FC2ブログ

ポタポタ時々記

シンプル&スローライフ途上の思い、出来事、買い物記録などです。

モンベル・EXライトウィンドパーカー  


 本日は、「日本スケッチ画会展」の当番。
 10:30~14:00までが私の担当時間。
#ちなみに、次回は最終日、14:00~16:00(この後搬出です)まで。

 オープン早々来てくれる方が多く、11:00頃にはこんな感じ。最も人が多かった時間帯だろうか。

 190925

 私の絵の展示風景はこんな感じ。
#「初夏の清流」をお買い上げいただきました。グループ展で絵を買っていただくことはめったにありません(^^ゞ。

 190925 190925
 190925 190925

 その後、遅い昼食の後、モンベルショップ(京橋)へ。この会場へ来ると寄って見るのが楽しみな店である。
 そしてこれ「モンベル・EXライトウィンドパーカー(\9,936-)」を見つけて購入。この薄さ、軽さ、そして肌触りがなかなか良かったので、ついつい欲しくなってしまった。似たようなのもあるので、今回はちょっと大きめのものを選択。これから秋口になって薄めの上着の上にちょっと羽織る感じだろうか。

 190926 190926

 その後は、昨年まで「水彩人」の仲間だったこの人の展覧会へ。

○『小野月世の水彩画 風景レッスン』刊行記念 小野月世展

開催日時:2019年09月25日(水) 09:00~2019年10月01日(火) 16:00
9:00~21:00(最終日は16:00閉場)
丸善・丸の内本店 4Fギャラリー 《入場無料》

水彩画の魅力を存分に引き出し、鮮やかな色彩と光溢れる作風が人気の女流画家、小野月世さん。人物、花に続くシリーズ完結編『小野月世の水彩画 風景レッスン』(日貿出版社)の刊行を記念しての作品展です。これまでの集大成として人物、花、風景と魅力溢れる多彩な作品を一堂に展示販売いたします。

お問い合わせ
丸善・丸の内本店 4Fギャラリー
(03)5288-8881


190926



tb: --   cm: 0

水彩画展へのご案内  


 これから私が所属する団体の展覧会が続きます。
 機会がありましたら ご覧いただければ幸いです。

・「水彩人」はF40 2枚。
・「水彩人による水彩画展」はF6 1枚。
・「日本スケッチ画会展」はF4 3枚。

 今回、いずれも同じ画題でサイズを変えて描いてみました。
 なお、昨日の審査で、水彩人は「会員」から「同人」へと格上げしてくもらえたようです。

 190923
 190923 190923
tb: --   cm: 0

wishというサイト  


 iPadを使っている時だった。
 「wish」というアプリを薦める広告があったので入れてみた。

 そしたら、「wish」というのは、小物ばかりを扱っているショッピングサイトのようだった。
 但し、商品説明は殆ど無いが、異常に?安いと感じられるものが多い。
 中には、送料だけというのもある(笑)。
 例えば、今のトップページはこんな感じである。

 190915


 どうやら、個別に受付・発送されているらしく、まとめても送料は変わらないようにも思える。
 総額は「価格+送料」となるので、発注画面にいかないとわからないのが不便と言えば不便である。

 関心のある人は試して見るのも良いかもしれない。なかなか面白いサイトだと私は思ったが…。

 但し、安物買いの銭失いになっても私は責任とれないので、関心を持った人はそのつもりで試してみて欲しい。
#小物を幾つか(もちろん高いものじゃない)頼んでみたが、個別に到着してきている。
tb: --   cm: 0

「ベア ボウル」というポット  


 ふと見ていたYoutubeの中で見かけたポットだった。
#ポットとしても使えるが、形状的には組み立てバケツや組み立て物入れと考えることもできる。
 ちょっと気になっていたが「Bear Bowl Camping Cookware Pot」ということで売られているらしい。

 190914

 これなら、外スケッチの際の水入れにも使える。
 それに「FIREBOX ナノ」などを持っていけば湯沸かしもできるというわけだ。
 さらに、これにアルミホイールや耐熱ビニールなどがあれば、イザという時にも(食材は必要だが(笑))ランチくらいなら十分対応できる。下にアルミプレートを敷いているのも良いアイデアだと思う。
 これに組み合わせるマグカップは、「X Cup」 「Fold A Cup」が良いかな(笑)。
 こうなると、持っていく燃料はいざという時のためだから、最小、最軽量のエスビットの固形燃料、それがなければ現地調達だろう。それが一番似合いそうだ。



 調べてみると、Makuakeのクラウド・ファウンディングで開発されたらしいのだが…。
 現在の公式販売はこちららしい。
 
 それにしても、次々と新たな製品が開発されているようだ。

 私の場合、32oz(946.3529ml)もあれば十分なのだが(そう思ったが、この形なら64ozでも良いか)、購入手続きを進めていたら最後のところで、以下のような結果。
 これじゃあ仕方ない。

 190914
-- 続きを読む --
tb: --   cm: 0

軽井沢への旅…残暑・避暑地(旧軽井沢)  


 台風15号襲来の間、それを避けるように軽井沢に行って来ました。

 関心のある方は、「残暑・避暑地(旧軽井沢)」をご覧下さい。

tb: --   cm: 0

wish  


 アイテム合計 ¥228
 発送      ¥973
 注文合計  ¥1,201

 190907
190907
tb: --   cm: 0

久々に欲しくなるアルストを見た  


 久々に見た動画の中で、なかなか良さげなアルストを見た。これ「DT-812 Adjustable Copper Coil Alcohol Stove」である。

 

 いろいろ面倒だが、もう少し簡便にできそうでもある。
 いつか、作れたら良いなぁ。
tb: --   cm: 0

「Kombuis」というロケットストーブが良さそうだ  


 見るともなくこんな動画「Top 10 Best Wood Burning Stove for Camping & Backpacking」を見ていたら、そこで気になるWoodStoveを見つけた。
 KombuisというRocketStoveである。どうやらクラウドファンディングで開発されているらしい。
 調べてみたらこちらのページに比較的詳しい情報があった。残念ながらまだ正式には販売ルートに乗っていないらしい。

 190907

 ポットの容量は実用的に見て1000mlくらいか。重さはポットも含めて全体で1Kgとやや重いが、サイズはコンパクトで良い。
 問題はこの価格だが、まあ安いと見るか高いと見るか…。

 それでも私の方がゼロ状態だったら真っ先に買ったかもしれない。
 できればストーブだけでも扱って欲しいものだ(笑)。

*     *     *     *     *

 
 上記の「Kombuis Stove」、既に一般で出始めていると思うのだが、ネット上にはレビューの画像が少ない。

 他を見ているうちに、似たようなというか、ポータブルなRocket Stove の製品が幾つか見つかった。

 まずはこちら「Mini Back pack stainless portable Bush cooker Rocket Stove」、殆ど「Kombuis Stove」と似たようなものだが、これも市販情報が殆ど無い。
 詳細に見るとどうやら自作のものらしい。

 次いで、こちら「VIRE Stove」、Portableでありながらより本格的な商品。
 販売サイトもある。

 そしてこちら「Hot Ash Mini Wood Burning 」
 こちらの方が同じ組み立てでもコンパクトだ。

#後に、LIXADAでも同様のものを出しているのが見つかった。こんなのがあるのを知っていたら…と思ったりもする(笑)。

 さらにこういうロケットストーブ「Soba Racheta - DEMONTABILA/ Rocket Stove portable/removable」もあるようだ。

 ロケットストーブ一つをとってもなかなかおもしろいものである。

-- 続きを読む --
tb: --   cm: 0

wishというサイトでの買い物  


 

アイテム合計 ¥2,842
発送        ¥767
プロモコード   -¥142
注文合計    ¥3,467

 190901 190901
 190901
tb: --   cm: 0