ポタポタ時々記

シンプル&スローライフ途上の思い、出来事、買い物記録などです。

このところ忙しかった  


 足の方は今月中旬には回復しており問題はないのだが、そうなると教室の再開やら、さらに新しい教室の講師を依頼されたり…と忙しくなってしまった上に、来月初めの旅行の準備などドタバタしていた。
 まだしばらくは忙しくなりそうだ。

 忙しい時ほど自転車の方も問題が出てくるようだ。
 Bromptonの方は、Folding状態が移動させているうちにバラケてしまうようになってしまったので調整が必要になってしまったり…。

 Bromptonは緻密に設計されていて、あちこち部品をいじると必ずと言って良いほど他に支障が生じてくることが多い。今回は、以前脱落した「Lower Stop Disc」の緩みも多少はあったもののそれが主因ではなく前輪に取り付けられた「BROMPTONの前泥除けのステー」の前輪車軸部分が緩んでいたことによるものだった。
 原因がわかれば後は簡単。何とか調整できた。


 150531

tb: --   cm: 0

Hot Candy Heater 到着!  


 知る人ぞ知る 「Hot Candy Heater」。 こんなものが到着した(笑)。

 150529

 こんなケース付きである。(左写真)
 私はこんな形で持ち運ぶのことになるのかな?(右写真)

 150531 150531


 こういうものがあることを、最初にどこで見つけたものか忘れたが、もしかしたらBromptonでソロ旅をしているこちらのサイトで見たのかもしれない。 使用するにはプレヒートが必要だということで使うのも結構面倒そうだが、私の性格上こういう製品は見逃すわけには行かない(笑)。
#ちなみに、上で紹介した方はvargoヘキサゴンウッドストーブと組み合わせて使って見た様子を書いています。 ご参考までに…。

 この製品は常に品切れとなっている。実は入手はなかなか困難なのである。
 毎月末に発売されるのだが私は3回目にしてようやく入手できた。というのは発売2・3分で売り切れてしまうからである。挑戦しているうちに次第に申し込みのノウハウがわかってきて、今回は発売1分以内で購入を確定できた。 しかし、さすがに夏に向かうこの季節、今回だけは売り切れるのに40分ほどかかったようだ。

 入手するのはこれからしばらくがチャンスかもしれない。関心をお持ちの方は、上記リンク先のページをチェックしておく必要があります。多分25~26日頃、発売時期が告知されると思います。

 これから半年、のんびり使い勝手を試してみようと思う。
tb: --   cm: 0

テニスポタ…ブロ太11.0Km  


 今日は良い天気。
 大分足も良くなってきたので、久しぶりにテニスに行くことにした。帰りに買い物もあるので今日はブロ太である。

 テニスは完全に2ヶ月ぶりになってしまった。もう足の傷の方は完全に治っていると見て良いだろう。ただ傷跡はまだ少し残っているが、随分きれいになってきた。
 身体の動きはまだぎこちない気がしないでもないが、今日は慎重にプレーをしたら結構成績の方は良い。慎重に動いている分、ミスが少ないというだけなんだけど…。
 さすがに後半の方になると疲れてプレーが雑になる(笑)。

 皆と別れた後、いつものコースを帰ったのだが、少しは寄り道をしたくなっているのは身体が動き始めているからだろう。

 150526 150526
 150526 150526
 150526 150526

 久しぶりに走行軌跡の地図でも掲載してみよう。
 今年はほんとに走っていないなぁ。但し、ここにはカン太の走行軌跡は入っていない。

 150526map
tb: --   cm: 0

ACU迷彩柄 カバー付き ミリタリーキャンティーン 水筒でお遊び  


 そう言えば、このくらいの大きさの手頃な水筒がないかも…と思ったので、昨日、気軽にポチッっていた 「ACU迷彩柄 カバー付き ミリタリーキャンティーン 水筒 WW2 第二次世界大戦タイプ」 が届いた。評判も悪くないから試してみるか、という感じで…(笑)。まあ 「nalgene(ナルゲン) 1リットル キャンティーン ボトル オアシスBPA」 などと比べれば安いものだし…ね。
 心配していた臭いもなく、まさに新品だった。
 「US キャンティーンカップ スタンド 米軍払い下げ」 もあると面白いとは思うが、私の場合多分あまり使わないしそこまでは期待していない。
 デジタル迷彩色のデザインも欲しくはないが、まあ気楽に行こう。

 150525

 付属のアルミコッヘルカップは意外と分厚くごつい。さすがミリタリー仕様(笑)。取っ手用のリベットが概ね200ml、400ml、600mlの目安になりそうだ。
 これだけの容量があれば、使い勝手も良いだろう。
 バリと言うほどではないが、カップの縁をヤスリでなめらかにして、早速、以前作ったこちらのストーブで遊んでみた。

 150525 150525

 着火剤にもいろいろあるが、今日のところは丸めたティッシュにアルコール数滴。付属のポケットが小さくて使えないという評価があったが、着火剤とかファイアスターターとか、入れる物はありそうだ。
 シリコンチューブは「火吹竹」代わり(まさかAmazonで入手できるとは知らなかった)。これがなかなか効果的である。かがまなくて良いし、目的の場所も無理なく狙える。それに、何よりかさばらないのが良い。
 これだけの燃えさしで、周りを汚すこともなく200mlを沸かすことができた。もちろん最高の条件で…だが。

 外側の汚れもティッシュで拭うだけ。どこまで汚れるか試してみたいものだ。

 
tb: --   cm: 0

トランギア・アルコールストーブの蓋のミニ改造  


 またまたYoutubeネタ。
 
 「トランギア アルコールバーナー専用 後付け取っ手 TR-B25」 というのを掲載している人がいた。(この人もチャンネル登録している。)
 そうだよなぁ。これはこれで便利だよなぁ…なんて思っているうちに、この蓋は別に重い訳じゃないから、作ろうと思えば簡単に作れるじゃないかな?と思ったら、とたんに作ってみたくなった。

 材料はミニクリップ。そして、以前、トランギアの専用五徳を作った際に余った1mmφのステンレス棒。

 簡単に作った割には悪くない。
 使い方は、他のアルコールストーブと全く同じ。

 150524 150524

 念のためにクリップは両面テープで固定している。そしてさらに固定力を高めるため、裏側の出っ張りとクリップの中央部がはまるようにクリップ中央部を少しだけ加工してみた。蓋を操作するにはこれで十分だと思う。
#下に見えている余計なクリップは外してしまった方が見栄えが良いが、まだ動かすかもしれないので残している。
#両面テープは熱で緩む可能性があるのでこの方法を試される方はご注意を!

 150524

 改めて検索してみたらこんなの「工作/trangia TR-B25 フタにれいの取っ手を加工」が見つかった。こういうのも良いよね。
 でも私だったら。もともとの回転軸の穴を利用してこれを作るかな?
 延長が稼げないから難しいかな?2段式にしたらどうかな?…なんて発想が広がるね(笑)。

tb: --   cm: 0

自転車はここまで折りたためちゃうんだね  


 今更だけど、折りたたみ自転車には不思議に興味をそそられるものがある。
 いろいろ考えて選んだBromptonだから、他に目移りしている訳じゃないけど、折りたたみ自転車の課題は重さにあると感じている。

 今日のFBでこんな記事「自転車はここまで折りたためちゃうんだね」を見つけた。

 150522

 このコンパクトさ、この軽さ(9.5Kg)は素直にすばらしいと思う。しかしあえて素材がチタンででなくても良いような…。

 
tb: --   cm: 0

自転車を5秒で「電動自転車」に変えるコンバージョンキット「Rubbee」発売決定!  


 FBをブラブラしていてこの記事を発見。
 以前もどこかで書いたような記憶があるが、ようやく発売が決定したらしい

 150518

 しかし残念ながら、官僚天国かつ国民には規制ばかりの日本国内では使えない。


 そう思ったら、同じページにこんなのも見つかった。
 「自転車を電動アシスト自転車にする「add-e」―自転車の美しさを損なわないデザイン」
 おっ?これの方が良いじゃないか…と思ってよくみれば、これも日本の公道では使えないという。

 150518

 でも、これなら使っていてもわからないよね。実際(笑)。
 日本でも開発すれば良いのにねぇ。
 どうして日本ってこういう発想に弱いんだろう。機械メカニズムの精緻化だけはせっせと行うのに…。

 これも厳しすぎる規制のせいなんだろうと思う。結局のところ。
tb: --   cm: 0

クレイジークリー​ク・ヘックス2.0 オリジナルチェア  


 自転車でのキャンプを考えていくうちに自然にUL(ウルトラライト)とまではいかなくても軽さを重視するようになってきた。
 イスを欲しいと思ったとたんに高さをどうするか?という問題が生じてしまった。つまり普通のイスでは、簡便なローテーブルを使用すると腰が痛くなるということに気づいてしまったのである。
 かといって通常のイスを使用しようとするとテーブルも高さのあるものが欲しくなってしまう。当然重量も増えてくるということになる。

 だから、まずはロースタイルを基本にすることにして、これ「クレイジークリー​ク・ヘックス2.0 オリジナルチェア」を購入したのだが、ローテーブルとの相性がピッタリだった。場合によっては、シート一枚で大地をテーブルにしたって良い。 私としては大正解だった。 (紹介動画はこちら)
 但し、立ったり座ったりを頻繁に繰り返すのには適さないので、それを覚悟しておかなければならないが…。

 150518

◆まず、この手のイスの選択肢はそう多くない。しかも頑丈さを求めるとこれしか選択肢がなくなるほどである。
◆しかも広げればフラットになるので、使わない時には足下のマット代わりにもなるなど、汎用性もある。
◆それなりにしっかりした作りなのである程度の重量は覚悟する必要はあるが、足がないだけ軽くはなる。
◆実際に使ってみると座り心地もかなり良い。
 座ると腰回りが包み込まれるような感じでかなり安定する。
 様々な姿勢も許容してくれる。
 足の代わりに、多少高さのある台のようなものの上で使えば殆ど足のあるイスと変わらない 等々。

 お勧めである。
tb: --   cm: 0

自転車の取り締まりが強化! 6月1日の道路交通法改正の注意点  


 ネットで標記のような記事に気がついた。

 内容的にはあたりまえのことだが、こうした記事はいつ消えるかわからないので、一応大切な箇所を抽出しておこう。
 しかしもっと大切なのは、自転車に乗るためのマナーをしっかり教育するシステムをつくることだと思うのだが…。

◆ 安保 隆 @AmboTakashi
元々、警察による自転車取り締まり強化は、自転車に対する任意保険導入が目的と言われていた。天下りが関係しているのだろう。結局、「警察の利益」「保険会社の利益」が増えて「自転車利用者の負担が増える」ということになる。
http://d.hatena.ne.jp/Takaon/20150521/1432185332

◆参考:【知らないと完全アウト!】6月1日スタートの「自転車の新ルール」がとにかく厳し過ぎる!
 
*      *      *      *      *


 「自転車の取り締まりが強化! 6月1日の道路交通法改正の注意点」

今回の改正の最大のポイントは、自転車の取り締まり強化です。ほとんどの方(特に子供たち)は知らないと思いますが、道交法上自転車は軽車両なので、違反をすると免許がなくても取り締まりの対象となります。

では、自転車の場合、どんな違反が青切符の対象となるのでしょうか。これについても、今回の改正にあたって道交法の中に具体的に盛り込まれています。以下の14項目です。

1.信号無視
2.通行禁止違反
3.歩行者専用道での徐行違反等
4.通行区分違反
5.路側帯の歩行者妨害
6.遮断機が下りた踏み切りへの進入
7.交差点での優先道路通行車妨害等
8.交差点での右折車妨害等
9.環状交差点での安全進行義務違反等
10.一時停止違反
11.歩道での歩行者妨害
12.ブレーキのない自転車運転
13.酒酔い運転
14.安全運転義務違反

1・6・12・13のように分かりやすい項目もありますが、ちょっと分かりにくい項目もあるのではないでしょうか。日常、通勤・通学・買い物等で自転車に乗るレベルで気をつけるべきポイントをまとめておきます。

・道路の左側を通行しなくてはならない(右側通行は一発アウトです)
・歩道がある道路では、原則車道を走らなくてはならない。止むを得ず歩道を通行する場合は、徐行しなくてはならない
・歩道がない道路の路側帯(道路の端に引かれた白線)で歩行者の通行を妨害してはならない
・スピード違反(道路の標識より遅い速度でも、歩行者に危険な状況があれば摘発の対象となります)
・一時停止の標識(止まれ)では、一旦止まって足を地面につけなくてはならない
・一方通行路で「自転車は除く」という条件がついていない場合は、逆走してはならない
・携帯電話やイヤホンで音楽を聞く等のいわゆる「ながら運転」
・夜、無灯火での走行
・道路等周囲に危険が生じる場所に自転車を放置すること

いかがでしょうか? それがダメだなんて知らなかったという方が多いのではないでしょうか?

私が今回のテーマで一番書きたかったことは、違反をして捕まるリスクのことではありません。事故の加害者となるリスクのことを知っておいた方がいいということです。

もう1つ、この記事の読者の皆様にお勧めしたいことがあります。それは、家族の誰かが自転車に乗るのであれば、ぜひ「自転車保険」に加入して欲しいということです。自転車保険というと何か敷居が高い感じがすると思いますが、年間の保険料が数千円で入れるものがほとんどですし、相手に対する賠償と共に自分の負った障害も補償されるものが多いです。

警察の方と話をする機会もあり、これまで触れていないことでいくつか分かったことがあるので、以下に追記しておきます。

・雨の時、傘を差して自転車に乗るのもアウト。どうしても乗る場合は、レインコートを着用してくださいとのこと。透明のビニール傘ならOKという話がまことしやかに広まっていましたが、都市伝説だったようです。
・2人乗りも一発アウト。ただし、小さい子供専用の椅子がついていればOK。前後に椅子をつけて3人乗りまでは道交法上認められているそうです(実際は危ないですよね。子育て中のママはぜひお気をつけください)。
・2台でおしゃべりしながら並走するのもアウト。これも家族や友だち同士で、ついやってしまいがちかもです……。
tb: --   cm: 0

シマホポタ…ポン太15.0Km  


 今日も良い天気。明日は天気が悪そうだから今のうちに走ってこようと、今日は久しぶりのポン太で出かけた。
 と言っても今日は特に目的があるわけではなく、シマホにでも行ってちょっと買い物でも…という気分で出かけた。

 一昨日のこの田も、今日は苗が植えられている。そう言えば一昨日は、この右に田植機が留まっていたっけ。

 150515

 今日は、途中で花を撮ったり、ツタの絡まる家を撮ったり、バラの生け垣を撮ってみたりと、普段気にかけないものを撮ってみた。

 150515 150515
150515

 そして定番の休憩ポイント。今日のポン太にはお尻に荷物を背負わせている。今日の買い物は小物ばかりだから、これで十分。
 
 150515

 こうやって久しぶりにポン太に乗ってみると、ポン太にはポン太の良さがある。適度に走るし、ハンドルさばきも軽快で良い。
 足裏の傷も随分良くなって、日常的には意識することがなくなった。下旬からはテニスも再開しよう。
 あとは脚力をもう少し回復したい。

 150515
tb: --   cm: 0

このところの買い物  


 このところ、家にいたせいでいろいろなものが届いている(笑)。

 先日届いた荷物は カン太用の輪行袋「OSTRICH(オーストリッチ) 輪行袋 超軽量型 [L-100] ブラック」。どうやら配送料を見落として高いものを注文してしまったらしい。
 輪行袋は以前別の物(前輪だけを外したもの用)を注文していたが、だんたんそれでは肩身が狭くなってきた。

 150512

 次いで、昨日届いたのが、「SEA TO SUMMITアルファライトロングスプーン」。これはCozyと深クッカー用のスプーンとして。
 使ってみたが、この長さはなかなか良い。

 150512

 そしてどうしたわけか、「Spydercoのアンビシャス」「OPINEL#8 41478」が届いている(笑)。

 150512 150512

 前者は、こちらのページ「自転車とアウトドアライフ(遊び)>Spyderco:アンビシャス(オススメのナイフ)」をみているうちにムラムラしてきた。もちろん、Spydercoのナイフには様々なものがありこれを見ただけで決めたわけではないが、いろいろ見比べていくうちに、私が想定している使い方と価格のバランスでこれにしようと思った。
 サイズは小さめとは言え、私がワンタッチで開閉するにはギリギリの大きさ。これ以上大きければ私には使いにくいということになったかもしれない…と納得。しかしやっぱり片手での開閉はちょっと怖い(笑)。
 でも徐々に慣れてきたら、これもなかなか使いやすい。いつも手元に置いておき、気楽に多目的に使おうと思っている。

 後者は、前々から調理などに欲しいかも…と思っていたもの。先日紹介のBlueBushcraftさんのお勧めリストの中に「キャンプ道具・アウトドアギア / おすすめナイフ・刃物・マルチツール (2014年6月17日)」というのがあり、それを見ているうちに、安い物を見つけたので買ってみた。
 これはこれでまた愛着を感じてしまう。

*      *      *      *      *


 ナイフも随分増えてきたが、これで一段落にしておこう。
 下は、アウトドアに関心を持ってから購入したナイフ群。
 一番右は「LEATHERMAN SkeletoolCX ストレートブレード SKC-L」「BITKIT」
 赤いのは「VictorinoxラックサックNL」

 150518

 それ以外のものも含めるとこんなナイフが…(笑)。あきれますねぇ。
tb: --   cm: 0

上郷・森の家…カン太29.2Km  


 時季外れの台風一過で、やや風が強いが晴れ渡った。
 こんな時にはポタリングしなくちゃ…というわけで今日はカン太にした。

 最初はいつもの舞岡公園。もうすっかり緑が濃くなった。これからは絵を描くには緑の色に悩まされる季節になってしまったようだ。

 150513 150513

 150513 150513
 150513 150513

 いつもだったらそのまま上永谷方面に抜けるのだが、今日はいたち川の方へも行ってみる気になった。やはり走ることが気持ち良いんだろう。
 その前に、ちょっとふじやま公園にも寄ってみる気になった。

 150513
 150513 150513
 150513 150513

 その後、公園の奥にさらに進んでいったら、やけに高台に出た。前にもここは来たことがあるけど…。
 どうやらこのあたりの最高位置かもしれない。

 150513 150513

 その後一気に下っていつもの道に出たところで「上郷・森の家」のサインが目についた。ふと、どんなところか見てみようという気になった。自転車散歩は気楽で良い。
 ところが「森の家」は思ったより高いところにあったが、それだけに周りは緑ばかり。なかなか良いところ。まるで別世界である。こんな施設がこんな場所にあったとは…。
 施設としてはビアガーデンも、バーベキュー場まであった。

 150513 150513

 さらに奥に進めばどうやらこのあたり一帯を「横浜自然観察の森」というらしい。
 立派なトイレの先は「自然観察センター」の建物。この人は円海山の方から歩いてきたとか…。一体どのような道をたどってきたのやら…。子供たちの行事もたびたび行われているらしい。
 ガイドマップを見ると、それなりにトレッキングコースができているようだ。どれほどの人が歩いているのか…ちょっと気になる。
 とにかく今日は舗装コースのみ。

 RIMG2024.jpg
 RIMG2025.jpg RIMG2026.jpg
 
 下りの道に入ってさらに進めば「野鳥の監視所」なども…。

 150513 RIMG2029.jpg

 ふと下を見れば、なにやら静かなところでワインを飲みながら昼食らしい二人も…。思わず「良いところですねぇ」と声をかけたら、友人を自分のお気に入りの場所でのランチに誘ってここへ来たらしい。
 話しが弾んで、最後のワイン一杯と、八街町住まいのその友人が買ってきたというおつまみ(小粒のピーナツ)までいただいてしまった。話しの中で、私が絵を描いているということで、たまたま持っていたiPadの中の絵を見せたら、その中の一枚「高山の雪景色」の絵などでお二人が高山出身の友人だということまで話しが発展してしまった。たまにはこんなこともある(笑)。

 150513

 その後は先日の石橋を再訪してみたが、先日の絵を描いたアングルは完全に逆光になってしまっていた。今日は反対側の方が絵になりそうだ。

 RIMG2033.jpg 150513

 その後は、いつものいたち川コースを下っていつもの道をたどって帰還へ。

 こんな新しい発見のあった今日は、とても充実した気分である。

 150513garmin

*      *      *      *      *


 <樹陰の石橋:F6>
 樹陰の石橋:F6
tb: --   cm: 0

「しまなみ海道の旅」  


 FBをブラブラしていたら、LORO CYCLEWORKS のこんなページを見つけた。

 150512

 「なんとBROMPTONイギリス本社のWEBサイトに「しまなみ海道の旅」動画がピックアップされました!」というものだった。

 150512

 やっぱりしまなみ海道には行かなくちゃね。
tb: --   cm: 0

cozyができた  


 今日は天気があまり良くないので、まずは安曇野スケッチ旅行の準備。

 そして午後、気になっていたアルミの断熱シートを買ってきた。ダイソーの「ドットボーダー(アルミ)レジャーシート」(60×120cm)というものが良さそうである。「ウルトラライトスタイルvol2」の中にあったcozyを作ってみようと思ったのである。

 150510

 必要な寸法をとれば、残りは絵を描く際、荷物置きや尻を下ろすための本来の目的のためにもちょうど良いサイズとも言えそうで具合が良い。
 最初は少し大きめにカットしてみたが、中でガサつくのも困るし、できればメスティンは入れたい…ということで、この本にあった作り方に、自分なりの改良を加えて(と言っても少し寸法をいじっただけ(笑))こんな風になった。ベルクロは、使い勝手を考えながら…である。
#上のガラケーは、この夏にはiPhoneに替える予定。

 150510

 良く考えてみたら、これは裏表逆にすべきだった。ちょっと色が恥ずかしいが、ものがものだけに仕方ない(笑)。

*      *      *      *      *


 と言うことで、裏表逆にしての完成型がこれ。

 RIMG1975.jpg RIMG1974.jpg
 RIMG1973.jpg メスティンをくるんでみた。

 「尾西のアルファ米」BlueBushcraftさんがやっている「カップヌードルごはん シーフード」などはこんな感じかな?

 RIMG1976.jpg

 「カップヌードルごはん シーフード」をジップロック袋で試してみたが、やはりちょっと食べにくい。
 カップ物ならそのまま保温できれば便利だと思ってくるんでみた。何とかギリギリだった。このあたりがサイズの上限になるかもしれない。

 150513

 ここまで来れば、「コンテナコジー」も選択肢としてはあり得る。
 でも私は、コンテナに関しては、これ「Cozy Sack」を使おうと思っている。


 実際に使ってみると、機能的には全く問題なくうまく使えている。
 但し、接着タイプのベルクロが熱でずれてしまうのには参った。仕方ないので、一部縫い付けたりしたので見栄えは美しいとは言えない感じになった。
 次に作る機会があったら、今度はきちんとした接着剤でくっつけるようにしてみよう。

*      *      *      *      *


 ちなみに、最上部の写真のような形でこれを使うにはこれ「SEA TO SUMMITアルファライトロングスプーン」が便利そうだ。
tb: --   cm: 2

ブロ太で買い物7.6Kmとグルーブストーブ作り  


 今日はまあまあ過ごしやすい天気だったかな?

 足裏の傷も随分きれいになってきて日常的には殆ど意識しないで済んでいる。今日からは絆創膏もやめにした。

 久しぶりに駅方向に行く用事ができたので、ブロ太で出かけた。買い物のついでもあったし…。
 しばらくカン太に乗っていると、やはりブロ太は重い。

 買い物ついでに、グルーブストーブを作るためにジュースを買ってきた。
 まずは、ジュース缶を三分割。

 RIMG1962.jpg

 左写真。
 左側が今までのもの。ナルゲンじゃないけど、これにピッタリ収まるボトルがあった。右側が今回作ったもの。
 キャップをかぶせると炎が安定するらしいので、今回はこれも作ってみた。確かに炎は安定するらしいが、それ以上に火力が強くなったようだった。炎とポットの底の距離ができたからだろうか?

 右写真。
 新しいストーブの方はキャップが邪魔してそのままでは入らないので、こんな感じになった(笑)。
 頭部のオレンジを残したかったのだが、あっという間に燃えてこんな色になった(笑)。
 キャップがなくても使えるが、しばらくはキャップの状況を見てみよう。
 今回、私のキャップはそのままジュース缶の頭部を使ったものだが、動画で見たのは底部を使った物だった。キャップの効果が確認でき、また機会があれば底部をキャップにしてみよう。それに内部のグルーブを作る時、ちょっと力を入れすぎて一部を破損してしまっているので、それも作り直してみたいし…。
#それにしても、このグルーブストーブお勧めです。簡単に作れて効果が実感できるでしょう。

 RIMG1963.jpg RIMG1964.jpg

*      *      *      *      *


 ということで、作り直してみた(右側)。面倒なので内部のグルーブはやすりがけなし。
 キャップはあってもなくても良いが、キャップをつけるとすればやはり右側の方がスマートだと思う。
 ということで、少しきれいにやすりをかけてみた(右写真)。

 150512 RIMG2038.jpg


 
tb: --   cm: 0

ステンレス風防の基本イメージ  


 今日は工作の日と決めて、まずは、宿題になっていたお絵かき用のイーゼルを4枚作成。

 時間が中途半端に余ったので、ステンレス板の梱包を解いてみた。
 0.1ミリ厚のステンレスがどの程度の物かわからなかったが、届いてみればかなりしっかりしたものだということがわかってホッとした。いくつかを作ってみるには手頃のサイズである。

 まずはULとしての550ml~650mlサイズのポット、あるいはメスティン小で使える物を考えてみた。アルコールストーブは自作のグルーブストーブあるいはトランギア等のものを想定。
 サイズは65ミリ×460ミリ。高さは「FREELIGHT Titanium 550 CookPot」の中に収まるように考慮したもの。長さは全長の半分。
 ハサミでも切れるのだが、エッジが微妙に波打つのがいやでカッターで挑戦した。一緒に購入した物が役立ったようだ。
 まだ、空気取り入れの穴は開けていないが、まずは一列で良いのではないかと考えている。
 両端のつなぎもできるだけ簡便にしたいと思い、まず100均セリアで買ったネオジウム系磁石を使ってみたら、これがどうやらピッタリ。問題は熱で磁力や素材が変化するのかどうかだ。
 メスティン用にはメスティンの中に収まる高さにしたい。ついでにメスティン専用のグルーブストーブも作りながら考えてみることにしようか。
#しかしグルーブストーブではいつもなら25ccですんだアルコール量が30cc。ちょっとエネルギー効率が悪い。それにメスティンの場合吹きこぼれが気になりそうだ。

 でもまあ、こんな感じで何とかいけそうだ。同じデザインの風防でも、ビールの空き缶製よりはかなりスマートになってきた(笑)。
 しかし今度はステンレスの鏡面がきれいすぎて、手の跡が汚い(笑)。

 140506 140506
 140506 140506

*      *      *      *      *


 翌日、一穴パンチ(5.5mm)で空気取り入れの穴を開けてみた。穴の間隔は13mm、穴の高さは一穴パンチを目一杯押し込んだより2~3mm下げている。

 自作のグルーブストーブと市販のアルコールストーブ(五徳付き)には少し高さの差がある。

 150507 150507

 150507 一列穴だけなら一穴パンチが簡単。

 これなら簡単かつ美しくポットの中に収まる。

 150507
tb: --   cm: 0

今日届いた物  


 以前からよく見ているページに「BLUE BUSHCRAFT」さんのページがある。
 なかなかおしゃれなページを作っている…だけではなく、キャンプの動画を見てもやることがなかなかスマートなのだ。最近、ネットで購入した本「ウルトラライト スタイルNo2」もこの人のページを見て買ったような…。私が買ったのもKindle版である(笑)。
 その中にMYOGという世界が紹介されている。これを見て初めて知ったのだが、ULギアを自作することを称してそう呼ぶらしい。
 この人も、その世界にちょっと足を踏み入れたらしくステンレスで風防を作っている。それを見たら私も作りたくなってきた。ビール缶をカットしただけではなんとなくわびしいし…(笑)。

 それで今日届いたのがこれら。

 150505

 最後のランタンもこの人のページで見て気に入ったもの。それまでは「たねほうずき」を考えていたが、こちらの方が私の好みに合った。
・久宝金属製作所ステンレス板 巻物 R130 0.1X300X920mm ¥ 1,347
・オルファ 特専黒刃 大 LBB10K¥205
・オルファ リミテッドNL LTD-07¥636
・Black Diamond(ブラックダイヤモンド)モジ¥2,592

 考えてみればイーゼルも何枚か作らなければならなくなっているし、またやることが増えてしまった(笑)。


 
tb: --   cm: 0

シマホ散歩ポタ…カン太15.8Km  


 今日は良い天気。
 足裏の傷はもう表面は完全にふさがった。それに今日あたりからは踏み込んでも痛みを感じなくなったので、朝、写真を撮ったのだが、それ以後は忘れていた。

 そうなるとやはり足慣らしが必要だ。今日もカン太で出かけた。

 途中、COOPとシマホで買い物。写真を撮るようなところは走らなかった。今日は基本、足慣らし。

 大分、足の感じが戻ってきたような気がする。
 やっぱり慣れることは大切だ。最低でも毎日10数キロは走る方が良さそうだ。

150505

距離: 15.80 km
タイム: 57:29
平均スピード: 16.5 km/h
高度上昇量: 99 m
カロリー: 382 C
平均気温: 23.9 °C
tb: --   cm: 0

いたち川ポタ…カン太19.5Km  


 今日も良い天気なので、ポタリングに出かけることにした。明日はそれほどの天気ではなさそうだから…。

 150503 いつもの長屋門。
 150503 150503
 150503 150503
 150503 150503
 150503 150503

 今日のカン太。

 150503 150503

  やっぱりスピードとケイデンスが伸びない。

150503garmin

距離: 19.48 km
タイム: 1:14:20
平均スピード: 15.7 km/h
高度上昇量: 106 m
カロリー: 469 C
平均気温: 28.4 °C
tb: --   cm: 0

久々の舞岡ポタ…カン太15,8Km  


 今日は良い天気。
 足の傷は土踏まずでもかかとに近い方なので、自転車に乗るにはあまり影響はない。もう傷も癒えてきているので久々にカン太に乗ってみた。

 まずは無理しないで、もっとも気楽なコース。舞岡公園である。
 もうすっかり緑が濃くなってしまって、絵を描くには魅力が乏しくなっているようだ。

 150502 150502
 150502 150502
 150502 150502
 ここにもコーヒースポットを見つけた(笑)↑ 今度コーヒー休憩をしてみよう。
 
 カン太のフロント・バッグもそろそろこれに落ち着いてきたようだ。サイズも良いし、使いやすい。
 150502

 脚力は思ったほどではないが若干弱っているのは感じる。しばらくは意識的な運動が必要そうだ。

 150502garmin
tb: --   cm: 0

足裏手術最後の診察  


 とうとう5月になってしまった。
 今日は足の手術の抜糸後2度目の診察。

 昨日、教室などで歩いたせいだろう。足のむくみはかなりとれている。
 もう歩き方もかなり普通の状態になっており、注意してみれば多少足をかばっているか?と見えるほどだと思う。

 午後の診察では、もう全く問題がないということで、あっけないほど。
 今回は、防水でも何でもない普通の粘着性絆創膏に交換。これは3.4日ではがれるが、はがれたらもう絆創膏も必要ないということらしい。もはや普通に歩いて良い段階らしい。

 つまり、今日が最後の診察。結局、通常より2週間ほど遅延したということになるのかな?
 まあ、この手術、問題があったが最小の影響で切り抜けたということらしい。
 後は普通に気をつけていくだけ。良かった。

 帰り道、好日山荘に寄ったが、何も買わないで帰った。偉いえらい(笑)。
tb: --   cm: 0