FC2ブログ

ポタポタ時々記

シンプル&スローライフ途上の思い、出来事、買い物記録などです。

ウィルスセキュリティソフト導入  


 そろそろ一年になるが、Macにはウィルスセキュリティソフトを入れていなかった。確か、昔はNortonを入れていたと思うのだが、毎年のように更新を求められるのが鬱陶しく、何を導入して良いのかわからないのでそのままになっていた。

 それが先日、高校時代の友人の間でPCのセキュリティの話でちょっと盛り上がった際、昔、インテルに勤務していた友人から「SOURCENEXT」のものなら、初回の登録で済むという話しを聞いたので導入してみた。

 これは機種別に登録することになるが、iPhone用のものもあるようだ。そのうちiPhoneも検討してみるか…。
 iOS用とあるが、機種別となるとiPadも別途購入しなければならないのかもしれない。それが悩ましい。
tb: --   cm: 0

InstagramにPC(パソコン)から投稿する  


 iPhoneを持つようになって、InstagramやらPinterrestやらを使うようになってきた。
 スマホで使えるこうしたアプリ、PCでも当然のように使えるものだと思っていたが…。
 とんでもなかった。

 メルカリもそうだが、こうしたソフトはスマホでこそ使いやすのだが、PCでは逆に使いにくいものだということがようやくわかってきた。

 最近、事情があって本格的にInstagramを使うようになったのだが…。これも投稿しっぱなしで編集ができないこともわかってがっかりしたものだが仕方ない。Instagramというのはどうやらリアルタイム性に意味があるということなのだろう。
 そんな不満点はともかくとして、まずはPCからインスタグラムに画像を投稿できるようにしたいと思って、こんなサイト「インスタグラムにPC(パソコン)から投稿する方法【Windows/Mac】」を見つけた。

 やってみたが、やはり面倒だ。でもこれが仕様なら仕方ない。
 何とかPCから投稿できるようになった。

 Pintarestについては、以前、PCから投稿できるようにしていくつか投稿したことあったが、すっかり忘れてしまっているようだ。
 こちらはもう一度やってみないと…(苦笑)。

*     *     *     *     *


 ところで、iPhoneやAppleWatchを持つようになって、様々な通信手段が使えるようにはなった。

 今日は、三渓園へ絵を描きに行ったのだが、友人から「もうそろそろ終わります」とこんな画像がLINEで送られてきた。

210218
tb: --   cm: 0

Mac関係の本購入  


 Apple Storeに出かけた時、予約時間に少し時間があったので有隣堂へ寄ってみた。ちょっとiMovieの本を探してみたかったのである。
 何とか良さげな本が見つかったが、購入には時間が足りなかったので自宅近くの有隣堂で買えばいいや…とそのままになった。

 地元の駅に戻った時その本のことを覚えていたので、地元の有隣堂へ行ったのだが、やはり店の規模の違いか、そこにはなかった。
 仕方ない。代わりにこの2冊を買ってしまった。

「auiPhoneスマートガイド」(しかし、これにはこんな本「ゼロからはじめる iPhone SE 第2世代 スマートガイド au完全対応版」もあったのだった。本当はこちらの方を買うべきだった。よく見ないで買ってしまった。)
「ゼロからはじめるZoom 基本&便利技」

 AppleWatchの本もあったが、これはまあ無くても良いだろう。

2021-02-10

 そして、Amazonで注文したのがこちら「今すぐ使えるかんたん iMovie [改訂2版] (今すぐ使えるかんたんシリーズ)」

2021-02-10

 今までPCの本はほとんど読まないでやってこれたのだが、動画編集など、全く新しい世界は、ちゃんと本を読まないと駄目だと悟ったのである(笑)。
 
 
tb: --   cm: 0

iMacの不調  


 先日、iMacのマウスのスクロールが効かなくなり、それがようやく治ったと思ったら、今度はキーボードがおかしくなってしまった。
 キーボードは789✖️JKL のブロックが認識しなくなってしまったのだ。

 仕方ないので、ソフトキーボードを使ったり、音声入力でやったり、ついには、Windiwsの方を起動して間に合わせたり…と、苦労していた。

 そして、ついには起動しても画面がフリーズ状態になってしまったのだった。

 このままでは埒が明かない。最悪の場合には修理してもらうしかないと覚悟して、アップルサポートに電話を入れた。

 担当者の丁寧なサポートのおかげでいろいろな経験をした。

・リモートで私の画面を見ながら細かな指示をしてくれるのは、前にも何かで経験したが、なかなか良い。
 ただ、これはPCの動作がかなりモタモタする。

・Bluetoothのマウス、キーボードが使えないのに対して<有線のマウスがないか?>ということだったので、Windowsのものならあると答えると、それでも良いと言う。まさか、USBマウス、キーボードが、そのまま使えるとは思わなかった。

・ただこの過程で、googleの日本語入力を外してしまったので、これは改めて入れなければならない。
 googleの日本語入力…これが悪さをすることもあると言うことだったが、無関係だったようだ。

・セーフモードでのスタートもやってみた。

・最後はコードの抜き差しした上での再起動もしてみた。



 結局、マウスは使えるようになったが、キーボードの不調はそのまま。どうも、修理ということになりそうである。

 何とか修理の目処がついたのは良いが、せっかくの日中の日差しの良い時間帯を無駄にしてしまったのが残念。

*     *     *     *     *

 
 翌日、Apple Store に直接赴いて修理をしてもらうことにした。
 受け入れ人数制限をしているので、予約直前からしか中に入れない。入口では検温。

 担当者に症状を説明。
 担当者は、一旦中に入り、キーボードをクリーニングして持ってきてくれたが異常はないという。
 もう一度症状を説明しているうちに、担当者に思い当たることがあったらしい。
 「システム環境設定」から>アクセシビリティ>ポインタコントロール>代替コントロール方法>マウスキーを有効にする…ここにチェックが入っているんではないか? と言う。
 思い当たるフシがある(笑)。

 ということでそのまま帰宅。

 キーボード問題は無事解決。

 いろいろあったが、WindowsのUSBキーボードがもう一つ予備があり、これも使えることがわかったことで、今回の収穫としておこう。
tb: --   cm: 0

良くわからない不快なApp等の精算  


 スマホの問題だから必ずしもiPhoneに限る話ではないのだが…。

 先日、FBの広告(写真から似顔絵を作るらしい)が面白そうだから、(使うつもりはないが、無料のようなので)試してみようとリンク先に行ってみた。
 ところがどこで操作を間違ったか、あるいは誘導されたか、CallRecord…というAppを入れてしまったらしい。「Apple からの領収書です」とのメールが届いた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
App Store
Monthly Premium Subscription
   Monthly Premium Subscription (月額)
   更新:2021年1月27日
   ○○のiPhone
   問題を報告する
                  ¥2,100
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 たまったもんじゃない。
 早速問題の報告をした。
 今は、返却請求手続き中であるが、最悪の場合、無駄な支出をしてしまうことになる。


 その他、こんなメールが入ってきた。後者はこれまたあまり自覚がないものだ。

◆iCloudストレージの使用容量がもう少しで上限に達します。

◆Google Play のご注文明細(ご注文: 2020/12/26)

2020-12-30

 これも不本意な契約である。ただ、私が知らないだけで(昔使っていたGooglePhotoのデータが関係しているのかもしれないとも思うが…)Googleを使う限り継続する必要があるのかどうか、まだ確認していないが…。
 早速解約の手続きをした。しかし、これはもう支払い済みのようだ。

お客様の Google One のメンバーシップを解約しました
〇〇 様
これにより、お客様の 100 GB の Google One メンバーシップは、 2021/12/25をもって解約となります。
現在のところ、お客様は 15.58 GB の容量を使用されています。お客様のメンバーシップの有効期限が切れますと、使用量が上限を超えた状態となるため、Gmail でのメールの送受信、Google Driveと Google Photosへの新しいファイルのアップロードを行えなくなります。
メンバーシップを更新していただくと、引き続き追加の保存容量と Google One メンバーシップの特典をご利用いただけ、すべてのサービスを継続してご活用いただけます。



 何だかガッカリすると同時に不快さが高まる。こちらもきちんと確認しなくては…。

*     *     *     *     *


 以下に、Appleサポートとのやりとりの中で、参考になるポイントを記録しておこう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これらの請求を特定する詳しい方法については、下記の記事を参照してください。

https://support.apple.com/ja-jp/HT201382

お客様の Apple ID、デバイス、またはクレジットカードを利用した可能性のある方と共に購入履歴の内容をご確認いただき、記憶にある購入があるかどうかをお確かめください。

お客様の購入履歴は https://finance-app.itunes.apple.com/purchases で確認できます。

「購入履歴」ページの詳細については、こちらの記事をご覧ください。

https://support.apple.com/ja-jp/HT204088

「購入履歴」ページで項目を選択していただくと、正確な購入日を確認できます。この日付は、お客様が請求書を受け取った日付とは異なる場合があります。

サブスクリプションと購入の詳細については、こちらのページをご覧ください。

https://support.apple.com/ja-jp/billing

購入した人物が特定できない、または、購入した人物がわかったものの、その人物に購入する許可を与えていなかった場合は、大変恐縮ではございますが、Account Security チームへお問い合わせいただきますようお願いいたします。Account Security チームは不正な購入を処理することができます。

当該の明細書の請求が iTunes の購入履歴に記載されていない場合も、Account Security チームへお問い合わせください。お問い合わせ先の電話番号は、以下のページでご確認ください。 リンクをクリックして、アジア太平洋>日本、と進んでください。

https://support.apple.com/ja-jp/HT201232

お電話いただいた際は、Account Security チームとお話になりたい旨をお伝えいただき、以下のお問い合わせ番号をお知らせください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今後サブスクリプションに関する問題が生じた場合の時のため、以下の記事の手順を実行していただき、管理をしていただけますと幸いです。

https://support.apple.com/ja-jp/HT202039

返金リクエストを申請いたしました。48 時間以内に、返金の可否についての判断が下されます。返金リクエストの承認後 48 時間以内に、サブスクリプションは終了し、提供されていた機能も利用できなくなります。返金が承認されなかった場合は、サブスクリプションは現在の請求サイクルの終了時に終了します。進捗状況および結果は、下記の「問題を報告する」ページでご確認いただけます。

https://reportaproblem.apple.com

今後はこちらから返金リクエストを申請していただくこともできます。

返金リクエストを確認する際には、お客様のすべてのアカウント情報を参考にさせていただきます。返金は、返金対象条件に基づいて承認または却下されます。返金が承認された場合は、購入に使用した支払い方法に対して返金されます。

承認された返金額は、クレジットカードでご購入いただいた場合、お客様のクレジットカード会社を経由して返金させていただきます。返金は翌月または翌々月となりますので、ご利用いただいたクレジットカード会社の明細をご確認ください。その他の場合は 30 日以内、携帯料金との一括決済の場合は 60 日以内に、このご購入のお支払いに使用されたお支払い方法で返金いたします。iTunes Store クレジットでご購入いただいた場合は、iTunes Store からサインアウトして、再度サインインしていただく必要があります。これにより、お客様のアカウントの残高情報が更新されます。ストアクレジットの残高をご確認いただく手順については、次の記事を参照してください。

https://support.apple.com/ja-jp/HT202359

注:App を削除しても、サブスクリプションは解除されませんのでご注意ください。既存のサブスクリプションを変更または解除された場合、以前と同一の料金での再度のご登録はできない可能性があります。解除された場合、次の更新日にサブスクリプションが終了します。

購入されたサブスクリプションについて詳しくは、開発元に直接お問い合わせください。詳しくは、次の記事を参照してください。

https://support.apple.com/ja-jp/HT207959

注:このメールで他社製の製品に言及していますが、iTunes Store はこれらの製品を推薦または保証するものではありません。

サブスクリプションと購入の詳細については、次のページをご覧ください。

https://support.apple.com/ja-jp/billing

その他ご不明な点がございましたら、このメールへの返信にてお知らせください。引き続きサポートさせていただきます。


tb: --   cm: 0

Youtubeを広告無しで見られるようになった  


 以前、「YouTubePremium」を試してみたことがあった。私の場合には、Youtubeを広告無しで見たかったというだけの理由である。
 しかし、それだけのためとしてはバカバカしいと思ったのでやめていた。

 それが、高校時代の畏友のブログで広告無しで見られるというブラウザがあることがわかった。どうやら、「Brave」というブラウザがあるらしい。
#彼は、高校時代3年間の同級生であるが、常に高校時代は成績トップ。私が逆立ちをしても敵わない友人である。ところが、昔、彼をMacの道に引きずり込んだのがどうやら私だったらしい(笑)。

 Youtubeの広告は、私には、まあ我慢できる程度であったが、唯一我慢し難いのが、文字列に被さる広告が度々出てくることだったが…。それもなくなるのか、ちょっと楽しみにしながら早速それを導入してみた。

 どうやら本当に広告なしに見られるようになった。
#いずれにしても、導入を考えられる方は自己責任で…ということですね。

 彼のブラウザはSafariらしいが、私はChrome。私もそうだが、デフォルトのブラウザとするほどではないかもしれない。
 彼のように、私もYoutube用のブラウザとなりそうだが、確かに広告の出ないのは気持ちが良いものである。

*     *     *     *     *


 以来、どの程度使えるか試してみているのだが、(25日記)
◆ブログの編集に全ての機能が使えないことで、結構不自由な点が多い。
◆新しいサイトでは新規にパスワード等を要求してくるのが面倒だ。
等で、残念ながら全てをこれに移行するというわけには行きそうもない。

 そして、ついでに検索も、GoogleからDuckDuckGoに変えてみた。
 こちらの使い心地の確認はこれから。
tb: --   cm: 0

音声入力の進化  


 パソコンを使っていると、話し言葉をそのままPCに入力してくれるのは嬉しかったりする。

 Windowsでも、20年以上前にIBMの何というソフトだったか、音声入力のソフトを買って使っていたこともあったが、ある程度はつかえるものの、仕事のほうがそこまで必要ではなく、それっきり使わなくなってしまった。
 一方、手入力の方は段々ブラインドタッチが可能になり、いつの間にか音声入力のことなど忘れていた。

 しかし、先日、あるYoutubeで「RemoteMouse」でそれが可能だということを知った。
 試してみたものの、どうも接続が安定しないのかなかなかうまくいかない。ある時は一行しか送れなかったり、ある時は送信しようと思うと接続が切断されていたり…。
 もしかしたら、プロにすれば…という気持ちもあったが、そもそも音声入力だけのためにその必要はない。よく見るとアプリの評価もあまり高くない。結局、ソフトは削除した。

 本当に音声入力をしてみようと思ったのは、iPhoneを使い始めてからだった。何しろキーボードは小さい。カーソル位置の特定すら思うようにいかないので、文字の編集は面倒すぎるからだ。
 今では、小声でささやくだけで文書を入力してくれるんだから随分楽になってきた。

 これなら、iPhone上では、クラウドにつながる文書で音声入力をしておいて、iMacの方で文書編集をすればかなりの文書入力ができそうである。

 そう言えば、Google翻訳もつい先日、音声言葉を翻訳してくれるようになっていたのに気づいた。

 それなのに、iMac上で音声入力ができないというのもどうかなぁ…と思って、システム環境設定を見直してみたら…改めて音声入力ができることがわかった。順序が逆である(笑)。これならRemoteMouseをわざわざ入れる必要もなかった。
 ただ、私の使い方が悪いのか(iPhoneではできるのに)改行動作ができないようだ。機能的にはiPhoneの方が上のように思える。

 音声入力が必ずしも良いとは思わないが、状況によってはそれが必要不可欠な場合もある。
 これもいつしか普通の状況になっていくのだろうと思う。
tb: --   cm: 0

iMacをアーム仕様にすることに…  


 iMacを購入したものの、Windowsと併用せざるを得ない状況になって思いついたのが、iMacをアーム仕様にするということだった。これなら、WindowsとiMacを適宜画面を切り替えながら使うことができそうだ。

 調べてみたら、もともとこんなものが出ているらしいことがわかった。
 逆に言えば、こういうものを買わなければならないということだ。何ということかと思ってももう遅い。今更これを買うわけにはいかない。
 「iMacをアーム仕様に! ウェブ限定「VESAモデル」をゼロから解説」
 こういうページも見つけたが、これも27インチだけなんて謳っている。何だか嫌な感じ。
 「iMac壁掛け」

 結局、スタンドごとiMacを持ち上げるこんな方式があるらしいことがわかった。ちょっと不格好な感じだが、これなら(ちょっと心配だが)機種制限はなさそうだ。スタンドはiMac付属の小物置き場と考えれば良い。
 これは直販サイトで¥14,056。
 「iMac 21.5&27インチ専用モニターアーム 1面用4軸 ガススプリング式(シルバー)」
 同じような方式でこういうのがあるらしいこともわかったが、こちらはどうやら今は販売元のほうが順調に稼働していないようだ。
 「iMacを傷つけずアームを取り付ける」

 結局最後に到達したのがこちら「センチュリー 21.5&27インチiMacモニター専用ガススプリング式モニターアーム CEN-IMAC-SV2」(この時¥13,967)。しかも私が選んだのは中古(¥ 11,313)。これで2600円ほど安くなった(笑)。
 何とか、今の機種に適合することを期待しよう。

200717

*     *     *     *     *


 19日午後、注文品が到着。

 わかりにくい説明書だったが、何とか1時間ほどで設置完了。
 アームの、①iMacへの取付部、②アームの足元部(天板への取付部)が心配だったがどちらも良くできていた。
 最後にモニターの水平を調整して終了。全体のできはとても良い。
#周りがあまりにも乱雑なので画像はありませんが…(笑)。

 うん。なかなか使いやすくなった。
 これで、狭い机上でもiMacとwindowsを同時に使えるようになった。絵を描く場所も簡単に確保できるようになった。
 なんと言っても移動そのものが自由になったこと、しかも重さを感じずにそれができるようになったのは嬉しい。
 これによって、背面の端子がとても使いやすくなったことが付随するメリットだった。
tb: --   cm: 0

画面のハードコピー  


 先の「@ezweb.ne.jp宛のメールをパソコンで受信する方法」を試した時、送信されたものの内容が(文字が小さくて)読み取りにくかったので、読み間違うのは嫌だなぁと、改めて画面をハードコピーしてPCに転送したいと思った。今後も同様なことがあるだろうから、この際、iPhoneの画面のハードコピーの方法を知っておこうろ思った。

 Mac画面のハードコピーは、Comannd+Shift+3or4だということはすぐにわかったが、iPhoneは経験もなかったので調べてみた。「iPhoneでスクリーンショットを1タップで撮る」

 この記事の内容はちょっと古いVersionのようだったが、一応iPhoneの画面のハードコピーも使えるようになった。
tb: --   cm: 0

携帯メールをiMacで受け取る  


 昨日は、とうとうiPadの解約を済ませてiPhoneとiMacの2本立てとなった。iPadは外ではiPhoneを介してテザリングで、自宅ではWiFiでネットとつなぐことにした。
 そうなると、まだなれないこともあって、いろいろ混乱も生じているのだが…。

 最も大きなのが、共用しているデータ(中にはダブっているものもある)の混乱。
 そしてメールの混乱である。

*     *     *     *     *


 本日はメールの混乱についてである。

 ガラケーの時には携帯のメールを使うのを当たり前だと思っていたが、iPhoneになってからは、PCで使用しているいくつかのメールもiPhoneで受け取ることができるのは良いのだが、今度はiPhoneのメールをPCの方でも受け取りたいと思うようになった。

 というのは、迷惑メールを避けるためだろうが、PCのメールを拒否している人が何人かいる。そういう人のメールはiPhoneで見ないと見られないという状態になってしまうから、PCを開いていれば同報通信で処理できることでも、iPhoneではそのあたりが面倒だということもあるし、わざわざiPhoneを確認しなければならないということもこのところ続いているからだ。

 PC(Mac)でも携帯のメールを送受信できる方法はないかと探してみた。
 やはりあった。
 それがこのページである。「@ezweb.ne.jp宛のメールをパソコンで受信する方法」

 一応設定したのだが、まだ上手く稼動していないようだ。
 それに「パスの接頭辞」などというわけのわからない言葉がでてきた。

 一応、「Mac(マック)パスの接頭辞って何??」を見たのだが、私の知りたいこととは外れている。

 もう少しじっくりやらないとならないようだ。

*     *     *     *     *


 この作業は30分以内にしないといけなかったようだ。

 …ということで、設定終了。
tb: --   cm: 0

Macに移行しきれない問題  


 Macを使い始める前にわかっていたことだが、今までWindowsでやっていた作業で、どうしてもMacに移行できそうもない問題がある。
 今のところは以下のような事項である。

①その第一は A3スキャナーである。
 これは過去に書いたが、スキャナーが古すぎて今のMacに対応するドライバーがないのである。ネットワークさせ方そのものが異なっている。

②宛名印刷
 本日、宛名印刷ソフトを探してみた。ところがこれが難しいらしいことがわかった。
 何しろMacでは「宛名職人 Ver.26(約9000円)」の一人勝ちの世界らしいということがわかった。
 他では無駄使いを結構しているのに、(名簿管理もできそうだということらしいが)宛名印刷するだけのためにこれだけの費用を費やすのが惜しいと思ってしまう。
 Windowsに移行する以前は、MacではFilemakerですべてやっていたことだが(その後WindowsでもFilemakerでやっていた。その後、宛名書きだけは「はがき作家」を使うようになった。)、今さらFilemakerにさせるような仕事もないのにFilemakerを使うわけにはいかない。

③htmlエディター
 やはり希望するようなhtmlエディターがない。
 過去のhtml文書があるのだから、それを編集しながら使いまわしするということだけで良いのだが、それだけのためにMacの環境で苦労するのが情けない。

 しばらくは、仕事内容によっては、Windowsも使いながら…ということにしていくほうが効率が良さそうに思う。
 そのうち、まだやったことはないが、差し込み印刷のような機能とか、Web出力がどの程度のものなのか、確認しながらすることになるのだろうか。
tb: --   cm: 0

詐欺?の落とし穴はどこにあるかわからない。  


 長年生きていると、いろいろな詐欺(たとえ相手に悪意はなくても)にあうことがある。
 私個人としても、不本意な形(自分自身納得できない形)で金を払ってしまったことが何回かある。これは生きている限り仕方ないことなんだろう。自分の「お人好し加減」の戒めだと思って諦めるしかない。

 ネットの時代になってからも、そういう経験がないわけじゃないが、こちらは金額的にははるかに小さいものだから、自分の不注意を反省するだけである。
 ただ、ネットの場合には様々な仕掛けが設けられている。大抵は、企業名やサイト名などを検索すれば詐欺だとわかるのだが、意外にひどいのがPCなどのアプリだと思っている。

 iPadの時にも、知らないうちに課金がかかっていて勝手に銀行口座から引き落とされたことがある。
 (これは詐欺とは言えないかもしれないが)先日はYoutubeの広告外しのサービスに乗って、1ヶ月広告を外してみた。その1ヶ月経過する直前に休止したのだが、そのまま忘れていたら、また1ヶ月後に自動的に広告外しのサービスに組み入れられて、また1ヶ月分が引き落とされた(苦笑)。それで今度は退会した。

 iPhoneを導入したので、またいろいろなソフトを使うことになるだろうが、ここでまた気になることがある。「App内課金」という言葉である。
 以前ひっかかったのはこれじゃないかな?という気がして調べてみた。「「App内課金」とは」である。

 こんな情報「App Store での App 内課金を防ぐ」もあったから、結構これに引っかかっている人はいるようだ。
 ついでにこういうの「iPhone/iPad ― 有料アプリの購読を解約(キャンセル)する方法」もあったのでリンクしておこう。

 しかし、私の場合にはちょっと違っているような気もする。

 本日、花の名前を知るためのアプリを入れてみた。
 現場で入れたものなので、使い勝手を確かめるためにいくつか入れたのだが、帰宅後調べてみたらこんなページ「植物図鑑アプリのおすすめ人気ランキング10選【写真検索・SNS機能付きなども!】」が見つかった。
 こういうソフトの比較も、ランキングだけではなく、利用者のレビュー記事まで目を通しておいたほうが良いということがわかる。詐欺とは言わなくても詐欺まがいのものが混じっていることがわかるからだ。
 例えば「PictureThis:撮ったら、判る-1秒植物図鑑」。レビューにあるように操作の勘違いで課金されてしまう。

 結果として、私は「Green Snap」と(このリストにはなかったが)「ハナノナ」というアプリを残して他は外した。よけいな課金のリスクを避けるためである。前者は面倒臭そうだからどれほど使うかわからないが、後者は簡単で私好みである。
 ちなみに「ハナノナは」というアプリもあるらしいが、このレビューはまさに<名を借りた詐欺だ>というものだった。

 まあ、私のソフトの絞り込み方は概ねこんな具合である。ソフトは絞り込んで使ったほうが良いことはわかるのだが、自分にとって何が最良か、なかなか判断できないところが難しいところだ。


 そういえば、ブログをこのFC2に絞り込んだのも、5つぐらい登録して簡単に使ってみた結果、最も使いやすそうなのがこれだと判断してのことだった。
tb: --   cm: 0

Macでのメモの共有…結構複雑で面倒  


 Macを使えば、様々なデバイスで様々なメモをかんたんに共有できるものと考えていた。

 例えば、Macで入力したメモをiPadやiPhoneで見るといった操作である。当然、端末デバイスで変更すればiCloud上のデータも変更されなければならない。
 ところが、これが意外と面倒だということがわかってきた。多分、私の使い方が間違っている部分があるのかもしれないが、それほど親切でもないらしいと思うようになってきた。

*     *     *     *     *


 例えば「iPhone、iPad、iPod touch でメモを使う」を見ると、iMacのことが書かれていない。
 今は、iPhoneとiPadではメモは共用できているのだが、iMacでは見ることができていない。

 Mac上にも「メモ」というアプリがあるのだが、今の所、こちらで作ったメモは他のデバイスとの連携ができていない。
 システム環境設定で見ても「メモ」はちゃんと使えることになっているのだが…。よくわからない。
 2ファクタ認証しておかないといけないらしいが、これ自体が支障になっているとは思えないのだが…。

 Macで導入したテキストエディタ「CotEditor」の使い勝手はイマイチなのだが、こちらはiPhone、iPadでは使えない。テキストなんだから、アプリは何でも良いのに…と思うのだが、こういうことが結構あるのかもしれない。

 仕方ないので、今は「Microsoft One Note」で必要なデータを共用している。
 これなら、Mac、iPhone、iPad全てで同じように使えるし、大した苦もなくデータも共用できている。

*     *     *     *     *


 その後、メモでもデータの共有ができるようにはなった。

 Macのメモには「アプリのメモ」と「iCloud上のメモ」があることに気づいた。
 後者を使えば無条件にiCloudのデータは共有できる。
 前者は、(今の所)「iCloud上」「Mac内」「メルアドで共有できる」データを作って共有するようにしているが、こちらはちょっと混乱する(笑)。
tb: --   cm: 0

画像の一括サイズ縮小とデータ変換  


 先日撮影した画像のうち一枚の画像の右側にわずかにゴーストが生じているのに気づいた。
 サイズ縮小してブログにアップして初めて気づいたものだが、元画像にすでにあるところを見ると、どうやらFujifilm X-T3本体にバグがあるらしい。ファームアップのVersionが古いせいだと思う。

 一時、縮小ソフトのせいかとも思ったりもしたが、元画像がそうなっているのだからPCのソフトのせいではない。

 この問題をショップに聞いているうちに、画像の縮小とデータ変換に最適なソフトがあると聞いた。それが「Resizelt」だった。

 このブログではtif画像は使えない。
 そう、こういうソフトを探していたのである。

200616

*     *     *     *     *


 その後、このソフトでサイズ縮小した画像が、ブログ上でサムネール表示されないというトラブルが生じた。
 Macの今のバージョンでは画像表示にトラブルも生じているので、もしかしたら、このCatalinaというOSのバグあるのかもしれないとは思うが、特に必要でもないしちょっと使いにくい点もあるので、当面削除することにした。
tb: --   cm: 0

iPhoneが来た  


 予約時間11:00ということでau Shopにでかけた。もちろん、iPhoneSEを受け取るためである。
 今度はすべて黒である。

 今までは、ガラケーとiPadのセット料金であるが、今度はiPhoneSEとiPadのセット料金となり、仮に7月にiPadを解約しても解約料金は千円でOKとのこと。これは助かる。
 iPadを解約した場合、iPhoneのテザリング機能を使ってiPadもこれまでのような使い方もできるようだ。特にそのための費用も発生しないらしい。これも助かる。

 携帯の方のデータは名簿関係が主たるものだが、それらの移行は担当者におまかせ。
 もちろん、電話番号もメルアドも変更なし。

 さらに、ポイントが12000ほど溜まっていたので、それを使ってガラスフィルムを貼ってもらい、iPhoneの契約額を5000円(200円/月ほどらしい)引き下げることにした。ケースは別途買ってしまったんだけど…。

 なんだかんだで、結局機種交換の手続きに1時間以上を要した。
 そして、以下のようなもの「本体」「フィルム」「本体ケース」が私のところへ来たことになる。
 ちなみにiPad Mini とのサイズ差はこれくらいである。

200616 200616


 帰宅後は5つのメールを設定。ちょっと入力ミスがあったりして、これがなかなか面倒だった。
 そして、iPadに入れたアプリを見ながらiPhoneにも導入。こちらも何とか設定完了。
 そして、PCとiPadとiPhoneで共用するソフトやらデータやらの調整。クラウドデータもいろいろ増えているから面倒臭い。

 あとしなければいけないものは、携帯の中の(私の覚えとして入れている)「メモ」の移行である。大したものではないが、なくては困るものだから、これは(携帯が使えなくなってしまっているので)メモリーカードから移行できるかどうか…というところだろうが、メモ関係はできなかった。(
#事前に送っておけばよかったのだが…。まあ大したものではないから良いか。

*     *     *     *     *


 iPadと比べれば画面ははるかに小さい。しかし、文字は何とか見ることができるので、最低限の用は足せるかもしれないと思う。ただ、明るいところでの使用がどの程度のものかは不明。そして、小さな文字を長時間見続けるのは私の目では難しいとは思う。
 音声の質は遥かに良くなった。小さいだけにLineでの通話もしやすくなった。

 意外と使えると思えるか、あるいはやはり小さすぎると思うかはこれからの使用状況によることになるだろう。
tb: --   cm: 0

Macで使えるパノラマ作成ソフト  


 Macで使える画像編集ソフトとして「ACDSee Photo Studio 6」を、Windowsと同じ操作性を期待して、何も考えずに購入してしまったのだが、実際にはやや期待外れの部分も少なくない。

 考えてみたら、Fujifilmで提供しているソフトも試していなかったことに気がついたが、それでもまずは、Stitchソフトが必要だということに気づいた。

 早速探してみた

 まずは、「Panorama Stitcher Mini」
 「Macで使えるパノラマソフト全リスト」というページもあったが、これ「パノラマ写真作成 Hugin」が、<Macで動作するフリーソフトでパノラマ写真を合成できるソフトをいくつか調べたが,これが良さそうだ>ということなので、早速導入してみた。


*     *     *     *     *


 まずは簡単そうな「Panorama Stitcher Mini」。先日描いた絵で試してみた。
 それぞれ左回転、右回転しないと正常な位置にならない2枚の絵を読み込んだら、勝手にパノラマ化してくれた。しかし、読み込みの際の上下のズレが残ったままではある。しかし、こんなことの修正は難しいわけじゃない。わざわざ回転しなくても良いというのは簡単で良い。
 
image803_image804

*     *     *     *     *


 翌日、「Hugin」を使ってみた。
 まず、<開発元が確認できないため開けない>というメッセージ。マルウェアから保護するためということで、システム環境の「一般」パネルからそれを解除するための操作が求められた。

 そして、開いた画面がこれ。

200616 全く操作のイメージがわかない。かなり細かなことができるらしいことだけはわかる(笑)。


200616 写真のパノラマ合成に特化しているようだ。


200616 とにかく画像(片面)だけを読み込んでみた。しかし、これでも操作の方法がわかりにくい。
 左は球形面に画像が張り込まれているようだ。しかも反転しているように見える。


200616 あれこれ手動で操作したが、画面が思ったより小さかったり、ちょっとした操作で大きく操作画面が変わってしまったりとうまく行かない。
 保存画面もプロジェクトの保存なのかファイルの保存なのかがはっきりしない。ファイル名の指定ができるかどうかもわからない。
 そんなことをやっていたら、結果的に、「名称未設定.tif」画像ができていた。それがこれである。中央部がダブっている。しかも、もともと球面の画像を平面にカットしているから上下がカットされている。まさに、写真専用のパノラマ合成ソフトである。



 私の結論からすれば、当面は絵の画像の合成のために必要なので「Panorama Stitcher Mini」で間に合いそうだ。
 ただ、これも田の字の画像を組み合わせたりすると自動で行っているだけに不具合が出てくることもありそうだが…。

 写真のパノラマ合成が必要になるとしてもこのソフトがある程度自動的に操作できるものでなければ、私には使いこなせそうもない。そんなところだろうか。

*     *     *     *     *

 
 日本語入力の方も、ほぼ結論が出つつある。
 私には「Google日本語入力」の方が使い勝手が良い。そろそろそう結論づけても良さそうだ。
tb: --   cm: 0

横浜ベイサイドマリーナとプリンター設定  


 昨日、教室開始2日目は横浜ベイサイドマリーナ。
 ここも本来なら4月初旬にオープンしていたはずなのだが、コロナの影響で6月に延びていた。

 新しい施設がどんな風になっているのかを確認したくて、スケッチがてら出かけたということでもである。

 下車駅はシーサイドライン「鳥浜」駅。
 このあたりは工場などもあり、こういうところも描く気になれば描けないわけじゃない。

200612 200612
200612 200612
200612

 一応、新しいアウトレット店舗の中を通り過ぎて目的の場所へ出た。

200612 200612

200612 200612
200612 200612
200612 200612

 そして、毎度のことになっているかもしれないが、この日も皆さんと一緒にここで描くことにした。

200612 200612

 途中雨になるとの天気予報も覆して、天候にも恵まれていた。
 そして、今日の絵はこんなところか(家に帰って完成させたもの)。

200612YBM_f6y


 風は気持ちよかったがやはり暑かったので、有志で、CブロックのFOOD HALLで冷たいものを飲みながらしばらく休憩。
 ↓はフロアガイドのパンフレット。

200614 200614
200614 200614
#これらの画像、スキャナーで取り込んだjpg画像のままでは表示されなかった。何か工夫しなくちゃ。

 さらにその後は、アウトドアの店でも覗いてみようと店内を一巡り。
 人々も自粛気分はあるのかもしれないが、結構な人出だったように思う。

 200612 200612

*     *     *     *     *


 そして本日。

 ようやくMacのプリンター、スキャナー環境を整えた。
 上のフロアガイドはMacにつないだスキャナーで取り込んだ画像。仕方ないことだが、やはり以前よりは使いにくくなった。これはキャノンのソフトがそういう仕様なんだから仕方ない。
tb: --   cm: 0

Macでの名簿管理と宛名作成ソフト  


 そういえば、名簿管理のことを忘れていた。

 名簿そのものは、ExcelでもNumbersでも良いのだが、宛名印刷をまとめて行いたい。
 Word系ソフトで苦労して様式を作成しても良いのかもしれないが厄介であることには違いがない。

 Macでのソフト、なにか良いものはないかと探してみたら、こちら「Macで年賀状・宛名印刷!オススメの有料・無料フリーソフトを紹介!」の情報では「宛名職人」が一番だとか。

 Windows版と比べればMac版はちょっと高いようだ。しかし、これが一番ならこれも仕方ないか。
 まだすぐ必要というわけではないが使うなら早いほうが良い。

 一応、頭に入れておこう。
tb: --   cm: 0

Mac版Google日本語入力のインストール  


 「ことえり」を使っていくつもりだったのだが、Google日本語入力があるということを知ったので、これも試しておこうという気になり、インストールすることにした。

 参考にしたサイトはこちら「Mac - Google 日本語入力の環境設定」。そしてこちら「Google 日本語入力(IME)の使い方と設定」である。
 
 こんなページ「MacでGoogle日本語入力™とことえりを一緒に使用する際のテクニック」も見つかったが、おいおい試してみることにしよう。
 それに、良いかどうかわからないが、音声入力機能も随分良くなっているようだから、それも試してみたいとは思う。

*     *     *     *     *


 しばらく使ってみたが、機能とか使い勝手は、私には「Google日本語入力」の方がはるかに上だった。
tb: --   cm: 0

Mac(ことえり)の学習機能の不満  


 長い間の自粛生活の後の2日連続の教室で、多少疲れを感じているが、それでも気分的にはだらけているよりずっと良い。

*     *     *     *     *

 Macを主に使うようになり、日本語入力(「ことえり」だった)を使っていて、多少の設定変更をして使い易くはなってきたのだが、どうも学習機能が弱いように思える。

 改めてなんとかならないかとネット上を検索してみた。キーワードは「mac 辞書 学習しない」である。

 その中で、いくつかのページを見てみたら、このページ「Macの日本語入力を快適にする3つの小技」が参考になりそうだった。
#この人はATOK20年の経験らしいが、私は、35年以上である(笑)。それだけATOKに馴染み過ぎている(笑)。

 一応、これを参考に設定し直したが、これで学習機能が向上するとはあまり思えないのだが…。
 
 まだ2点ほど気になることがある。
・変換の文節の移動の後の確定が文節ごとにできれば良いのに、それがどうもできない。
・予測変換で下に予測変換の文字が出ているのに、それが確定できない。
 この辺りはもう少し試行錯誤か。

 ここまで書いて、せっかくなのでもう一つ試してみるか…ということで、こんなページ「Macの日本語入力 便利なキー操作」を発見。
 文節の問題は完璧に希望通りになったというわけではないが、多少改善。多分、
 私の場合にはいかにATOKに近い操作にするか、という考え方が強いのだろう。
 昔使っていたCtrlキーをまた思い出しながら使ってみるか…という気になった。

 さらに、予測変換の確定をなんとかしたいと探してみたら、今更ながら、こんなページ「Mac定番ソフト十番勝負! - 第3回 4本の日本語入力ソフト、いちばん優秀なのはどれか」も見つかった。
 もし、今から私が試してみるとすれば「Google日本語入力」になるのだろうが、まあもう少しこの「ことえり」を使ってみることにしよう。経験的に言えば、最善を求め続けてもあまり良いことはない。そのうち、これにも慣れそうだ。

*     *     *     *     *


 その後、「ことえり」と「Google日本語入力」を使ってみたが、後者の使い心地が私には合っているようだと思うようになった。
tb: --   cm: 0

コイデカメラ:「うちからプリント」→「ネットプリントサービス」へ  


 私の近くにはコイデカメラがあり、Windowsの時には、写真プリントは「うちからプリント」というソフトを導入して使っていた。
 しかし、これのMac対応のソフトがないため、今度はネットプリントサービスを使用しなければいけない。

 まず、ログインしようとしてパスワードがわからなくてまごつく(笑)。 無理もない。登録しているサイトがいくつあるかわからないくらいなんだから…。

 これはなんとか解消して、Chromeに登録。…この機能、昔からあったのかどうか定かではないが、Macを使うようになって気がついた。

 改めて、「ネットプリントサービス」を使ってみたが、ちょっと使いにくい上に編集機能もネット上にはなかった。
 使いやすさは「うちからプリント」の方が上だった。でもまあMacはこちらを使っていくしかない。

 これで何とか、写真プリントもできるようになった。

 200609

tb: --   cm: 0

念のために、ホームページ作成ソフト  


 念のため、ホームページ作成ソフトを探してみた。

 こんなの「おすすめMac向けホームページ作成ソフト18選。初心者向け無料ソフトをご紹介」が見つかった。
 2番目のWixは使っている(と言っても今は放置状態)が、iPhoneが来たらJimdoを使おうなどという気になるのだろうか。
 そう言えばWordPressを使っている人もいたが‥。

 本音から言えば、ネットを使わない方法が良いのだが。
tb: --   cm: 0

FTPソフトの導入、LINEの同期、そしてHTLMエディター  


◆FTPソフトは最も簡便そうに見えた「FE File Explorer」を導入することにした。

 しかし、慣れない環境で、設定項目もかなり多いので迷うことも多かった。


◆もたもたしているうちに、MacでもLINEが使えるらしいことがわかり導入してみた。

 しかし、Mac側でいろいろ操作しても、LINEが使えるようにならない。
 こういう場合はネット検索。
 早速こんなページ「LINEのMac専用アプリ|インストール・ログインから使い方まで解説」が見つかった。

 これで、何とかMacの方でもLINEが使えるようになった。

◆再び、FTPの設定作業

 長ったらしいユーザー名の末尾を見損なっていたこともあってもたもたしたが、何とか接続だけはできた。
 問題は「文字コードがどのように影響するか」であるが、これは実際に操作してみないとわからない。




 HTMLエディターは、なかなかしっくり来るものがない。

 結局、「Visual Studio Code」「Atom」「Sublime text3」と入れてみたが何となく使いにくい。そして、辿り着いたのが「Brackets」
 導入してみれば、突然画面が変わった感じだった。
 ①メニューが日本語、②文字化けなし。しかも、③標準でプレビュー機能がついているので、拡張機能を入れる必要がないとのこと。他のエディターでは、プレビューを見ること自体が良くわからなかった。わざわざこのように断りを入れていることから見ても、このソフトはその辺りが良くできているのだろう。
 上記、3点でこのソフトを使ってみることにした。
 調べてみたら、こんなページ「史上最強のエディタBracketsに出会ってしまった」もあった。

 しかし、これでも私が必要としている内容としては高機能すぎる。しかも使い難い。今まで何年も使っていた「Homepage」というソフトは、殆どVerUpもされないが、画面をワープロのように編集していけば背後でhtmlを作成してくれるというもので、この手軽さが手放せなかった。
 これらのソフトは「プロが見て優秀なHTMLエディタ6選!現在使っているプロの感想付き」というから、もともと専門家向けすぎるのかもしれない。私としては、本当はもっと素人向けのエディターが欲しいのだが‥。

 まあこれを使うことにして、これがダメならブログで代用していこう。まあ出来るだろう。

tb: --   cm: 0

周辺機器(プリンター、スキャナー)の環境  


 私のプリンターはCANON MG6030(A4。2〜3年前に購入)。スキャナーはEPSON ES-6000HS(A3。2001年発売のものらしい。随分長期間使ってきたものだ)。

 これらのドライバーがMacに対応しているかどうか調べてみたら、プリンターは以下の通りでOK。しかし、さすがにスキャナーの方は、USBでもネットワークでももうドライバーは非対応となっていた。Windows10ではそれでも対応しているらしい。

 プリンターの方は徐々に環境を整えていけば良いとしても、スキャナーをどうするかはちょっと問題である。私の場合、どうしてもA3は欲しいから…。

インクジェット複合機【PIXUS/MultiPASS】:PIXUS MG3630:

ドライバー
PIXUS MG3630 CUPS Printer Driver Ver. 16.40.1.0
Mac OS X10.7以降対応のプリンタードライバーです。本ドライバーは、16bit印刷をサポートしております。

ICA Driver Ver. 4.1.3a
MacOS X準拠のスキャナードライバーです。

アプリケーション
IJ Scan Utility Ver.2.3.7
写真や文書などを手軽にスキャンできるアプリケーションソフトです。本アプリケーションを使用される場合は、ICAスキャナードライバーが必要となります。

IJ Scan Utility Lite Ver.3.2.1
IJ Scan Utility Liteは、AirPrint機能を使い、写真や文書などがスキャンできるアプリケーションソフトです。 IJ Scan Utility Liteの基本画面で目的のアイコンをクリックするだけで、簡単にスキャンを行うことができます。

Easy-PhotoPrint Editor Ver.1.4.0
パソコンやクラウド上に保存されている画像を印刷するためのソフトウエアです。画像を編集し、カードやカレンダーなど、さまざまな作品を印刷することができます。

My Image Garden Ver.3.6.4
パソコンに保存されているデジタルカメラで撮影した写真や、スキャンした画像などを、さまざまな用途で幅広く活用するためのアプリケーションソフトです。macOS Catalina 10.15 環境で My Image Garden を使用する際は、必ず最新のプリンタードライバーをインストールしてからご利用ください。

ユーティリティ
Quick Menu Ver.2.8.2a
アプリケーションソフトや取扱説明書をかんたんに起動したり、お役立ちサイトにすぐアクセスしたりできるソフトウエアです。

Canon IJ Network Tool Ver.4.7.2
Mac OS X 10.7.5以降のネットワーク設定を行うアプリケーションソフトです。



tb: --   cm: 0

無料の Web 版 Office が便利そうだ  


 昨日いろいろ触っているうちに、「無料の Web 版 Office 」というサイトが見つかった。
 これがかなり便利なものだとわかった。

 今までwindowsで使っていたソフトがかなり使えそうだ。
 メールソフトもoutlookで行けるかどうか。

2020-05-31
tb: --   cm: 0

(Mac)テキストエディター→CotEditorにしてみた  


 どういうテキストエディターが良いか探ってみた。

 「mi」という聞いたことがあるエディターが見つかって気になったが、これはwindowsでも使っている人には良いらしいのだが、私はこれは使ったことがない。
 そのうち、「Macアプリ - テキストエディタ「CotEditor」のインストールと使い方」というページが引っ掛かった。

 改行コードやエンコーディング、正規表現も使えるのなら、私には十分じゃないかと思い、とりあえずこれで行くことにした。
 この人が、Macで使っていて便利だというソフトを紹介してくれているのもありがたい。

 2020-05-31

 Mac画面のスクリーンショットを初めて使ってみた(笑)。
 Ctrlキーがどこまで使えるか確かめてみたい。
tb: --   cm: 0

iMacの環境づくり  


 さすがにYoutubeのこともあって、iMacの環境を本格的に整え始めようと思い始めた。

 今まで手を付けていたのはこんなももの。

◆ブラウザー
 GoogleChromeをインストールして使い始めた。やはりこれが一番使いやすい。
 これが入れば、カレンダーや連絡先などはWindowsと共用はできているから楽である。

◆メーラー
 とりあえず、デフォルトの「メール」で使っているアカウントを登録して使い始めた。
 使いにくいが、これでやりくりできるかどうか…。

◆画像管理ソフト
 早々に、Windowsでも使用している「ACDSee」を探したら、Mac用は「PHOTO STUDIO FOR MAC 6」となっており、これを導入した。

◆ネット環境の設定
 ブログやFacebookなどの設定はできているが、後は徐々に使いながら、確認しながらMacでも使えるようにしていくしかなさそうだ。

*     *     *     *     *

 そして、今日手を付けたのがこちら。

◆HDDの外付けを兼用
 Windows7のデータを外付けHDDに移し、一応Windowsで使っていた互換したいデータを使えるようにした。

◆記録用メモ
 これは、Windowsの方ともデータ共用を図りたいのでOneNoteをダウンロードした。使い方はこちらに記事があった。見かけは随分違うが、まあ基本的にはWindows版と同じだと考えて良いだろう。

◆家計簿
 Windowsでは「ひかる」というソフトを使っていた。これはMacでは使えないのでいろいろ探ったが、iPhoneなどで使うつもりが無いのでExcelのテンプレートを使うことにした。
 「エクセルの人気家計簿テンプレート5選」の中から、税理士が作ったというこちらのテンプレートをとりあえず使ってみることにした。しかし、Windows「ひかる」とデータの互換性はない。
 これをMacで読み込むとNumbersに変換されてしまい大切な機能が使えない。だからWeb版のOfficeを使うことにした。この方が都合が良い。

◆HTMLエディター
 今までは「ホームページPro3.0」をやりくりして使っていたが、さすがにこちらでは無理だろう。
 そこで、 「プロが見て優秀なHTMLエディタ6選!現在使っているプロの感想付き」のページを参考に、とりあえず「Visual Studio Code」を使ってみることにした。
 ちょっと使ってみたが文字化けしているから、文字コードを変える必要があるらしい。

 あまりにも面倒そうだったら次を探さなくては…。

 とりあえず、あとやりたいことは…

・周辺機器の接続の確認

・今更だけどiMovieを使いこなすこと。

・FTPソフトの導入。

・「はがき作家」に代わるソフトを見つける。
 これ「macOS で「はがきデザインキット」を使った年賀状宛名印刷の手順」が使えるかどうか。

・パスワード管理ソフト(Roboform)を使うようにするかどうか。
 GoogleChromeの設定でいけるかどうか。

・ATOKを使うかどうか。
 日本語変換はATOKの方がやはり使いやすい。こんなページがあったが年間6000円になりそうだ。これじゃあ当面は見合わせだ。

・優秀なテキストエディターがあれば良いのだが…。

・今まで騙しだまし使ってきた「ファイルメーカー Pro 4.1」に代わるソフトがあるかどうかだが、これは最悪なければ我慢できる。

・まさか、昔のソフトが使えると言うことはないだろうが、ちょっと確かめてみたいものである。
 PageMakerやCanvasなどが使えると嬉しいが…でも無理だろうなぁ。
tb: --   cm: 0

iMacの環境設定  


 iMacもボチボチ始動していて、日常使っているメルアド(今のところ4つがメイン)、Facebook、ブラウザー(GoogleChrome)の設定が終了したところで、日常的に困ることは殆どなくなった。
 パスワード管理は、RoboformとTrueKeyで何とかなっているが、Roboformの共用が今のところできていない。

 まあ、多少の不自由はあるが、次はセキュリティの問題。
 まずは、「被害の前に!Macを買ったら絶対にやるべき10の無料セキュリティ対策」があったので、これを一通り設定してみて、それから本格的にセキュリティソフトを…と思っている。

 アンチウィルスソフトは「2020年のMac用ベスト8のアンチウィルス」によれば、「Intego」ということになるのだろうか。
tb: --   cm: 0

Macに切り替えることにした  


 今使っているデスクトップPCはwindows7。
 調べてみれば、購入したのは2012年01月26日。もう十分過ぎるほど使っている。

 この国のお粗末な対応で、新型コロナ騒ぎはなかなか収束しないだろう。
 そして、コロナ後はこれまでとは全く異なる社会になることを覚悟しておかないといけない。

 やはりコロナ後の生活のことを具体的に考えようと思う。
 再びMacに戻る時が来たのかもしれないと思う。

*     *     *     *     *


 と言うことでヨドバシカメラへ。

 選択肢が少なくて選ぶのはラクチンである。
 机上はもう一杯なので大きな画面はいらない。小さい方にした。
 アップル本体 MRT42J/A 181,270円、アップルサポート S6048Z/A 22,870円=合計 204,140円 である。

 配送をお願いしようとしたのだが、このご時世、一週間くらいかかるということだったので持って帰ったのだが、見かけによらず意外と重かった。
 私とすれば、デフォルトの足は不要なのだが、取り外しできるのかどうか…。後で調べてみよう。

 200505 200505

 まず、スタートのさせ方がわからない(笑)。
 小さな紙の中にそれを示したものが見つかった(笑)。本体の背面にちゃんとあった。デザインに凝りすぎである。

 買ったのはこんな内容のものである。
 初期設定のパスワードなどを思い出しながら、記録を調べながらスタート。
 キーボードや、文字変換ソフトに慣れない。各種設定をしながら、使い慣れたATOKにするかどうか…また新しい環境に慣れるのに時間がかかるなぁと思いながら…何とかメールが使えるまでになった。
 ただ、ネット接続は無線ランがあるので簡単だった。

 200505 200505

 まだ、icloud以外のメール設定もできていない。
 ここでも慣れた環境のことが頭をよぎるが、とりあえずはデフォルトのものを使ってみよう。
tb: --   cm: 0