ポタポタ時々記

自転車を中心とするスロー・ライフや時々の買い物記録などです。

悩ましいボトルケージの選択  


 いつものようにテニスを終えて帰宅した後、Bromptonにもう少し欲しいものとして思いついたものがある。飲み物を取り付けるボトルケージである。ところがこれがなかなか悩ましい。
 それを探す店は、サイクルベースあさひが良いらしいということがだんだんわかってきた。

 ボトルケージ選択の悩ましさは、次のような点にある。
①専用のボトルを使うものとペットボトルを使うものがあること。
②通常はボトルケージとそれを取り付けるホルダーが別に売られているのでわかりにくいこと。
③Bromptonは折り畳みなので、どこへどのように取り付けたらいいか考える必要がある。そのためにどれが適切かを考えなければいけない。将来は、小物入れのフロントバッグも取り付けたいと考えているのでそのことも考えないといけない。

 これだけのものの中から選択しないといけない。



 その後、近くのダイソーを回ってみたら、ボトルケージも売られていた。問題はデザインが許せるかどうか…だな(^^ゞ。
tb: --   cm: --

バックミラーとリアフラッシャー  


 バックミラー リアフラッシャー

 本日、標記の品物が到着。早速取り付けてみた。

 バックライトは、「グリップエンドに取り付ける場合」と「ハンドルに取り付ける場合」の選択ができる。しかし、グリップエンドの方が明らかに効果的だしスマートである。
 先日、交換してもらったグリップエンドに穴を空けてそこに取り付けてみた。なかなか上手く処理できたと思っている。
別の角度から見た、ネット上の画像。元URLがわからなくなってしまいましたm<(_ _)>m。

 リアフラッシャーは、「シートポストに取り付けるような部品」と「クリップで留めるような部品」があったが、シートポストは折り畳みで畳んでしまうので取り付ける場所がない。だから必然的にサドルバッグにつけることになった。
 写真には、100円ショップで買ったワイヤーロックも見えている。先日の本には「安全のために2つのロックをつけておいた方が良い(要するに盗もうという気持ちを弱めるため)」という意見なので、それに賛同して追加購入したもの。

 これで気になる装備はほぼ整ったかな?
 あとは、自分の服装だけ。
tb: --   cm: --

100円ショップ恐るべし  


 起きたら右腰が痛い。今日はテニスの日、どうしようかと考えたが結局青空を見たら行かなきゃ…と思い、出掛けた。
 調子はまあまあ。身体が慣れてくるまでの間、最初こそややミスもあったが、その後は接戦をものにするなど好調が3ゲームほど続いた。しかしそれからは身体が疲れたからかミスが多くなった。それに焦りも生じていたかもしれない。

 その後、買い物がてら帰ったが、今日はちょっと思いつきで買ったものも多かったかも。でもやはり自転車関連のものが多かった。
 それにしても、100円ショップの価格には驚いてしまう。昨日発注した、リアフラッシャーも信じられないような価格で売られていた。もう一つあった方が良いと考えたワイヤーロック、これも4桁の数字を合わせるワイヤーロックが105円。それに対してスーパーの一角の靴修理店で靴の中敷きが1575円。100円ショップはどうしてこんなに安いんだろう。
#もっともこの中敷きは高すぎる。これを入れる靴は3000円足らずで買ったものだし…。
 ニトリでは、ブロンプトンを畳む際に傷が付きそうなところを保護するフエルト99円を買った。
tb: --   cm: --

「ものぐさ自転車の悦楽」を読んだ  


 今日は電車で横浜。

 駅へ行く途中、「PANGAEA(パンゲア)ロビンソン20(S6)折りたたみ自転車」という段ボールの空き箱が捨てられていたのを見かけた。今日は段ポールを捨てられる日じゃない。案の定、帰り道には引き取れない旨の紙が貼られていた。
 帰宅後、この自転車を検索してみたのがこれ。どうしてこんなに安いんだろう。
 パンゲア

標記の本によれば、「そもそも日本のママチャリは安すぎるし、こう言っちゃなんだが、自転車先進諸国の水準で見るなら、1万円程度の安ママチャリの90%以上は「粗悪品」に当たっている。これは事実だ。」となる。

 今日はたかだか9000歩だったが、やけに疲れて午睡。
 その後、標記の本を読んだ。著者の疋田智氏のお薦め自転車は、Brompton、BD-1、DAHONの3車種。Bromptonは改造には極めて制限が多いが街乗りには一番向く、大人の機種ということらしい。簡単に読めて、なかなか面白い本でもあった。
 次いで読んだ「鉄道で広がる自転車の旅」。これは真面目な輪行のお薦め本。あまり面白くなかった。必要な時に読めばいい。そんな感じ。
 ところで、この本の著者・田村浩氏は最初の自転車はクロスバイクがお薦めらしい。その気持ちも良くわかるけど…。

 この中で、まだ必要なものがわかってきた。いずれも自分の安全のためだから手を抜くわけにはいかない。
バックミラー。これがお薦めCycleStar901/3
リア・フラッシャー(赤)。これがお薦めSL-LD110
 今回は、ついでに3モードフラッシングライト レッド TL-LD130-Rキャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) オッフル 13穴スパナ Y-3121 も含めて、amazonで発注。
 バックミラー他


 残るは、尻が痛くならないためのパンツと、安全と操作性のための(指の出る)グローブ。このあたりは徐々に…とも思うが…。
tb: --   cm: --

何冊かの入門書  


入門書の購入

 昨夜かなり飲んだような気もしたけど、思いの外気持ちよく起きることができた。いつも飲んでいるわけではないので肝臓の具合も良いのかもしれない。ただ、本日は、先日ほどではないがテニスの後遺症で右腰が痛い。
 何となく頑張って何かをする気にもなれないままBromptonの周辺の状況(装備とか工具とか…)が気になってネットをブラブラ巡っていた。

 そのうち、<参考ページをリンク先に登録>したり、夜になってからは<今後参考になりそうな本を3冊>安いところをamazonで注文した。輪行のガイドブックもあったのだがそれらは概ね高い。したがって、今回は、入門書で我慢。
 本の注文で注意しているのは、同じ著者の本を買わないことである。
#同じ人間が何冊も出している場合がある。大抵の場合、一人の人間が書いていると、テーマを変えてはいてもどうしても視点が似てくるから、内容的にもダブってくる場合が多いと思うからである。

◆ものぐさ自転車の悦楽~折りたたみ自転車で始める新しき日々 疋田 智; 単行本; ¥ 1,470
 ものぐさ自転車の悦楽
◆鉄道で広がる自転車の旅
「輪行」のススメ (平凡社新書) 田村 浩; 新書; ¥ 840
 鉄道で広がる自転車の旅
◆のんびり自転車の旅?日帰りで行く小さなツーリング エイ文庫 (023) バイシクルクラブ編集部; 文庫; ¥ 630
 のんびり自転車の旅


 次に買う本は、「…自転車散歩マップ」とか「旅ガイド」の類になると思っている。何冊かは候補を絞り込んではいるけど…。
tb: --   cm: --

新年会  


 今日は、昨年の第2回水彩画の個展に集まってくれた小中学校時代の仲間たちとの新年会が有楽町であった。
 顔を合わせるといつの間にか昔の仲間にもどって楽しい話し。
 モンゴルの岩塩をお土産に持ってきてくれた人、田舎の干し柿を持ってきてくれた人もいて、嬉しい土産付きの会合になった。

 本日の連絡をくれた一人は、昨年9月からトレックの自転車を買って乗るようになっているとか。だから私の方もブロンプトンの画像をEpsonのP-3000に入れて持っていって皆に見てもらったりして…。
トレックの自転車はこんなデザインだったなぁ。

 家に帰った時には11時。途中、綾小路きみまろを聞きながら帰ったが、楽しい夜ではあった。
 家では酒は飲まないようにしているが、こうして楽しい仲間と飲む酒は本当に良いものである…と改めて思った。
tb: --   cm: --

内装5段が良いかも  


 Brompton購入してから何日か乗ってみると、軽い方にギア比を変える人が多いというのが良くわかる。
 僕の印象では、トップ側は一漕ぎで進む距離は十分満足できるがやはりロー側がきついと思う。

 こちらのサイトで見ると、内装5段化にしたとするとロー側が広がるし、ギアも右手だけで連続的な変速なのでなかなか良さそうが気がする。

 ブロンプトンのインター8化というのもあるらしい。
 多段化の選択肢については、このページが良さそうである
 かなり魅力的ではあるが、いくつかの問題点もあってそこまで必要かどうか…。
 ・インター8化してみましたが…
 ・インター8化脱着問題ついに決着!



 その前に、こんなページもある。
 いろいろ検討することがあるものである。



 その後こんな情報も。
神戸ポタリング日記:brompton買うなら?
ブロンプトン日記:T3からT6へ 
 そうなると6速かなぁ。

tb: --   cm: --

横浜市内ポタリング  


 昨夜のサッカー・カタール戦。勝利の結果だけ見て寝たのだが、その興奮が残っていたのかどうか、今朝6時前に目が覚めたもののその後寝たのか寝てないのか…。7時半頃起床。

 いずれにしても今日は、ブレーキの調整をしてもらわなくてはいけない。後輪のブレーキの不調なので、駅までは自転車で行ったがその後は電車。
 関内で下車する予定だったが、桜木町行きの電車だったので、そのままそれに乗り込んで桜木町駅からローロ馬車道へ。ここの店長は比較的無口で愛想がないが、客のことはちゃんと覚えているようで、僕の顔を見ただけで必要なことは全て覚えているらしい。
 今日の仕事は、ブレーキの調整、そして、ハンドルグリップの交換。料金はグリップ代金だけ。

 店を出て、Bromptonへの初めてのGPS取り付け。具合もなかなか良かった。
 山下公園~港の見える丘公園~横浜共立学園~石川町~中華街~再び山下公園~桜木町~横浜というコース。途中、Bromptonの取扱い店舗のGCS(グリーン・サイクル・ステーション)や、ワイズ(Y’s Road・横浜)などの店の様子も確認してきた。そんなポタリングだったが、快晴の中、自転車でのブラブラ歩きはなかなか楽しかった。

 良く見ると横浜市内も自転車が多い。意識してみると様々な自転車があるものである。港の見える丘公園ではアレックス・モールトンに乗っている人もいた。


 行き帰りの駅のEV(エレベーター)では結局3人に声をかけられた。折りたたみをしている様子が目立つのかもしれない。
-- 続きを読む --
tb: --   cm: --

M3Lのギア比の研究  


 オリジナルのままだと、フロントギアが50Tとかでトップが結構きつい。だから44Tくらいに換装している人もいるようだ。
 こちらのページでは、状況に応じて換装しているらしい。こんな方法もあるんだと思ったが、一般的には、下記のいくつかの方法の中から改造を選択することになるようだ。

ミニベロ工房 : Brompton 44Tクランク 試走
 こちらでは、ハンドル型とギア比の関係について記述

◆BROMPTON(ブロンプトン)の後輪(内装ギア)グリスアップ - ばっきっきの水彩画とロードバイクとBROMPTON
 BROMPTON(ブロンプトン)の後輪(内装ギア)グリスアップ について

BROMPTON用内装5段・10段ホイールセット :: LORO HPV GROUP
 BROMPTON純正の変速段数では物足りない、という方のご要望にお答えして待望の内装5段ハブをご用意いたしました。
 BROMPTONの純正品と同じSturmey Archer製内装5段変速ハブを採用しています。

CYCLETECH-IKD : BROMPTON Transmission Repair Parts

tb: --   cm: --

VT-09が届いた  


 今朝は目が覚めたのが7時。予定より早かったがそのまま起きた。起きた時室温18℃。そんなにあるものなのかなぁ。

 今日はテニスに行こうと思っていたら。VT-09が到着。
 ◆ライトサイクル VT-09 高耐久性チェーンルブ 速乾タイプその他; ¥ 2,900 販売: ライトサイクル
 ヘルメットの方は、以下のような返事。
  ご注文の商品は、メーカー取り寄せとなります。
  メーカーの在庫表では在庫がございますので、近日中に入荷する予定です。
  当店に入荷し、発送準備が整い次第、発送を致します。
  土日はメーカーが休業ですので、通常ですと、1月26日頃の発送予定になります。

 その後テニス。11時半から結局4時間ほどやってしまった。
 これで明日は足腰が痛くなるだろう(^^ゞ。

 明日は、ブレーキの調整をお願いに横浜へ行く予定。
tb: --   cm: --

ブレーキがおかしい?  


 チェンバレン水彩画集
 注文しておいた以下の品と、チェンバレン水彩画集が一緒に届いた。
 何となく嬉しいものだ。
#この本の方は、英語版も持っているが英語を一生懸命読む気がしないのでこの翻訳本も買ったというわけ。
#この本は特に気に入っているので、ダブって持っているのも悪くないか…とね(*^_^*)。

 ◆MINOURA ミノウラ ディスプレイスタンド DS-30BLT
  スポーツ用品; ¥ 1,400
 ◆PARKTOOL CG-2 チェーンギャング
  その他; ¥ 4,880

 ところが念のために…ということで、スタンドをつけて車輪を回してみた。何となく異音がする。どうも車輪とブレーキが接しているらしい。一度ブレーキを締めると車輪が重くなってしまう。
 ローロ馬車道に電話したらどうもブレーキの戻りが悪いらしい。どこをいじれば良いのかわからない。10mmのレンチが必要になるらしい。
 明日グリップが到着するらしいので、ついでに行く時に調整してもらうことになりそう…。なかなか厄介なものだ(^^ゞ。
#グリップのことなんて忘れてくれていた方が良かったんだけど…(^^ゞ。

 夜のクローズアップ現代の本日のテーマは「広がる鉄道ブーム」というもの。その中で、「鉄道旅行地図帳」がよく売れているらしいことが放送されていた。
 なるほど、そのうち入手しておこう…と思ったが、随分サツ数があるんだ(^^ゞ。
「日本鉄道旅行地図帳 - Wikipedia」
「日本鉄道旅行地図帳」が100万部超え-5月に「乗りつぶしノート」も

 夜、下絵のまま季節外れになってしまって気分がのらずそのままになっていた絵を、何とか仕上げた。

 牛舎と柿:F6横
tb: --   cm: --

ヘルメットの購入  


 Amazonを見ていると様々な関連商品がリンクされてくる。その中にヘルメットがあった。
 自転車に乗る限りヘルメットは当然気になる装備。そこで少し見比べて最も安い商品を選択。
#そのつもりだったけど、送料のところをちゃんと見なかった。結局あまり変わりなかった。

 このあたりでBrompton関連の買い物は一段落だと思うが…。

    
***********************************************************
注文内容
***********************************************************
配送情報 : 自転車のトライ
この注文はできる限り商品をまとめて発送されます
***********************************************************
配送方法: 通常配送
発送オプション: できる限り商品をまとめて発送(最小限の配送料・手数料がかかります)

小計: ¥ 3,960
配送料・手数料: ¥ 630
---------
購入価格合計: ¥ 4,590
税: ¥ 0
---------
この注文の合計: ¥ 4,590

tb: --   cm: --

チェーンのチューニング等のために  


 いつもの「神戸ポタリング日記 」「 オイルにこだわる VT-09」という記事を見た。格別に優れたオイルらしい。 それなら購入しようとネットを見ていたら、amazonでチェーンのクリーニング関係の商品を見てしまった。オイルを使うためには、クリーニングがきちんとできていないと…ということで、とうとうこれらもセットで買ってしまった。

 ◆ライトサイクル VT-09 高耐久性チェーンルブ 速乾タイプその他; ¥ 2,900
  販売: ライトサイクル
        *     *     *     *     *

 ◆MINOURA ミノウラ ディスプレイスタンド DS-30BLT
  スポーツ用品; ¥ 1,400
  販売: Amazon.com Int'l Sales, Inc.
  
 ◆PARKTOOL CG-2 チェーンギャング
  その他; ¥ 4,880
  販売: スターサイクル東京
  

 これで注文合計: ¥ 9,780
tb: --   cm: --

大船方面へのポタリング  


 相変わらず好天が続いている。今日は特に風が強いと言うことだが快晴。
 今日は風が強いと言うことだし、今日こそは絵を描くつもりだったが、あまりの快晴につられてポタリングに出ることにした。まずは近いところから慣れてみようという気持ちもあったので、本郷台から大船方面を一周してみることにした。
#後で調べてみたら、大体14~15Kmのコース
 110116本郷台・大船
 こぎ始めこそ足が重いような気がしたものの、不思議なことに少し慣れても来ているのか、順調に走ることができた。家の近くのいつもの急坂、自転車で上がるのはさすがに無理だが、疲れている筈なのにスイスイ上がって来れたのはどういうこと?
 しかし、さすがに風は強く、本郷台近くでは校庭の砂埃やススキの穂が舞っていた。これじゃあ花粉症の人はとてもポタリングは無理だろう。
tb: --   cm: --

Tバッグが来た  


 7時半起床。今日は相変わらず寒い。今、オーストラリアの大洪水のニュースがTVを賑わせているが、地球規模の話しで見れば、オーストラリアの気象も日本の寒波と関係があるんだそうな。

 さて、テニスに行こうとしていたところに先日発注しておいたTバッグが届いた。早速Bromptonに取り付けてみた。

 ワンタッチで着脱できる機構も優れていると思うが、他は全て畳んでハンドルでキャリーのような使い方をした時にもあってほしい位置にバッグが来るというのは大したものである。しかもハンドルの下部にバッグがとりつくように考えられているので、運転の邪魔にもならないし安定性も高い…というわけである。
 容量も想像通り。昨日作った段ボール工作の箱もすっぽり入る。つまり絵を描くセットもすっぽりこれに入ることになる。
 買い物などの時にはキャリーにしておいて、買い物籠をこの上に載せて品物選び、レジではエコバッグのようにこれに入れてもらえばそのまま自転車で持ち帰ることが可能だということになる。
#そんなに上手く行くだろうか(^^ゞ。
 とにかく、Tバッグの実物を見て、選択が間違っていなかったと思えるのは嬉しい。

 その後、テニス。
 今日は体調が良い。いつもの坂道もすいすい上がれる感じである。ゲームの方も最初こそ調子が出なかったが、その後は今まで以上に調子がよい。多分、今日は力みがあまりなくロブを上げるなどの精神的な余裕というか、そんなものが影響しているとは思うけど…。おかげで4時間プレイをしてヘトヘト。

 帰る時、クラブのオーナーに、折り畳み自転車はどこへ置けばよいか聞いてみた。でもちょっとだけ不安(盗難が…(^^ゞ)。できればテニスにもBromptonに乗っていきたいけど、その勇気が出るだろうか。
tb: --   cm: --

Tバッグ注文  


 今朝はこの冬一番の寒さとか。
 でも、まだ暖房をしないで過ごしている。特にケチっているということではなく、部屋が暖かすぎると頭がボーッとしてしまったり、眠くなってしまうのがイヤだからなんだけど…。これは殆ど昔からの習慣。
#その代わり、厚着をしているけど…(^^ゞ。

 ようやく新年の業務が各所で始まったような感じなので、溜まっていた雑用をさっさと済ませた。その後、散髪とちょっとしたものの買い物に出掛けた。

 床屋はQBハウスというのが都市部では有名なようだけど、私の駅もカットのみだと1050円。ありがたい。
 帰りに、松屋で牛めし240円の看板を見て、ふらふらと入ってしまった(^^ゞ。

 買い物を済ませて帰宅後、絵を描くつもりだったが、またBromptonのバッグをネットで見てしまった。どうもこれを何とか決めてしまわないと落ち着かないらしい(^^ゞ。
 Cバッグ(http://www.wadacycle.net/product/125)にするか、Tバッグ(http://www.wadacycle.net/product/364)にするか考えていたが、とうとうTバッグに決定し、折り畳み自転車や小径車では有名な和田サイクル(http://www.wadacycle.jp/)のオンラインショップで発注してしまった。
 もちろん品物はまだ到着していないけど、これで気になっていたBrompton関連の環境は全て整ったか。
 結局、自転車で20万円近い買い物になってしまった。
tb: --   cm: --

肩掛けベルトの作成  


肩掛けベルトの作成

 注文していた金具が届いた。早速、予定の肩掛けベルトの作成。
 と言っても、古びたズボンのバンド(ベルト)を分解して、金具をとりつけるだけ。道具が乏しいので、キリとたこ糸でとじ合わせただけのこと。それに他の3ウェイ・バッグで使わないままになっていたショルダーベルトを転用しただけのこと。

 出来上がったものは、写真のように使うことになる。
・このあたりが丁度、重心になっている。
・ベルトを1回転まきつけることで安定するだろう。

 ついでに、左手に黒の四角いブロックが、フロントアダプターブロックというもので、どのような形なのかまだ不明だが、キャリア・フレームというものを取り付けて、バッグを固定するらしい(私が考えているものは、これが一体になった、Cバッグと言うものなんだけど…)。それにしても高い。
 つまり、フロントバッグを取り付けたままこの状態にまで畳むことができる(もちろんその時にはバッグだけが上部に飛び出すことになる)。
 もし、ハンドルをキャリアーの押し手として使う場合には、丁度良いところにバッグが位置することになる。本当によく考えられている。
 私はさらに、Bromptonからバッグを外した時には、背中に背負えるようにリュック用ベルトを取り付けようかとも考えたりしている。
tb: --   cm: --

GPSの取り付け工事  


 
 今日も寒い。この一週間は寒いらしい。ただ、今日は比較的暖かかったような…。

 今日は良い天気の中、思い立ってBromptoにGPSを取り付ける工事。照明器具の部品が余っていたので手を加えて、こんな形で取り付けられるようにした。
#私は、こういう細々した作業をしているのが好きらしい(^^ゞ。

>写真
 1枚目は、ライトとGPSを取り付ける前の状態。
 2枚目は、両方とも取り付けた状態。
  GPSの下にちょっと見えるチェーンは、もし外れても地面に落ちなくて済むようにという用心のため。
tb: --   cm: --

横浜へ・用事を兼ねて試走  


 今日は7時起床。今年一番の寒さだとかで気温は0℃との天気予報。でも室温は19℃。
 今日は、新年会ということだがBromptonの写真を撮りたいので乗ってきて欲しいとの要望があり、自転車で横浜へ行ってみることにした。幸い天気も良い。

 9時を過ぎた頃、出掛けることにした。概ねのコースは頭に入れた(携帯にも入れてはいたが…)。GPSも持った。
 

 途中はまあまあ順調。強いて言えば歩道が狭かったり、タイル貼りの舗装が走りにくかったりする。上大岡へ行く途中、丘の住宅地を抜けなければいけないようで、この坂道が急で狭い上に結構な交通量があるため、押してあがることに…。あとはまあまあ順調。ただ単調で魅力にも乏しい同じような風景が続くので走っていてもだれる。
 でもまあ何とかローロ馬車道へ。電話していたようにベルをつけてもらい、後輪の泥よけのネジのゆるみがあったのでこれを締め付けてもらった。そして、ポンプの購入。今値段を見たら3780円(電話で2800円って言ったんじゃなかったの?)。さらに特殊な締め付け金具を買ったらこれが高かった5890円だって。
 内装5段変速機が気になっていたので聞いたが、約4万円。これなら無理して今決めることじゃない。
 

 その後、昼食の中華料理店へ13時。自転車は当然中へ持ち込み。

 それからは山手洋館(ブラフ18番館)へ。でも自転車なので登りの坂道はつらい。ちょっとくじけて港の見える丘公園のエレベーターを使っていくことにした。
 今日の回遊コースのあちこちでBromptonを撮影。どんな写真が撮れているか楽しみでもある。

 

 その後、気になっていたもう一つのBromptonを扱っている店「グリーンサイクルステーション」なる店に向かった。県民ホールの裏手、ビルの2階にあった。正直言ってこちらの方が品数も多かったし活気もある。僕は店選びを間違ったかも。
 そこで、バッグを見せてもらった。CバッグかTバッグか迷っていたからである。TバッグはなかったがCバッグでも僕の要望は満たせそうだった。
#この店のオリジナルの商品もあった。良さそうだったそれだと1万5千円ほど高くなってしまう。そんな必要はない。
 もう買っても良かったが、これを取り付けるにはアダプターが必要だとのことで、この店で購入したBromptonではないので、その取り付け料として1500円ほど必要になるとのこと。そういうことを言うので、その店での購入は諦め。ローロ馬車道の店に回り、そこでアダプターだけ取り付けてもらった。

 今日の用事はそれで全てお終い。
 それから帰路になったわけだが、時間は4時過ぎ。太陽がちょうど正面でまぶしい。それでもエッチラオッチラペダルを漕いで多分微妙な上り坂を登っていった。ところが足の疲れよりもお尻の痛みが気になってきた。自転車に乗ってお尻の皮がむけたという話しもある。それにこの自転車のメリットはそのまま電車に乗れること。そんなことも試したい。
 そんな気分があったので、弘明寺駅で地下鉄に乗車、舞岡駅下車のルートで帰った。

 調べてみたら、本日の走行距離約25Km。

 Bromptonで気になっているのは、あと3つ。
・GPS取り付け用部品の作成:手持ちのGPSを取り付けたいということで、帰宅後手作りしてみた。
・肩掛けベルトの作成:金具は発送したとの連絡があり。届けばすぐに作業にかかれるだろう。
・バッグの選定:できればCバッグとTバッグの両方を見てから決めたい。
tb: --   cm: --

Bromptonの初乗り  


 今日は賀状がない日なのでのんびり起床。

 何でも○○初めは2日だから、というわけではなかったが…。新しい自転車を友人に見せびらかしたくて、近くのテニス仲間の友人(彼はアシスト付き自転車・スポーツタイプを所有)に電話したら、たまたま奥さんがいなくて「留守をしているから来ないか?」ということなので、行ってみた。

 箱根駅伝(今調べたら、正確には「東京箱根間往復大学駅伝競走 」と言うのか)のゴールシーンを見た後、自転車でポタリングでもしようということになって、柏尾川沿いの自転車道に出て大船方向に走り出した。
 思ったより走りやすく、(重たいので調整する人もいると聞いていた)ギア比は僕には丁度良く感じた。ハンドルのふらつきは今の自転車より少なく、走りも安定しているのには感心。3速はやはり少ないかもしれないが、今の自転車で通常使うくらいの感じなので、これでもかなり行けそうな気がする。どうしてもダメだと感じるようなら、内蔵で5速への改良もできそうなので、それはその時に考えれば良いこと。ハンドルを今のMタイプにするか、Sタイプにするか少し迷っていたが、ポタリングにはMタイプは快適。坂道を登る時だけSタイプが欲しい気もしたが…(^^ゞ。
 今日のところはブレーキ回り等ちょっと気になる部分もあったので、大船植物園辺りで引き返してきたが、なかなか快適に走ることができた。
 途中、彼の自転車と交換して走ってみたが、やっぱり僕の自転車の方がはるかに走りやすい。高いだけのことはある。三倍の価値があるかどうかは疑問だけど…(^^ゞ。

 帰ってから、GoogleMapで今日の走行距離を調べてみた。
 友人の家まで2.5Km。それから大船まで7.5Km。結局、今日の所は約20Kmを走った計算になるが心地よい疲れ程度。次の機会には江ノ島へ行こうなんて話しになった。この調子なら江ノ島まで14Kmだから行けない距離じゃない。
 「僕は疲れるから、帰りは電車で帰るよ。」なんて冗談半分に行ってみたりして…(^^ゞ。

 今調べてみたら山下公園まででも13.2Kmだから、ここも完全に行ける範囲。これは嬉しい。問題は坂道の状態だけど…、その様子を見た上で帰りは電車を選択してもいいわけだし…。

 これだったら<相模原あたりから相模川沿いに下って平塚から帰る>なんてことも楽々できそう。嬉しいな。
 Cycle-Ring(http://www.cyclering.com/)を活用していろいろコースを探してみるのも良いかもしれない。
tb: --   cm: --