ポタポタ時々記

自転車を中心とするスロー・ライフや時々の買い物記録などです。

Brompton専用バッグ…いつかは欲しくなるかな!  


 いつも巡回している「BROMPTONの記録/otake」で見かけたこのバッグ VINCITA B132Bamazonで扱われているこれと同じような物らしいが、何かちょっと違うような気も…。
 130831bro

 でも、いつかこんなのがあると旅行には便利かな?と思わないでもないな。
 大切なのは、リアキャリーをつけた状態で入れられるかどうか…。

 otakeさんはこんなのも紹介してくれているけど、こちらはもっと良い。値段も良さそうだけど…。
 http://misener.org/the-elusive-brompton-b-pod/

 でも本当はその前に、カン太(TrekDomane4.3)の輪行袋が欲しいかなぁ(笑)。

*     *     *     *     *

 ここを見ている時、Printerest.comというものを知ったので、Sign inしてみた。

tb: --   cm: 2

海岸ポタ…カン太32.7Km  


 何故か朝5:00前に目が覚めてしまったが、すぐには眠れそうもない。窓を開けるとちょっと曇り空の影響もあると思われるが、随分回りが暗くなっている。日が短くなっているんだろう。
 こんな時には朝練が良い。もちろん今日はカン太である。

 とにかく海岸をめざして走ることにした。
 今日は腰越橋のところから戻ってみることにした。危うく通り過ぎてしまうところだったが、何とか無事に予定のルートに乗って帰ることが出来た。
 130829 130829
 130829 130829

 130829 130829
 130829 130829
 130829 130829

 130829 130829

 130829map 130829garmin

 ・快晴 温度22℃、湿度88%、風速2m
 ・走行時間 1時間51分
 ・走行距離 32.71Km
 ・平均速度 15.0Km/時
 ・最高速度 36.9Km/時
 ・消費カロリー 836Kcal  総走行距離 298.6 km(+16Km)

 帰ってきたらやっぱり眠い(笑)。
tb: --   cm: 2

テニスポタ…ポン太8.5Km  


 今日は快晴。朝晩は少し涼しさを感じるようになったものの今日も日中は暑い。

 昨夜はテニス仲間の飲み会。暑気払いの予定が延期になっていたもので、残暑払いだとか。要するに口実を設けては飲みたいのだろう(笑)。
 その場で「たまにはテニスに来たら?」と言われていたので久しぶりにテニスか…と考えていたが、昨夜は結構飲んでいたので、結局寝坊して9時起床。予定より1時間遅れ。
 テニスだけでは面白くないので本日はポン太を相棒にして出かけた。

 帰路、買い物でも…と思っていたのだが、何と財布を忘れてしまったのでどうしようもない。テニス仲間に借金まですることになった。こんな天気、飲み物がないと死んでしまうから…ね(笑)。
#帰宅して調べてみたら、別ポケットに入っていたことは内緒にしておこう(^^ゞ。
 ゲーム結果は組合せにも恵まれて3勝1敗。たまにはこんなこともある(笑)。

 帰路、柏尾川の橋を渡るところでTyrellを見た。また、坂道を登るところで、家から出てきた人GreenのBromptonを展開しているのを見かけた。「Brompton良いねぇ。」と声をかけた。一緒にいた奥さんが嬉しそうだった(笑)。「僕も持っているんだよ~」と坂道を上りながら通り過ぎた。それだけ(笑)。

 今日は写真も無し(笑)。

 130828map
 ・快晴 温度29℃、湿度48%、風速3m
 ・走行時間 34分
 ・走行距離 8.47Km
 ・平均速度 15.0Km/時
 ・最高速度 43.6Km/時
 ・消費カロリー 103.3Kcal  総走行距離 1460.0Km
#GPSが途中いつの間にか消えていてデータを取れなかった。それを無理に合成したからこうなった。

*     *     *     *     *


【PowerGripsとSPDペダル】
 今日はポン太だから、足にはPowerGripsを履いている。SPDと比較すればそれはペダルとの一体感は劣るけれど、それでもなかなか悪くない…と思っている。何しろ足がすぐに外せる。SPDと比べるとつけていなのも同然の気楽さである。それでも引き足はそれなりに使えていると思うし…。
 SPDペダルの場合は、足外しは慣れて来たとは言え、今でも結構意識する。一瞬で外せるようになりたいと思うが、まだ一瞬というわけにはいかない。そのあたりの慣れがもう一つだ。
tb: --   cm: 0

島忠方面散歩ポタ…カン太15.3Km  


 今日も暑い。
 今朝は寝坊をしてしまったので効率が悪い。午後、少し絵を描いて、夕方になったのでカン太で散歩ポタ。今日は島忠方面に回ることにした。練習と言うより、カン太の身体慣らしである。

 明治学院脇からいつもの坂を登り、舞岡公園を経て島忠方面に向かう。もうポタリングの定番コースになっている。
 130820

 途中笠松農園の日差しがギリギリ状態で良い感じだったので、これもちょっと撮影。
#いつかは描いてやろうと思っているのだが、なかなかチャンスがない。
 130820 130820
 130820

 このまま帰ってしまったら12Km程にしかならないので、柏尾川方面にちょっと遠回り。この頃には日差しがなくなってしまって撮影気分になれず、そのまま帰還。
 130820map 130820garmin
 ・晴 温度30℃、湿度76%、風速5m
 ・走行時間 1時間14分
 ・走行距離 15.26Km
 ・平均移動 12.2Km/時
 ・最高速度 36.9Km/時
 ・消費カロリー 274Kcal  総走行距離 265.9 km(+16Km)
tb: --   cm: 2

ワインストッパーとシャンパンストッパー  


 ボトルストッパーというものがあります。ボトルの飲み物が1日で飲みきれない時に一時的に栓をしておくものです。100円ショップなどでも売っていますね。今まではそれを使っていたのですが、本格的なものが欲しくなって検討してみました。

 専門的なボトルストッパーが沢山売られていますが、中でもワインとシャンパンは栓の仕方が大きくことなるということがわかりました。
・ワインは酸化を防ぐためにボトル内を真空にする
・シャンパンは気抜けを防ぐために圧縮する ということらしいのです。

 特に参考になったのがこちらのページ。
 何と、ポンプ付きで両方の機能を満たすものもあるのですね。勉強になります(笑)。
◆VINCEのページ
◆ワイン・アクセサリーズ・クリエイションのページ

 まずは簡単な構造のこちらを入手。これはもちろん真空機能はありません。
◆カラー ワインストッパー&ポアラー ワインレッド8302

 130820

 さらに、シャンパンストッパーが欲しくなり、気抜けせず評判が高い物としてこちらを…。
 flow(フロウ)シャンパンストッパー(中国製で500円)というものもあったのですが、ここは頑張って本場ものです(笑)。
◆AdHoc TAPPI シャンパンストッパー クリアホワイト FP-2134

 130820

tb: --   cm: 0

いたち川ポタ…カン太20.8Km  


 今日も日中は暑い。
 そろそろ水彩人のための絵が待ったなし状態になってきた。ようやく今日からスタートすることにした。今回は40号を2枚(いたち川のススキの風景)の予定である。
 日中の暑い間は冷房の効いた室内でお絵描き作業を進めた。立ちっぱなしで描いているので夕方になることには疲れてくるのだが、簡単に軽い夕食を済ませて、17:00過ぎにはカン太でポタリングをすることにした。まだ慣れていないので少しでも身体を馴らしておきたいと思う。
 昨日のパンクの具合やホイールの具合も確認しておきたいし…。

 カン太にも大分慣れて来たのか、走る感覚が心地よくなってきたような気がする。今まで他の自転車で走るより遥かに気持ち良く走ることができる。当たり前…というか、そうでなくては困るんだけど…(笑)。
 ペダルを踏み込んで前に進む感覚はなかなか良い物である。私自身は経験が乏しいのでよくわからないが、ちばサイクルの店長が言うには、フレームの柔らかさがなかなか良いんだそうな。

 順調に進んで、日の入り前の夕陽があたるいたち川の風景を撮影することができた。緑みどりし過ぎていて、絵を描きたくなるような風景ではないんだけど…。
 この時間帯なら涼しさも増してきているので犬を連れて散歩する人々も多かったようだ。

 そのまま、大船から関谷川沿いに出て、いつものコースを帰ったが、まだ走り足りない気分だったので少し遠回りをして帰った。
 遠回りコースで、タルタルーガ、白のブロンプトンを見かけた。タルタルーガの乗り心地はちょっと聞いてみたかった(笑)。

 一応、パンク修理は出来ているようだった。出来ていなければこんなには走れません(笑)。

 130819 130819 130819

 130819 130819
 ・晴 温度30℃、湿度72%、風速7m
 ・走行時間 1時間25分
 ・走行距離 20.8Km
 ・平均移動 14.6Km/時
 ・最高速度 39.1Km/時
 ・消費カロリー 520Kcal  総走行距離 250.6 km(+16Km)

 遠出ができるのは、今の絵を描き終わってもう少し余裕ができてからかな?


tb: --   cm: 0

散歩ポタ…カン太17.6Km(パンク)  


 今日も暑い。
 日中はどこにも出歩く気になれず、家でお絵描き。

 それでも少しでも慣れておきたいと夕方5時半頃から出かけた。足慣らしだけだから近場である。走りながらバックミラーの具合も確認。ポン太で慣れているとは言え、何となくポン太より調子が良いような…(笑)。改めて、このバックミラーで良かったかも知れないと思った。
 バックミラーは良かったのだが、頸椎症の具合はあまり良くない。
 GPSのスタートスイッチを今日も忘れてしまった。

 一回りしてきたのだがちょっと物足りなくて、もう少し走ろうと舞岡公園の方に出かけた。こんな時間だから公園手前で引き返すつもりである。
 その帰り。下り坂を勢いよく下っていて、小石を踏んだかな?と思ったら次の瞬間後輪がおかしい。見事にパンクしていた。仕方ない。修理道具も持っていなかったし大した距離でもないので歩いて帰った。最後の1.5Kmほどだろうか?後輪を持ち上げようとしたが疲れて半分の区間だけ。(^^ゞ。
 130817 130817
 ・晴 温度29℃、湿度68%、風速6m
 ・走行時間 1時間32分
 ・走行距離 17.6Km
 ・平均移動 10.2Km/時
 ・最高速度 43.3Km/時
 ・消費カロリー 412Kcal  総走行距離 229.76 km(+16Km)

 画像がないと寂しいので今日描いた絵を貼り付けておこう(笑)。
 <路面電車の町(広島市):F6>
 130817

 さて、これからパンク修理をしなくては…(^^ゞ。

*     *     *     *     *


 パンクは最初修理したと思ったのだが、近くの別のところからさらに空気抜け。仕方ないのでパッチを張り替えて両方にかぶせた。どうやら2カ所のような気が…。何かを踏むような場所ではないので原因が不明。でもまあ何とか修理完了。
 しかし、車輪の外し方、嵌め方をちゃんと学習しておくべきだった。嵌めるのに随分時間がかかってしまった。やはり一度簡単に教えてもらっただけでは何も覚えていなかったようだ。

 ネットで見れば簡単なこと。これほど簡単にできることだったのか?
 「後輪の外し方・はめ方 rear wheel」
 「自転車のホイール(後輪)の取り外し方と取り付け方 byちばサイクル」

 でもこれが一番わかりやすかった。
 サイメンDVD「スポーツバイクはじめの一歩」ダイジェスト版
#このサイメン、有名店らしいが、さすがにこの店長、この頃は若い(笑)。

tb: --   cm: 0

最近の装備変更の紹介  


 今日も暑いのでボチボチやっています。

 先ほど、頼んでいたカン太(TrekDomane4.3)用のエンドミラー「BUSCH&MULLER CYCLESTAR 901/2 サイクルミラー」が到着しましたので早速装着。こんな具合になりました。
 これの良いところは、軸をずらしてあるため、回転することによって、このように若干外側に張り出すように設置できることでしょうか?もっともそれだけに何かに当たった時にはまた調整が必要になってしまうのですが…。
 注意しなければいけないのは、あくまでもこのミラーは「ドロップハンドル専用」だということです。
 130817
 なお、ハンドルポストの両側の小物入れバッグ類、これでは邪魔になりそうに思われるでしょうが、私の場合にはこれで大丈夫なのです。短い足のメリットを感じた数少ないケースです(笑)。

 ついでに、先日ブロ太(Brompton)のために取り付けたボトルケージの詳細です。
 まずは小物入れとして買ったシザーバッグを入れればこんな具合に使えます。ちょっと入れすぎ(笑)? そして、細いボトルもこんな具合です。
 これの良いところは何と言ってもこのような柔軟性でしょう。

 130817 130817

 ボトル部分を外せばこんな感じになります。細かなところですが、下のボルトの頭がハンドルポストに当たるので「受け」を作っています。…と言ってもクッション材を入れているだけですが。
 130817 130817
tb: --   cm: 0

結局 BUSCH&MULLER CYCLESTAR 901/2 サイクルミラー  


 暑い。なかなか走る気にもなれないまま、今日はバックミラーの選定。

 最初は、どうせ着けるなら面白い方が良いかも…と「イルミラー」に決めかけたが、どうも評価がそれほどでもない。もともとこれが光ったからといってあまりメリットはない。デザイン的にも違和感を感じるほどのものなんだから、振動とかで問題の起きそうなものを敢えて取り付けることもないだろうということである。
 そこで思い直して、「イージーミラー スポルト」を見てみた。実は、これが良いかもと思ったのは、ポールジョイントではないという点である。つまり、最初の設定さえしてしまえば、後の調整は逆に楽かな?と思った次第。しかし、デザインが今ひとつなのは見たとおり。
 そして、結局、変わり映えしないが「BUSCH&MULLER CYCLESTAR 901/2 サイクルミラー」をポチってしまった。ボールジョイントであるため角度調整の機構が秀逸だとの評価があるようだが、この点については私自身はそれほど評価していない。むしろデザインのシンプルさを高く評価しておきたい。先日、境川を走った際にも見かけていてそれほどの違和感を感じなかったからである。
 イルミラー等のように、ハンドルより外側にミラー部分が突出する方が視認性が良いことはもちろんわかるが、それをあきらめてしまえばハンドルエンドに小さく納まってくれる方が私には嬉しい…というわけである。

 130813 注:これは私の画像ではありません。

 安全のためと言いながら、また一つ付属物が増えてしまった(笑)。

PS
 装着の結果はこちら
tb: --   cm: 2

テニスポタ…カン太10.7Km  


 今日も本当に暑い。
 しかし、この何日か家に閉じこもっているような状況なのでテニスに行くことにした。この2日ばかりちょっと頸椎症の傾向があり、ちょっとまずい。原因はわかっている。PCのやり過ぎである。

 今日はカン太で行くことにした。たまには乗りたいですから…。しばらくぶりだとちょっと最初は違和感も感じます。まだ身体に馴染んでいないんでしょう。もっと乗ってあげないとだめですね。
 それにしても軽いというのは、外に出すのに楽でとても良い。

 最初は中央の丘越えで行こうかと思ったが、この暑さですぐに気持ちを切り替えていつもの道を行くことにした。いつもの坂でもカン太ならはるかにラクチン。これじゃあ運動にならない(^^ゞ。

 テニスの方は、首が時々痛かったけどゲームには影響がなかったようで、調子はまあまあ。土日のメンバーも数人来ていたので久しぶりに会えた人もいて楽しかった。

 帰り道、最初はもう少し遠回りをする予定だったが、あまりの暑さに挫けてさっさと帰った。今日はいつも走らない道をちょっと走ったのが収穫だった。横浜市内は市域の1/4ほどが市街化調整区域として残されている。だからちょっと脇道に入ればこんな風景が残されている。

 それにしても暑かった。頭がクラクラするとはこういう感じかな?あまり無理はしないようにしておこう。
 カン太のコース。濃いグレーはどうかと思ったので緑にしてみた。

 130814 130814
 130814

 130814map 130814garmin
 ・晴 温度33℃、湿度63%、風速3m
 ・走行時間 48分
 ・走行距離 107Km
 ・平均移動 13.2Km/時
 ・最高速度 42.7Km/時
 ・消費カロリー 297Kcal  総走行距離 213.99 km(+14KM)
tb: --   cm: 0

Mavic Ksyrium K10 とは  


 今カン太(TrekDomane4.3)が履いているホイールは、友人からいただいたもので「Mavic Ksyrium K10 」だということしか聞いていなかった。
 それがどんなものかを知っておこうとネットを検索したら2つほどわかりやすいものが見つかった。
#いつこのページがなくなるかわからないので、一応引用しておこう。

 知れば知るほどすごいものをいただいてしまった感じである。しかもこれだけではない。Shimano ULTEGRA のコンポセットまで…だから、知れば知るほど彼には足を向けて寝られなくなってしまう(笑)。
#でも本当に笑い事じゃない。どうやってお返しをしたら良いか考えてしまう。

◆マヴィック・キシリウム10周年記念モデル“リミテッドエディションK10”日本限定500セット発売

マヴィック・キシリウムLimited Edition K10 主な特長
130813ホイール

キシリウム史上最高の反応性
剛性を保ちつつ、さらに低慣性化:ISM3D
抜群のパワー伝達性:パワーLINK/非常に高密度な290TPI、イソパルススポークレーシング
回転抵抗の軽減:グリップLINK/デュアルコンパウンド

最高の軽量性/タイヤ+ホイールで2100g
軽量で高剛性なリム:ISM 3D、Fore・SUPテクノロジー
軽量タイヤ:1本225g
超軽量な構造:マクスタルリム、ジクラルスポーク、カーボンフロントハブ、FTS-Lフリーホイール

10周年限定モデル
タイヤとホイールに、同デザインのロゴを採用
ハブとリムに電極加工を採用:剛性を落とさずに、各部を削ることにより、軽量化を実現
日本限定500セット

カラー:ブラック&シルバー
重量:1470g(ホイールセット)、450g(タイヤペア)
適応:M10、ED11

タイヤテクノロジー「最適なLINK」

セットされるタイヤには、耐パンク性とグリップ力、軽量性に優れたデュアルコンパウンドと、ポリコットン/ケブラ―による超高密度(290TPI)なケーシングが採用される。主な特長を紹介する。

グリップLINK-厳選されたコンパウンド
タイヤのコンパウンドは、グリップ力と耐摩耗性といった、相反する性能のバランスを考慮することが重要。リミテッドエディションK10専用タイヤは、タイヤショルダー部分に柔らかいコンパウンドを使用して高いグリップ力、さらにタイヤのセンター部分に硬いコンパウンドを採用して高い摩耗性を実現。

プロテックLINK-高い耐パンク性
耐パンク性の高い素材を使用。
ポリコットン/ケブラ―を配することで、さらに高い耐パンク性を実現。
ポリコットン/ケブラ―は、高い耐パンク性でありながら、軽量性も抜群。

パワーLINK-ケーシング密度
高密度なケーシングを使用し、抜群の反応性。
パワー伝達性にも優れた走りを実現。



◆評価記事「Mavic Ksyrium K10」

実際走って見た感想。
巡航性能に関してはK10の方が若干高い気がします。
低速からのリニアな加速感は得意なようす。
ただ、40km/h~からの瞬発的な加速、登坂性能に関しては若干K10が劣る気がします。
ブレーキ性能に関しては流石のMavic。カンパ系も効きがかなり良くなりましたが、まだまだMavicに分があります。(使用ブレーキはBR7900)

今回K10で特筆すべきは振動吸収性の良さ。
RacingZEROの様なガッチガチの板を回す様なホイールではなく、タイヤ・リム・スポークの相乗効果で嫌な振動を打ち消し、尚且つ必要な剛性を確保しているんだと思います。
恐らくこれに関してはMavicタイヤホイールシステムが功を奏しているんだと思います。
Pro3並みの転がり抵抗の無さと独特のモチモチ感、そして圧倒的なグリップの良さ。
若干、重量が重いのが気になる所ですが、耐パンクベルトが入っている事を考えれば十分に許容範囲なのではないかと思います。
敢えて欠点を言うのであればチブルチューブが重いということ。
実測で95~97g程度あったので、同じブチルならR-AIR、出来ればラテックスチューブに入れて変えた方がいいかもしれません。

この振動吸収性の良さがただ単にタイヤの出来のおかげなのか、それともKysriumK10にマッチしているからこその乗り味なのか、現時点では詳細不明。手持ちのホイールなどに付属タイヤをつけてみてタイヤの出来具合を試してみたいと思います。

実測重量:F:636g R:684 (カタログ重量: F638g R:832)
価格評価→★★★★★(タイヤ付でないなら星4つ)
評  価→★★★★☆(ハブの性能を上げてくれたら星5つ)


tb: --   cm: 0

バックミラーの検討  


 この暑さにはちょっとまいっている。朝の涼しいうちに走るというような生活スタイルではないのでなかなか早朝は走りにくい。

 ちゃんと走ってもいないのに、バックミラーが欲しくなった(笑)。安全性は最大限重視すべきことだからね。
 まずはこちらのサイトがちょっと参考になった。「バックミラーの選び方」

①この中で気になったのが評価の高い「ロードミラー[3BB-RD1000]」。これって確か火野正平も使っているというのではなかったっけ?見やすさはとても評価できるが、ベルクロで留めるというこの方式だと、普段乗りの時の使い勝手がちょっと悪そうな気もするがどうなんだろう。

 でも実はポン太(DashX20)の経験から、バーエンドミラーが良いかなぁと思ったりしている。

「b+m CYCLESTAR 901-2 バーエンドミラー」  これが現在ポン太で使っているもの。悪くはないが、ポン太を立てかけたりする時これに触れやすく、すぐに角度が変わってしまうのが難点。
 130813 「参考:takkieとロードバイク ロードバイク用バックミラー」

ゼファール [ZEFAL]サイクロップ471バーエンドミラー これ自体はアクリルだから上記では評価が低いが、私の使っているものはTANAXタナックスKK 1680円。こちらは結構悪くないと思っている。タナックスの製品の中から選ぶとしたら「イージーミラー」かあるいは「イージーミラー スポルト」になるかな?
 130813 130813

 動画を見ると「イルミラー」も面白い。
 130813

④そして気になったのが「富士彫刻工業所のバーエンドミラー」 空気抵抗を気にするほどの走りをしようと思っているわけではないが、これなら着けていても気にならないかな?と思ってね。
 しかし、こんな小さくてちゃんと見えるのか?ということと、これの固定は基本的には両面テープだとはねぇ(^^ゞ。実際、結構落ちているらしい。視認性についても評価は微妙だなぁ(笑)。目に余程の自信がないときっとダメだね。
 130813

 もう少し悩んでみよう(笑)。

 なお、以前、バーエンドに差し込むだけ「キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) オッフル ハンドルエンドミラー」を使ってみたが、これはすぐに脱落して紛失した。安物買いの銭失いの典型だった(笑)。

PS
 結局選定したのは「BUSCH&MULLER CYCLESTAR 901/2 サイクルミラー」になりました
*     *     *     *     *

 いつの間にか5万アクセスになっていた。特に誰にも知らせずひっそりやっているつもりだったが…。

 それはともかく、気になっているサドルはどうしたのかな?(笑)
 お尻パッドと、ポジション・チェンジを併用すれば大丈夫ということはわかったんだけど、できるだけパッドなしでも大丈夫にしたいしなぁ。
tb: --   cm: 0

GarminEdge500Jとその記録を生かすサイト  


 このところベランダの改修工事などがあって落ち着かず、しかもあまりの暑さにとてもポタリング気分ではなくなって、遠出ができないでいます。せめて25℃くらいになって欲しいものです。
 そんなわけで、最近は自転車情報ばかりになっています。

*     *     *     *     *

 私がカン太(Domane)で使っているサイコンはGarminEdge500Jらしい。GPS付きのものである。
#らしいというのは、ちばサイクルで適当に着けてもらったからだが…(笑)

 それまで使っていたのは、キャットアイのごく普通のサイコン。そして、昔、海外旅行のために購入していたGPS(Garmin60CS)。
 GPSの方は、Garminから提供されているMapsourceで走行軌跡などを表示させている。

 ところが、Garminからは別のWebService、GarminConnectがあるというのを知ったのはほんの数ヶ月前のことだったろうか? だが、私のGarmin60CSはこれには対応していないらしく、認識してくれなかった。
 だから、GarminEdge500Jでそのサービスを使ってみることになった。使ってみると言っても殆どMapSourceと同様の使い方しかしていない。ケイデンスなども測れることはわかっているし、その数値などもたまには気にして見るのだが、もともとあまり関心がないのでそれ以上深まらない(^^ゞ。
 自転車もいろいろ増えてしまったのだが、機種別の走行軌跡などもちょっと関心があったのでGarminEdge500Jを今でも使っている。本心は統一したいんだけど現状では無理そうだ。

 本日FBを見ていたら、「Stravaを使用して4.5 kilometersをサイクリングしました。」という一文と地図上に軌跡を示した図が目についた。
 さっそくStravaを検索してみた。
 そうかGoogleのサービスか。機能も大凡のことはわかったが、どうもそういう使い方にはなりそうもない。
 どうせ他の人と比較してもガッカリするだけだし(笑)、途中寄り道したりしてしまうのが常だから記録を測る意味がないんだよねぇ(^^ゞ。
 でも、こんな方達はそれなりに利用価値を見出しているらしい。参考のため記録しておく。

◆自転車初心者のロードバイク・クロスバイク改造記 GARMINユーザーに超オススメの走行履歴管理サイト「Strava」
◆きっと明日も自転車日和 “STRAVA”って何ですか?!
 
tb: --   cm: 0

感激した自転車  


 FB(Facebook)で見つけた素晴らしい自転車。是非ご覧下さい。
 http://p.tl/BuCs

tb: --   cm: 0

WBSで取り上げられた自転車用ヘルメット  


 8月9日のWBSで早速取り上げられましたね。
 販売時期・金額も決まったようです。詳しくは動画の方に出ていると思います。

 http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_47472/

*     *     *     *     *

 あまりの暑さに走る気力が失せています。

 まあもっともそれだけでもなく、この1ヶ月の間に大きな絵を描かないといけないということもあるんですけどね。
tb: --   cm: 0

良く考えられた駐輪場システム  


 「ハイテク凄すぎ。日本の耐震地下駐輪場エコサイクル」 以前ネットで見たことがあったこの駐車場システム。本当に良く考えられている。最初のコンセプトがきちんとしていたんだろうと思う。
 

 こういう駐輪場があちこちにできると盗難やいたずらの心配もしなくて済むんだけどなぁ。
 
tb: --   cm: 0

ちょっと面白い商品たち  


 自転車用ロックの検索をしていたら面白い商品を見つけた。

◆不要なときはコンパクトに巻き付けられる、自転車用の泥除け「Plum」
 これは、以前どこかで見たことがあった。その時、泥よけが必要になったらこれにしようと密かに考えていたもの。
#リンク先には動画もあります。

◆普通の自転車をワンタッチで電動自転車に変えるキット「Rubbee」
 残念ながら今の道路交通法では電動アシストしか認められていないので、このまま使うことはできないだろうと思います。そう言えば、昔の原付自転車はどうなってしまったのだろうか?
 そして、ちょっと気になるのはこのスピード調節はどこでどのように行っているのか…。

◆安部芳裕 ‏@abe_yoshihiro
「目に見えない」自転車用ヘルメット:スウェーデンの女子大生が発明 http://wired.jp/2013/08/06/invisible-bicycle-helmet/
tb: --   cm: 0

テニスから宇田川ポタ…ポン太12.6Km  


 このところ暑い日が続いている。そのせいかどうかもあるんだが、あまり走っていない。
 今日はテニスにも行きたいし…ということで、いつものブロ太ではなくポン太で行くことにした。カン太はお尻が痛くなりそうだったからである。

 このところ、テニスはたまにしかしていないので調子も良いはずがない。
 テニスの後はちょっと回り道をして宇田川沿いを走った。これで何キロになるか確かめてみたい気持ちもあった。
#変わり映えしない写真ばかりだなぁ。

 130805 130805
 130805 130805
 130805 130805
 130805 今日のポン太

 130805map
 ・晴 温度31℃、湿度80%、風速5m
 ・走行時間 51分
 ・走行距離 12.55Km
 ・平均速度 14.6Km/時
 ・最高速度 43.1Km/時
 ・消費カロリー 154.6Kcal  総走行距離 1451.5Km
tb: --   cm: 0

ロックについて  


 昨日「盗難」について触れたので、もう少し書いてみることにしよう。

 大好きな自転車があって自転車生活があたりまえのことになってくると、あって欲しくないのは自転車の盗難である。
 先日、とある自転車店に訪れていた時、前輪だけを盗まれて自転車を持ち込んだ人がいた。どれほど口惜しかったろうと思う。

 私の愛車、ブロ太とポン太のロックは同じ「PRO LOOP(プロループ) CREMA 1.2 MAT 」というものらしい。もともと離れることは殆ど無いが、仮にロックが必要な時は、これで基本的には前後輪とフレーム、そして固定物とをロックしている(参考:Proloopのサイト)。もちろん、幸いなことに今まで盗難に遭ったことはないが、ネットを見ていると時々盗難にあったという報告がある。ちょっとの油断でそういう目にあってしまう。気の毒に…。

 Proloop

 現在、カン太のロックをどうしようかと考えているのだが、改めて検討してみることにした。
 ネットを検索してみたらこんなページがヒットした。

・自転車盗難を防ぐ正しいカギ選び1~4 [自転車] All About
 まずは基礎的なことから…。

・カギの種類 サイクルヨシダの商品群少しオシャレなHakkleのカタログ
 個人的にはダイヤル錠のものはやめた方が良いと思う。簡単に開けられるから…。ビデオを見たが、この方法は以前、私が番号を忘れてしまった鍵を開けた方法と同じだった(笑)。

・自転車泥棒が語る「自転車の盗み方」と「盗難を防ぐ方法」
 結局、装備だけでは盗難は防げないということか…(笑)。

・愛用の自転車を盗まれないための「正しい自転車のカギのかけ方
・自転車の鍵のかけ方 [改訂版]
・間違いだらけな「正しい自転車の鍵のかけ方」 - Blue-Periodさんの日記
 基本的にはロックすることで何を守るか?ということになるんだろう。ロードの場合、殆どはクイックリリースだから、私はフレームとホイールを守りたい。となると全部を地上の固定物にロック(アースロック)したい(笑)。
 3つ目のページには各種の鍵の比較が出ている。鍵としての安心面はU字ロックがより確からしいが、それでも完全ではない。それに何より安心感を高めようとするとU字部分が太くなってきてしまう。

・価格.com - 自転車用ロック | 製品情報、価格比較、通販
 最後に価格コムの人気ランキングを見てみた。
 ママチャリなんかで見かけるリング錠もスッキリしていて良いと思うんだけど…。

 でも、基本的には、まずは信号標識などに連結するとして、最低でも120cmほどの長さのロックが1本は欲しい。そして、状況に応じてもう一つロックを用意するかどうか…で考えることになるだろう。
 私としてはProloopの使い勝手は悪くないと思っているのでこれをベースに考えて行きたいのだが、ダイヤル式は4桁が欲しかったところ。後は太さをどうするか?といったところかな?

*     *     *     *     *

 こんなことを調べているうちに、dom モンキーケージが届いたので早速着けてみた。予定通りの仕上がり。
 ただ1つ注意点は、下段のボルトの頭がハンドルポストに直接当たるので、間にクッション材を噛ませたところである。
tb: --   cm: 2

改めてBromptonへの愛着  


 本日は風景画教室。このところ天候が不順で、今朝も雨だったので参加者は一人しかいなかったが、それでも充実した日になった。
#関心のある方は、こちらをご覧下さい。

 帰ってきてから、戸塚区民文化センターへの予約ができていなかったことを思いだして行くことにした。
 いつもならロボ太で行くところだが、先日のブロ太のポタリングで改めてブロ太の良さを確認してしまったので今日はブロ太で…。受付の窓口(区民センター3F)までブロ太を持ち込み、横へ置いての予約手続き。
 ただそれだけのことだが、ブロ太の良さをまた改めて感じているところである。
#昨日届いたミノウラ・ボトルケージホルダーBH-60は、すでにブロ太に着けた。ただ、今までのリクセンカウルのアダプターは取り外さざるを得なくなった。しかし、その方が良い。Q10を使うようになったので今までの重いカメラバッグは不要になったから…である。実はカメラバッグにデジイチを入れるとかなり重くなるのでハンドル操作に多少影響が出ていたからである。

 自転車生活をするようになって2年半。もうすっかり自転車生活に馴染んでしまっていて、その日の気分で自転車を選んで行動することもなかなか楽しい。今のところ、私自身の感じとしては10Kmくらいの距離であれば自転車で出かけるのは、自然のことになってしまった。

 カン太が来てから、この距離がさらに伸びるんだろうか?それはまだこれからの楽しみである。ただ思うのは、それぞれに乗る楽しみを感じていないとそういうことを楽しみとは思えないんだろうなぁ…ということである。
#盗難のことなど心配しないで済むんだったらもっと楽しいことだろう。
tb: --   cm: 0