ポタポタ時々記

自転車を中心とするスロー・ライフや時々の買い物記録などです。

Bromptonへのザックの背負わせ方  


 いよいよ待ったなしになってきたので絵を描いている。
 そして、今日はその合間の気晴らしにこんなことを…。

 あり合わせの材料でこんなものを作ってみた。

 140811

 これがサドル下にこんな風に入る。
#中央部の木材を重ねた部分が、サドルのフレームの間にしっかり入って動きません。
 こうやってリュック(ザック)をひっかければ、背中でなくても背負うことができる。これならお尻も痛くならないで済む。

 140811 140811

 これで、フロントのT-bag(30リットル)と合わせて合計60リットル分の容量を確保できるというわけ。
 先日も、本当はこうやって行きたかったのだが準備不足のままスタートしてしまっていた。

*     *     *     *     *

 あれから、絵も多少進んで、「ザック掛け棒」の方も少し進化。
 これなら、特別な工夫をしなくてもザックが外れる心配はしなくて済むだろう。サドルの下にもかろうじて入る。

 140611
tb: --   cm: 2

ちょっとした小物づくり  


 リンク先の「metroに乗って」のこのページを見て思いついた。IKDではtazunaとして売っているようだ。

 そうだ。これを作ってみよう。フレームカバーとも同じ色だから丁度良い。
 そして出来たのがこれ。まあ3本も作っておけば足りるだろう。
#革の綴じ紐を使うことを考えたが、それではあまりにもお粗末なのですぐに却下。
 長さがギリギリなのでちょっと手で伸ばしてあげる必要がある。それにこれに使えるボルトも買ってこなくちゃ。

 140430tazuna

#カン太のフレームカバーの方は、色としてはアクセントに丁度良いと思っているのだが、少し面倒な作業になりそうなので相変わらず思案中。いずれ作ることになるでしょうけど…。
#ということでしたが、これは5月1日に作ってしまいました(笑)。


*     *     *     *     *


 その後、5月2日、横浜へ出たついでに東急ハンズに寄って「ステンなべ小ねじM3×25」144円を購入。ハトメ#200だとM3.5がピッタリだったのだが、店頭に置いていなかったのでとりあえずM3というわけ。
 でもまあ一応こんな風に完成した。革を少し伸ばしたのでギリギリ指が入る感じ。まあ必要最小限の長さだけど、まだ延びるだろうし私には丁度良いように思う。
 ねじの長さ25mmはちょっと長目だが緩み対策でダブルナットにしているので、これで良いと思っている。きっちり作ろうとすれば20mmでも行けるだろう。
#以前、不細工に作ったフロントライトもついでにご紹介(笑)。
#なお、tazunaにかかってみえる細いコードはサイコンのもの。


 140502 140502

tb: --   cm: 0

新しいフレームカバーの自作  


 テニスのラケット用のテープが握り心地が良いので、今まで、それをブロ太(Bropton)のフレームカバーとして使っていたが、いよいよボロボロになってきていたのでフレームカバーを何とかしなければ…と思っていた。

 昨日、教室の帰り、ふと思いついて東急ハンズに立ち寄ってフレームカバーの材料を買ってきた。革1512円、革紐345円、ハトメ#200番344円(4組。結局今回は一組で間に合ってしまった。)、ハトメ打ち込み用具(打ち台というのかな?私が知らずに買ったのは#200にしか対応していないものだった。何種類にも対応しているものがあったらしい。)1512円である。ハトメまでいるかどうか…と思ったのだが、フレームカバーを買うより安いだろう…という思いが働いたのでこうなった。
 革は1回で使いきるかどうか迷ったが、長さも中途半端なので2組分とした。
 左下2枚の赤い革が今回使用分。打ち台(丸く見えるものと釘のようなもの)が今回迷った器具。値札の千円の桁を見落としていたということもある(笑)。

 140404

 仮締めをしておいてから本締め。(上写真の左側の小さい方は、ハトメとフレームの間に固定される。)
 出来映えも悪くない…と思う。色調も違和感ないと思う。(右足が写っているのはご愛敬(笑))
#三角フレームまで伸ばしたのはフレームカバーがズレ動くのがいやだったことと、仮止めで緩めてある辺りを持つことが多いからである。欲を言えば、もう10cmくらい長くても良かったとは思うけど…。
#上下逆に装着している人も見かけるが、私は目立つより目立たせない方を選択。それに三角フレームまでカバーを伸ばすためにはこの方が適している。
 革紐の色の選択肢は黒かこの色しかなかったので、黒ではあまりにも味気ない…とこうなった。


 140404 140404
 140404

 結び目はこの位置が最も邪魔にならないと思う。もうちょっとカットしても良いね。ほどけないように最近知ったばかりの「靴紐結び」をしようと思ったが上手く行かなかった(^^ゞ。良く見ていくとさらにいろいろな結び方があることがわかった。こんなのも面白い

 閑話休題。(#本題に戻す時にこの言葉は使うらしいことも何年か前に知った。今日は度々話しが逸れる(笑)。)
 折り畳みの際タイヤがあたることもあって、結び目の下に補助革を入れる仕様にしたが、長さとしてはギリギリ役に立ってくれると思う。革にちょっとシワが寄ったがこれは許容範囲としよう。

 140404 140404

 革細工にまで手を出すことになるとは思わなかった。
 いっそバッグでも作ってみようか。
#これはさすがに冗談ですが、ポン太やカン太にも考えてみたくなったかも…(笑)。
tb: --   cm: 0

フレーム・カバー(ジャケット)を作るかどうか…  


 カン太の輪行用フレーム・カバーを購入したせいで、ブロ太のフレーム・カバーのことを思いだした。

 今は、テニス・ラケットのテープを巻いていて、これはこれでなかなか使い勝手は悪くない。つまり、持ち手としても良いし、足の短い私が時々靴をぶつけてもしっかり守ってくれている。
 しかし、それが少々ボロボロになってきていて、巻き替えるか新しく別のものにするかを考えないといけない段階になってきている。

 ネットを検索してみたらいくつか見つかった。

◆HMcraftsman Brompton フレームジャケット 
 形式としては、最も私が希望するもの。
 というのは、持ち手としてはトップフレームを三角形に支える支点あたりまでカバーをしたいと思っているからである。でもちょっと高い。
 中でも私が求めるのだったら、これだろうというのがあったが…。

 140215Brompton


◆サカモトオリジナル ブロンプトン レザーフレームカバー

◆神戸ジャンクションのレザーフレームカバー
 やや小ぶりでシンプルなカバー。私にはちょっとアッサリしすぎかな?

◆Off yer bikeのCarrying handle
 以前、こちらのブログでも紹介したことのあるもの。でもこれは私にニーズには合わない。

◆リンプロジェクト 【5063】 ブロンプトン用フレームパッド
 でもさすがにこれではねぇ、ちょっと寂しい(^^ゞ。

 もちろん自作のものもいくつか見かけるが…。
 さて、どうしようかな?
 いずれにしてもこの雪が溶けてくれないと出かける気にもなれない(^^ゞ。

◆革被りBrompton

◆フレームカバーを作ってみたが・・・

*     *     *     *     *

 写真のフレームカバーに真っ赤なものがあり、それの在庫のことを聞いてみましたら、18日、次のような返信をいただきましたので、皆様にもご紹介させていただきます。特に問題ないと思いますので…。

お世話になります。
Bici Termini 宮崎浩二と申します。

この度は当店へのお問い合わせ、誠にありがとうございます。
フレームジャケットをご検討とのこと、ありがとうございます。

折角のお問い合わせではございますが、ご覧いただいたものは既に完売・終了してお
ります。
しかしながら、革をお持ち込みいただければ製作自体は可能ですので、
ご検討いただけましたら幸いです。

他の在庫ですが、現時点では黄色のみです。
http://bicitermini.com/b/2012/10/16/6193/

通常品(黒、チョコ、ナチュラル)は在庫するよう努めておりますが、
それ以外のものは受注製作のみです。
何卒ご理解、ご了承くださいませ。

ご質問、ご不明点がおありでしたら、
お気軽にお問い合わせくださいませ。
ありがとうございます。
 
 Bici Termini
 宮崎 浩二

 〒540-0005
 大阪府大阪市中央区上町C-7
 Bici Termini
 TEL:06-6761-1732
 FAX:06-6761-1733
 毎週水・木曜、毎月第3日曜日定休
 (※翌木曜日は営業いたします。)



tb: --   cm: 2

BromptonToolsKit到着  


 今日は久しぶりに良い天気になったような気分。しかし、出かける前にカレンダーを発送するためのひと作業。
残り数部です。ご希望の方はメールフォームからご連絡下さい

 発送準備が整ったので、このところ大分ご無沙汰しているブロ太(Brompton)ででかけた。郵便局と買い物なので大した距離ではない。今日は7.3Kmほど。

 帰ってしばらくしたらBromptonTolsKitが到着。10ヶ月ほど待たされた(笑)。

 すでに動画などで紹介されているから、細かい説明は不要だろう。

 

 届いたものはこんな感じ。

 131222 
 131222 131222

 お約束の場所にしっかり納まった。
 右側には予備のチューブ。

 131222
 
tb: --   cm: 0

BROMPTON Tools Kit  


 昨年1月頃のことだったろうか?
 一旦は注文を受け付けてもらったものの在庫が無いと言うことで間に合わず、そのまま不良があるということで発売中止になって、それっきりになっていた。
 それがようやく改良品が入荷されてきているらしい。
#どうやら代替レバーがプラスティックから金属に換わったらしい。

 ようやく入手できるのかどうか…。
 でもまだ時間がかかりそうだなぁ。

 131216

おはようございます。
LORO CYCLE WORKS大阪店です。

約1年ほど前に発売したBROMPTONツールキットですが、タイヤレバーが強度不足により今日に至るまで使用禁止となっておりました。

が!ようやく代替レバーが入荷いたしました~。

強度不足を解消するため、これまでの樹脂製から金属に材質変更されています。
メタル感がステキ~♪

大変お手数ではございますが、ご購入いただきましたユーザー様には無償交換させていただきますのでご来店よろしくお願い致します。



 ということで、22日到着。
tb: --   cm: 2

Bromptonのフロントライト研究  


 その後、Bomptonのフロントライトにふさわしそうなものを研究してみた。

 画像で見るとこんなのが引っかかって来た。こんな中から良さそうなものを絞り込んでみたが、私の判断では、以下の4種が使えそうかもしれないと…だんだん絞られてきている。
#だからといって今すぐどうというわけではない。フロントライトを検討されいてる方の参考になれば…というところである。
#但し、ダイナモ式のものは除外している。


◆CATEYE TL-LD611-F
取付の台座がリアライトと共通化されていますので、
 この、リアラックマウント(5445620)は、フロントのリフレクタと同じ方法で、取り付けできるようになっていて、しっかりと固定できる。ただし、リア用の台座なので、キャリアなどに取り付けるための大きな足がついている。不要な部分は切り取ったりした方が、スマートに仕上がる。
 このライトは道交法上で求められる前照灯の明るさではない。あくまでも補助灯としての使用に限定が必要。

 131112

CATEYE TL-LD611-F 価格:3,675円 取扱い説明書
CATEYE リアラックマウント(5445620) 価格:368円
・リチウムイオン充電池 (充電時間:約4時間)
 (充電仕様。明るさはそれほどではない。)

◆NUMEN TWIN HL ¥2,300 (税抜価格)(軽さは随一)
GIANT NUMEN TWIN HはBromptonの反射板位置にジャストフィット
ハンドル周りスッキリ化したい向きには「お勧め」らしい。

・0.5WハイパワーLEDを2個使用したフロントフラッシャー
・サイズ : 73×32.5×36mm
・カラー : ブラック
・重量 : 33.5g(w/o Battery)
・適合製品 : クランプ径 25〜32mm
・仕様 : 140カンデラ
仕様一覧表
 ●0.5W×2LED(ホワイトLED)
 ●発光モード : 強(6時間)/ 中(12時間)/ フラッシュ(17時間)
 ●10m先で140カンデラ/3.8ルクスのハイパワーフラッシャー
 ●縦・横2通りの固定が可能( 自転車用ブラケット使用時) 
 ●集光&拡散のダブルビーム設計 
 ●バッグなどにも取付できるクリップ・自転車用ブラケット付属 
 ●生活防水 
 ●テスト用電池付属
 その他参考数値

 こちらのブログでもお薦めだった。
 NUMEN HL 2.0 : これは拾い物というか・・・買いでしょう! 価格が安く小ぶりなボディー・・・1wLEDとは思えない脅威の明るさ! 点灯時間も長い・・・ええ買い物でした!

131112

◆IPF X-FORCE COMPACT  6,980 円 (税込)
2つのレンズとリフレクターを複雑且つ効率的に組み合わせることによりムラの無い均一照射を実現する 「Xキュービックコア」 採用。
圧倒的な明るさ全光束150lm(ルーメン) の高品質超高輝度LED採用により圧倒的な明るさ。夜間の街乗りから山間部まで確実に照らすハイパフォーマンススペック。
*「X-FORCE COMPACT」の台座ですが
オリジナル製作(加工)に強度上の不具合情報がございまして
「BBB ブラケット ロング フロント +10MM BFD-21FB ¥577」を
ご案内させていただいております。
*パッケージにバッテリーの付属は御座いません。
「単四電池 3本」を別途ご用意ください。

・圧倒的な明るさ全光束150lm(ルーメン)
・広範囲に照射するワイド配光でありながら
 最高光度3000cd(カンデラ)を実現
・2つのレンズとリフレクターを効率的に配置、
 最適な均一配光を実現した『Xキュービックコア』採用
・定電流回路内蔵により最後まで明るさ一定
・手のひらサイズのコンパクトボディ
・充電電池に対応する保護回路内蔵
・3モードファンクション(HI/LOW/点滅)

・サイズ:H75mm×W49mm×D79mm
・重量:89g(電池・ブラケットを除く)
・連続点灯 LOWモード時:8時間 HIモード時:2.5時間
 (明るいようだが、連続点灯時間が短いか)

 131112

◆ヘッドライトNL-876P ¥3,680¥3,200(Amazon)
・商品仕様
  光源:ワイドパワー白色LED×1個
  電源:単4形乾電池×3本
  使用時間(連続点灯):約20時間
  明るさ:約500cd
  照射方式:反射板
  サイズ:約幅82×高さ43×奥行49(mm)
  重量:約115g (電池含む)
  取り付け位置:前かご
  自動点灯機能:有
  防滴仕様
 (ずんぐりむっくりデザインはBromptonとも合いそう。自動点灯というのはちょっと魅力かも。)

 131112



 この記事の書きかけを下書きで保存していたのだが、なぜか管理画面の「ホーム」部分のリンクが外れてしまっていたので「記事の管理」が使えなかった。
 そのうち治るだろうと放置しておいたのだが一向に回復しない。仕方ないのでFC2のヘルプから原因を探ってみたら、ブラウザーのアドオン機能が関係していたらしい。とりあえず不要と思われるものを外したら無事に下書き記事を編集できるようになった。

 どうやら悪さをしているのは、「AD Block 1.0.0…Block webpage advertisements 」らしい。
tb: --   cm: 4

Bromptonのフロントライト移設  


 Bromptonのフロントライトにどんな方法があるかネットで見ているうちに、「え~い、やってしまえ!」という気になってきた。

 右写真:今、ハンドルに着いているフロントライトはこれ。
 左写真:それをまずカット!(あ~もう元には戻れない(笑))

 131109 131109

 そしてしばしの時間が経過…。

*     *     *     *     *

 できた!(笑)
 あり合わせの材料でこんな感じになった。強引な力技!

 左写真:水平角度良し!
 右写真:Tバッグを取り付けてもOK。干渉することはない。
 
 131109 131109

 進行方向の角度もOK!
 この位置なら荷物のボリュームによってうまく前方を照らせないということもない。折り畳みの際に気を使うこともない。
 もちろん取り外しも自由。
 ハンドル回りもスッキリしてきた。
#これで、木材の部分にマジックインキででも目立たぬようにして…これで終わり。
#クローズアップ写真を忘れていたので後で追加。


 131109 131109


 本当は、もともと着いていた反射板の金具に2穴あったのを両方うまく使いたいと考えていたのだが、どうもそれではTバッグと干渉してしまうので、やむを得ず下の穴だけを使い、回転しないように両面接着テープを間に挟んで固定。多分これでしっかりしている筈…と思う。

 本格的なフロントライトは、これが壊れる頃に考えればいいや!ということで、本日の作業は終了。

PS
 ネットを見ていたら、全く同じライトをBromptonに着けている人がいた。これは参考になりそう。

 BRO “ライト・ステー加工”の巻

 131112
tb: --   cm: 2

Bromptonのクロスバーの検討他、ハンドル回りの検討  


 7日の記事にクロスバーについて書いたこともあって、ちょっと気になって調べてみた。
 次の2つのページが参考になった。

・ブロンプトン Mタイプハンドル クロスバー
・クロスバーにポタナビを設置!ブロンプトンのハンドル回りを変更しました・・・

 似たようなことを考える人はいるもので、2人とも単にクロスバーの機能が欲しいのではなく、同時にハンドル回りをスッキリさせたいということのようだ。

 前者は剛性が明らかに上がったという話しだが、別のページではあまり変化がなかったという話しもある(笑)。剛性の話しはちょっと疑わしいが、私は多分剛性は上がるんだろうと思っている。でもまあこれはどちらでも良い。
 後者の方はクロスバーは外してしまったらしい。

 ハンドル回りで一番問題になるのが私の場合フロントライト。ライトが折り畳みに干渉するということである。
#今は折り畳む際はライト(のマウント)を少し回転させて折り畳みに干渉しないようにしている。
 考えてみればこれは本来の前輪の直上部につけるのが最もスッキリする方法。前者の人も良い物を見つけたようだ「Bromptonのフロントライト GIANTショップでイイの見つけた」。
 後者の人も、ライトの設置位置の変更からクロスバーを取り外している。ライトにはこのポジションが最適位置だろうと思う。
 私もこちらの方法をいずれ検討することにしよう。

 ハンドル回りについては、以前からオレンジジュース製のハンドルに交換してみようと思ったこともあるが、これもオリジナルより重量がアップするらしい。もちろんもう少し低くしたい思いはあるがまあこれも当面は保留状態のままにしておこう。

 ということは、ハンドル回りの当面の課題はフロントライトの位置というだけか。これもまあ急ぐ話しではないし…(笑)。

*     *     *     *     *

 久しぶりに他のサイトも覗いてみるか…という気になって「折りたたみ自転車の改造とサイクリング~YAMAHONで行こう」を見てみた。
 そこで見た「メンテナンス&改造」のページ。Bromptonの改造に関する記事に関心を持ったのだが、それ以外にもなかなか参考にある記事が豊富だったような…。

・[Brompton] ブロンプトンのペダル交換
 これは私と同じペダルに交換している。そりゃあそうだろう(笑)。
(私の方は両方取り外し可能にしているけど…)

・日帰りポタに最適な、POCHITT メッセンジャーフロントバッグ
 これも良さそうだけど、私の場合はもう問題は解決してしまったしなぁ(^^ゞ。

・[Brompton] ドリンクホルダーの取り付け方を考える
 これも私の方法と同じだ(笑)。
tb: --   cm: 0

カメラバッグ再考  


 現在、今までの絵を使って、以下のようなハガキサイズのカレンダーを検討中。これは表紙です。
 130901

 そのために、何か使える物はないか?とヨドバシへ。
 それとはあまり関係無かったけど、結局購入したのが次の2つ。

・名刺用紙は「A-one 51604 マルチカード インクジェットプリンタ専用紙」 

・カメラバッグは「ロープロ イベントメッセンジャー100」
 今までのカメラバッグがデジイチを基本として考えていたために、ブロ太(Brompton)に使うにはちょっと重かった(少しハンドル操作に影響する気持ちも…)。今回、ボトルケージをつけるにあたってRixen&Kaul・フロントアタッチメントのアダプターを外してしまったのは、そんなことも理由だったりする。
 しかし、今はミラーレスが基本。そんなわけでミラーレス用のものを探したというわけである。この中には最低でも、カメラ・財布等小物・買い物袋が入る予定。
130901

 そして、本日、再びブロ太にRixen&Kaul・フロントアタッチメントを着けてみた。ちょっとだけボトルケージと干渉するような気もしたが、何とか着けられた。本当はキャディ(KR851)の方がハンドルにも良いことはわかっているのだが、今はあるもので我慢。
#でもこの写真を見ると、何だか欲しくなってしまう…ということで一応ポチッと(笑)。価格はちょっと高いと思うけど…これはイザとなったらサドルバッグの代わりになるかもしれないとも思っているので…って口実かな(笑)。
#写真の背景にあるパネルが今描いている絵・2枚です。

 130902  130902KR851


 さてバッグである。お決まりのように、以前購入してあったRixen&Kaul・KLICKfix(KM811アダプタープレート)を着けようとした。しかし、このバッグには緩衝材の厚みがあるのでボルトの寸法がちょっと不足。
#今までは(カメラ保護用)緩衝材を挟み込まないよう塩ビパネルを使っていたが、今回はそれを使わないでやってみようというわけ。
 仕方ない。今描いている絵の仮縁のために、いずれホームセンターに行かなければならないので、その時に忘れないように購入するとしよう。

*     *     *     *     *


 結局、絵を描くのに飽きてきて、従来の方法でやってしまった(^^ゞ。
 つまり、塩ビパネルをカットして、ポケットに挟み込み、それとKM811アダプタープレートを一体化してしまったというわけである。写真でポケットから塩ビパネルがはみ出ているのは穴の部分から塩ビパネルがひび割れてくるのをできるだけ避けようというわけである。見かけはちょっと悪いが、この方法なら、内部には無骨な物が出てこない。
#いつものように、肩掛けベルトは当然フックで取り外しが自由…というつもりだったのだが、買う時、そこまでチェックしなかった(^^ゞ。
 130902 130902
 130902 取付の様子。もちろん暫定。

#背景に見えている絵。今回はこんな感じ。F40号。



PS
 3日、明日から始まる展覧会のための絵の搬入のため、このカメラバッグをロボ太に着けて走ってみた。なかなか良い感じである。
 帰宅したところへキャディ(KR851)が届いた。早速ブロ太(Brompton)に着けようとしてみたが、案の定ブロ太のハンドルポストに着けるのは無理(折り畳み時に干渉してしまう)。こうなるとサドルポストにつけるか?それなら大丈夫。でもそれでは折り畳み時にサドル位置が上がってしまう。ちょっとそれは避けたい。
 無理矢理(径が指定より太いので)、ポン太(DashX20)にでも着けるか?
#カン太(TrekDomane4.3)には着かないし、着けたくない(^^ゞ。

*     *     *     *     *

【9月5日現在】
 どうやらキャディ(KR851)はポン太(DashX20)に一番ふさわしいような気がしてきていた。しかし考えてみれば、ポン太はハンドルポストが太い。だから、問題なのはボトル寸法だけでなくボトル幅も問題だと言うことに気づいた。結局ポン太にもこれを取り付けるのは難しいということがわかってしまった。
#となると、これは無駄になるのか~?(苦笑)

 その一方で、カン太のフロントバッグを何とかしたい気分がムクムクと…。急に振り分け型バッグの配置が気に入らなくなってきたというわけ(笑)。何か良いフロントバッグはないものか。
 良く見るとカン太(TrekDomane4.3)にはフロントバッグが取り付きにくいことに気づいた。それでもライトの角度をちょっと変えて従来のもの(いろいろバッグがあるのです(笑))が取り付けられるようにはしてみた。これでまあ使えないことはないがこれではまだ気に入らない。カン太のバッグはまだまだこれからの課題である。
tb: --   cm: 4

dom モンキーケージなど発注  


 明日は、良い天気なら私の友人の仲立ちをして、Bromptonの引き渡しを行うことになっている。
 その詳細は明日に譲ることにして、明日は輪行することにしたので、今日は久しぶりにブロ太の状態確認と装備関係を見直してみた。

 ブロ太と出かける時は、明日もそのつもりだが、大抵の場合はTバッグ付きである。というのは、ついでに買い物という場合もあるし、カメラをTバッグに入れて…ということも多いからである。それはそれで便利なのだがちょっとしたカメラだけで…というような場合にはどうしても大げさになりがち。それでまたお道具マンの虫が騒ぎ始めた。

 「dom モンキーケージ」というのがあるのを以前ネットで見ていた。
 一応専用の台座もあるにはある(右写真)が、普通は左写真のような感じでボトルケージの台座につけることになる。その特徴はアダプターとセットで使うことになり、サイズがかなり自由になるということにある。もしかしたら普段ポン太と行動をともにする小物入れも使える可能性があるということになる。これがブロ太に着けられたら動き方がもっと自由になるかも知れないとも思う。

 130729 130729

 関連商品には、モンキーウェッジモンキーバッグも用意されている。でもここまで考えるならもう少しいろいろ考えられるだろうに…と思うのは私だけだろうか?
 今のところ、私としては、関連商品まで手を出すつもりはないんだけど…。

 130729 130729モンキーバッグ

 今日は、このモンキーケージをブロ太に取り付けたらどうかなんて考えてしまった。
 そのためにはこんな台座がすっきりして良いかな?というわけで、これも一緒に注文してしまったというわけである。

 130729

#実のところこれは、以前PowerGripsを勧めていただいた「死せる詩人」さんのこちらのページから教えていただいたもので、私のアイデアではないのが残念だけど…(笑)。

PS
 ただ1点、下段のボルトの頭がハンドルポストに直接当たるので、間にクッション材を噛ませた方が良い。

PS
 装着した結果はこちら
tb: --   cm: 2

Brompton tool kit  


「Brompton tool kit」。昨夜、サイクルハウスしぶやのWebPageで見ていて迷っていた商品だった。一度は買い物籠に入れたのだが迷ってやめていた。
#「現在欠品中」ということなので、次回(2月)便の予約の受け付けということだが…。
#しかし、注文後、在庫ありとの連絡。喜んでいたら結局<確認ミス>で在庫がなかったとか…。本当かなぁ…。疑いながらもあきらめるしかないか(^^ゞ。


 130113

 それが今朝、「神戸ポタリング日記」で紹介されていたのを見て、つい改めてポチッとしてしまった。
 やはり動画の方がわかりやすい。 http://goo.gl/6RVO9

 こういうタイミングって弱いなぁ(笑)。
#最早他を検討してみる気にもならなかった(^^ゞ。
tb: --   cm: 0

リア・カート(続き3:Ver1完成)  


 本日はちょっと天気が不安定。
 最初はテニスに行くつもりだったのに、家を出たところで雨がポツポツ。急にその気が失せて家に戻った。

 時間ができたので、ブロ太のカートのイメージを具体化してみることにした。
 写真左は、スケッチカートのアームを手頃な長さにして、マジックバンドでブロ太のリアキャリアの丸棒に取り付けたもの。マジックバンドは二重にしているし、もともとそう重量のあるものをこれで運ぶ気はないので、荷重的にはこれで十分な気がする。融通性もありそうだしこれで何とか行けそうである。リアライトとのクリアが多少は気になるが何とかなりそうだ。
#まさか自分の足が入っているとは思わなかった(笑)。
 写真右は8号額を載せた場合。これは思ったよりギリギリになったが、これも何とかなるだろうというところだ。いずれしても急カーブ・段差は特に慎重さが必要だ。

 120921 120921

 考えてみたら何のことはない。こういう形のカートなら通常の「キャリー・カート」を自転車につけただけのことじゃないか(笑)。キャリーカートで、できるだけ巾が広く、車輪が大きいものを選べば同様の使い方ができるってことだ(笑)。
 でもこのスケッチ・カートは、既にあるっていうことと、背中に背負うことができるっていうことにアドバンテージがあるとは言えるのかな?
tb: --   cm: 0

リア・カートの検討(続き2)  


 相変わらずリアカートの検討を続けている(笑)。といっても思いついてはMonotaROのページをチェックしているだけだけど…。

 まだ具体的に決めたわけではないが、

1)現状のカートをとりあえず使うことを考えて

 100円ショップでこんなものを買って来た。いわゆるマジックベルトである。1本だけでは短いので2セット。
 これでカートの取っ手とBromptonのリアキャリアとつなげば恐らく大丈夫だと判断している。
#しかし正直言えば、これではちょっと強度的に不安も大きい。長期間の使用に耐えられるとは思えない。

 120919
#右手のものがそれ。赤・青・黒の三色セットだった。でもちょっと短いので2組購入。
#左手のものは、同じくマジックバンドを使った荷造り用バンド。これはカートの荷物を縛るため…と思ったがちょっと短かった(^^ゞ。赤く見えるのは右手の商品のもう一組で留めているだけ。



2)本格的な利用を想定すると

◆マジックバンドはこのあたりが良さそう 
 これは他にもいろいろな利用が考えられるので無駄にはならない。

◆車輪はいくつか選択肢があるが…
 まずは、ベアリング入りが欲しい。
 ・車輪径 150mm程度が最も望ましい。
 ・車輪巾 30mm程度は欲しい。
 ・車軸径  9mm以上。あまり大きすぎないのがよい。
 ・ボス巾 35mm以内にしたい。しかし現実にはなかなかこういうものがない。
 こんな検討によると、今のところ最も適していそうで安いものがこちら

◆もし上記を使うとすれば車軸も交換が必要になる。
 寸法を測った結果。現在の最大車軸は9mm。
 #前回4mmと書いたのは、その中に4mmの車軸が入っているからである。
 従って、9mmφの長さ38mmのネジ棒を探さないといけない。

 しかし丸棒という条件だけならすぐに入手可能なのだが、ネジ山を切ってあるものは今のところどこにも見あたらない。自分でネジ山を切る気になれないし…。さてどうしよう。
#確か東急ハンズで見た時も径6mmφ・長さ30mmが上限だったような記憶が…。
tb: --   cm: 2

リア・カートの検討(続き)  


 今日もお絵描き。
 飽きてくると自転車のことを考えたりして…。

 昨日考え始めたBromptonのリア・カートの件。そのままカートにすることもできそうなのだが、今のままでは全体的に華奢に見える。多分このままでは実用的なものになりそうもないような気が…。
 できればホイールだけは何とかならないか?とちょっと分解してみた。

 120913

 その結果わかったこと。
・シャフト径d(Φmm) 4mm (意外と細い。できればベアリング入りのホイールにしたい)
・車輪径D(Φmm) 110mm (大きくするとしても150mmほどが上限か)
・車輪幅W(mm) 23mm (この辺りもあまり余裕はない)
・ボス幅H(mm) 25mm

 MonotaRoで探してみたが、なかなか適合しそうなものがない。このあたりだとコーナンか島忠あたりで探すしかないのかな?でもなかなか適合するものが見つかりそうな気がしない。それに価格も結構しそうである。
 しばらくはこのまま使ってみて様子を見ることになるか…。


 以下は余談です(笑)。

 以前、FBでトーホー工業を見たことがあったが、この楽天店舗を担当している店長、なかなかこだわり頑張りを感じて好感を持てた。ここで出している「折り畳み、自転車牽引用リアカー」、デザインは決して良いとは言えないが、良く考えているし価格も安いと考えて良いだろう。
 これを改良して何とか面白いものができないか?と思っていたら…。
 
 本日、やはりFBでこんなページを見つけた。室内の様子がわかるので参考になる。だが、これは自転車用トレーラー・ハウスだと思うが、どこで寝るつもりなんだろう?そんな風に考えているんだろうか?
#ところで、このページはfacebookに入っていない人も見えるのでしょうか?
 http://goo.gl/M1OPW

*     *     *     *     *

 今日の進捗状況です。

 3枚目の絵が大分出来てきた。実際の絵とは色調が違うような気がするけど、こんな感じになってきた。
 これからは、他の2枚とともに、全体の色調やらトーンの調子やらを見ていくことになりそう。
 残り2日。

 3枚目が出来てきた

 また、朝日新聞の記者さんが送ってくれた9日(日)の新聞記事が今日届きましたので、一応記念のためにここにも掲載させていただきますね。

 120909朝日新聞
tb: --   cm: 0

リア・カートの検討  


 今日も暑い。
 何故か昨日のあれだけのことで疲れたとも思えないが、今日は寝坊したので効率が悪かった。

 終日(といっても実質的には14:00頃から)絵を描いていたが、今日の進捗状況はこんなもの。この絵はあと2日かな。
#新しい照明器具も良い感じだ。

 120912

*     *     *     *     *

 絵の方はそこそこ進めているが飽きてきたので、昨日思い出したお絵描き用カート(私のものはF10号用)を引っ張り出して、ブロ太のリア・カートとして使えるかどうか検討してみた。
 このカート、幸いなことにホイールがちょっと大き目(本当はもっと大きいものが欲しいけど…)。取っ手も伸び縮みする。袋そのものはチャチなできだがアルミの骨格そのものは結構しっかりできている。おまけに背負うこともできる。確か1割引きで購入したと記憶しているが、結構な値段だったんだから有効に使わないともったいない(笑)。

 検討したところ、「取っ手の引き出し長さの調整」「ブロ太との連結方法」を工夫できれば十分使えそうだということがわかった。
 また楽しみが増えた。いつかこれをブロ太用のカートとして使えるようにしてみよう。ただ、このままではスピードを出すのは難しい。車輪の交換も検討した方が良いかも。
#残念ながらハンサム判治のような格好良いものが必要なくなってしまいそうだけど…(笑)。

 120912 120912

PS
 そう言えば、ハンサム判治氏の投稿動画にこんなもの「Brompton × Alpine Backpack ブロンプトンに特大登山用バックパックを積載する」もあった。
 こんな工夫で、このスケッチキャリーをブロ太のキャリアに載せたり、これと組み合わせて、最大の積載量を確保するなんてこともできるかもしれない。
 「(バカ)夢」はどんどん広がっていく(笑)。
tb: --   cm: 0

ブロ太とロボ太のハンドル回り  


 先日、サイクルハウス渋谷に発注した「sobdeall ロックオン レザーグリップ ブラウン(short)」だったが、カード決済の連絡をもらっていたのに気づかず大分到着が遅れたが、本日到着。送料込みで6037円とのことだった。
 
 早速、28日には到着していた「リクセンカウルKF810」と一緒に記念撮影。

 120831

 そしてすぐにグリップはブロ太に、リクセンカウルはロボ太に取り付けた。

 120831

 どうせ私がやることだからこんな程度にしかならないが、一応私としては満足の行くレベルにはなった。
 さすがに630円のミラーは出来が良くない。位置がグラグラしていて定まらない。もう少し調整してみてダメならブロ太と同じものにしてしまおうかと、ちょっと思案中。

 一方ブロ太のグリップ、ちょっと高級感があったりしてなかなか良い。パームレストの部分は期待したより小さいのが残念だが…。
 左は余裕があり、ブレーキレバーの位置をやや外側にした。右はギリギリかと思っていたがむしろグリップを数ミリカットしたいくらい。というのは、右はトリガー形式の変速機、ブレーキレバーでギリギリでこれ以上縮めようがないところに、このグリップでも少しオーバーしてしまうのだ。一瞬カットしようかとも考えたが(但し、グリップの革の縫い糸も切ることになってしまう)、何とかグリップエンドの締め付けはできそうなので、とりあえずはこのままで様子を見ることにした。

 写真は9月3日撮影のブロ太のハンドル回りである。

 120903ブロ太ハンドル
tb: --   cm: 0

ブロ太のハンドル回りの変更  


 京都・大阪の方では豪雨で大変なことになっているらしい。大事にならなければ良いが…。
 こちらも午前中から昼ぐらいまで雨。昼過ぎになり雨が止んだので銀行に行って来た。ネットバンキングができるようにしようと書類を送ってもらったは良いが、あまりにも長い間使っていなかったので、印鑑がわからなくなってしまっていたから…(^^ゞ。ドジな話しだ(笑)。

 ロボ太で行ってみたが概ね改造の具合は悪くなさそう。ただハンドルミラーがやや不安。可動域が小さいのは良いが、好みのところに設定したものがちょっと安定してくれないかもしれない。いずれにしてもこれは様子見。
 帰りの坂、いつもは変速2か3で登るのだが今日は4で登ってしまった。自転車はちょっとしたことで調子が変わってくる。

 本当は絵を描きたいのだが、このところネット疲れでなかなかその気になれないので、このページのリンク先をチェックしてみた。既にリンクが切れているものは外したが、他にも随分長い間更新されていないページもある。自転車ブログというのはこういうものが多いのかもしれない。


*     *     *     *     *

#前置きが長くなりましたが…(笑)。

 そんなことをしながらブロ太のハンドル回りの撮影をしてみた。

 まずは畳んだ状態で…。
 左写真はハケ毛装着の状態。内装変速のためにハケ毛は2つをつながないといけない。
 右写真はハンドル回りの状態。GCSで「フル装備ですねぇ(笑)」と言われたほどいろいろなものがとりついている。今回、ミラー交換をしたことで畳んだ時の納まりは格段に良くなった。新しいベルもちょっと目立つかも(笑)。指のかかりも良くなった。
#背景に白く見えるのは、水貼りが終わって出番を待っている30号パネル(3枚)。
 120814 120814

 こちらは展開状態でのハンドル右側の写真。
 ミラーは大きくなっているので視認性は明らかに良くなっている。
 本当はベルは水平に取り付けたいのだが、シフターに場所を取られてしまっていてここしか設置場所がない。ベル位置が縦向きのせいでちょっと音が悪いような気もするが(私はそういうことはあまり気にしないこともあって)まあ気にならないレベル。
 やはり改造しただけのことはある。ちなみに右写真がこれまでの状態。
#次はペダルかなぁ(笑)。

 120814    110617Bromptonハンドル回り


 さあ今日は絵にかかろう。
tb: --   cm: 0

史上最強の輪行システム?  


 先日、Facebookの友達のページから拾った情報です。

 以前、サイクルトレーラーの記事でちょっと記したことはあったのですが、友人のページでこの動画を見て、改めて便利なものだと思った次第。

 「史上最強の輪行システム!The Brompton & Burley Travoy」

 120718BurleyTravoy

 今はこれが本当にBrompton(だけじゃないですけど)の輪行には最強のシステムかも?って思います。

 こちらはメーカーのこの製品のページ

*     *     *     *     *

参考:これもFacebookからでしたが、こちらも最強の一つかな?使い方次第でしょう。

 これもfacebookで拾った画像だけど…。
 Brompton with trailer doing groceries

 120718trailer

 商品はこれのようですね
tb: --   cm: 2

サイコンの設置と交換  


 昨日届いていたサイコンをロボ太に取り付けることにした。

 もう3台目。しかも殆ど同じサイコンだから手慣れたもので簡単に終わった。
 以前島忠で買って来ていたスパイラル・チューブもとりつけて、スッキリした…と思おう。

 しかしずっと迷っていたのは、この際、ロボ太とブロ太のサイコンを交換してしまおうか…ということである。
 結局思い切って交換することにした。サイコン自体は異なるがセンサーは多分同じ。そう割り切って設定し直した。
 ブロ太はこれまでの走行距離1367Kmはゼロから再スタートということになる。
#忘れないようにφ(..)メモメモ。

・新しいサイコンをブロ太用に設定。
 以前、タイヤの周長を130cmとしていたので、そのままそれで設定。

・今までのブロ太のサイコンをリセットしてロボ太用に設定
 タイヤの直径約49.5cm。空気圧を考慮して49cmとすることにした。
 タイヤの周長は154cm。

 これはこれで良い。
 ところが、ついでにポン太の直径を測ってみたら46cmほど。あれ?ロボ太とポン太は同じ20インチだと思っていたが…。
 どうやらポン太のタイヤは18インチらしい。これじゃあDashX20のカタログに偽りあり!じゃあないか?
 こんなことってあるんだろうか?

 仕方ない、気をとり直してブロ太のサイコン再設定の作業を続けた。

 これで、サイコンのデータが期待したように動かなかったら本当に泣けてくるぞ~。

 試走をしようとしたら雨の具合があやしいので、それでもちょっとだけ走ってみた。少なくともロボ太の方は順調に動いていた。
#サイコンを上下反対に取り付けていたので、早速やり直し。オッチョコチョイめ!>自分(笑)。

 一応整理するとこんな具合
・Brompton 16インチ 周長130cm(どなたかから教えられて)
 (走行距離1367Kmでリセット、再スタート)
・Dahon DashX20 18インチ 周長146cm(実測)
・ロボ太 30インチ 周長154cm(直径から)
tb: --   cm: 2

ペダルの交換?  


 本日の「神戸ポタリング日記」はブロンプトンのペダル、三ヶ島FD7の話題である。 それを見ているうちにふと思い出した。私のペダルもちょっといじってみたいと…。
 私が考えているのは、DashX20のペダル「三ヶ島のPROMENADE-Ezy」を、できればBromptonでも使ってみたいということ。さらに、できればそれを外した時にどこかに収納しておきたいということで、昔の記事を思い出した。つまり、これを取り付けてみようか?ということである。
 120621ペダルアタッチメント 6月21日到着

 とりあえず、この会社「サイクルショップflame」に電話したらメールで内容を送って欲しいとのことでメールをしてみた。
 私もかなりの物好きということなのだろうか(笑)。

*     *     *     *     *

 最初は、アダプターだけを1セット購入しようかとも思ったのだが、考えてみればペダルを買えばもともと付属のものだから特に必要はない。問題はもう一つのペダルを何にするか?ということである。
 Compact-Ezy か それともMM-Cube Ezy ということになるだろうか?
tb: --   cm: 0

買い物カートとなったブロ太  


 私は買い物がある時には、できるだけブロ太で出かけるようにしています。
 それは、ブロ太をこんな風にして買い物をしているからです。さすがに最初は恥ずかしいような、何かを言われるんじゃないか…なんてことを気にしていましたが、誰かがやらないことには自転車に対する世間の見方も変わってくれません。

 余計なことかもしれませんが、私がいつもブロ太と一緒に買い物する時の様子をちょっと紹介しておきましょうかねぇ。

 120303ブロ太カート
 こちらが買い物カート化したブロ太です。
 ペシャンコになったTバッグがちょうどカゴを支えてくれます。商品をカゴに入れていけばサドルがカゴの重みを支えてくれます。
#Tバッグの融通無碍なところが大いに生きています。

120303ブロ太カート
 ただ買い物カゴを乗せただけではちょっと心配です。店内で品物をぶちまけてしまうと目もあてられませんからねぇ。
 そこでTバッグの取っ手とカゴをプレートで支えるようにしました。これでカゴも安定してくれることになりました。

 今日も店内で試食サービスを提供しているオバサンに「えっ?それ自転車ですか?良いですねぇ。」と言われ、思わず試食した商品を買ってしまいました(笑)。
#オバサンの息子さんも3台の自転車を乗り回しているとのことでした。

PS
 もちろん買い物した品物は全てTバッグに収めて帰ります。
 レジで品物をTバッグに直接入れてもらえたら便利だと思うのですが、未だにそこまで図々しくなりきれません(笑)。

tb: --   cm: 2

最近の買い物 ボディバッグ他  


 サポートベルトなんてコストパフォーマンスの悪いベルトを買ってしまったのには、ちょっとした理由があるのですが…。

 実は数日前にこんなバッグ「PU leather body bag」を買っていたりして…(^^ゞ。
 120214ボディバッグ

#安物買いの銭失い…なんて、私のことを揶揄する向きもないわけじゃないんですけど(笑)。

*     *     *     *     *


 ついでに最近ネットで注文して届いた品物がこれ「コンパル ワンタッチ滑り止め L (26.0~28.0cm)」
#自転車には関係ありません。今月末のちょっとした旅に備えて…です。
 120212靴滑り止め 120212靴滑り止め
 
tb: --   cm: 0

サポートベルト購入  


 ネットを見ているうちにこんな商品を見つけた。「"moca"より、サポートベルト」
 120211サポートベルト

 既存の肩掛けバッグやカメラなどを肩にかけて自転車に乗るとどうにも具合が悪いので、これがあれば何とかなるか…と思った次第。同じ役割を果たすものならいろいろと考えられるが、自作ではどうにも格好悪いのと両端に挟むこの機構があれば何かと使えるのではないかとポチッとしてしまった。
 明日届くようだ。メールがあった。
#実際に使ってみた感想は「基本的には使えない」だった。そんな懸念も最初から持っていたのだが案の定…だった。これだけでは肩に掛けたカメラ等が回転して手前に落ちてくるのを防ぐことができないということがわかった。ベルトに固定するなどの工夫が必要である。

 ついでにこんなのも見つけた。犬印純綿帆布の自転車用バッグ
 今の私にはすぐには必要ないので、今後のための検討候補にしておいて良いかも…という程度だが。
 でも、Bromptonのサドルバッグに良いのがあれば検討したいとは密かに思っている(笑)。

*     *     *     *     *

 久しぶりに最近描いた絵をご紹介。
 上の4枚は三崎口まで行った時拾った風景。下は町田へ輪行した時の風景。
 最近はあまり絵の方が進んでいませんねぇ。反省。

 <引き上げられた舟(小坪漁港):F4>  <漁港の風景(小坪漁港):F4>
 漁港の風景(小坪漁港):F4横 引き上げられた舟(小坪漁港):F4横

 <漁港の午後:F4>            <二艘の舟(葉山漁港):F4>
 漁港の午後:F4横 二艘の舟(葉山漁港):F4横

 <樹間の四阿(芹が谷公園):F4>
 樹間の四阿:F4縦
tb: --   cm: 0

GPSブラケット詳細  


 先日26日に発注したブラケットが本日到着。
 早速Bromptonに取り付けましたので、その詳細をご紹介しておきましょう。

 120126自転車用ブラケット GPSブラケット詳細

 左写真が本日到着のもの(念のために2つ)。ポン太に取り付けてあるものと同じです。
 右写真の左がベルトにGPSを取り付けるためのブラケット、右がGPSに手製のアタッチメントを取り付けたもの。この状態で左写真のブラケットに取り付けます。
 GPSとアタッチメントは、ベルト用ブラケットと同様に黒い部分(木製)にGPSのボタン状の出っ張り部分を引っかけ、他方は念のためにセロテープで貼り付けています。これで十分です。白い部分(使用済みカードを適宜カットして作製)がブラケットのポケットに挟まります。一部にブラケットからの脱落を防ぐための引っかかりを作っています。
#何と見苦しい作りでしょう(笑)。しかしとても安上がりです。

 これまではそれぞれに対応したアタッチメントを使っていたので極めて不便だったのですが、これでようやくブロ太とポン太でこのままGPSを共用できることになりました。
#今回、USB差し込み部分と干渉する箇所は丸くカットしましたので、この状態でPCとの接続も可となりました。もちろん電池交換の際にはセルテープを外さないとなりませんが…。
tb: --   cm: 0

自転車ライト用ブラケットの発注  


 デスクトップPCが壊れたのでノートPCで様々な仕事をしなければいけなくなっている。環境がデスクトップと異なっているのでそれを少しでも使いやすくしようとしているのだが…。
 そんなことをしているうちに、ついついネットで買い物をしてしまう(^^ゞ。

 今日買ったものは写真のもの。
 GPSのマウントが今はブロ太とポン太で異なっているので、GPSを使う度に間違えないように気にしなければならないのが煩わしいと思っていた。それでできれば両者を揃えてしまおうと思ったのである。なぜこれを持っていたのかわからないが、現在ポン太で使っているものが締め付けが自由になるので調子が良い。だからこれを共通にしようとネットで探し始めた。
 CATEYEと書かれているので自転車用ブラケットらしいと目星をつけて探し始めたのだが…結構苦労してしまった。
 
 それがこの製品 「Cateye - SP MODEL Flex Tight ブラケット - 12-32mm SP-11 Mode」
 120126自転車用ブラケット

 製品が見つかれば後は安いところ探し。結果的に使えるところがサイクルベースあさひだった。
 注文したは良いが今度は在庫がなく問い合わせるので結果は後で…ということ。なかなかうまくいかない(笑)。

 もしかしたらこちらの製品(HL-EL600RC)のブラケットも同じサイズかもしれない。
 でも今はライトは必要ないし、それにこれはデザインは良いがかなり価格も良い(笑)。
tb: --   cm: 0

Reproのマスク  


 先日書いていたマスクの件。
 簡便なものをいくつか買ってみたんだけどやはり簡単に呼気がもれてしまう。どうしても呼気でメガネが曇るのはイヤなのでReproを考えることにしてMサイズを発注した。すごいデザインだが仕方ない。
・RESPRO(レスプロ) 排気・花粉・アレルギー対策 スポーツフィルター付属 スポーツバルブ付属 / ブラック / Mサイズ / スポーツタマスク¥6,825
 120121RESPRO 
 ↑この写真は私ではありません。念のため(笑)。

 それが届いた。
 ちょっと心配していたんだけど(Mはちょっと小さめだったかも)サングラスを着けてみたらこのサイズで良かったかもしれない。これを着けると口先が前に出るからキツネ顔になるような気がしないでもない(笑)。それより何より、まるでサイボーグのような顔つきになる(笑)。
 しかし、装着感はなかなか良い。ただ首の後ろで留めるマジックテープ(ベルクロ)がちょっと下へ下がり気味のように思うのは気のせいだろうか。これでも呼気がマスクにわずかに漏れてくるような気がする。気のせいか…。これ以上何とかしようと考えるならマスク側での曇り止めか。
tb: --   cm: 0

(ブロンプトン用)トレーラー決定版?  


 facebookで拾った画像だけど…。
 Brompton with trailer doing groceries

 これって、なかなか良いと思いません?
 商品はこれのようですね

*     *     *     *     *

PS(2012年7月18日)
 その後、Facebookの友達のページから拾った情報。「史上最強の輪行システム!The Brompton & Burley Travoy」

 120718BurleyTravoy

 これは便利ですねぇ。今はこれが本当に(輪行には)最強!かも?って思います。
 こちらがメーカーのページ
tb: --   cm: 0

ヘルメット・アンダー・キャップ届く  


 この暑さでこのところ走る気になれないでいるんだけど…。

 暑さの中を走ると当然汗をかく。ヘルメットの中も汗まみれ。これを繰り返せば当然ヘルメットの中が汗臭くなってしまう。
 これを避けたいと、以前、ヘルメット・アンダーキャップを買ったのだが、これがネットでは派手なデザインしか見つからなくてとりあえずそれを一つ購入した。だけど恥ずかしいのでいつもヘルメットと一緒に脱いでごまかしている(笑)。

 先日、伊豆へ行った時、電車の通販雑誌で「和帽子」なるものを見つけて「これは良い」と思った。私が見たのは、三河木綿刺し子織り和帽子というものだったけど、これは3700円と高価。
 もちろん、最初からこんな高価なものを買う気はない。関連する製品をさがしているうちに、もっと安いこちらの製品に辿り着いてそれを発注した。
#ネットで発注するものは、基本的には送料無し(送料込み)で安い物…と思っていますからね。

 その一つが本日届いた。本日届いたのが前者。
 お試しにもう一つ和帽子に似たような製品として発注してみたものが後者。近日中に届くことになっている。

110629ヘルメット・アンダーキャップラフ&ロード クールマックス ヘルメットアンダーキャップ(ブラック)2枚組 RR5859
2,345円(送料込み)

110629ヘルメット・アンダーキャップデイトナ:バンダナキャップ(カムフラージュ/グリーン)
1,000円

tb: --   cm: 2

またまたハンドル回りの変更  


 今日は雨。だから自転車いじり。

1)昨日のリクセン化したバッグの補強
 つまり、アタッチメントをバッグの内部に出さないために、綴じ紐でアタッチメントの上部2カ所を内外で緊結。
 これでどの程度補強されるかわからないが…。

2)ブロ太のハンドル回りの整理
 リクセンカウルのフロントバッグ用のアタッチメントが何とか取り付けられないか、いろいろやってみた。何とかできたもののあまりにも窮屈で不格好。さすがの私もこれでは恥ずかしい…とスッパリあきらめることにした。
 写真は、左方向から、サイコン、GPS、フロントライト、ミニマップ(またはボトルゲージ)、ベル、シフター。
 混雑の具合はあまり変わらないが、使い勝手はスッキリした。(と思います。)
 110617Bromptonハンドル回り

3)ロボ太にフロントバッグのアタッチメントの再取り付け
 もう何度目かになるので、困ることはありません。元通りになりました。

#いつもこんなことばっかりやっています…(^^ゞ。でも、これでそれぞれの自転車の環境づくりは終了段階ですね。
#もう少し試して見たいことが…。それは、車輪外しとパンク修理(チューブ交換)の手順なんですが…。

#でもこれからはポタリングの情報を出せるようにしていかないと…と思っています。


 本日の絵<朝日を受けて:F4横>
 朝日を受けて:F4横

tb: --   cm: 0