ポタポタ時々記

自転車を中心とするスロー・ライフや時々の買い物記録などです。

上大岡ポタ…カン太23.1Km  


 昨日は、高校時代の気のおけない仲間との久しぶりの飲み会。楽しく過ごせたのは良いが、ちょっと飲み過ぎたかもしれない。
 そのせいか、ちょっと身体が重い。このところ完全に運動不足である。
 だったらテニスに行けば良いのだが、それほどの元気がない(^^ゞ。したがって午後からポタイング。

 最初のうちは足が重い。しかし不思議なことにしばらく走っているとだんだん調子が出てくる。
 いつものコースでは物足りなかったので、少し遠目に回ろうとしたら上大岡回りになった。最近横浜へのポタリングの機会がなくなってきているので、いつもの横浜からの帰り道のルートを辿ってみたくなった。

 これらはいつもは通らない平戸永谷川の緑道から。
 131030 131030
 131030 

 度々立ち寄る柏尾川と阿久和川の合流地点。
 131030 131030

 今日の装備(と言ったってこれからは多分標準的な装備になると思うけど…(^^ゞ)
 131030

 131030map 131030garmin
 ・曇り 温度20℃、湿度53%、風速2m
 ・走行時間 1時間47分
 ・走行距離 23.08Km
 ・平均速度 12.9Km/時
 ・最高速度 39.5Km/時
 ・消費カロリー 608Kcal  総走行距離 542.50 km(+22Km)
tb: --   cm: 0

コーナンポタ…ブロ太25.3Km  


 今日は久しぶりに良い天気。
 ただこのところ何となく出不精に陥っていたが、好天気に誘われてコーナンに行くことにした。画材をつくる材料の調達である。
#参考:新イーゼル案(ほぼ確定)
 買い物なのでブロ太。残念ながらFreedom Cityを試す程ではなかった。

 ブロ太は走り始めのしばらくがいつも重い感じがする。しかし、しばらく走るとペースがつかめて慣れてくる。これも慣れか。焦らなければ良いんだ。

 さすがに良い天気なので写真を撮ってもいつもと色が違うような気がする。
 今回は余計な買い物は一切なし。いつになく安く上がって、カット代含めても592円也。
#そうそう、ソフトクリームが+200円だった(笑)。

 131027 131027
 131027 131027

 帰路は柏尾川緑道のCRを通った。いつもより光が良いので金井公園の風景などもパチリ。

 131027 131027
 131027 131027

 このまま帰る気にもなれず、舞岡公園の方にも足を伸ばして見ることにした。

  131027 途中の工場にも良い光が…。
 131027 131027
 131027 131027
 131027 131027
 131027 131027

 自宅へ帰る途中の道。ここの光が良くなるのはもう少し暖かくならないと…。だから今日はいつもとは逆方向の撮影。

 131027

 ・快晴 温度20℃、湿度44%、風速5m
 ・走行時間 1時間46分
 ・走行距離 25.29Km
 ・平均速度 14.2Km/時
 ・最高速度 43.8Km/時
 ・消費カロリー 276.5Kcal  総走行距離 707.5Km(+1,406Km)
tb: --   cm: 2

TV遂に紹介された自転車を電動ハイブリッド化するコペンハーゲン・ホイール  


 次々と新しい自転車?が登場してくる。楽しみな時代になったものです。
 これがどのように展開していくでしょうか?

 TV遂に紹介された自転車を電動ハイブリッド化するコペンハーゲン・ホイール
 131025
tb: --   cm: 2

Freedom City のHitchをどうしようか  


 先日発注した「プレッシャーライト」がまだ届かないので、FreedomCity のお試しポタができません(笑)。
#そんなお試しができるかどうか、まだ恥じらいが残っていますから…(笑)。

 今年最後の展覧会が終わったばかりだし、台風も近づいて天気も何となく怪しいですね。そんなわけでまったりと時間を過ごしていますが、Carry FreedomのHitchがちょっと気になっています。写真のものです。

 131023 131023

 見れば大した構造ではありませんが、画像を見てみるといろいろな変遷があったことが伺えます。もっとも今のものに近いものの説明記事がこちら。です。
 写真の最後だけは意味がわかりませんが、他は大体こんなものでしょう。

 私の場合、これをつけたいのはブロ太とポン太、カン太。クイックリリースの2台は使い回しが効くから、最低あと一つHitchが欲しいのです。ところがこのトレーラーはオランダだっけ?英語圏のものじゃないので簡単に入手できません。ネットをいろいろ検索しても取り扱っている店が見あたりません。
#ドイツ語のオークションサイトだけは見つかりましたが…(笑)。そこでも対象となるHitchが見あたりません。

 1カ所だけこんなページが見つかりました。
 XE通貨換算ツールで見ると6000円超。結構良い価格ですね(^^ゞ。

 BurleyのHitchはどうやら穴のサイズが小さく、FreedomCityに使うには無理がありそうです。

 131023

 こうなると、作ってもらうしかないかも。そしてどこまで作るかが問題ですね。
 最も少なければL字型の穴あきプレート。次はボルトまで、最も取扱いが簡単なのはピンまで全部作ってもらうかどうか、ですが…。

*     *     *     *     *

 試しにブロ太に着けてみた。
 ピンを着けたままにしておくことはないとしても、結構出っ張る。最初は気になるだろうと思う。
 そして、改めて気づいた。これだとメンテナンス用スタンドは着けられないことに…。余計なものが増えると、なにかと不自由なこともあるものだ(笑)。

 さらに最後の問題。これって転んだらFreedomCityの取っ手の赤いプラスチック部品はポッキリ折れるしかないんじゃないだろうか? とても試したりできないけど…。(笑)

 131024 131024
 131024 131024



 
tb: --   cm: 0

「サイクルトレーラー愛好者の会」会員に!(笑)  


 「サイクルトレーラー愛好者の会」というのがあるそうです。
 いつの間にかその会に入っていました(笑)。

 実は、Freedom Cityそのものは以前にも見ていたのですが、今回購入の直接のきっかけになったのは、リンク先に入れた「自転車と旅行だけじゃないブログ」の記事を見たからでした。
 そのことをお伝えしたくて管理人さんにメールを差し上げたのですが、そのことを記事にして下さいました。これです(笑)
 その中で、私も資格があるらしく…何とか「サイクルトレーラー愛好者の会」の会員になったというわけです。(笑)

 それにしてもこの記事の最後の方、サイクルトレーラーを自作してしまう強者達が世の中にはいるんですね。それぞれのアイデアと工夫が溢れていてなかなか楽しいものです。
tb: --   cm: 0

「Freedom City」の環境   


 「FreedomCity」は良く言えば柔軟、悪く言えば割合グズグズのトレーラーである。
 仕組みは簡単なので、どのようにでも融通が利く。悪く言えば収まりが悪い(笑)。

 トレーラーの引っ張り構造は良いのだが、突っ張り構造のパイプと移動可能な車輪との取り合わせがスマートでない。
 検討した結果、いつものマジックベルトを使って納めることにした。2本のマジックベルト(目印に、それぞれ上・赤と下・青をくっつけた)を使って納めることにしたら、附属のゴムは不要になってしまった。これでグラグラしないようになった。
 いずれにしても、折り畳み・展開には慣れが必要である。
#片方の肩に掛け、背負うように掛けるバッグは結構大きいものの悪くはない掛け心地。何をどのように入れるかが問題である。

 131021

 さてタイヤに空気を入れようと思ったら車輪が小さくて空気入れのバルブが差し込めない。
 こりゃいよいよ名称だけは聞いている「ヒラメ」が必要かと覚悟したが(写真左)、ゲンジ~さんのところでこんなもの「プレッシャーライト」を見つけた。何だこれで良いんだと、幾分ホッとしながら早速発注した。

 131021ヒラメ 131021プレッシャーライト

*     *     *     *     *

 23日夜届いた。
 早速空気を入れてみたが、どうも空気圧がしっかり測れない。余程しっかり締め込まないといけないのかな?
 24日、空気をちゃんと入れ直してみた。やっぱりきちんと締め付けができていなかったようだ。


tb: --   cm: 0

「Carry Freedom ・Freedom City」の概要  


 昨日、「Carry Freedom ・FreedomCity」が到着しました。
 今更ですが、なぜこんなものを買ったかと言えば、絵を展覧会場に運びたいとか、DIYの店舗などから大きな品物を運びたいなど、そんな風に思うことが何回かあったからですが…。まあいつも自転車につけなくても、これだったら引っ張っても歩けますし…。あれば何かと使う機会も増えるでしょう。


 日本でこれを所有している人はあまりいないようなので、その概略を報告しておきましょう。

*     *     *     *     *


◆まずは、こんな箱で到着。こんな感じで入っていました。
 131020 131020

◆箱から出してみるとこんな感じ。車輪付きフレームとバッグです。(#全般的に写真がぼけてしまいました。)
 車輪とそれをフレームパイプに取り付ける構造は、かなりしっかりしています。さすがに耐荷重45Kgと思わせます。
 車軸取り付け用の部品がバッグの上に赤く見えます。
 写真右には車軸を結ぶパイプを引っかけておくためのゴムが見えます。これも入っています。このあたりはスマートとは言いかねるところですが、構造上仕方ないところです。
 131020 131020
 131020 何となくこんな感じになるんでしょう。

◆さて、この部品を車軸にどうつければ良いか、最初は考えさせられました。
 何しろわからなかったので分解してしまってから慌てました。上の5枚目の写真を拡大してどうなっていたか確認し直しです。
#何しろ、入っていた取扱い説明書の部品とは全く異なりますから…。
 131020  131020

 Freedom Cityのハンドルに赤いプラスティック部品を取り付けるのに、手持ちのボルトを使ってこんな感じでつけました。
#このボルトは入っていませんでした。入れ忘れたかな?
#でもこれくらいなら代用が効くから良いけど…。

 131020

◆さて、一方の本体です。
 車輪は予想通りテンション(引っ張り)と突っ張りの構造で持たせています。テンション側はスマートですが、突っ張りの方は2カ所で引っかけ、最後はマジックベルトで固定です。ちょっとスマートさに欠けますが機能的にはこれで十分。
 反射板もこんなものが3カ所ついています。回転しますので荷物の邪魔にはならないで済みます。
 131020 131020

◆バッグ(防水仕様)はこんな感じで取り付けるようです。
 バッグの中は一室だけ。左右と下の3カ所に網ポケット、底の部分ににたるみを締めるためのヒモが入っています。
 実に簡素でルーズなバッグです。でも私はBromptonのTバッグと同様にこのルーズさを評価したいと思っています。
 131020 131020

 (左写真:)ハンドルを畳んだだけだとこんな感じ。多少かさばりますが、これでも持てないことはないでしょう。
 (右写真:)ハンドルを伸ばしたままにするには、これを手のひらで押し込みます。ここは割合スマートに出来ています。
 131020 131020

*     *     *     *     *

 このトレーラーの最大の特徴は、荷台部分は<枠>だけですが、基本的には車輪の上部にフラット面をつくるために、運ぶ荷物の制約が少ないということにあります。私がこれを求めたのもそれが理由です。なにしろ、絵の額を運ぶことを念頭に置いていましたので…。
 もう一つの特徴を挙げるとすれば、これ自身で、Bromptonのような自転車なら、畳んだ状態で運ぶことができる、そうした柔軟性ということにあるかもしれません。
#背負いヒモのようなものを追加すればこれを背負うこともできるでしょうが、そんな意味があるのかどうか(笑)。
#ただ、ちょっと何かをしようとするとリフレクターが邪魔になります(笑)。

 車軸につける金具がもっと欲しいですね。しかし、この金具、何しろ部厚い。これほどの強度が必要かどうか…というほどです。

*     *     *     *     *

 「駅の自動改札は通れるのか?」 ふと気になって調べてみました。

 FreedomCityは実測幅で52cm。駅の改札口の幅は狭いもので55cmという規定があるようです。
 何とかこのまま改札口を通過することはできそうですね。


tb: --   cm: 8

GPSsoftお試しポタ…カン太18.3Km  


 今度はまた台風27号が近づいているとかで、つかの間の良さそうな天気。空が晴れていたので出かけてみた。
 今日は、「Runtastic Road Bike GPS サイクルコンピュータ」のお試しのつもりである。最近の代表的なポタリングコース2つのうちの、大船回りにしてみた。
 まずはいつものいたち川から。

 131019 131019
 131019 131019
 131019 131019
 おっ?いたち川緑道が延長されるらしい。嬉しいねぇ。

 ここから少し上の住宅地に上がってみた。

 131019 131019

 何やら天気があやしくなり、ポツポツ雫も落ちてくる感じ。寒さも感じるようになってきたので柏尾川のこのあたりから、今日はもう引き返すことにした。

 131019 131019
 131019 田谷の洞窟近くの御霊神社をパチリ

 131019 カン太のハンドル回り。カメラがなければスッキリ。
 131019 131019

 本日、なんか走りにくいと思ったらメガネをするのを忘れてた。
 そろそろポタリングに出る時の装備をリスト化しておかないといけないかな(笑)。

 さて「Runtastic Road Bike GPS サイクルコンピュータ」の評価である。
 画面が横に回転しないといった問題以外は特に問題なく軌跡を表示してくれるので気分が良い。ただ、このデータが記録されるのかどうか、どのように記録されるかが気になっていた。

 走行終了後、ソフトを求められるままに今日の走りの気分・条件などを簡単に入力して終了。どうやらネット上に保存されるらしかった。
 改めて「Runtastic」のページに行ったらこんな感じに保存されていた。地図にグレーがかかってしまってそれを取り払うことができない。これは仕様なんだろうか?私がまだ使いこなせないだけか?
 まだ何とも評価しにくいが、こういう具合だと深入りする人はどんどん深入りしそうだ。

 131019run
 131019run 131019run

*     *     *     *     *

 131019map 131019garmin

 ・曇り 温度18℃、湿度60%、風速6m
 ・走行時間 1時間29分
 ・走行距離 18.26Km
 ・平均速度 12.2Km/時
 ・最高速度 51.5Km/時
 ・消費カロリー 462Kcal  総走行距離 519.42 km(+22Km)



 帰宅後、「最強のGPSロガーアプリと寝台列車に乗ってみた!『EveryTrail』 | APPREVIEW」をダウンロードしてみた。
 こちらは何となく印象としては、GPSと一緒に自分の行動記録をするためのソフトのような感じ。まだ日本では発売されていないという「KingGPS」の簡易版のような感じなんだろうか?
 地図は使いやすそうだ。こちらの方が私の使い勝手には合っているかもしれない。しかし、iPhoneアプリだというだけあって、やはり縦型でしか使えないようだ。残念。

 そうこうしているうちに、「Carry Freedom City」(正式には「Carry Freedom の FreedomCity」というようだが)が届いた(*^_^*)。意外と早かった。
 ゆうパックで送られてきた。通関料1500円をとられた。

tb: --   cm: 0

iPadで使えるGPS関連ソフト  


 かっての仕事柄か地図が好きなようである。
 かといって地図情報を細かく読み込むというわけでもない。多分、どんな地図があるのか、様々な地図を知るというだけの関心のようだけど…。

 iPadMiniがポタリングで使えることがわかったら、GarminGPSmap60で知ることが出来る情報<地図上での自分の走行軌跡>をiPadMiniでも知りたくなった。
 <iPad GPS関連ソフト>で引っかかったいくつかのサイトから面白そうなサイトを見つけた。

◆iPad miniをカーナビにするGPSデータ連係アプリ「TexaGPS」&「なびすけHD」
 ここでは、カーナビ利用はどうやら「なびすけHD」というソフトがあるというくらい。

◆行動を記録しよう!使えるGPSロガー&ロガーアプリ
 これは導入編といったところかな?
 Runtastic Road Bike GPS サイクルコンピュータKingGPS: 欲しかった機能・使い勝手がここにある!GPS ロガーアプリの王様!1372 - たのしいiPhone! AppBank などに関心。

◆ナビゲーション の人気 iPad アプリランキング
 このあたりがナビソフトなのかな? ただそれほど関心を惹かなかった。

◆位置情報を地図に記録/確認する iPhoneアプリ・iPadアプリのランキング
 最も関心を惹いたのがこちらのサイト。
 中でも有料ながら「ロードバイク PRO サイクルコンピュータ」なんか、サイコンとダブるけど良さそうな気が…。私は全部を使わなくても<高機能>というのが好きだ(笑)。
 特に、runtasticのソフトは良いらしい。

 iPadで使えるGPS関連ソフト

*     *     *     *     *

 そう言えば、のぶちゃんさんは「IpBike ANT+™ サイクルコンピューター」というのを使っている筈。サイクルコンピュータ専用のソフトも検討する必要があるかもしれない。

 こんなところで、いくつか気になったソフトがあったのでのんびり試して見たいと思っている。



 とりあえず「Runtastic Road Bike GPS サイクルコンピュータ」を入れて見たが、画面が縦型のみで回転しない(^^ゞ。何だよ~(笑)。
tb: --   cm: 2

ポン太(DashX20)のハンドル回りの検討  


 本来やらなければいけないことがあるのに、ちょっと関心を持つとそちらをやってしまわないと気が済まない…これは私の昔からの性格らしい(笑)。

 カン太の方で、iPadMiniを地図帳代わりに使えるかも…と思ったら、ポン太でもやってみないと気が済まなくなった。
 カン太の環境が大分整理がついてきたのでポン太も検討してみることにした。ゲンジ~さんから譲っていただいたKnogのバッグをポン太で使うことにして…。

 これが最大限の装備状況になるだろうか?
 マップ・ホルダーには3カ所のベルクロがついているが、中央の1カ所だけで十分だ。
#ただiPadMiniの使用は、路面の振動が直接ひびくのがちょっと心配。
 ハンドルの左側にぶら下がっているのは、以前のトップチューブ(振り分け)バッグの片割れ。Q10カメラ専用のバッグをこんな形でつけてみた。あくまでもすぐに使える環境として…である。使わない場合にはKnogバッグの中でも良いだろう。

 131016 131016

 これがKnogバッグを前提にした場合の最小構成である。GPSMap60で走る場合を想定している。
#ライトはKnogバッグがなくなるとハンドルに必要になるかも…。いろいろ時と場合に応じて…なんて考え始めると必然的に忘れ物が多くなる。困ったものだ。

 131016 131016

*     *     *     *     *

 おや?こんなところに…?
 ドリンクと工具を自転車につけるとしたらやはり2カ所欲しいかな?と考えたらこうなった(笑)。通常の位置につけようとすると、ポン太はフレームが小さいので使えなかった。結局使えるところはここしかなかった(笑)。
 我ながらバカだなぁと思っているが、出来る限り身軽に…と考えると自転車に持ってもらうしかない。そのための方法をいろいろ考えているところだと思っていただきたい(笑)。

 131016

 さあ、気が済んだところで、今日はこれから1枚お絵描きです。
tb: --   cm: 0

iPadMiniお試しポタ…カン太21.7Km  


 大型台風26号が近づいているらしく明日から天気が悪くなるらしい。自転車に乗るなら「今しかないでしょ」ということで出かけて来た。
 新しいハンドル・バッグと、それ以上にiPadMiniのお試しポタが狙いである。

 いつもの東回りコースを中心にちょっと脇に道に逸れて走ってみた。こういう走りが積極的にできるのはさすがにカン太だからである。ペダルを踏むのに対応して自転車が走る爽快さはやはりカン太が一番。
 しかし久しぶりのカン太のせいか、最初の明治学院大脇の坂はやけに厳しかった。それを過ぎればいつもどおりなんだが…。

 iPadMiniの地図利用はさすがに便利である。直射日光の下でもさほど見にくいという印象がなかったからこれからも紙の地図帳よりこちらを優先活用ということになるだろう。ハンドル・マップでの使用も問題がない。意外と良い感じだった。
 本日はカメラの出し入れを優先したため、カメラはいつものQ10ではなくGX200で行って来たが、Q10を使うためには今のポケットではやや使い勝手が悪そうだ。何か工夫したいけど…。

 いずれにしても今日はフル装備で出発(笑)。これが私の日常的なカン太スタイルになりそうだ。
 ボトルも本格的にしたので、少しはロードバイク乗りらしくなってきたかな?(笑) 肝心の本人のファッションは???だけど…(笑)。

 131014 131014

 コースはいつもの畑風景からちょっと足を伸ばして田園地帯から河川緑道、舞岡公園まで。
 131014 131014
 131014 131014
 131014 131014
 131014 131014
 131014 131014

 131014garmin
 ・晴 温度23℃、湿度56%、風速3m
 ・走行時間 1時間52分
 ・走行距離 21.7Km
 ・平均速度 11.6Km/時
 ・最高速度 38.4Km/時
 ・消費カロリー 552Kcal  総走行距離 501.17 km(+22Km)
 おっ!ようやく500Km越えた。

#今までの表示に慣れてしまったせいか、過去の実績が入っていないとなんか寂しい(笑)。

*     *     *     *     *

 そう思ったので、Gariminのfitファイルを変換する方法を探してみたらTCX Converterなるソフトが使えることがわかったので試してみた。
 こんな感じになった。

 131014

 何故か変換したソフトを読み込んだら、ルートの色数が増えていた。だからこれからは薄いグレーで表示してみよう。

#本当はこちらのページでの操作でできると思ったのだが、できなかった。「TCXファイルとしてエクスポート」の操作ができない。「CSVファイルへのエクスポート」のボタンはあるのだが…。

 まあともかく、これで結果だけは今までと同じになった。
 これで不足しているのは、走行中の軌跡をリアルタイムで知ることだけになったわけだが…(笑)。

 もしかしたら、そういうソフトがあるのかもしれない。いずれ探してみよう。
tb: --   cm: 2

iPadMiniを地図帳代わりに…  


 ハンドルバッグでiPadMiniが使えることがわかったところで思いだした。そう言えばこんなものを買ってあったんだった。
 「Zefalのマップホルダー」である。

 131014mapfolder

 当初はこの写真のように紙の地図を入れていくつもりだったが、いかんせん小さい字を見るのに虫眼鏡を必要とするようではあまり役に立たない。それよりiPadMiniの方が自在に扱えることがわかったからこの方が良いに決まっている。
#但し直射日光の下でどう見えるかは問題だけど…。

 試しに入れて見たが、こんな感じで幅が余るが高さはピッタリ(上の写真を上半分を手前に折り畳んだ状態)。但し、もともと入っている黒い厚紙を入れてしまうとスイッチが押せなくなるので、厚紙は外す必要がある。

 131014mapipad

 iPadMiniを入れて、このままで走っても良いと思う方は「Zefalのマップホルダー」は結構使えそうである。
 私もポン太で使うかどうか思案中。でもちょっとかさばるかなぁ。
tb: --   cm: 0

Roswheelハンドルバッグ到着  


 ゲンジーさんに譲っていただいたKnogのバッグだったが、カン太のホイールとのクリアランス確保の方法がすぐには見あたらない。
 そこで、そのバッグはポン太(DashX20)に譲ることとして、カン太(TrekDomane4.3)用には、お試しを兼ねてハンドルバッグを注文してみた。それが12日届いた。

 これを選んだのは次のような理由による。
  ・バッグのサイズとポケットの多さ。つまり私の使い勝手に合いそうだった。
  ・取り外しが簡単であること。
  ・結構、つくりがしっかりしていそう。
  ・フロント・フラップ裏面の透明ポケットが、もしかしたらiPadMiniに使えるかもしれないと思ったこと。
#このところ買い物ばかりで少し反省しているが…(^^ゞ。

 131012ハンドルバッグ

 結構使えるかもしれないと思ったので、そのレポートをしてみよう。

 背面と裏面の感じ。まあこんなものだろう。
 131013 131013

 フロントフラップはこんな感じ。iPadMiniは余裕で入る。背面をベルクロで留めている。そうしないとフロントフラップを固定するベルクロの帯で画面が一部隠されてしまう(帯の位置が悪い)。この状態で上から操作できる。
 iPadのサイズだと幅が目一杯で恐らく入らないだろうと思うギリギリのサイズだ。どうやらこのバッグはiPad関係の使用は考えていないらしい。惜しい。

 131013 131013

 仮に、フラップの外側のポケットにライトを差し込み点灯してみた。
 ハンドル上から余計なものが一掃された。Edge500Jが突出しているだけなので、これを外せばカン太をひっくり返すにも問題がない。
 最初は、今までと同様、GPSMap60を着けてみようと思ったがやめた。
 131013 131013

 フロントフラップをひっくり返せばこう使えるのだからGPSMap60は不要だろう。記録が欲しいのであればポケットに入れておけば良いだけだ。あるいはEdge500Jのデータ変換で対応できるかな?
 131013

 以前のトップチューブ振り分けバッグは同じメーカーのものだった。いろいろやりくりしてみたが、これから見れば中途半端な製品だったような…。結局短命に終わった。まあ勉強代と考えるしかない。
tb: --   cm: 0

「Carry Freedom City」の発注  


 今日は今までの疲れでのんびり過ごしてしまった。
 そういう時はどうしてもネットをブラブラする時間が長い。

 先日10日、友人の個展からの帰り、伊勢佐木町の入口の前でちょっと格好の良いトレーラーを引っ張っている自転車があったのを思いだした。それで、それがどこのトレーラーなのかを探してみようとネットをブラブラ流し見していた。
 そのうち、こんなページ「ものを運ぶトレーラー」に突き当たった。いくつかのサイクル・トレーラーを比較したものである。その中に、このトレーラーがあった。
 これは今年の始め「バイクトレーラーの候補 」で検討したものである。競合する候補としては「Burley Travoy Bike Cargo Trailer」があり、このページにもシンプルで良さそうなものがあるが、それでも私の使い方だと「FreedomCity」の方が適していると思う。今日見た中でもそれを上回るものが見あたらなかった。

 リンク先を見ればCRCのページ。以前はネットで買う方法が見あたらなかったし、日本で扱っている店舗もなさそうだった。
 CRCの価格を見ると、このアホノミックスで随分円安になってしまったが、金額も結構割引きになっているようで、私の予想より安かった。しかも在庫も残り2つではないか。そこで思い切って発注してしまったというわけ(笑)。
 来年1月には横浜そごうの9Fダダでグループ展があり、何点か持って行かないといけない。そんなことを何回か繰り返せば十分元が取れると判断したしだい(笑)。
#こういう時には、いつも自分に都合良く判断するんだけど…(笑)。

 131011CRC

 CRCで発注したのは今回が初めてだったかな?

 これは車軸にとりつけて牽引するタイプ。さて、アタッチメントがちゃんと付くかどうか…(^^ゞ。
 ブロ太は大丈夫だと思うが、ポン太、カン太にはどうかな?でも最も似合うのはやっぱりブロ太か~。

*     *     *     *     *

 
 最近、リンク先に加えたページ「自転車と旅行だけじゃないブログ」で、丁度私と同じような2種のトレーラーを検討している記事に出会った。
 この記事を見てちょっと興味を持ったので、ネットで検索してみた。なかなか日本語のページがひっかからない。そのうち上記紹介の「ものを運ぶトレーラー」の他にこんなページがひっかかった。 https://www.facebook.com/PotaPotaNobita/posts/418274944919966 なんだ、私の書いた記事じゃないか(笑)。
tb: --   cm: 2

輪行古淵からポタ…ブロ太40.5Km  


 先日電話をいただたので、本日は古淵まで輪行しながら打ち合わせ。実は来年からこちらのカルチャーセンターで水彩画教室の講師をすることになった。せっかくの機会なので輪行することにした。

 はるか昔には相模原市で仕事をしたこともあって、このルートは良く通ったので、横浜線沿岸の風景はちょっと懐かしい。当時の係長が今は市長である。時代は変わるわけだ(笑)。
 131008 131008
 131008 131008

 打ち合わせそのものは1時間ほどで終了したのだが、ちょっとその前の時間に余裕があったので、ついつい買い物をしてしまった。ステンレス製の真空マグ500ml(796円)である。自転車用には先日買ったばかりだから、これはテニス用になるのかな?(笑)
 ついでにパールイズミのレーシンググローブ(2960円)と裾バンド(698円)(今日は忘れてしまったので)。ここはスーパー・イオンでした(笑)。
 131008

 その後は、ポタリングしながらいくつか公園と相模川沿岸をめぐるつもりだった。
#公園は巡ることができたが、相模川沿岸の風景はあまり興味を惹かなかったのでそこまで足をのばさず仕舞いだった。

 まずは迷いながら淵野辺公園。こんな施設が…。このファサード(正面)は人の顔を模しているんだよね。あまりセンスが良いとは言えないと思うけど…。
 131008 131008

 そのまま道保川沿岸を走ってみた。
 131008 131008
 131008 131008
 131008 131008

 もう少し下って「相武台下」駅あたりの低地。
 通りかかったのは鈴鹿明神社。
 131008 131008

 最初はこのまま茅ヶ崎辺りまで南下する予定だったが、変化が欲しくなって東に向かった。
 県立座間谷戸山公園は自転車が入れないので緑ばかりで中が見えない。そう言えば以前、他の県立公園でも自転車は乗り入れ禁止だったような…。
#「乗り入れ禁止」というのは、乗ったままでということなのかどうか?そのあたりも曖昧なような…。
 131008 131008

 途中、芹沢公園では剪定中で、公園もちょっと寂しげ。
 131008 131008

 ちょっと期待していた泉の森公園は、自転車では全く中に入れず。でもまあ何となく雰囲気はわかりそうな気がしたのでそのまま通過。

 その後はあまり楽しくない道を南下して、長後街道と境川の交差するいつもの場所「高鎌橋」に出た。
 131008 131008

 長後街道の風景はこんな感じ。途中、横浜市街が遠望できる場所がある。遠くにランドマークタワーも見えている。
 131008 131008

 今日の風は殆どが南から。気楽に走るつもりが向かい風。これにはちょっと参った。
 今日は使わなかったけど、iPAD Miniを持って行ってた。どうも地図帳よりiPAD Miniの地図の方が見やすいような気がする。これからiPAD Miniを使うようにしてみようかな?

 131008map
 ・曇り 温度29℃、湿度68%、風速5m
 ・走行時間 2時間52分
 ・走行距離 40.52Km
 ・平均速度 14.1Km/時
 ・最高速度 38.4Km/時
 ・消費カロリー 434.0Kcal  総走行距離 678.3Km(+1,406Km)
tb: --   cm: 2

奈良旅行で…輪行のお話しを聞いた  


 本日、奈良旅行から帰ってきました。
 今回行ったのは吉野と法隆寺周辺。今回は輪行無しです。法隆寺周辺では貸し自転車で走りましたけどね。

 「吉野」ではバスで奥千本(金峰神社手前)まで行き、歩いて(ロープウェイ・吉野山駅まで)下ってきたのですが、奥千本のバス亭のところに何とローディが一人休憩をしていました。ここまで登ってきたようです。下の方では何人かのローディを見かけたものでしたが…。
#「ローディ」で検索してみたらこんなページが…。なかなか面白い見方です。中には腹の立つ人もいるかも…(^^ゞ。

 131007

 「法隆寺周辺」では、まず法隆寺駅でレンタサイクルを借りて、法隆寺・法輪寺・法起寺などを回りました。

 131007


 その帰り、奈良から京都に向かう電車の中で2組3人の輪行組がいました。一人輪行の人は前輪外しの輪行。さすがに外観がかさばります。2人組は前後輪外しの輪行でした。オストリッチの輪行袋でした。タテに置くと随分コンパクトに見えるものなんですね。
 最初の人は途中で下車してしまいましたが、2人組は京都までのようでしたので思い切って話しかけてみました。

 2人とも私と同じくらいの年齢。一人は私と同年。でも既に10数年の自転車(ロード)経験があって、よく2人で輪行しながら各地を走っているんだとか…。今回の奈良以外にも、尾道、琵琶湖、渥美半島等が良いと話してくれました。
 前輪外しの輪行は簡単で良いが、新幹線などでは前後輪外しが必要だとか…。わかる気がします。私の輪行袋は恐らくどちらにも対応できるのではないかと思って購入したものですが、いずれにしてもお試しが必要です。
 やはり経験あるのみ。早いうちに輪行袋に入れる練習をして、実際に輪行も経験してみたいものです。
tb: --   cm: 2

大船中央病院…カン太31.9Km  


 今日は大船中央病院での定期検診。
 台風が近づいていて、今にも雨が降りそうな天気だが、天気予報では雨が降らないようなのでカン太(TrekDomane4.3)で行くことにしていた。
 目的の大船中央病院には15分ほどで到着。カン太と離れるのはちょっと心配だったがProLoopLatte2.0タテ・ロックの二重ロックで安心(笑)。ProLoopはサドルに下げているので、このまま立木に絡めて後輪・フレーム・前輪と全て連結できないか…とやってみたがさすがにちょっと長さ不足。サドルまで絡めるのはあきらめた。

 診察の方は順調に何事もなく終了。次回は4月中旬である。

 さて、その後は海に出て一回り。

 131004 ちょっと気取って今日の記念写真。
 131004 131004
 バッグとホイールのアキが微妙。昨日のフロント・キャリアなどの検討は主にこの問題の安心のためである。
 サドル下のProLoopの納まりを…と思ったが画像が暗くてよくわからない。ただロック部分の位置は跳ね上がるようにではなくて、下がるような形で納めたい。
←こんなところにこだわるか(笑)。
 今日は工具を忘れてた(^^ゞ。おまけにウィンドブレーカーも忘れてしまったのでちょっと寒い。

 後は今日のコースを順番に…。

 131004 131004
 131004

 131004 131004
 いつもの腰越漁港。まだここは1枚も描いてない。

 131004 ここからは柏尾川。
 131004 131004
 昨日走って気がついたことだけど、柏尾川のCR(サイクリングロード)は、整備されて走りやすくなっていたので、今日は改めて走ってみようという気になった。
 天気が良ければもっと距離を伸ばす気にもなったろうが、今日はいつ雨が降ってきてもおかしくない状況の上に、ちょっと寒かった。

 30Km走るとやはり多少疲れる。寝不足もあって、帰宅したらちょっとウトウトしてしまった。
 カン太はやはり走りごたえがあるというか、ペダルを踏み込んで進む感覚はやはり一番。SPDにも大分慣れて来た感じがするし、自転車に乗った感覚が大分馴染んできているのを感じる。

 131004garmin 131004garmin
 ・曇り 温度18℃、湿度71%、風速2m
 ・走行時間 2時間17分
 ・走行距離 31.93Km
 ・平均速度 13.9Km/時
 ・最高速度 49.7Km/時
 ・消費カロリー 813Kcal  総走行距離 479.50 km(+22Km)
tb: --   cm: 0

フロントのキャリアまたはバッグサポーター(仮の検討)  


 カン太のフロントバッグの支えが何となくスマートではないと思っている。
 バッグの底がホイールに触れないようにするだけなんだから、もう少しスマートに支えられる方法がないかと考えてみた。

◆フロント・キャリア
 サドル後方につけるキャリアが一般的だが、フロントキャリアというものがあるのは時々画像やブログで見て知っている。ツーリング用の自転車であれば当たり前のようについているのだが…。
 いっそ、これをつけてしまえばどうか?なんてまたまたおかしな虫が騒ぎ始めた。もしこれがあれば、大容量のフロントバッグも行けるのではないかと…。私の場合はこれら画像の中でも最もシンプルなもので構わないのだが…。
#しかしまだまだ本気ではない(笑)。
 千数百円~1万円近いものまでかなりの幅があることがわかった。それに取り付け方がかなり微妙である。
 カン太に取り付けるとすれば、かなり綿密な検討が必要だということがわかった。
 もしかしたら「ENE CICLO フロントキャリア」、これなどはつけられるかもしれないかな?
 131003


◆フロントバッグ・サポーター
 さらに見ていくうちに、フロントバッグ・サポーターなるものがあることもわかった。ハンドルに固定して、バッグだけを支えるものである。
 その中で「フロントバッグサポーター ひっかけるだけ」なんてのが見つかった。「そうそうこれで良いんだよ。」と思ってリンク先を見たら、まさにこれだけのために作ったようなブログ。しかもそれから先が進まない(笑)。
 この人は多分売ろうと思ってこのページを作ったんだろうけど、あまりにも反応がなかったんだろうな?(笑)

 131003 私が欲しいと思ったのは、この折り返しのないもので十分なのだが…。

 そうかと思えばかなり熱心にこの研究をしていた人がいたりして(『Project究極のランドナー』)なかなか面白い世界である。

*     *     *     *     *

 ネットを見ていると、NITTOのM-18R-15(を中心とするの画像)が評価が高そうである。
例:NITTO フロントM18の評価記事実際に取り付けた人の感想
 しかし、カーボンフレームのフロント・フォークにこれを取り付けるのはどうか…。それにこうなると最早ロードのイメージはないけどなぁ。
 もっとも、自分自身がそうなんだからまあ良いか(笑)。
 でもキャリアは何とか避けたいものだ。
tb: --   cm: 0

大船散歩ポタ…ポン太18.0Km  


 またまた台風が近づいているが、今日はまあ良い天気。
 やらなければいけないことがあったので、午後ちょっとだけ走ることにした。今日はポン太のフロン後バッグのお試しである(笑)。
 今日は積極的に迷ってみようといつもと違う道に入っていったが、なかなか面白かった。
 だけどカメラを持参したのに電池を充電したまま忘れてきてしまったので、今日は携帯の画像だけ。ちょっと残念。

 131003 131003
 今日のフロントバッグはカン太の振り分けバッグの片割れ。これって安物の割には結構使える(笑)。
 別の小さな片割れは、(今日は着けていないが)マジックベルトでハンドルにとりつければ携帯・財布・鍵くらいは入れられる。
#携帯カメラは画面が良く見えないので↑ポン太がちゃんと納まっていなかった(^^ゞ。

 131003 131003
 131003 131003
 131003 131003

 こうやってポン太で走っていると、この小回りの利く小気味よさのようなものもなかなか面白いと思う。
 ペダルのPowerGripsも私の足には大分馴染んでいて結構気に入っている。力を入れなくても足を外せるのでそれだけでも気楽な気分がある。3度ほど転んだことなどすっかり忘れてしまった(笑)。

 131003map
 ・曇り 温度28℃、湿度54%、風速3m
 ・走行時間 1時間14分
 ・走行距離 18.01Km
 ・平均速度 14.4Km/時
 ・最高速度 40.2Km/時
 ・消費カロリー 196.4Kcal  総走行距離 1495.0Km
tb: --   cm: 0

フロントバッグお試しポタ…カン太14.7Km  


 せっかくのんびりできる日程なのに台風の影響で雨。少しガッカリである。
 しかしそのうち晴れてきたのでウズウズしてきた。このところ乗っていないので足慣らしを兼ねてフロントバッグの調子を確認しにでかけた。まさにフロントバッグのためのポタリングである(笑)。

 131002 131002
 まずは、家の近くの最高位の場所で。いつも、このあたりで次の行き先を決めるのである。
 後ろからの眺めは大分納まってきたと思う。RoopLockもサドル下で何とか納まっている。roopの中からリアライトが顔を出している(笑)。
 前方向からはどうかな?散歩ポタで欲しいものは全部バッグに入った。重さのせいかバッグとホイールがちょっと近い。
 
 131002 131002
 131002
 こちらは風景画のお絵描きポイントにて。
 時々、バッグの底がホイールで擦られてしまうようなのでベルトで引き上げている。ちょっと工夫が必要である。
 ここの風景はなかなか良いのだが、本日は日光が乏しいのでイマイチ。

 131002
 家の近くにて。虹が出ていたのでパチリ。
 フロントバッグのお試しポタは一応の成果があった。ちょっと手直しが必要だということがわかった。

*     *     *     *     *

 帰ってからやってみたことは以下のとおり。
 バッグの中央部が垂れ下がり気味なので固いボール紙で底を左右に拡げた。さらにバッグの左右からマジックベルトでハンドル方向に引き寄せるようにした。つまりバッグの姿勢を良くしてあげたというわけ。
 これで何とかなりそうである。
#私の場合、マジックベルトをよく使う。これも、多分輪行などの時にも役に立ってくれると思う。

 131002

 131002map 131002garmin
 ・雨後曇り後晴れ 温度27℃、湿度69%、風速4m
 ・走行時間 1時間21分
 ・走行距離 14.70Km
 ・平均速度 10.8Km/時
 ・最高速度 37.5Km/時
 ・消費カロリー 373Kcal  総走行距離 447.57 km(+22Km)

tb: --   cm: 0