FC2ブログ

ポタポタ時々記

シンプル&スローライフ途上の思い、出来事、買い物記録などです。

恐らく最も理想的なBromptonの電動化…だけど  


 電動Bromptonの発想は動画の中でもあれこれ見ることができる。
 しかし、いつまで立ってもそれが出てこないというのは、余程難しいのだろうと思わざるを得ない。

 今日見たものは、その中でも最良の解決策のように見える。価格を除いて…だが(笑)。
 それがこの動画「Electric Brompton Review - 2018 New conversion kit」

 詳細はこちらであるが、これまたいつ発売されるのかわからない。
 いつもこんな調子である(笑)。

 190531


 これを見るまでは、Bromptonの電動化こちらの方向(つまり前輪への組み込み)かと思っていたのだが…。

 しかし現実的には、Bromptonの電動化より、新しい電動バイクの出現の方がはるかに早いんだろう。そう、最近は思うようになった。
 仮にそれが実現するとしても、パソコンの進化と同じように、私の人生には間に合いそうもない(苦笑)。

 こんな電動バイクが速く身近にならないだろうか。

*     *     *     *     *

 Youtubeを見ると、電動Bromptonが実際に走っているのを見て、気になって調べてみた。
 どうやら本国では、すでに電動Bromptonが販売?されているようだ

tb: --   cm: 0

高齢者講習  


 4月下旬、誕生日から1ヶ月後の範囲内ということで運転免許証の更新手続きは済んでいる。2500円。
 その際、高齢者講習の予約をしていることを伝えたのだが、その予約をしたのが3月下旬。その時から2ヶ月待ちの講習だった。

190529

 その予約日が来たので、高齢者講習を受けてきた。講習料5100円。
 場所は近くの横浜自動車学校である。時間は9時から11時。

◆最初の30分はPowerPointを使った講義

◆次いで1時間の実技。但し、これは試験というわけではなく、自分の今の力を知るというもの。
 私の場合、50歳頃になってから10年ほどしかまともに運転していない(それ以前は、田舎に帰った時車を借りて走る程度)。そして10年ほど前に車を手放してからは全く運転していない。
#最初のアンケートでは車を運転しなくなって3年と答えたりしていたのだが…(笑)。
 実技の主な内容は、車庫入れ、縁石の乗り上げ(急ブレーキ)、クランク、そして一般的な路上走行といったところである。
 4人がグループになり、車に同乗して走るというので少し緊張した。しかし、動き出せば何とかなるものらしい。但し、車庫入れとクランクで一度切り返ししなければいけなかったのは不本意(笑)。

 私の問題点は、「ミラーに頼りすぎる」とのこと。ただ、これは全員がそう指摘されていた。車には死角があるからもっと自分の目で確かめるようにということらしい。
 一時停止で停止したのは私だけ。
 終わった後「3年ぶりに乗ってどうでした?」と聞かれたので、「自分の車(車輪)の位置の認識が安定しない」と答えた。まさにそういう感じだった。そして思ったより車の回転半径が大きい(笑)。

◆そして最後に30分の目の検査
 視野検査、静止視力・動体視力・夜間視力の各検査だった。これらは年齢相応だった。
 但し、私の裸眼は多少の乱視のため、細部が二重に見えるので詳細が判別しにくい。そこが問題。運転するには乱視補正のメガネをした方が良いようだ。

190529

 今回の運転免許証の更新も一度はやめようと思ったほどだから、「身分証明書」代わりといったところ。いずれにしてももう車を運転することはないだろう。
tb: --   cm: 0

ロゴス(LOGOS) エアライト・1ポールシート  


 先日、こんな椅子「alite(エーライト) モナーク チェア」(¥ 6,890)を購入した。 Helinoxの椅子などがあまりにも高額のためこんな2本足のものを選んだわけだが、絵を描くためなんて理由をつけても、この椅子は基本的にはゆったり座ることを目的にしたものであることに違いない。それに、今のスケッチカートには椅子そのものが付いているのだからただ座って休むための椅子ならあまり必要としない。つまり、絵にかこつけて欲しいものを買ったということにしかならない(笑)。

 本日、FBでたまたまこんな椅子「Tripod」を見てしまったのが運の尽きか(笑)…絵を描くためというなら、立って足を休めるようなものの方が使い道があるじゃないか、似たようなものは他にもあるし…と思ってしまったわけである。
 
 そして、結局、迷った末に「ロゴス(LOGOS) エアライト・1ポールシート」(¥ 3,980 + ¥ 480 配送料)を発注してしまった。私としては、今度こそ、絵のための椅子である。
 軽さと座り心地が良さそうだということが評価ポイントである。レビューを見ると接地点のゴムの強度に問題がありそうだが、これが壊れたとしても自作を厭わなければ対応策はいくらでもあるだろう。

 190527

 ちなみに、T字型になるこんなタイプの椅子もある。こちらの方がデザインも優れていると思うし、相対的に価格も安いのだが、私の場合には軽さと座りやすさの方を優先させたということである。
 つまり、レビュ-を見ると、こちらは高身長(160cm以上)でないと使いにくそうだ(私は座面を低くしても使いたい)というのが気になる。高さが自由に変えられないのだろうか?そして、もう1点、座面が滑るので安定性に欠けるらしいこと(したがって、椅子を傾ける角度がある程度必要そうであると考えられる)ことが私には気になったということである。
#「SITPACK」というこの種の製品は、正規品以外にもいろいろなものが出ていることも決め手に欠ける。しかも正規品ですら、評価の差があまりにも大きい。それだけ製品として不安定なのだろうと考えざるを得ない。

*     *     *     *     *

 到着にはもう2日ほどかかるつもりでいたら、29日夕方、到着した。

 190527

 結論は「なかなか優秀だ」である。

 レビューの中での否定的意見の多くに「組み立てが大変」とあった。確かにそのままでは生地を1cmほど伸ばしてあげないと入らないように見える。しかし、前部のポールを先に座面に嵌めておいて、中心軸に差し込むようにすればあっけなく入るのに…と思う。
 むしろ希望としては、もう少し低く、もう少し高く使うことができれば嬉しいのだが…と思う。 しかし、2本のポール構造で高さを確保しようとするのだから、これが限度かもしれない。重量が増えるより今のままが良いのかも知れない。
 ただ、「収納袋は座面のクッションにもなる」とあったが、これは殆ど意味がないし収納専用の袋の方が良かったかもしれない。私は、座面に収納したまま使うことになるだろうと思う。

 下の写真はこの製品の細部である。
 座面を支える3本のポールは、他の多くの軽量椅子と同様にショックコードでつながれている。
 座面の高さの変更は写真では(光って)白く見えるボタンと穴の単純なものである。

 190527 190527
 190527 袋の収納部はファスナーで閉じられる。

 座面の組み立ては、このポールのどちら側を先に固定するかによって、必要な腕力は大いに異なる。

 190527

 イーゼルを立てて絵を描く時には、これに随分助けられそうに思う。
 そして、室内教室の場合も、絵を描くには椅子とテーブルの高さ関係が現状では具合が悪いのを改善できそうだ。
 たまたま、次の教室は室内。試してみようかな?(笑)。
tb: --   cm: 0

STORUS(ストラス) スマートマネークリップ  


 そろそろこの「小さな財布」(札+カード+小銭)がくたびれてきている。
#ネットを探してみたら、もう同じものはどこにもないようでだ。残念。とても使いやすいと思っているのに…。

 いろいろ探してみたところでは、似たようなものとして(縦型が横型に変わっているが)こちら「Levetty 小銭入れ コインケース」(¥ 2,680)が良いかもしれないとは思う。片面に窓付きのものがあれば、敬老パスを入れられるのに…と思うが(笑)。

 120316小銭入れ

 そんな時、「極薄の最強マネークリップがやってきた。」を見てしまった(苦笑)。

 それで改めてマネークリップも含めて小型財布を検討してみた。
 いろいろ検討してみたが、やはりこれ「STORUS(ストラス) スマートマネークリップ」(¥ 3,280 )が良さそうだとの結論になった。
#これを決定した時には、上記の「Levetty 小銭入れ コインケース」は見つけられなかった。

 190527
 
 ただ、今の私の使い方だと、これに札を挟む(マネークリップ)するという使い方はあまりしなさそうだ。 結局カード持ち運びだけになるのだろうか?
 とりあえず、敬老パスは大きさはこれに入らないのでカットするとしても、煩雑に出し入れすることになるとすれば、とても1年間は保ちそうもない。クリアファイルに挟んで使うか…。どうするかな?
 まあ、しばらく使いながら考えて行こう。
tb: --   cm: 0

工場夜景探検クルーズ  


 23日、工場夜景探検クルーズなるものに絵仲間と行ってきました。

 たまにはこういう経験も良いものです。
 関心をお持ちの方はこちらからどうぞ。
tb: --   cm: 0

新緑の京都旅行  


 連休中はどこへ行っても混雑しているだろうということで、連休明けの5月10日(金)から、5泊6日の京都旅行をしてきました。
 今回は、絵のための取材旅行です。あちこち歩き回ってきました。

 関心をお持ちの方は、こちら「新緑の京都旅行」をご覧下さい。
#まだ少し手を入れたいところはあるのですが、撮ってきた写真の整理はほぼ終わりましたので…。

tb: --   cm: 0

マルチツール「HOUHOU」  


 もういつのことだったか忘れてしまうほど以前のこと。クラウドファンディングでこんなもの「マルチツール「HOUHOU」」(阿扶株式会社)を註文していた。 それが今朝届いた。
#クラウドファンディングは、製品開発の状況がわかりにくいところが使いにくいところだと思う。何とかならないものかな?

 私としては、一つしっかりしたものが欲しかったということと、ちゃんとしたプライヤーとハサミを持つものが欲しかったということである。。
 しかし、マルチツールはこれを最後にしても良いな(笑)。

    
 190511 190511
 190517

 届いたものをみるとなかなか良く出来ている。それぞれの機能がカチッと精度高く作られている。結構高級感のある製品になっていると思う。
 中国製品だというと未だにバカにしている人がいる。しかし、今や日本の技術は多くの分野で休息に中国に圧倒されていることを知らないでいると、あまりにも世間知らずだと思われても仕方ない。これもそんなことを考えさせるような出来だと思う。

 上記リンクページはいずれ消えるだろうから、主な特徴を転記しておこう。

男の憧れの1本!軽量&コンパクト …15の必須ツールを搭載したマルチツール「HUOHOU」

【個性が強い…4つのユニークな特徴】

①機能に合わせて5種類もの合金材質を使用
各ツールの機能を最大限に発揮させるために、厳選された最適な合金鋼材質を5種類使用しております。
ナイフは「50Cr15MoV」という合金鋼材質で、錆にくく耐衝撃性能に優れています。ハサミは「420J2」というマルテンサイト系ステンレス鋼材質で、靭性が高く噛み合いが良いと言われています。また、炭素含有量の高い「30Cr13」ステンレス鋼を使用したラジオペンチは、硬度が高く耐摩耗性が期待できます。

②超高硬度で耐久性に優れている
ラジオペンチ、ナイフ、ハサミ、小型ノコギリ、カンオープナー、ラインカッターなど主要ツールの硬度がHRC50よりも高いです。長く使っても切れ味が損なわれず、耐摩耗性に優れています。
※HRCは工業材料の硬さの評価尺度です。HRC48以上は超高硬度と認められます。

③折りたたんだ状態でわずか11cm
手のひらに収まるコンパクトサイズ(折りたたんだ状態)。重量は約245gで、安定する重量がありながら、キャンプなどアウトドアの場に持っていく際に負担になりません。
専用の収納ポートも付属します。

④実用新案権取得、唯一無二のハサミ
HUOHOUは機能性にこだわり、特にラジオペンチのハンドルをハサミのハンドルに結合した設計は中国の実用新案権を取得しております。日常生活の手作業用ハサミとしても、手に良く馴染んで快適に使用できます。
※実用新案番号:ZL 2013 2 0105600.5

【15のツール…あらゆる場面に対応】

①ラジオペンチ
材質:30Cr13合金鋼
硬度:>HRC50
用途:4mm以下ナットの締め付け、鋼線の作業など

②ペンチ
材質:30Cr13合金鋼
硬度:>HRC50
用途:4mm以上ナットの締め付けなど

③ワイヤーカッター(ソフト)
材質: タングステン鋼
硬度:HRA88
用途:直径2.5mmまでのBVR電線切断が可能

④ワイヤーカッター(ハード)
材質: タングステン鋼
硬度:HRA88
用途:直径1.6mmまでの鋼線切断が可能

⑤スチールワイヤーカッター
材質:30Cr13合金鋼
硬度:>HRC50
用途:直径2.5mmまでの鉄線切断が可能

⑥小型ノコギリ
材質:420J2合金鋼
硬度:>HRC50
用途:横引きで、直径20mmまでの木の切断が可能
#ホルダー部を押さないと折りたためない収納設計、安全性重視!

⑦ナイフ
材質:50Cr15MoV合金鋼
硬度:HRC55
用途:両面とも使え、木削りにも使用可能

⑧マイナスドライバー
材質:420J2合金鋼
硬度:>HRC50
用途:トルク12kgf.cmまで対応可能

⑨栓抜き
材質:420J2合金鋼
硬度:>HRC50
用途:ビールなどの蓋の開栓

⑩ワイヤーストリッパー
材質:420J2合金鋼
硬度:>HRC50
用途:直径2.5mmまでのBVR電線のストリッピングに使用可能

⑪缶切り
材質:420J2合金鋼
硬度:>HRC50
用途:金属製缶の開封

⑫プラスドライバー
材質:420J2合金鋼
硬度:>HRC50
用途:トルク12kgf.cmまで対応可能

⑬ ラインカッター
材質:420J2合金鋼
硬度:>HRC50
用途:鎌型設計、ナイロンラインやシートベルトなどの切断。

⑭ガラスブレーカー
材質:ナノセラミック
用途:ラウンドエッジなので安全設計、人を傷つけることなく強化ガラスを割ることが可能

⑮ハサミ
材質:420J2合金鋼
硬度:>HRC50
用途:紙、布や縄などの裁断
tb: --   cm: 0

「glafitバイク」なんてのが出ていたのか  


 徐々に自転車とアシスト自転車、原付バイクのような複合的な乗り物が出始めたようだ。

 今日「glafitバイク」なんてのが出ていると言うことを知った。遅ればせながら…かな?

 「開発:グラフィット株式会社」「販売:AUTOBACS」価格は15万円(税込み)

 「glafitバイク」

 そして、そのレビュー「【glafit】電動原付glafitバイクの5つの良い点と5つの注意点【電動自転車】」

 もう少しパワフルさ、Bromptonのような荷物の積載能力等、欲を言えばきりがないが、目的地拠点まで輪行、現地で組み立てて走るというような私のイメージする使い方には、こんなバイクがふさわしいのかもしれない。
 もっとこなれてくると、さらに魅力的なものになりそうな予感がする。

 
 
tb: --   cm: 0

火力調整機能付きアルスト…炊飯に便利  


 アルミのメスティンなどでは、固形燃料による「ほったらかし炊飯」が良く知られている。
 私の経験では、20グラムの固形燃料があれば1合炊飯は十分可能であると思う。これはアルストの場合にも言える。

 しかし、チタンなどのクッカーになると焦がさない炊飯は結構難しい。
#しかし、私自身いろいろ経験してみて、チタンでも上手く炊飯できるようにはなったと思うが、ほったらかしというわけにはなかなか行かない。
 経験的に言えば、炊飯の場合にはあまり強い火は必要ないということは確かなようだ。


 いずれにしても、効率的に炊飯するために、簡単に火力調整できるアルストができないだろうか?と常々考えていたのだが、先日、工房青野さんの「スライド式火力調節 CF-mini アルコールストーブの作り方と燃焼」を見てしまった。 これはカルディ・ミント缶を使って、蓋をスライドさせることによって火力を調節するというものだった。

 190507

 早速、カルディの店頭でカルディ・ミントの缶を探したのだが、リフィルはあるものの、肝心の缶のものが出ていない。
 そこで、どうせならエスビットポケットストーブで上手く使えるものを考えてみようと考えた。
 私の条件は、容量25ml以上。使い勝手の良いサイズ。もちろん、ポケットストーブの中に収納できるもの…である。

 ネットで探したらこんなスライド缶「エビスヤ ミニスライドケース Mサイズ」(送料込み510円)が見つかった。逆に言えば、そんな条件に合うのはこれしか無かった。

 190507

 これを次のように使おうと思っている。
 青野さんのように穴を開けたり、磁石を使ってスライドさせる工夫が必要かと思ったが、ポケットストーブの縁が抑えになって何もしなくても開閉できそうだったので、むしろ両端にカバー部分を作る(これは本来片方だけでも良いのだが、使い勝手の自由度を考え両方に作ることにした)ことで中央部で燃焼できるようにしたつもりである。
#ステンレス板で作った、この風防も便利である。
 もちろん、このサイズの缶なら縦・横どちらでもポケットストーブに収納できる。

 190507 190507
 
 190507 炊飯時、着火から沸騰・噴きこぼれまではこの状態。
 190507 噴きこぼれ始めたら弱火にする。上手く行くかどうか…。

*     *     *     *     *

 結局、両端をカバーするスチールプレート(缶詰めの蓋を加工)は、缶との間に隙間があると上手く行かなかったのでJBウェルドで接着した。この状態で、カーボンフェルトを入れても25ml以上は入りそうだ。つまりこれで一合炊飯は十分可能だということである。

 手袋の使用は必要だが、ポケットストーブの立ち上がりが支えになって蓋のスライドは自由になるので、そのための加工は必要なかった。
 本日、1合を炊飯してみた際の使い方は、以下の通りである。
・アルコールは20ml。最初は蓋なしの状態で着火。
・噴きこぼれ始めたらすぐに蓋を奥にスライドさせ弱火にする。この時、奥側のカーボンフェルトの燃料を使う。
・自然に火が弱くなってくるので、様子を見ながら手前に蓋をスライドさせながら、手前側のカーボンフェルトの燃焼を促すことで火力を調節。
・最後は再び蓋を取り去って全ての燃料を使い切る。
#火力が足りないと思えば、「Live Fire」のように、この上から小枝や割り箸など追加してあげても良い(笑)。

 190508
tb: --   cm: 0

焚き火の煤(スス)落とし  


 クッカーも、焚き火などで使っていると煤で汚れてくる。
 汚れるだけなら一種の「味」として考えていても良いのだが、底に分厚く付いてくるタールだか、ヤニのようなものは五徳に貼り付いたりしていただけない。

 私のクッカーにもそのようなものが付着してきたので、煤落としを考えることにした。

 ネットを見ると次のようなものが見つかった。

◆KURIBOX OUTDOOR「焚き火の煤落とし」
 一般的な諸々の方法。

◆Hata channel「ボ〇スターより簡単に煤がおちる!」
 事前に中性洗剤等を塗布しておく。

◆ALPHA TEC「クッカー最強煤落とし」
 ボンスター。

◆「クッカーのスス汚れを溶かして除去」
  【クリンビュー】 ガラスコートハイブリッドストロング 撥水剤

◆【激落ち】コゲ落とし
 その後、まだ試してはいないが、こういうものがあるのも知った。

◆塗料剥がし剤
 winpy-jijii さんの動画で知ったのだったと思うが、今探しても見つからない。
 とにかく塗料剥がし剤が効果的だと知ったので、こちら「ニッペ 塗料はがし剤 250ML」(¥ 917)を買ってみた。
 確かに効果的だったようだ。最初、納豆の容器に入れてみたら、たちまち溶けてしまったのにはちょっと慌てた(笑)。

 190508

 今のクッカー(と言うよりポットだけど)には、こんな感じで分厚くこびりついているものがある。
 これに、とりあえず底の部分だけだが、塗料剥がし剤を塗り、30分ほど放置、それから鉄へラを使いながら掻き落としを試みた。こびりついたものが確かに柔らかくなっており、水やワイヤータワシのようなものを使って落としてみた。
 一応、きれいになったようだ。

 一応、左の2つは、右写真の奥にある2つ。SPトレック700とダイソーステンレスマグ。右写真手前は、SP450と600。
 いずれも完全にきれいにしようと思って試したわけではなく、ヤニ状のものさえ取れれば…と思って試したものである。

 190508 190508


 いずれにしても、これからは洗剤等を先に塗っておいて使うことにしよう。これも効果的らしい。

*     *     *     *     *

その後の情報:煤落としについて
 「煤は軽く拭くだけで綺麗になります!クッカーの煤落とし」…こういう動画もあった。燃料用アルコールをティッシュなとに浸して拭くというものである。参考までに。
tb: --   cm: 0

「BOSE・SOUNDLINK」…令和最初の買い物  


 本日はヨドバシカメラ。BOSEの丸型スピーカーを購入(\21,470)。正式には「Bose SoundLink Revolve 」というらしい。
#思いつきで買ったものだと思っていたら、一昨年秋には食指が動いていたらしい(笑)。

 Bose SoundLink Revolve

 TVは元号改変に関する報道で大騒ぎ。だから余計に静かに音楽でも聴きたくなったと言おうか…(笑)。
#こうやって、天皇制を利用したい輩と、天皇制の実態など何も考えないノーテンキな浮かれ国民がこぞって形だけの象徴天皇を作っていくのだろう。本当に人間・天皇のことを考えるならもっとそっとしておいてやれば良いのに…と思う。
 とりあえず、充電しながらBGMを聞いている。

 12cm×12cm×19cmの立派な箱(何かを入れたくなってしまう(笑))に入ってきているのだが、マニュアルらしいものが見あたらない。まあ最近は皆そうかもしれないが…。
 音声ガイドがされるのだが、最初にどこかの国の言語に設定されたらそのまま変更出来なくなった(苦笑)。
 Amazonの説明を見ると、下記のようにいろいろできそうだが(私の知らない言葉もあったりして…)、これからネットでマニュアルを探してみようか。

・重厚、パワフルなサウンドをコンパクトスピーカーで実現。360°に拡がる、自然でダイナミックなサウンド。
・耐久性と防滴性能を兼ね備えた、継ぎ目のない美しいアルミニウムボディ(IPX4)。
・満充電で最大約12時間の連続再生が可能な充電式リチウムイオンバッテリー。
・音声ガイド対応のBluetoothペアリング機能。SiriやGoogle Nowへのアクセス・通話も可能
2つのスピーカーのペアリングにより、ステレオやパーティモードでの再生も。2台のデバイス間でサウンド再生が簡単に切り替えられるマルチコネクト機能
Bose ConnectアプリでBluetoothペアリングを簡単管理。機能拡張や、将来のアップデートにも対応
NFCペアリング機能で、NFC対応デバイスに簡単に接続
・ねじ式ユニバーサルマウントによって、ほとんどの三脚スタンドに取り付け可能。
・Micro-B USB端子で簡単充電。AUX入力端子により、外部音源の再生も可能
オプション品のクレードルを使えば、置くだけで簡単に常時充電が可能
(太字はこれではまだ経験していないもの)

*     *     *     *     *

 iPadMiniやPCにつないだBluetoothイヤフォン用のデバイスとも接続を確認。 
 その後、マニュアルを見つけ、無事音声ガイドの日本語化ができた。

*     *     *     *     *

 その後、、ついでにケース「AhaStyle Bose SoundLink Revolve 収納ケース」(\999)も発注してしまった。
 届いたものは、価格の割にはしっかりしたものだと思う。

 190501
tb: --   cm: 0