ポタポタ時々記

自転車を中心とするスロー・ライフや時々の買い物記録などです。

フロントバッグ決定  


 いろいろ検討してきたフロントバッグでしたが、主にサイズと使いやすさから、やっぱりKnogのハンドルにも付けれるショルダーバッグという触れ込みの「LEADING DOG」にしようかな?…と考え始めていた矢先、ブログ友達のゲンジ~さんからKnogのこのバッグなら今お蔵入りになっているものがあるので…と嬉しい言葉をかけていただき譲っていただけるような話しがトントンと進んでしまいました。

 それが先ほど到着。
>ゲンジ~さん、ありがとうございます(*^_^*)。

*     *     *     *     *

 早速、カン太を中心にポン太にも着けられないか…とやってみた。
 まずはハンドルに既に着いているアタッチメントの位置調整。私の場合いろいろ着いているのでなかなか大変。

 左側カン太(TrekDomane4.3)の場合には、不自然な位置にGPSを動かしたもののライトの位置が定まらない。直接バッグにライトを着ける方が良さそうだと判断。
 右側ポン太(DahonDashX20)の場合には、ライトを不自然な位置に動かして何とか使用に耐えられるようになった。ハンドル・ポスト脇の小物入れは基本的には不要だが、敢えて一緒に着けてみたものである。

 130930 130930

 そして、バッグに直接ライトを着けるために考えたのがこちら。
 ライトのアタッチメントに、Rixen&Kaul用のバッグを作るために使った塩ビパネルの余り物をカットして写真のようなものを作成。
 これをバッグの蓋のポケットに差し込めばOK。これなら使えるだろう。
 但し、このSILVAのライト、このバッグのアタッチメントを着けてしまうとハンドル回りに他の余裕がなくなってしまうので、このバッグと一体のライトということになってしまうかな?

 130930 130930

 130930

 さらに、ブロンプトンにこれを着けられるんだろうか?と思ったら、やはり世間にはいるものである(笑)。
 同じことをすれば、主要三台全てでこれを使えるようになると言うわけだ(笑)。

 ただ、アタッチメントのゴムがなかなか固い。せめてカン太には着けっぱなしでも良いかな?と思ったが、このアタッチメントはちょっと値が張りそうだ
 knogのアタッチメントにはこんなものがあるようだ。状況によって使えることはわかったが、そこまで必要かどうか…。

 ハンドル回りは、最終的には、ゲンジ~さんに教えていただいたこんなアタッチメントを使って、ちょっと持ち上げるようなことも考える必要があるかもしれないと思っている。

*     *     *     *     *

PS
 昨日、日本スケッチ画会の搬出作業の時に自転車好きの絵仲間から聞いた。前日に三浦半島を一周・160Km走り、さすがに疲れたとか。
 私もそろそろそんなことを考えてみたい。でも一気に160Kmはちょっと無謀というものだろう(笑)。
tb: --   cm: 2

フロントバッグの候補・研究中(徐々に絞り込み中)  


 カン太のフロントバッグ、特に不自由ではないのだが検討しているうちに何となくもっと格好良い物が欲しくなってきた。
 そこで改めてフロントバッグの検討・研究をし始めた。

 以前検討したものをそろそろ具体化したくなってきて、さらに突っ込んだ検討をしている。

【カン太(TrekDomane4.3)用】

 本格的に研究中。
 基本的にはリュック。小物入れとしてのフロントバッグ。入れたい物は財布、携帯電話、鍵類、カメラ、地図、栄養補給飲料等 …そして、可能ならタオル、スケッチブック等。
 できるだけ小さく、ハンドルより上部にでない方が嬉しい。車輪が大きいしドロップハンドルの間の幅が限定されているので必然的にサイズが限定されてくる。あまり大袈裟なアタッチメントを必要としないものにしたいと思っている。できればポン太と兼用できるのが良いかな?

 本当に気に入ったものが出てこなければ、現在使用しているバッグ類や、もう一つアタッチメント無しで使えるカメラバッグがあるので、それを使うことも可能。焦る必要はない。じっくり選ぶことにしよう。

◆ショルダーストラップ付き 自転車用フロントバッグ SBF040 取り外して携行バッグとしても使用可能
 基本イメージは↓のモンベルのバッグに似ているが…。
 

◆OSTRICH(オーストリッチ) フロントバッグ F-516
 四角なデザインがちょっと野暮ったく見える。

◆【新作】Roswheel ロスホイール フロントバッグ 約5.5L ハンドルバーバッグ 自転車 サイクリング 全2色(グレー、コーヒー)【Orange-store】
 これを取り付けるにはハンドルについているライト、GPSなどの位置を考え直さないといけない。
 130926

◆スイートロールM
 ドロップハンドルに着くか?

◆モンベル サイクルフロントバッグ SO×GM
 一応上げておくが、これを選択することは考えていない。

◆maware(マワレ)「ちょっとそこまで」のお供に、レザーのカワイイ小型バッグ
 ちょっと可愛く見えるが…女性向きかな?

◆REVELATE DESIGNS ハンドルに取り付けられる小さなフィードバッグ
 機能的にはポン太に着けているシザーバッグに似ている。

◆Knog ハンドルにも付けられるショルダーバッグ
 130926

◆REVELATE DESIGN どんなフレームにも合うタングルバッグ
 フロントバッグとは違うが、汎用性はありそうな点が良い。

*     *     *     *     *

 その後、サイクル ヨシダ(株)吉田商会のこんなサイトを見つけた。今回は、大袈裟なボックス型のものや、固定的なアタッチメントを必要とするものは除外したいと思っている。
 そこで私のアンテナに引っかかって来たものが次の2つ。

◆ナイジェルスミス&サンズ(NIGEL SMYTHE&SONS) フロントバッグ
 良い価格だ。色柄はしゃれているが、容量が少ない。

◆ナイジェルスミス&サンズ(NIGEL SMYTHE&SONS) フロントバッグ
 これはさらに良い価格だ。ちょっと大袈裟すぎるかな?

 フロントバッグはこんなものだろうか?


【ポン太(DAHON DashX20)用】

 リアに「Rixen&Kaul」で基本的には満足だが、リアなのでやや使いにくい。
 敢えてフロントに考えるとすればこれかな?でも少し大袈裟だな。
 この取り付け位置がホイールに近いのでバッグのサイズに制限がある。その点には要注意。
◆TernのLuggage Truss

【ブロ太(Brompton)用】

 フロントは「Tバッグ」または「Rixen&Kaul」で満足。
 リアは、リアキャリーもあることだし、リュックを(サドルに丸棒を通して)背負わせれば良い。
 参考:Brompton × Alpine Backpack ブロンプトンに特大登山用バックパックを

【ロボ太用】

 フロントは「Rixen&Kaul」。これすら不要なくらい。
 長距離を走らないので必要に応じてリュック。
tb: --   cm: 4

Lock 2種の比較  


 「KnogPartyCoil」が届いたところで、今まで使っていた「ProLoopLatte2.0」(こんな評価ページも)との比較をしてみようと思う。

 130927

◆ProLoopLatte2.0
 重量:310g(本体のみ)
 延長:2.0m
 ケーブル径:6mm(見かけ)

◆KnogPartyCoil
 重量:308g(本体のみ)
 延長:1.3m
 ケーブル径:8mm(見かけ)

 これで決まった。「KnogPartyCoil」はブロ太(Brompton)用に、「ProLoopLatte2.0」はカン太(TrekDomane4.3)用にしようと思う。
#とは言いながら、サブ用のものもいくつか持っているんだけど…(^^ゞ。

 実は現在使っているProLoopLatte2.0も決して悪くない。2mという延長はいかようにでも使えるので、カン太(TrekDomane4.3)に使えば、地上の固定物と、本体・前後輪をロックすることができる。ケーブル太さもこれなら自由に扱えるので問題は無い。
 当面、サドルバッグを着けるつもりはないので、サドル下にでもうまく吊せば、デザイン的にも持ち運び面でも何とかなりそうだ。輪行バッグはその予定がある時だけ考えれば良い。
#フロントバッグをどう出来るかによって、その他の条件が大きく変わってくるだろう。

 KnogPartyCoilはやや太く固い。しかしこれくらいなら、地上の固定物とブロ太(Brompton)をロックするのは難しくない。ロードの場合にはホイールに汎用性があるので盗難されやすいと思うが(以前、前輪を盗まれたと言って自転車店に入ってきた若者のことが記憶に残っている)、まさかブロ太の場合には、車輪だけ盗んでいくバカ者はいないだろうとおもうし、畳んでしまえば前後輪も十分ロックできると思うから、それだけ安心できそうだ。
 ブロ太の赤とKnogPartyCoilのライムは補色でもあるので、ロックした場合に目立って良いかもしれない(笑)。まあ色の問題は目をつむろう。

tb: --   cm: 0

「ROSWHEEL工具セット」と「KnogPARTYFRANK」到着  


 今日は、地元の戸塚区区民文化センター内での水彩画教室である。

 帰ったら、標記の2つが届いた。工具セットは、フロントバッグを探していた時に見つけ、随分安いと思ったのでついポチッたもの。「KnogPARTYFRANK」は本当は赤が欲しかったのだが、品切れなのでとうとう耐えきれずポチってしまったもの。

 130926工具セット 130926ロック

 前者は最初まあまあこんなものか…と思ったが、意外と機能豊富。使えるかもしれない。
 後者は場合によってはブロ太と交換して使うか…などと考えている。
 先日、ちばサイクルでタイヤレバーだけを買っているんだけど、ちゃんとしたタイヤレバーがどう違うものなのか体験してみたかったからである。

 いずれにしても、それぞれの自転車で工具セットとロックを持たせというつもりなんだけど…。
 そういえば、ブロ太のtool kitはまだなんの連絡もない。どうなっているんだろう。

tb: --   cm: 2

ちばサイクルポタ…カン太42.6Km  


 今日は展覧会日程の合間。
 天気もまあまあなのでちばサイクルに3ヶ月目の点検に行くのが良いかと考えていた。しかし、相変わらず出だしが遅れて、出発が13:00近くなってしまった。

 今日は天気もそれほど良いとも言えないので、そこそこ走ることで良いか…くらいに考えていた。
 まずは鎌倉八幡宮。この近くで絵を描いている人たちがいたのでどういう人達だろう…と見ていたら、何となく知っている人がいた。声をかけたら確かにそう。同じ日本透明水彩会(JWS)に属するMさんだった。あまり邪魔しても悪いので、ちょっと挨拶だけして海に向かった。

 130924 130924

 今日は初めて江ノ島を通過したのでその記念に何枚かパチリ。
 その頃、霧雨のような雨が来たがなんとか保ってくれた。布団を干していた家もあったけど大丈夫だったかな?(^^ゞ

 130924 130924
 130924 130924

 ちばサイクルの3ヶ月点検では特に悪いところはないらしいが、先日のパンクで後輪を外したため、今回も軸が多少ずれていたとか…。ちゃんと確認する方法を身に着けておかないとダメだな。
 ついでに気になっていたタイヤレバーとドリンク用ボトル、ついでにチューブを購入。保温・保冷機能のついたものにしてみた。どうせ長時間は無理だと思うけど…。

 その後は、境川CRを経由して帰ることに…。
 途中、BromptonやらTyrellなども見かけた。

 130924 130924
 130924 130924
 130924 130924

 130924 今日のカン太。何とかボトルが持てた(笑)。
 しかし、この装備だと、いくら短い足でも膝がかすかに触れる。それがちょっと気になる。やはり良いフロントバッグが欲しくなってきた。

 今日のちばサイクルでの買い物。

 130924 ボトル、タイヤレバー、チューブ(パンク対応用)


 130924map 130924garmin
 
 ・快晴 温度25℃、湿度70%、風速7m
 ・走行時間 3時間16分
 ・走行距離 42.55Km
 ・平均速度 13.0Km/時
 ・最高速度 47.2Km/時
 ・消費カロリー 1,095Kcal  総走行距離 432.9 km(+22Km)

tb: --   cm: 0

透明水彩画の展覧会 ご案内!  


 23日から「第12回「日本スケッチ画会展(京橋 くぼたギャラリー)」が開催されています。
 また、25日から「「第15回展 水彩人(上野 都美術館)」が開催されます。
 お近くの方、時間の都合のつく方は是非どうぞ!

 詳細はこちらをご覧下さい。

 130924 130924


*     *     *     *     *

 自転車に乗る方は、カメラも愛好の方が多いようです。

 たまには荷物にスケッチブックを加えてみるのはいかがでしょうか?小さいお絵描きセットもありますよ。(*^_^*)

tb: --   cm: 0

逗子回遊ポタ…カン太63.7Km  


 台風後、急速に秋めいて来た。
 今日は寝坊をしてしまったので、グズグズしていて、結局出たのは12時。だからあまり遠出する気はなかったんだけど、ちょっと横浜ベイサイドマリーナの方へ行って見たかったし、すぐに帰ってくるつもりだった。
 いずれにしてもいつも走らない道を走ろうと、今日は先日パンクした坂(この坂は昔ブロ太で登って、とうとう登り切れなかった記憶が一度ある。だから、その後は、きつい上り坂という印象があって避けていたんだけど…。)を登ることにした。
 これを登り切った後は順調に進んでベイサイドに。そして、できるだけ湾岸の道を走りながら、南部市場、横浜ベイサイドマリーナへ。

 130918 130918
 130918 130918

 その後は、海釣りののどかな風景を見ながら、海の公園、野島公園などを回った。

 130918 130918
 130918 130918
 130918 130918
 130918 130918

 最初の思惑通り気楽なところで帰るならここで戻る道を選択すべきだったが、調子に乗ってこのまま逗子を回ることに決めた。
 そして、そのままさらに海沿いを走るつもりだった。しかし途中浜見台あたりで道に迷ってしまって行き止まり(笑)。仕方なく戻って横須賀街道に出た。
 
 以前、のぶちゃんさんに教えられたこのコースへの入り口はすぐにわかり、そのまま順調に走った。
 逗子で国道134号に入ったのは良いのだが、ここに来たからには小坪漁港に寄ってみようと思っていたが素通りしてしまった。仕方なくここでも一度旧道で下りて戻った(笑)。

 130918 130918

 江ノ島の隣に富士山のシルエットが見えたのでパチリ。腰越漁港も良い感じだった。

 130918 130918

 そろそろ疲れてきたので、今日は腰越橋から帰ろうと思ったら、丁度目の前を江ノ電が通過。こりゃあ写真を撮らなくちゃ…と10分ほど待って撮ったのだが、このカメラ、本格的なデジイチではないのでちょっとタイミングが合わない。でこんな写真になった。

 130918

 後は、家にまっしぐら。やはりいつもの道を選んでしまう。

 今日は思いがけず63.7Km。これはもしかしたら私の最高記録。疲れたことは疲れたけど、ちょっと小さな自信になったかも(*^_^*)。
 カン太にも大分慣れて来たようだ。
#まだまだレベルが低いですが…(笑)。

 130918map 130918garmin2
 ・快晴 温度27℃、湿度52%、風速5m
 ・走行時間 5時間5分
 ・走行距離 63.72Km
 ・平均速度 12.5Km/時
 ・最高速度 44.4Km/時
 ・消費カロリー 1,586Kcal  総走行距離 390.3 km(+22Km)

tb: --   cm: 4

教室の下見・三ツ池公園  


 明後日の教室は三ツ池公園。ところが一度も行っていないのでこれはまずいだろう…と下見に出かけることにした。下見なのでブロ太を同伴できないのが残念。

 鶴見駅から市営バスに乗ってほぼ20分ほど。
#駅前広場でバスターミナルを一巡りしたが、港湾バスというものがこのあたりで充実していることがわかりちょっと意外だった。

 入口の様子は何となく来たことがあるような気がしたが、一度も来たことがなかったんだろうか?
 一回りした最後に見たのが韓国庭園。これも何となく記憶があるのだが…。
#しかし、帰宅した後、ブログを検索したのだが引っかからなかった。何となくブロ太で来たような気がしていたのだが…。気のせいかな?

 まあとにかく今日撮影してきた画像を出しておこう。

 130917 130917
 130917 130917
 130917 130917
 130917 130917
 130917

 こちらは韓国庭園。

 130917 130917
 130917 130917
 130917
tb: --   cm: 0

島忠散歩ポタ…ブロ太17.3Km  


 朝は結構激しい風雨だったが、急激に去った印象の台風だった。しかし、各地に大雨の被害はもたらしたようで、京都嵐山周辺は浸水した地域が広がったようだった。

 午後になると台風も東北地方に去り、天気も回復してきたのでポタリングに出た。このところ走っていないので少しでも良いから走りたい気分だった。
 最初に明治学院大学の坂を登ってしまえば後は殆ど下り坂になってくるので、いつも明治学院大方向を目指すことになる。まあ走りながら考えるというやつである(笑)。
 今日は何かおもしろい工作部品が見つかるかもしれないと、淡い期待も抱いて出かけた。
 途中、ふと気が変わって日野の方をめざした。この道は初めての道である。雰囲気は悪くないのだが、今ひとつという感じで撮影することもなく通り過ぎた。

 島忠ではざっと見て回ったが特に買いたいものもなく、小物類の買い物。それでも1000円は超えてしまう。
 今日は先日作ったカメラバッグをつけている。カメラを撮るには使いやすいのが確認できたが、これで買い物をするには不便だった。買い物カゴ取り付け用のマジックバンドも常備しておくことにしよう(笑)。

 後はいつものコース。
 富士山がこんな風に見えるとは…台風が雲をはらってくれたからかな?空の感じがわかるように露出を変えて2枚出して見た。

 130916 130916
 
 ブロ太ではとにかく走ろうという気分ではなく、のんびり気分で走れるところが良いところ。ヨイショヨイショという感じで走っているうちに一定の距離を走ってしまう。大した距離ではないが、このくらい走れば一応は満足できるようだ。

 130916map
 ・台風一過(曇り) 温度27℃、湿度66%、風速6m
 ・走行時間 1時間11分
 ・走行距離 17.31Km
 ・平均速度 14.5Km/時
 ・最高速度 39.1Km/時
 ・消費カロリー 191.6Kcal  総走行距離 637.8Km(+1,406Km)

tb: --   cm: 0

タルタルーガとカメラのある生活  


 台風襲来のため外に出る気がしないので家の中でダラダラ過ごしている。
 FBを見たらこんなページに出会った。「タルタルーガとカメラのある生活」である。
 自転車というものは本当に目的ごとに新しい機種がある…そんな気がする。
 これなんか本当に散歩感覚だね。でも坂道を登る時にはどんな具合なんだろう…なんてちょっと気になってしまった。
#9月21日、23日にはグリーンサイクルステーション(神奈川県 横浜市)11:00~16:00で試乗会が行われるらしい。関心のある方は是非どうぞ!

 130916タルタルーガ

 先日、私が街中で見かけたのはこちらのフォールディングタイプだったろうか?
 折り畳みの仕方はこちらに出ているが、あまり小さくはならない。

 それでもこのスタイルは確かにカメラと相性が良い。時にはこんな自転車に乗ってみるのも楽しいかもねぇ。
#もうこれ以上自転車を増やすことは考えていないけど…。キッパリ!(笑)
tb: --   cm: 2

輪行用小物類  


 続いてポチッとしてしまったのが、こちら。
 カン太の輪行の際に必要になるだろうと、Amazonで見たものの中からポチった。無くても良い物もあるんだけど…。まあハズミというものですね(笑)。

 130914

 輪行袋ももう心の中では決めているのですが、一度に買ってしまわないように、そこだけは自制しました。あまり意味はありませんが…(笑)。

*     *     *     *     *

 と、その筈だったのに、結局暇に任せてポチってしまいました。どうせ必要になるものなんだから待つ必要はないじゃないかと…(笑)。

 130914CCP



 16日、MARUTOチェーンカバーとOSTRICHエンド金具が届いた。
 チェーンカバーはまあこんなものだと思うが、それにしては高かったような気がしないでもない。
 エンド金具は届いて考えた。アレッ?ということは車輪を2つ外す場合には2つ必要ということかな?(苦笑)

 130916

 18日、輪行用SACC、Lezyneポンプ、ロード用フリーカバー到着。

 19日、mophaのToolRoll 到着。

tb: --   cm: 0

mophaのToolRoll  


 いろいろ懸案事項が一段落ついたので、少し余裕ができてきた。気候的にも大分良くなってきた。
 今日は磯子の方に出てみようと考えていたのに、朝起きれば雨。すっかりテンションが下がってしまってのんびり。

 朝食後、いつものように「神戸ポタリング日記」を見ていたら、なかなか使い勝手の良さそうな工具セットが目についた
 たまたまHakkleのサイトを見ていたら同じような画像が…。それで早速ポチッたのがこちら。mophaのToolRoll。中身の方ではなく外側の方でした(笑)。
 必ずしもカン太(TrekDomane4.3)のための、というわけではないのですが…。工具の方はこれから徐々に追加していきましょう。
#Hakkleは商品が欠品になっているものが多い。それに送料が600円かかるのがちょっと残念。
 130914



 結局届いたのが20日頃だったろうか?
 出来はそれなりに…というところかな?ベルトが別というのは(扱いにくい)私にはあまり好みではなかった。
tb: --   cm: 0

「超初心者の自転車の始め方」(「神戸ポタリング日記」より)  


 私のリンク先トップにある「神戸ポタリング日記(ozunu13)」、このブログを教えられたのが私の自転車生活の始まりでした。
 今、ここには「超初心者の自転車の始め方」シリーズが展開されています。

 結構参考になることも多いと思いますので、ここにまとめておきます。


◆No.1 美味しい物を食べに行こう
 目的を見つけて意識的に足を伸ばして見ましょう…というところでしょうか?

◆No.2 行けるところまで走ろう
 ある程度脚力がついたら、帰りの輪行を覚悟していけるところまで行ってみましょう…というところでしょう。

◆No.3 自転車と何をかける?
 自分の行動範囲の拡大とともに、関心の持てる分野を見つけて、それとかけて自転車生活を楽しみましょう…というところでしょうか?

◆No.4 自転車の旅
 自転車生活に慣れてきたら自転車の旅を楽しんでみたらいかがでしょう…というところでしょうか?

◆No.5 100㎞に挑戦
 輪行を前提にして、とにかく行けるところまで行ってみるというものですが、まだ私も数回しか経験していません。もっと経験しなくちゃと考えているんですが…。
 特にカン太(TrekDomane4.3)については輪行手段を考えないといけないですねぇ。

◆No.6 シフトチェンジはこまめに
 最近、このことがよくわかってきました。特に今までインナーを使うことは少なかったのですが、最近は度々インナーに落とすと言うことがわかるようになりました。特に坂道を登る前とか信号停止する前とか…ですね。

◆No.7 オルトリーブはいい!!
 これは荷物を背負うのではなく、自転車に付ける方法を考えておいた方が楽に走れる…ということなのですが、今、私自身もカン太の荷物をどう処理したら良いか思案中です。

◆No.8 パンクは突然やってくる
 今までも何回か経験しました。まさにこれは突然来ますから困ります。私自身は昔、子供の頃見た自転車屋さんの前の風景を思い出しながら出来ましたが、タイヤはずし等はやってみないことには想像もできないことですね。それでもまだブロ太(Brompton)の後輪外しは経験していませんので、やっておかないと…と思ってはいるのですが(^^ゞ。
 折り畳みミニベロはまだタクシーをつかまえれば何とかなるとは思うのですが、カン太(TrekDomane4.3)は経験しないといけないですね。…そう思っていたら、つい先日それは突然訪れ、否応なく経験することになりました。
 ロードのチューブというのは、あれほど薄く細いんですね(^^ゞ。驚きました(笑)。

◆No.9 自分のコースを見つけよう

tb: --   cm: 0

最近気になる自転車  


 この1年、ネットを見ていて気になる自転車が出てきたので、忘れないように記録しておきましょう。
#私の場合、やっぱり折り畳みになってしまうようですね。というよりロードのことなど語る資格がない(^^ゞ。

◆DAHON EEZZ
 詳細についてはこちら「新しい折りたたみ方法で登場!DAHON 2014年モデル「EEZZ」」がわかりやすいかも。
 簡単に折りたためて、小さくなるというのは折り畳み自転車にとってとても重要なことだと思う。

 130911

◆DAHON Presto SL
 これを最初に知ったのは、自転車について何かと参考にさせていただいている「神戸ポタリング日記」のこちらの記事「Dahon PRESTO SLはいい!!」
 デザイン的には私はこちらの方が好みだ。拡張性も有しているというのが特に良い。ロボ太がダメになったらこれかな?と密かに考えたりしている(笑)。

 130911

#ちなみに私がTrekDomane4.3を選んだのも、同じくこちら「初めて買うカーボンロードは何がいいか?」の記事が大きい。

◆Tyrell FSX
 私と同じDashX20に乗っている方の、こちらの記事「【自転車】タイレルの最上級モデル・FSXに試乗する」で試乗報告をしてくれていますので参考になると思います。
 昔、私も勤めていた会社の後輩が始めたブランドTyrell。頑張っています。結局私はDashX20を選択してしまったが、こちらも頑張って欲しい。

 130911
tb: --   cm: 0

knog の製品が面白いかも  


 先日、「最高の自転車用ライト」 knog blinder がすごい!なんてYoutube動画を見てしまってからknogの製品が気になってしまった。
 先日紹介のHakkleにもknog の製品が紹介されている。

 その中で私が今気になっているものがこちら。
 もっとも私がknogの製品で気になったのはknogの本家のページでも以下の2つだけだけど…(^^ゞ。

◆フロント・ライト
 ・Blinder Road 2 Front
 残念なのは、フロントライトについては間に合っていること(笑)。

 130910knog

◆ロック
 ・ミルクマン とてもオシャレだが、これを使うには安全性の点で勇気がいるかも。
 ・PARTY COIL このくらい長いのは良い。もう少し長くても良い。

 130910knog 130910knog
tb: --   cm: 4

テニスポタ…カン太6.4/12.4Km  


 本日は暑くもなく比較的過ごしやすい天気のようだった。
 このところ運動不足の気がしたのでテニスに行くことにした。自転車の方も満足させたいので今日はカン太。テニスコートに行く道としてはまともな坂道になるので避けていたコースを敢えて行くことにした。昔、(歩いて)散歩したことのある道でもある。
 何とか順調に坂道も登ることができた(と言っても高度差50m程だけど…)。ただポン太などと比べるとカン太は坂道向きではないな(笑)。途中、道を迷って坂を下りすぎてまたちょいと坂道を登ってテニスコート到着。

 130909 ちょっと登るとこんな感じ。
 130909 130909

 テニスは2勝2敗。今日は何故か動きがいつもより良かったような…。

 帰りもちょっと迂回ルート。谷矢部池公園に回ってみた。

 130909
 130909 130909

 130909map 130909garmin
 ・曇り 温度27℃、湿度60%、風速4m
 ・走行時間 31分(片道)
 ・走行距離 12.4Km(往復)
 ・平均速度 12.4Km/時(片道)
 ・最高速度 29.8Km/時(片道)
 ・消費カロリー 172Kcal(片道)  総走行距離 326.6 km(+22Km)
#またまたGarminEdgeのスタートボタンを押すのを忘れていて片道のデータが得られなかった(笑)。

 帰宅後、「戸塚区美術協会第114回絵画展」に展示している絵の搬出。今度はロボ太である(笑)。

tb: --   cm: 2

ストレッチサイクルショートパンツ  


 最近、ネットで自転車用品を探しているうちに、次のようなリンク先(リンクの下の方)がひっかかってきた。詳細に見ていくとなかなか面白い。
 まだまだ他にもあると思うのだが、私の情報ではまだこの程度。
・TOKYOlife
・CONNECTED
・Hakkle


 この中でいくつか気になっている商品もあるのだが、本日ポチッとしてしまった商品がこれ「ストレッチサイクルショートパンツ」。サイズが合うかどうか心配だけど、できるだけ合わせるよう体型を調整しよう(笑)。

 130908

 カン太を買った時、一応サイクルウェアも購入したので、カン太は基本的にはそのスタイルで走っている。だが未だに馴染めない。自分自身走ることを目的にしていないという意識があるせいかもしれない。私自身はむしろ日常生活の行動圏を拡げようと思っているのだが、それにふさわしいスタイルがないか?と考えたのである。こんなスタイルならもう少し自由に行動しやすいかもしれないと思う。実は藤沢市には紅茶専門店ディンブラがある。こんな店にも入れるかもしれないと思う。
#もう夏が過ぎ去ろうとしているこの時期に購入するものではないかもしれないが、ちょっと楽しみである。

*     *     *     *     *

 本日(9日)注文先CONNECTからサイズがないとの連絡、WebPageであることを確認して注文したはずだった。9月23日以降の再入荷で対応できるとのことだったが、ネット上の情報との齟齬が気になってやめた。
 直接RinProjectで頼もうと思ったのだが、こちらは送料がかかる(笑)。TokyoLifeでは、千鳥模様のものはないようだが色物はある。この際最初だし、お試しのつもりで色物(ちょっと安め)で良いか…と注文しなおし。欲しいと思っていた「NavyBlue」がなかったので、ちょっと迷ったが「Black」にしてしまった。

 130908

 10日、届いた。デニム地よりかなり薄い生地だ。身体にもピッタリだった(ちょっとお腹の余り肉がややタブつくけど…(^^ゞ)。これからの時期しばらくはまだ大丈夫だろう。
 黒はやっぱり地味だがこれだったら普段着でも使えそう。さらに別のデザインがあっても良さそうだ。
 但し、ポケットの使い勝手はジーパンのようにお尻にあるのが良いか、これのように太ももの位置にあるのが良いかは使ってみないと何とも言い難い。微妙なところである。


tb: --   cm: 0

上永谷・秋葉ポタ…ポン太17.0Km  


 今日は曇り空。しかし相変わらずの不安定な天気である。

 今、描いている絵の仮縁が概ね出来あがり搬出の準備が整った。運送会社からも電話が入り10日の午後に来ると言うことが決まった。

 ひと作業を終えたらまだ時間があったので、今日はポン太で出ることにした。ちょっと気楽にひとっ走り…というのはポン太が良いのである。それぞれ持ち味があるのでそれらを味わいながら走るのも結構楽しいものである。
 いつも明治学院大の坂を登りながら、その日の気分でどちらに出るか決めるようにしている。今日は昨日と同じ方面だが、上永谷を大回りすることにした。

 130907 130907
 130907 130907


 130907map
 ・曇り 温度29℃、湿度69%、風速3m
 ・走行時間 1時間5分
 ・走行距離 17.01Km
 ・平均速度 15.6Km/時
 ・最高速度 40.3Km/時
 ・消費カロリー 209.2Kcal  総走行距離 1477.0Km
tb: --   cm: 0

弥生台方面ポタ…カン太21.7Km  


 そろそろ絵の方が手を入れるところがなくなってきた。考えていても仕方ないので昨日の木材で額縁(というより仮縁という方が正しいだろうけど…)づくり。一応できた。

 となるとポタリングをしたくなる。ようやく厳しい暑さも峠を越したようだ。
 いつものコースを回りながらどう走るか考えようと思っていた。途中でいつものコースを物足りないという気になり、コースを弥生台の方に膨らませて走ることにした。
 雨模様の空ではないが、西の雲は厚い。

 130906 130906
 130906 130906

 途中、何の気紛れか、コンビニの前に出ていた西瓜を見て突然食べたくなったので買って帰った。フロントバッグには突然の買い物のために、リュックにもなるエコバッグを入れている。本日初の使用である。途中、西瓜が背中でやけにゴロゴロして走りにくかった。
 さて、家に到着。カン太を担いで家に入れようと肩に担ごうとした時だったろうか、背中から西瓜が落っこちた(;_;)。ご丁寧に数メートル先を歩いていたオバサンにもしっかり見られた(^^ゞ。西瓜割り状態になってしまっていた(笑)。
#今度からは、しっかり袋の口を閉じておくことを忘れないようにしないと…。

 やはり西瓜は割れたものより、カットしたものの方が美味い…と思う(^^ゞ。

 130906garmin2 130906garmin1
 ・曇り 温度28℃、湿度83%、風速4m
 ・走行時間 1時間46分
 ・走行距離 21.68Km
 ・平均速度 12.2Km/時
 ・最高速度 38.2Km/時
 ・消費カロリー 567Kcal  総走行距離 320.25 km(+16Km)
 今日は、どうして平均速度がこんなに遅いかなぁ。

 本日、GPSmaps60CSは、メモリーが一杯だった(しかも上書きモードにもなっていなかった)ことに気づかずデータ無し。
tb: --   cm: 2

カン太の輪行を考えたい  


 私のリンク先トップにある「神戸ポタリング日記(ozunu13)」、このブログを教えられたのが私の自転車生活の始まりでした。
 今、ここには「超初心者の自転車の始め方」シリーズが展開されています。
 現在まではこんな感じです。(N0.1とNo.2のタイトルがありませんので、私が勝手に補足しておきました。)

◆No.1 美味しい物を食べに行こう
 目的を見つけて意識的に足を伸ばして見ましょう…というところでしょうか?

◆No.2 行けるところまで走ろう
 ある程度脚力がついたら、帰りの輪行を覚悟していけるところまで行ってみましょう…というところでしょう。

◆No.3 自転車と何をかける?
 自分の行動範囲の拡大とともに、関心の持てる分野を見つけて、それとかけて自転車生活を楽しみましょう…というところでしょうか?

◆No.4 自転車の旅
 自転車生活に慣れてきたら自転車の旅を楽しんでみたらいかがでしょう…というところでしょうか?

 (この後、記事に対応して追加していくつもりですが…。別の日にまとめておくことにしましょう。)


 さて、私は「食」に格別の関心があるわけではなく、自転車生活はもともとは絵のために始めたものですから、私であれば次のようになりましょうか(笑)。
◆No.1 近場を走り尽くしてみよう
◆No.2 輪行を前提に関心のあるところに行ってみよう
◆No.3 車利用から自転車生活を楽しむ生活にしてみよう
◆No.4 旅に自転車を取り入れてみよう

 こうした生活にしていくために、今の私に不足しているのが<カン太の輪行手段>です(もちろんブロ太やポン太でなら可能なのですが…)。
#これを言うための前書きが長くなりました(笑)。

 ロードの輪行には、どうやら前輪だけを外す方法もありそうだということを知ったのがこちらのページ
#こんなのがあるんですね。これはあまりにも簡単。でも簡単すぎないかな?(笑)
 130906

 しかし、普通はこちらこちらの方法でしょう。
 こちらの方法なら、輪行袋はこんなものが良いかも…と思っていました。先日紹介したVINCITAの輪行用バッグです。
#でもちょっと重いかな?
 130906

 そしたらこんな新製品も…。こちらは詳細が不明。
 130906

 いずれにしても、輪行袋がないと距離を伸ばすには限界があります(笑)。
 もう少し悩んでみましょう。
tb: --   cm: 0

コーナン大船…ブロ太18.5Km  


 そろそろ展覧会用の絵は手を入れるところが少なくなってきて、時間をかけてもなかなか先に進まない。こんな時には気晴らしするのが良いだろう。
 そんなわけで、いずれ必要になる額装用の木材を買いに行くことにした。こんな場合はコーナン大船店が良いだろうと出かけた。ズームレーダーの様子を見て雨雲の合間を出たつもりだったが、無視して良いだろうと思っていた最後の雨雲にひっかかったらしく小雨に降られてしまった。
 今日は久しぶりにブロ太。目的が明確なのでポン太のペダルに交換して出かけた。少しでも気分を変えようというつもりである。考えてみれば、ブロ太に乗るのはほぼ1ヶ月ぶりになってしまった。久しぶりに乗るとこんなに重かったっけ?というような気がする。それでもBromptonのペースで走っていると自然に調子が出てくる。
 明日はカン太で走ってみたいと思ってしまった。

 130905 定番のソフトクリーム。

 いろいろ小物も買ったが、メインは1000ミリ×803ミリのパネルの木枠だった。寸法を見て、182cmの角材4本で足りると思ってしまったのはアホだった。木材の厚みを加えると足りずもう2本追加。ちょっと不経済なことになってしまった。
 いつものようにカットしてもらった角材をブロ太にくくりつけて帰宅。やっぱりブロ太は実用性が高い。

 130905map
 ・小雨後曇り 温度27℃、湿度91%、風速3m
 ・走行時間 1時間13分
 ・走行距離 18.49Km
 ・平均速度 15.0Km/時
 ・最高速度 37.7Km/時
 ・消費カロリー 208.4Kcal  総走行距離 620.5Km(+1,406Km)
tb: --   cm: 0

カメラバッグ再考  


 現在、今までの絵を使って、以下のようなハガキサイズのカレンダーを検討中。これは表紙です。
 130901

 そのために、何か使える物はないか?とヨドバシへ。
 それとはあまり関係無かったけど、結局購入したのが次の2つ。

・名刺用紙は「A-one 51604 マルチカード インクジェットプリンタ専用紙」 

・カメラバッグは「ロープロ イベントメッセンジャー100」
 今までのカメラバッグがデジイチを基本として考えていたために、ブロ太(Brompton)に使うにはちょっと重かった(少しハンドル操作に影響する気持ちも…)。今回、ボトルケージをつけるにあたってRixen&Kaul・フロントアタッチメントのアダプターを外してしまったのは、そんなことも理由だったりする。
 しかし、今はミラーレスが基本。そんなわけでミラーレス用のものを探したというわけである。この中には最低でも、カメラ・財布等小物・買い物袋が入る予定。
130901

 そして、本日、再びブロ太にRixen&Kaul・フロントアタッチメントを着けてみた。ちょっとだけボトルケージと干渉するような気もしたが、何とか着けられた。本当はキャディ(KR851)の方がハンドルにも良いことはわかっているのだが、今はあるもので我慢。
#でもこの写真を見ると、何だか欲しくなってしまう…ということで一応ポチッと(笑)。価格はちょっと高いと思うけど…これはイザとなったらサドルバッグの代わりになるかもしれないとも思っているので…って口実かな(笑)。
#写真の背景にあるパネルが今描いている絵・2枚です。

 130902  130902KR851


 さてバッグである。お決まりのように、以前購入してあったRixen&Kaul・KLICKfix(KM811アダプタープレート)を着けようとした。しかし、このバッグには緩衝材の厚みがあるのでボルトの寸法がちょっと不足。
#今までは(カメラ保護用)緩衝材を挟み込まないよう塩ビパネルを使っていたが、今回はそれを使わないでやってみようというわけ。
 仕方ない。今描いている絵の仮縁のために、いずれホームセンターに行かなければならないので、その時に忘れないように購入するとしよう。

*     *     *     *     *


 結局、絵を描くのに飽きてきて、従来の方法でやってしまった(^^ゞ。
 つまり、塩ビパネルをカットして、ポケットに挟み込み、それとKM811アダプタープレートを一体化してしまったというわけである。写真でポケットから塩ビパネルがはみ出ているのは穴の部分から塩ビパネルがひび割れてくるのをできるだけ避けようというわけである。見かけはちょっと悪いが、この方法なら、内部には無骨な物が出てこない。
#いつものように、肩掛けベルトは当然フックで取り外しが自由…というつもりだったのだが、買う時、そこまでチェックしなかった(^^ゞ。
 130902 130902
 130902 取付の様子。もちろん暫定。

#背景に見えている絵。今回はこんな感じ。F40号。



PS
 3日、明日から始まる展覧会のための絵の搬入のため、このカメラバッグをロボ太に着けて走ってみた。なかなか良い感じである。
 帰宅したところへキャディ(KR851)が届いた。早速ブロ太(Brompton)に着けようとしてみたが、案の定ブロ太のハンドルポストに着けるのは無理(折り畳み時に干渉してしまう)。こうなるとサドルポストにつけるか?それなら大丈夫。でもそれでは折り畳み時にサドル位置が上がってしまう。ちょっとそれは避けたい。
 無理矢理(径が指定より太いので)、ポン太(DashX20)にでも着けるか?
#カン太(TrekDomane4.3)には着かないし、着けたくない(^^ゞ。

*     *     *     *     *

【9月5日現在】
 どうやらキャディ(KR851)はポン太(DashX20)に一番ふさわしいような気がしてきていた。しかし考えてみれば、ポン太はハンドルポストが太い。だから、問題なのはボトル寸法だけでなくボトル幅も問題だと言うことに気づいた。結局ポン太にもこれを取り付けるのは難しいということがわかってしまった。
#となると、これは無駄になるのか~?(苦笑)

 その一方で、カン太のフロントバッグを何とかしたい気分がムクムクと…。急に振り分け型バッグの配置が気に入らなくなってきたというわけ(笑)。何か良いフロントバッグはないものか。
 良く見るとカン太(TrekDomane4.3)にはフロントバッグが取り付きにくいことに気づいた。それでもライトの角度をちょっと変えて従来のもの(いろいろバッグがあるのです(笑))が取り付けられるようにはしてみた。これでまあ使えないことはないがこれではまだ気に入らない。カン太のバッグはまだまだこれからの課題である。
tb: --   cm: 4

タイタニコのサドル  


 どこかのブログで見たことがあったが、今日、友人(Brompton用として)のブログでこれを検討している旨の記事を見かけた。
 私の場合であれば、まずはブロ太のサドルが最もふさわしいだろうが、もうBrooksに替えてしまっている。ポン太(DashX20)の方は、スプリング(ゴムだけど)式のシートポストにしてしまっている。となるとカン太に使ってみるか…というところだけど、カーボン・ロードにはデザイン的にはかなり疑問である。
#以前、見たことがあると思っていたのはBrooksのサドルだった。同じようなのがあったのを忘れてた(^^ゞ。

 130901サドル


 検索してみたら、こんなページが見つかった。

・「ケツが痛ぇなら黙ってコレ使え!(ロードバイクが好き)」

・「BROMPTONのサドルといえばBROOKSですが、「セレ・アナトミカ タイタニコ」ってのもあります(のすっこポタリスト奮闘中)」

 こんなに大きな穴が空いている必要があるのかどうかは、結構疑問。だけど本当に良さそう。さすが、こだわり屋の友人である。どこから探してきたかわからないけど、かなり研究熱心である。

 私としては、別にこれを検討し始めたというわけではないけど、ちょっとは頭の中に入れておく価値が有ると考えた。これだったらパッド入りパンツがなくても良いもんね(笑)。
tb: --   cm: 2