ポタポタ時々記

自転車を中心とするスロー・ライフや時々の買い物記録などです。

ついでに「LOGOS 小さくたためるnano座布団」  


 「ヘックス2.0 オリジナルチェア」は絵を描くのに持参するにはちょっと大きく重い。
 これをシュラフマットの代用にもできそうだと考えたら、さらに延長できるものが欲しくなった。それが座布団。

 そして、本日これが到着。「LOGOS 小さくたためるnano座布団」
 軽量(41g)というのは良いなぁ。
 軽く安いのは他にもあるけど、これは作りがしっかりしているのが良い。

 140831

 もちろん、絵を描く場面にも使えそうだという思いもあった。

 しかし、これには間に合わなかった(笑)。
 ここで描いたのはこんな絵<ツタの絡まる洋館:F8(横浜開港資料館)>。光がなくて描きにくかった。

 140829 140830

*     *     *     *     *

 後でじっくり「クレイジークリー​ク・ヘックス2.0 オリジナルチェア」と一緒に使ってみた。大きさも丁度良い。座り心地もなかなか良い。これはこれで一つのスタイルがつくれそうだ。

tb: --   cm: 0

「クレイジークリー​ク・ヘックス2.0 オリジナルチェア」到着  


 今日はこんなものが届いた(笑)。厳密には「クレイジークリー​ク・ヘックス2.0 オリジナルチェア(614g・¥ 5,929)」

 150518

 とりあえずウルトラ・ライトとは言えないが、「自転車ツーリング・ソロキャンプ」を追求してみることにした(笑)。
 これの簡易版と言うべきこの製品と迷わないでもなかったが、重量もあまり変わらないので、中途半端になるよりは…とこちらに決断した。

◆大きさはホドホドに大きい。
◆重さもホドホド(笑)。
◆座り心地は意外と良い。
 あまり後傾するのはダメだが、意外とあぐら座りが良い感じ。
 これなら椅子の回りにいろいろ置いておけば、腰が痛くならずにクッキングも可能。
 お尻のクッションの具合がどうかと思ったが、5mmほどのクッションがあって、床で使っても痛さを感じない。どうしても…という人は携帯座布団のようなものがあれば済むだろう。
 少し高いところをみつけて使うなら、後ろにひっくり返るのを注意するくらい。通常の椅子と大差ない。
 脇のベルトを外して、枕があば昼寝も快適にできそうだ。(枕は、たまたま手許にあった「ロゴス(LOGOS) スカイマルチクッション 73860011」が使えたので、当面これを考えている。)
 気になる人は、これを使うところにシートを敷いておけばほぼ完璧だ。

 予想外にお薦め製品かも。床に近い生活をしている人には日常的利用にも良い。
 これがあれば小さな椅子は不要と思う(問題は雨の時だけ)。
 LongBackがあるとは知らなかったが、まあそれだけ携帯寸法が長くなるわけだからこれで良いか。

 140827 画像は商品の包装

tb: --   cm: 0

本日のULTS  


 もういい加減ヤメにしようと思っているのですが、またまたこの話題。まあ余興と思って下さい(笑)。

*     *     *     *     *

 先日、ダイソーに寄ってこんな灰皿缶(底面には「蓋付き卓上灰皿」とある。)を見つけた。なかなかきれいな缶だし、蓋もしっかりしている。だから何かに使えるかも…と思って購入。
#実はこの缶、先日のダイソーマグの中にスッポリ入る(丁度、蓋部分が頭を出す感じ)。だからダイソーマグだけで湯沸かしポットと飲用マグを兼ねるとすれば、その他の小物整理缶としても使える。
#しかし、麻紐を巻いてしまった後は入らない(笑)。


 140825 実は後で追加購入した(笑)。この2つは相性が良い。
 140901 140901

 そして、こんなことを考えてみた。
 中に入っているのは、SP300、うこんの力で作ったアルコールストーブ、ダイソーの50ccプラボトル、ライター、のどごし生で作った風防等。
#ちなみに、ダイソー350ccのステンレスマグカップは(取っ手をはずしても)縁がわずかに干渉する。
#また、缶には「水を入れて使用しないで下さい。」とあった。水漏れ注意ということか。


 140825 140825

 これで外でコーヒーが飲めるというわけ。
 持ち運びにも便利だし、まさかこんなものが入っているとは…なかなかそう思わないところがミソ。
 これでお絵描き用具に加えやすくなった(笑)。かなり良いかも。

 140825

 そして、結局こんな感じになった。
 たまたまベルトがあったのでそれを巻いてみた。蓋は軽く上に乗せているだけ。
 風防には穴空けが必要かも。

 140825

*     *     *     *     *

 きれいに出来たと思ったのに、お試しをしてみたら缶の黒ベルトが一部溶けてしまった。ビニール系の素材だったらしい(笑)。 改めて麻紐を巻いた。
 やはりちょっと(2~3滴)水漏れがある。私はあまり気にならないが、気にする人はこれを塞がないととダメかも。

 それよりほぼSP450サイズでは炎がやや大きすぎる感じ。それに麻紐では断熱にちょっと足りない。
 やはりポットはSP600程度は欲しい、それに取っ手も欲しくなる(笑)。

 微妙に悩ましい点はあるが、この手のULTSではもともと完璧を求めるのは無理がある。
 少し割り切ってこれを使うことにして、オートウェルドで水漏れを補修し、あきらめて軍手も併用することにした。
#オートウェルドというのを、このシリーズで初めて経験してみたが、今まで経験した中では最強の接着剤だと思う。とても気に入っている。

*     *     *     *     *

 今日はこんなことをしながらこんな絵を描いた(笑)。<公園の水辺:F4>

 140826

 
tb: --   cm: 0

テーブルを高くするか、椅子を低くするか、結論出ず  


 今日は横浜中華街にランチをしに行ったのだが、ちょっと買い物もしたくて今日も自転車は無し。相変わらず自転車に乗れない生活が続いている。

 一方アウトドアの方は、いろいろ新しい検討事項が浮かんで来て、そちらの方に嵌っている。今日は「座椅子」の検討。
 つまり、低いテーブルだと腰が痛くなる。かといって、ここで新しいテーブルを求めるというのもどうかと思う。

 軽いテーブルでは、「ドッペルギャンガー・ウルトラライトテーブル TB2-56(820g・¥ 3,254)」「ロゴス・7075トレックテーブル(700g・¥ 3,868)」が見つかったが、いずれにしてもこれに天板が欲しくなるように思う。それをどう考えるか?

 じゃあ椅子を低くして座椅子にすれば軽いし安いだろうと思ったのだが、そうは問屋が卸さなかった(笑)。
 ざっと見てみたら、こんなものが上がってきた。

 140824

 安いものでは、「キャプテンスタッグ・CS FDチェアマット(440g)」。しかしあまり評価が良くない。高いものでは「ドッペルギャンガー・アウトドア キャンピングチェアマット(1.6Kg)」「クレイジークリーク・ヘックス2.0 オリジナルチェア(614g)」がある。クレイジークリークはこれらの製品の中では高級品になるらしく、品数豊富で価格差も幅広い。その他、面白そうなものとして、「ハイランダー・ インフレータブルチェア・マット(870g)」などもある。
 これらの中で重いものは内部にパイプを組み込んでいるせいである。
 座椅子では座った時の安定感が劣るのはやむを得ないとしても、重いのはちょっと願い下げしたい。かといって壊れやすいのも困る。
 結局、私の視点でみると次の4つが候補になった。…かといってこれらを具体的に検討しているわけではない。
 いずれも考えていたより高すぎるか、使い物になりそうもないか…そんな気がする。

◆クレイジークリーク・ ザチェア マローン(449g・¥ 2,592)
 厚さ1cmのソフトなフォームが入っている。

◆クレイジークリー​ク・ヘックス2.0 オリジナルチェア(614g・¥ 5,929)
 クレイジークリークの上位のグレードを考えるならこれ。フレームはカーボンファイバー。
 この動画を見るとちょっと良さそう。

 ちなみに、これのさらに上位の製品の説明はこちらにあるが、私の目的からすれば畳んだ状態がちょっと嵩張りそうだ。

キャプテンスタッグ・CS FDチェアマット(440g・¥ 1,214 )
 これはとにかく安いと言うことで何回か使えればOKというようなもの…らしい。

◆ハイランダー​・インフレータブルチェア・マッ​ト HCA0050(870g・¥ 3,065)
 空気注入式。この手のものにはいつも若干の不安が残る。

 いずれも「帯に短しタスキに長し」といった状況。
 新しく買うならテーブルの方が役立つように思うが、ソロキャンプではそこまで必要ないだろうと考えているのだが…。

*     *     *     *     *

 お絵描き用にということも含めて、今持っている椅子は下の2つ。

◆グリベル トレッキングチェア3(399 g・¥ 4,860 )
◆ロゴス・7075トレックスツールM ¥2,480(税別) U-30U-30(300g)

 これとの関係を考えないと…。
 これらの置き換えてこれらのチェアを使うとすれば多少の重量増加。しかしシュラフマットの代替にもできるかも…というか用途が少し被ると言った方が適切かも。
 いずれにしても雨の日にこれを使う気にはなれないだろうね(笑)

tb: --   cm: 0

ユニフレーム・ミニロースターでソロバーベキュー  


 今日も絵を描いている。そうするといつもと違ったことをしたくなってくる。

 そんなわけで、今日は「ユニフレーム・ミニロースター」でソロバーベキューにすることにした。
 ガス缶はアウトドア専門メーカーのものではもったいないので、ダイソーで買って来たもの。
#相変わらず貧乏根性が抜けないようだが、敢えてここは「節約精神」と考えることにしよう(笑)。

 以前、外で調理した時には腰が痛くなってしまったので、高さが大切だと思い、今回は敢えてアウトドアスタイルでCB缶を立てて使ってみた。
 つまり、CB缶に「California Patio キャンプストーブ・ランタンのカセットガスコネクタ」「プリムスカートリッジホルダー」を追加したものである。
 「ユニフレーム・バーナーシート」「ロゴス・ ミニ膳テーブル」も初めて出して見た。

 結論としての感想は以下の通り。

◆この組合せでも意外と安定して使えた。高さはアウトドアで使用するにも丁度良い。腰への負担は少なかった。

◆このミニロースターでの肉焼きは、油がバーナーに落ちると煙が出るが、炭火焼きに比べたわけではないが焼き上がった肉も旨いし、後片付けも水で洗い流すだけ。簡単で良い。

◆最大の評価ポイントは、ガスだからなのだが、扱いが簡単でしかも火加減が自由、燃料代も(百均のCB缶なら)安い(と思う)ことである。

 今日は写真は無い。#恥ずかしくて出せない(笑)。
 代わりに、今日描いた絵がこちら。<引き上げられた舟:F8>

 引き上げられた舟:F8

 
tb: --   cm: 4

GISUKEマルチツール  


 本日は、相模原カルチャーセンター。
 町田を通過するのでVictoriaやら好日山荘やらを覗いてみた。もちろんバウルーのホットサンドメーカーを探してみたのだが、あったのはスノーピーク他のアウトドア関係のメーカーばかり。残念。

 そして最後に寄ったのが東急ハンズ。その道具売り場で「GISUKEマルチツール」というのを見つけた。以前、私が紹介したもの(このページの写真右下の「プライヤーのついたキーホルダーに付けているツール)もGISUKEのものだった。「GISUKE FIELD STYLE フォールディング マルチツール」

 そして本日買ってしまったのがこれ(笑)。こちらの方が、キーホルダーに付けるには向いている。

 140822

 しかし、実際に使ってみると、その評価は微妙。使いやすさは(バネがついていないが、長さがあって使いやすいかも)以前のもの。携帯しやすさは(ばらけないだけ)新しいもの。
 いずれにしてもこういう買い物の仕方はいけないね(^^ゞ。

 店内のGISUKEの商品を見ていると、LEATHERMANと殆ど同じような機能でも価格は大幅に差がある。
 同様な機能だった場合どちらを選ぶか…ちょっと考えさせられる。
tb: --   cm: 0

ホットサンドメーカー  


 このところあまりの暑さと絵を描かなければいけないという状況のためにすっかりポタリングとご無沙汰している。おかげで脚力の低下も感じるようになってきた。でも涼しくなるまでもう少しか。
 その代わりアウトドアの方の検討が進んでいるようだ。
 アルコールが一段落したような気分なので、今度はガス。そしてホットサンドメーカー(笑)。

 以前からYoutubeなどでソロキャンプの動画を見て知っていたし、それをお好みの用具に加えている人がいるのも知っていた。評判が良いこともわかっていた。絵を描きに行く時の昼食用に何かを作っていくのも良いかな?なんて考えてもいた。

 しかし、問題はどの製品が良いか?ダブルが良いのか、シングルが良いのか…だった。
 いろいろ見ていくうちに、大凡のメーカーがわかった。IHとガス兼用のものもあることもわかったし、アウトドア用として長い柄を畳めるSnowpeakの製品もあることもわかった。でも、いろいろ見ていくうちに、私としては、これを買うならバウルーだという気持ちが固まってきた。
 もちろんアウトドアだけで使うことを考えているわけではない。
 これらを見ると、なかなか楽しいと思いませんか?(笑) もちろんすでに愛用している人々は十分わかっていることでしょうけど…。

 140822 140822

 シングルかダブルか?はかなり迷う。#実は今でも迷っている。
 両方持っている人もいるが、私はとりあえずどちらかにしたいと思っている。

 柔軟性・汎用性、具材タップリ、6枚切りでも…というならシングル。但し、端部の圧着は弱い。
 小分けでそれぞれを楽しむというならダブル。端部の圧着も強い。
 但し、いずれも長いアームは(リベットをグラインダーで外して取り外しできるようにした人もいるけど…)折りたためない。

 どちらかと言えばシングルかなぁ…。
 こちらが絶対お薦め…という方はいないでしょうかねぇ(^^ゞ。
tb: --   cm: 0

SPチタンマグとトランギア・アルコールストーブのセット  


 とりあえず絵の画像を送信したのでひと安心。標記のセットを考えてみた。

 こちらはもう少し本格的に使えるようにしたいということで、トランギア・アルコールストーブをメインとするものである。
 丁度、セリアのブリキ缶に収まった。しかしちょっと湯を沸かすだけならトランギアは不経済なので、手作りストーブも入れたくなった(笑)。もちろんコーヒーや紅茶を代わりに入れることもできる。
 風防はセリア缶に巻き付けた。今度は「のどごし生」である(笑)。
 ポットはSP450とSP600である。蓋は缶詰めを加工して作っている。
 蓋のつまみは磁石なので、セリア缶の蓋ウラにくっつけておけば、全部を収納した際、SP600の缶詰め缶の蓋も吸着してくれるからガタガタ暴れることはない。
#セリア缶の使い方はこんな感じで固まってきたようだ。ダイソーのオイル缶はまだ使い道が見えていない。

 140820 140820
 140820

 風防にはまだ穴を空けていない。
 多分、それほど空気の取り入れを考慮する必要はないのではないかと思っているが、これは状況を見ながら考えよう。

 140820 140820

 もし、出先でラーメンなどを作りたい場合には、SP600ではちょっと厳しいので、SPトレック900やSoloPot(900cc)があると良い。これにももちろん余裕を持って入れることができる。
 もちろん燃料のアルコールはこの中に入れるのは苦しいので、トランギアのマルチフューエルボトルに任せることになる。
#さすがに「のどごし生」の風防では900ccポットで使うのは無理だった(笑)。
#もう一つ継ぎ足せるようにして作ってしまおうかな?クリップで継ぎ足すだけなんだから…(笑)。


 140820 140820

*     *     *     *     *

 これにメスティン+ポケットストーブのセットがあればご飯もOK。
 恐らく最もシンプルなクッキングセットになるんじゃないだろうか?

 考えてみれば随分余計なものを買っている。
 いろいろ経験してみなければ本質には近づけないということだし、シンプルなだけでは満足できないのも人間だから仕方ないか(笑)。
 それにシンプルライフには余程強い意志もなければ…と言うこともあるかな?(笑)。
tb: --   cm: 0

一枚目の絵、何とか送信  


 昨日、一応絵があがったので、絵はがき用に送信する予定だったが、外に出て「いざ撮影!」と思ったらスイッチが入らない。最近、あまり使っていなかったせいか電池切れを起こしていた(^^ゞ。
 改めて本日撮影して担当者に画像データを送信。展覧会当日、絵はがきになっているらしい。担当者の方々は大変だ。
 さて、これからもう一枚同じサイズを描かなくちゃ。

 140820

 この画像は(ここでのみ)本邦初公開!(笑) 画像は実際より暗めになっています。
 ちなみにこれはF60(1303×970mm)というサイズです。

 このところPCの具合がおかしかった。挙動不審なのである。
 文字入力しようとすると異常が発生するような気がしたので、FEPが悪いのかも…と考えてATOK8を入れ替えてみたが状況は変わらない。どうやらキーボードがわるかったらしい。机下の使っていないXPのキーボードに変えてみたら無事に動く。このキーボードはELICOMの小型キーボードTK-UP84CPBKという安いもの。もう何年か使っているから寿命なのかも。
 買うとすれば次も小型。何が良いかな?
tb: --   cm: 4

100均で作ったULTS  


 ダイソーで調理用品を探していたら、ステンレスマグカップが見つかった。今まで店員に聞いてもなかった品物である。大きさは350ccと450cc。本当は500ccが欲しかったのだが、まあこれでも間に合うかも…と買って来た。
#参考:「昨日から明日へと続く今日」りるびわ~くすさんの「ダイソー500マグ」

 どうしてくれようかと考えたが、やはりULTSを作ってみようと思った。そしてできたのがこんなもの。もちろんスティックコーヒーなどを使う場合には450ccのもの一つでも間に合うわけだが、私の場合にはスティックものはあまり使わないので最低でも2つは欲しい。
 350ccの方は取っ手をやめて450ccの中に入れるようにした。手で持つところには、洗いにくいけどまあいいや…と麻紐を巻いてみた。
 こういう風に扱えば、蓋はシリコンのもので良さそうだ。
 取っ手についている金具は壊さない限り外せないが、移動自由だから必要に応じて動かせば良い。いつもは下に、ザックなどに引っかける時は上に…である(笑)。

 140819 140819

 チタンマグも良いけど、手軽に試してみるにも最適なお気軽セットになった。しかもこちらの方が高級感が漂う…?(笑)

 チタンマグの方はトランギア用にでもしてみようかな?…ボソ。

*     *     *     *     *

 60号の絵が描き上がったので、写真を撮ろうと思って準備をしたのだが電池が切れていた(^^ゞ。でも改めて外で離れて見ると結構良いかも(笑)。
 あともう一枚頑張らなくては…。
tb: --   cm: 2

多機能ナイフの数々  


 絵を描き終わるまで落ち着いて走ることができそうもないので、ちょっと気晴らしに、今私が持っているナイフをチェックしてみた。

 140817

 左から
◆Victorinox風チャンピオン風(ノーブランド)
 以前、Victornoxのチャンピオンクラスのナイフを持っていたのだが、どこかに紛失してしまった。口惜しい。
 その代わり、とある偶然で入手したもの。精度が悪そうだが一応使える。小さな虫眼鏡やプライヤーまで入っている。しかし入手した経緯が経緯だけに愛着がわかず、なかなか使う気になれない。

◆VictorinoxラックサックNL
 先日、銀座でたまたまVictorinoxの店を見つけたので購入したもの。アウトドア用としてナイフを中心に購入したものなので、かなり使いやすい。ナイフの長さも重要だと改めて感じた。これは愛用の品になりそう。

◆GERBER MULTI-PRIER600?
 昔、どこかの店で見つけて衝動的に買ったもの。GERBERとあったので調べてみたら、どうやらMULTI-PRIER600というものに一番近いような気がする。ナイフの形がちょっと違っている。私のは旧式なのかもしれない。握って一降りすればプライヤーが使えるのでとても便利なのだが、ちょっと重くて(200g)持ち歩く気になかなかなれない。

◆ノーブランドの多機能ナイフ
 どこで見つけて買ったのか、全く記憶がない。衝動的に買ったのに間違いはない。
 この光沢や、LEDライト・ハサミがついているのが気に入ったのかもしれない。でも今まで出番がない。

◆VictorinoxスイスカードT
 これは海外旅行の際に見つけて衝動的に買ったもの。何しろこういうタイプは大好きだから…(笑)。
 時たま財布の中に入っている。

◆Victorinoxミニチャンプ AL
 これもどこで買ったものか…。どうせ衝動的に買ったんだろう(笑)。
 キーホルダーにつけているので出番は時々ある。

◆ミニプライヤー他(ブランド不明)
 東急ハンズで買ったもの。一応マルチ機能である。小さなナイフもついているが殆ど刃がない。
 アルコールストーブを使う時のために、いつでも使えるプライヤーが欲しくて買ったのだが、チェーンの取り付け位置が悪いので、そのままだと勝手に開いてしまうのが難点。

*     *     *     *     *

 ネットを見ると、LEATHERMANのものがやたらに引っかかってくるような気がする。
 私は持っていないが、今、これを持つとしたら…ということで、少し考えてみた。
 
 最も魅力的だと思ったのが自転車などで使えそうな「Skeletool」。もちろん「Bit Kit」も欲しくなるに決まっている(笑)。
 でもこれは当分…というか、買うつもりはない。もう私の生活には必要なさそうだから…。
 それにしてもAmazonは安いですねぇ。

 140818

 このブログに来て下さっている方々、自転車用にいかがでしょうか?もう少し多機能なWaveというものもありますよ(笑)。もちろん買う時はこちらの方が安いですけど…。

 見ていくうちに、こんなもの「P.​ LANG​/P.​ ラング​ 作​ ドイツの​マイスター​が作った1​0​0​徳ナイフ」も見つけました。驚きです。
 まさかこんなのを持ち歩く人はそうはいないでしょうけど…(笑)。
tb: --   cm: 0

買い物ポタ…7.2Km  


 今日も暑くなりそうだ。
 起床して昨日の絵を撮影。昨日はFacebookで一時的にアカウント停止になってしまったのを回復するので余計な回り道をしたために絵の方はあまり進まなかった。今はこんな感じになっている。

 140813

 まずは、午前中に買い物。
 ただの買い物の往復ではつまらないので、ポン太で回り道をしながら買い物。今日は7.23Km。ポン太はポン太でなかなか良い自転車だと思う。もう少しサドルを高くしても良いかな?
 今日は先日購入した1080円のリュックが一杯になった。

 絵の合間にネットを見ているとついつい余計なものをポチってしまう。
 Youtuede使っているのを見てて欲しくなった「トランギア・フューエルボトル300ml」。私の場合、これで十分だろう。これ以上の容量が欲しかったら購入したままのボトルを持参すれば良いんだから…。

 140813

*     *     *     *     *

 こんなボトルに2500円か~と思わないでもなかったが、届いて使ってみたら予想以上に使いやすい。それに何となく格好が良い(笑)。
 こちらのページでその使い勝手を書いているので関心のある方はご覧下さい!
tb: --   cm: 0

Bromptonへのザックの背負わせ方  


 いよいよ待ったなしになってきたので絵を描いている。
 そして、今日はその合間の気晴らしにこんなことを…。

 あり合わせの材料でこんなものを作ってみた。

 140811

 これがサドル下にこんな風に入る。
#中央部の木材を重ねた部分が、サドルのフレームの間にしっかり入って動きません。
 こうやってリュック(ザック)をひっかければ、背中でなくても背負うことができる。これならお尻も痛くならないで済む。

 140811 140811

 これで、フロントのT-bag(30リットル)と合わせて合計60リットル分の容量を確保できるというわけ。
 先日も、本当はこうやって行きたかったのだが準備不足のままスタートしてしまっていた。

*     *     *     *     *

 あれから、絵も多少進んで、「ザック掛け棒」の方も少し進化。
 これなら、特別な工夫をしなくてもザックが外れる心配はしなくて済むだろう。サドルの下にもかろうじて入る。

 140611
tb: --   cm: 2

「水出しコーヒー」なかなか美味しい  


 今日は台風11号の影響で、強い風雨がランダムに発生する蒸し暑い天気になっている。

 私は毎日、少なくとも300cc以上のコーヒーを飲んでいるが、先日来、ネットでアウトドア関係の動画を見ていて、「専用道具要らずの水出しコーヒーの作り方」というページを見つけた。 ユニフレーム(UNIFLAME) コーヒーバネットgrande(グランデ)を買ったのは、そんな情報が後押しをしている面もある。

 

 昨夜900ccほど作っておいたが、なかなか美味い。
 しかも600cc分の豆でコーヒー900ccが作れるんだから経済的でもある(笑)。

 特別な道具も手間も不要で、美味いんですから申し分ありません。お薦めです。
tb: --   cm: 0

ポケットストーブの「風防」を作ってみた  


 やらなければならない仕事があると、ついつい他のこともしてみたくなる。これは学生の頃からの性格的なものもあるんだろう(笑)。

 ポケットストーブの動画を見ていると、アルミホイルなどで風防を作っている人を見かけたり、間に何かを挟んで風防にしている人も見かけた。確かに風防があるとポケットストーブもより安定して使うことができる。
 そこで、本日は、手慣れたものでビール缶をカットしてポケットストーブの風防を作ってみた。

◆開いた状態(メスティンなどを使う場合)

 140808 140808
注:この場合のみ強風に対してやや弱い。一部だけでもメスティンの底部に触れるよう凸部を作った方が良いかもしれない。いずれにしても作り直すのは簡単だから使用してみて考えれば良い。

◆半閉じの状態(ポットなどを使う場合)

 140808 140808

 結構良くできているのではないか?と思っていたら、似たようなことを考える人は沢山いるもので…。それにしてもこんなにあるとは思わなかった(笑)。
 そうか、こちらのようにスリットを入れてやれば安定するわけだ。

*     *     *     *     *


 風防そのものは、安定して使えることを優先して長めにしているためポケットストーブの中に入れるには無理がある。しかし、厚さがないからどこにでも収納できるだろう。
 ビール缶の底は付随してできてしまったもの。固形燃料トレイにでも使うことができるだろう。

 140808

 もちろん、メスティンの中には、燃料、ライター等も余裕を持って入れることができる。

 140808

 今までの経験では、アルコール(または固形燃料)でご飯を炊く場合には、このセットが絶対お薦めと思っている。燃料さえ注意すれば、途中の火加減は気にすることもなく放置したままでご飯が炊けてしまうんだから…。私が、こうした最も簡易なアルコールストーブまたは固形燃料にこだわっているのは、火力が弱いために放置炊飯ができるからである。
#様々なページで「蒸らす場合に飯ごうをひっくり返す必要はない」という記事を見ることができる。これを信頼すれば、蒸らす時間も含めて放置していて良いということになる。

 但し、あまりにも原始的なイメージがつきまとうため、何となくスマート感に欠けるのが難点か(笑)。



 やはり気になるのでやってしまった。
 左右を少しカットして、下部に噛み合わせるためのスリットを入れた(左写真)。
 こんな感じに(右写真)風防を固定することができる。

 140809 140809

 そして、このままポケットストーブ内に収まった。

 140809

*     *     *     *     *

 ちなみに私はEsbitの固形燃料は好きではありません。割れてしまったり、使用後の汚れがいやなのです。
 これを使う時には、100均などでの市販の固形燃料あるいは、アルコールストーブということになるでしょう。

 ところが新たな問題も…。
 この風防を使うと、内部が熱くなりすぎてアルコールが盛大に燃えます。つまり火力が強くなりすぎ、燃焼時間が短くなります。ご飯を炊くには好条件とは言えなくなってしまうのです(^^ゞ。
 ご飯を炊くには外側に風防をおいた方が良さそうです。なかなかうまくいかないものです。
tb: --   cm: 2

フライパンの蓋兼皿  


 先日ご紹介したエバニュー・チタンフライパン18セラミックの蓋が欲しいものだと思っていたが、注文しておいたスノーピーク(snow peak) トレックチタンプレート が届いた。
 たまたま食器類は持っていなかったので、皿があるのも何かと便利だと考えたこともある。

 フライパンと同じ19cm(実測)なので蓋にするとこうなる。

 140806

 蓋のつまみは冷蔵庫の扉にくっついていた磁石。反対側は缶詰めの底をカットしたもの。
 これでフライパンにも「蓋」ができた(笑)。

140806

 同じサイズというのはスタッキングにも都合が良い。もうちょっとだけ小さくても良かったんだけど…。
#今、改めて見れば「スノーピーク(snow peak) SPテーブルウエア プレートM TW-033」こういうのもあった。こちらは189φだから中途半端に大きすぎるかもね。

140806

*     *     *     *     *

 試しにダイソーで18cmサイズの皿を買ってみた。
 こちらの方が大きさとしてはピッタリだった(^^ゞ。108円と1512円。う~ん複雑な気分(笑)。
 でもまあ皿が2つあっても悪くない。何かと使い道はあるだろう。

 140807
tb: --   cm: 0

「ガイアの夜明け」驚きの進化を続ける!〝道の駅〝  


 最近、TV番組は限られたものしか見ないが、この番組は関心のあるものだけ時々見る。今回は「驚きの進化を続ける!〝道の駅〝」。録画してあったものを見た。
 中頃からは、サイクリスト、しかも海外からのサイクリストをいかに取り込むか?というしまなみ海道の道の駅の話し。

 台湾での自転車専用列車の普及などを見ると、日本の交通機関の考え方の貧しさを感じざるを得ない。
 これほどまでに管理され慣らされてしまった日本で、自転車文化がより自由になっていくものだろうか?
 これから人口減少が進み乗客数も減少していけばやむを得ずそう変わっていくのだろうか?あるいは移民や外国人労働者を増やして相変わらずのままなんだろうか?

 なんて、たまにはシビアなことを言ってみる…(笑)。
tb: --   cm: 0

このブログに関連して  


 いつの間にか、ブログ記事の表示がダブるようになっていたのですが、それを何とかしたいと思っていたのを本日ようやく手をつけました。htmlの編集をエディターでして戻す時、間違ってコピー操作をダブってしまっていたようです。

 手直しついでに私のWeb生活の状況をちょっとだけ自己紹介させていただきます。

*     *     *     *     *

 パソコン生活もすでに30年近くになります。
 仕事中は「お道具マン」とか「動く事務所」と呼ばれたりもしていました。このページからもそうした私の性向を推察できるかもしれません(笑)。
 ブログを始めたのは2003年くらいからでしょうか?

 仕事が暇になってから絵を描くようになり、ブログ「風景画の部屋」を立ち上げていたのですが、その後、Brompton購入を契機に、こちらの「ポタポタ時々記」を立ち上げました。結果的には、こちらは完全に趣味の生活記録…なので話題もいろいろです。それに、こちらのページは知人にはほとんど教えていないし、特に広く知っていただこうという考えもないので、私自身も気楽に書いています。
 アウトドア生活は、これからも何が起こるかわからないことを覚悟しての「防災・避難対策」という視点もあったのですが、最近、その比重が多くなっているのは、絵描き生活、自転車生活と密接に関係する部分もあるとはいえ、私がもともと持っていた道具好きという部分にピッタリ嵌ってしまったからでしょう。これほど楽しいものはそうそうありません(笑)。
 自転車もアウトドアも、その道に詳しい方からすればお笑いものでしょうが、いずれも自己満足でやっていること、まあ温かい目で見てやって下さい(笑)。

 お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、「風景画の部屋」の方は今や私の「仕事のページ」でもあり、プライベート生活・趣味に関しては殆ど書いていません。
#そちらに、このページのリンクをリンクしていない理由でもあります。

 2011年、東日本大震災、福島第一原発の事故が起きたのを契機に、不本意ながらツイッターまで始めることになりました。これまで、それに関するブログもいくつか書いていたのですが、今はFacebookのみで私の日頃の思いをぶちまけています。
 積極的には公開していませんが重要な内容も多いと思います。皆さんにも、是非こうした問題にも関心を持っていただきたいものだと思っています。
 これからの日本は否応なく大きく変わっていきます。無関心ではダメです。
tb: --   cm: 0

Brompton修理なったか?  


 先日CYCLETECH-IKDに発注した部品類。当日が定休日で翌日が担当者が休暇とかで、ちょっと手続きが遅れたが昨日到着。
 早速いじってみた。

 「Lower Stop Disc Set」の方は、説明書が不十分で要領を得ない。先日の写真を見ながらなんとか取り付けたが変形ワッシャー?が一つ余った(笑)。
 また脱落なんてのはいやなので、接着剤で一部固定した(笑)。
#右写真は全く見えませんね(笑)。

 140804 140804

 「Wire-Form Bracket & Fittings for Halogen Lamp」を台座としたライトの方は、取り付け方法が不明…というより、もともと合わないことはわかっていた。しかもライトの角度ももっと前傾させなければならなかった。

#台座はこちらを選択すべきだったようだ。
 150626


 これらを全て木製の部材で解決して、何とか取り付けた。これがダメならライトごと廃棄処分にするしかないかも(笑)。

 140804

 変速機(ディレイラー)の調整もよくわからないまま何とかやり終えた。
 このまま順調に動いてくれるだろうか…?
tb: --   cm: 0

そろそろマスターしてきたかな?アルコールストーブ  


 今日も暑い。
 外に出る気になれないでこのところ家に籠もっている感じ。そろそろ展覧会用の絵を描かないといけない。気分は少し切羽詰まってきている。

 そんな中で、ただ食事を作るだけではつまらないので、アルコールストーブでやってみた。

 まず、ご飯。これはもう慣れて失敗もない。
 一番簡単なのがこれ。
 Esbitのポケットストーブに自作(ウコンの力と内部はカーボンフェルトのハギレを使用)のアルコールストーブ。これに30ccほどアルコールが入る。これでご飯が1.5合が完璧に炊ける。
#Esbitの固形燃料はやってみたが何となく火力も弱そうだし、そもそも壊れやすいので私はあまり使わない。
#100均で買った防災用の固形燃料25gでも炊くことはできる。ただ外は風があるので25gで1.5合はちょっと不安かも。

 蒸らし時間が20分ほど欲しいので、その間に別料理をすれば良い。
#カレーなどのレトルト食品で済ますつもりなら、このポケットストーブとSP600くらいがあれば十分だろう。これが食事の最小セットかもしれない。
#ラーメン(カップラーメンじゃなく)をやりたいとなると野菜も入れたくなるから1000ccの容量のポットは欲しくなるだろうと思う。


 140802 140802

 これで汁物・鍋物をするにはアルコール量が不足するのと、火力が物足りないので、トランギアのアルコールストーブ。より安定感も欲しいのでこの五徳とのセット。恐らく実用的に使える最軽量のセットだと思う。
#外では風防が不可欠だと考えておく必要がある。
 今日は、具だくさんの味噌汁と肉野菜炒め。使ったのはSoloStobeのポットとエバニュー・チタンフライパン18セラミック ECA442。チタンのフライパンは熱の分布が不均一になりやすく焦げやすいので注意だということだが、やや弱火で使うことと、様子を見ながら水分を補給して蒸し気味に炒めると良さそうだ。良い蓋が欲しいかも。
 このフライパンにはちょっと慣れが必要だ。

 140802 エバニューのアルコールバーナー用チタン十字ゴトク
 140802 140802

 いずれにしても,アルコール燃料の最小セットはこのあたりになると思う。
 あとは時々に応じて、いろいろな楽しみに対応したものを考えていけば良いわけだ。

 これ以上のことを、アルコールストーブでしようとすると、自立し安定した五徳を使うか、風防を兼ねたウッドストーブのようなものと共に使うことをお薦めする。ネットにもさまざまなものが紹介されている。
 SoloStobeVARGOのチタニウム ヘキサゴンウッドストーブなどが代表的と思う。
 その他こんなものもある。VARGO(バーゴ) チタニウム ファイヤーボックスグリル ストーブ ファイヤーグリル 焚き火台 バーベキュー チタンエンバーリットストーブ(チタン製、ステンレス製が有り)。
 しかし、これらストーブはまだまだ魅力的なものが沢山あって目移りしてしまう。じっくり選ぶと良いでしょう。
 

*     *     *     *     *

 ついでながら、飲み物専用のセットの可能性について…ということで、今の私の感想を書いてみます。何かの参考になれば幸いです。

◆先日セリアで購入したブリキ缶セットの例
 このブリキ缶は大きさがちょうどSP(Snowpeak)300cc程度。
 それにこれだけ入ります。念のため、アルコールストーブは2種。燃料は全部で50ccほど。
 湯沸かしポットはSP600以上が欲しいところですが、軽くしようと思えばSP450で行けるでしょう。

 140802 140802
 140802

◆本格的にアルコールストーブを使いたい場合
 五徳を自作している人もいろいろいますが、自作を全く考えていない最初の頃にこれ「ジェイモ(JMO) デュアルヒート(DUAL-HEAT)専用五徳」を買っていました。これならSP300にもスッポリ入ります。
 アルコールストーブもSP300にこんな感じで入りますのでなかなか使えます。但し、トランギアのアルコールストーブは炎が広がるので、右写真で並べたSP450でも恐らく炎に包まれることになるでしょう。
 ポットはより底部が大きなものが欲しくなると思います。
 いすれにしてもこの形では不安定なので、あくまでもお湯を沸かすだけ限定にしておいた方が無難かもしれません。

 140802 140802
tb: --   cm: 0

「ソロキャンプ」Youtubeの例  


 今日も暑い。こんな日は家の中でのんびり。

 Youtubeを見ていたらちょっと関心を呼ぶものがあった。
 それがこれ「岩倉ダムキャンプ場 まさかのソロキャンプ(その1)(その2)(その3)」
 売木村は私の田舎の近く。何となく親近感を感じる。
 この人は2回目のキャンプとか。なんかモタモタしている感じが良い。いろいろ共感させられたり身につまされるところも…(笑)。淡々と語っているところが良いよね(笑)。
 この人は都会育ちなのかな?虫が弱いのによくまあキャンプなんて…とも思うけど、私だって、この歳にしてよくまあ…なんて言われたら返す言葉もない(笑)。でもまあ私の方が多分どこでも眠れるとかいうのは鍛えられていそうだから…(笑)。
 この人はバイクツーリング。私の場合は自転車だから、遠方狙いで乗り物利用で行く方が有利かな?帰り道は自転車で下ってこよう(笑)。

 内容的には↓「その2」が一番面白いかも。
 
 

*     *     *     *     *

 見ていたら、「初めてのソロキャンプ in 陣馬形山(1~4)」なんてのもあった。
#ここは中川村か。なんだ隣村のようなところじゃないか(笑)。
 同じようなテントだと思っていたら、なんと同じ人のYoutube報告だった。参考のため。(その2)だけご紹介。

 

 ただでさえ忙しいのに、撮影もなかなか大変そうだ。
 Laylack Silvermanさん なかなか良いよね。

 私もバイクが欲しくなるかなぁ(笑)。
tb: --   cm: 2