ポタポタ時々記

自転車を中心とするスロー・ライフや時々の買い物記録などです。

自動膨張式マット「NEMO(ニーモ・イクイップメント) ゾア20R」  


 このところ大物の購入はなくなっていた。
 少し気になっていたのが、友人の所で見せられたスリーピングマットだった。何式かは知らないが結構小さかった。
 マットは既に、「THERMARESTマット・パッド リッジレスト(150cm)」を持っていたものの、どこかでULだというこの製品「ニーモ ゾア 20M」)を購入したという記事を見てポチってしまった(笑)。
 私のものの価格は¥7,371+¥ 500関東への配送料だった。

 170213

 
 その後、こんな記事「スリーピングマット(寝袋マット)の選び方とおすすめ9選」を見つけた。普通見る順序は逆だろう!ってなもんだが…(笑)。
 この中で自動膨張式スリーピングマットのお薦め1位が「イスカ(ISUKA) ピークライトマットレス」で、これは2位だった。私はいつも最も推薦という製品を選んだことがない…ここでもそんな気分にさせられた。価格もイスカの方がこの時点で(165cmのものが)¥ 7,679(通常配送無料)と安かった。少々ガッカリしながらカスタマーレビューを見たら、どうやらこちらの方が良さそうだ。ようやく納得できた(笑)。

 それにしてもこの小ささ・軽さには驚くし嬉しい。実測値は388gだった。
tb: --   cm: 0

ハンモックが気になる(笑)  


 今まででの人生でキャンプをしたのは恐らく3回。
 まず最初は中学の時、菅平キャンプ場でテント泊をしたような気がする。ただ、中学のいつだったか記憶がない。
 そして、中学2年の時、西駒ヶ岳登山でのキャンプ。しかしこれは山小屋泊だからテントは使っていない。
 そして大学4年の時、研究室で朝日連峰を縦走した時。これは楽しかった。

 今頃になって、絵を描くことから始まってアウトドアに関心が移っている。
 いろいろ道具を買いそろえているうちに、シミュレーションだけはどんどん進化して、ULやブッシュクラフト的なものに関心が移ると共に、今やハンモックまで気になり始めた(笑)。良いじゃないか、何しろ残された人生は短いんだから…(大笑)。
 しかし、もちろん基本は絵を描くため…である。

 ただ、一つ揃えたら他のものに簡単に買い換えるというほど余裕があるわけじゃないから、良いものをちゃんと選びたいと思ったりしている。
◆様々なメーカーがある中で、眼にする機会が多いのがDDハンモックとタープの組合せ。自由度は高いが、これは覚悟を決めて選択するもののようだ。吊り紐がやや特殊そうに見える。
 その中で最も軽いハンモックがこちら。「DD SuperLight Hammock」(270g)
ヘネシーハンモックは恰好良いけど、あまりにも決まりすぎていて融通が利かないように見える。価格もやや高い。
 中でも軽そうなのが「ウルトラライトバックパッカーA-SYM ZIP(フライシート含む860g)」「ハイパーライトA-SYM ZIP(フライシート含む793g)」
◆Expedハンモックの中でも、トラベルハンモック(295g)というのがあるらしい。軽そうだ。それに、張り綱の自由度が高くて(使い方は不明だが)良さそうだ。
 参考:「自転車とアウトドアライフ(遊び)」
◆Expedハンモックの中にもう一つ Ergo Hammock Combiというものが本格的らしい。しかしこれは価格も高いし、かなり本格的なもの。
 参考:「絵描きゴトキャンプゴト」
◆ハミングバードハンモック。これは相変わらず最も有力な候補の一つ。特にこのリンクにあるストラップ(ガイライン)には感激すら覚える。私の感性にピッタリなのだ。
 参考:「禅問堂 - ZENMONDO - (アマチュア皮革工房)」

 さて、ハンモックでは、虫除けの蚊帳(モスキートネット)をどう考えるかが問題である。虫がうるさい季節限定。しかも寝る時だけのためにそれを用意するかどうか?という点である。
 ネットを見ていたらこんなものを見つけた。
◆ミニマリストのバックパッカーの為のハンモック専用の蚊帳 eno Guardian SL Bug Net

居住性よりもコンパクトさを求める方向けのENOハンモック専用の蚊帳です。Guardian Bug Netより20%軽量です。 Guardian Bug Netは使用する際にハンモック上に張り綱を張る必要がありますが、Guardian SL Bug Netはハンモック付属のカラビナに掛けて利用するのでその点も楽です。
サイズ約2743 mm x 914 mm
重量約370g
素材70Dテフタナイロン、スーパーファイン、No-See-Um-Netting

 160807



 enoのハンモックも知ってはいたが、検討対象から外れていた。
 ネットによれば以下のようにある。
◆eno SUB 7 スーパーウルトラコンパクト&ライトなハンモック

ロングトレイルを歩きたい、長い期間行動するなど少しでも荷物をミニマムコンパクトにしたいという方向けのスーパーウルトラコンパクト&ライトなハンモックです。 ENOハンモックのラインナップの中で一番軽量コンパクトなハンモックです。
スタッフサックは本体と一体型でなくす心配がありません。すこし大き目の作りで別売りのヘリオスサスペンションシステムと一緒に収納することが出来ます。 重量は約185g、カラビナ1枚が20gなので、他ブランドのツリーストラップなどを併用すればカラビナ2枚分約40gの軽量化ができます。 イチオシはハミングバードハンモックのツリーストラップ(約60g)、SUB7とあわせて約205gの最軽量システムができあがります。
ファストパッキングや自転車ツーリングに超オススメ、日帰りハイクやキャンプの際に椅子代わりにちょっと腰掛けるのにも重宝します。
耐荷重約136kg
寸法約271cm(ロープ含む)×横幅約94cm
(写真を見ても感じるが、ハミングバードハンモックに比べると幅がやや狭い。寝るためには幅がある方が良い。)
重量約185g
素材Nylon Taffeta Ripstop、Super Strong Dyneema Line
付属品専用カラビナ付(登はん用ではありません)

 160807



 結局、考えることが増えて、なかなか絞りきれない(笑)。
tb: --   cm: 0

SOL / Escape Lite Bivvy  


 Youtubeでこんな紹介動画「Sol Escape Lite Bivvyレビュー動画 フグ田マスオのモノマネでw」を見た。確か、最初は家族に見られたら消すようなことを書かれていたけど…(笑)。これにはLiteとあるがもちろんLiteの無いものがある。これは封筒形だがLiteのないものはマミー形と、形がちょっと違う。
 ちょっと関心があり、調べてみたらこんなページ「山で寝るという事とは?コスパ抜群の単体使用もオススメな防水透湿性素材ビビー SOL / Escape Bivvy & Escape Lite Bivvy」も…。

 ちょっと迷ったがここはやっぱりULで行こうとLiteの方にした。軽量だというのはもちろんだが封筒形というのも気に入った。その方が柔軟な使い方ができると思ったからだ。

 大きさはこんなもの。
 シュラフ的に使うこともできるし、シュラフカバーとしても使えそうだ。シートにしても良さそうだ…というわけで、何かと使えると思う。
 …で、いつ使うんだ?という突っ込みはなし!…ね(笑)。

 160726 160726
 160726 マグはSP450。これにスッポリ収まる。

 
tb: --   cm: 0

EVERNEW EXPマットUL99(EBA401)  


 最近度々見せていただいてるこちら「『それいいな!』の山道具」で知ったこのマット「エバニュー・EXPマット UL99」。なかなか良さそうだと買ってみた。やっぱり良いものというのは、その道の経験者の薦めるものだと思う。(下の画像もそちらから拝借。) 腰から上だけで良いというのは私も同感である。

 持った瞬間の軽さはちょっと感動的でもある。

 160726
 
 昔、大学時代、「大学の自治を守れ!」とか「寮の自治を守れ!」とか、叫ばれた時代があった。
 今考えれば、私の大学は民青系。私は寮生だったので自然にそういうものに巻き込まれていた。但し、私は完全なノンポリ。自分の理解できないものに夢中にはなれなかったのだった。
 そんなノンポリ生でも、寮に機動隊が入った時は口惜しいと思ったものだ。どんな状況だったか忘れたが、一度だけ大学側への抗議のため、事務局の芝生の前で一晩明かしたことを覚えている。芝生の上とはいえ、固く寒かった。
 そんな時でも、これが一枚あったらどれほど助かっただろうと、ふとそんなことを思ってしまった(笑)。

*     *     *     *     *

 そして、毎日のように更新されているこちらのサイト「自転車とアウトドアライフ(遊び)」で紹介されていた、こんなもの「humangear:ゴータブ Mサイズ」も買ってみた。(amazonではこちら
 Sについてはモンベル店で実際に手にとって見たことはあったが、あまりにも小さく私には使い道がないと感じていたが、これくらいなら良いかな…と。確かになかなか使い勝手が良さそうだと思う。
 私の場合には、休憩時のおやつとかコーヒーとか…そんな感じだろうか?

  160726

 それぞれは完全に独立。一緒に持つとお互いに良く滑る。
 蓋と底がぴったり噛み合うようになっていれば便利だと思うのだが…。
tb: --   cm: 0

Six moon designs Lunar Solo LE 到着  


 4月始めに発注していた商品が届いた。
 念のため、発注していた先は「カスケードループ」である。

◆Six moon designs Lunar Solo LE ルナーソロLE(ポール付き) 36,396円
 ルナーソロLEにぴったりのアルミコンパクトポールをおまけで付けたCASCADE LOOP 特別セットバージョンということ。

 160601

 ルナーソロLEについては、Six moon designs のページが詳しい
 とにかく恰好良い(笑)。

luna soloは今まで見たことないような、独創的なデザインが特長のテントで

1テントのようなプロテクション
2タープのような通気性
3ビビィに迫る軽量スペック が特徴。

さらに2012年モデルよりデザインを一新して、内部の空間が120%広がり、
内部での過ごしやすさも劇的に向上しています。
建て方もシンプルで慣れれば一分たらずで設営でき、どのような天候でも問題なく使える
使いやすさを持ち合わせています。

今回の限定版はSIXMOONの考え方に基づきキャンパーやエントリーユーザーの獲得を目的としたモデルになっているので
価格も従来版よりも低めに設定されています。
ですが、軽量化よりも底面は70Dは欲しい!と思っていたユーザーも多いと思います。
バランスがとれた仕様になっていますのでこの機会に是非。


■それでも軽量850g
蚊帳とフロアがついて、しかも内部の広さを考えるとこの数字はまだまだ世界最軽量クラス。
一般的な同じ広さのテントの2/3の重さで
高いバスタブフロアが立ち上がります。

■風に強い六角形のデザイン
低い六角形、サイドは急勾配のデザインのため、どの方向からの風にも
雪や強風にも問題なく対応します。
さらに今期のモデルより地上高が高めに設定し直されていますので
移住性が格段にUPしているのが特徴です。

■夏場にこそ使ってほしい抜群の通気性
LUNA SOLOは左右両方のドアを全開に広げることが出来ます。
タープを使用しているような、通気性抜群で使用することが出来るので
夏場も虫を避けながら快適に時間を過ごすことができるはずです。



◆NIER FEUERHAND LANTERNにぴったりなケース XGL-010-77 2,484円
 こちらは、いつも訪問させてもらっているこの人「そろそろソロキャン」のページで知ったもの。
 もしかしたら、こちらを先に発註しようとして、ルナーソロLEを見つけてしまったのかもしれない。もう忘れた。


 ルナーソロが6月に入荷するまで品物がないということだったので、註文だけしていたもの。それが6月早々到着したというわけ。
 良心的な対応をしていただき嬉しく思っている。

 しかし、まだしばらく使う予定がない。まだ使えるような準備ができていない(^^ゞ。
tb: --   cm: 0

空中に寝る  


 空中に寝る…なんて言うと、何事かと思う人が多いと思うけど…。

 いろいろな形式があるものだ。
 アウトドアが好きな人だったら一度は憧れたツリーハウスなどもそうだろう。
 私の知人にこんな家を設計した男もいる。

 私自身は、以前(20年ほど前になるか)、ハワイ旅行の時にハンモックを見つけて買って帰り、家の中に張っていたこともあった。冬は寒かったが夏の昼寝などには最適だった。

 中学と大学時代にちょっと経験しただけで実際には殆どキャンプをしたことがないのに、アウトドアに関心を持つようになって、いろいろなものをシミュレーションしていたら、とうとうハンモックに辿り着いてしまった。これこそULではないか!というわけである。

 ハンモックに関心を持つようになったら、
◆DDハンモック
◆ヘネシーハンモック
◆ENOハンモック
◆EXPED
などを知るようになった。

 しかし私が調べた限りでは、どうやら最も軽いのが「ハミングバードハンモック(Hummingbird Hammocks)」らしい。
 
 かと思えば、私には全く縁がなさそうだが、テントごと空中に浮かせてしまう「テントサイル」などというものもあるようだ。これは快適そうだ。
 実際に使っている人の投稿記事があったが、その中でこちらのページが紹介されていた。

*     *     *     *     *

 現実的には、ハンモックを張るには適当な樹林が必要だし、タープやネットをどうするか?といった付随する問題があって、なかなか結論を出しにくい。
 また、価格幅もいろいろあって、単なるハンモックならすぐに手が届きそうなものもあって迷ってしまう。

 でもいつか、ハンモックで昼寝とかキャンプができたら良いなぁ…と密かに夢想している(笑)。
tb: --   cm: 2

Rabシルウィングタープ 到着  


 白内障の手術後で何となく気分が鬱陶しい。
 ネットを徘徊していたら 「Rabシルウィングタープ \15,660ー(送料込み)」を見つけた。
 おっ?安いじゃないか?と思って発注してしまった。頭の中では ルナーソロLEをイメージしていたのだっが(^^ゞ。安いはずだ。

 とにかく届いてしまったものは仕方ない(笑)。

 普段yahooでなんか買い物しないのに、発注したのはこちら「fill storeヤフーショッピング店」だった。

 160211
2人用テント
変形8角形テントです。
重さ:355g
広げた時のサイズ:213(w) x 244(l) cm
収納時サイズ:20 x 10 cm
tb: --   cm: 0

Mountain.DAX(マウンテンダックス) 【アウトレット廃盤特価・50%OFF】レラ1発注  


 ネットをぶらぶらしていて、Mountain.DAX(マウンテンダックス)レラ2を使用している人がいるのを見ていた。どこぞで半額で購入したらしい。
 足が自由に動かせないでのどうしてもネットをブラブラすることになる。野営の可能性も考えると、自立型のテントが欲しくなるなぁなどと漠然と思ったりして、自立型テントをいくつか「ほしい物リスト」に入れたりしていた。

 テントなんて一度買ったらそうそう買い換える物ではない。私の場合には、これからどの程度使えるかわかったものでもないし…。
 そうは思っていたのだが、結局26日、ポチッてしまった。
#まだ、ヨーレイカ・ソリティアすら一度も使っていないというのに…(笑)。

・半額製品はすでに2人用はなかったのだが、天井が高く一人用でも空間が比較的広いと感じ、小柄な私にはこれで十分だと割り切りができたこと。
・これでも比較的全室が広いこと。・本当は天井部のサブのフレームも欲しい気がしたのだが、価格を考えればあきらめても良いと割り切れたこと。
・もっと軽量のものはノーメッシュが多いが、夏の暑い時はともかく、寒くなってきた時にノーメッシュの方が対応しやすそうだと思ったこと。 などなどが理由である。

 製品のページはいずれ削除されると思うので、転載しておこう。
#その後すぐにこの製品の情報は店舗から消えた。直後に品切れになったようだ。
 もともとは 通常販売価格 46,170円(税込)送料無料 というような価格だったらしい。

 ◆Mountain.DAX(マウンテンダックス) 【アウトレット廃盤特価・50%OFF】レラ1 一人用 TN-003 24,300円(送料込)

 150426テント 150426テント
 150516
 150516 150516

※【アウトレット】一部の商品ですが、フライの染色(イエロー)が収納時に密接するインナーテントのボトムに色移りしています。(画像3参照)機能等、仕様上全く問題ありませんが、(インナーテントの底なので、目立ちませんし、大抵の方は上に断熱マット等を敷く為)カタログ上廃盤になる為、特価処分となりました。大変軽量且つコンパクトでお安くしておりますので、超お勧めです。
使用人数: 1人用(最大2人)
サイズ: 205×100×105cm(間口×奥行×高さ)
収納サイズ:42×16×16cm(高さ×横×幅)
重量:1.46kg(フライ・本体・ポール)
フライシート:20Dリップストップポリエステル/PUコーティング/シリコン撥水加工/耐水圧1500mm
本体:20Dリップストップナイロン/超撥水加工
フロアシート:30Dリップストップナイロン/PUコーティング/シリコン撥水加工/耐水圧2000mm
DAC製 7001アルミ合金中空ポール/プレスフィット Φ9.0mm

パッケージ内容:テント本体/フライシート/ペグ(8本)/メインポール(2本)/自在付ガイライン(4本)/リペアポール/ギアラック/ハンギングコード(2本)、収納袋
山岳縦走での使用を想定した、軽量でコンパクトなスリーブタイプのテントです。
大きく立ち上がるポールにより十分な内部クリアランスを確保しているため、シンプルでコンパクトなモデルながら居住性は抜群です。
大きく開く出入口は、出入りが楽なだけでなく、メッシュウインドウにすればより多くの空気を取り込めるベンチレーションにもなります。
前室も広く設計されており、長期のテント泊にもストレスなく対応できます。

メーカー品番:TN-003
JANコード:4560257695931
アウトドアギア テント・タープ 登山用テント 登山2 スポーツ アウトドア アウトドア テント タープ 登山 山岳テント

50台男性のこんなレビューもあった。
◆安すぎて不安。
10年以上前にエアライズ2を購入して未だ現役として使っていますが、年取ってきたのでさらに軽い物が欲しくなり、1人用を探していました。今度は長辺に出入り口がある物が欲しかったのでトレックライズ0か1を購入しようかと思っていましたが、検索してみるとこのテントがアウトレットと言うことで半額で売られているではありませんか。しかもショップのクーポンでさらに割引に。記事を読むと半額で売られるほどの瑕疵とは思えません。このテント発売してまだあまり経っていないと思いますがもう廃盤とは何か問題アリなのではないかと疑ってしまいます。さらに、不人気なのかグーグルなどで検索してもレラのレビューや使用感などあまりないことも不安を感じさせます。が、半額ならと半分ダメ元で購入を決めました。届いた商品、全く問題あるようには思えませんでした。設営時高さが105センチあり立ち上がりも良く、ヘッドクリアランス良好で広く感じます。100センチとの差は大きいですね。出入り口が長辺にあり前室も大きめなので有効に使え、出入りが楽です。エアライズの前室は小さかったのでこれは有難いポイントです。あとギアラックが最初から付いているのは有難いです。収納袋が大きめにできており入れた後にコンプレッションできるようベルトがついています。急いでいるときなどいい加減にたたんでも袋に入りこれは便利です。残念なところとしては、ポールのスリーブは片側袋状になっていた方が設営はしやすいですね。テント本体とフライシートを結ぶ所も少しやりづらいです。ポール先端のグロメットに差し込む部分、グランドシートを使うと少し短い感じで不安です。附属ペグが今使っている物より軽いのは良いのですが、短く細いので、今の標準なのかもしれませんがしっかり効いてくれるのか不安です。以上、あくまで屋内で試し張りした感想ですので、実際に山で使用した場合の事は解りません。今年のシーズン終了後レビューしたいと思います。



 ついでにグランドシートも購入した。

◆Mountain.DAX(マウンテンダックス) 【廃盤特価・40%OFF】グランドシート(レラ1用) TN-007 2,721円 (税込) 送料別

 150426テント

素 材: 40Dタフタナイロン PUコーティング
サイズ: 100×205cm

メーカー品番:TN-007
JANコード:4560257695979
アウトドアギア テント・タープ用アクセサリー グランドシート・テントマット グランドシート スポーツ アウトドア アウトドア テント タープ その他
tb: --   cm: 0

いくつかのお試し  


 今日は良い天気。
 今日ものんびり過ごしながらいくつかのお試し。

 「ヨーレイカ・ソリティア 1(Eureka Solitaire1)」の展開をしてみた。展開も畳むのももうすっかり忘れていた。思い出しながら…である。
 まあこんなもんか(笑)。

 土曜日に買って来たパンだが、これもホットサンドにするには一回り小さかった。今までの経験ではバウルーに使えるのは「リトル・マーメイド」のパンしかない。同じ一斤でもこれほど大きさが異なるものなのか。
 でも、もうホットサンドはすっかり手慣れたもの。

 このところメスティン料理?のお試しをいくつかしてみている。今日は、初めてパスタを作ってみた。
 参考にしたのは「【メスティン研究会】No.6 ぶっ込み自動ナポリタン!」「失敗しない山パスタ10のポイント」。なかなかうまくできた。(*^_^*)

 そのうちユニフレームのチタンフライパンで「山めし礼讃 - 山料理 山ごはんレシピの記 -」を参考に山ごはんを作ってみたいと思っているのだが、なかなか機会がないのが残念。なにしろ、こちらのページを見てSPのトレック900やらユニフレームのチタンフライパンを買ったんだから…(笑)。
tb: --   cm: 0

グランドシート(フットプリント)とシュラフマット  


 テントがあってもそれだけではキャンプは難しい。
 テントの下に敷くグランドシート(フットプリントとも言うらしい)とシュラフの下に敷くマットが必要らしい。

 グランドシートについては、以下の2つのページからブルーシートで十分だと判断できる。
 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1325793.html
 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1026798025
 
 問題はマットであるがこんなページが見つかった。 「マットレス(シュラフマット)の選び方」…ネットのありがたさを痛感する時である。何しろどんなものがあるかさえ知らないんだから…。どういうものがあるのかを知っていないと大抵の選択は失敗に終わる。
 多分、ここにあるイスカ、コンフィットマットレスあるいはサーマレスト リッジレスト.あたりから選択することになるんだろうと思う。

 最後はシュラフ。
 以前、徹夜仕事などに使っていた安物があったが、もう捨ててしまったので新しいものを買い求めないといけない。

 タープについては、目星をつけているものもあるが、これは今はなくても済むから実際に動いてみてから考えれば良い。
tb: --   cm: 2

ヨーレイカ・ソリティア 1(Eureka Solitaire1)  


 私のアウトドア生活も徐々に進んでいくようだ。
 といってもクッキングセットは概ね揃ったが、他のものをどうしようかいろいろ迷っていた。とりわけ迷いが大きいのが宿泊用品である。
 
 私の場合には、基本は自転車。だからロードもTrekMadoneではなく、長距離走に適したDomaneにしたつもり。
 なぜかまだオートバイを考える気になれないし、基本的には年金生活だということもあって車はもうやめてしまったので車を前提に考える気はない。絵を描く場所を探すのが主目的だから、むしろ自転車でブラブラと気楽に…というのが私の頭から離れないのだ。
 宿泊と言えば当然テントが必要になる。最初は余裕が持てるように…と2人用テントを基本に考えていたが一人で気楽に、それもテント泊を前提にしているわけでもなく緊急避難的にテント泊も考えられれば…という思いが強いので何かしっくりしないところが残っていた。そんな風に思いながらネットを見ていたところ、ビビィサックというのがあることを知った。

 そうなんだよなぁ、こんなんで良いんだよ…と思うようになった。もちろん雨を避ける場合にはタープも必要になったりすることは当然だし、結露の問題など考えなければいけないこともあるが、私の使い方とすれば、ふと気になったところで朝の風景を見たい…などと言う時に、フラッと夜を過ごすことができれば…と思ったのだ。雨が降る心配があればホテルを探せば良い。
 ネットを検索していくと、これにもいろいろなものがあることがわかった。
 徐々に選択範囲は絞られてきたものの、テントにしろビビィサックにしろなかなか最後の決め手となるものがなくて決断ができないでいた。

*     *     *     *     *

 ところが何かの拍子にふと見つけたこの製品が気になった。一人用テントと比べて、特に重量が軽いというわけではない。しかし、設置範囲も小さくて済む。価格もそれほどではないし結露の問題も多少は良さそうだ。それに何より、場合によってはフライを外せるし、防虫ネットも全体をカバーしているというのも良い…とかいろいろ理由はあるが、ビビィサックにしてはデザインが良いし何より楽しそうなのが良い(笑)。

 ということで発注したのがこれ。ヨーレイカ・ソリティア 1(Eureka Solitaire1)
#これで安ホテル3日分だと思えば納得できる(笑)。

 140622

 とにかくWebSiteを見ても、実際の使用報告が全くないのでちょと不安もあるが、個人的にはなかなか良くできているのではないかと期待もしている。
 これの設置の仕方等は、慣れていないせいかちょっとモタモタしているようだが、この動画が最もわかりやすいと思う。
 Youtubeでも「Eureka Solitaire」で検索すると結構な数のページが出てくるところをみると、割合人気もあるのかもしれない。

 

 本当はモノが到着してから公表しようと思っていたのだが、到着まで2~3週間かかるというので待ちきれず公表してしまった(笑)。
 これから本格的な夏を迎えるんだから、本当はすぐにでも欲しいんだけどなぁ。
 でもこれを使うとしたらBromptonの方が向いているね(^^ゞ。
tb: --   cm: 2