ポタポタ時々記

シンプル&スローライフ途上の思い、出来事、買い物記録などです。

舞岡公園散歩ポタ…カン太16.3Km  


 本日は良い天気。明日は雨になるようなので思い切ってカン太で出かけた。
 このところ運動不足を意識しているので、そろそろポタリング生活を取り戻さないといけない。
 ちょっと疲れ気味だったが、昨夜は十分寝たせいか少し体力・気力が回復してきたようだ。でも何だか目新しい要素が見あたらないので、どうしてもテンションが上がらない…(^^ゞ。

 まあ、とにかくいつもの舞岡公園から回ってみよう。

 150228 150228
 150228 150228
 150228 150228
 150228 150228

 昨年から突然関心が深まった「アウトドア」。
 いつも道具から新分野に入る私だから、当然のように、まずはアウトドア用品からこの世界に入ることになった。アルコールストーブやクッカーはそうした道具への関心を満足させてくれた。いろいろ試行錯誤して、何となくお気に入りのものができてきた。一方、その他の用品等は価格も高いので、一応用品が整ったところで一段落。
 あとは実行あるのみ…である。

 今日は、ポタリングの途中で、シマホにも寄ってみたがそろそろもう買いたいモノがなくなってきた(笑)。

150228garmin
tb: --   cm: 0

久々にテニス…ポン太10Km  


 今日は良い天気なので、久しぶりにテニスにいくことにした。
 ちょっとした買い物もして帰ろうとこちらも久しぶりのポン太である。サイコンを忘れたがもうそれはどうでも良い。

 久しぶりの運動のような気がして、脚も重いし、テニスの方も何となくしっくり来ない感じだった。
 でもやはり身体を動かすのは気持ちが良い。
 もっと身体を動かさないと…と反省させられる。

 帰ってくると、疲れと多少の筋肉痛で眠くなり、しばしうたたね昼寝。
tb: --   cm: 0

山ご飯の試みへ  


 何かと雑用があってなかなか本格的な走りができないでいる。
#今日も、足裏のホクロを診てもらうために病院へ。4月の上旬に切除することになった。

 一方、アウトドア用品の方はほぼ揃ってきている。先日もFBの情報から、イシガキ 鉄鋳物フライパン 18cm 720Bを購入してみた。ちびパンも持っているのだが、これはなかなか気に入っている。
 しかしもうクッカー類は十分である。これからは、徐々に「山ご飯」というものを試して見ようと思いつつある。

 最近、この人のページを見ることが多い。ブログやFB「BLUE BUSHCRAFT - シンプルなアウトドアライフ」Youtube等々様々なページを持っている。詳細な紹介というより、キャンプ生活映像の紹介と言えようか…、なかなかスマートが映像が紹介されている。
 山ご飯と言えばこの人「山めし礼讃 - 山料理 山ごはんレシピの記 -」を忘れるわけにはいかない。でも私としては、この人の料理にはあまり食欲がわかないのはどうしてかな?
 でもまあこういうのを見るのはなかなか楽しい。

 そんなものを見ながら山ご飯に使える食材を探している。戸塚近辺でそんなものを扱っている店は、アピタ、サンワ、東急ストア、無印良品、カルディ、ヒマラヤ(スポーツ店)、ダイソー、セリア等々がある。その他自然食品店などもある。インスタントラーメン、フリーズドライ食品、乾燥野菜などから始まり、レトルト食品等々…。世間にこれだけのインスタント的食品が出ているとは思ってもいなかった。その殆どが洋食系である。これらを全部試して見るわけにもいかないし、こんなジャンクフードばかり試しているわけにもいかない。こんなものばかり食べていたら身体に良いわけないから、これらは非常食的に用意しておいて、たまに食べるのが丁度良いと思い直した。私はどちらかと言えば和食系の方が好きだし、シンプルな料理の方が良い。そんなものを作るのはそう難しい訳じゃないし…。
 やはり料理というものは、質素ではあっても、ちゃんとした素材から作るのが一番だと思う。
#とは言いながら、私の料理はとても紹介できるようなものではないので、このブログで紹介することはないだろうと思います(笑)。

 このところ改めて書けることがないので、大まかな近況です。
tb: --   cm: 0

またまた届いた(笑)<シェラカップ・鋳物フライパン・CozySack>  


 今朝もまた宅急便が届いた(笑)。今日は次の3つである。
#ちょっと届きすぎだが、そろそろ私のアウトドア製品の収集も最終段階に近づいている。
 ホントかな?(笑)


◆エバニュー・チタンシェラカップDX EBY155 2760円
 シェラカップのハンドルが固定なのがどうしてもスタッキング上不都合だと思い、これを発注していた。計量メモリがついていれば良いのに…と思うのだが、そういう製品は残念ながら見つけられなかった。
 これには姉妹品としてハンドルが短い「チタン シェラカップ FD EBY152」という製品があるのもわかっていたが、今のユニフレームの製品「UFシェラカップ 420 チタン」のハンドルの持ちやすさを考え、安定性・収納性よりこちらを優先させてみた。その意味ではうまく行っていると思う。
 届いた製品にはハンドル部に遊びがあって多少グラグラしていたので、早速ペンチなどで調整して気持ち良く使えるようにした。

 150218

 他の製品とのスタック状況を見てみる。
 これをトランギアミニのセットに入れようとすると、スノーピークの「トレックチタンボール STW003T」の場合にはそのまま入る。しかし、シェラカップの中にはアルコールストーブ以外入れる余裕はなさそうだ。「GSI NESTING BOWL+MUG set」に入れると蓋ができない。残念。 もしかしたら「FD EBY152」であれば、蓋ができるかもしれない。

 150218 150218

 ちなみに、こういう使い方は全く考えていないが、「UFシェラカップ 420 チタン」との関係は画像のとおりである。
 ハンドルが短い「チタン シェラカップ FD EBY152」ならもう少しフィット感は高まるとは思うのだが…。

 150218

 実際に使ってみると、エバニューは65g、ユニフレームは60g。そして取っ手の素材がエバニューのはステンレスらしくユニフレームより熱くなる。
 総合的な使い勝手は明らかにユニフレームが上だ。私にとってはエバニューは折り畳みができるというメリットだけ、しかし、これも重要だ。
 どう考えるか難しいところだ。

◆イシガキ 鉄鋳物フライパン 18cm 720B 1455円
 FBで見つけて、良さそうなので発注してみた。鋳物製ということやIHでも使えるというところが気に入ったのであって、必ずしもアウトドア用というわけではないが…。旨い焼き肉ができないか…と思っているのだがどうだろう?
 もちろんサイズ的にはアウトドアのことも考えているが、重さが重さだけに外に持ち出すかどうかは疑問である。

 150218

 ちなみに、「ユニフレーム・ミニロースター 665817」(ハンドルはカットしてしまっている。)と重ねてみるとピッタリである。こういう風に外に持ち出すことは考えていないけど…。

 150218

 ちょっと使ってみたが、ソロ用フライパンとして大きさは絶妙。今まで使ったフライパンの中では使い勝手は最も良い。なるほど鋳物製ということはこういうことか…と思わせる。問題は重さ。それでもお気に入りのフライパンになりそうだ。
 蓋としては、「キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) スキレットカバー16cm M-5536」が何とか使えそうだが、ダッチオーブンとしてまで使うつもりもない。それにそうしたければ少し小さくはなるが、ちびパンの蓋でも似たような使い方ができると思っている。
 まずはとにかく普通のフライパンとして使えるようにしようと、取っ手に麻紐を巻き、蓋を買ってみた。セリアで買ったこのステンレス雪平鍋用蓋が手近なところでは一番フィットするようだ。

 150224 150224

◆ Cozy Sack  3000円
 こういう手作り製品が好きである(笑)。 メッシュ袋の代わりに使おうと思う。もちろん保温が目的である。

 150218
tb: --   cm: 0

間違って注文してしまった(;_;)<SP雪峰・SPマグ蓋・GSI スパイスミサイル>  


 本日届いた商品。
 
◆スノーピーク(snow peak) スタッキングマグ 雪峰 H200 TW-124
  価格:¥ 2,894 + ¥ 324 の配送料

 150217

 やけに小さいなぁと思ったら…300mlを注文したつもりだったのに届いたのは200ml(;_;)。
 仕方ない、ウィスキーや日本酒用としよう。

 ところでちょっと前に自宅用にと思って、好日山荘から購入していた「チタンダブルマグ(フォールディング・300ml)」(メーカー名を忘れてしまった(^^ゞ)にはピッタリ収まる(笑)。

 150218

◆スノーピーク(snow peak) チタンダブルマグ300ml用フタ MGC052
  価格:¥ 486 (マグと一緒の注文なので送料はなし)

 この蓋が宙に浮いてしまった。いずれ300ml雪峰を買い直すことになるんだろうなぁ。

#ということで、画像はないけど、H300とH450も後日購入。(苦笑)

*     *     *     *     *

 そしてもう一つ。
◆GSI スパイスミサイル 11871961000000
  価格:¥ 1,563 通常配送無料

    150217

 最下段も同じ形だったら良かったのに…。まあこれはわかっていたことだけど…。
tb: --   cm: 0

スクリューロック容器の活用  


 何と呼んだら良いかわからないが、ジップロックのようなスクリューロックの蓋を持つ容器がある。
 これがなかなか便利だ。物入れにもなるし、液体もこぼさなくて済む。後片付けが容易な食器にもなる。

 ということで、こんな製品「antigravity gear Screw Lid Container w/ Cozy/アンチグラビティーギア コンテナコジー」があるのを知った。買ってみたら、その内部はジップロックのものだった。
 また、コーナンへブラブラ行った時に、「Twistロック容器」というものがあることも知った。ネットで調べてみたらこちらの方がサイズが豊富である。
#ネットで見れば「スクリュートップキーパー」というのもある。しかしこちらはアウトドア用品には適合しにくいサイズのように思う。もちろん似たようなものが他にもあることはあるのだが…。
 そこでスクリューロック容器をいくつか購入してみた。

◆アルコールストーブケース KHM05-8514 360ml 
 内部にはアルコールストーブのセットが入る。容器としてはフリーズドライ食品が使えそうだ。

 150215
 150215 150215

◆スノーピーク600マグセット KHM05-8552 1000ml
 スノーピーク600マグが使えればなかなか便利だと思う。
 「COGHLANS(コフラン) フォールドカップ」と一緒に入れることができた。1000mlあるから、いろいろなものを余裕で入れられる。但し深型になるので、食器としてはちょっと使いにくいかも。

 150215 150215

◆FREELIGHT チタン 550 クックポット用 KHM05-8521 640ml
 実は最もメインに考えていたのがこちらだった。そして最もお気に入りのものになった。
 容量的にもランチサイズとして、ライスとレトルト食品などにちょうど良いのではないかと思っている。
 実はサイズとしてはギリギリ。FREELIGHTの取っ手を調整してようやく収まっている。上下周囲とも隙間空間がない。
#内部は三段構成になっているが、一番小さいのはダイソーの180CCステンレス計量カップである。
#これらの間にステンレス風防が入っている。


 150215 150215

 もちろん1000mlサイズにはこんな感じで、下に空間を残して入れることができる。この下の空間はフードコンテナ的に使えるのではないかと考えている。容量的には350mlくらいだから、一食分のご飯が丁度入る筈である。

 150215

追補
 その後、ダイソーで同様のスクリューロック式の容器(スクリューパック。900mlと650mlがある。)を見つけた(参考:密封容器ではないそうな…)。上から下までややストレートに近いし、サイズもなかなか良い感じだったので両方買ってみた。その状況を参考までに書いておくと…。
・650mlにはFREELIGHT チタン 550 クックポットが余裕で入り(振ればガタガタするくらい)、上部に少しのゆとりを持って入れることができた。
・900mにはSP600も十分余裕を持って入れられた。トレック700は底まで入ったものの高さがわずかに(ヘリの部分だけのような感じで)入らない。だから蓋が閉められない。惜しかった。これが入れば面白かったのだが…。

◆100均450ml用セット ジップロック・スクリューロック 730ml  
 ふとした気紛れでこれ「エバニュー(EVERNEW) アルコールストーブ用スタンドDX EBY257」を買ってしまったので、これを使える環境を作ろうとしたら100均のステンレスマグが丁度良かったというわけ。
 容量的には一番使いやすそうだ。

 150215 150215

◆アンチグラビティーギア・コンテナコジー ジップロック・スクリューロック 1000ml?(未確認)   
 問題はこれをどう使うか…である。
 SP600セットはCOGHLANS(コフラン) フォールドカップをやめて、こんな形で何とか押し込むことができる。但し、ここまでが精一杯で下までは入らない。
 これの上部は100均450ml用セットのものと全く同じ構造なので、100均450ml用セットは対応可能である。
 本当は、Twistロック容器でコジーを作ってくれていれば…と思うが、実はジップロックの方が構造的にコジーを作るのに向いているんだから仕方ない。
 これを使うためには、「SP600セット」か「100均450ml用セット」ということになりそうだ。
 スクリューロック容器を使いこなすのもなかなか難しい。多分こんなものを使い回すことになるのだろう。

 150215 150215

 私はアンチグラビティーギア・コンテナコジーを買ってみたが、使い方によっては、Cozy Sackの方が使い勝手が良いかもしれないとも思う。

*     *     *     *     *

 以上、ろくでもない記事かもしれませんが、何かの参考にしてもらえることはあるかもしれません。

 こんなことを、あーでもないこーでもないと考えていると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。
 そろそろこんなこともやっていられなくなりました(笑)。
tb: --   cm: 0

SOTOレギュレーターストーブ ST-310の風防  


 昨日教室が終わったので今日は少しのんびりモード。

 まだ屋外で使用したことはないんだけど、ちょっとST-310の風防が気になってきた。
 オリジナルの製品「ST-3101」はあるのだが、何だか大げさな気がして自作してみた。
 ブログの情報だと「PRIMUS(プリムス) 115フェムストーブ」が比較的風に強いようなので同じような構造にしてあげるのはどうだろうと考えた。

 そして作ったのがこちら。画像を見ると「SUS304 で 板厚 0.5ミリ」で自作した人がいるくらいで、同じような試みをした人がいないようなので紹介してみよう。
 といっても大したことはない(笑)。ビール缶の底を適度な高さでカットし、底の中央部を紙ヤスリ(#60)で擦り落としただけのもの。頭部でも同じようなものを作ることができるが、どちらにするかは好みで良いだろう。
 ST-310を開いた状態ではがたついても落下することはない。畳んだ状態なら外すことができる。何とかST-310の袋に入れることも可能だろうと思う。

 150214

 高さをどの程度にするかは難しいところだが、私の場合はこんな感じ。特に問題なく使えそうである。
 ガスの吹き出し口が横からは完全に見えなくなっているので、かなり風には強くなっている筈…と思っている。

 150214

*     *     *     *     *

 ついでだが…。
 下の画像は、ほったらかし炊飯で1.5合を炊きあげるのに約30ccあれば良いことがわかったので、昨日、相模原カルチャー教室からの帰りに、町田東急ハンズで買ってきた。理科の実験用器具である。
◆軽量コップ(メモリ・30ccまで)565円 (以前購入のものは、使えるには使えるもののアルコールには適合しない素材だったらしく、内部が腐食したようになってしまった。だからこれはガラス。)
◆注射器(25ccまで)194円 (他のブログで見て、何となく格好良いと思ってしまったので…(笑)。

 150214

 
tb: --   cm: 0

ちょっと真面目に調味料の話し  


 「内海聡」…FBで私が気にしている人の一人にこの人がいます。
 私達が常識として考えていることについて、その実態はどういうものであるかを説明してくれています。信用するしないはもちろんあなたの自由ですが、私は信用しています。

 化学肥料、農薬、食品添加物、遺伝子組み換え食品等々の使用量が、日本は中国・韓国などとならんで世界でもトップクラスであるということはご存じでしょうか?
 マクドナルドのマックが常温で半年間放置していても、腐りもせずそのままだということはもう常識になっていると思いますが、日本で許されている食品添加物の種類は欧米の数倍になるということもご存じでしょうか?

 アウトドアに関心を持つようになって一番の気がかりが、どうしてもコンビニ食品やらインスタント食品を使う機会が多くなるということでした。ですから私の山料理はそれらを出来る限り使わないで済ませたいと思うと、どうしてもシンプルなものになっていきます。
 今更格別長生きをしたいと思っているわけではありませんが、PPK(ピンピンコロリ)で人生を終わりたいという思いはありますので、死ぬまで健康でいたいという気持ちはあります。何かといかがわしい食品が横行しているこの世界で、まず第一に調味料に気をつけた方が良いというのが、この人の意見でした。私は、料理というものは殆ど調味料で決まると思っています。もともとあまり多くの調味料を使っているわけではありませんが、山料理に関心を持つようになって、せめて醤油・味噌などは本物を使いたいと思うようになりました。
 とりわけこれら醸造食品は放射能対策としても有効だということは、秋月辰一郎医師の経験からも知られていることですが、それがニセモノでは話しになりません。

 というわけで、この人の「調味料の話し」の紹介です。
 この人はこれまでの常識を暴くような本をいくつか出していますので、関心のある方はAmazonで検索してみて下さい。

内海 聡

「調味料ではない調味料」の毒
私たちが日々、料理に使う調味料にも毒がはびこっています。本来の原料、作り方など完全に無視した製法で、添加物まみれにされた「調味料ではない調味料」とも言うべき代物がたくさんあるのです。たとえば、しょうゆ。本物のしょうゆは、作るのに時間も手間もかかります。原料は大豆、麹、小麦、塩のみ。じっくりと発酵、熟成させるために1年以上かかるのが普通です。科学的に解析すると、しょうゆの香り成分は300種以上にも及ぶといわれています。甘みや酸味、香ばしさ。言葉では説明できないほどの奥深い味わいをもつのが、本物のしょうゆです。
先ほどから「本物のしょうゆ」といっていますが、それは、およそ「しょうゆ」とは呼べないようなニセモノが多く売られているからです。まず原料ですが、ニセモノのしょうゆの主原料は大豆油を絞ったあとのカスです。これを塩酸で分解したアミノ酸液が、ニセモノのしょうゆのベースとなります。ここに、「しょうゆ味」に近づくよう、さまざまな添加物が加えられます。たとえばうまみはグルタミン酸ナトリウム、酸味は酸味料、コクととろみは粘液多糖類……さらに忘れてはいけない「しょうゆ色」にするカラメル色素。これでも補えない複雑な味わいを演出するために、最後に少量の本物のしょうゆが加えられます。
 
ほかの調味料はどうでしょうか。日本人になじみの深いものを見ていきましょう。
みその塩分を気にする人は多いと思います。少しでも塩分を控えるために、「減塩みそ」を買っていませんか?しかし、自然発酵させる本物のみそ作りには、大豆量に相応の塩が必要不可欠です。塩を減らせば味はもちろん変わりますし、いたみやすくもなります。塩は保存性を高める役割も果たすからです。そうなると、減塩みそを作る際には何が行われるでしょう。ご想像のとおり、味をごまかし日もちをよくするために、やはり添加物が使われることになるのです。
 
こうして、本物のみそには使われることのない防腐剤、ph調整剤、化学調味料、香料、着色料などが添加されます。あなたが健康を気にして買っているはずの減塩みそは、じつは健康を大きく損なうものなのです。「そうはいっても高血圧気味で、塩を控えめにするようにお医者さんに言われたのだけど……」という人もいるでしょう。しかし、そもそも、塩分摂取量など気にしなくてもいいのです。「本物の塩」をとっていれば、治療が必要なほどの高血圧にはなりません。高血圧になってしまうのは、長い間、本物の塩ではない塩をとってきたことが原因である場合が多いのです。
 
また高血圧の基準がすでに間違っていることを学びましょう。140/90などという基準は嘘でしかなく、年齢に応じて高くなっていかなければならないのは、血圧の医学では当たり前のことです。したがって本当に高血圧気味の人でも、気にするべきは塩の摂取量ではなく、塩の選び方と基準の嘘を選ぶこと。選ぶべきは減塩みそではなく、本物の塩を使い自然発酵で作られた本物を食べましょう。



 ついでに、以下に毒の排出の考え方についての話しもご紹介しておきましょう。

-- 続きを読む --
tb: --   cm: 0

買い物ポタ…カン太14.6Km  


 昨日、白川郷旅行から帰って今日は食料の買い出しの日(笑)。
 まずはFAXを送りにコンビニ。かっては便利なファックスだったが今の私には面倒な代物になってしまった。未確認の電話番号には出ないし、ァックスしか受け取れない人がいるので連絡手段としてはこれでもあった方が良いのか…。最近ではコンビニを主に利用するのは野菜やFAX、コピーなどになってしまった。
 ついでにコンビニで野菜を買ってしまった。今までは野菜を扱っていなかった店だったがやはり経営的に厳しいんだろうか?

 リュックが重くなったので改めて出直してポタリング(笑)。
 途中目についた八百屋や小さなスーパーで買い物。できるだけ大手スーパーはやめて一般の店で買って上げようと思う。
 ついでに住民票を取りに行ったのだったが、考えてみれば今日は祭日。何だかなぁ。
 必要な用事は半分しか済ませられなかったような感じである。

150211garmin
距離: 14.63 km
タイム: 56:57
平均スピード: 15.4 km/h
高度上昇量: 121 m
カロリー: 370 C
平均気温: 14.3 °C
tb: --   cm: 0

高山・白川郷への旅  


 絵の取材旅行ということで、高山・白川郷へ行って来た。もちろん自転車は無し、キャンプも無し。温泉有り(笑)。

 今からはるか40年ほど前に大学の友人2人となぜか女性2人と一緒に、大学のランドクルーザーで2週間ほど旅をしたことがあるが、そのコースの中に高山が入っていた。できれば白川郷へそのまま抜けたかったのだが、3月末頃だったにも拘わらず、白川郷へ抜ける道が雪のために閉鎖されていた。当時、冬には白川郷、五箇山は雪に閉ざされた集落だったのだ。それが今はバスでも40分ほど。便利になったものだ。

 天候の方は生憎の雪。それも結構な吹雪状態。
 だから大した写真はないが、気になった風景だけ、いくつか貼っておきます。

 150208 150208
 150208 150208
 150208 150208

 150209 150209
 150209 150209
 150209 150209


 150210 150210
 150210 150210
 150210 150210
 150210 150210

 ちなみに今回個展に出した絵の一枚がこちら。

 150210
tb: --   cm: 0

テニスクラブ他…カン太21.5Km  


 今日は晴れ後曇り。
 しかし、明日からまたしばらく自転車に乗れないので、テニスクラブに置いてあった案内状などを引き取ってくるか…とひとっ走りしてきた。

 友人達と雑談をして「そのうちまた来ます。腕を磨いておいて下さい。」と帰って来た。
 しかし、家に近づいてもまだ10Kmにもならないのでちょっと物足りなく思い、舞岡公園方面のいつもの道を走ることにした。
 それほど無理もしていないので気持ち良く走ってきた。

151207garmin
距離: 21.53 km
タイム: 1:29:19
平均スピード: 14.5 km/h
高度上昇量: 178 m
カロリー: 534 C
平均気温: 12.1 °C
tb: --   cm: 0

個展の収束と友人のこと  


 本日も良い天気になった。しかし個展の後始末をやらなければいけないので今日も走れない(;_;)。

 個展は準備作業も大変だが、同様に収束作業もなかなか大変。
 まず芳名帳に記帳していただいた方の名簿整理。昨日までかかってしまった。
 なかなか適切なソフトがないので、いろいろやりくりしている。エクセルで管理しようとも思ったりするが、ちょっと物足りないところもあり、ハガキ印刷ソフトを使っている。
 そして今日は届いた絵の整理。額から外し、額はそれぞれの箱に収納して終了。結局丸1日かかってしまった。

 ところで、私をロードへの道に引きずり込んだ友人が個展にも顔を出してくれた。相変わらず激しい行動ぶりである。
 ロードではひいひい言いながら120Kmくらい走っているらしい。何と彼のロードは6Kg弱の重量らしい。フレームはもちろんだがハンドルもホイールもカーボンの筈。するとそれくらいの重量になるのか。驚きである。
 そして一昨年は少し暇があったらしく、東海道(500Km余)と中山道(600Km余)を歩き通したらしい。35~40Km/日のペースだと言っていた。いずれ金比羅さん巡りにも行くつもりらしい。
 中山道では、絵のセットを持って歩いている人がいたそうな…。家族に言われて携帯電話だけは持っているものの、それ以外は絵を描きながら歩いていたらしい。
 鹿が歩いている後ろをついてきたり、日中から猪が民家の回りでうろうろしているのも見たらしい。野生動物が中山間地域の生活を脅かしつつあるのだろう。

 歩きながら彼も考えたらしく、昨年でアウトドア用品を揃えたと言っていた。「乞食道を究めるか…」などと言っていたから、私より遥かに過激である(笑)。
 かくいう私は、今のところは、いろいろクッカーを試しながら遊んでいるというところ。ご飯を炊くには自作のアルコールストーブでアルコール25~30CCのほったらかし炊飯で十分(これで2食分)。その間に他の料理をつくっても良いし、ご飯を蒸らしている間に料理をしても良い。難しく考えることはないということがわかってきた。
 しかし、今はほとんど1日2食生活だからそれだけ使う機会が少ないのがちょっと寂しい(笑)。

*     *     *     *     *

 ところで皆さんは、こういう類の本 が出ているのをご存じでしょうか?
 必ずしも1日3食は必要ないようですよ。私の場合は腹が減ったら食べる…としていたら1日2食が丁度良いようだと思うようになっただけですけど…。
tb: --   cm: 0

LEATHERMAN SkeletoolCX ストレートブレード SKC-L  


 一週間の個展が終わり、今日はのんびりです。

 そんなところへこんなナイフ「LEATHERMAN SkeletoolCX ストレートブレード SKC-L」が届きました。私が特に欲しかったのはこのプライヤーとビットキット。だから最小限の機能のものを選択しました。このデザインも好きでしたし…。
 だからついでにこれ「LEATHERMAN BITKIT」も注文していました。
 届いたのは殆ど同時間でした(*^_^*)。

 150204 150204

 早速ケースに入れてみたらbitkitの方もスッポリ入りました。これなら自転車にも使えそうです。

  150204

*     *     *     *     *

 昨日、第6回個展が終了しました。
 初めて動画を撮ってみましたので、ここに掲載しておきますね。
 来場者が一人いたのでそれを避けようとしたり、動画撮影には慣れていないのでカメラがグラグラしています(笑)。

 
tb: --   cm: 0