FC2ブログ

ポタポタ時々記

シンプル&スローライフ途上の思い、出来事、買い物記録などです。

動画撮影用の装置ができた  


 結局、先日購入した首掛け式の撮影装置「一人称ビュー電話ブラケット」は動画撮影ではとても使っていられないことがわかった。どうやら料理教室での撮影用になりそうな予感がする(笑)。

 そうなると、絵描きプロセスの動画撮影用は別途考えないといけない。
 最初は、三脚を使ってでも顎の下あたりにカメラをセットして…などと思っていたが、それでも絵を描くとなると邪魔になってしまう。結局、カメラを絵の上部に設置する装置でないと上手く行かないだろうと覚悟を決めた。

 ヨドバシカメラで、カメラの位置をずらせるアームの製品を見たものの、大げさなだけでアームは短いし、何より数千円以上の価格になる。「これなら自分で作ったほうが良い」と悟った。

 そして…
 セリアで45cmの木材を買ってきた作ったのがこちら。
 新たに購入したのは、ヨドバシで買った「ハクバ HAKUBAH-SA8 [カメラネジアダプター]」だけ。それ以外はたまたま、過去、イーゼルをつくるために買った部品を転用して間に合ってしまった。
#こういうことがあるからなかなかモノが捨てられない。

 そして、こんなのができた。
 この三脚、スタンドの角度をもっと広げることは可能なのだが、使い勝手としてはこれくらいが丁度いい。
 スタンド側の固定は、上下をバッチリ挟んでしっかり固定した。
 このままだとカメラを設置すると転倒してしまうので、足を抑える重しが必要となる。これはいろいろ工夫ができるが、もう今のままでもできることはわかっているから心配ない。

 200723 200723

 カメラ側の詳細はこんな感じ。
 多少、木材の加工が必要だったが、これで、自由雲台を使ってカメラの角度が自由になった。
 もちろん、転倒さえ気をつければデジイチもOKである。

 200723 200723

 iPhoneの場合にはこんな具合になる。

 200723

 なかなか良いんじゃないかな?(自画自賛(笑))
tb: --   cm: 0

今日は川崎駅前の桜散歩  


 ようやく春らしい暖かい日になったようだ。
 今日は川崎駅のソリッドスクエア周辺に出かけてみた。

 まだとても使いこなせていないが、X-T3の具合、とても良い。

 200325 200325
 200325 200325
 200325 200325
 200325 200325
 200325 200325


 今日から使い始めたこのメガネ「スカッシーフレックス(私の場合はMとしたが)」もなかなか良い。
 (色無し)UVカット、くもり止め機能付き。しかも取り外し可能なシリコンフードがついているので、花粉、ホコリ、目の乾き、虫・風に対応、園芸や工作に効果的とある。私としては、マスクをしてもメガネが曇らないと実感できる点が特に良い。

 020325
tb: --   cm: 0

Maxpedition Rollypoly MM折りたたみダンプポーチ ブラック  


 いつも巡回している「自転車とアウトドアライフ(遊び)」のページだが…。
 今日は、こんなもの「Maxpedition Rollypoly MM折りたたみダンプポーチ」を使っているのを見た。それを見てふと思いついた。これをカメラバッグにしたら良いんじゃないかと…。不要な時には畳んでおけばいい。
 それですぐポチッた。私のものはブラック(¥3,620)。色によって価格差が大きいが、私は基本的にはブラックにしてきてしまっているので、あまり迷わない。

 200323

 確かに、森勝氏が言っているように、日常的には腰またはザックに付けておいて、途中でゴミを収納して帰るとか、ウッドストーブで使うために小枝を拾って帰るとか…に使いやすい。
tb: --   cm: 0

今度はFUJIFILM X-T3  


 今までのメインカメラは「FUJIFILM X-T1」だった。
 それのレンズを交換して、一生これで行くことになるだろうと思っていた。

 しかし、個展を中止して何か気が抜けた感じ。

 それでとうとう、メインカメラが「FUJIFILM X-T3」になったというわけである。

 200302

 レンズセットで、25.3万円(税込み)。
 ところが、レンズは先日VerUoしたばかりの「フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WRNew」と「X-T1カメラ本体」の下取り。そして、今ならキャッシュバックが2万円。

 そして本日、これを入れるための「カメラ用バックパック」を手に入れた。
 それがこれ「Manfrotto カメラリュック NEXTコレクション 21.4L コンパクト バックパック グレー MB NX-BP-GY(¥5,353相当)」
 考えて見れば、こんな風にコンパートメントが分かれているカメラ専用バックパックなんて今まで使ったこともなかった。使い心地が良さそうである。

 200302 200302

 ただ、このバックパック、チェストストラップがないのが不便。
 なので、Amazonで見つけたこれ「Olycism バックパックストラップ チェストストラップ(¥790)」を買った。

tb: --   cm: 0

X-T1、新しいレンズ入手  


 今使っているカメラ「X-T1」、結構気に入っている。今はすでにXーT3の時代だが、私の腕はまだX-T1を使いこなすところまで行っていない。多分、私はこれが壊れるまで使っていくことになるだろうと思っている。
#今調べてみたら、既に製品情報にはなくなってしまっていた。

 これについていたレンズ「フジノンレンズ XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」に替わる新しい高性能レンズが出たという。
 それがこれ「フジノンレンズ XF16-80mmF4 R OIS WRNew」
 カメラに詳しいある人に言わせると「魔法のレンズ」だとか。描写力もそうだが、シャッタースピード1/2秒でもぶれないという。売れ行きも好調で生産が追いつかないほどだそうである。

 この2つを並べると下のようになる。
 191025
 191025

 私の場合、カメラは基本的には絵を描くための素材あるいは参考資料となる写真を撮るためのものだが、遠方の風景を近くに寄せたいことが時々ある。それでもこれくらいのレンズなら十分使えるのではないかと期待している。
 長さも 1cmほど長くなるだけ。重さもあまり変わらないという。

 入手するには1ヶ月半ほどかかるとのことだったが、奇跡的に入荷したというので受け取りに行って来た。

 これからの撮影が楽しみである。
tb: --   cm: 0

Fujifilm X-T1のメンテナンス  


 2016年05月にオークションで入手した「Fujifilm X-T1」であるが、そろそろメンテナンスをしておいた方が良いということで師匠と出かけた。場所は「FUJIFILM Imaginz Plaza」

 電車は有楽町で下車。東京フォーラムを通って行くことにした。
 この場所は旧都庁があったところ。ここの設計料が新都庁の設計料とあまりにも差があるので、丹下健三も嘆いていた(怒っていた?)とか。とにかくこの東京フォーラムの設計は私から見ればまさにやりたい放題(笑)。バブルの時代というものである。
 「FUJIFILM Imaginz Plaza」ももちろん新しい建物であるが、このあたりの建物の殆どが新しいものばかり。ただ三菱UFJ銀行本店の建物だけがかっての私の記憶に残る建物である。

 メンテナンスは「Xメンテナンスプロ」が良いということなのでそれをお願いして、師匠推薦のサンドウィッチの店「はまの屋パーラー」へでかけた。

 180604
 180604 180604

 時間が来たのでカメラを受け取りに戻った。
 ↓これを見ると、私のシャッター回数はまだ12000回にもなっていなかった。中古とは言いながらもともとそれほど使われていなかったようだ。
 これからもこのカメラには活躍してもらおう。

 180604

 帰りは、三菱1号館庭園を抜けて、東京フォーラムの写真を撮りながら…。

 180604
 180604 180604
 180604
 180604 180604
 180604 180604

 そして帰りは東京駅から…。

 180604 
tb: --   cm: 0

「Excellence カメラクイックリリース」到着  


 私の旅行では、カメラは2台体制になる。つまり、コンデジとデジイチである。そうするとネックストラップなどつけてなどいられない。

 それで、いい方法がないかと考えていて、良いかも…と思っていたのがこれ「PeakDesign ピークデザイン キャプチャープロカメラクリップwith PROプレート CP-2(¥8,481)」だった。しかし、いかんせん私の価値観からすれば高すぎる。

 170914

 そして、いつの間にか私の記憶から去りかけていたところで、こんなもの「Excellence カメラクイックリリース(¥2,980)」を見つけた。恐らく完成度や頑丈さが異なるのだろうが、私には安い方が魅力的だ。これでも高いと思うくらいだがとにかく註文した。それが本日届いた。
 届いたのは、この本体に6角レンチ1本。説明書もなにもなし。

 170914

 概ねの予想はついていてもどうしたら良いのかしばらく考えさえられた。特に、カメラ台座をどうやって外したら良いのか…と。
 そしてようやくわかったのが、この青のボタン。これを押し込むことにより着脱できるのだった。そして、これを90度回すことによりロックがかかる。そんな仕掛けになっていた。
 6角レンチはどこに使ったら良いのかまだわからない(^^ゞ。それにしてもちょっと不親切だ。

 170914

 それでもまあ、2台体制の時にはこれがあればデジイチをここに固定し…と思いは広がる。
tb: --   cm: 0

思いがけぬ発見・遭遇  


  このところ見ていたキャンプ動画もだんだん見たいものが変化してきていた。

 最初は、様々なキャンプギアを知ること、そして、その使いこなしを知ること。そして、いろいろなキャンプスタイルの違いなどを知ること。そんなものを見ながら自分のキャンプ生活を夢想し、シミュレーションしてきた。
 さらに最近は、淡々とキャンプ生活をしているような動画を見ることが多くなった。

 つい何ヶ月前からチェックしてみていたこちらの「HITORI CAMP」さん。最新のこちらの動画「【 ヒトリキャンプ 】湘南初日の出 と 海岸で焚火 編」を見ていたら、終わりの方で展覧会をしたことがある由。そして見たことがあるような写真の連続が…。

 実は2010年夏、緑園都市の相鉄ギャラリーでブログで見ていたある方の写真展があり、私としてはめずらしくその写真展に出かけた。
 展覧会でのその方とのお話しで、この会場が企業の文化活動支援の形で提供されているもので、審査は必要だが無料で借りられるものであることを知った。
#しかもその建物は、高校のはるか先輩だが、東大の名誉教授原広司氏の設計によるなかなかオシャレな建物だったのだが…。
 それがきっかけとなり、2013年5月、私の5回目の区切りの個展をここで行うことになった。そして、それがきっかけで水彩画教室も始めることになったのだった。

 確かめてみれば、まさにその方の動画だったのだ。縁とは奇なもの不思議なもの。
 思いがけぬ発見・遭遇に嬉しくなってしまった。
tb: --   cm: 0

とある説明会に参加して  


 本日は目黒にてとある説明会に参加してきた。

 その前に、目黒雅叙園へ。ここはまだ行ったことがなかった。
 途中、大円寺を通ったがなかなか良い雰囲気。ただ境内の中が駐車場になっているのが難点。
 雨の中ちょっと撮影練習をしてみた。

 160709 160709

 そして雅叙園。今日は(いつも何かを展示しているのだろうが…)お祭り?の展示。

 まず迎えてくれたのが金魚ちょうちん。これは柳井市か?
 そして、秋田の竿灯青森のねぶたか?

 160709 160709
 160709

 ついでに、1億円と言われるトイレを覗いてみた。(ちょっとボケてしまった。)
 メインの廊下から見る庭園も狭いが良い雰囲気だった。(ちょっと暗すぎた。)

 160709 160709
tb: --   cm: 0

撮影練習  


 今日は撮影練習というかカメラ勉強というか…。

 いつものように昼飯を食いながら…ついでに教えてもらうというコースである。
 今日は生憎の曇り空。絵を描くにはテンションが上がらないが、写真なら何とかなりそうだ。

 まずは横浜公園の噴水をからめた花。

 160615 160615

 次いで、公園内の紫陽花。写真と絵ではモチーフを扱うサイズが違うようだ。
 とにかく撮った写真を並べてみよう。

 160615 160615
 160615 160615
 160615 160615
 160615 160615
 160615 160615
 160615 160615
 160615

 そして、いつもの店へ。
 今日もランチ(笑)。

 160615 160615

 その後は、山用品の店を覗いた後、お茶して帰った。

 160615 160615

tb: --   cm: 0

撮影練習  


 今日は曇り空だけど、写真撮影の学習を兼ねた横浜散策。
 桜木町の駅では、先日葉山への輪行スケッチ旅をした友人とバッタリ。
 
 今まで殆どオートで撮ることが多かったFujifilmX-T1だけど、今日はカメラ師匠の指導を受けながら、ピント、ホワイトバランス、EV値、絞りなどを主として動かして様々なものを撮りながら撮影練習。
 少しはいつもと違った写真が撮れただろうか(笑)。

 こうやって撮影していると、カメラと絵の異質性、類似性を感じたりするものだ。

 160528 160528
 160528 160528
 160528 160528
 160528 160528
 160528 160528
 160528 160528
tb: --   cm: 0

新しいカメラが来た  


 オークションで落札した「Fujifilm X-T1」が到着した。
 
 160508

 これまで持っていたカメラは「Cannon Eos Kiss Digital X」というもの。2006年12月に購入したものだから丁度10年ということになる。いつかはフルサイズに…とフルサイズ用広角レンズも準備していたのだが、次第に重いものが辛くなって、とうとうこちらの機種に変更となった。
 しかし、機能的には私が使い切れないほど豊富。

 とりあえずサイズを比較してみよう。
 X-T1が800g、EOSは約1200g。まだまだ大きいような気もするが、これでも随分軽くなった。これがこれからの私のメイン機になる。

 160508

 先日、カメラの師匠とご一緒した時に撮影した画像がこちら。

 160507 何も考えずオートで。
 160507 クラシックモード。
 160507 多重露光。
 160507 ソフトフォーカス。
 160507 1/2000秒。
 160507 ちょっと気取って。

 今まで写真は絵を描くための単なる助けと考えていたが、これから少し写真撮影を意識してみるかな?
 できるかな?(笑)
tb: --   cm: 0