ポタポタ時々記

自転車を中心とするスロー・ライフや時々の買い物記録などです。

テニス~まさかりが淵…カン太13.2Km  


 今日は良い天気。
 明日はいつものテニスはないということなので、久しぶりにテニスクラブの方へ行ってみた。
 ハッキリ記憶していないが、恐らく1年半ほどのブランクがある筈である。もったいなかったが…。
 ゲームの方は調子が出ず、負け数の方が多い。仕方ない。2時間半ほど楽しんで今日は終了。

 その後、やや疲れはあるものの、近くのまさかりが淵に足を伸ばしてみた。自然にそんな気分になってきているようだ。今日は比較的涼しいことだし…。
 今日はここでコーヒータイム。
 新しい携帯のカメラ、思っていたより良さそうだ。

 150629 150629
 150629 150629

 その後もいつものコースを回り、買い物をしながら帰ったが、足の疲れ方が今迄ほど辛さを感じない。疲れ方が比較的心地よい。
 徐々に手術以前の調子に戻りつつあるようだ。
 
 150629garmin

 たまにはということで、今までのカン太の走行距離を調べてみたが1832.7Kmと思ったより少ない。
 まあ走っていないんだから仕方ない。
tb: --   cm: 6

携帯がとうとう「簡単携帯」になった(笑)  


 今日は終日曇り空だった。

 今までの睡眠不足・疲れがあったのだろう、少し寝坊をしたので、午前中はダラダラ過ごして午後から最近恒例になっている胃と大腸のカメラ検診のための予約に出かけた。検尿でタンパク質が±と出たのは、少し疲れがあったからだろう。

 その後気になっていた携帯の機種変更の手続きのためにauショップへ。
 iPhoneにしようと以前書いた記憶があったが、実は携帯は通話とメールくらいしか使っていない。そして、以前の高校同期との飲み会で友人のiPhoneを見て、その画面の小ささに圧倒的に不満を感じてしまっていたので、ガラケーとiPad(ここではiPadMiniのこと)の2本立てで行くことにしていた。
 ということで、本日はまずは携帯を機種変更することにした。
 今度の機種は「簡単携帯」
 ワンセグも必要ない機種と希望したらこうなった。結果的に、年齢相応のものになってきた(笑)。これなら殆どわからない機能はない。本当に実用的機能だけ(笑)。
#ちなみに、以前も書いたかもしれないが、こちらが私のモバイル遍歴。よくまあいろいろ触ってきたものです。

 150627

 ついでにiPadをどうしたら良いか?とも考えていたので、それについても聞いてみた。

 今だったら、モバイルルーターで3991円/月。新規iPadで64Gbで5385円/月との返事だった。しかも契約時期からみれば7月1日からが良いと言う。
 そうそう、自宅のインターネット環境はJ:comなので、スマートバリューだったか…多少通信費が安くなるという。 
 さあどちらになるかな?

*      *      *      *      *

 簡単携帯。 実際に使ってみるとなかなか良い。特に、通話(話すこと)についてきめ細かな配慮があって驚く。
 私が必要とする携帯の機能はどんどん少なくなっているが、携帯自身は着実に進化しているんだと改めて感じるものである。

 150627garmin
tb: --   cm: 0

セリア・テニス…カン太18.8Km  


 「ブロンプトンで愉快な珍道記」のbigfish333さんもしまなみ海道への旅(の「中間試験」でした…私の早とちり(笑))に出たようだ。その準備品として紹介してくれていた、セリアのスタンド・ロースター。これがなかなか使えそうなので買ってこようと思った。これで出かける口実ができた(笑)。
 しかし戸塚店には置いてないという。ネットで近くの店舗を調べて見れば下倉田店があるじゃないか。そこにはいくつかあるらしい。買い物するものと労力は全く比例しないが、今はそれも人生。早速4個ほどゲットしてきた。実際に手にしてみると、なかなか使えるかもしれないと思う。
 
 ところが帰路、途中でマスク(Respro)を駐輪場のところに落としてきたらしいことに気づいたが、もう後の祭りとあきらめることにした。

*      *      *      *      *

 さて、本日はテニス。
 コートに向かう途中、撮影してみた。このあたりは私のコーヒーポイント。いつの間にか橋の下に居住者がいるらしい。この1~2ヶ月のことである。
 安倍政権の政策のために、これからこういう人も増えるんだろうと思うと複雑なものがある。
 これほどのキチガイ政権が日本に生まれるとは予想もしていなかった。しかもマスコミも、それを何も追求せず戦争への道を無批判に報道する御用マスゴミばかりだったとは…。

 150623 150623

 テニスの方は今月から2週間に1回のペースになってしまっているので、なかなか調子が出ない。
 もう少し増やさないといけないかなぁと思いながら、コーヒーポイントで一休み。今日はスティックコーヒー。

 こんなところでも、一人でぼんやりしていると気持ちが落ち着く。昔、天竜川の川縁で石投げをしたりなど、何かと心を休めていたことを思い出す。

 150623 150623
 150623 150623

 コーヒータイムの後、昨日の店、セリアに行ってみようと思い立った。買い物もあるのでサミットで買い物ができるだろうと思ったのだ。もしかしたら、昨日紛失したマスクがあるかもしれないという淡い期待もあった。こんな判断は自転車がなければとてもできるものではない。

 (セリアが入っている)サミットの駐輪場に行くと、片隅にマスクが落ちているのを見つけた。やはりここは日本なんだねぇ。見つけた人も、物がモノだけに手にとって見る気がしなかったのかもしれないが、とにかく私の手許(正確には口許と言うべきか(笑))に戻った。何となく得した気がするもんだ。

 買い物の後は、今まで走ったことのない道を帰った。最近は、新しい道を走ることは殆どない。もう近場の道の様子は大体わかってしまったからなぁ。少し走るモチベーションが落ちているのはそのせいなんだけど…。
tb: --   cm: 0

焚火台の自作…完成  


 昨日は、友人の展覧会やら名古屋から出てきた友人達との飲み会。
 ついでに、東急ハンズで必要な部品(とりあえず2φステンレス針金)などの買い物をしてきた。
 ステンレス板も見るだけは見てきたが、厚0.1mmの上は0.3mmになってしまう。ここまでの厚さは必要なさそうな気がする。感覚的には厚0.2mmが妥当だと思う。しかし、この価格と作業の大変さを考えると、これで手作業の自作を考える気にはなれそうもない。

 さて、本日天気も悪いので、その続きを進めてみることにした。

 組み立て完了のイメージがこれ。

 150621

 焼き鳥の串を使うとこんな感じ(左写真)。
 そして、15cmの角網を使うとこんなイメージになる(右写真)。
 高さ、大きさとも、ソロ用としてはなかなか良い感じだと思う。

 150621 150621

 しかし問題が一つ。燃焼台の剛性が高くないのでグラグラしてしまう。
 仕方ないので、背後に余ったステンレス板と針金でこんな補強をしてみた。

 150621

 全体はこんな部材群。
 セリアのファスナーケース(小)に入れてみたが、金網と串がちょっと入らない。残念。
 これで(ファスナーケースも含めて)168g。
 もちろん、この下にはカーボンフェルトを敷いた方が良いでしょう。

 150621 150621

 今回は針金だけど、チタン板などを使えばグラツキ防止はできる。

 というわけで、焼き鳥の串をカットしたりして微調整。カーボンフェルトも敷いてみた。
 ついでに自作の風防も入れて、こんな形で収まることになった(15角網だけがちょっとはみ出す)。
 カーボンフェルト、風防、ついでにシリコンチューブの火吹き竹も入れて、全部で188gとなった。

 150621 150621
 150621

 一部、ステンレス板の接合箇所の改良の余地はあるが、なかなか良くできている。ちょっと自画自賛である(笑)。
 問題は、この厚さで使えるかどうかだけど、仮に使えなかったとしてもモデルの提示はできたのではないだろうか。

 誰かちゃんとしたのを商品化してくれないかなぁ(笑)。

*      *      *      *      *

 せっかくなので実験してみた。焼き鳥串も収納のことなどを考え、余分なリングを取り去りさらに1cmほど短くしている。
 燃料はガリガリ君の棒数本。割り箸数本。
 燃料が良いせいもあるが着火は簡単。燃焼状態も良い。燃料の補充も簡単。小さいけど焚火の雰囲気も十分感じられる。
 ものの数分で300mlが沸騰。
 だけど、炎が集束されないのでポットには盛大に煤が付着する(笑)。

 150622 150622
 150622 150623

 ソロとしてはこれで十分な気もしてきた。ステンレス板もこの程度のことなら格別の変形はなさそう。
 はずみで作ってみたとはいえ、なかなか良いものができてしまった(笑)。

 問題は炭火などで長時間使用した場合かな? どのように変形するものなのか想像もできない。
tb: --   cm: 0

焚火台の自作イメージ  


 最近ちょくちょく見ているこちらのサイト「ブロンプトンで愉快な珍道記」。 最近のテーマはブロンプトンで旅に出るための装備の精査といったところらしい。
 自転車旅と、私の狙いと近いだけでなく、良く研究しているようで、何かと参考になることが多い。
 そうした中で、この人の関心の一つは軽量の焚火台であるらしい。新しく購入したり検討しているものもあるようだ

 そう言えば、ソロ用の焚火台なんてのはあっても良いかも…。
 この人の検討しているものもなかなか魅力的だと思うが、たまたま今日は天気も悪いし、先日風防用に購入したステンレスを使えないだろうかと思考を巡らせてみた。
 先日の「MG IMPORTオリジナルアルコールランプ」を焚火台にして、風防に金網を載せるような焚火台もどきも考えたのだがあまり面白くない。

 そこでステンレス風防を作った余り部材を使って何かできないかと、自分なりに考えて見た。もちろんステンレスの厚さが薄いので簡単に変形してしまうだろうから、試作品にしかならないと思うが、もし、これで使えれば儲けものだと思って…。
 私が参考にしたのはこちら「ピコグリル 398」である。

 材料不足なので、とりあえずこんなところまで作ってみた…というところ。
 基本的にはダイソーで売っている15cm角の網を使えるように、そして、網を使わない時にはペグなど2本で五徳を使えるようにしたいと思っている。この下にはカーボンフェルトを敷いた方が良さそうだ。
 サイズはB6カードよりわずかに大きめ。セリアのファスナーケース(小)に収まるようにできそうだ。

 焚火台だけなら「MG IMPORTオリジナルアルコールランプ」の上に置くだけで良い。
#15cmの角網と、中に入っているのはガリガリ君の棒(笑)。

 150620

 これだけでも自立するが、分解するとこんな感じ。

 150620 150620

 セリアのファスナーケースとB6カードとのサイズ比較。

 150620 150620

 様々な調整ポイントがあって、作りながら寸法を決めていかないとならないので、けっこう面倒だ。
 2度目にはもっと上手く作れるんだろうけど…。


 こういう役にも立たないことを考えるって、どうしてこんなに楽しいんでしょうね(笑)。
tb: --   cm: 0

BROMPTON(ブロンプトン)で世界を旅する二人が大阪にやってきた!  


 FBのLORO CYCLEWORKSのページからのリンクでこんなページを知った。
 「BROMPTON(ブロンプトン)で世界を旅する二人が大阪にやってきた!(動画あり)」

 そう、私も旅をするならこのスタイルが良いと思う。

 私も若い頃にBromptonを知って、もっと暇があったらこんなことをしたかったなぁ。
 でもあの頃は、カネもヒマもなかった。残念だがそれが人生というものかもねぇ。

 ブログで知った人の中では、Bromptonで積極的に旅をしている人にこんな人がいる「ブロンプトンで愉快な珍道記」。その行動力がうらやましくもある。良いねぇ。

*      *      *      *      *

 そしたら、それに連続してこんな記事があった。なんだか関係がありそうななさそうな…。(笑)

◆北川 高嗣

なるほど。
《学生時代にやっておくべき7つのこと》

1.何かに夢中になる

2.海外を経験する

3.難関資格を一つ、取得する

4.会社を作って、潰す

5.お酒と異性の経験を積む

6.ギャンブルを経験する

7.人間のクズのような生活をする

詳細はこちら↓

http://www.sy-br.co.jp/kigyo/post-903/
tb: --   cm: 2

テニスポタ…ポン太12.9Km  


 何となく怪しい天気だけど、テニスの日。
 何しろ少人数で成り立っているテニスグループなので欠席するわけにはいかない。それに、脚力回復のためにも運動は不可欠。

 今日は、気軽に出かけられるということでポン太で行くことにした。
 いつものように坂道を下っていったがやけに身が軽い。それで思い出した。新しいウェストバッグをつけただけで、肝心のラケットや靴の入ったリュックを忘れていた。
 このまま行っても役に立たないから、仕方ない。もう一度坂道を登って忘れ物をとってきた。まあ足を鍛えると思えば良い。

 テニスの方は、可もなく不可もなく。何となく身体のバランスは悪いが、これが今の体力というものだろう。

 帰ってきて、絵を描いただけ。
 たまには掲載しましょう。こんな絵でした。
 150609
 

 
tb: --   cm: 0

MG IMPORTオリジナルアルコールランプの評価等  


 昨日、 MG IMPORTオリジナルアルコールランプ が届いたので、早速いじってみた。

◆まずは全体の大きさ

 エスビット・ポケットストーブ(以下「エスビット」)との大きさを比較してみた。
#エスビットにゴムで束ねてあるのは、風防とゼロストーブの円筒部分(2分割)である。ゼロストーブの底部分は内部に入っている。 エスビットに内蔵できるアルコールストーブで最も効率が良いのがこれだった。

 MG IMPORT MG IMPORT
 MG IMPORT MG IMPORT

 手持ちのウコン缶・カーボンフェルトストーブとジュース缶・グルーブストーブを入れてみた。
 高さを揃えれば、これらは重ねて入れようと思えば入れることができる。
 MG IMPORT MG IMPORT

◆作りは予想通り。決して良いとは言えない。ハッキリ言ってチャチである(笑)

 ボックスの精度も良くないし、パンチングもこんな具合。
 MG IMPORT MG IMPORT

 おまけのアルコールバーナーは、直径60mm、深さ24mm。実用上はアルコール60ml程度だろう。
 蓋がユルユルで簡単に回転してしまうので、金槌で打ち付け回転を渋くした。
 MG IMPORT MG IMPORT

 作りが粗いのはこんなところにも…。
 この底のデコボコには笑ってしまった。また、取っ手が縁にひっかかってしまうのでゴムを削った。高さを調整して取っ手のL字の向きを逆にすれば良いのに…と思ってしまう。
 MG IMPORT MG IMPORT

◆使ってみたが…

 まあ使えないことはない。ただ、アルコールを燃焼させるだけだと炎のゆらぎが大きく、私としては何となく気持ち悪い。
 カーボンフェルト・ストーブの方が炎が中央に収束するので、まだ許せるような気がする。
 
◆そこで若干の手直しを試みた

 自作のストーブに入れ替えてしまう考え方もあるが、せっかくなので、このおまけのストーブを活かしてみようと思った。

 まずは風防を追加。この風防は側壁の高さに合わせて多少上下できるように配慮している。
 これは、いずれステンレスで作り直したい。
#筐体の大きさと風防の関係がほどよいように思う。これ単体で使えるところは評価できると思う。
 そして、内部にウコン缶を入れ、二重のカーボンフェルト・ストーブにしてみた。これは湯沸かしだけの場合に内側だけを使うことにすれば効率を上げられるのではないか?と思ったのと、ほったらかし炊飯の場合の火力調節もこれで多少はできるのではないかと考えたのだが…。少なくとも単なるウコン缶より火力が強くなるわけだから、うまく使えば炊飯時間の短縮にはなるだろう。
 MG IMPORT MG IMPORT

◆そして、内部に入れられるものは…

 一例だが、アルコール25ml、100均ライター、風防がこんな形で入った。
 MG IMPORT

 ネイチャーストーブとしても最低限実用に耐えるだろうから、価格なみの作りのものだとしても許せるレベルだと思う。気楽に使うには良い。

 もちろん本格的にトランギア・アルコールストーブを使う場合も、エスビットでは五徳にできないが、このストーブであれば、このままこれを五徳にして使うことが可能である。そこが一つの利点である。

*      *      *      *      *

 改めてステンレス版(厚0.1mm)で風防を作ってみた。
 五徳壁の角度に合わせて、一応高さが調整できる(笑)。
 10mlのボトルも追加して入れることができた。

 150515 こんな形状に作っている。
 150515 150515


*      *      *      *      *

 早速炊飯してみた。
#最近は炊飯にもすっかり慣れて、どんなクッカー、どんな燃料を使おうと、吹きこぼれ時間から概ね6分後を目安に、湯気の出方と音で失敗なく炊飯できるようになっている。

 結果的には大成功だと思う。
 この二重のカーボンフェルト・ストーブは様々な使い方ができる上に、蓋によって火力調整が可能なため、微妙な調整がしやすいことがわかった。
 今日の結果では、いつもより2分早く蒸らしに入ることができた。
 これをメスティンの中に入れておけば、これだけで炊飯できるというわけである。これでメスティン(大)にも対応できるだろう。

 トランギアアルコールストーブを使っても、大きさと言い、高さと言い、ちょうど良い感じ。

 なかなか使いやすいのではないかと、ちょっと気に入ったかも。
tb: --   cm: 0

MG IMPORTオリジナルアルコールランプ購入  


 本日 「 MG IMPORTオリジナルアルコールランプ」 …こんなものをポチってしまった。 「すでにポケットストーブがあるじゃないか?」と言うなかれ。実は単体で炊飯までできるセットを持ちたかったのである。
#評価を見るとかなり低い。しかし、書かれている内容は、手直しすれば良いだけのことのように思える。

 150606

 どういうことか?
 今までの経験から最も気楽に炊飯できるのは(つまり「ほったらかし炊飯できる」のは)アルコールストーブのカーボンフェルトタイプのように感じている。これなら付属のストーブをそのように使えそうだし、全体の大きさもポケットストーブより少し大きいだけで許容範囲だと感じたのだ。エスビット・ポケットストーブ・ラージの大きさに比べれば遙かにマシなように私には思えたのだ。
 それに、この深さが重要だと思ったのである。上記の製品ページには長々しくこういうタイトルがついている。「アルコールバーナー用五徳にバーナーがオマケでセット 収納できてで超コンパクト!エスビットのように固形燃料も使える!!「折りたたみバーナーベース&MG IMPORTオリジナルアルコールランプ」」。 つまり、「折りたたみバーナーベース」という機能に期待したのである。
 恐らく、これだけの深さがあれば手作りストーブを納めることができるだろう。場合によってはアルコールやライターなども同梱できるかもしれない。そんなことを考えている。
#ちなみに、エスビットのスタンダードでもゼロストーブを、苦労はしているが納めている。しかし、ネイチャーストーブとして使うにはやはり少しでも大きい方が良いことは確かだろうと思う。

 届いたら、それら考えていることを検証してみよう。
tb: --   cm: 0

安曇野スケッチ旅行  


 二泊三日の安曇野スケッチ旅をしてきました。
 基本的にはアウトドア関連なので、こちらにも再編集して記事を掲載しておこうと思いましたが、それはあまりにも芸がない。それにアウトドアと言っても他の人たちが一緒なので一人でアウトドアライフを楽しむわけにも行かないし、皆に振る舞うには人数が多すぎる…というわけで、ただ外で絵を描いていたというだけの3日でした(笑)。
#それでも関心がある方はこちらをご覧下さい

 本当は、こういう時に一人であれば、絵を描きながらもアウトドア生活を楽しむこともできるんでしょうが…。

*      *      *      *      *


 ところでこれ、何だかわかるだろうか?(笑)

 150606

 実は間違って冷蔵庫に入れてしまった「ガリガリ君(カフェオレ)」を、改めて冷凍庫に入れ直して固まったもの。
 すっかり形が変わってしまった。でも味はあまり変わらなかった。ただ、中に入っていたミルクがどこかへ行ってしまった。(笑)
tb: --   cm: 0

展覧会から石井スポーツへ  


 今日も良い天気。
 日曜画家展が市民ギャラリーで行われていて、今日が最終日。生徒さんが2人出しているというので行ってきた。
 実は、以前関内駅前にあった市民ギャラリーが工事のために桜木町に移転して以来、ここを訪れるのは初めてである。

 桜木町の駅を下りてから野毛動物園の方向らしい。こんな昔の風情を残した坂道を登っていく道だった。

 150601

 展示を見終わった後は、近くにあった伊勢山皇大神宮という施設が目についたのでちょっと寄り道。

 150601 150601
 150601 150601

 その後は坂道を下って桜木町駅へ。
 桜木町から関内へ出て、石井スポーツへ。

 150601

 実は昨日もここへ来ているのだ(笑)。
 中華街でランチをした後、ここへ寄ったのだが、衝動的に左のベスト(The North Face Globe Trekker Vest)を買ってしまっていた。今週出かける安曇野のスケッチ旅行の際に使えるかも…と思ってしまったのである。
 現在、「夏期岳人祭」ということで、メンバーズカードを持つことにしたら一割引になるというので、もちろん新規加入。サービスとして右のマグカップがついてきた。色がイマイチ、サイズも私の日常使用にはちょっと小さめ200ml?だがまあいただいておいた(笑)。

 150601 150531

 今日もまたここ(石井スポーツ)へ来た理由は…なんとカウンターに愛用のカメラ(リコーGX200)を忘れてしまっていたのを引き取るためである。情けない…。
 そして、今日も店内を見ていて、こんなものを見つけ購入。もちろんこれも安曇野スケッチ旅行のためである。
 High UV Protection BUFF とある。つまり通常は紫外線保護のものである。そのほか、防虫、反射シート等個別の機能が付加されているものが同じ場所に陳列されている。私の製品はCoolMaxとあるから、涼感を感じられるということだと勝手に解釈。
 私のように、今まで着る物には全く無頓着だった人間はこんなに多機能な製品はきっと選ぶのに間違うに決まっている。

 150601

 アウトドアにはまるにつれて、着る物も山用品になってきたが、確かに機能性が高いことは認める。しかし、価格の方も今までの数倍は覚悟する必要がある。安物買いですぐにイヤになってしまうのも困るが、高い品物を買っていくのもなかなかしんどい(笑)。
 なんだかんだ言いながら、アウトドア製品は面白い。また防災的にも機能的にも優れていることは確かだし、持つことになんだか喜びも感じたりしてしまうのも確かである。もっと以前からアウトドア製品を知っていれば今の生活はもっとシンプルなものにできていたかもしれないとも思ったりする。

 そして、その後はまた中華街。昨日の店でランチ。今やこの店は私のいきつけになってしまっている。
 また次の週末には高校時代の同窓生達との宴会である。

 150601 150601


 本日の写真はもう一台のカメラ リコーGRIIで撮影したもの。
tb: --   cm: 0