FC2ブログ

ポタポタ時々記

シンプル&スローライフ途上の思い、出来事、買い物記録などです。

「alite(エーライト) モナーク チェア」到着  


 出来るだけ荷物は増やしたくない。いやむしろ今ある荷物をそろそろ減らして行かなくてはならない。

 それなのに、休みになるとネットを見る時間が増える。そうすると欲しいものが出て来てしまう。
 …必ずしもそういう訳じゃないのだが、絵を描くのに何かピッタリしたイスが欲しいと思うようになったのだ。今はイーゼルを使って立って描いているから、荷物を軽くするには座るのが一番だから…である。
#実は、スケッチ用のイスは持っている。アウトドアはロースタイルで行くと決めていたはずなのに、それでもこういうイスが欲しくなってしまう。とうとう我慢できなかったと言うべきか(苦笑)。

 本当は「Alite (エーライト) メイフライチェア」が良いと思っていたのだが、このイス何故か高価格で停滞している。似たようなイスで「Helinox(ヘリノックス)グラウンドチェア」という選択肢もあるのだが、これも高額だし、ちょっと評価は低めだ。足元がめり込まない構造なのが良いというだけかな?

 そんなものを見ているうちに、このイス「alite(エーライト) モナーク チェア」(¥ 6,890)に気がついたというわけ。
「Helinox(ヘリノックス) タクティカルチェアミニ」という選択もなかったわけではないが、これなら今のお絵描き用イスで十分のように思ったのだ。
 もともと価格は高めだが他の似たようなイスに比べるとかなり安い。足の構造は地面にめり込みやすそうだが、しかし、この構造なら軽いはずだし、絵を描く時には座ったままではいられないわけだから、動きやすいこのイスは良いかもしれない。
 それにしても、色によって1000円くらいの差がある。どうしようか迷ったが、こんなところに拘っても仕方ないと覚悟を決め、最安の色「オレンジ」を選択した。

 190430

 到着までに一週間以上かかると思っていたのに3日で到着。平成最後の買い物になった。
 宅配でこれを受け取った時、あまりの小ささに、何が届いたんだろうと思ったがまさかイスだとは思わなかった。
#今日は価格が610円高くなっていた。

 まだお試しで座っただけだが、なかなか良いかもしれない。
 ただ、姿勢を変える時、少しだが座面も変えなければひっくり返ってしまう(笑)。
 
tb: --   cm: 0

ビール缶ソロストーブ等のその後  


 猫トイレ用ひのきチップ(ペレット)を買ってしまったので、使わないといけない(笑)…というわけで、このところ「ビール缶ソロストーブ」を使うことが多い。
 大分慣れて来て、ペレット大さじ2杯を入れ、木質系着火剤・親指の先ほどを砕いて入れ、牛乳パック一切れに着火して入れてやるだけで、後は放置する…という手順で着火後8分~9分で400mlを沸騰させることができるようになった。
#これは、最初にBE-PAL付録の焚き火台に使えるかも…と考えて作った一重のジュース缶のもの(後述)より、はるかに扱いやすい。

 ちなみに、現在、水400mlを沸騰させるのにこれだけの着火剤及び燃料で約8分半ほどである。着火後本燃焼に移るのに1分ほどだろうか。以後は放置するだけである。途中、煙が出ることも殆どなくとても扱いやすいストーブとなっている。
 残った灰もこれだけである。ただ、もちろん煤だけは避けられない。

 190429
 190429 190429


 現在は写真で見る「FIREBOX GEN2 Nano Stove」を五徳として使っていて全く不都合はないのだが、何となく単独で使いたくなり、専用の五徳を作ってみたのだったが…。


 考えてみたら、この「ビール缶ソロストーブ」は薄いアルミの構造だけでクッカーを支えることになるわけで、とても安心して使えそうもない。
 せっかく作ってしまったから、最初に作ったこちらのストーブで使うしかなさそうだ。
#ただ、こちらの方はうまく燃焼している時には2次燃焼は見られるものの、基本的には単なる焚き火台に近いので、安定状態に移行させるまでにどうしても工夫が必要になるし、時間がかかる。そこが難点である。
#このストーブは、BE-PAL付録の焚き火台にも使える(その場合、排気が不足勝ちになるのかどうか、煙が出やすくなる)のだが、そうすればもちろんこの五徳は不要になる(笑)。
#あるいはこのセットだけでも固形燃料やアルコールを入れる皿さえあればアルコールストーブとしても使うことができるから、そういう選択肢もある。


 190429

 

PS
 この五徳、グルーブストーブのアイデアなどをいただいているLittleBitWorks(りるびわ~くす)さんのアイデアによるものである。この五徳も傑作だと思う。
 そして、この焚き火台「陽炎」。これまた素晴らしい。いつか機会を見つけて作ってみたいものだ。

tb: --   cm: 0

モーラ・ナイフ:エルドリス(Morakniv Eldris)のベルト作成  


 以前、衝動買いしてしまった「モーラ・ナイフ:エルドリス(Morakniv Eldris)」(¥ 3,996 )。ファイヤースターター、パラコード、セカンダリーロッキング等は全く付属していない裸のままの製品だったものである。
#いつだったか、これが凶器として使われたらしいという刑事ものTVドラマがあったようだが、普通これじゃあ無理でしょう(笑)。

 ポケットナイフの通常の使い方として首から下げて使えるようにしようと、自在結びを使ってこんなものを作っていた。
#パラコードはありあわせのものである。

 190428

 しかし、さすがに見苦しいし使いにくいので、改めてロックできる機構(これをセカンダリーロッキングと呼ぶのだろうか?)を作ってみた。
 本当はもう少し革が厚い方が好ましいし、パラコードも適切なものがなかったのでこれまたあり合わせの玉鎖だが、一応、使いやすくはなったようだ。

 190428 190428
tb: --   cm: 0

自作と言うには大げさだが…「調味料入れ」  


 先日のカフェ。
 連れが頼んだタピオカについてきた太ストロー(12φ)をもらっていたので、以前Youtubeで見て試して見たかったのだが、こんなものを作ってみた。
 とりあえず中に入れたのは、キャンパーにはお馴染みの「川瀬スパイス」。

 末端の処理は、ダイソーのロングノーズ・プライヤーで挟んでライターで溶かす…という方法である。
 両端を閉じて密閉するも良し、私のようにキャップ式にしても良いだろう。

 190427 190427

 作ってみた感想では、斜めカットはハサミよりナイフが良い。ハサミでカットした時の鋭角の部分がキャップをするのに不都合だと思うからである。

 調味料入れに関しては、多くの人々がそれぞれ工夫しているのを見ることができる。市販のいろいろな容器もある。
 本格的に調理するような人は別だが、私のようにソロを前提と考えるなら、これならアウトドアで使うくらいの量として手頃だし、振りかけやすい。特に「粉もの」の調味料程度であれば、これで十分のように思う。
 コーヒー一杯分の粉だとギリギリだろうか?
 この方法が使えないのは「液もの」だが、最近は「液もの」にはスプレー式の容器が良いかも…と思うようになっている。
#「液もの」でも使い捨て覚悟で行くなら、この方法も有効だと思うが…。

 太いストローは百均にも売られていると思ったが、私の記憶ではそれは8φくらいだったと思う。
 購入するならこんなもの「日本製 タピオカストロー 半透明 30本セット 直径12mm×長さ180mm (約) タピオカ用ストロー」がある。これなら直接中を見られるので、私自身、試して見ても良いかも…と思っていたのだが。

tb: --   cm: 0

ペトロマックスのファイヤーケトル  


 ふり返ってみれば、私のアウトドアへ関心に火を点けたものが「ケリーケトル」だったように思う。
 そしてその後、ストームケトルやらギリ-ケトルなど、同じような製品もいろいろあることを知ったが、皆同じような使い方だった。それが今ひとつだった。

 しかし、それが随分使いやすくなってきているようだ。
#構造上、相変わらず容量に比して大きすぎるというのは、これは仕方ないが…。
 そう思ったのが「PETROMAX(ペトロマックス) ファイヤーケトルFK1」だった。(参考:その使い方が良くわかるのがこちら「Petromax Fire Kettle fk1」
 調べてみたら、同じようなサイズで「デザートストーム」というものもあるようだ(説明に「ノーマルサイズのコーヒーカップに4杯分」とあるが、これは間違いでしょう。)。サイズ的にはこちらの方が小さいようだ。
 どちらも500mlらしいが、欲を言えば700~800mlくらいがあれば…とは思う。

 190427 190427

 こういうものがどうしても私の心をくすぐるようだ(苦笑)。
 しかし今となっては、ULを前提とする私にはもうあまり必要ではないのが哀しいというか、寂しいというか…。

*     *     *     *     *

 今、TVでたまたま「わたなべ夫婦」(今回初めて知った)を扱っていた。ブログとYoutubeの収入で、以前共働きしていた時より収入が多いらしい(笑)。
 Youtubeの広告収入も、いつまでも今の条件で続くものではないようだから長く続けられない生活だが、こういう生き方があっても良いと思うし、いつまでも、自由な生き方が可能な国であって欲しいものだ。
tb: --   cm: 0

究極のNTO  


 このタイトルだけ見て何のことかわかる人はそう多くないと思う。
 NTOと書いて「なっとう」と読ませるらしい。しかも、あのおもちゃの会社、タカラトミーアーツの製品らしい(笑)。

 南信州出身の私は、納豆を食べたことがなかった。
 それが中学生の終わり頃、「世間は納豆というものを食べるらしい。しかも美味いという。それなら一度は食べてみたいものだ。」ということで食べてみた。正直言って「なんだこりゃあ。」と言うものだった。それ以来口にしたことはなかった。
 ところが大学に入ったら寮生活。食事の何回かに一度は納豆が出てくる。これじゃあ食べないわけにはいかない。
 そんな生活を続けるうちに、いつしか普通に食べられるようになった。今では普通によく食べる。しかし決して、美味いものだと思って食べたことはない。安くて栄養があるから食べているようなものである。

 製品のキャッチコピーは「美食家魯山人の愛した究極の納豆を再現!!」とある。
 しかも、参考価格:¥ 3,024に対して、私の購入したものはこの価格 「究極のNTO」(\1000)だった。
 
 190426

 こんな製品を知ったのは、先日のHITOさんの新しい動画「BE-PAL ステンレスMINI焚き火台×COCOpanグリルM 究極のNTOで納豆パスタ」からである。
 タカラトミーアーツには、この他いくつかの「究極の…」シリーズがあるようだが、結構良い価格である。今はとりあえずはこれをお試し…としておこう(笑)。
 これで納豆が大好物になるなら、それはそれで結構なことである(笑)。

*     *     *     *     *

 27日、到着したので早速試して見た。

 まずは、組み立てに手こずった(笑)。全てプラスティック部品である。しかし、それにしては良く出来ている。特に回転数に応じて醤油差し口が開くなどどんな機構になっているのか…(笑)。「ちょっと懲りすぎじゃないか!」と突っ込みたくなるような仕様だが、そこがおもちゃメーカーのこだわりなんだろうと思う。

 できることは、ただかき回すだけのことだから至極簡単なことである。
 ただ、専用の回転槽があり、途中で醤油差しができるだけ。今まで納豆を食べるのに別の入れ物に移すなどと言うことをあまりしたことがなかったから、それでも納豆の食べ方が変わって来るだろうと思う。
 これからもいろいろな食べ方を試してみたくなる仕掛け…だと言えないこともない。
tb: --   cm: 2

PCが壊れたかと覚悟した  


 先日のこと。

 PCのスイッチを入れたら、「セットアップ」と「バイオス」に関するメニューが出たきり全く反応しなくなった。
・ハードリセットしてもダメ。
・セーフモードで立ち上げ直してもダメ。
・コンピュータシステムを以前の状態に戻してもダメ。
 このまま新しいPCを買い直さないといけないかと、ちょっと覚悟した。

 このPC、残念ながらシステム立ち上げのためのCDを作っていない。しかも、相変わらずショートカットが作れないままである。

 こうなったら、あらゆる接続を外して、もっともシンプルな状態で立ち上げなおすしかないか、と手間だなぁと思いながらやってみた。

 結果、どうやら外付けHDDドライブとの接続辺りに問題があったらしい。
 無事、立ち上がった。

 次はMacにしようかとも思ったりしていたのだが、ある水彩画団体との関係上Windowsが必要なこともある。
 まだしばらくはこれを使っていかなければならないんだろうと思う。
tb: --   cm: 0

運転免許証の更新  


 運転免許証更新の期限が来たので、おっくうに思いながら出かけた。

 運転免許証は22歳くらいに取得した。以来、無事故無違反…なんて威張ってはいられない。
 その間殆どはペーパードライバーだし、50歳頃、息子が車が欲しいというので車を持つようになったが、私自身は車の運転が好きではないし(車の運転には特に気を使うし、車の運転中回りの風景を楽しむこともできないからだが…)、正直言って、そんな具合だから運転が上手くもない。

 息子が自立してからは、10年ほど前に車は放棄したし、旅先でレンタカーでも使う機会があるかもしれないと思っていたが、実際にはそれ以来運転する機会は無かった。
 本当はもう返上しても良いのだが、身分証明書代わりに(写真付きの証明書が必要な時もあるという)更新しておいた方が良いのではないか、という薦めがあったので更新することにした。

 3月末、講習会の予約を入れようと思ったら、何と5月末まで予約できなかったなんていうことだったのだが、そういうことも更新の手続きには影響するのかもしれないと考えながら、どれほど時間がかかるやら…と思いながら、最寄りの警察署に行った。
 窓口の指示に従って動いたのだが…。
◆交通安全協会へ行き、証紙、写真購入
◆申込書類を受け取るために、窓口近くの機械に運転免許証を挿入して手続き。パスワードを要求するので何のことかと思えばどんな数字でも良いと言う。何だか変な機械だ(笑)。
◆それらを持って窓口へ提出。
 これで本日の手続き終了。
 全部で10分ほどだろうか。あっけなく終わった。

 後は、高齢者講習を受けて、その証明書を持参するだけである。
tb: --   cm: 0

新バックパック「ウィメンズ・レフュジオ・パック26L」  


 今まではNorthfaceの20lを使っていた。
#残念ながら、今やその画像を見つけられない。

 これは、買い物にも、旅先での移動にも、iPadMiniがスッポリ入る「パーゴワークス PF01 パスファインダー L ライトオリーブ 」との組合せにも便利で愛用していた。
 しかし、さすがにくたびれてきたのと、サイドポケットが浅いため飲み物ボトルを入れると落ちやすいのが難点だった。そして、ウェストベルトが着いているのは良いのだが、却って日常の利用にはちょっと不便な思いもあった。

 先日、久し振りに中華街ランチをした流れでパタゴニアを訪れた時、このパック「ウィメンズ・レフュジオ・パック26L」(¥ 12,420)を見つけた。商品名からは女性向けらしいが、そんなことは関係無い。

 本日、改めてパタゴニアに行き入手した。色はClassicNavyである。

 190425

 今度はかなりしっかりした作りだから、背負い心地は悪くない…というよりかなり良い。
 容量は20l→26lになり、ポケットの数・形状などは今までのものとあまり変わらないから、殆ど同じ使い方になる。
 カメラはコンデジを使いやすい位置に着けられるだろう。
 「パーゴワークス パスファインダー」は取り付ける工夫をしないといけない。
 F6水彩紙だけ別に持てば(背中に外付けすることも可能だろう)もしかしたら絵を描くにも使えるかもしれない。

 ちなみに、先日購入の「OUTDOOR PRODUCTS カメラポーチ01 バーガンディ ODCP01BGD」には、空いている上部に交換電池を置けるよう、こんなものを作ってみた。これならカメラの出し入れにも邪魔にならないと思うのだが…。

 190425

tb: --   cm: 0

「DIME6月号」到着  


 先日Youtubeで見たのがwinpy-jijiiさんの「欲しいモノを付録で見つけた、これが付録なら買い。」
 実は、同様のもの「ベルト式吊り下げデジタルスケールEL10』」は既に購入している。だが、念のために…とAmazonを見たら、その時には新刊ものはなく、中古でプレミアのついたものしかなかった。
 何かのきっかけで少し時間を置いたら、新刊ものが出ていたので早速購入。それが今日届いた。
 これが980円ということはどういうことなのか?以前購入したものより10円安いじゃないか…こういう時代になったということなんだろうか。

 190425

 付録の「デジタルラゲージスケール」はこんな仕様。

 190425 190425

 使い方、あるいは使い分けはこれから考えよう(笑)。
tb: --   cm: 0

個人的製品の開発  


 これもいつも見せていただいているUNROOFさんのページだが、最近は「ミニマムウッドテーブルDIYキットの紹介 UNROOF」が紹介されていた。
 この人の動画も、特別説明的なものではないが、あちこちにきらりと光るセンスのようなものを感じるのが好きで見ていた。
#私個人としては、テーブルよりむしろ焚き火のリフレクターに惹かれるものを感じていたのだが…。

 テーブルは既に幾つか持っているし、木製のテーブルなら自分でも何か作れそうな気がしていたのであまり関心がなかったのだが、これは良い。板2枚分の厚さにキチッと収まり、大きさはF6より小さめだから、水彩紙と一緒に持っていくのに丁度良い。良く考えられている。プラモデル感覚で作れるキットとして開発しているのも良いアイデアであると思う。その詳細はこちら「ミニマム ウッド テーブル DIYキット」である。

 190414 190414

 こういう方が自分の好きなものを活かして、何かを開発していく様子を見るのはとても嬉しいと思う。

 同様な理由で、Bonfire StoveRSR STOVERSR NATURE STOVE、そして、DELTA STOVEなどにも惹かれてきたし、そうした製品が輝いていって欲しいと思う。
 ついつい応援したくもなろうというものである。

 私のスケッチ用のイーゼルやパレット台などももう少し詰めれば商品になるかな?…なんてね(笑)。
 でも市場があると思えないからこれで十分だけど…。

PS
 焚き火用レフレクターも発売を考えているらしい。
 「2点新作アイテム紹介]あえて雨で行くミニマムソロキャンプ (Part37) 」
tb: --   cm: 0

「ビール缶ソロストーブ」のその後  


 たまたま思いつきで作ってしまった「ビール缶ソロストーブ」であるが、なかなか使える。お気に入りのミニストーブになってしまった。

 ちなみに、燃料として大さじ3杯のペレットを投入。
 その上に、割り箸1本の半分ほどでフェザースティックを作り、その上に残りの割り箸1本余を適宜小さくしておいて、フェザースティックに着火し、火を大きく育てる。2次燃焼が起き始めるほど火が大きくなってくれば本燃焼に移行。ここまで3分くらい。
#チップが燃えるためには、ある程度の火力、燃焼時間が必要そうである。
 ポットを上に置きそのまま放置。7分後(着火後10分)には300mlが沸騰する。
#慣れる内に効率が上がり、スプーン2杯のペレット+割り箸1本+牛乳パックの切れ端(着火用)で400mlを完全沸騰させるのに着火後8分ほどになった。

 写真は最も火力が強い状態であるが、これは殆ど鎮火の1から2分前の最後の大炎上。それまではもっと安定状態で炎が維持される。途中、煙は殆ど出ない。ペレットを追加する場合にはこんな炎のタイミングかその前くらいが良さそう。火が消えそうになってからの追加では遅い。
 こんな具合に使えるストーブになっている。

 190414

*     *     *     *     *

 ところで昨日到着のソーラー電波腕時計のケースはこんなケース。何かに使えないか考えてみたら…。

 190414

 何と、偶然であるが、このストーブがキッチリ入ってしまうことに気づいた(欲を言えば1mmほどストーブが小さい方が良かったが)。しかし、この蓋の形式ではビールがつかえてしまって蓋を閉じることができない。

 190414 190414

 それで、箱と蓋を切り離してこうなった。
 つまり、見た目は「カシオ製ビール缶ソロストーブ」というわけである。思わず笑ってしまった。
 どうやらこれが完成形となりそうである。ケースまで出来てしまうとは思わなかった(笑)。

 190414 190414
tb: --   cm: 0

上野千鶴子氏 東大祝辞が話題…らしい  


 「上野千鶴子氏 東大祝辞が話題」。
 そんなニュースに気がついたので読んでみた

 この人の様々な主張について、まんざら知らないわけではないが、この祝辞については本当に強く共感する。
 いずれ消えるニュースなので、ここに記しておくことにする。

#ところが、今朝(15日)のTV「羽鳥慎一モーニングショー」では、これを性差別の問題に矮小化(こういうスピンの仕方もあるのか)し、コメンテイターも熱心に議論?。その後の小室圭の留学生活に関する話題はもっと酷かったが…。
 さすが、マスゴミである。

 
*     *     *     *     *

「がんばっても報われない社会が待っている」東大の入学式で語られたこと【全文】
                                                         4/12(金) 19:02配信 BuzzFeed Japan

上野千鶴子さん
「ご入学おめでとうございます。あなたたちは激烈な競争を勝ち抜いてこの場に来ることができました」

「その選抜試験が公正なものであることをあなたたちは疑っておられないと思います。もし不公正であれば、怒りが湧くでしょうーー」

4月12日に開かれた東京大学の入学式の祝辞が、話題を呼んでいる。【BuzzFeed Japan / 伊吹早織】

新入生約3100人を前に祝辞を述べたのは、ジェンダー研究(女性学)の第一人者として知られる、同大名誉教授の上野千鶴子さん。

上野さんは、東京医科大学が女子受験者を差別していた入試不正問題に触れ、「あなたたちはがんばれば報われると思ってここまで来たはずです。ですが、がんばってもそれが公正に報われない社会があなたたちを待っています」と述べた。

「がんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったこと忘れないようにしてください」と言い、社会に根付く構造的差別に目を向けるよう求めた。

さらに、東大入学者の女性比率が「2割の壁」を超えないことを挙げ、「社会に出れば、もっとあからさまな性差別が横行しています。東京大学もまた、残念ながらその例のひとつです」と指摘。

高校生新聞によると、同大の2019年度一般入試合格者のうち、女子は510人で、全体の16.9%だった。17年度の19.3%、18年度の18.2%と比べて比率は下がっている。

「世の中には、がんばっても報われないひと、がんばろうにもがんばれないひと、がんばりすぎて心と体をこわしたひとたちがいます。がんばる前から、『しょせんおまえなんか』『どうせわたしなんて』とがんばる意欲をくじかれるひとたちもいます」

「あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、そういうひとびとを助けるために使ってください」と訴えた。

次ページは:上野千鶴子さんの祝辞全文。

-- 続きを読む --
tb: --   cm: 0

新しい腕時計が来た  


 結局、あのままソーラー電波時計を発注していた。

 それが届いたので記録しておく。恐らくこの時計とのつき合いが人生の終了まで続くことと思う(笑)。

 左が今までの時計。右が新しい時計「[カシオ]CASIO 腕時計 ウェーブセプター 電波ソーラー WVA-M630D-2AJF」
 ごらんのようにデザイン的には大きな違いがない。そんなものをまた使おうというのは、それだけこの単純な時計がかなり気に入っているということでもある。
 見かけ上の大きな違いは、左の方が電波受信のためのアンテナが大きいのか、時計の上下まで拡張した部分あるということだろうか。
 機能としては、(私の記憶によれば)以下の2点が大きく進化している点だと思う。
・世界6局(日×2、北米、英、独、中)対応電波ソーラー
・多言語曜日表示(5ヵ国語:日本語/英語/ドイツ語/スペイン語/中国語)

 190413

 これまで使っていた方の時計が止まっていたのは、必ずしも壊れたわけではなく充電不足だったらしい。いつの間にか動いていているのに気づきそれを知った。
 しかし、ご覧のように右より2分遅れ。実はその他、ベルト部が壊れていて、毎回腕に嵌めるのに苦労していた。

 そんなわけで、これからはこちらの新しい時計に換えることにした。古い方はもう十分働いてくれたと思う。

tb: --   cm: 0

とうとう電波腕時計が壊れた  


 私の腕時計(ソーラー電波時計)。先日、6分遅れの状態だったものを修理したばかりだったのだが、昨日、バスに乗ろうとしたら2分遅れの状態。おかげでバスに乗り遅れた(苦笑)。

 どうしようと思っていたら、昨夜、真夜中の12時のまま止まっていた。
 この時計が壊れたら修理はあきらめようと思っていた。いよいよ最後の時を迎えたようである。

 最低、携帯電話でも時間確認はできる。
 そんな中で、また時計を持つべきか?もう時計を持つのはやめて携帯電話で間に合わせるか?…どうしようか考えている。

 ちなみに、壊れた時計以上のものが今はこんな状況である。Amazonの最安で¥8,380 か。

 今更AppleWatchを持つ気もないし、GPS付きやら、その他の高機能のものを持とうという気にもなれない。
 今の今まで、もう持つのをやめても良いか…と考えていたのだが、 もう一度、死ぬまでの機種として、この機種「カシオ(CASIO) 腕時計 ウェーブセプター(WAVE CEPTOR) 電波ソーラー WVA-M630D-2AJF」までの使い方を継承していくのも悪くないか…そんな気になりつつある。

 190412

 
tb: --   cm: 0

ビール缶ソロストーブの自作  


 BE-PALのページで見つけた。サーモスの新作が出ているという。私としては「350ml缶対応・保冷缶ホルダー」が気になった。早速ネットでチェックしてみたら、私には旧タイプ「サーモス 保冷缶ホルダー 350ml缶用 シルバー(1252円)」で十分だと思ってしまった。
 それが到着したので、ビールも買ってきた。

 190408
 
 空になったビール缶を見ているうちにまた思いついて、こんなものを作ってみた。
 見かけはビール缶だが、実質はミニ・ソロストーブである(笑)。しっかり二重構造である。
 もちろん、購入したサーモス保冷ホルダーの中にスッポリ収まる(笑)。

 190408
 190408 190408

 ストーブとしての性能は、Solo Stoveや先のミニマムウッドストーブの経験から十分である。これは先日のナノストーブ+ミニマムウッドストーブでの使用が予想外に効率が良いと感じたので、ラーメンくらいは小枝やペレットで作れるようにしたいと構想したものである。一応ナノストーブとの組み合わせが最適だろうと思うが、単体でも使える筈である。

 ナノストーブの場合には、底板を跳ね上げて使う。足元に空気取り入れ口を確保しなくてはならないが、あまり高く上げると上につかえてしまう。底を空けたのは灰の処理を考えたからである。側面に空気取り入れ口を設けるかどうかは思案中である。どうせなら安定性も高められるようにしたいものである。
 単体の場合には写真のように五徳を組み合わせて使うことになるだろう。

 190408 190408


 一度試運転をしたら、すっかり火焼けしてしまった…(笑)。
 それでも燃焼性は悪くない。ただ燃焼性が良いと言うことはそれだけ燃料を使うということもである。このあたりのバランスは難しい。

*     *     *     *     *

 接着しないまま試運転をしたらちょっと悲惨なことになったのだが(笑)、それにめげずに結果を踏まえて私なりに完成させてみた。

 ナノストーブに合わせて、高さを調整するとともに、底に置く十字五徳の代わりに、100均で購入した容器(湯を入れたら形が崩れてしまった容器だが)の蓋を使ってこんな底部を作ってみた。ナノストーブの底板を跳ね上げ固定するには小さなダブルクリップで十分。
 下への火力が意外と強いのでカーボンフェルトを入れている。

 190410 190410

 ペレットで400mlの湯を沸かしてみた。さすがソロストーブ構造、大した苦労もなく着火・燃焼させることができた。ラーメンくらい作るのは難しく無さそうだ。2次燃焼の炎も美しい。
 そして使用後はこんな灰が残った。結構な量になるようなので、場合によってはカーボンフェルトは外に出して下へ敷く方が良いかもしれない。

 190409 190409
 190410 190410

 こんなセットで使うのが良さそうだ。
 このストーブは、(使い終わった後は汚れているので)ビニール袋に入れて「サーモス 保冷缶ホルダー 350ml缶」の中にすっぽり収まる。

 190410

 こんな具合に、意外と使いやすいストーブができてしまった。
 ビール缶の外観を残しておきたかったが、さすがにそれは無理だった(笑)。



 その後、試験的な意味もあり、400mlを2回沸かしている途中で、カタッと音がしたと思ったら内部のスチール缶が脱落してしまっていた。わずかな部分で接着していたためか耐熱接着剤(JBウェルド))が保たなかったらしい。

 少々ガッカリしたが、改良したい点(クッカーとの間のクリアをもう少し確保したい)もあったので、この際、作り直すこととした。

 今度は、接着剤を使わないで、たまたま手許にあったボルト(M2×4)で固定している。
 本体下部の作り方や底部(これはそのまま)の変更はない。

 DSC03583.jpg
 DSC03584.jpg DSC03585.jpg

 ところで、本日、スケッチに出かけた公園にはこんなチップ「ナチュラルウッドチップ」が敷かれていたので、もしかしたら燃料に良いかもしれないとちょっといただいてきた(笑)。
 火は着きやすいものの、全体の密度が薄いために火持ちが良くないし、底の目詰まりも起こしやすいようだ。
 相対的な価格は高価になるが、今のところ「(猫トイレ用)ひのきのチップ(大粒)」に軍配が上がる。

 以下は、「ナチュラルウッドチップ」を燃やした時の2次燃焼の様子である。
 写真からはわかりにくいが、クッカーとの間隔は2cmから2.5cm程になっている。

 190412 190412
tb: --   cm: 0

大腸ポリープ切除…保険の請求  


 先日(3月25日)の大腸ポリープの切除手術の保険金支払い書類を要求していたのだったが、肝心の領収書が見つからずしばらくモタモタしていた。¥16,760である。
 それが先日、ちょっとしたことで見つかった(笑)。

 早速、郵送した。

*     *     *     *     *

 その返事が今日来た。
 7万円振り込まれたとのことである。\(^o^)/

tb: --   cm: 0

定期検診 眼科  


 5月に予定していたSKH病院US医師の診察だったが、京都旅行の予定と重なってしまったので今日にずらしてもらっていた。

 15:00予約だったので、ちょっと早めに病院へ入りそのまま事前の検査。15:30頃には終わった。
 医師の診察は相当遅くなることを覚悟していたのだが、意外と早く診てもらえて16:30前には終了した。

 そのまますぐ帰っても良かったのだが、目の前に元気寿司があったので、久し振りに寿司でも食べてみたくなり入った。
 何皿食べたか忘れたが、合計でも1500円ほどで大して食べた訳ではない。つまり期待ほどには美味くなかったというわけだ。

#深夜0:11、大切な人の訃報を聞く。
tb: --   cm: 0

「FIREBOX GEN2 Nano Stove」の改造  


 今まであまり出番の無かった「FIREBOX GEN2 Nano Stove」であるが、「ピルケースストーブ」で使ったり「ミニマムストーブ」で使ったりしているうちに、なかなか使えることが実感できるようになったので、思い切って改造をしてみた。そして、その改造の様子をまとめてみた。
#こういうことをしてしまうから、私の道具は下取りをしにくくなるのだが…(苦笑)。

 まず、ステンレス網を底板に会わせてカットし、「Nano Stove」」の壁に穴を開けた。
#銅板で作った風防は固定である。これは、最初からこう作っておけば良いのに…と思うほど使い勝手が良い。

 金網は上に載せてあるが火床である。ミニマムストーブでペレットを燃料にできそうだと思ったので、それをもっと長時間使えるものにしようと考えたのである。高さも変えたりして多様な使い方ができた方が良いだろう。
 これで炭火でも使いやすくなっように思う。

 190407 190407

 穴を2つ空けることにより、火床の高さの選択肢が増えた。
 写真は、最も低いものから順番に示している。

 190407 190407
 190407 190407

 これは、トランギアアルストなどの定位置ではあるが、固形燃料によってはこの方が使いやすい。

 190407

 焼き網もあった方が良いだろうと、使わなくなった100均のバット網ををカットした。
#高火力に溶接がもってくれるかどうかちょっと心配ではあるが…。

 190407

 これが、私にとっての(許容範囲にあるという意味で)最少の多機能ストーブになると思う。
 なかなか使い勝手が良い。

*     *     *     *     *

 令和になったばかりのある日、これで炭火焼肉をしてみた。

 最下段に100均のアルミケースで作ったCFアルストを置き、本来のロストルの位置に割り箸で燃焼補完。
 金網は下段から2段目に設置。
 炭は自作の火消し壺に入れた物を使った。

 全面的な火力は期待できないものの、酒のつまみのようなペースだが、一応焼肉ができた。
 こじんまりするにはこれでも炭火焼肉が可能である(笑)。

 
tb: --   cm: 0

最近のYoutube  


 このところ立て続けに個人的な定期健康診断。
 胃、大腸、肺、眼とあって、ついでに前立腺。いろいろあるものだ(笑)。
 その合間に絵の教室。そして4月からの展覧会。

 自転車の方は、しばらくぶりに走ればパンクだし、アウトドアの方はもう一通りそろったのに体力的にきつくなってきているだけじゃなく、絵の方で外へ出ているので、特に外へ行きたい気分にかられるということもない。それより描かなければいけない絵のことも気になる。
 来年の3月には10回目の個展になるから、少し頑張って絵を描くかという気持ちもある。

 テレビは面白くないし、最近はYoutubeを見ることが多いけど、広告が連続で入ったり、字幕の位置に小広告が入ったりと、ちょっとえげつない。
 アウトドア関係のものは新味がなくなってきたせいか、最近は「日本食冒険記Tokyo Food Adventures」などを見ている。
 これについてはいろいろ思うこともあるのだが、今日は別のチャンネルについて書いてみたい。

 いつだったか忘れたが、「スーパーナブラ」のチャンネルで、北海道の雪道で凍えそうになっている子猫と出会い、それを救った動画「冬の北海道で赤ちゃん猫を保護しました」を見たことで、このチャンネルのファンになった。
 それが今日もアップされていた。「ひとり車中泊 冬の北海道 08 雪道に子猫が!」である。
 この人の感性に惹かれるものがあったのだが、Youtubeでの詩的な語り口も私には好ましい。自分を撮る時にはなぜか口元を隠しているが、顔はわかっているのに、どんな意味があるのやら(笑)。
 釣りへの熱意が人一倍である。本人は船酔いにも弱いようだが、それでも釣りに対する執念は凄いようだし、並みの男では太刀打ちできない成果を挙げている。
#まだ20歳台なのに、宿泊・飲食の施設を経営しているらしい。

 最近は、こうした淡々とした語りの動画がお気に入りになっている。
tb: --   cm: 0