ポタポタ時々記

シンプル&スローライフ途上の思い、出来事、買い物記録などです。

Qualz STAINLESS WOOD STOVE(ロケットストーブ)  


 始めにお断りしておく。
 私はこの手のストーブを自分ではとても使える環境にない。ただ興味津々なだけなのだ(笑)。

 本日は、FBでこんなストーブ(ロケットストーブ)を使っているという人がいて関心を持った。ロケットストーブには以前から自作できそうだと、関心がなかったわけではないのだが…。
 「Qualz(クオルツ) STAINLESS WOOD STOVE」である。価格も破格である。デザインも良いし使いやすそうだ。大きさ、重量はそれなりだ(笑)。

 171111

*     *     *     *     *

 これと同じようなロケットストーブとして、こんなもの「テンマクデザイン  マキコンⅡ」を見つけてしまった。
 これもなかなか良い。

 171225
tb: --   cm: 0

2人用テントサイル  


 いつものようにネットをブラブラしていたらこんなサイト「軽量、おしゃれ、お手頃価格のTentsile Flite」を見つけた。

 160703

 Tentsile(テントサイル)というものの面白さは以前も書いていたが、これは本当に魅力的だ。
 ただ、私にとっては重さがなぁ…。
tb: --   cm: 0

美味いコーヒーを淹れるには…  


 このブログを見てくれている方にはもう見透かされているだろうが、私はそう味にうるさい訳ではない。
 以前ここでも紹介した「Nature Times(タキビさん)」のページからいろいろなコーヒーがあるのを知ったようなものだが、そんな私が今のところ最も美味しいと思うのは紙フィルターを通して淹れたコーヒー。それもタキビさんに教えていただいた「仔犬印エルムポット」でチョロチョロ淹れる方法である。同じチョロチョロ注ぐのもいろいろな方法があるが、何故かこれが一番美味く淹れられるように思う。注ぐ湯をコントロールしやすいからだろうか?

 ところが本日、この2つがお薦めだという記事を見つけた。
 それぞれ個別にはネットのどこかで見かけたことがあると思うが、どちらも試したことはない。またそれほどまでにコーヒーにこだわっているわけでもない。だから自分では、さらにこれらを購入しようと考えているわけではないが機会があれば味わってみたいものだと思う。
#でも「道具」としてはどちらも面白いか…(笑)。

◆エアロプレス コーヒーメーカー
◆ビアレッティ ブリッカ

 160307 160307
tb: --   cm: 2

持ち運びができる「ミニストーブ」  


 残念ながら自転車中心のソロキャンプ(野営)を志向している私には関係ないけど…。

 これもFBで得た情報。あまりにも羨ましいのでシェアしてみた。「持ち運びができる「ミニストーブ」。テント、屋外でも大活躍!」
 これだけ小さくなればオートキャンプの人には最適…だと思う。良いなぁ。

 151221

 その後、こんなストーブ「Gストーブ」が人気らしいという情報があった。ちょっと似ているが違うもののようだ。

*     *     *     *     *

 2017年11月頃のこと、TVで煙も出ず効率的な(竹も燃やせるという)薪ストーブを開発した人が紹介されていた。
 その人が開発した持ち運びできるストーブが「モキ製作所 MOKI 組立式無煙 俺のかまど MK-6K」というもののようだ。
 これなどもなかなか良さそうだ。

 171126

tb: --   cm: 0