ポタポタ時々記

自転車を中心とするスロー・ライフや時々の買い物記録などです。

フィンガークランプ発注  


 昨日、フィンガークランプを買おうと決めた…と書いたその夜、もう発注してしまった(^^ゞ。
 こういうものは、壊れるモノじゃない。いずれ使うようになるものならモタモタしていても仕方ない早い方が良い。…なんて自らを納得させて(笑)。

 今日はもう銀行振込も済んで、こんな内容の返信メールをもらった。
 それにしても、こうしてみると高いなぁ(^^ゞ。


本日、代金のご入金を確認いたしました。ありがとうございました。
これより商品発送の準備をいたしますので、いましばらくお待ちください。
商品の発送が完了しましたら、またご連絡いたします。

ご不明な点等がございましたら、メールにてご連絡ください。

(中略)

■ご注文内容
------------------------------
商品名    : ブロンプトンフィンガークランプ(カラーをお選び下さい。:ブラック )
商品番号   : BR-001
販売価格   : 3,800円
数量     : 1

小計     : 3,800円
==============================
商品合計   : 3,800円 (うち消費税:180円)
送料     : 750円
手数料    : 0円
合計     : 4,550円


tb: --   cm: 0

教室・上野不忍池  


 今日は教室の日。場所は上野不忍池。

 昨夜まではその気が無かったんだけど、意外に早く目が覚めてしまったせいで元気があったらしい、ブロ太を連れて行くことにした。
 余裕を持って出たつもりだったのに、待ち合わせ場所へ着いた時には仲間の殆どが集合していた。皆さん自宅から自転車で来たのかと驚いたようだったが、輪行してきたと聞いて「なぁんだ」という感じ。でも自転車は良いなぁという感じだった。
 せっかくの自転車なので、不忍池の回りを回って良さそうなところで絵を描くポイントを決めた。機動性が高まるので他にもいくつか候補地を見つけることができたようだ。桜にはちょっと早かったが…。
#頭の上では早い桜が咲いていた。見ると陽光という種類だった。
#絵の方は、自転車を買ってしまったこともあり、地震の影響もあり、連盟展の結果でガッカリしたこともあり、しばらく描く気になれなかったが、本当に久しぶりのような気がする。
#そう言えば、講評の時、Bromptonの駐車中の折り畳み方に関心を持っていろいろ聞いてくる人がいた。良い自転車だということもPRしておいたがどの程度関心を持ったろうか(*^_^*)。


 上野不忍池  桜を待つ池:F6横

 その後は、旧岩崎庭園を外からちょっと見て、東京芸大のキャンパスを通り、谷中墓地の脇をすり抜け西日暮里から帰った。
#最近は、街を走っていても他の自転車が気になる。今日は途中、芸大生だろうか?一人のBrompterを見かけた。先日は、東大正門前でも見かけた。やはり大学関係者は自転車感度も鋭いのかな?
#そういえば、旧岩崎庭園では右足の上に鳥にフンを落とされた(`ε´)。

 旧岩崎庭園 旧因州池田屋敷表門黒門

 最後、家の近くの激坂。絵の道具、カメラなど載せた重量でも、今日は登り切れるかと思ったのだが、最後に強い向かい風を受けてくじけた(笑)。

 今日のブロ太の様子だが、駅の構内はカバーをつけたキャリースタイル。電車の中だけハンドルを折り畳む。多分、これが普通の姿になるだろう。こういう使い方では、リアキャリーのウィールは快適である。今まではホームの点字ブロックやエレベーターの出入り口でさえもつかえたりしたものだが、これならなんなく乗り越えられる。考えてみれば、乳母車の車輪の方がもっと大きいんだから、転がすにはこのくらいあっても良いと思う。

 どう考えても私の折り畳み自転車の使い方はポタリングが主になりそうだ。やはりブロ太とのつき合いが深くなるかな?そうなると5速か(^^ゞ。相変わらずフラフラしている。もっともこれを楽しんでいるんだけど…。
 サイコンの方は、両面テープで取り付けただけでは良く落ちる(^^ゞ。これは何とかしないと…。
#これは私のミス。プラスチックの緊結ヒモ?があった。これを使えば良かったようだ。
 加茂屋のフィンガークランプは購入を決めた。少しでも気持ちよく使いたいから…。

 110330上野不忍池 本日はMapSourceのMenuの一部も表示してみよう。

 本日は、約12Km。最高速度32.2Km/時。
tb: --   cm: 0

転がし機能の最強化  


 昨日、島忠で購入したものは以下のようなもの。
・ステン長ネジ5×300mm 280円
 畳んだ時、転倒しにくくするため、リアキャリーのウィールを、安定させつつ片側を外側にずらすため。
・ジョイントボルト小頭6×40 200円 & ワッシャー100円
 シートポスト側のローラーを試しにウィールにしてみるため。このボルトはレンチを使用するもの。6角ボルトとはネジ山の寸法が違うんだ。今回のことで初めて知った(^^ゞ。

 これらの写真がそれを使って改造した結果である。重心のバランスがとれてかなり安定してきた。
#ウィール外出しの部分には余っていたスペーサーを使っている。
 これ以上の転がし機能強化策はそうそうないだろうと思う。
 一般的な軽量化を図る方向とは真逆である。仕方ない、その分体重を減らそう(^^ゞ。

 インラインスケート用のウィール4個もこれで使い切った。ウィールというのは予想していたより大きなものだったが、試しに転がしてみると音もなく滑るように転がるのは気持ち良い。
#リアキャリーの上に載せているのはイージーホイール。大きさの違いがわかってもらえるだろうか?

 ウィール外出し1 ウィール外出し2
 ウィール前側 かかとの擦れが少し心配(^^ゞ。

 ウィール取り付け全体像 これが折り畳んだ状態の全体像。

 この状態で、試しに…ということで、大した買い物もあったわけではないが近くのスーパーに買い物に行って来た。買い物用キャリー?状態で店内を回ってみたが大変快適。片側に倒れそうな不安定さを感じることも全くなかった。
これ以上を求めるとすれば、後は自在キャリー(ローラー)を取り付けるしかない。
#mixiではBromptonのリアキャリーそのものを自作して自在キャリーを取り付けている人もいたけど…。
 ちょっと心配していた「かかと(というよりかかとの内側かな?)の擦れ」は微かに感じることもなかったわけではないが、気になるほどではない。
 一応、ウィールへの交換は大成功と考えても良いだろう。

 mixiで見つけたBromptonの画像。そのうちこんな風に扱ってみたいものだ(笑)。



 春らしい良い天気になってきているので、桜などがどうなっているかを知りたくて舞岡公園に行って来た。
 本格的な春というにはまだちょっと早いが、気持ちの良い天気だった。のどかな空気が流れていた。
#ついつい被災地のことを考えてしまう。

 今までは、園内は自転車がまずいかもしれないと遠慮していたのだが、園内に自転車を持ち込んでいる人がいたり、子供達が自転車で走ったりしていた。今日はボロ自転車で行ったが、次はBromptonで行ってみようか。

#それぞれの自転車の呼称を改めて考えてみようか。
 ボロ自転車は、ボロでは可哀想だから「ロボ太」とでも呼ぼうか(笑)。
 Bromptonは「(ブロンプトンをもじって)ブロ太」とでも呼ぶことにするか。

tb: --   cm: 2

多摩川ポタリング  


 今日は多摩川に、舟が停泊している場所があるということを聞いていたので行ってみた。天気にも恵まれて爽やかな気分の良い散策だった。
 多摩川のBrompton

 途中、島忠を見つけて1階で昼食。久しぶりにステーキなんぞを注文してしまった。
 島忠と言えばホームセンター。ちょっと気になっていたBromptonのウィールのためのネジを物色。無事見つけたと思う。
 
 その後、せっかくここまで来たので川崎大師にも寄ってみた。ここは久しぶりである。
 川崎大師 川崎大師Bro

 本日の走行距離20Km。最高速度32.7Km。
 110328多摩川

PS
 手作りフィンガークランプはなかなか便利に機能している(*^_^*)。
 この便利さを知ってしまうともう手放せそうもない。いずれ注文してしまうことになりそうだ(笑)。
tb: --   cm: 0

買い物キャリーとしての姿  


 本日は、たまたまスーパーの開店に合わせて10時に入店できたので、さほど買い物はないけど、いつもは買えない水と納豆を買うことにした。そろそろ落ち着いて来たとは言え、まだこの2つの商品は一人1つに限定されてしまっている。

 写真は、そんな買い物途中のBromptonの今日の姿。
 先日、コーナンから買ってきたL字型金具を加工したものを、Tバッグと買い物籠に引っかけて固定することにしてみた。本当はハンドルを立てるともっと買い物しやすい姿になるが、今日は店内が多少混雑していたので少し遠慮してこんな姿での買い物である。でもあまり気にすることはないかもしれない。
#カメラを忘れていたので携帯の写真だけど…。
 この金具は手で自由に曲げられるので、Tバッグのふくらみ具合によって適宜調整できるとこが良いところ(笑)。まあ工夫すればもう少しスマートにはなると思うけど…。こんな感じでも結構しっかり安定している。カゴを支えられるようにサドルに角度をつけているところがミソである(笑)。

 買い物キャリー姿 取り付け状況

 さらに、このままエレベーターに乗ろうとして、改めて気がついたことはイージーホイール(ローラー)ではエレベーター前のミゾに引っかかってしまうということである。ウィールであればもちろん大丈夫。
 このあたりはちょっと悩ましいところかもしれない。
tb: --   cm: 0

リアライトとベアローラー(ウィール):OK  


 新しい部品を使って、改めてリアライトをつけ直した。キャリーとの中途半端な隙間がなくなってスッキリしたようだ。
 もともとこうしたかったんだけど、ホームセンターでもこの金具を見つけるのも結構苦労してしまった。
#諦めて帰ろうとした時ふと目に止まった。思いがけないところにあった。

     *     *     *     *     *

 また、取り外すことができた後方のローラーの代わりに、インラインスケートのウィールをつけてみた。ちょっとだけだが、転倒しにくいように…ということで右側のウィールを外側にずらしてみたがおわかりだろうか?もともとウィールの巾が広くなっているので、それだけ転倒しにくくなっているはずだが、さらに多少の効果はあるかもしれないと期待している。
 かなり大きめだけあって転がした感触はかなり良い。ベアリングも入っていることだし…(笑)。
 これは一応成功と言えるだろう。

 ベアローラーその1 参考:3月18日の写真2月23日のリアライト写真

 なお、今回買ったのは6角ボルト(5×40mm)だったが、日東製キャリーの穴はこれより少し大きいようだ。6×40mmまたはもっとウィールをずらすなら6×50mmくらいでも良いかもしれない。
 本当は、これをつないでしまう長い軸が欲しい。その方が荷重に耐えられる筈だから…。まあ、いずれにしても様子を見ながら考えていけば良いことだ。

 後は、シートポスト側のローラーだが、こちらのページを見ると、フロント(シートポスト)側とリア(今回交換した箇所)とはネジ径が違っていたようだ。見ていたつもりでも結構見落としがあるものである。
 本日、このシートポスト側のネジを、(たまたまあったスチールの60cmの物差しがちょうどドライバーのように使えたので)強引に外してみた。ゆるみ止め処理をしているせいかかなり固かった。たまたま手許に6mm径のネジがあったのでうまくいくかもしれないと差し込んでみたが回らない。良く見ると、微妙にネジ山の数が異なる。いちいち異なる部品を使っているのかな。それとも日東製のリアキャリーだから違ったのかな?

 ただこのローラーは、あまり大きいと右足にぶつかるというのはmixiやあちこちのブログで書かれていることなので、ウィールはふさわしくないかもしれないとも思っている。ただ、今のものではローラーが薄く(これでも私には)小さいので転がしにくい。こんな条件を考慮すると、今のところ一番良いのはこちらのものものかもしれないと思う。

 変速機については、内蔵5速にしたい気持ちと、今のままでもいいやという気持ちと半々といったところ。
#仮に4.5万円あればもう1台買えてしまうし…。
#今考えているもう一台がどうしても欲しいかどうか、その辺りがポイントになる。

tb: --   cm: 0

手作りフィンガークランプ:あまりお薦めできないか  


 昨日買ってきたバネを使って、イメージしていたフィンガークランプを作ってみた。

 こちらのページにも書かれているように、フィンガークランプは、バネを入れただけではダメだということになっている。
 つまり、折り畳む時は、バネでフィンガークランプが自動的に押し出されるので期待したように機能するが、その逆に、展開する時には、バネによってフィンガークランプが押し返されることになるので、締め付けるためには手を添えて押しつけていないといけないことになり、却って不便だと言うことになる。
 したがって、私は、完全なフィンガークランプの機能を果たせるよう手許のプラスチックの板を両面テープで取り付けてみた。これは薄くて変形しない板があればそれに越したことはないし、両面テープより強力にとりつけられるものがあれば良いのだが…。

 結果は、一応その機能を果たすものができたものの、多分すぐにイヤになるような代物だった。
 つまり、次のようなものしかできそうもないからである。
 ①クランプと一体になって強度を保ち続けるようなものが必要だがそれがむずかしそうだ。
 ②かみ合わせ部分に厚みができると、その分かみ合わせが浅くなりやや不安感が出てくる。

 通常のかみ合わせ 従後
 通常のかみ合わせ              手作りクランプのかみ合わせ
 両者の違いがわかりますでしょうか?



 私としては、(悔しいから(笑))しばらくこれを使ってみると思う。何とか使えるような気もするが、皆さんにはあまりお薦めできそうもない。やはり加茂屋のものはそれだけの意味があるように思う。

 今朝発注していたバネが届いたが、ちょっとこれでは使えないなぁという代物だった。実物を見ないで選ぶと失敗するという見本のような結果になった(笑)。
 このフィンガークランプ。私には、高い勉強代になった(笑)。
tb: --   cm: 0

コーナンに買い出し  


 部屋の整備(ちょっと余っていた木材で、多少暮らしやすくした程度ですが…)も昨日終わったので、本日は停電の合間を縫ってコーナンへ…。Bromptonの装備等で気になっている部品を探しに行って来た。

 コーナンは、私にとってはなかなか楽しいところである。ちょっと不足してきた木ネジやら、パネルづくりのための金具、その他気になっていた道具などを見つけて買い物。そして、精算段階に合計6870円。いつもこの時にこんなに買ったのか?と驚いてしまう。ステンレスのものを中心に選択しているせいもあるけど…。

 この中で、Brompton関係はこんなもの。

 コーナンで買ったもの

・押しバネ…寸法:線径0.8、外径10.0、自由長38mm 157円(2個入り)
 フィンガークランプ用。死せる詩人さんの使ったバネ。私の分は既に発注してあるが、大した価格ではないので念のため。
・ステンレスステーNo31…寸法:a70・b15・c13mm 315円
 リアライト取付のための凸型金具。私のはこんな風だがこちらの方が格好良い。本当はこういう風にしたかった…と買ってしまった。
・マンテンジョイント金具 268円
 写真を撮るのを忘れたが、Bromptonをキャリー状態にした時、T-バッグの上に買い物籠を固定できるよう、T-バッグの取っ手と買い物籠をつなぐものとしてイメージしたL型金具。あまり複雑でない方が良い。多分これで普通の買い物用キャリーのように使えるだろうと思っている。運が良ければその状態を撮影してみよう(笑)。

 以下はベアローラー(ウィール)用として。
・スペーサー6×20 100円(6個入り)
・6角ボルト(5×40mm)2本(ステンレス) 70円
・ナット2個(ステンレス) 234円
・ワッシャー10個 40円
・ボルト(5×40mm)2本 30円
 まだ外せていないので確かではないのだが、シートボスト側のベアローラー交換のためのボルトとして。念のため。

 これで、Bromptonのための買い物の合計は 1214円となった。
 やはりモノをちゃんと見て買わないと思うようにならないか。

     *     *     *     *     *

 時間をかけただけあって満足した買い物ができ、さあ帰ろうかと駐車場で帰宅準備をしていたら、中学生か高校生くらいの女の子が「わぁ、Brompton、格好良い!」なんて言う。「良く知っているねぇ。」と返したら、近寄ってきて「わぁサイクルコンピュータだ。」「私ももともとフォーディングバイクが好きでBromptomを持っているんです。それで輪行なんかもしたりしているんですよ。」「Bromptonって良いですねぇ。でも、この辺りには乗っている人がいなくて…。」などと思いがけず楽しい会話になった(*^_^*)。

 本日、コーナンまで往復17.89Kmか。最高時速32.7Km。
 しかし、久しぶりだったせいか足が重かった。
 コーナンへのコース

tb: --   cm: 0

水彩連盟展の結果  


 本日はBromptonには関係ありません(^^ゞ。

 先ほど、連盟の方から「入選通知」が届きました。
 このところ毎年応募している水彩連盟ですが、今年は70回目の記念ということで連盟の方も張り切っているようですが、こんなことになりもう一つ意気が上がっていないような気がします。
 私の方も、ちょっと事情があってモチベーションが上がらないで困っていたのですが、何とか間に合いました。

 そんな事情はともかく…として、入選したのはこちら。
#見ていただいた方々の殆どがこちらが良いと言ってくれていたので、私もそうかな?と内心は思っていたところでした。 

 橋下の小舟
tb: --   cm: 0

フィンガークランプについて  


 フィンガークランプを手作りしようとしたのだが、昨日届いたバネは全くの失敗。失敗というより全く初歩的なミスだった。これで1000円以上の無駄使い(笑)。
・1袋に10個入っていると確認もせず2袋も頼んでしまったこと。
・バネのサイズも間違っていたこと。

 しかし、なぜ手作りにこれほどこだわるか?それは以下のように感じたからである。
・主要な機構はバネ。クランプ自体が回転しないようにすることはオリジナルにちょっと手を入れればできそう。その方が無駄にする必要がない。

 今、先日届いたノギスで寸法を測ると、
A:軸は直径7.58mmほど
B:軸が通る開口部は直径9.55mmほど
C:加茂屋のサイトを見るとバネの自由長は4cmほど

 ここまでわかれば、バネのリストの中から本当に使えるバネが見えてくる。
 もう一度再勉強のつもりで発注し直した(^^ゞ。もちろん今度は1つだけ。

 どのように絞り込んで、どれを発注したか?ここで書くこともできるが、ちょっと考え直した。
 加茂屋の価格もクランプの加工賃を入れると結構妥当な価格かもしれないと思うし、大体、加茂屋のような店には頑張っていて欲しい。その経営の邪魔はしたくない。ということで、これ以上ここに書くのは遠慮しようと思います。

 それにまだ上手く行くかどうかもわからない…(^^ゞ。

 もし、情報を期待された方がいらっしゃいましたら申し訳ありません。
 それでも、どうしても…と言う方がおられましたら、マル秘コメントにでもどうぞ(emailでならご返事できます)。



 別にもったいをつけるほどではありませんでした。同じようなことを考える人もいるもので、既に詳しく紹介している人も…。最初に確認しておけば良かった(;_;)。
 http://dead.seesaa.net/article/134974063.html

 私の注文したものとは異なってはいますが、一応私の絞り込みリストとは合致。
 問題は、私の注文したものが使えるかどうか。ちょっと心配(^^ゞ。

tb: --   cm: 0

国立新美術館から銀座、皇居一周  


 できるだけ平常の生活を心がけているつもりだが交通混雑だけは気になる。Bromptonを持ち込んで迷惑をかけたくないと思うから…。
 今日は停電なしの土曜日、これなら大丈夫だろうとやや遅めのスタート。まずは乃木坂の国立新美術館(白日会)。マイミクと大学の先輩の絵が飾られているはずだからである。そこまでは電車を使うことにした。しかし、新橋と表参道で乗り換えなのだがいずれもエスカレータやエレベータがなかったり動いていなかったり…。さすがに重い荷物になった。車内・構内はBromptonにT-バッグを着けたままでの行動である。どうやらこれが一番機能的。

 国立新美術館での食事は地階のカフェテリア。お薦めランチの「鶏もも肉のフリカッセ」600円。要するにクリームシチューのようなもの(^^ゞ。
 その後、銀座の一枚の絵ギャラリーへ。GPSがあるから迷うことはないが、精度があまり良くなくて、最初方位を確認しないで走り出したら国立新美術館を一周してしまった(^^ゞ。まだまだ経験不足(笑)。

 一枚の絵ギャラリーは、13日に来た時には地震のため休業していたが、本日は大丈夫。思いがけず何人もの絵仲間と遭遇。

 その後、東京駅から電車に乗るつもりで、途中日比谷公園に寄ってはみたが、さすがに園内を自転車のまま走るのは問題が大きそうで遠慮した。公園を出るとまだ時間は早い。それで皇居のまわりを走り始めたのだが、そのまま一周してみようという気になってしまった。
 のんびり走り始めたら夫婦らしき2人と併走。旦那さんの自転車があまりにも軽快そうなので声をかけてみた。何という車種か忘れてしまった(聞いたことがなかった)が、イギリス製らしい。10Kgくらいだと言っていた。奥さんの方はBRUNO。お馴染みのBrooksのサドル(このくらいはわかるようになった(笑))にレザーグリップ、レザーホルダー?と、なかなかオシャレに飾っていた。
 しばらく併走するような感じだったが、信号機のタイミングでお別れということになった。

 サイコンによれば、本日の走行距離は18Kmくらいかな?Max34Km/hとあるんだけど本当かな?
 皇居一周他


 駅でBromptonを展開して走り出したが、途中のスーパーが開店しているようなので商品の様子を見たくて寄ってみた。少し調子に乗ってBromptonをキャリー状態にして…である。どこでも咎められるようなこともなかった。こういうのは度胸かも(^^ゞ。まあ、ない方じゃないとは思うけど…(*^_^*)。
#キャリー状態にした上で(T-バッグを着けた上で)、スーパーの買い物カゴがうまく扱えればとても便利だと思うが…、何か方法を考えるか(^^ゞ。
 店内にはいつもの量の品物があってホッとした。但し、パンは随分沢山あったが、全部六つ切りのみ。牛乳も一種類だけ。納豆は全く品物が入ってこないらしい。
 こんな程度ならまだ良いけど、買い占め、特にエネルギー関係の買い占めが日本中、特に被災地を窮地に陥れてしまうことにつながるんだってことを考えなければいけないだろう。今朝のTVに依れば牛乳も十分あるのに、燃料不足で工場が操業できないために紙パックがつくれない。市場に出せない分は廃棄せざるを得ないんだとか…。

 敢えて日常の暮らしを続けることが大切だってことが、日本経済にとっても、被災地にとっても重要なことだということを考えさせてくれる…そう思う。

PS
 東京駅の改札前で折り畳もうとしたんだけどどうしても上手くいかない。手順を間違えているのではない。良く見たら、工事中の床に凹凸があって畳んだつもりの後輪が少し下がっていたためだった。
 こういうこともあるんだ。気をつけなければ。
tb: --   cm: 0

リアライト取り付けOK  


 MonotaROに注文していた金具がまた届いたので(まとめて送ってくれれば良いのに3回に分けて送ってきている)、早速、気になっていたリアライトの取付を行った。
 作業がしにくい箇所である上に、ボルトの締め付けがきつく、道具も乏しいし、あきらめようとも考えるほどだったが、何とかできたようだ。
 選んだ金具は2mm厚なので簡単には加工できるものではない。「TRUSCO ジョイント金具19型Cクローム TK19-C5AC 283-0876(直角断面のもの)」という金物の寸法を微調整して何とか納まった。これは殆ど予定通り。もう一つの台形断面のものは2mm厚というだけあって、思うように曲げられなくて断念した。
 結果的にリアライトは、リアキャリーにくっつくというより、浮かんでいる感じであるが触ってみても比較的しっかりしている。もちろん「たこ糸」で取り付けるより見栄えも良いし強度も確かである(笑)。

 リアライト取り付け状況

 昨日届いたベアローラー(ウィール)についても、もう一度挑戦してみようと密かに考えているところである。

 これからしばし「計画停電」である。
tb: --   cm: 0

ミニキーボード購入  


 昨夜は、炊飯器にスイッチを入れてしばらくしたら停電。
 ちょっと油断もしたが、慣れないノートPC(VAIO TYPE-T)だったので停電時間を調べるのが面倒だったせいもある。まあまずい飯を何食か我慢すれば良いんだから…。
 幸い、2年前に購入した100円パソコンと同時に契約したEMOBILEが、契約更新時にあたり、3月は無料だというので安心して使ってみた。
#でも本当なんだろうねぇ。後で請求なんてイヤだよ(^^ゞ。

 ノートPCはそれなりの良さもあるが、いつもの環境と異なるのでやはりイライラする。それにこの運送環境だと発注した品物の到着日が読めないのも何とも…。
 運が悪いことに、本日の停電は15:20~19:00。この間手持ちぶさた。ヤマダ電機の区域は…と見れば17:30まで停電とある。運良くヤマダ電機が停電明けすぐにオープンしてくれれば1時間半ほど時間つぶしができそうだ。なんて考えて、空振り覚悟で行ってみることにした。キーボードにも手頃なのがあれば買ってきてしまおうと思ったのである。

 足は当然Bromptonである。サイコンも初のデビューということになる。
 ところがしばらく走ってみてもサイコンが動いている様子が見えない。良く見れば、最後のカチッと音がするところまで入っていなかったようだ。結果的にヤマダ電機までの走行距離はちょっと無駄をしたが往復5Kmくらいだったかな?
 行く途中は、いつものテニスクラブへの道である。途中の坂道もBromptonで初体験だが、比較的スイスイ登った。帰りの激坂もダンシングを交えたが、こちらはようやくのことで登りきった。近隣の坂道なら内蔵3速でも何とか行けそうな気配だ。困ったことになった(^^ゞ。
#激坂はようやく登ったとはいえ、慣れのせいか結構耐えられるようになってきているような気がするのは不思議なものである。

 ヤマダ電機はいつもより閑散とし、店内も暗かった。しかし客はレジに並んでいるが殆どが日用品目当てである。もっと平常通りの生活を…と願っては見ても、皆もう恐怖心で一杯なんだろうか?これでは景気もますます悪くなってしまう。
 もちろん、キーボードは買って帰った。ELEVOM TK-FCM006。1980円。
 もっとも帰ったら、昨日注文の品物を発送したというメール。明日か、明後日には届いたらしい。でも私にとってはキーボードは消耗品だからまあ良しとしよう。
 この文章も新しいキーボードで入力しているがもう慣れた。やはりデスクトップの方が遙かに使いやすい。
 新キーボード

 そして、ベアローラー(ウィール)も到着。喜んで手にとってみれば、これはかなりでかい(でかいのは困ってはいないのだが…)。それに軸ももっと長くて太い軸が必要である。日東製の我がリアキャリーに取り付けるにはかなり無理があると感じた。それにサドルポスト側についているローラーの軸は固くてローラーが外せない。
 でも、近いうちにホームセンターへ行く用事もあるから、その時、適合できそうなものがあるかどうかチェックしてこようとは思うが、これはROLO製に頼るしかないかも。そうなると随分高い勉強代になってしまうかもしれない。
#さすがに、これがあるからインライン・スケートにも手を出すということにもならないだろうと思うし…(^^ゞ。

 さて、明日の停電情報だ。
 参考:計画停電マップ計画停電カレンダー

 この記事を書いた後、Brompton36を全部読んだ(^^ゞ。
tb: --   cm: 0

ミニキーボード発注  


 昨夜、不謹慎な話しながら、TVを見ながら水割りを飲んでいたら、コップが倒れてキーボードがご臨終となってしまった。

 緊急に欲しいものなので、今朝YAMADA電機へ駆けつけたが…。東電は確か計画停電をやめると放送していたような気がしたので、確認しておかなかったのが悪いのか、それまで店内は明るくなっていたので開店するものと思っていたら10:00になったら消灯。停電らしい。結局、開店できないまますごすごと帰った。
 仕方ない、再度出掛ける気にもなれないので、ネットで発注することにした。私にとってはなぜかキーボードは消耗品。机上が狭いのでデスクトップPCでもわざわざミニキーボードである。今まで使っていたものが心配なくて良いだろうと、同じものにした。但し色違いだけど…。

 ミニキーボード

 自転車での帰り、昨日買えなかったパンと牛乳を…とスーパーに立ち寄ったら入場制限。日常の食品、保存食品、ティッシュ、米までも、殆ど売り切れ状態。これが悲しい現実なんだと思う。被災している訳じゃないんだから、節電に務め、それ以外の物資は出来る限り被災地に回してあげられるように配慮すべきなのに…。

 そう言えば、乾電池など「現地の要請がないから送っていない…」などと言っていたバカな役人もいたらしい。どうして欲しいと判っているところに緊急に送ってあげようという気持ちになれないのか…。
tb: --   cm: 0

絵仲間のブログから  


 今回の地震に対して、海外から様々な感動と応援の言葉をいただいていますが、私の絵仲間のブログのコメントをご覧いただけたら…と思い、こちらで紹介させていただきます。

 「キノさんの水彩教室」で紹介された「韓国新聞の社説」記事です。

 ただ、こんな時の記事だから、わざわざ悪く書くこともないだろうと思うし、日本国民の立場から考えるとそれだけ災害に慣れきっているとも言える悲しさがある。さらに、スーパーなどに行けば、ティッシュや食料品の買い占めに近い動きがある。日常暮らすようにしていて欲しいと思うのに、こういう行動は結局何なのか?と思う。
tb: --   cm: 0

サイクルコンピュータCC-VL510の設定  


 夕方、スーパーに買い物に行ったら食品が半分くらいカラだった。パン・牛乳は既になくなっていた。こんな食品をすぐに消費するとも思えないし、一体どれほど確保しておきたいと思っているんだろう。普通に生活していることが大切だと思うのだが…。

     *     *     *     *     *

 帰宅したら発注していたサイクルコンピュータCC-VL51が届いたので、早速設置してみた。
 物理的な設置はまあまあ説明書通りにできた。
 ハンドル回り センサーとマグネット
 左:窮屈なハンドル回り。ボトルケージの金属部分は当初のままだとボトルを傷つけるので布を巻いてみた。背景は公募展の絵。明日、新国立美術館へ搬入することになっている。
 右:前輪回りにセットしたセンサーとマグネット。この間隔は5mm以内に設置する必要がある。

 サイコンそのものの表示のところでは、「ホイールサイズ」(Broptonは16インチ)で設定するところもあったが、もう少し厳密にしたければ「周長」を入力する方法もあるということなので周長を入れようと調べてみた。取扱い説明書はあまりにも文字が小さすぎるし判断できない。新人類世代のオヤジ日記こちらのページにその表が出ていたのでこれを参考に119cmとした
#公式的には1185mmがBromptonの周長らしい。
 その後、ある方からアドバイスをいただいた。これは16HEの数値で、Bromptonは16WO/349mmであり、周長は1300前後になるということ。まだ十分理解できていないが(^^ゞ早速設定し直した。ありがとうございました。

 あとは、時間を入力して設定終了。
 ちょっと気になったのが、サイコンは両面テープでハンドルにくっつけておくだけ。もっとも有線だからなくすと言うことはないだろうけど…。
#これは私の思い違い。プラスチックの緊結ヒモ?があった。これを使えば良かったようだ。
 それに、走らない時にも自転車に取り付けたままで電池を必要以上に消費するということはないのだろうか?多分、時間がたつと時刻表示に切り替わるので、このままで良いとは思うけど…。

 前にも書いたが、これの上位機種VL810と比較すると走行時間、平均速度、消費カロリーが表示できない。平均速度くらいはあっても良かったが、どうせ信号のあるところばかり走るようなものだし、どうしても見たければGPSの方で測定区間毎の平均速度を知ることもできるのだから、その方が適切だと思い直し納得した。
tb: --   cm: 0

金具類の発注  


 リアキャリーにテールライトをきちんと取り付けたいと思うようになり、適切な金具がないかと探してみた。その結果、MonotaROというサイトがなかなかこの手の商品が充実しているらしいと感じるようになった。例えばこんな金物が見つかった。但し、寸法がちょっと合致していない。
 3000円以上なら送料無料、以下なら大体500円ということになるらしいので、そのあたりを考えながらこのサイト内にあるもので、自分にとって必要な部材を検討してみた。あくまでも不要なものを買わないと注意しながら…。
 その結果が以下のようになった。せっかく3000円を超えるようにまとめたのに、消費税は別だったらしい(^^ゞ。
 monotaro
■ご注文明細
-----------------------------------------------------------------------
注文コード:08349747
商品   :TRUSCO ジョイント金具19型Cクローム TK19-C3C 283-0841 1個
単価×数量:@\249(外税) × 1
出荷予定 :03/23まで
-----------------------------------------------------------------------
注文コード:08349765
商品   :TRUSCO ジョイント金具19型Cクローム TK19-C5AC 283-0876 1個
単価×数量:@\249(外税) × 1
出荷予定 :03/23まで
-----------------------------------------------------------------------
注文コード:07309653
商品   :昌和発条製作所 圧縮コイルバネ AS090-020-0.7 1袋(10個入)
単価×数量:@\518(外税) × 2
出荷予定 :03/22まで
-----------------------------------------------------------------------
注文コード:33121681
商品   :EIGERTOOL カードノギス TYK-10 1枚
単価×数量:@\1,100(外税) × 1
出荷予定 :03/15まで
-----------------------------------------------------------------------
注文コード:08241143
商品   :Strong Tool プレスCクランプ CS-100 100mm 1個
単価×数量:@\462(外税) × 1
出荷予定 :03/15まで
───────────────────────────────────
ご注文合計 :\3,250 (うち消費税 \154)

①ジョイント金具C型クローム2種は、どちらかを使えるようにできないか?と考えている。
②圧縮コイルバネは、これを使って加茂屋のブロンプトンフィンガークランプを手作りできないか?と考えてのことである。うまく寸法が適合してくれれば良いのだが…。
③たまたまノギスがなかったので…。どうせなら格好良いのを…と思ってのことである。
④これは、絵の仮縁等の取付のために開きの大きなものが欲しいと考えていたからである。


 さあ上手く行くか行かないか…。勉強代がどのくらいになってしまうか…?

 こんなことをしながらも、原発はますます状態が悪化しているのが不安な気分にさせる。
tb: --   cm: 0

ベアローラー(ウィール)の発注  


 この何回かの外出で、Bromptonをキャリー状態にして動くのが快適だと改めて感じた。特に荷物を持って動く場合には誠に便利である。
 そうなると「ベアローラー」をもっと大きく、厚さのあるものにしたいと思うようになってきた。ただ、実物を見る機会がなかなかない。こちらのサイトのものが一番良さそうだが、サイズ関係がはっきりしない。
 Brompton自体が、インラインスケートのウィールを転用して使っていたという話しもどこかで聞いたし、実際にそうして使っている人の情報も知ってはいた。但し、ホームセンターなどで購入したローラーは、ベアリングがなかったりして結局は抜け落ちなどが起こってしまうというようなこともブログで見たことがあった。
 LORO馬車道で聞いたところによれば、ベアローラーは今月の末くらいになれば5速変換の機器と一緒に入荷するということだったので、私自身もどうしたらいいか少々迷っていた。

 ところが本日ネットを見ているうちに、インラインスケート用ウィールについては、ネット上の商品の殆どがウィールのみであり、実際にはこれにベアリングが必要だと言うことがわかった(参考ページ)。双方を合わせるとウィールと上記ベアローラーとの価格差は随分小さくなる。
 さらに見ていくと、楽天ショップでこんな商品を見つけた。ベアリング付きのウィールである。
#他でもいろいろ検索してみたが、これ以下の価格のものは見あたらないと判断した。
 問題は、ネジやシムが既存のものに適合できるかどうかだったのだが、これからのこともあるので思い切って購入して試して見ることにした。
 できることは自分でやってみた方が良いと思うからである。

 ベアリング付きのウィール

=====================================================================
■ ショップ名 : CHEROKEE
■ ショップURL: http://www.rakuten.co.jp/cherokee/
■ 電話 : 03-5654-7019
■ メールアドレス: chero@jrs-net.co.jp
=====================================================================

---------------------------------------------------------------------
[商品]
XLIDER用パーツ純正ウィール(4個セット)(xlider_parts_004)
価格 4200(円) x 1(個) = 4200(円) (税込、送料別)
獲得ポイント42
*********************************************************************
小計 4200(円)
消費税 0(円)
送料 840(円) 離島・一部地域では別途料金が必要な場合があります
ポイント利用 -1000(円)
---------------------------------------------------
合計 4040(円)
---------------------------------------------------------------------
注:1000ポイント使用しての結果である。



 今はもう一つ気になっていることがある。
 実は、リアキャリーにたこ糸で留めていたテールライトがグラグラしていたので外してしまったのである。やっぱり金具を見つけて固定したいと思っているのだが、これを見つけるのもなかなか大変そうだ。

 こんなことをしているうちに、福島第一原子力発電所が次々と問題を起こしている。今は4号機が火災を起こしているとか…。現場では大変な思いをして対応しているのだろうが、知恵や人材は充分に投下しているのだろうか?
tb: --   cm: 0

「絵筆と旅して展」、「公募展の絵」終了  


 「絵筆と旅して展」の最終日。普通だったら当然画廊へでかけ絵の搬出を行うところ。
 しかし、相変わらず余震が続いている(大きな地震も近いうちに来るだろうなどという人もいるらしい)。東電からは計画停電の話しが出て、朝から予想以上の交通混雑が始まっていた。私の所では東海道本線、横須賀線の主要2路線が終日運休。それでもBromptonが使えれば何も困ることはないが、こんな混雑の中その気にはなれない。電車をうまく乗り継げば行けないことはないようだが、こんな時にわざわざ出るのは世の中の迷惑と割り切り、画廊に作品の撤収をお願いすることにした。

 そうなると急に時間も余る。TVも地震災害のことばかり。被災者には申し訳ないが、刻々と変化する状況を逐一知ったところでどうしようもないのでしばらくできなかった自分のことにかかることにした。
 まず、気になっていた絵の完成。16日に運送会社が取りに来ることになっている。果たしてちゃんと間に合うように搬送できるのかどうかもわからないが…。
#まだ公式には未公表の作品なので、そのつもりでご覧下さい。
 A案 B案

 そう言えば、確定申告もまだできていない。そちらにもかからなくては…。
#そう言えば、昨年も何日か遅れてしまっているはず。

     *     *     *     *     *

 ちょっと息抜きに…と、Bromptonで駅の反対側の散髪に行った。やっぱりBromptonは良いなぁ、しみじみそう思う。
 帰り道のいつもの激坂だけど、今日は確定申告の最終前日なので、狭い道の沿道に車がびっしりと停車中。だからBroで登っている時後ろから来た車が気になって一度だけ停車。それからまたこぎ始めてとうとう最上部まで登り切った。
 やはりこういうのって慣れというかコツのようなものがあるようだ。
 最近は、自転車に乗っている時苦しいと思うことが少なくなった。坂道も強引なこぎ方をすればすぐに息切れしてしまって続かなくなるのだ。ゆっくり数を数えるように歩きの延長のようなペースを守れば結構登れるものなのだ。
 それに内装変速機の踏み込みながら変速できない仕組みにどうも違和感を拭えなかったけどこれも慣れか。踏み込みながら変速する外装の方が使いやすいとは思うけど、何とかできるものかな?
 今日は、そんなことを感じた日だった。
tb: --   cm: 0

絵筆と旅して展会場へ  


 こんな時だから来訪者は期待できないが、友人から3時頃来るという連絡をもらっていたのでとにかく行ってみることにした。私自身は昨日は欠席したのだが、会場にいた同じ展示者に聞いたら2人だけだったとか…。
 今回の展覧会は仕方ないと諦め気持ちが大半である。

 まだまだ余震が続いている中なので、帰りの足が確保できるかどうかわからない。そんなこともあって我がBrompton持参で行くことにした。Bromptonは新橋駅~会場間である。
 往きの車中はガラガラで助かる。新橋で下りて途中先生が参加している「水彩人展」を見るつもりで「一枚の絵ギャラリー」に寄ったら何と臨時閉鎖。仕方なくそのまま会場へ。

 3時頃訪れた友人、その前に来たネットでの知り合い。結局2人と話しただけだった。わざわざこんな時に来てくれたことに感謝。

 その後はもうすっかり会場にいる気がなくなって帰路についた。銀座の街中は予想以上に混雑していた。歩道上はゆっくり意識して走らないといけないほどだった。
 新橋駅から混雑具合を気にしながら電車に乗ったが、こちらは相変わらずガラガラで、あまり気を使わなく済んだ。
 絵筆と旅して展 銀座は建物のためGPSの受信感度が悪い。

 明日で展覧会は終了。
 時間の経過につれて被災者はうなぎ登り。心が痛む。

     *     *     *     *     *

 本日の最大の収穫は、いつも登り切れない自宅近くの激坂をM3Lで登り切れたことだった。しかし、さすがに限界といった感じだったが、これも慣れれば何とかなるんだろうか?これが登り切れなければ5速に切り替えようか…なんていう風にも考えたりしたこともあったけど、あっさりクリアしてしまった。
 次いでの収穫は、キャリー状態での移動は本当に快適だと確認できたこと。駅のホームに降り立ってからはこの状態で移動するのが良いようだ。これだったらスーパーでの買い物にも使えそう。
tb: --   cm: 0

東北地方太平洋沖地震  


 11日午後2時46分三陸沖を震源とする巨大地震。以前から三陸沖の空白域が指摘されていたものがこれだったようです。関東大震災でさえマグニチュード7.9だったというのに、今回の地震の規模は1854年12月の安政の大地震を上回って、過去最大規模の地震災害となったとか。
 時間が経過するにつれその被害規模は拡大していますが、現時点で死者は少なくとも600人、行方不明者もあわせると1400人以上にのぼっているとか…。それでもまだ状況が不明の地域も少なくないようです。
 犠牲となられた方々には、心からご冥福をお祈り致します。

 余震はまだまだ続いています。また、福島第一・第二原子力発電所の周囲にも避難要請が出るなど、二次災害等も懸念されます。
#たった今のニュースでは、第一原発の1号機から核燃料が溶け出た可能性が高いとか…。

 しかし今回の地震については津波被害が大きいことを考えると、過去に例のないほど広く長く被災者の生活に影響を及ぼしそうです。今回の災害についてはそのことも考慮に入れておかないといけないでしょう。

 さらに、その後に各地で地震が相次いでいて、12日午前4時ころには新潟県中越地方(M6.6)、同4時ころは長野県北部(M6.7)でも地震が発生。これまでは数百キロメートル離れた地震は互いに関係はないと考えるのが通説だったようですが、専門家の中には巨大地震で誘発されたものである可能性もあるという見方もあるようです。
 首都圏に居住する者としては、今後予測されている関東大震災に関わる地震空白域などもあり、それらを刺激するのではないかと心配の種は尽きません。

 まだまだ予断を許さない状況です。
 私達としてはいたずらに動揺することなく、日本国民として助けあいながら冷静に事態に対処していきたいものです。
tb: --   cm: 0

サイクルコンピュータCC-VL510発注  


 昨日の記事にも書いたが、今のGPSには、通常のサイコンについている走行距離その他の数値はボタン切り替えにより表示することができるようにはなっている。ただ、私が特に知りたいのは「今の速度」と「走行距離」。それにGPSの「現在位置表示」の機能も私には不可欠。自転車に乗ってそれらを切り替え表示するのは危険だし、GPS自体は他でも使うことがあるから走行距離数を記録していくのも手間が多い。
 そんな理由から、とりあえず簡単で使いやすいサイコンを買うことにした
 今までの経験から言えることは、中途半端なものを買ってしまうと必ず後でもっと高機能なものが欲しくなることになるから、今は「いつ捨てることになっても後悔しないもの」というくらいのものにしておきたかった。
#いずれは、サイコン機能を持つGPSを考えていくことになるかもしれないが…。
#その時にはGarminのものになるかもしれないとも考えているが、それまではGPSは今のものを使い続けよう。

 選んだものは、CATEYEのCC-VL510。950円(送料無料)。このくらいの価格なら納得…と、早速発注してしまった。
 決め手は、価格の安さ、表示の見やすさ(上位機種のCC-VL810と比べてみてもフレームとの関係で…)、同時表示項目(変更できるのかもしれないが「速度と走行距離が同時表示」されている)、有線であること(特にミニベロで無線は、街中などでは不安定になるやすいらしい)、速度/走行距離/最高速度/積算距離がわかれば十分(平均速度(信号状況によって左右されてしまうし)/消費カロリー(知ってどうなるものでもない)/走行時間(走ることが目的じゃない))などは特に求めない…等々。
 サイコン比較 選定サイコン

 電池が切れるとそれまでの蓄積データは消失してしまうようだが、安いんだからそれくらいは仕方ないだろう(^^ゞ。
tb: --   cm: 0

新しいBrompton仲間に遭遇  


 本日の、市民ギャラリーの「第6回風景スケッチ展」会場へBromptonをキャリー状態にして入った時、受付にいたY氏とはすぐに出会うことができた。

 Bromptonを持ち込んだ私を見て、ニコニコ顔のY氏が声をかけてきた。「私もBrompton派なんですよ。Bromptonは良いですよねぇ~。」と…。
 実はY氏も2年ほど前からBrompton、しかも同じ赤のM3Lを所有しているらしい。やはりBromptonらしい自転車ということでこういう選択になったらしい。その目的も全く私と同じだった。同じようなことを考える人はいるものである(笑)。
 実は、同じ絵仲間の大学の先輩E氏にもBromptonを薦めているのだとか…。私も持っていることを知ればE氏の気持ちもぐっと傾くかもしれない。もう一人Brompton仲間が増えてしまうかも…(笑)。

 思いがけないところで、しばしBromptonの話しで盛り上がってしまった。



 少し落ち着くまでコメントを受け付けない設定にしておこうと考えたらしいが、すっかり忘れていました。

 改めて「コメントを受け付ける」設定にさせていただきました。
tb: --   cm: 0

初めての横浜往復  


 大学の先輩の仲間で、昨日グループ展に来てくれたのがY氏。現在、市民ギャラリーで開催中の「第6回風景スケッチ展」にその先輩と一緒に展示されている…とのことででかけた。せっかくの機会なので、もちろんBromptonで行くことにした。
 1時間半ほどかかるとの予測だったが、実質的には1時間10分ほどだったと思う。なかなか良いペースだった。
#大学の先輩の方は、親戚に不幸があったとのことで不在。
 
関内へ

 まず、横浜中華街で友人と待ち合わせて、行きつけの店でランチ。いつものことだがここの食事はうまいし価格もリーズナブル。夜なども時々利用させてもらっている。ランチは私がご馳走したが、その後、代わりにコーヒーの方は友人が奢ってくれるということで元町の喫茶店に向かった。友人はそのまま帰るらしいが、僕の方は再び関内に戻らないといけない。そんな時でも自転車に乗っていると気楽なもの。
 コーヒーとメロンパン(ここのメロンパンはまた格別に美味いのだが…)をご馳走になった後、関内の市民ギャラリーへもどった。
 展覧会の会場へはBromptonをキャリー状態にして入った。

 その後、本当はもう少し港の方まで回ってゆっくりしたかったのだが、昨日受け取れなかったプリンターインクが夕方には届くという(使っているのが、夜は配達してくれない運送会社らしい)。それで急遽4時を目標に帰った。帰宅時間3時40分。予定より大分早かった。
 本日は、坂道の少ないコースを選択。途中の坂もとうとう自転車を下りずに登り切った。大分坂道上りのコツがわかってきたようだ。こうなってくると5速に換える必要があるのかどうかちょっと迷う。
#ただ、帰路、迷い込んだ弘明寺商店街上の坂があまりに急でちょっと下りてしまったんだけど…(^^ゞ。
 時間を気にしながらの初の関内往復約28Kmはちょっと疲れたかも。

 しかしこうやって乗るようになってくるにつれて、段々自転車も身近な存在になりつつある。
 そろそろサイクルコンピュータも必要になってきたようだ。
#なんて思ってGPSのデータを見たら、走行距離の積算数値も出ることがわかった。ただ、自転車専用にするわけにはいかないから、どこかでリセットが必要になる筈なんだけど…。
#簡単なのを買ってみるかどうか…。

tb: --   cm: 0

「絵筆と旅して展」オープン(Bromptonの電車への持ち込みは?)  


 今日は「絵筆と旅して展」のオープンである。
 Bromptonで行って、銀座のめぼしい画廊を回遊するなんてのがBromptonを買おうと思った理由の一つでもあったのだが、時間は丁度ラッシュ時でもあるので今日の所は様子を見ることにした。
 会期中に一度はBromptonで行けるだろう。

 オープン早々、大学の先輩のグループの方達が来てくれたが、あとは高校時代の友人の兄上くらいかな?
 あまりに暇なので眠気を耐えるのが大変だった。今朝の早めの起床がこれほど堪えるとは…。
 もうこれ以上会場にいられないという気分で、17時には会場を出て大学の先輩が個展をしているという交通会館に寄った。

 帰りは、東京駅から座って帰ったがあまりに眠くて爆睡。
 
 帰宅時間の方がラッシュは大変だった。
 往きの時間くらいの混雑状況だったらBromptonを持ち込めそうだが、18時直後のこの時間帯の混雑ではちょっと難しい気もするなぁ。
tb: --   cm: --

坂道を初制覇 & キャリーとして店内を…  


 Bromptonで…じゃありません。いつも使っているボロ自転車(6速)でのことです。

 明日から始まる展覧会の準備をしていたが、プリンターのインクの不足は明らか。ネットでは注文しているのだが到着は明日。そこで駅前の有隣堂に行ってみた。生憎というか案の定というか、狙いのインクはなかったので周辺のものを買って帰った。
 帰り道、いつも半分ほどしか登れない激坂があるのだが、今日は3速を中心にしてゆっくり数を数えるようにして登っていった。結構いけるじゃないか。最後だけ2速にしたもののとうとう最後まで登り切った。そうか今までは急ぎすぎて息が切れるのが先だったのだ(^^ゞ。
#なお、自転車は1速(ロー)から6速(トップ)のもの。
 今日の所は荷物が殆どなかったから登り切れた、これが荷物があるとどうなるか。また、Bromptonではどうなるか。そのあたりが今後の課題。



 その後、ダイエーに電話したらお目当てのインクがあるという。まあいずれは使う消耗品だから…それに、今日中になくなってしまうのも確かなので、今度はBromptonで買いに行った。
 あまり混雑していなかったので、折り畳み状態でハンドルだけ立てキャリー状態で店内を歩き回った。少し勇気がでてきた(笑)。それに滑らかに回転するコツもわかってきた。さすがBrompton良くできている(*^_^*)。
 こんな具合で近くのスーパーも自由に買い物できそうな気がしてきたぞ(笑)。

 帰りは、急な上り坂のないルートを選択(笑)。激坂を登る気力が今ひとつだった(^^ゞ。
 でも、近くのスーパーでの買い物にはTバッグが役に立ってくれることは明らかだ(*^_^*)。
tb: --   cm: --

PetaMapと“nav-u” 『NV-U35』  


 今日は、今描いている80号のお絵描きの最終段階。一応ここに現段階の絵を貼ってみよう。
#透明水彩なので、油彩画のツヤがありませんが…。
#本家の方「風景画の部屋」ではまだ未公表なので、そのつもりでご覧下され…(^^ゞ。

 A作品 B作品

 それはともかく、絵が一段落したので自転車に適した地図がないかと再検討してみた。
・GoogleMap
 詳細に見ると、メニューの中に「自転車」とあるがまだグレー状態で選択できない。いずれ自転車のルート検索を考えているのかもしれない。今後に期待したい。
・NAVITIME(自転車ルート検索サイトにリンクさせている)(自転車ルート検索サイトにリンクさせている)
 今のところ自転車のルート検索ができる唯一のサイト。基本的な4ルートが検索されるが、部分的な変更は不可となっている。
・Yahoo!地図
 乗り物をつかった路線検索のみ。
・PetaMap
 SONYが運営しているサイト。SONYは自転車に最適化した“nav-u”『NV-U35』も持っていることもあって、このデータを使ってMyMapに自分の軌跡を蓄積できるようになっている。もちろん他のユーザーの軌跡を見ることもできる。自転車のためのお薦めポイント等も検索出来るのだが、どうにも使い勝手が悪い。もっと使いやすければ、それに自転車なんだからお薦めポイントではなく、せめてサイクリングコース等のルートとして表示してくれれば良いのに…と思う。これだけでは完結できそうもない。『NV-U35』の所有者からすれば良い点はあるのかもしれない。
 ところで、『NV-U35NV-U3Cというのも自転車で使えるらしい)』だけど、ルート検索が<高度>を考慮したものではないので特に自転車の最適ルートを探し出すということより、サイコン機能とGPS(の軌跡)の活用がメインになるということかな?走行距離などは記録できるんだろうか?
#これの機能の紹介はこちら。これを見ると一応<積算距離>は記録されるらしい。
#どこかで、明るい日差しの下では見にくいということを見た記憶があるが…。

・Bing地図
 3D地図表示などしてくれるようだが、路線検索まで。ルート検索には対応していない。
・Mapion
 路線検索、車のためのドライブルート検索には対応しているようだが、自転車には未対応。
・チズルとススム
 車のためのルート検索はできるようだが、あまりにも使い勝手が悪くてあきらめた。
・MapFunWeb
 これも車のためのルート検索には対応。しかし、自転車には未対応。
・Mapple地図-地図丸
 ルート検索には未対応。但しMappleツーリングというサイトにリンクしていて、ここにいくつかのお薦めコースを紹介している。但し、自転車ではなくオートバイ向けなのかな?
・ルートラボ
 ちょっと変わったところでこんなサイトがあった。
 「ルートラボ」は、サイクリングコースや道案内などのルートを簡単に描いて公開できるサービスだという。こんな事例ページがあった
 条件によっては使えるかもしれない。



 そうそう、mixiのtyrellのコミュの書き込みの記事で知った。
#そのまま引用すると問題になりそうなので、ポイントだけだが…。

GCSのブログより。
http://www.pref.kagawa.lg.jp/kgwpub/pub/cms/detail.php?id=7826
○芦原科学奨励賞
  受賞者:有限会社アイヴエモーション 廣瀬 将人
  テーマ:世界最軽量・高性能折畳み自転車(Folding Bike)の研究開発
    http://www.pref.kagawa.lg.jp/kgwpub/pub/cms/upfiles/syoureisyou_7826_4.doc
    注:タイレルFXのこと。



tb: --   cm: --

むうぱぱ氏来る  


 このところ、水彩連盟展のためのお絵かき中。

 そんな中、mixiの自転車関連マイミク第1号となった「むうぱぱ」さんがわざわざ自分の改造Bromptonに乗って来てくれた。
 むうぱぱさんのBromptonはなかなか男っぽくシャープな風貌だった。早速お借りして周囲を一回り。外装の変速はどのようにいじって良いのかわからなかったので内装の5速変換を試してみた。フロント・ディスプロケットは換えていないようなので多分私のものと同じだと思うが、感触的には予想したとおりといったら良いだろうか?サドルと殆ど同じ高さのフラットバーの感触も悪くはなかった。

 むうぱぱさんは「改造は見てくれ重視」…なんて言っていたけど、細かな部品の色彩、折り畳みの際の結合部品(何と呼んだら良いか…)など、細かなところまで神経の行き届いたセンス溢れるものだった。しかし、本当に感心したのは、Bromptonの文化より自転車の機能性を追求した改造の姿勢だった。
 変速機の改良はもちろんだけど、18インチのホイール(これは入手した時からだったけ?)・細身のタイヤに交換し、泥よけを撤去し、フラットバーにし、加茂屋フィンガークランプへの交換、あまり拘っていないと言いながらちゃんとジェニーサスの交換をしている(^^ゞ。
 それにしてもBromptonをオークションで落札して2年余でこれだけの改造を自分でしてしまうのは大したもの。

 …ということは私もそれくらいのことはできる…ということでもある。
 自転車の整備のための本を読んでみる必要はありそうだ。

 私の改造の目標が決まった。
◆5速化
◆ハンドルの見直し
…オレンジのハンドルか、フラットバーか。
 それ以上に必要なら別の自転車を考えよう。
 ただ、Dead Poet Weblogのこちらの記事を見ると、私の場合はオレンジジュースのハンドルが良いか、あるいはもう少し頑張ってフラットにしてしまうか迷うところ。またこの時、5速化した場合のシフターをトリガータイプにしたいと思っているが、その取り付けが可能かどうかを考えておかないといけない。さらに、Tバッグを使うことが可能かどうかも…。
 また、折り畳み時にどういう支障が出るか出ないかも…。
◆その他考えていること
 ・フィンガークランプの自作…バネさえ入手できればこれは可能だ。
 ・テール・ランプのキャリアーへの取り付け…これも金具を探したい。
◆サイクルコンピュータ
 今持っているGPSでは必ずしも自転車利用に限らないので、走行距離を出すことができない。そういう意味では簡単なものがあっても良いかもしれないとは思う。
tb: --   cm: --

GPSについて  


 私のGPSは、昔(といってもそう昔ではない)海外旅行へ行く時に買ったGPSmap 60CSというもの。買ったのはiiyo.netだったが、当時で12万円ほどしたのではないかと思う。それが今、例えばGarmin社のGPS専門店のこちらで見れば、GPSmap 60CSxが36,000円。「Garmin 激安」で検索したこちらでは、GPSmap 60CSxが29,800円。最新のGPSmap 62Sが38,800円となっている。
 まさに隔世の感がある。
#これらは英語バージョン。日本語バージョンはまた価格が異なる。
 しかも、最新の日本詳細道路地図(シティナビゲーター)はVer11となっているのに私のものはVer6。確認してみたら、メモリー容量の関係で私の機種ではVer11は使えないらしい(;_;)。

 GerminのGPSには、英語版・日本語版があり、何がどう違うのかわからないが価格も随分違いそうだし、マップソースもそれによって使えるものそうでないものがあるのかもしれない。
 しかも、自転車でこれを使うとしても、走行キロ数などを知るにはやはりサイクル・コンピュータも欲しくなってしまう。

 まあ、こういうものについては、どの機種をどこまで使うつもりなのか、どのタイミングで使うのか、それが悩ましい。
tb: --   cm: --