし、今回のように印刷位置が安定してくれないのではもう我慢できない。
 そんなわけで、今日のところは黒を買って来たのだが、ネットでインクも発注済みだし、このインクが使える以前のプリンタ「キヤノンPIXUS MG3230」を再度註文することにした。結局このプリンターは2年しか保たなかった。

 さて新しいものにどんなものがあるか調べてみたら、「キヤノンPIXUS MG3630」が良さそうだった。価格も¥5,980。どうしてこんなに安いんだろう…というほどである。ただ、到着は1月4日になってしまった。
 残りの賀状の印刷をどうしようか?

tb: --   cm: 0

今日の買い物・防寒靴他  


 最近は、いろいろ環境が落ち着いて来たせいかまとまった買い物が少ない。Amazonなどでも小物ばかりである。
 でも今は年末と言うことで大売り出しのシーズン。安売りもされているということで川崎へ出たついでに東急ハンズ、好日山荘などに寄ってみた。

 まずは東急ハンズ。私が好きなのは防災コーナー。実は私のアウトドアへの関心の一部には防災用品としての意味もある(それにしてはいろいろ揃えすぎているけど…)。
 防災用品を見ていると、いろいろ興味深いものがある。
 例えば、「水ピカッ」…スプーン一杯の水で?一週間連続発光、とか。「簡単湯沸かし器」…火なしで湯を沸かす。「エマージェンシーシュラフ」、「防水防風保温の(断熱)シート」、「MobilePoncho」などである。これらはアウトドアでも使えるが、専用のものよりはるかに安い。ただ、今回は時間がなかったのでこれらはスルー。

 そして、好日山荘。
 今日の狙いは防寒靴。NorthFaceのものが良さそうだったのでこれを購入。この靴は寒い時期のお絵描きにどれほど役だってくれるだろうか?
 そしてついでに見つけてしまった3割引き(季節はずれ)のシャツ。

 161224

 ファッションには全く関心のない私だが、過去の仕事スタイルから今は完全なアウトドアスタイルに変身。靴こそ相変わらず地味系統だが、全体としてはかなりカラフルになってきた(笑)。
tb: --   cm: 0

ネットショップ詐欺にひっかかった  


 先日は、今年小学一年生になる孫の誕生日。
 娘にプレゼントには何が良いかと聞いたら、最近「ブレイブボード」なるものが流行っていて、それを欲しがっているからそれが良いんじゃないかと…。そして、こんなのかな?と楽天のサイトを指定して来た。私はブレイブボードの実物を知らない。

 早速ネットで検索して、同じような商品でさらに安価なのものを見つけたので註文した。Amazonではもっと安価なものがあったが実物がわからないので、とりあえず指定された商品と同じものだと思うものを選択していた。
 ところが振込後の反応が悪い。おかしいなと思いながらメールを送っても返信がない。
 さらにおかしいと思い「会社名 評判」で検索してみて、詐欺だったと悟らざるを得なかった。

 これまでの社会生活で金銭に関するトラブルが無かったとは言わないが、ネット生活30年、初めてのネット詐欺被害である。こんなことで犯罪者などにカネを渡すのは口惜しいが今回のことは勉強代と考えざるを得ないだろう。それ以上に、こういう連中に個人情報を晒してしまったことの方を残念に思う。
 
 最近、メールにも(一部では話題になっているらしい)添付ファイル付きの宅配便を語ったものなど不審なメールがいくつか入っていて、ようやく静かになりかかっていた時だった。
 相手方からの動きには適切に反応できたつもりだったのだが、今回は(自分が商品を理解していないにもかかわらず)註文すべきものがハッキリしていただけに注意力が散漫だったと反省。

 皆さんの参考になるかもしれないので、いくつかの不審に思った点を書きだしてみよう。
 サイト自体は、見栄え、構成、商品一覧など一般的には良くできている。しかし、これは他のページのパクリで十分可能なことだから、これだけで信用しては危険だということだろう。

【不審に思った点】

 幾つか書きだしてみたが、当然詐欺集団も対策をしてくるだろうからイタチごっこになってしまうことに気がついた。これではモーニングショーと同じになってしまうと思い、削除した。

【私なりの対策】

◆特定の企業単独のネットショップは気をつけること
 そうした意味で、Amazonや楽天に関係する企業なら、一応通販業務を行っていることが明らかと言えるかもしれない。

◆サイト名、社名で評判などを検索してみること
 不審情報が出てくれば明確だが、情報不足のものも怪しいと思うべきである。
 私がひっかかったのは「GOOD SHOP」。情報不足だった。
 そして運営会社名は「株式会社 カラリー」。2ちゃんねるに同様の書き込みがあった。

◆ネットショップ詐欺 一覧
 こんなサイトも参考にすべきだろう。

【その後の対策】
 登録する際に使用した個人情報で、変更できるものは変更する。
 カードなら停止。

 そんなところだろうか?
tb: --   cm: 0

モンベル・山専ボトル  


 大分前からそういうボトルのことは聞いていた。
 しかし、900mlの魔法瓶はテニスなどに持って行っているサーモスのものがある。必要ないだろうなぁと思いながらこれを良く見たら「保冷専用」とあったので嬉しくなった(笑)。

 ただ、サーモスの山専ボトルのデザインがイマイチかなぁと思っていたところで、やはりこの人の記事に、モンベルで新しい山専ボトルが出るというのを聞いていたので待つことにしていた。そして、本日の記事でそのニュース「アルパイン サーモボトル 0.9L」。全くこの人の記事は私にとっては危険である。

 サーモスのものと比較してみると、私はデザインはモンベルのものが好き。重量はモンベルが10g少ない。性能はいろいろな数字があって実は良くわからない(笑)。価格はトントン。

◆モンベル
 以下900mlの場合
 【重量】380g
 【サイズ】直径φ7.9 X 高さ 30cm
 【耐熱温度】(内栓)100度 / (外栓)100度 / (パッキン)150度
 【耐冷温度】(内栓)-20度 / (外栓)-20度 /(パッキン)-40度

【保温・保冷効力】
 保温(開始時95度):6時間後78度、24時間後51度
 保冷(開始時4度):6時間後8度、24時間後12度
 ※ 保温・保冷効果とは室温20度(±2度)において、製品に規定量の95度の熱湯(4度の冷水)を満たし、所定時間放置した場合の温度です。

こういうのもあった。
【保温・保冷効力】
        保温 保冷
スタート 95度     4度
6時間後 81度以上 7度以下
24時間後 61度以上 10度以下

◆サーモス
【保温性能カタログ値】
経過時間 旧800ml 旧500ml 新900ml 新500ml
6時間 79度以上 76度以上 80度以上 77度以上
24時間 57度以上 49度以上 60度以上 50度以上



 ということで、早速モンベルのものを発注(笑)。これで熱・冷両用の魔法瓶ができたことになる。
 私の場合、送料500円込みで5360円。さすがに高いと思うが、ポイント1290があったのでそれを使って4070円でゲットして気休め(笑)。

 160902

 これならお絵描き、テニス、そして何とか自転車にも(もう少しだけ細身の方が良かったが…)使えそうだ。

tb: --   cm: 0

HIGHMOUNT どこでもバケツBL 3.5L  


 そろそろ展覧会のための絵を描くため、水貼りをすべき時期になった。
 いつもは適当な入れ物に水を入れてやっていたのだったが、今回は思い立ってバケツを買うことにした。

 ネットでいろいろ探してみたが、手頃な価格と評価の高さでこれ「ハイマウント(HIGHMOUNT)どこでもバケツBL(ブルー)3.5L」を選択してみた。
 ちょっと小物入れに使ったり、ビニール袋を入れてゴミ入れにも使えるだろうと考えてのことである。

 届いた品物はこんな感じ。なかなか良い。

 160727 大きさも手頃で良さそう。
 160727 160727

*     *     *     *     *

 ちょっと早すぎるかもしれないが、これからまた忙しくなるだろうから…と、来年のカレンダーもできた。
 全体のできはそれなりに絵も上達していると思うし、レベルが上がっていると思う。これから必要部数をプリントしていくことになる。
 ある程度できたらここでも詳細をお知らせしようと思う。

 160727
tb: --   cm: 0

カップヌードル型チタンクッカー  


 最も近くのアウトドアショップ・ヒマラヤを覗いてみたら、こんなもの「カップヌードル型チタンクッカー」が店頭に出ていた。価格は5200円(税別)。
 スルーするつもりだったのだが、なかなかの人気商品らしい。しかも現在ヒマラヤではモバイル会員を募集していて、会員になれば1000円の値引きだと知っていたのが運の尽きだった。結局4616円で持ち帰ってしまった(笑)。

 160429
 こういうデザインを特に好む人もいるのだろうが、私はそれほどでもないつもりでいた。でも赤の取っ手がなかなか可愛いかもしれない(笑)。しかし、この特有の形状は恐らく使いにくいだろうと想像していた。
 ただ、この容量800mlはなかなか良い。また、300、リフィル、600の目盛りは便利である。そして意外だったのが、このフタの突出がコーヒーに湯を注ぐにはなかなか便利だったということである。ちなみにフタのサイズは「ベルモント(Belmont) チタンシェラカップリッド(M) BM-076」と殆ど同じである。

 160429

 しかし、スタッキングするにはこの形状はかなり支障を来しそうだ。
 試しに…と、身の回りのものを入れて見た。

 110gOD缶は伏せれば入る。さらにマグを入れようとすると、フタができるのは「ベルモント(Belmont) BM-007 チタントレールカップ280フォールドHD」くらいしかない。

 160429 160429

 また、通常のポットであれば、SP450より小さいものしか入らない。でもまあこれならアルコール利用もできそうだ。

 160429

 正直言って、それ以外のものとのスタッキングはなかなか難しそうである。

 まあいずれにしても、お遊び気分で楽しむクッカー…と言ってよいだろうか?
tb: --   cm: 0

コンパクトダウンパンツ  


 この冬は、机の下に敷いてある足温マットに、トータルで数時間ほどスイッチを入れたぐらいで、とうとう暖房を入れずに過ごしてしまった。
 しかし、私が風邪の予兆を感じるのは太ももに寒さを感じる時だから、太ももを冷やさないことが大切である。

 膝掛けなど何枚か買ったりしたがどうも気に入るようなものがない。ユニクロ程度のものばかりだからかな?(笑)
 アウトドアに凝り出したらウェアの方も山用品が少しずつ増えてきた。つまり、衣類にも随分金がかかるようになってきたということ(笑)。

 2・3日前のこと、ダウンパンツが安くなっているというネット記事を見つけた。そう言えば今年も、ユニクロで買ったようなものがあったはずと思いながら探したのだが、いつの間にか処分してしまっていた。それを思い出したので注文していたのだが、それが今日届いた。
 一瞬、マムートかと思っていたのだが、マーモットというブランドもあったんだ。どれほどのものかわからないが、まあ来年には使えるだろう(笑)。
 念のため、Marmot(マーモット) と マムート(Mammut)の違い(笑)。

◎マーモット MJD-F5018P・コンパクトダウンパンツ Men's【50%OFF】(MJD-F5018P)
サイズ:M
カラー:OLV
http://item.rakuten.co.jp/sakaiya/10064673/
価格 9720(円) x 1(個) = 9720(円) (税込、送料別)

 リンク先の画像は↓である。

 160323
tb: --   cm: 0

久々の横浜・関内  


 時々、横浜・関内に出かけることが習慣化していたのだが、このところすっかりご無沙汰だった。

 なんか懐かしい。
 今日の横浜スタジアムでは「3.11を忘れない」イベントの最中。
 3,11と言えば、長年仕事をしていた釜石の津波被災。そして福島第一原発の爆発。私の社会を見るモノサシがすっかり変わってしまった。

 160306 160306
 160306 160306
 160306

 いつもの店で久しぶりに食べるランチはやっぱり美味い。

 食後、いつものかながわ屋へ寄ったのだが、3月からは国の補助もなくなって通常価格になった。となるとやっぱり購入意欲が低下してしまう(^^ゞ。
 せっかくだからと大桟橋の方へ足を向けたのだが、今日は天候不順で雨が降ってきたのでそのまま帰路へ。

 160306 160306
 160306

 このルートは、途中にパタゴニア、好日山荘、マムートの店や土屋カバンの店などがあるので誘惑が多い(笑)。
 今日つかまったのはパタゴニアだった(^^ゞ。

 その後、BigFishさんとテラスでコーヒーを飲んだいつもの店でひと休み。いつもの横浜休日のスタイルで過ごした。

 帰り、横浜スタジアムを通過しようとしたら大学時代の知人らしき人がベンチに腰掛けていた。あっと思ったが私を見ても気づかないようだったのでそのまま通り過ぎてしまった。人違いだったんだろうか?
 しかし、遠くふり返って見ると絵を描く道具を持っているように見えるから、やはりそんな気がするんだが…。こちらが帽子にサングラス等殆ど山の恰好だから気づかなかったか…(笑)。
 再び通過したイベント会場では、唐揚げを買ってみた。

 今日買ったのはブルーの「Houdini Jacket」と言うもの。販売員が言うには、「これは、パタゴニアの製品の中でも恐らく最も多くの社員が持っているもの」だとか…。
 絵を描く時などに持って行ってたウィンドブレイカーは10年ほど前に買ったもの(さすが、物持ちが良い(笑))だった。これがとても薄く軽かったので惹かれてしまった。しかしパタゴニアはやっぱり高い。
Houdiniというのは、米国のマジシャンの名前。マジックショーの最中に失敗して亡くなっているはず。子供の頃、雑誌でそんなストーリーを読んだのを思い出した。
#↑かと思ったら、こんなのもあったhttp://www.houdinisportswear.com/jp/。あれっ?「Houdini風」ジャケットという意味かな(^^ゞ?価格は高いがこちらの方が製品としては優れていそうだ。それともここと提携した製品ということなのかな?

 写真の腹のあたりにあるのは今までのウィンドブレイカー。
 大きさ、重量(100gと214g)とも随分違う。

 160306 160306
tb: --   cm: 0

ティッシュペーパーボックスが届いた  


 昨日は、個展の作品を届けてもらったので、終日その整理で終わった。だが、絵を購入してくれた方への発送ということで、その仕事が残っている。
 しかし、本当は、芳名帳の整理という大切な作業が残っているし、いくつもいただいた差し入れを何とかしないといけない。いつもこの時期の嬉しい悩みである。
 だからといってそんな仕事ばかりしているわけではない(笑)。
 ネットを見ているうちに、「トイレットペーパーホルダー」なるものに目が留まった。

 この手のものはキャンプなどであると便利なのだが、この記事でも書かれているように、円筒形のトイレットペーパーを(芯を抜いて)中心部から取り出す形式のものは以前もどこかのアウトドアショップで見ていたが、既に経験上使いにくいことを感じていたのでスルー。しかし、こうしたものは日常生活でも欲しいと思っていたので少し調べてみた。そして、結局このページの白い家形のもの「Like-it ロールティッシュペーパーボックス」に落ち着いた。
 
 160204

 ところがもう少し見ていたら、こちらが目についた。
 トイレットペイパーでなくてもティッシュで良いと割り切れば、これ「蝶プラ工業 節約半分 ティッシュケース 」はそれを半分にして使うという経済性も考慮したもの。しかもこのデザインは私も好み。

 160204

 ということで、早速前者をキャンセルして、後者を発注。
 …というつもりだったが、大した時間でもなかったがすでに出荷準備に入っていたらしくキャンセル不可。本日、両方届いてしまった。しかも同じ配達で…(苦笑)。
 でもまあ安いことだし入れる物も違うから、これで良しとしよう。

 これらはいずれもアウトドア用というより日常使用のためということになるんだろうけど…。
tb: --   cm: 0

耐熱ガラスポット、なかなか良い。  


 私は、急須とか、ティーポットなどを持っていなかった。

 しかし、先日のリンクと同じくこの人「2015 Reiの絵日記Ⅱ」のページで、沸騰した湯の中にそのままコーヒー粉を入れ、数分して上澄み部分を飲むという方法があることを知った(殆どの粉は沈んでいる)。
 以来、時々そんな飲み方をしていた。簡単で良いと思った。

 ところが本日、絵画教室の前、ニトリをブラブラしていたらこの製品を見つけた。これならコーヒーも、紅茶も、緑茶も使えるじゃないか! というわけで、早速購入。
これは450mlだが、もう一サイズ上のものもあった

 151211

#以前、こんな製品「iHerb Goods, ステンレススチール ティーインフューザー」が気になっていたことも影響しているのだろう。
 151211


 まずはコーヒーを淹れてみた。コーヒーの場合細かな粉が残るものの私にはあまり気にならない。愛用品になりそうである。
 今まで使っていたコーヒーメーカーの出番がなくなってきそうだ。

     *     *     *     *     *

 思いついてミニマム・ティーセットに入れてみた。
 ギリギリNorthFace景品のダブルマグにぴったりだった(ポットに固定するためのバネがあるのでこれ以上入らない)。背が高くなるがこうした形で携帯できることがわかった(左写真)。
 また、この大きさならSP300、雪峰300にもピッタリ納まるので(右写真)、このままでもコーヒーが飲めることになる(もちろん入れた後の粉の処理は濾紙の方が簡単だけど…(^^ゞ)。SP450以上ならスッポリ入るから柔軟に使えるだろう。 以上、参考までに。

 しかし、上記Reiさんのような飲み方で割り切るならならこんなことも気にすることもない。

 151212 151212
tb: --   cm: 0

盛栄堂 鉄製 ココットオーバル F-418  


 このところスキレットや鋳物フライパンを使う機会が増えている。ニトリのスキレットが出たおかげで数も種類も増えてしまった。もちろんキャンプに持っていくには重いので躊躇するところもあるが、IHで日常的に使えるのが良い。
 そして、最近ようやくその扱い方がわかってきたようだ。

 今回買ったのは「盛栄堂 鉄製 ココット(キャセロール)オーバル F-418」。実は、Youtubeでのこの人のページ「2015 Reiの絵日記Ⅱ」を見てこれに心が動かされたのだった。
#この人は、恐らく動画の見せ方、イラスト絵日記、カメラワーク等々、かなりのセンスを感じるから、何らかの編集関係の仕事に携わっているのだろう。昨年から見始めたが、アウトドアライフもどんどん進化しているのに驚く。興味深いページである。

 Snowpeakの「コロダッチポット CS-501」は競合商品だと思うのだが、私の場合、ご飯も炊いてみたい。一食分で十分だとすれば、snowpeakでなくとも十分なのだ。400mlという容量は小さいかなぁと思いながら、価格とデザイン的魅力に負けて、ここは「盛栄堂 鉄製 ココット」に決めたというわけである。

 151208

 届いてみればさすがに小さい。わかっていても小さい(笑)。ご飯は大丈夫としても、おかずがこの量で足りるだろうか?という心配もないわけではないが、まあやってみよう。

 まずは早速一食分の7合程度の米を炊いてみた。炊き方はいつもと変わらない。最初は強火、噴いてきたら弱火にして6分程度。そして蒸らしである。容量が小さいから噴きこぼれがあるのは仕方ない。炊ける量はどれほど頑張っても8合行くか行かないかといったところだろう。
 確かにいつも食べるメスティンやミニトランギアのご飯より美味い…と思う。これは良い。ご飯を炊くのでなければ、アヒージョや煮込み料理などに使えるだろう。
#最近は、米は「ふっくりんこ無洗米」。発芽玄米を1/3くらいの割合にしている。

 151209 151209
#写真はホワイトバランスを間違えた(^^ゞ。

 楽しみがまた一つ増えた。
-- 続きを読む --
tb: --   cm: 0

好日山荘で冬物の買い物  


 今は好日山荘で1割引セール。冬物が足りないので行ってきた。
 身に着けるものには殆ど興味がない私は、今までユニクロなどの安物衣料で済ませていたものだ。最近はグローバル企業になって社長だけが巨額の収入を得ているユニクロには興味がなくなったし、一方、山用品に関心を持つようになってきたら、着るものも山関係が多くなってきた。

 本日購入したのは、
・冬用ノンストレスパンツ…暖かく動きやすいのが良い。スケッチにはこれはありがたい。
・トレイルシャツ…もともと寒さには強い方なので厚着はしたくない。上着はベストやダウンがあるのでその下に着るものの冬用が足りなかった。結局一着のつもりだったのに、調子に乗って二着買ってしまった。

 赤と青でちょっと派手だけど…(笑)。
#あまりファッション的なセンスは感じないなぁ(笑)。

 151207
tb: --   cm: 0

しまむらファイバーダウン  


 最近はFBやGoogle+でもアウトドア関係のコミュニティにいくつか参加するようになった。

 今日はそんなページ「キャンプっていいね!」の中で、標記の製品が本日限り半額だというセールをお知らせしてくれている方がいた。

 151205

 ちょうどそんなものが欲しかったので早速買ってきた。
 なかなか良さそうだ。
 ブランケットの畳んだ時の大きさは丁度良いから、寒い時のスケッチには使えるだろう。しかし、掛け布団の方はさすがに大きい。自転車で持って帰れるギリギリサイズだった。
 いろいろ機能面でのメリットを謳っているけど、洗えるっていうのが何よりだね。

 151205
tb: --   cm: 0

100均のナベ  


 このところナベがおいしい季節になった。

 先日、ダイソーをブラブラしていたら見つけたのがこのナベ。150円+消費税で162円也。
 特にアウトドア用というわけではないが、ちょっと遊べるかも…と一つ買ってみた。

 151113

 とりあえず1.5合を炊いてみた。

 さすがにCF(カーボンフェルト)アルコールストーブでのほったらかし炊飯は自信がなかったので、ガスでいつもと同じ方法(噴き出しが始まったら弱火にして6分というもの)で炊いてみた。いつものように美味く炊けたがわずかに薄く焦げていた。熱の保温性が良いせいだろうか?アルミほど熱の伝導性が良くないせいだろうか。
 これを防ぐには、噴き出しが始まった時点で全体をかき回しておけば良いだろう。

 これでナベでご飯を炊く方法もわかった。なかなか使えることもわかった。
 でももちろん、これはナベ用として使うことになるだろう。

 ご飯を炊くには、専用の器具もいろいろあって興味がないわけではないが、これ以上あっても使い切れない(笑)。
tb: --   cm: 0

町田での買い物  


 今日は久しぶりに町田の教室。

 嬉しくなって本日回ったのは、Victoria、好日山荘、そして東急ハンズ。やっぱりいろいろなものが増えてしまう(笑)。
 その前に、こちらのページの最近の記事が心に残っていたからだろう。中でもこちらの動画「日帰りハイキングのパッキング(荷物)2015年秋」には見事にやられた。

 151023

◆まずはVictoriaにて「ギアータイ」。(何インチのものか忘れた(^^ゞ)(写真手前)
 これは、Bromptonで買い物をする時には買い物カゴを固定するにも使えそう。
 他にSP220マグも見つけた。ダブルの方が良いかも…と思ったのだが、できればそれをSP300の中に入れたかった。それを確認したかったのだが、生憎SP300(シングル)がない。店員に入るかどうか聞いてみたら、カタログを調べた上で5mmの余裕があるから入るんじゃないでしょうか?との返事。それでは買う決断ができないのでギアータイだけ購入。
#結局入らないことが後でわかった(^^ゞ。

◆続いて好日山荘。「SP220マグ(シングル)」「フードキャニスター16oz(シングル)」(写真左奥)
 SP220シングルを購入したのは、ここでSP220ダブルはSP300シングルに入らないことが確認できたから…。
 そして、フードキャニスターはシングルとダブルがあったが、重量も容量も大分差があると感じた。私はやはりシングルの方が良い。
 これらはお絵描きの際にも使う機会は多そうだ。

◆帰り時間に寄ったのが東急ハンズ。「スペクトラグローブM」
 以前にも見かけて気になっていたのだが、ここでは見本が置いてあり、サイズがM,L,LLの三種類が試せるようになっていた。もともと固めのグローブだからサイズが確かめられたのはグッド。ちょっと高いがフラフラと購入(笑)。しかし、手にピッタリなのは嬉しい。そして意外と暖かい。

 今日の買い物はここまでだったけど、動画の中で気になっていたのが「axesquin ツユハラヒ」というもの。
 絵を描いていると意外とこの部分が冷えるのです。だから私の場合には、断熱性能も耐火性能も欲しいところ(ナイロン100%だから耐火性能は期待できそうもないけど…。でもこの人はそんな使い方のような気もしないでもない。)

 ところで、好日山荘はカードを忘れてもちゃんと本人を確認してポイントをつけてくれる。
 Victoriaと東急ハンズは1ヶ月以内にカードを持っていけばレシートをもとにポイントをつけてくれる。しかし、(Victoriaは確認し忘れたが)東急ハンズはその店限定。
 好日山荘は良いね。
tb: --   cm: 0

このところの買い物  


 このところ、家にいたせいでいろいろなものが届いている(笑)。

 先日届いた荷物は カン太用の輪行袋「OSTRICH(オーストリッチ) 輪行袋 超軽量型 [L-100] ブラック」。どうやら配送料を見落として高いものを注文してしまったらしい。
 輪行袋は以前別の物(前輪だけを外したもの用)を注文していたが、だんたんそれでは肩身が狭くなってきた。

 150512

 次いで、昨日届いたのが、「SEA TO SUMMITアルファライトロングスプーン」。これはCozyと深クッカー用のスプーンとして。
 使ってみたが、この長さはなかなか良い。

 150512

 そしてどうしたわけか、「Spydercoのアンビシャス」「OPINEL#8 41478」が届いている(笑)。

 150512 150512

 前者は、こちらのページ「自転車とアウトドアライフ(遊び)>Spyderco:アンビシャス(オススメのナイフ)」をみているうちにムラムラしてきた。もちろん、Spydercoのナイフには様々なものがありこれを見ただけで決めたわけではないが、いろいろ見比べていくうちに、私が想定している使い方と価格のバランスでこれにしようと思った。
 サイズは小さめとは言え、私がワンタッチで開閉するにはギリギリの大きさ。これ以上大きければ私には使いにくいということになったかもしれない…と納得。しかしやっぱり片手での開閉はちょっと怖い(笑)。
 でも徐々に慣れてきたら、これもなかなか使いやすい。いつも手元に置いておき、気楽に多目的に使おうと思っている。

 後者は、前々から調理などに欲しいかも…と思っていたもの。先日紹介のBlueBushcraftさんのお勧めリストの中に「キャンプ道具・アウトドアギア / おすすめナイフ・刃物・マルチツール (2014年6月17日)」というのがあり、それを見ているうちに、安い物を見つけたので買ってみた。
 これはこれでまた愛着を感じてしまう。

*      *      *      *      *


 ナイフも随分増えてきたが、これで一段落にしておこう。
 下は、アウトドアに関心を持ってから購入したナイフ群。
 一番右は「LEATHERMAN SkeletoolCX ストレートブレード SKC-L」「BITKIT」
 赤いのは「VictorinoxラックサックNL」

 150518

 それ以外のものも含めるとこんなナイフが…(笑)。あきれますねぇ。
tb: --   cm: 0

mont-bell ベーシック ダウン フットウォーマー  


 実は、最近でこそ時々暖房を入れるようになったが、結構我慢をしている。何しろ、東京電力に出来る限り電気代を払いたくないのだ(笑)。
 先日断熱サッシュを追加したのが結構効果的だったようで、外気温と室温の差、約10度を維持しているようだ。朝なども寒くて起きるのが辛いなどということもない。
 しかし、現実には最も冷えてくるのが夜、それも遅くなってくると足元の冷えは結構なものだ。あまり足が冷えてしまうと、どうしても寝つくのに時間がかかる。

 そんな時、時々覗いている「キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ」で見たのがこれ「mont-bell ベーシック ダウン フットウォーマー」
#記事はこちら「モンベルのテントシューズ(?)にグッときた」

 今も似たようなものを履いてはいるのだが、どうも今ひとつ効果が乏しい。ネットで似たようなものを検索して見たが電気を使わないものとしては、これが最高品質のように見える。そんなわけで思い切って注文してしまった。
 今から使い始めるとすれば2ヶ月くらいは役だってくれるかな?

 150103

*     *     *     *     *

 ということで、2日ほど後に到着。

 足全体がダウンで覆われている感触で確かに暖かい。足裏までダウンに覆われていて、言わば靴下のダウン版という感じである。だから基本的には歩くように出来ていない。靴底のようにはデザインされていないし、滑り止めも足裏に申し訳程度のもの。だから逆に履いたまま寝ても邪魔にならない。その意味では夜中でも足が暖かく快適ではあるが、これを室内履きにするという感じでもないような気がする。
 
tb: --   cm: 0