FC2ブログ

ポタポタ時々記

シンプル&スローライフ途上の思い、出来事、買い物記録などです。

フルフラット式ハンモック「ヘブンテント」  


 こんなハンモック「フルフラット式ハンモック「ヘブンテント」」を見つけた。
 一人用テントにもなるようだし、重量もそれほどじゃない。なかなか良さそうだ。
 今更もう買うつもりはないけど、もしかしたら私の理想とするテントのイメージに近いかもしれないと思う。

 200315


 これまでアウトドア用品も随分買ってきた。
 いつかはキャンプ(というより私の場合には行き当たりばったりの「野営」なのだが)もしてみたいと思ったりして、それでもいろいろ考えながら揃えてきた。
 「キャンプなどバカ言うな!」という者も身近にはいるのだが、口実は「防災にも役立つ」ということである(笑)。

 いろいろ考えながらギアを揃えてはみても、結局は、大差ないと言えばそういう面もある。

 もともと道具好きの気質もあるからなのだが、残された人生もそう長くはないから、いろいろ試しながら揃えていくと言うことができないし、楽しめるうちにいろいろやってみたいと思いながらいるうちにやっているうちに、こうなってしまった。
 それでもそれらを日常生活の中で使いながら、経験を重ねてきた…つもりである。
 そうやって経験してみると、所詮は「衣食住」のこと。いろいろ使ってみると、そう大差ないこともわかってくる。不便は不便なりに工夫していけばあまり大きな違いはないものである。それぞれに対するこだわりと満足感の違いの方が大きな違いであると思うようになってきた。
 最初からそうすることは難しいのだが、今から始めるのであれば、食に関して言えば、もっとシンプルな焚き火とかアルスト中心のシステムを考えたろうし、クッカーも浅型のクッカーを中心に考えたろうと思う。
 シンプルな道具に至るのも、それなりに経験が必要だということなんだろう。

 早速、かほなんのレビュー動画「【Haven Tent】テントにもなる最新ハンモックが凄い!ヘブンテントを使ってみた&設営方法紹介【さばいどる/かほなん】」が出ていた。なかなか良さそうである。
tb: --   cm: 0

As Tucas の製品  


 アウトドアの世界も様々な発想で様々な製品が生まれているようだ。

 いつも、ULな製品を紹介してくれている この人(名前を忘れた)、新しい会社を始めたのだろうか?あるいはタレントなんだろうか?
 今回はこんなショップ「Outdoor Gear Maniacs Shop」での製品の紹介である。今回紹介しているのはこの2つ「As Tucas Quilt Poncho」(¥55,000)と「As Tucas Bivy」(¥39,000)。どちらも高額だがなかなか興味深い製品だ。

 181008 181008

 
tb: --   cm: 0

Coil Jet Alcohol Stove(コイルジェットアルコールストーブ)  


 アルコールストーブはいくつか自作してきたが、最も簡単に作れて効率が良いと信じているのがグループストーブであり、今はこれが一番多く残っている。
 作るのが面倒そうで一度も作ったことがないけれど、密かに憧れているのがこのストーブ、Coil Jet Alcohol Stoveである。

 本日見たYoutube動画は、代表的な2つの「Coil Jet Alcohol Stove」自作の例である。

High Power Coil Jet Alcohol Stove without JB-Weld
 いつもながら素晴らしい完成度のtetkobaさんの作品である。
 tetkobaさんは様々なアルコールストーブを作り紹介しているが、いつもその完成度はすばらしい。どんな作品を見ても「ここまでこだわるか?」と思わせるものばかり。
 この作品もそう思わせる。素晴らしすぎて自作をあきらめたくなる気分である。

アルコールストーブ試作その5・Alcohol Stove Cask Stove Jet stove Coil 編 HD型(ハートダディ型)編 キャンプ 道具 ラーツー用
 こちらは、あくまでも自作にこだわっているように見えるハートダディさんのアイデアによる作品とその作り方の紹介である。
 こちらは何だか、私でもできそうな気がしてくる。私が作るにはちょっと道具が足りないが…。
 密閉できる蓋をつけて燃料を入れたまま持ち運べるようにしているところは、実用性を重んじるハートダディさんらしいと思う。

 私もいつか、こんなストーブを作ってみたいと思ったりしている。
tb: --   cm: 0

TITAN STOVE  収納バック付き  


 ストーブは私の憧れのキャンプ用品である。
 フランク・ロイド・ライトは設計する住宅には必ず暖炉を備えたことで知られているが、それだけ火の動きは人間の気持ちを和ませるものだと、私も思うからだろうか?

 ストーブは以前も夢想するgearとして紹介したことがあったが、これ「TITAN STOVE  収納バック付き」はさらに軽く((約)2.1kg)なっている。価格はQuaiz STAINLESS WOOD STOVE(¥16,800 + 税)よりちょっと高い(¥49,800+ 税)、
 一つだけを選べと言われたらどちらを選ぶだろうか…などと、買っても私には使い道のないものを夢想している(笑)。

 180801

 それにしてアウトドアの世界も魅力的な製品が続々と出てくる。
 アウトドア用品だけで生活できたら価格もそれほどじゃなくて済む。ちょっと不便しながらそんな生活を楽しむのも楽しいかもしれない(笑)。
 もっとも、一度買ったら処分が大変だけど…(笑)。
tb: --   cm: 0

Qualz STAINLESS WOOD STOVE(ロケットストーブ)  


 始めにお断りしておく。
 私はこの手のストーブを自分ではとても使える環境にない。ただ興味津々なだけなのだ(笑)。

 本日は、FBでこんなストーブ(ロケットストーブ)を使っているという人がいて関心を持った。ロケットストーブには以前から自作できそうだと、関心がなかったわけではないのだが…。
 「Qualz(クオルツ) STAINLESS WOOD STOVE」である。価格も破格である。デザインも良いし使いやすそうだ。大きさ、重量はそれなりだ(笑)。

 171111

*     *     *     *     *

 これと同じようなロケットストーブとして、こんなもの「テンマクデザイン  マキコンⅡ」を見つけてしまった。
 これもなかなか良い。

 171225
tb: --   cm: 0

2人用テントサイル  


 いつものようにネットをブラブラしていたらこんなサイト「軽量、おしゃれ、お手頃価格のTentsile Flite」を見つけた。

 160703

 Tentsile(テントサイル)というものの面白さは以前も書いていたが、これは本当に魅力的だ。
 ただ、私にとっては重さがなぁ…。
tb: --   cm: 0

美味いコーヒーを淹れるには…  


 このブログを見てくれている方にはもう見透かされているだろうが、私はそう味にうるさい訳ではない。
 以前ここでも紹介した「Nature Times(タキビさん)」のページからいろいろなコーヒーがあるのを知ったようなものだが、そんな私が今のところ最も美味しいと思うのは紙フィルターを通して淹れたコーヒー。それもタキビさんに教えていただいた「仔犬印エルムポット」でチョロチョロ淹れる方法である。同じチョロチョロ注ぐのもいろいろな方法があるが、何故かこれが一番美味く淹れられるように思う。注ぐ湯をコントロールしやすいからだろうか?

 ところが本日、この2つがお薦めだという記事を見つけた。
 それぞれ個別にはネットのどこかで見かけたことがあると思うが、どちらも試したことはない。またそれほどまでにコーヒーにこだわっているわけでもない。だから自分では、さらにこれらを購入しようと考えているわけではないが機会があれば味わってみたいものだと思う。
#でも「道具」としてはどちらも面白いか…(笑)。

◆エアロプレス コーヒーメーカー
◆ビアレッティ ブリッカ

 160307 160307
tb: --   cm: 2

持ち運びができる「ミニストーブ」  


 残念ながら自転車中心のソロキャンプ(野営)を志向している私には関係ないけど…。

 これもFBで得た情報。あまりにも羨ましいのでシェアしてみた。「持ち運びができる「ミニストーブ」。テント、屋外でも大活躍!」
 これだけ小さくなればオートキャンプの人には最適…だと思う。良いなぁ。

 151221

 その後、こんなストーブ「Gストーブ」が人気らしいという情報があった。ちょっと似ているが違うもののようだ。

*     *     *     *     *

 2017年11月頃のこと、TVで煙も出ず効率的な(竹も燃やせるという)薪ストーブを開発した人が紹介されていた。
 その人が開発した持ち運びできるストーブが「モキ製作所 MOKI 組立式無煙 俺のかまど MK-6K」というもののようだ。
 これなどもなかなか良さそうだ。

 171126

*     *     *     *     *

(2019年5月27日追記)
 その後、Gストーブの開発チームがGストーブを改良しつつ開発したらしいのだが、こんなストーブを勧める動画「この薪ストーブが【最強】だと思う3つの理由ーMy best tent stove Winnerwell NOMAD」を見つけたので忘れないうちに記しておこう。

 190527
tb: --   cm: 0