ポタポタ時々記

自転車を中心とするスロー・ライフや時々の買い物記録などです。

30年続く飲み会  


 仕事の仲間…と言っても、それぞれ違う会社の者達で年齢も20歳ほど離れている。それがもう30年ほど飲み会を続けている。よほど気があったと言ったら良いのか…。
 そんな連中の集まる飲み会がまた今年も開かれた。今回はちょっと遅い新年会といったところである。
 もちろん皆、東京・横浜・海老名・葉山といった近くにいる者ばかりだが、今回は広島からわざわざ来てくれた人もいた。今ではリタイアした人、3月で仕事を離れる人、今頃になって不動産鑑定士の資格を取得すべく改めて修行している人、子供も小さくまだ10年は働かないといけないと言っている人など様々である。

 170217 170217

 場所は「魚寅本店」。5000円の飲み放題だったが、なかなか充実したメニューで大満足だった。それだけに大入り満員状態で、会話を楽しむにはちょっと条件は悪かったが…。

 2次会は近くの若向きの店。ここは静かで良かった。
 費用は部長をしている現役の一人が持ってくれた。昔はよくそういうことがあったものだったなぁ(遠い目(笑))。
tb: --   cm: 0

新ブロン・トモ誕生  


 今日はグループ展の展覧会場の打合せ。せっかくの良い天気だったので帰りにアウトドアコーヒーでも楽しんで帰るつもりだった。
 同席した絵仲間の友人は、つい先日(ちょうど一週間前)イングリッシュグリーンのBromptonを手に入れたばかり。またまた新しいブロン・トモができてしまった(笑)。

 彼は、私がBromptonで来たのを見て一緒に行きたいと…。
 そこで、打ち合わせ終了後ここで待ち合わせ。せっかくなので合流した友の自転車と並べて記念撮影。丁度横からの光なので色が出なかった。でもまあそのうちどこかで一緒するだろうから改めて撮影すればいいや。
 彼は私がどこをカスタマイズしているかをしきりに見ていたから、そのうち彼の自転車も変わってくるだろう。「いろいろなものがあるからあまり焦っていじらない方が良いよ。」というのが私のアドバイス。

 160104 160104

 そして、いつもの指定席まで走って、そこでコーヒータイム。今日は良い天気でのんびりなのでネイチャーストーブでミニ焚き火。
 おしゃべりをしながら入れて飲むコーヒーも楽しい。なかなか良いものだ。彼もこんな楽しさを共感してくれたようだ(*^_^*)。
 クレイジークリークの座椅子も気にしていたから、そのうち彼も買うことになるかな?(笑)
#でも、やっぱり小さいストーブはタキギを扱いにくいなぁ。
 PCを使っていた頃良く思っていたが、「できるということと、使えるということは違う」という感じをここでも持つことになった。
 かと言って、このネイチャーストーブそう使えない訳じゃない。タキギがこぼれ落ちやすいっていう点が微妙だっていうこと。


 160104 160104

 ひとしきり話して、私は帰って一仕事。彼は大船の方へ回っていくような気分だったようなのでここでお別れ。

 後始末も大丈夫。落ちていた珈琲缶も拾って帰った。ほんと、こんなところに捨てないで欲しいものだけど…。

 160104
tb: --   cm: 0

ブロ友と山手ポタ…ブロ太13.1Km  


 本日は、最近知りあったブロ友(大きな魚)さんとの初顔合わせ。
 せっかくなので横浜でも案内しようとBromptonの輪行で来ていただいた。
 待ち合わせ場所はELVがあるから良いんじゃないだろうか?ということで桜木町駅。私もブロ太との輪行は久しぶりというよりブロ太自身が久しぶりだった。

 小さな行き違いはあったようだが、約束時間に無事顔合わせ。
 私のスケッチの舞台でもあるみなとみらい地区の日本丸あたりから赤レンガ倉庫、大桟橋、山下公園をポタポタ。
 聞けば朝飯がまだだというので、予定を変更してまずは中華街へ。いつもの店である。
 
 腹一杯になったところで、港の見える丘公園へ行こうと、まだ私が最後まで登り切れていない激坂(地図を見たら谷戸坂とあったが、最近は確かフランス坂とでも呼んでいたような…)を登る。案の定、私が途中で下りてしまったのに、100Kmでも平然と走る大きな魚さんは最後まで苦しそうなそぶりも感じさせず登り切ってしまった。これは脚力の差なのか、脚の長さの差なのか…(笑)。しかし、Bromptonでもこの坂を登り切れることがわかったのだから、次の機会には私も挑戦してみることにしよう。
 そして港の見える丘公園で記念写真。考えてみたら、今日の撮影はこの一枚。
#そうそう、他の写真や詳細な報告は、大きな魚さんのブログの方が良いでしょう。
#いつの間にか後ろ姿も撮られていましたが、こうしてみると腰回りはもう少し痩せた方が良さそうですね。
#体操をしていた高校時代、先輩から「後ろ姿が格好良いなぁ。(恐らく筋肉の付き方のバランスが良かったのでしょうが…)」と言われた頃より4Kg程多い現在ですが、すっかり筋肉が脂肪に変質しています。体重は、これでも一時期より10Kg減らしているのですが、まだまだ減らす余地はありそうですね(笑)。


 150821

 あとは気楽なポタリングで沿道の建物などを眺めながらご案内。
 (途中は省略(笑))
 そして、最後は急坂を下ってここもいつものカフェ。いつもはアイスクリームを頼むのだが、いつの間にかアイスクリームはやらないことになったらしい。仕方なく今日はケーキセット。と言ってもケーキもなかなかのものなのだが…。
 さっきの店が混み合っているとかで追い出されていたので、今度はオープンテラスでのおしゃべり。

 家を出る時には、2時くらいにはお開きになるのかと考えていたが、楽しいおしゃべりの時間が経つのは早いもの。いつの間にかラッシュの時間が迫ってきたのでお開きにすることにした。私は明日の準備もあるし…。

 大きな魚さんと私は好対照でもある。まず大きな魚さんの年齢は私の半分以下。身長も彼はバカでかい(私から見れば…(笑))。でも仕事面から見れば結構似ているところもある。
 そんな人間同士が、楽しく話しあえるのもネット環境があればこそ…でしょう。

 今日はそんな1日を過ごしたっていうお話しです。

 帰りは自走してくるつもりでいたのだったが、時間が遅くなってしまったので結局輪行。13Kmしか走れなかった。
 リアキャリアーがガタガタしているのを修理しておかないといけない。

*     *     *     *     *

 リアキャリアーのガタガタは、取り付け金具のボルトを締め直して解消。
tb: --   cm: 0

川越バス旅行  


 本日は曇り、夕方には雨が降るかも…といった天気。

 テニス仲間に誘われて川越へのバス旅行。自転車もアウトドアも関係ありません。
 まずは本日の行程とメイン・川越マップ。

 150306 150306

 9時、約束の場所で待ち合わせて同乗。総勢13人だったかな?
 おっ?絵になりそうな場所…と思えば子安運河の上。そうかあそこの高速道路上を走っていたんだ。
 さらに荒川を横断して北上し川越へ。
#川越はその昔40年ほど前に、街づくりコンペに応募して佳作入選しているのです(笑)。
 その頃は、まさかこんな風になるとは全く思ってもいませんでしたが…。
#その時以来、三度くらい訪れています。以前、東日本大震災の直前にも来ていました。

 150306 150306

 割烹「ささ川」でランチをご馳走になった後は、まずは時の鐘。そして、ブラブラ散歩。
 今回は新河岸川の方まで足を伸ばして見ました。

 150306
 150306150306
 150306 150306
 150306 150306
 150306 150306
 150306 150306

 その後は、ここ「サイボクハム」
 男にとってはあまり興味の湧かないところ。
 皆さんお勧めというウィンナーソーセージのワクワクセットを買っていました。私はマスタードを買いましたけど…。
 少しのお返しにとこのネコカップ、ちょっと誘惑されましたが嵩張るから…とスルー(笑)。

 150306 150306

 またバスに乗り、次はここ千代鶴の「中村酒蔵」
 いくつか味見をしたけどそれだけ。だって個展の際のいただきものがいくつかあるんだもん…。

 150306 150306
 150306 150306
 
 それからまたバスで入間川などを通過し「相模湖リゾート・ブレジャーフォレスト」
 知らなかったけど、群馬県「フラワーパーク」、千葉県「ドイツ村」と並ぶ関東の三大イルミネーションなんだとか。
 どこもかしこも人集めで大変です。そして中国人の観光ツアーがここでも…。

 150306 150306
 150306 150306

 そして帰りのバスの中。添乗員さんがビンゴゲームをしてくれました。
 当たった人には何かしらの景品が…ということで、このところ何かと憑きのある私。トップでビンゴ!「スゥイートポテトまんじゅう」をゲットしました。
#写真はボケボケ。雰囲気だけ…です。

 150306

 久しぶりのテニスクラブの仲間たちとのミニ・トリップでした。
#テニスクラブの方にも行かなくちゃ…。
 高速道路の風景も何年かぶりに思い出しました。
tb: --   cm: 0

「サイクルトレーラー愛好者の会」会員に!(笑)  


 「サイクルトレーラー愛好者の会」というのがあるそうです。
 いつの間にかその会に入っていました(笑)。

 実は、Freedom Cityそのものは以前にも見ていたのですが、今回購入の直接のきっかけになったのは、リンク先に入れた「自転車と旅行だけじゃないブログ」の記事を見たからでした。
 そのことをお伝えしたくて管理人さんにメールを差し上げたのですが、そのことを記事にして下さいました。これです(笑)
 その中で、私も資格があるらしく…何とか「サイクルトレーラー愛好者の会」の会員になったというわけです。(笑)

 それにしてもこの記事の最後の方、サイクルトレーラーを自作してしまう強者達が世の中にはいるんですね。それぞれのアイデアと工夫が溢れていてなかなか楽しいものです。
tb: --   cm: 0

Brompton引き渡し式 無事終了…ブロ太14.1Km  


 このところ各地で激しい雨で被害を出している。関東もそうしたあおりで天候不順である。そうした中で今日を迎えることになった。微かに心配もあったが何とか雨もふらないでくれたようだ。

 一方にBromptonを手放したい友人がいて、もう一方に私がいろいろ焚きつけたせいもあって、Bromptonを恐らく欲しがっているはずという友人がいたので、双方の仲介をしてBromptonを譲渡する話しが成立した。今日はその引き渡しの日である。私も一緒に走ろうと、久しぶりに輪行していた。
 京急川崎大師駅で待ち合わせをしていたら、同年配のオジサンが「こんな風に折り畳む自転車は初めてだ」ということらしく興味深そうに話しかけてきた。特にローディというわけでもなさそうだが、自転車の経歴は並大抵ではない。10時間くらいの距離なら自転車で移動してしまうという強者らしい。日光まで自転車で往復したとか、下関から長崎まで行ってしまったとか…。そう言う時には24時間、一晩中でも走ってしまうと言っていた。でもそうしたことは昔のことらしく、「照明の電池を3回くらいは交換した」とも言っていた。世の中にはすごい人もいるものだ。もっともそのせいで痔が持病らしい(^^ゞ。

 そんな話しをしているうちに引き取り手が登場。近くで冷たいものを飲みながら「引き渡し式」。無事終了。
 その後は、川崎大師の日陰で折り畳み・展開、輪行袋のかぶせ方などの練習。近くのベンチにいたオヤジさん達が声をかけてきた。「その自転車は日本のじゃないねぇ。」「イギリス?やっぱりそうか。」「いくらぐらいするんだ?」「15万円?高いなぁ。」「何キロぐらいだ?」「12.5キロか、軽いなぁ」等々。やはり、独特のスタイル、洗練された折り畳みの仕方等関心を持ったらしい。まあ決して軽くはないと思うが、それでも一般の自転車と比べれば軽いか。
 その後は、2台のBromptonでポタリング。

 まずは大師公園などを巡り、その後は多摩川の土手に出てのんびり走った。一緒に走ったのは10Kmほどだと思う。
 こうやってのんびりポタリングをしていると、Bromptonは独特の味を持った本当に良い自転車だと思う。私の場合、いろいろカスタマイズしているからなおさらである。

 友人は京急川崎から輪行。駅前で再度折り畳みと輪行袋かぶせの復習。まあ何回かやってみないとその度に迷うことになるだろう(笑)。

 私の方は、そのまま横浜あたりまで行って見るか…という気もないでもなかったが、日差しもなく(私の場合には日差しのある風景が欲しい)何となく湿気の多い天候に意気を削がれて、そのまま帰ってきてしまった。

 帰宅ついでにスーパーで買い物。もちろんブロ太は買い物キャリーにして…である。

 今日の写真はこんなもの。記念になるような気の利いた写真がなくて申し訳ありません。

 130730 小さく映っていた(笑) @川崎大師
 130730 @多摩川の土手

 130730 130730 @川崎駅コンコース出口

 130730map川崎
 ・曇り 温度27℃、湿度83%、風速3m
 ・走行時間 1時間27分
 ・走行距離 14.05Km
 ・平均速度 9.6Km/時
 ・最高速度 40.5Km/時
 ・消費カロリー 113.9Kcal  総走行距離 598.3Km(+1,406Km)
tb: --   cm: 0

テニス仲間がポタ仲間になるか?  


 今日は曇り空。それにやけに寒い。

 朝食を済ませて、さあのんびりしようか?という頃、テニス仲間から久しぶりに話そう…との電話が入った。テニス仲間の中でも特に気の合う友人の一人である。
 以前腰を痛めてからテニスはご無沙汰。腰は数日で良くなっていたのだが、実は、先日田舎を走った時、狭い道でUターンをしようとした時、PowerGripsを使っていたペダルから足が抜けなくて転倒、肋骨を痛めていたのだ。やはり徐行するような時にはペダルから足を抜いておかないといけない…と反省。
#これは内緒の話しだったが、もう回復したので…(笑)。

 そう遠くないので、実家から届いていたりんごを持参で、PowerGripsのないペダルで出かけた。
#もうすっかりPowerGripsに慣れているので、それがないとむしろ違和感を感じてしまう。

 彼の家では、もちろん特に話しがあったわけではないので、日常的なとりとめのない話しで時間を過ごしたのだが、その中で、「ポタリングをするなら声をかけて欲しい。」との話し。彼もいつもは自転車でテニスコートに通っているのだが、彼の自転車は電動アシスト付き。そのうち天気の良い日を選んで同行ポタにでも行ってみることにしようかな?

 しばらく話して、家庭菜園の有機栽培の野菜をお土産にいただいて帰った。
 本当は、ついでに折り畳み椅子を作るための材料を求めに島忠に行こうと考えていたが、材料の確認をするのを忘れてきてしまった上に、天気もそれほど良くなさそうなので、今日のところはあきらめることにした。

 今日は6.5Kmほど。
tb: --   cm: 0

自転車を通しての出会い  


 今日も暑かった。

 でも今日は何故か山梨県にいたんだけど…。
 帰りの電車に乗るために駅で時間待ちをしていた時、駅前広場の一角で輪行するためにクロスバイクを収納している人がいた。
 そのままで終わる筈だったが、駅のホームで電車待ちをしていたらその方が目の前を通過するところだったので思わず声をかけた。きっかけは「その自転車の重さは何キロくらいなんですか?」「輪行するつもりじゃなかったので…重いですよ。10キロくらいかな?」
 そんなところから話しが弾んでしまった。50歳くらいだったろうか?若い頃はロードもかなり乗っていたらしい。今は10Kmくらいの距離の自転車通勤で乗っているのがメイン。雨の日も自転車通勤だとか。それでも2台のクロスバイクを持ち、通勤用は雨天も乗るためディスクブレーキのものにしているとのこと。本日の自転車はセカンドバイクだということらしい。
 前輪だけを畳んで社内持ち込みなのでかなり大きい。どこへ駐めるのか見ていたら、空席をマルマル使用していた。まあ大目に見てもらったんだろうなぁ。
 新横浜駅で下車する時、たまたま自分で改造したカメラバッグ(自転車に取り付けるためアダプター取り付け工事を行っていたもの)を持っていたので見てもらったり…。
 自転車が好きだというだけで、世の中面白いきっかけが生じるものである。

 帰宅後facebookを見ていたら、こんな記事を揚げていた人がいた。
 以前、ロードで耐久走を行った記事を見たことがあるが、Bromptonでこんなことを実行してしまうとは…。恐ろしいことを考える人がいるものである。
 世の中は本当に広い。(笑)

◆ブロンプトンで鎌倉~名古屋・340km耐久ライドに挑戦
  http://www.cyclowired.jp/?q=node%2F19866
tb: --   cm: 0

テニスに行く途中で  


 このところポタリングから遠ざかっているような気がする。

 今日は天気が良い。しかし明日からまた崩れるらしいので外へ出るなら今日である。一瞬迷ったが、特に行きたいところもなかったので今日はテニスにした。もちろん今日の相棒はロボ太である。

*     *     *     *     *

 テニスは、最近、進歩が感じられなくなっているので少しモチベーションが下がっているのだが、そんなことを話題にしながらプレーをしていたら、不思議なことに今日は動きが良かった。いつもは負け数の方が多いのに、今日は相手がなかなか手強いのにも拘わらず2勝1敗で終わった。最後の1敗も最後の最後で負けたもので惜しかった。今日のゲームで少しモチベーションが上がったようだ(笑)。
 特にバックでのレシーブ、ハイバックボレーなど、今まで意識してプレーしてきたことが結構上手く対応できていたようだ。

*     *     *     *     *

 テニスに行く途中、ガードレールをくぐるところでブリジストンAnchorに乗っている人の後を走るような状況になったので声をかけてみた。「その自転車は何キロぐらいなんですか?」「軽いよ。8キロを切るんじゃないかなぁ」そんな会話から始まって、しばらく立ち話しをすることになった。
 今日はまだ20キロぐらいしか走っていないと言っていたが、今日の自転車は本当は奥さんのものだとかで、ご本人はTREKマドンに乗っているとのこと。体格は私より小柄のようだった。
 年齢は60歳。自転車経歴は長くはなさそうだったが、ホイールの交換も年に3回もしたとかで、いろいろ部品の交換も楽しんでいるようだったし、部品のこともなかなか詳しそうだった。
 私の方も、会話に出てくる自転車や部品の名称についても戸惑うことがなかったというのは、それなりの知識もついてきているのかもしれない(笑)。
 私の年齢を聞いて「あと5年は大丈夫だろう。いろいろ乗り比べてみてこれが良いと思ったら早く決めて乗ったら良い。」というのがその方のアドバイスだった(^^ゞ。

 帰り、いつものスーパーで買い物をした時、例のPovketRocketが駐輪されているのを見かけた。やはりこのあたりが日常生活圏の方らしい。
tb: --   cm: 0

Brompton仲間、来浜  


 本日は良い天気で良かった。
 Bromptonつながりの友人が横浜に来ているというので出かけた。
 9時半に宿泊のホテルで待ち合わせ。まずは山下公園に向かう。

 120610 120610

 簡単に山下公園を見てから、本日の目的、山手洋館ルートへ。

 120610 120610
 120610 120610
 120610 120610
 120610 120610

 そろそろお腹が空いてきたので、中華街の店へ。
 今日のランチは、次のとおり。
  ☆牛モツネギあえ
  ☆海鮮三品
  ☆あさりトーチー炒め
  ☆パイコー飯
  ☆海老ワンタンスープ
  ☆杏仁豆腐
  ☆胡麻団子
  ☆蓮のスープ

 ランチの後はスケッチ会。これも本日の目的の一つだった。
 お決まりの山下公園に行ったもののボートレースとかでかなり混雑していたので象の鼻パークに向かった。
 あまり時間がない上に、最初の1枚を描いている途中で狙っていた船が出て行ってしまった。少し気分が削がれたので、仕方ない、別の風景を狙った。
 結局スケッチしたのはこの2カ所。
 120610 120610

 その後、新横浜まで送り、カフェで休息の時間を過ごしてお別れした。
 本日、15800歩も歩いてしまった。結構疲れた。

 翌日、手を加えて描き上げた絵がこれ。いつもよりちょっとアッサリ目になった。

 <初夏の象の鼻パーク:SM>   <初夏の旧横浜税関:SM>
 初夏の象の鼻パーク:SM 初夏の旧横浜税関:SM
tb: --   cm: 0

Brompton試乗会  


 今日は友人が我が家に来る日。今まで天候が不順でなかなか日程が決まらなかったが、本日は何とか天気がもちそうで良かった。

 15:00駅の2F改札口でブロ太と待つ。折り畳み・展開の様子を見てもらいながら、そのまま一緒にスーパーで、例のカート状態で飲み物とつまみの買い物。
 荷物は家に置いて、今度はポン太を持ち出し、2人で近くをポタリング。
 最初は10Kmほどのコースを一周するつもりだったが、彼はまだまだそう走れないようだったので、車の少ない道を選んで往復。舞岡公園~舞岡中~明治学院大、そんなコース。
 ポン太の軽さ速さも理解したようだが、彼はブロ太の方がお気に入りになったようだ。
 最初ちょっと小径車特有のクイック感に戸惑ったようだが20mも走ったらもう馴染んだようだ。

 迷っている彼の背中丼になったかな?(笑)

 その後は家に入り宴会。
 楽しい雑談は10時くらいまで続いただろうか?
#夜中に気がついたら、着の身着のままで寝ていた(笑)。

 ・晴れ 気温13℃ 湿度40% 風速3m/秒
ブロ太
 ・走行距離 12.6Km
 ・最高速度 32.2Km/時
  本日時点の総走行距離 1021.2Km
ポン太
 ・走行時間 45分
 ・走行距離 10.2Km
 ・平均速度 13.5Km/時
 ・最高速度 40.2Km/時
 ・消費カロリー 102.5Kcal  総走行距離 758.6Km
tb: --   cm: 0

中華街で暑気払い  


 今日はペダルの情報を整理した後すぐに外出。実は横浜中華街で自転車の友人との暑気払い。
 本来ならブロ太とともに待ち合わせ…なんてところだが、アルコールが入ることもあって今日は単独行動。

 いきつけの店で久しぶりの乾杯。今日のメニューは牛モツのネギ和え(これがビールに良く合います)、焼売、蟹の巻き揚げ、そして締めはアサリそば。

 外に出たがまだ明るい。中華街をフラフラしていたら偶然に「倭物や、チャハネカヤ店」なんて店を見つけてしまった。何やら日本の古い物が一杯ありそうな店。でもセンスはなかなか新しい。

 
大きな地図で見る

 ここでふと頭に浮かんだのが、以前ヘルメットの下にかぶるものを話題にしていた時、死せる詩人さんから教えられた手拭いのこと。
 その後いつだったかTVで、二子玉川が新しくなり、その中にライズというショッピングスペースが生まれたというような放送番組があった。その中に手拭いの専門店があるというようなことを知ったので、そのうち行ってみようか…なんて微かに思ったりもしていたが…。
 しかし、もしかしたらここにもあるかもしれないと入ってみた。なかなかオシャレな手拭いが沢山あったが、今日は最も安くて無難なものを選んでしまった。これで800円。これの倍くらい覚悟すればもっと楽しい物が沢山あったが…。
 でもまあいいや。これをかぶって例のヘルメットなら「いかにもオッサン」スタイルができあがる(笑)。

 110809手拭い

*     *     *     *     *


 夜、ゲンジ~さんのところで知った「ガーリックソルト」もポチッとしてしまった(笑)。
 ちょっと私には大きいけどまあいいや。せっせと使おう(笑)。

tb: --   cm: 0

黒のBromptonに決定  


 結局、友人が買ったのは黒のBromptonだった(*^_^*)。
#むうぱぱさんのアドバイスも尤も…ということでもあったようです。その節はありがとうございました。

 今日はそれを受け取って、一緒に関内をポタリングでもしようか?ということになっていた。
#そんなわけで、今日は前回と殆ど同じようなコース。

 今日は朝から曇り空で、かろうじて雨が降らないで済みそうだ…と判断して出掛けた。
#私の方は、このところちょっとお疲れモード。腰もぎっくり腰というわけではないが、ちょっと重たい感じ。
 ところが今日はやけに風が強い。途中の桜はそこそこ咲いていて、満開にはちょっと早いという感じでなかなか良い風情。花見日和というわけにはいかないところが残念。

 教会の桜 開港資料館

 中華街の先日の店で待ち合わせてまずは腹ごしらえ。今日の朝食は少な目にしておいたから丁度良い感じ(笑)。

 腹ごしらえが終わったところで、GCS横浜へ行き、友人は黒のBromptonとご対面という次第。
 簡単なレクチャーを受けて一緒にポタポタと大桟橋方面へ。

 のび太 黒のBrompton
#私は、どうせ汗をかくだろうから…と軽装で家を出てきた。ウィンドブレイカーをバッグに忍ばせて…。

 ところが友人の今日の装備はショルダーバッグなので、自転車向きじゃあない。少し走ったところで気分が萎えてしまったらしい。ホドホドにして帰ろうということになってしまった。まあ、帰ってからいろいろ見直したいところもあるんだろう。
 私の役割は一応Bromptpnを見届けるところでOK…と、駅で別れて帰路についた。途中、喫茶店に入ったところでブロ太を持ち上げたら腰が痛くなっていたので、輪行をするような気分にもなれず、まあ行けるところまで行こうというところ。

 帰路は殆どが向かい風。これはなかなか辛い。最も迷ったのが弘明寺駅前。以前、ここから輪行で帰ったこともあるし、この先に坂道が控えていることも知っているからである。
 しかし今日は、その点は挫けることなく走り続けることにした。その坂を越えればあとは下りであるという気分が勝ったようだ。我ながら少しは進歩したようだ(笑)。
#しかし、弘明寺の激坂は登り切れなかった。ローギアで全体重をかけても漕ぎきれなかった。坂を上がる際の勢いが必要なのかもしれない。商店街が混雑していたので勢いが不足していたのかもしれない。
#微妙なものである。


 弘明寺商店街から見た大岡川の桜

 その後は、いつものように走り続けて家に到着。腰痛も自転車には影響がないらしい。

 本日の走行距離 32.6Km。最高速度34Km/時。
 本日のルートは先日とちょっとだけ変えている。だんだん道がわかってきたようだ。

 110408関内

 ちょっと気が向いて、今日の帰路の坂道を分析してみた。
 このポイントの左側約2Kmの上り勾配であるが、距離は2070m、高度差42m、平均勾配は2.02%となっている。この坂の手前の小さなピークが弘明寺北西の激坂、今日は登り切れなかった坂である。
帰路の勾配

tb: --   cm: 0

新しいBrompton仲間に遭遇  


 本日の、市民ギャラリーの「第6回風景スケッチ展」会場へBromptonをキャリー状態にして入った時、受付にいたY氏とはすぐに出会うことができた。

 Bromptonを持ち込んだ私を見て、ニコニコ顔のY氏が声をかけてきた。「私もBrompton派なんですよ。Bromptonは良いですよねぇ~。」と…。
 実はY氏も2年ほど前からBrompton、しかも同じ赤のM3Lを所有しているらしい。やはりBromptonらしい自転車ということでこういう選択になったらしい。その目的も全く私と同じだった。同じようなことを考える人はいるものである(笑)。
 実は、同じ絵仲間の大学の先輩E氏にもBromptonを薦めているのだとか…。私も持っていることを知ればE氏の気持ちもぐっと傾くかもしれない。もう一人Brompton仲間が増えてしまうかも…(笑)。

 思いがけないところで、しばしBromptonの話しで盛り上がってしまった。



 少し落ち着くまでコメントを受け付けない設定にしておこうと考えたらしいが、すっかり忘れていました。

 改めて「コメントを受け付ける」設定にさせていただきました。
tb: --   cm: 0

むうぱぱ氏来る  


 このところ、水彩連盟展のためのお絵かき中。

 そんな中、mixiの自転車関連マイミク第1号となった「むうぱぱ」さんがわざわざ自分の改造Bromptonに乗って来てくれた。
 むうぱぱさんのBromptonはなかなか男っぽくシャープな風貌だった。早速お借りして周囲を一回り。外装の変速はどのようにいじって良いのかわからなかったので内装の5速変換を試してみた。フロント・ディスプロケットは換えていないようなので多分私のものと同じだと思うが、感触的には予想したとおりといったら良いだろうか?サドルと殆ど同じ高さのフラットバーの感触も悪くはなかった。

 むうぱぱさんは「改造は見てくれ重視」…なんて言っていたけど、細かな部品の色彩、折り畳みの際の結合部品(何と呼んだら良いか…)など、細かなところまで神経の行き届いたセンス溢れるものだった。しかし、本当に感心したのは、Bromptonの文化より自転車の機能性を追求した改造の姿勢だった。
 変速機の改良はもちろんだけど、18インチのホイール(これは入手した時からだったけ?)・細身のタイヤに交換し、泥よけを撤去し、フラットバーにし、加茂屋フィンガークランプへの交換、あまり拘っていないと言いながらちゃんとジェニーサスの交換をしている(^^ゞ。
 それにしてもBromptonをオークションで落札して2年余でこれだけの改造を自分でしてしまうのは大したもの。

 …ということは私もそれくらいのことはできる…ということでもある。
 自転車の整備のための本を読んでみる必要はありそうだ。

 私の改造の目標が決まった。
◆5速化
◆ハンドルの見直し
…オレンジのハンドルか、フラットバーか。
 それ以上に必要なら別の自転車を考えよう。
 ただ、Dead Poet Weblogのこちらの記事を見ると、私の場合はオレンジジュースのハンドルが良いか、あるいはもう少し頑張ってフラットにしてしまうか迷うところ。またこの時、5速化した場合のシフターをトリガータイプにしたいと思っているが、その取り付けが可能かどうかを考えておかないといけない。さらに、Tバッグを使うことが可能かどうかも…。
 また、折り畳み時にどういう支障が出るか出ないかも…。
◆その他考えていること
 ・フィンガークランプの自作…バネさえ入手できればこれは可能だ。
 ・テール・ランプのキャリアーへの取り付け…これも金具を探したい。
◆サイクルコンピュータ
 今持っているGPSでは必ずしも自転車利用に限らないので、走行距離を出すことができない。そういう意味では簡単なものがあっても良いかもしれないとは思う。
tb: --   cm: --

新年会  


 今日は、昨年の第2回水彩画の個展に集まってくれた小中学校時代の仲間たちとの新年会が有楽町であった。
 顔を合わせるといつの間にか昔の仲間にもどって楽しい話し。
 モンゴルの岩塩をお土産に持ってきてくれた人、田舎の干し柿を持ってきてくれた人もいて、嬉しい土産付きの会合になった。

 本日の連絡をくれた一人は、昨年9月からトレックの自転車を買って乗るようになっているとか。だから私の方もブロンプトンの画像をEpsonのP-3000に入れて持っていって皆に見てもらったりして…。
トレックの自転車はこんなデザインだったなぁ。

 家に帰った時には11時。途中、綾小路きみまろを聞きながら帰ったが、楽しい夜ではあった。
 家では酒は飲まないようにしているが、こうして楽しい仲間と飲む酒は本当に良いものである…と改めて思った。
tb: --   cm: --