ポタポタ時々記

自転車を中心とするスロー・ライフや時々の買い物記録などです。

自転車生活4年目まとめ   


 今年はさらにあっという間の1年だった。

 年末の衆院選、それまでも私の危機感はとても強かったが、ますます危機が高まったようだ。国民はアベノミクスなどという大ウソを信じているのだろうか?不正選挙の影響もあるのだろうが、この国はトコトンまで落ちないと目覚めないようである。いや落ちてもダメかもしれないと思うのは、戦後以後のことを見ていても目覚めない国民があまりにも多すぎるからである。
 しかし、それに対する思いは別のブログに任せておくことにしよう。ここは自転車の話題である。

<ロボ太>
 もう丸10年以上たつのか。
 サイコンも使っていないが例年より明らかに走行距離は少ないと思う。ざっと年間400Kmほどだと見ておこう。 唯一の問題である、シートポストがすぐに最下段に落ちてしまう点については、とうとう解決できないままである。

<ブロ太>(Brompton)
 もう丸4年になるのか…。ちょっと感慨深い
 もう殆どいじらないままになっている。最近は、買い物とかテニスとかで輪行はますます使用頻度が減った。特に夏の暑い時、相模川沿岸を走って以来輪行はしていないかもしれない。
 2014年末のサイコンは総走行距離 1159.5Km(+1,406Km)。昨年末が743.7Km(+1,406Km)だから415.8Km走ったことになる。概ね昨年並みである。
 もっと少ないと思っていた。これは意外である。

<ポン太>(DAHON DashX20)
 ポン太にもこれまで3年半乗ったことになるのか。これも結構なつき合いになった。
 こちらも、とりあえずということでブロ太のサドルに交換してからあまり手を入れていない。
 サイコンの数値は、1738.4Km。昨年末が1539.4Kmとなっているので、今年は199Km程走ったことになる。昨年は428Kmだから半分以下になってしまった。
 
<カン太>(TREK Domane4.3)
 昨年、2013年の6月末に購入しているからちょうど1年半になる。
 こちらはGarminConnectによれば、この1年間で746.85Kmということになる。昨年半年で走った約827Kmより少ないことになる。
 
 これら4台の自転車で走った総合計距離は約1761Kmとなった。昨年の走行距離2150Kmを考えると、思ったより走っていて少し安心した(笑)。

 今年走ったルートはこんな感じになった。

 141231

 輪行は減ったし、長距離も昨年より減ったような気がするのが残念。
 相変わらずカン太での輪行体制は整っていないし、FreedomeCityの出番もなかった。ポン太のサドルもそのままだった。

*     *     *     *     *

 2月頃、ネットでケリーケトルというものを知ってから何故か私の胸が騒いだ。絵を描くのに何となく一人でゆったりした時間を過ごしたいと思うようになったんだろうか?(防災用品の一環というつもりもあるんだけど…)急にアウトドア生活に目覚めてしまった。そのため、今年1年間で関心の赴くままいろいろな機器を揃えることになったのだが、お道具マンの私にはこれが結構面白かった。
 今はほぼ必要(以上)のものが揃ったので、後は実践あるのみ(笑)。
 
 今年、自転車生活が低調だったのは、こちらの比重が高くなったことも大きく影響している。

 これからは自転車で気ままに絵を描きに行き、時にはキャンプしながら…なんて生活を夢想しているが、どこまで実践できるだろうか?
tb: --   cm: 0

柏尾川ポタ…カン太15.5Km  


 今日は良い天気。明日はちょっと崩れそうなので走るなら今の内、ということでポタリング。今日は昨日のバッグやらのお試しもあった。

 まず向かったのはちょっとコーヒー休憩も含めて柏尾川。まあ休憩が必要なほどじゃないけど…(笑)。

 今日は夕陽を受けるここに決めよう。なかなか良い感じである。

 141228

 下に下りてみるとこんな感じ。少し遠慮がちに座った。

 141228 141228
 141228 鴨も遊んでいる。

 141228 自転車はこんなところを下りて川岸に出た。

 バッグはこんな感じ。上部にオプションのマップケースを置くようマジックテープが縫い付けられていたので、iPadMiniを付けてみた。本日は様子を見るだけだったがこれなら使いやすそうだ。
 141228
 サドル側から見たところ。黄色のポッチを回転させてバッグを固定・開放する。リクセンカウルの方がスマートかな?
 141228
 フロントライトは今までの物が使えなくなったので、ポン太の物をこんなところに取り付けた。苦肉の設置場所である。
#その後、バッグを使うときはバッグにライトを設置するように変更した。
 141228

 今日のティーセットはこんな感じ。AromaxStoveにしてみた。しばしのんびりした。
 Aromax用五徳はこんな感じになった(右写真)。

 141228 141228

 その後は、いつもと違うルートを走って帰った。

141228map 141228garmin
距離: 15.51 km
タイム: 1:09:02
平均スピード: 13.5 km/h
高度上昇量: 130 m
カロリー: 404 C
平均気温: 13.6 °C

tb: --   cm: 0

ミニ缶アルコールストーブ  


 昨日は相模原のカルチャースクール。
 実は、乗り換え駅町田・東急ハンズでこんなものを買って来ていました。

 141227

 そして、セリアで買ったアルミ缶でこんなものを作ってみました。「ミニ缶アルコールストーブ」とでも呼んでおきましょうか?(笑)

 141227 141227

 実はこれ、時々覗かせていただいているブログ「OLD-NEW」のdadmoriさんのところで知ったアルミ缶で作ってみたもの。dadmoriさんのように手の混んだものは無理としても、この程度なら以前にもニベア缶などで作っていました(この後、5月にも…)ので手慣れたものです。
 これは蓋の密閉度が高そうなので、アルコールを入れたまま持ち運びができそうで、実験の結果では300ccの湯を2杯ほど作れそうな感じでした。これならULTSを作るのに好都合かもしれませんね。自転車で走ってひと休み…なんて時には最適かもしれません。

 但し、安定感はギリギリ。左が「スノーピーク・チタンシングルマグ 600」、右が「FREELIGHT Titanium 550 CookPot / チタン 550 クックポット」です。
 これだったらもうひとサイズ小さくても良さそうですね。例えば、SP450で湯を沸かしてそのままスティック飲料で…という感じでしょうか?
 ひと吹きで消火できますので、燃料の無駄使いがありません(笑)。

 141227 141227

 こんな感じでアルコールが燃えるだけですので、火力は強くはありません。風防は必須ですが、まあ実用には耐えます。
 もちろん固形燃料でも使うことができます(Esbitなら十分ですが、百均のものは縁(ヘリ)が邪魔になります)。

 141227
tb: --   cm: 2

「OSTRICHフロントバッグ F-201K」到着  


 自転車付けのバッグは少し混迷状態である。
 一時期はリュック主体でも良いか…と割り切ったつもりだったが、カメラの扱いにはいつも困っているのは確かである。

 先日購入した「パスファインダー チェストバッグ」、リュックを背負った時はそれなりに役だってくれることがわかった。そして、京都でこれを利用してみたら、やっぱり自転車でも一眼レフを持ちたいと思うようになってしまった(苦笑)。
 軽い小さなカメラならこれでも何とかなりそうな気がするが、自転車に乗って一眼レフを身につけるのはやはりしんどそうだ。

 そんな折り、どなたかのブログでこれを購入したという情報があった。なかなか良さそうなので早速購入してみた。
 簡単にレビューをしてみよう。
◆取り付け器具付きのバッグでこの価格はかなりコストパフォーマンスが良いと思う。
◆但し、取り付け器具はRIXEN&KAULと似たような構造のものだが、RIXEN&KAULとは互換性がない。ややチープさを感じるがまあしっかりはしている。
◆封筒状の開口部とは別に、ライダー側にファスナーがあり、そこから内部のものが出し入れできるようになっている。これば便利かもしれない。

 141227

 ところが、何としたこと。9リットルの「F-203K」を頼んだつもりだったのに、届いたのは6リットルの「F-201K」。物を入れようとしたら思ったより小さいのでおかしいなぁと思ってはいたのだが、今確認してみたら、間違って注文してしまっていたようだ(;_;)。
 でもまあこのバッグの良いところは封筒状の開口部。こうした柔軟性はBromptonのTバッグでも経験したところで、このバッグ選定の大きな理由なので、これでも使えないことはなさそう。そして、入れたいものを入れて見ると結構な重さ。小で間に合うならその方が良いに決まっている。とりあえずこれを使ってみることにしよう。
 
 ところが、これを使うに際してのもう一つの問題点は(最初からわかっていたことだが)ライトと干渉してしまうということだ。
 私の自転車には、大抵の場合、①サイコン、②GPS、③ライトの3つを取り付けている(多すぎるという話しがない訳じゃないが、ここでは突っ込まないで下さい(笑))。これらと調整しながらバッグの取り付け器具を配置し、さらにライトはバッグに邪魔されないところを探さないといけない。
 そんなわけで、いろいろやってみて何とか治まった。
 本当は写真を紹介したいところだが、今は部屋の中がガチャガチャ。取り付け結果の画像は後日としよう。

 今まで、カン太で使っていたバッグは、ポン太の方で使うことになった。

#このバッグの詳細はこちらをご覧下さい。
tb: --   cm: 0

大船散ポタ…カン太21.5Km  


 今日も良い天気。自転車に乗るなら今日ぐらいしかない…と出かけて来た。
 今日はふと大船の仲町商店街を見てみようと思い立った。しかしそこまではいつものコースである。

 141224 いつもの長屋門からいたち川へ
 141224 141224
 141224 141224
 141224 141224
 141224
 
 おっ!この場所もティータイムを過ごすのに良いかも!(笑)
 ULTSを持って来れば良かった。こんな場所があるのをすっかり忘れていた。

 141224 141224

 そして大船。仲町商店街はちょっと期待はずれ。

 141224 141224

141224garmin
距離: 21.54 km
タイム: 1:31:13
平均スピード: 14.2 km/h
高度上昇量: 150 m
カロリー: 525 C
平均気温: 15.9 °C
tb: --   cm: 0

くじ運、以外と悪くないかも(*^_^*)  


 昔から、くじ運は全くないと思っていたのですが…。

 リンクさせていただいている「昨日から明日へと続く今日」(りるびわ~くすさん)のブログで20万アクセス記念のプレゼント企画をされているのに気づいたのが今月の初め頃でしょうか。
 残念ながら20万アクセス日を当てるというズバリ賞には数日外れてしまいましたが、20万カウントを射止めるという好運に恵まれることができました(*^_^*)。先日は、区民文化センターの多目的スペースの抽選には1位の選択権を得たこともありますし、最近、くじ運が少し強くなってきたのかもしれません(^^ゞ。
 この運が来年も続いてくれると良いのですが…。

 ところで、年末の24日(水)~1月6日(火)まで、横浜そごう9F、ギャラリー・ダダにて、私も参加している展覧会が行われます

 絵に関心をお持ちの方は、たまたまそごうに足を運ばれた方、是非ご覧下さいますように…。
tb: --   cm: 0

舞岡コーナン…カン太20.7Km  


 ちょっと雲が多かったが、今日は天気が良いので目的もなくポタリングに出ることにした。
 大船方面はあまり楽しいところがないので、今日も舞岡公園からスタート。

 141221 141221
 141221 141221
 141221 141221

 ところが公園を出ようとしたらちょっとしたトラブル。ロックが開かない。数字合わせのシリンダー錠?だったのだがどうしても記憶していた数字では開かないのだ。しばらくしてジタバタして、おかしいなぁと思いながら記憶にある別の数字を入れてみたらすんなり開いた(笑)。いくつかあるロックの番号そのものは携帯にメモしてあるので忘れることはないのだが…。ロックは、ロボ太のものと同じデザインのものだったので、すっかりそれだと勘違いしていた。情けないねぇ(苦笑)。
 公園を出た後は周辺をブラブラしながら、途中、八百屋さんで買い物をしながら、いつもの柏尾川と阿久和川の合流地点へ。

 141221 141221
 141221 141221

 今日は急がないのでテニスコートに回ってみることにした。ついでに新しいコーナンに寄ってみよう。
 テニスコートでは、KRB氏やらTKG氏やらがゲームをしていた。少し声を交わしてコーナンへ。そう言えば随分長い間このコートにはご無沙汰している。
 近いうちにこちらのテニスも再開するかな?

 特に急ぐわけでもなく、マイペースで走ったので気持ちのいいポタリングだった。
 特に気負いもなく、自転車が自然に私の生活の一部になってきているような気がする。

141221garmin
距離: 20.74 km
タイム: 1:52:05
平均スピード: 11.1 km/h
高度上昇量: 188 m
カロリー: 523 C
平均気温: 16.9 °C
tb: --   cm: 0

京都に行って来ました  


 絵の取材旅行ということで京都に行って来ました。自転車は無しです。
 めぼしいところでは、三千院、宝泉院そして上賀茂神社周辺…ということになりましょうか?

 その時の写真を使って、教室では同じ風景を描くことにしました。上賀茂社家町(上賀茂神社神官の居住地区)です(こんなページもありました)
 そして描いたのがこちら。

 京都に行って来ました


 そうそう、先日紹介した「パスファインダー チェストバッグ」はバッチリ。十分活躍してくれました。両手がフリーになるというのは何と素晴らしいことでしょう。
tb: --   cm: 0

舞岡シマホポタ…カン太16.2Km  


 今日は良い天気。しかし爆弾低気圧とかで北海道の方は大変らしい。こちらもやけに風が強い。

 しかし、家に籠もってばかりでもまずい…と、シマホまで買い物がてらポタリングすることにした。
 やはり外は気持ちがいい。このくらい冷たい空気の方が私は好きだ。

 まずはいつものように舞岡公園。いつものショット。

 141217 141217
 141217 141217
 141217 141217

 今日は鳥見を目的の人達がここに集中していた。

 141217 141217

 さて、シマホでは切れた電球の代わりにLED電球。そして、針金やら万力やら…。
 会計を済ませてでようとしたらメガネがない。戻ってみたが見あたらない。
 自転車に荷物を取り付けて、落ち着いたところでもう一度戻ってみた。心当たりの場所を当たってみたらボルト売り場にあった。良かった、危なくあきらめるところだった。
 途中、ボルトのところでいろいろ調べているうちに何気なく置いてしまったらしい。買い物籠を持たず、手にいろいろなものを持っていたせいだ。気をつけなくちゃ。

 帰路、街角の地蔵さんをパチリ。

 141217
 
141217garmin
距離: 16.15 km
タイム: 1:18:59
平均スピード: 12.3 km/h
高度上昇量: 183 m
カロリー: 420 C
平均気温: 12.6 °C


 

 
tb: --   cm: 0

茅ヶ崎公園で新ULTSのデビュー  


 昨日が雨だったのですが、本日は晴れ間も程の天気。
 昨夜はちょっと飲み過ぎたようで、眠い目をこすりながらの出発。

 ここは、私は初訪問。
 目当ての大池に行ったが、皆さんは池の絵は先日の経験で沢山…ということで、じゃあ今日は勉強だ!と、より難しい風景になった。(*^_^*)

 141212 141212
 141212

 141212茅ヶ崎公園 本日はここまで(まだ未完)。

 下左の写真はランチの様子。本日は味噌汁と紅茶を楽しみながら…となった。今日は新しいULTS(Ultra Light Tea Set)のデビュー(笑)。
 右下は今日のお絵描きの様子。

 141212 141212
tb: --   cm: 0

パーゴワークス PF01 パスファインダー L ライトオリーブ  


 気がつけば、最近、出歩くときは殆どリュックを背負っている。その方が両手がフリーになるからである。
 ところが、財布類の小物は軽いウェストバッグに入れるから良いとして、iPadばかりはどうしようもない。その度にリュックを片方だけでも肩から外して出すことになる。これが意外と鬱陶しい。

 潜在的にそんな気分でいたところ、先日の一連の記事を見ているうちに、「パスファインダー チェストバッグ」なるものを見つけた。

 141208

 そう、こういうものを探していたんだ…と発注しようとしたら全て完売とのこと。
 こう言うときは慌てずにネットで検索。同様な品物が沢山あることもわかる。ここが大事である(笑)。NorthFaceのものもあることがわかった。しかしサイズが小さい。
 するとサイズが何種類かあることがわかった。ところが肝心のサイズが書いてないことが多い。MかLだと思うのだが…。
 画像検索をもとにいくつかのブログ記事をみていてようやくハッキリしてきた。それがこちら。つまりMではiPadMiniを入れるのは無理だと言うことである。
 バッグのサイズからみて、Lサイズなら十分入ると踏んだ。こちらで使っているのはLサイズ。

 てな経緯を経て、さて発注を製造元にするか見つかったAmazonからにするかと思ったが、製造元からだと送料が600円とか。ということで自然にAmazonで発注。これ以上安いところがあれば仕方ない。あきらめよう。
#念のために検索をかけてみた。価格コムでも同じようだった(笑)。

*     *     *     *     *

 それが本日到着。早速お試し。

 まずはiPadMiniが入るかどうか?
 見込み通り上手く入った。但しこのままでは位置が深すぎて使いにくい。マジックテープで位置を調整するかどうかが思案どころ。(その後、とにかく使いやすい位置、蓋がしやすい位置に調整してみることにした。)
 また画面を保護するものが無いので、手前に水彩紙の表紙(ボール紙)をカットしてカバーとしてみた。
 141210

 次は、一眼レフカメラが入るかどうか? 旅行用にはいつもTAMRON AF28~300mmをつけているが…。
 これも何とか入った。
 141210 141210

 そしてファスナーも、少しきつめではあるが何とか収まった。
 これなら一眼レフカメラの出番が増やせそうだ。
 141210

 今週末には出番予定。

#今度の選挙、「自民300議席越えか?」などとマスコミ報道がありますが…。それに何故か選挙関連の報道が少ないような…。不思議ですねぇ。
参考:デイ・キャッチ 青木理 「選挙の予測報道に惑わされるな!」 2014.12.01
 https://www.youtube.com/watch?v=tQyxRQybuJQ&feature=youtu.be

上杉隆氏
「新聞の世論調査では与党が圧勝すると書いてるが、半分ぐらいは投票先を決めていない人がいる。決まっていないことを新聞が出してしまうのは問題。フランスなどでは禁止されている」

兵頭 正俊
犬HKというのは、世界でも、もっとも悪質なメディアだね。いつもの選挙の世論調査。いっていることは、「皆さん、この選挙に関心は低い、安倍は支持されていて、自民党が勝つ」ということ。支持政党をこの段階で出して、自民党が一番など、何の趣味なのか。洗脳・誘導以外の何ものでもない。
この選挙は、安倍晋三と国民との最終戦争になる。安倍が選挙に勝てば、改憲、徴兵制、戦争への道が待っている。国民が勝てば、消費税増税廃止・凍結、特定秘密保護法と集団的自衛権行使容認に歯止めをかける可能性が広がる。そしてハイパーインフレによる、国民からの借金返済中止の悪だくみが消える。

T.HIRANO ‏@TOHRU_HIRANO
今日、ラジオの久米宏さんの番組で、
「今回は選挙に関する番組が少ないですね?」→「政府官邸から各局に対して、あまり余計な放送をやらないように的な通達があったんですよね」→「投票前の12月10日に特定秘密保護法が施行で発言も慎重になる」
tb: --   cm: 0

テニスポタ…ブロ太10.1Km  


 今日も良い天気。今のテニス仲間との今年最後のゲームである。だから出かけないわけにはいかない。
 もしかしたら帰りに買い物をするかも…と思ったのでブロ太にTバッグで出かけたが、すぐに財布(カメラも携帯もセットである)を忘れたことに気づいた。ドジだねぇ。

 コートに着いたら、仲間が農園で作ったというキャベツとカブのお裾分けがあった。もう年末だから収穫しないといけないんだそうな…。
 おかげでTバッグが無駄にならないで済んだ。

 ゲームの方はまあまあ。

 今日の帰路も柏尾川緑道。「BONFIRE STOVE」のケースを発送したという連絡が入っている。それが届いたらそのうちお試しでもしてみるかな?

 ・晴れ 温度12.5℃、湿度49%、風速4m
 ・走行時間 41分
 ・走行距離 10.16Km
 ・平均速度 14.5Km/時
 ・最高速度 29.2Km/時
 ・消費カロリー 105.0Kcal  総走行距離 1159.5Km(+1,406Km)
tb: --   cm: 0

ホットサンドメーカー  


 最近は、できるだけ米食にしようと思っているのだが、アウトドアに関心を持つようになってホットサンドメーカーというのがあることを知り、時々これを使うようになった。2枚の食パンの間に適宜具材を入れて、中火で片面2分ずつ温めればおいしいサンドイッチができる。
 使ってみるとなかなか良いので、唐突だが、私なりの検討結果を紹介してみよう。

 ホットサンドメーカーはバウルーという評価が固まっているように思う。
 バウルーにもシングルの他ダブルがある。ダブルはカリカリ感と縁がぴっちり留められているのを好む人向けのようだ。両方を持っている人もいるらしい。
 私は、Amazonにおける双方の評価と、具だくさんで食べたいということを優先してシングルを選択した。今は十分満足している。
 私自身は、これはもうこれ以上持つつもりはない。

◆ホットサンドメーカー ニュー・バウルー(シングル)BW01

 141202

*     *     *     *     *

◆Coleman ホットサンドイッチクッカー 170-9435
 ネットを見ていたら、これを勧めている人がいた。参考になるかもしれない。私は斜め分割とアイコンのようなマークがむしろ気に入らなかったので選択しなかったのだが…。

 141202

 その他、Snowpeakでもダブルのもの「スノーピーク(snow peak) ホットサンドクッカートラメジーノ GR-009」を出している。分解できたりアームを畳めるというメリットがあるが、私としてはあまり意欲が湧かなかった…としか言いようがない。

*     *     *     *     *

 この記事を書こうと思って整理をしていたら、こんなものもあるのに気づいた。
 なかなか良いかもしれない。

◆CAPTAIN STAGホットサンドトースター M-8617
 何となくだが、アルミダイキャストというのと、デザインの美しさが気に入っただけだが、商品説明も、使用感もわからないので何とも言いようがない。誰か人柱になってくれる人がいれば(笑)状況がわかるかもしれない。

 141202

◆あつあつホットサンドメーカー SJ1681
 比較的安い割りには、2つに分けることができるとか、具だくさんで使えるなど、使い勝手が良さそうである。。
 購入を考えている人は検討しても良いかもしれないと思ってリストに挙げておいた。

 141202

◆鉄製 ホットサンドメーカー
 ネットを見ていたらこんなページを見つけた。
 重いからアウトドア用として持ち運ぶにはそれなりに覚悟が必要そうだが、使い勝手は良さそうだし、ホットサンドの出来上がりも良さそうだ。
 IHで使えるというのも私にとっては歓迎できることだ。最初の検討の頃これを知っていたら、間違いなくこれを選択していただろう。

 150220
tb: --   cm: 0

いくつかのお試し  


 今日は良い天気。
 今日ものんびり過ごしながらいくつかのお試し。

 「ヨーレイカ・ソリティア 1(Eureka Solitaire1)」の展開をしてみた。展開も畳むのももうすっかり忘れていた。思い出しながら…である。
 まあこんなもんか(笑)。

 土曜日に買って来たパンだが、これもホットサンドにするには一回り小さかった。今までの経験ではバウルーに使えるのは「リトル・マーメイド」のパンしかない。同じ一斤でもこれほど大きさが異なるものなのか。
 でも、もうホットサンドはすっかり手慣れたもの。

 このところメスティン料理?のお試しをいくつかしてみている。今日は、初めてパスタを作ってみた。
 参考にしたのは「【メスティン研究会】No.6 ぶっ込み自動ナポリタン!」「失敗しない山パスタ10のポイント」。なかなかうまくできた。(*^_^*)

 そのうちユニフレームのチタンフライパンで「山めし礼讃 - 山料理 山ごはんレシピの記 -」を参考に山ごはんを作ってみたいと思っているのだが、なかなか機会がないのが残念。なにしろ、こちらのページを見てSPのトレック900やらユニフレームのチタンフライパンを買ったんだから…(笑)。
tb: --   cm: 0

PatchNride|自転車パンク修理  


 PatchNride|自転車パンク修理

 同じサイトにこんなのが出ていたけど、実際に使えるんだろうか?
tb: --   cm: 0

Fly Pedals|ユニバーサル・クリップレスペダルアダプター  


 Fly Pedals|ユニバーサル・クリップレスペダルアダプター

 下の記事のついでに見つけた。
 これは、あらゆる種類の自転車用クリートペダルを通常ペダルに変換するというもの。
 気になる人もいるかな?(笑)

 141208


 
tb: --   cm: 0

3つのモバイル椅子  


 ネットを巡っていたらこんなモバイル椅子を見つけた。
 これからこんなのが出始めるのかな?すぐにどうこうしようというつもりはないがちょっと楽しみ。
 私は「Sitpack」に期待…かな?

◆KEENでシューズ革命を起こした男の新提案。一本足のモバイル椅子 MOGO
 価格は結構高いこんなページもあった。950gか。結構重い。
 
 141208

◆世界最小? タンブラーのサイズに折り畳めるモバイル椅子 Sitpack
 こちらも同じ考え方の椅子だが、デザイン的には優れている。高さを自由に変えられるんだろうねぇ。
 価格はこんな感じになるらしい重量380gか

 141208

◆杖にもなる折りたたみ椅子「フリップスティック【FlipStick】」
 こちらは既に一般にも販売されているらしい。Amazonではこんな価格。こちらは安くて良い。
 でも約525gか。簡便で良いからもっと軽くして欲しいね。

 141208
tb: --   cm: 0

舞岡・テニスコート…カン太20.9Km  


 本日も良い天気。
 昨日に続いて自転車。今日はカン太。
 まずは舞岡公園からいつものコース。昨日と時間帯が違うので意識的に同じ風景をカメラに収めようと思っていたが、途中でカメラの電池切れでちょっとガッカリ。

 141206 141206
 141206 141206
 141206 141206
 141206 141206
 141206 ここで電池切れ。

 やはりカン太だと気持ち良く走れる。
 途中で八百屋を見つけてふらっと入ってみた。最近は、こうした小さな店も時々寄ってみることにしている。今日はカリフラワーと卵を買って見た。
 そのままいつものコースに出て帰ろうと思ったが、まだ余裕があるのでテニスコートに行ってみた。
 先日誘いをお断りしたI氏がテニスをしていたので手を上げて挨拶。さらに宇田川沿いにまさかりが淵へ…と思ったらハンドルが曲がっているのに気づいた。今日はアーレンキーを持っていなかったので、あきらめてそのまま帰宅ルートへ。
 やっぱりパンクの問題もあるし、工具類は持っていないとまずいかな?
 
 途中、コーナンの案内の看板を持っている人がいた。そういえば近くにホームセンターができると聞いていたがこのことだったのかな?と聞いてみた。
 思いがけないところに新コーナンができていた。この店か(2F)。1Fはショッピングセンター・ライフ
 いつも行く駅の方向とは逆になるが、近くにこんな店ができるのはありがたいこと。一応店内を観察してみて回った。規模は大船には及ばない。東戸塚のシマホと同じくらいか。
 自転車に乗るようになって、随分自分の行動半径が広がっているんだと改めて感じる。

 無理にスピードを出すこともない。こんな風に、気持ち良く気楽に走れば良いんだよね。
 
141206map 141206garmin
距離: 20.91 km
タイム: 1:34:55
平均スピード: 13.2 km/h
高度上昇量: 181 m
カロリー: 528 C
平均気温: 13.8 °C
総走行距離 1,474.77 km
tb: --   cm: 0

五徳あるいは簡易ストーブ  


 適切な呼び方が見つからなかったのでこんな言い方になってしまったが、ストーブで最低限の湯を沸かしたりする場合の補助装置とでも言おうか・・・。

【固形燃料】
 ULハイキングにおいて固形燃料に限定している人はかなりのこだわりを持っている人だろうと思う。だから、こうした五徳の中から最も簡易なものを選択することになるのだろうと思う。
 私にはとても到達できそうもないので、多分、これらには私は縁がないように思う。
・エスビット チタニウムストーブ(11.5g)
・TriPod Power H36 (コンパクトゴトク)(ゴトク7g・ケース24g)

【アルコールストーブとの兼用五徳】
 固形燃料やアルコールストーブとの兼用を考える人は次のようなものを考えるかもしれない。
 つたない経験から私が考えたことを簡単に書いてみよう。

・Esbitポケットストーブ(本体85g・固形燃料80g)」

 141205  141205
 多くの人々がこれを使用しているように思う。基本的には固形燃料用だが、これに合うアルコールストーブを自作できればこれで十分だとも言えるかもしれない。お勧めかもしれない。
 市販のアルコールストーブでも(やや高さが足りない気もするが)これで使えないこともない。この場合にはアルコールストーブはエバニューの方が向いているようだ…というより、写真のトランギアのものでは火が消えてしまう。

・「Esbit(エスビット) ステンレスストーブ CS75S(93g)」
 これはより積極的に市販のアルコールストーブが使えるようだ。汎用性という点ではポケットストーブより良いかもしれないが、全く経験したことがないので私には判断できない。

 ただ、いずれにしてもアルコールや固形燃料は風に弱いから、これらだけでは風防機能は不十分で、何らかの風防のが必要になってくると考えたほうが良いと思っている。それは専用の風防でも良いし、自作の簡単なものでもOKなのだが・・・。
 ということで、私はむしろこちら「エバニュー(EVERNEW) チタンアルコールストーブ用ゴトクEBY253」をお勧めしたい。簡単・軽量だし、湯を沸かすには炎との距離も最も効率的だと思うからだ。
 風防は、自作でも簡単にできるんだから、むしろ別にあったほうが良いと考えている。
 141205

【ストーブ的なもの(ネイチャーストーブなど)】
 アルコールストーブを安定的に使用する場合には、やはりちゃんとした五徳が欲しくなる。
 五徳だけの製品も例えばトランギアなどから出されているが、私としてはまずはこれ「VARGO(バーゴ) チタニウム ヘキサゴンウッドストーブ」をお勧めしたい。

 141205
 湯を沸かすだけの小さなストーブの場合には「風防」としても使えるし、市販のアルコールストーブではそれを中に入れて「かまど」としても使うことができる。しかも、薪さえあれば「ネイチャーストーブ」として使える。そんな柔軟性が多くの人に支持されているんだろうし、私も支持する。
 ただし、小さくて軽量なのはい良いのだが、その小ささが物足りなかったり、市販のアルコールストーブの場合にはやや使いにくい点もある。それさえ理解していれば十分使えるものだと思う。
 私は以下のような使い方をしている。それでも上部の空隙が大きいのである程度は炎は流れる。
 アルコールストーブを下に置けばより大きな炎になるから焚き火的な感覚になるかも知れない。もちろん小さなタキギなどでネイチャーストーブとして使えばより焚き火感覚になるだろう。

 141205 バランス的にはピッタリである。

 Aromaxストーブにも最適でもある。
 ジュース缶を消火蓋に使用している。
 141205 141205

 小さなポットの場合には、アルコールストーブに下駄を履かせた方が効率は良い。
 141205 141205

 その後、まったく見かけは異なるが似たようなものとして「FIREBOX GEN2 ナノストーブ ステンレス ウッドストーブ 3インチ」を見つけた(チタン製もある)。風防機能は弱いがサイズは遙かに小さいし、なかなか面白そうだ。

 150514


 もう少し発展的に考え、入手したものがこちら「Bonfire Stove」である。

 141205
 こうしたネイチャーストーブにも様々な種類がある。かなり類似したものとして「Emberlit Ultra light Titaniumストーブ」があるのも知っていたが、これを選択したのは、そのデザインとアルコールストーブの使いやすさを考慮している点にある。
 私は、アルコールストーブや焚き火的な使い方はもちろんだが、時にはこれに網を乗せて、炭火焼肉なども楽しめたら…と思っている。
 これは私にとっては、実用性はもちろんだが持つ喜びを感じられるものでもある。
#この記事を書いているうちに「Greenfield ネイチャーストーブ」というのを見つけた。私にはもう無縁だがこれもなかなか面白そうだ。

 バランス的にはFREELIGHT550ではちょっと小さい。SPトレック900くらいのサイズの方がピッタリする。
#それにしてもSPトレック900は何故蓋を被せるデザインにしたんだろう。この取っ手の形が好きでこれを選択したのだが、蓋がグラグラして私には使いにくくて仕方ない。
 141205 141205

 Aromaxストーブで使う場合には、消火のことを考えると付属の十字五徳より網を使う方が良い。
 この形で小さいが炭火焼きなどもできる。
 141205 141205

*     *     *     *     *

 この他、アルコールストーブとセットになっているクッキングセットがある。例えば次のようなものだ。
 私はこうした使い方が決められてしまうような器具にはどうも関心が向かないようだ。しかし、そういうものの方が好みの人もいるだろうから…と簡単に紹介しておく(いくつかの組合せがあるので注意)。もちろんもっといろいろなものがあると思うけど、私が気になったのはこんなところかな?

・エバニュー(EVERNEW) アルコールストーブ用スタンドDX EBY257
・trangia(トランギア) ミニtrangia(トランギア) TR28T-QJ
・ALOCSストーブCW-C01
tb: --   cm: 0

舞岡ポタ…ポン太15.3Km  


 今日は良い天気。
 このところ自転車で走っていないので何となく運動不足の感じ。少なくとも1日15Kmは走りたいなぁと何となく思っている。
 そんなわけで今日は久しぶりにポタリング気分で走ってみた。

 光の具合か見える風景がいつもと違って見える。
 141205 141205
 141205

 舞岡公園もすっかり晩秋風景になってきたようだ。
 141205 141205
 141205 141205
 141205 141205
 141205 右側にカラスとリスがいた。

 いつものようにモチーフを提供してくれた風景を回った。
 141205 141205

 141205map
 ・走行時間 1時間11分
 ・走行距離 15.29Km
 ・平均速度 12.8Km/時
 ・最高速度 39.1Km/時
 ・消費カロリー 158.4Kcal  総走行距離 1738.4Km
#サイコンがブロ太のものとポン太のものが混乱してきた(笑)。やはり前のままで良かったらしい。白がブロ太。黒がポン太。どこかで交換したらしい(笑)。
tb: --   cm: 0

湯沸かしポット  


 湯沸かしポットなんて何だって良いじゃないか…と思っていた。ところがUL(ウルトラライト)ハイキングの人々はどうやらそうじゃないらしいこともわかってきた。ULハイキングの人々の中には、湯沸かしポット一つで何日かの旅を過ごす人もいるらしい。

 固形燃料で旅をするULハイカーは、こんな五徳「エスビット チタニウムストーブ(11.5g)」「TriPod Power H36 (コンパクトゴトク)(ゴトク7g・ケース24g)」を使ったりしているようだ。もちろん私が最初に持ったストーブ「Esbitポケットストーブ(本体85g・固形燃料80g)」を使っている人もいるだろうし、自作の五徳などを使っている人も沢山いると思う。

 私自身入門者なので、実はいろいろな燃料を試して見たいと思っていた。
 ところが固形燃料というのは意外に高価な燃料だということがわかって、私は、固形燃料を使うのはいざという時、そんな時は「Esbitポケットストーブ」か缶を切って作った自作のもので十分と割り切ることにした。

 となると燃料はアルコールとガスを考えれば良いというわけだ。

 それを前提にポットを選ぶいくつかの視点を整理してみよう。

◆底面積
 アルコールストーブを実際に扱ってみるとわかることは(扱わなくてもわかるけど…(笑))、底面積が大きいほど効率が良いということだ。実際には最低でもSP600は欲しいというのが私の結論である。こちらのサイト「T's Stove」でもそれを推奨している。
 しかしSP600では最小の110gガス缶は収納できない(伏せて蓋にすれば別だが…)。
 したがって、ガスでも使いたいと思えば、内径90mm以上のものが欲しくなる。

◆容量
 私がいつも飲んでいるコーヒーは大体300cc。友人の分も…と考えればこの倍か?
 カップ麺は、大きさによるが小230cc、中410cc、大(スーパーカップ)520ccとあった。だからギリギリ500~600ccあれば良いだろう。

◆サイズ
 お絵描きリュックの箱に入れたいという私だけの理由だが、できれば8cmくらいの幅に収めたかった。

 そして到達したのがこれ「FREELIGHT Titanium 550 CookPot / チタン 550 クックポット」。この渋い色調と背の低い形(まさに私が望んだとおり)が気に入った。

 141203

 もちろん、これはデザインの好みがあるので、比較検討していたエバニューの「Tiマグポット500 RED」もお勧めの一つである。こちらのメリットはこれをスタックするより大きなポットもセット品として準備されているということだろうか?

*     *     *     *     *

 届いた「FREELIGHT」にいくつかのケースでの利用を考えてみた。

 その前に、その内部にポットを入れたいと考えた。これは湯沸かしと飲用を分けたい(ドリップコーヒーなどを飲む場合)ということと、私の場合には「FREELIGHT」の内部での小物のあばれを抑えたいという狙いがある。
 今のところ以下の4つが使えるらしい。
・FREELIGHT Titanium UL350Pot / チタニウムUL 350 ポット
 もちろん内部にピッタリ収まる。但しこれの蓋を使用するとわずかに550 ポットの蓋が浮くらしい。
 しかし、私は内部のものにまで蓋はいらないので、これを選択するのはやめた。
・SP300
 これは同じチタンだからスマートで相性が良い。しかし残念ながら市販のアルコールストーブはこれには収まらない。自作アルコールストーブだけの使用ならこれでも良いが…。
 もし市販のアルコールストーブを入れようとするとSP450が必要だが、高さがこれに収まらない。
・ダイソーの350ステンレスマグ
 取っ手をとってしまえばまさにピッタリ。蓋もキチッと収まる。もちろん市販のアルコールストーブもOK。私の場合(少なくとも当面は)これで行こうと思っている。

 【市販アルコールストーブの場合】
 141203
 141203 141203
・(1枚目写真)ボトルの背後はビール缶で作った風防。右手の缶詰めはアルコールストーブの消火用。もちろんアルコールストーブは軽量・五徳不要の「エバニュー・TiアルコールストーブEBY254」
・風防はダイソー缶の外側に収めればポットの保護になるかも。
・上にかぶせているのは予備カップ「SEATOSUMMIT sts1700221 X-カップ」。蓋の上部に嵌るところを見てもらいたかった(笑)。

 【自作アルコールストーブの場合(お絵描きの現場で使用)】
 141203 141203
・アルコールストーブは「ウコンの力」で作ったグルーブストーブ。安定のためにはねじ込み式の台座を作っている。ここではポットより高さが高いように見えるが台座を外せばきれいに内部に収まる。コーヒー缶等で作ったグルーブストーブの方が見栄えはいいのでそちらにするかもしれない。
・通常はこの形で使う予定。これを横にしてお絵描きボックスの中に収めることになるだろう。

 【ガスストーブの場合】
 141203 141203
・この場合には中にポットは入れられない。だからSEATOSUMMIT X-カップは本使用。あまりにもピッタリし過ぎているのでガス缶の下に入れると出すのに苦労する。
・こういう形でこれに収まるバーナーは知らないので、バーナー部までこれに収めるのはあきらめている。


EPIシングルチタンマグ(T-8103)

 141205

 これがピッタリ嵌るという報告がされているページがあった。カタログ寸法ではそんなはずがないのだが、当てにならないものだ。
 上述したように、しばらくダイソーの350ステンレスマグで行くつもりだったのだが、評価のあまりの高さにEPIシングルチタンマグ(T-8103)を取り寄せてみた。なるほど、ピッタリだった。これもお勧めに加えよう。SP300などと比較するとより繊細な印象である。チタンだから醒めやすいという評もあるにはあるが…。
#取り寄せてみてわかった。これのオプションとして蓋「EPIgas(EPIガス) シングル チタンマグ フタ」がある(2000円弱)。これがSP450にも合うらしい。最初からわかっていれば…と思うことが多い。そのために、こんな記事を書いてもいるのだが…。

*     *     *     *     *

 なお、Snowpeakのチタンマグは、「FREELIGHT」に比べるとまさに質実剛健という感じ。乱暴に扱っても全く問題ない強度があるのように思うので、もっと気楽に使おうと思っている。
 こちらはSP450とSP600のセットでの使用が最も適している(但し、アルコールストーブでの使用のみ)ようだ。
 燃料をアルコールに限定するなら、専用五徳を用いて、900ccなどの他のクッカーと組み合わせ(スタッキングできるし)、様々な料理に使うのが良さそうだ。

*     *     *     *     *


 その後、スクリューロックタイプの蓋を持つ容器でピッタリなのが見つかったので、これに入れて安心して持ち運べるようになった。もちろんこの容器は食器としても使えるから、より柔軟な使い方ができるようになったというわけである。

*     *     *     *     *


 その後、小さなポットでも(私の)一食分くらいの炊飯が可能だとわかったら、こんなセットに発展してしまった(笑)。
tb: --   cm: 0

テニスポタ…ポン太10.3Km  


 今日は良い天気。しかし風が強い。
 先週が雨で流れてしまったので2週間ぶりのテニスになった。自転車もあまり乗っていないし向かい風なので、途中スピードが上がらない。今日はあまり無理しないで自分のペースで走るようにした。1日10Kmでも15Kmくらいでも良い。もっと走らないとダメだな。

 この写真左側がテニスコートになる。いつもこんな風に駐輪している。

 141202 141202

 テニスの方は、しばらく外に出ることが少なかったのですっかり調子が狂っている。何だか自分の身体じゃないようだ。ドタバタしていた。
 
 それでも2時間ほど楽しみ、帰り際、ポン太をちょっと撮影しようかという気になって、適当に駐めてパチリ。
 ちょっとした光の具合で随分雰囲気が違う。この2枚を合成して描くのも面白いかも。

 141202 141202

 しまった。ブロ太のサイコンを使ってしまった(笑)。
 ・走行時間 46分
 ・走行距離 10.35Km
 ・平均速度 13.3Km/時
 ・最高速度 30.7Km/時
 ・消費カロリー 104.6Kcal  総走行距離 1738.4Km
tb: --   cm: 0

アルコールストーブ  


 原稿も一応書き終わって一段落。
 今日は天気もあまり良くないので積極的に外に出る気分ではないので、気楽にこんな記事を書いてみよう。

 今まで少しアウトドア用品に係わってきて、これにしておけば良かったなぁ…という反省も含めて、「今だったらこれにしていたろう。」と思える品物を紹介してみたい。これからも気が向いたらいくつか気がついたものを付け加えていけたらいいかな?
 もちろん、あくまでも私の個人的な趣味である。もちろんウルトラライトが基本的な精神としてある。

 まずアウトドアGearとして最も基本になると思えるアルコールストーブ。

◆trangia(トランギア) アルコールバーナー
 最も基本となるアルコールストーブ(バーナー)と言って良いだろう。類似(と言っても殆ど同じデザイン)の他社製品も多いので、いろいろ見てみる必要があるかもしれない。
 火力調整用・消火用の蓋が付属、あくまでも暫定だがアルコールを入れたまま持ち運べるのが良い。
 五徳が不可欠であること、やや重いこと(110g)を覚悟する必要がある。

 141201

◆エバニュー・TiアルコールストーブEBY254
 上記のデメリット部分が気になり、購入したもの。
 軽量(34g)、本燃焼になるまでちょっと時間を要するが五徳不要で使うことができるという点が良い。
 その代わり蓋無し、火力調整用蓋無し。但し、火力調整蓋はトランギアのものが使える。

 141201

 これらの五徳としては、エバニュー(EVERNEW) チタンアルコールストーブ用ゴトクEBY253が適していると思う。但し、これらは湯沸かし程度の使い方に対してである。
 これらは本格的な料理にも使うことができる。しかしその際には、安定して使える五徳や風防が必要になる。両者を兼用した優れた器具もある。五徳に関して検索したらこうした製品が引っかかって来た

◆五徳付アルコール ストーブ バーナー ステンレス製 A17
 こういうのもある。デザイン的な面白さに関心を持った。
 この手のものとしては結構重い(250g)が安くて頑丈そうで良いかも。
 但し、アルコールをこれに入れたまま携行できるわけではないので注意が必要。
 それに写真で見る印象より遥かに大きい。上のアルコールストーブと同様の使い方になるだろう。
 こちらの動画がその燃焼テストらしいがこの五徳は外向きにしか使えず、小さなポットには適していないようだ。これに惹かれた人は要注意である。

 141206

◆FREVO / フレボ ストーブ
 数種類、10数個のアルコールストーブを作ってきて、このトルネード方式と呼ばれるストーブの効率が優れていることは実感している。しかしこれには五徳が不可欠である。
 今まで見ている限りでは、これは軽量(20g)で、できれば持って見たいと思う製品に仕上がっていると思う。

 141201

 ULの視点で言えばT's Stoveの製品群を忘れることはできない。簡易な構造なだけに軽量だが、燃焼効率はやや劣る。

◆RSR Stove
 もともと簡易な構造のアルコールストーブであるが、それをアルミ合金削り出しによって作ったという極めて美しいアルコールストーブ。財布に余裕があれば是非持って見たいと思わせるストーブである。 【燃焼の様子】
  全部揃えれば価格も、重量もそれなりになるのは仕方ない。

  ■製品詳細
   ・RSR Stove 2nd : 重量35g 大きさ/直径55mm  高さ37mm  材質/アルミ合金
   ・Pot Stand : 重量49g 大きさ/縦104mm 横104mm 高さ80mm (展開時 ) 材質/SUS304
   ・Windscreen : 重量13g 大きさ/縦49mm 横300mm 厚0.1mm  材質/SUS304
   ・Pot Lid : 重量7.5g 大きさ/直径59mm 高さ10mm 材質/スチール

 141201

◆手作りアルコールストーブ
 アルコールストーブの構造はそれほど難しいものではないので、是非一度手作りされることをお勧めしたい。
 もし、上記を購入する前に手作りをしてみれば上記のストーブすら不要だと思えるかもしれない。それほどの出来のものを作ることができる。
 アルコールストーブには、山ほどの種類、作り方があるから、関心のある方は自分でも研究してみたら良いと思う。
 そうした中で、私が最もお勧めしたいのが「グルーブストーブ」。りるびわ~くすさんが、簡便で美しいストーブの作り方を紹介してくれている。五徳も不要であり、効率も優れている。もちろん軽量である。残ったアルコールはそのままボトルに戻すこともできる。
 そして、効率は多少落ちるが(と言ってもなかなかのもの)もっと簡便に作ることができるのが、やはりりるびわ~くすさんが紹介してくれている「ゼロストーブ」
 こちらはアルコールストーブの入門編として作ってみたらどうだろうか。アルコールストーブの使い勝手が良く理解できると思う。
 それに「火遊びの勧め」というのでは具合が悪いが、手作りしてしまえば、(安いところでは)300円足らずのアルコールで十分遊べる。
tb: --   cm: 0