FC2ブログ

ポタポタ時々記

シンプル&スローライフ途上の思い、出来事、買い物記録などです。

また本が送られてきた  


 先日送られtきた本、私にはなかなか興味深いものだったので、vol1をアマゾンで探したが見つけることができなかった。
 
 それで、本を送ってくれた事へのお礼と、vol1を見つけられなかったことをお伝えしたら、vol1がまだあるのでそれも送ってくれるという。
 そこまでしてくれなくても…と思ったのだが、素直に甘えることにした。

 191128

 せっかく贈っていただいた本なので、感謝しつつvol1から読み進めることにした。
tb: --   cm: 0

こんな本が送られてきた。  


 昨日、何やら厚手の郵便物が送られてきていた。てっきり12月に名古屋で開催される展覧会の案内状だと思っていたのだったが…。

 今朝開封してみると本と小冊子だった。内容は牛込柳町界隈に関する情報誌のようなもの。かなり詳細なものだった。これほど緻密な地域情報誌は見たことがない。
 そう言えば、FBFの友達が編集している冊子ができたので送ると言ってくれていたのを思い出した。

 191126

 帯の文章は藤森照信氏。江戸東京博物館の館長になっていた。
 
 牛込柳町と言われてもピンとこない。私が殆ど訪れたことのないエリアである。
 藤森照信の言葉の末尾には(この地域に縁のあった人々の名を挙げて)「こうした人物と出来事を、現在と過去の写真と図と地図を駆使して詳細に語る。その結果ページは手詰め。これほど単位当たりの情報量の多い冊子もないだろう。」とあった。

 191126

 ご好意に感謝しつつ、これから少しずつ読ませていただこうと思う。
tb: --   cm: 0

Portable Compact Backpack Camp Stove  


 調子に乗ってこちら「Portable Compact Backpack Camp Stove」も註文してしまった(笑)。

 191124

 考えて見たら、今は円高だからドル決済の方が割が良さそうだと、ドル決済にした。今までもそうすべきだったと思うのだが…。

    Items:        USD 19.99
    Shipping & handling: USD 6.58
    Total before tax:     USD 26.57
    Estimated tax to be collected: USD 0.00
    Order total:     USD 26.57
      (Order total:     JPY 2,998)

 これは意外と様々な使い方ができそうだと思ったからだった。

191124 このモードでは焚き火やらアルストやら…。
 この高さがあればもちろんアルストも入る。火力調節も可能である。

191124 付属のプレートを使って固形燃料。
 この広さがあれば、炭火も使えるんじゃないだろうか。

191124 風が強い場合にはこれでも良いのかな?

191124 このモードで焼肉もできそうだ(笑)。

191124 この箱の中にはいろいろなものが入れられる。


 一番良いのは、日本でこれを持っている人はあまりいないのだろうというところかな?

*     *     *     *     *

 ところが、12月6日到着の予定だったのに、11月29日に到着ということで喜んだと思ったら、全然違う製品「BBTshop Foldable Stainless Steel Barbecue Grill」と同等品が届いた。これじゃあ私の使用には重すぎる。
 早速、間違った商品が届いたと連絡したのだが…。

 91130

 これと同じものを日本で購入となると「Moon Lence バーベキューコンロ」で\2399-。却って高く購入したことになる。
 返送しようかとも思ったが、もともとそれほど欲しかったものではなかったし、面倒なのでこのままにすることにした(苦笑)。

*     *     *     *     *

 一度はこのままにしようとも思ったのだが、不本意な品物を持っているのもシャクなので何とか交換しようとおもった。どうやら手順としては、①間違った品物が送られたので本来の品物を送ってもらうこと ②それを受け取った上で届いた品物を返送すること ということになるらしい。
 ということで、結局こうなった。
 返送のための住所表記などの様式もネット上で入手できた。
 とは言え、発売元の一方的なやり方のように感じられて不快でもある。

 191204

*     *     *     *     *

 仕方がないので、改めて間違った品物が到着していること、注文品を改めて送付して欲しい旨を送った。
 それが、19日到着(但しこの時不在だったので、実際に受け取ったのは20日夜となったが…)。

 早速、最初から考えていたステンレスの網と五徳としての棒2本を作成した。

 このストーブの中には、上記自作のものの他、アルスト他、缶詰めから切り出した風防や緩衝材としても兼ねる手袋が入る。
 それ以外の小物は缶の方に入れておけばいい。

 191222 191222

 アルストの場合は、こんな風に使うイメージである。
 金網は炭やチップを使う場合に有効だと考えている。

 191222
tb: --   cm: 0

Sterno Inferno Stove Kit:  


 何気なくこんな動画「Sterno Inferno Stove Kit: Budget Friendly And Effective!」を見ていたら、なかなかコンパクトで良いんじゃないか?と思ってしまった。
 これなら100均の固形燃料も使えるしアルストも使えるようだ。
 ポットの容量も16オンス(473ml)行けそうだ。しかも、熱効率を考えたポットだ。

 191124

 米Amazonを見たら、$25程($2のクーポンもついている)、送料も$7弱。
 これで遊んでみたくなった。というより、かなり使えるのではないかと思ったのだ。それでポチッてしまった。

     Total Before Tax:  $29.86
     Estimated Tax:   $0.00
     Order Total:    $29.86
           *JPY 3,369

 私のイメージでは、これを使うのは「このまま使える固形燃料」が中心。この中に100均の固形燃料を入れたりするのだ。もちろん、アルストでも良い。空間に余裕もありそうだから、その他の関連する小物も一緒にスタッキングできそうだ。
 唯一改良したい点は、アルストの火力調節の蓋が入れられる窓の大きさが欲しいだけ。また改造してしまうことになるのかな(笑)?

*     *     *     *     *

 12月4日到着したので、早速使ってみた。

 残念ながら、考えていた「このまま使える固形燃料」は、ポットを載せたままではという条件付きだが、付属の蓋より開口部がかなり大きいため、火力調節には多少効果があっても消火することはできない。実際に使うには工夫が必要である。

 アルストの場合も同様に、このままでは消火する蓋を挿入することはできない。
 ただ、アルストの場合、市販のものとしては、火口の高さを考えると、エバニューのアルストが最も適していると考え、これで試して見た。
 すると、予想通り高さも丁度良い。意外なことに火力の弱いエバニューのアルストはこれでも結構火力調節できるし、消火の際にはそのまま吹き消せば良いということでかなり使いやすい。場合によっては火力調節蓋挿入口の拡張を考えなければならないかも…と思っていたのだが、当面このまま使っていくことになりそうである。
#火力調節が特に欲しくなるのは炊飯の時だと考えれば、専用の蓋があっても良いだろうと、その後、火力調節専用の蓋を自作した。
 もちろん熱効率は良い。から短時間で湯沸かしができるのは評価できる。
 容量は最大容量で600mlほどだから実用容量では550mlほどか。ついている目盛り(ml)は全くいい加減なもの。その点を除けば、私の考える使い道で言えば今まで使ってきたこの手のものの中でも最も評価できるものの一つとなった。
 この手のものとしては、お気に入りの一つになってくれそうである。

 ちなみにこれ以上の容量を必要とする場合には、「Kombuis」ストーブのポットに全部が収まる。「Kombuis」ストーブがない場合には、恐らく同じものと思われる「Chihee Camping Cooking Kettle 1L Outdoor Cookware Stainless Steel Pot」が適合するだろう。
tb: --   cm: 0

Peakago 7 inch laptop - Work & Fun on the Go  


 こんなの「Peakago 7 inch laptop - Work & Fun on the Go」もあった。

 こちらはIndiegogoだから、まだまともかもしれないが…。


 いずれにしても自己責任で判断して下さい。
tb: --   cm: 0

MiniLaptop…まるでHP200LXの進化形のよう  


↓ このページは詐欺だった(というより、私にはあちらの手違いだったように思えますが…。価格がかなり安かったですし…。)かもしれません。 いずれにしてもご注意下さい。

注:その後、改めてページが更新されたようですね。一度おかしなことがあると、ますますこういうページに対しては慎重になってしまいます(笑)。

 FBを見ていて見つけた商品「WORLD BEST MOBILE WITH MINI LAPTOP」、まるでかって愛用していたHP200LXの進化形のようである。
 昔、仕事をしている頃、こんな機種が欲しかったなぁ。残念ながら、今では、持っていても使う機会があまりにも少なすぎる。

 日本語は使えるのだろうか。SIMカードはどうなっているのだろう。ATOKを入れれば使えるようになるのかな?
 日本で使えるようになるのだろうか。

 こんなのがあれば、アンドロイドでもOKだ。
 いろいろ気になる機種である。

 191120 191120

tb: --   cm: 0

「森乃雫」が来た!  


 先日書いた「森乃雫」である。
 いよいよ発売ということになったので早速註文した。それが今日届いた。
 思いがけず大きめな箱で届いたが、「森乃雫」自体は予想以上に小さかった。この缶自体が龍角散の缶の大きさだと思ってもらえば良いだろう。

 箱に入っていたのはこれらである。ステッカーも2種類入っていた。
#「森乃雫」自体の印象は、なにやら映画で見た(名前は忘れてしまったが、宇宙船の中で戦った)インベーダー?のように見えないこともない(笑)。
 開発者の気持ちが良く伝わってくる。
 さすが世界に名だたる大企業におられた方である。製品の作り方も完璧だと思う。 とともに、私など新しいものの開発・販売というのは改めて大変だと思ってしまう。

 191119
 191119 191119

 これの使い方、ドリップする水の落ち方などは、オリジナルのページに行ってもらうのが一番と思うので省略するが、私なりに簡便な装置で我慢していた経験からすれば、この製品のポイントは以下の3点にあると思う。

①マグへの取り付け方
 傾けても落ちない取り付け方法。できれば注ぎ口の角度があまり変わらない方が良い。
 私の自作ではクリップで固定するのだが、これでは注ぐ方向はコントロールできない。

②マグからの水の誘導しやすさ
 私の自作の方法では、水がマグの縁部分に来なければ水を誘導することはできないから、油断しているとついついマグの縁からこぼれることになってしまう。

③傾けても水の流れが変わらないようコントロールする方法
 これが最も難しいと思う。その工夫が、マグから導入した水を一旦受け止めて、注ぐ水流に変えるという方法である。外に溢れないように、ということも考えておかなければならない
#ちなみに私は、自作の簡易装置に同じ考え方で水流をコントロールするための付属品を付けてみたのだが、流れはある程度コントロール出来ても注ぎ終わった後の残り水があって、後の処理がスマートではなかった。「森乃雫」の形が流線型になったのは、それを解決するにも必要なことだったのだろうと思う。

 簡単に書き出してみたが、これを実際にやろうとすれば結構難しいことに、ちょっと考えればはわかると思う。
 一見、これほどまでに複雑に作らなければならないのかと思うが、これをここまでやるか?と驚いてしまう。そして、細部を見れば、納得することばかりである。
 よくまあここまで…と思う気持ちもないわけではないが、それをやってしまう(恐らくそれまで培った)経験と技術、そして利益度外視の熱意に率直に敬意を表したいと思う。

*     *     *     *     *

 これがあれば、こんなセットも作れそうである。
 ペーパーフィルターを使っているのは、好みのコーヒーを飲めるということと、後始末のしやすさを考えてのことである。

 こちらは、SP300を中心とするコーヒー一杯だけのセット。

 191119 191119

 こちらは、EPIgas500を使った、コーヒー2杯分またはコーヒー+カップ麺くらいのセットのつもりである。

 191119 191119
tb: --   cm: 8

コーヒーミルの電動化 と ペイペイ登録  


 先日の記事「森乃雫」を開発・販売されているRappo-Kyoto :Privateさんの最新の動画。「シェラカップ にA&Fドリッパーでドリップ!」を見ていて ボーレックス用のドライバーアダプターがあるのを知った。今持っている電動ドライバーに接続できれば、最近は暇を持てあましぎみになっているドライバーをもっと効果的に使えるだろう。早速註文した。

 その商品はこちら「codgetのドリルドライバー用 コーヒーミルアダプター 五角穴 CMAD-P1」のようだ。 これで、ボーレックスのコーヒーミルのビットが五角形であることを初めて知った(笑)。それにしても、これだけで1800円は高いだろう(笑)。

 191118

 これを使うのは、当面、今持っているリョービのドリルだが、FBでこんなの「16 Pcs/Set High Speed 13,000 rpm Electric Drill」を見つけた。あぁこれはミニドリルだった。
 電動ドライバーはこちら「Electric Repair Screwdriver Set」だった。でも、トルクがわからないが回転スピードが遅いようだし、2スピード選択だからトルクはあまり心配しないでも良いのかな?、

*     *     *     *     *

 これが届いたので、リョウビのドライバーで使ってみた。私のものはコード付き「リョービ(RYOBI) ドライバードリル FDD-1000」だから、トルクは十分。回転数は少し早すぎるようだが仕方ない。当面これを使っていこう。

 もし、改めて買うなら、トルクは少し物足りないが、このあたりの「電動ドライバー 」が良さそうだ。

*     *     *     *     *

 これが届いてからは、、ボーレックスのコーヒーミルを電動ミルとして使っているのだが、恐らく5角形のビットの作りが甘いのだろう。ドライバー側よりもミル側の方が強く食い込みがちで、度々ミル側に食い込んだビットを外さなければならないハメになる。
 このままでは、ボーレックス側の5角形の山が舐めてしまいそうなので、たまたま余っていたステンレス板をビット側の内側に入れて対応した。これでようやく通常の使い方ができるようになったようだ。

 しかし、これを正式にレビューするなら、私は「使えない」と評価しよう。その理由はやはり五角形の作りがボーレックスのそれと期待通り適合しないことによる。ステンレス板を挟んでも固定できるわけではなく使いにくいし、それを外せば今度は食い込んでしまって、粉をひいた後に外そうとすると、このビットがドライバーから外れてしまうのである。使う度にこんなことしていられない。コスパが悪いと思う上にこれではたまらない。
 今は使うのをあきらめた。

*     *     *     *     *
 
 これを註文してみて改めて確認した。いつの間にか、私はYahoo!のプレミアム会員になっているらしい(笑)。
 まあそれは良いとして、支払いの手続きをしていたら、そのままペイペイの申込みページに行ったので、いつ使うかわからないが一応登録してみた。そのうちiPhoneを使うようになればペイペイも使うことがあるだろう。

 191118

 
tb: --   cm: 0

ドイツ式?軍用飯ごう到着  


 Youtube「女ソロキャンプ 焦げない!兵式飯盒のご飯の炊き方(ふわ猫m2)」でこれを使っているのを見て関心を持った。
 もう、クッカー関係は必要ないのだが、深型の内蓋が面白そうだったので、迷ったがこれ「JIANGREN 兵式飯ごう」を註文してしまった。焚き火で気楽に使えるものがあっても良いか。という程度の気持ちだった。

 191117 191117

 レビューを見ると使い勝手は良さそうだが、製品の精度・質はあまり良いとは言えないらしい。どうせあまり使わないだろうから、安物で良いと割り切って、1900円のこれを註文した。それが本日届いた。
 製品を見ると、2~3箇所の凹みがあり、外蓋の角にあった凹みは我慢ならないレベルだったので金槌で叩いて戻した。もちろんきれいにはいかない(笑)。また、吊り下げの取っ手が、そのままでは飯ごうが斜めに傾いてしまうので、強引に直したりもした。
#画像は、手直しした後の状態(上段)とちょっと気になったがそのままの部位(下段)を示している。こうした製品は海外から送られてくるから、もともとある程度は覚悟しないといけないのだろう。

 191117 191117
 191117 191117

 質の点ではいろいろ不満もあるが、こんな程度なら、却って気楽に使うものと割り切れて良いかもしれないと思っている。やはり大きいものはそれなりに汎用性があって良いと思う。
#今見たら、価格が1459円で出ている。しかも、私のものには収納袋も付いていない(苦笑)。

 しばらくこれで遊べれば良いと思っている。

*     *     *     *     *

 たまには使ってみるか…と炊飯してみた。
 内蓋の容量が大きいというだけで、いろいろな使い道がありそうである。

 今回は、内蓋に少量の水を入れレトルト食品を置き、1.2合ほどを炊飯したが、全く問題なく美味しいご飯が炊けた。
 しかし、内蓋にご飯、飯ごうの方で汁物を同時に料理するということもできるだろう。
 なかなか面白いクッカーである。

*     *     *     *     *

 その後も何回か使ってみたがやはり使い勝手が良い。
 飯ごうだから、炊飯そのものは問題ない。
 内蓋の方も深いので、ここでレトルトを暖めたり、野菜を蒸したりと副菜の用意が同時にできる。
 逆に時間をかけた汁物などを作る場合はそれを飯ごうの方で、そして内蓋でご飯を炊けば(蒸すことになるが)良いわけである。
tb: --   cm: 0

心は…焚き火志向  


 アウトドアに関心を持ってから、まだ一度もキャンプすらしたことが無いクセに、関心はブッシュクラフト志向になっている自分がいる(笑)。
 最初はガス。次いでアルコールストーブ、ホワイトガソリン、固形燃料…と扱える燃料も幅が広がってきている。

 そんな中で思うのは、扱うのが簡単な燃料やコンパクトな燃料は、必要に応じてそういうものを使うことを考えなければならないと思うけど、一番面白いのは焚き火≒ブッシュクラフト的なものだと思っている。炭もなかなか良い。
 Youtubeの動画の中で、私が特に関心を持ったのが、かっては「SYU SHIRAKAWA」さん。そして最近は「unroof」さん。そして、女性では「Reiの絵日記」さんである。
#最近、「SYU SHIRAKAWA」さんや「Reiの絵日記」さんの動画が見られなくなったのはちょっと寂しいが…。

 最近では、「unroof」さんの動画が楽しみになっていた。
 この方のキャンプスタイルは、ややミニマム。そして、とても洗練されている…と思う。最近、自作して自分が使っていたものを販売するようになったのが嬉しい。特に私の目を惹いたのが「リフレクター(下の写真)」だった。
#註文の手順で間に合わず「ミニマム ウッド テーブル DIYキット [UR607]」が先に届いてしまったが…(笑)。

 そして、改めて今回無事註文できた「リフレクタープ[UR609] 」が届いた。私の印象では、この三角デザインは、特にルナーソロの三角屋根とも呼応するような感じで良いと思って見ていた。
#ついでに「シャープナーベルト[UR606]」(下写真)も届いたけど…(笑)。
 
 191116 191116
 191116 191116

 こうして、道具だけはどんどん洗練されていく(笑)。

*     *     *     *     *

 こうして、アウトドア用品が増加していくばかりで、室内が雑然としてきているので、最近リストラを考え始めている。
 このブログ記事と矛盾しているように見えるかもしれないが、一方では、「シンプルな生活」というのも私の関心事でもあるのだ。
tb: --   cm: 0

シンプルライフの一つの姿  


 私の部屋は、今はモノであふれかえっている。
 しかし、これもシンプルライフへの過程だと、私自身は密かに考えている(笑)。

 一方、Youtubeにはこんな人「ミニマリストかぜのたみ」もいる。今日の動画はこんなもの「【ミニマリスト】ウチにないモノ20選/一人暮らし/少ない暮らし」。 恐ろしいほどのシンプルな部屋でありミニマムな空間に近いものであろう。 こちら「【ルームツアー】6畳のお部屋ルームツアー/アウトドア用品兼」を見ると全体像が良くわかる。
 同じ人のブログ「ミニマムなライフ」もあった。

 上述の暮らし方はシンプルライフの極限的な姿かもしれないが、たまたまYoutubeで見つけたのだが、もう一つの例「東京市中心18㎡的夫妻之家」を見てみよう。
 これは必ずしもシンプルライフとは言えないが(設計者もそう言っている)、少なくともミニマムに近い生活空間であることは確かである。


 私もそろそろ周辺のものを整理していく必要がありそうだとは思い始めている。
tb: --   cm: 0

【ダイソー】炊飯マグ、どう使えるか  


 Youtubeを見ていたら【ダイソー】炊飯マグの話題にぶつかった。
 以前、ダイソーで見かけていたアレのことだとすぐにわかった。その時は、もう要らないか…と思って買わなかったのだが…。

 しかし、本日別件でダイソーに行った時、再び目にしてしまった(笑)。百均の商品も、ある時に手に入れておかないとすぐに手に入らなくなってしまうし…と思ったら、ついつい買うことになった。またしばらくこんなもので遊んでみよう。

 191110 ←画像はネットからの借り物

 もともとは電子レンジで炊飯することが目的のものだが、Youtubeでは盛大に噴きこぼれてしまうようなことも言っている。
 そりゃそうだ。以前ここで書いたことがあった「サーモス ごはんが炊ける弁当箱」では、噴きこぼれ対応の装置がついている。
 Youtubeでは、アルストで炊飯している動画も目にするし、もっと見ていくと、途中で電子レンジのワット数を切り替えて上手く使っているものもある。
 つまり、炊飯というのは、沸騰するまでは強火、以後は弱火にして数分というのが原則だと思えばわかりやすい。

 最近では、ご飯を口にするのも毎日ではなくなっているので、簡単な器具があれば足りてしまう。だから、新しいクッカーは必要ないのだが、こんなものでも簡単な食材を冷蔵庫で保存してお容器くくらいには使えるだろう。そう考えれば使い道が無いわけじゃない。

 電子レンジでの炊飯の方は、>Minlyちゃんねるの「【ダイソー】炊飯マグを徹底攻略してみた!」のシリーズがとても参考になる。
#ネットを検索したら、たまたま同じ方の「ダイソー炊飯マグ噴きこぼさない炊飯のコツ」の記事を見つけた。このページからも様々なレシピに到達することができる。

 そんなことで、これはまあ一時のお遊びの道具になるだろうと思うが…(笑)。
 しかし、同じ考え方で、寒さを迎えるこれからの時期、「サーモス ごはんが炊ける弁当箱」の使い道も広がるのではないかと密かに楽しみでもある。

 今画像を探そうと見てみたら、ダイソーで300円で買ったものと同じようなものが1280円で売られていた。もちろんこちらの方がデザインは良い。これはデザイン料だな(笑)。

 191110

*     *     *     *     *

 ところで早速、まだ捨てていない電子レンジで試して見た。

 1合も必要ないので、とりあえず上述「ダイソー炊飯マグ噴きこぼさない炊飯のコツ」に従って、米や水の量を決めた。
 用事があったのでそれを済ませている間、約2時間近く吸水させた。
 私の電子レンジは500W、170W、そして700Wのみである。だから、最初は500Wで4分ほど。蓋がゴトゴト言って沸騰してきたようなので、170Wに切り替えて4分ほど。あまり噴きこぼれは無かった。後はそのまま10分ほど放置。 これで普通に美味しく炊けた。
 しかし、この方法では別に時短になるわけでもなく、電子レンジを使う必要は全く無い。
 
 次は、アルストで試して見ようと思う。そういうことをやっている人もいるようだから問題ないだろう。

tb: --   cm: 0

料理教室4回目:寒い時期のヨーロッパの家庭料理  


 もう4回目の料理教室となった。
 調理はするが料理はしたことがなかった私にも、次第に料理に対する敷居が低くなってきているようだ。

 本日の参加者は3人。一人は料理教室は初めての人だったが女性だからさすがに手慣れたものである。順調に進んだ。
 主催者の方も、最初の時期こそ目一杯皆が忙しく働くようなメニューを考えていたようだが、段々、話しをしながら進められるような余裕を持ったメニューにしてきているようだ。

 本日のメニューは以下のようなものである。
◆そば粉のブリヌイ ロシア料理:パンケーキ。食感もさっぱりしておりパンの代わりになるようなものらしい。
◆シュークルート ドイツ系料理:ザワークラウトと共にキャベツ肉などを煮込む酢漬け料理とでも言ったらいいか。
◆ジャガイモのフリッタータ この言葉自体はイタリア語:ジャガイモ他の野菜を入れたオムレツ風料理
◆シュトゥリューデル オーストリア地方の菓子。アップルパイのようなもの

 まず、シュトゥリューデルの粉(強力粉・薄力粉など)を練って寝かしておく。

◆シュークルート
 ザワークラウトにキャベツの千切り、調味料を加えて煮込む一方で、鶏手元、豚バラ、などを炒め、ソーセージなどの具材と一緒に鍋に入れて煮込むだけ。見方によっては豪快な料理である。
 これなら私にも気楽に出来そうだ(笑)。

 DSC03917.jpg DSC03918.jpg
 191109

◆ジャガイモのフリッタータ
 ジャガイモをこんな風にカットして、その後素揚げ。
 卵を溶いたものと一緒に和えてフライパンへ。ひっくり返した時に皿に残ってしまった3枚ほどがフライパンの端に差し込まれているのはご愛敬(笑)。

 191109 191109
 191109

◆シュトリューデル
 リンゴを銀杏切りにしたものの中に、ナッツ、ラムレーズンなどを加えかき混ぜる。その際汁が出てくるので少量のパン粉などを加えて馴染ませる。
 それらを、寝かしておいた粉を、パイ生地を薄く伸ばしたような状態(透けて見えそうな状態)になるまで手で伸ばしていく。その上に出来上がっているリンゴなどの具材を置いて巻く。最後に照りをつけるための卵黄を塗り、串などで蒸気抜きの穴を開けオーブンへ。
 出来上がりはこんな具合。料理番組で良く言われるような外側パリッと内側ジューシーな菓子になる。

 191109 191109
 191109 191109

◆ブリヌイ
 そば粉にビール他の材料を加えかき混ぜる。しかし、まだとろみのある液状状態。
 これをお玉ですくってフライパンで焼いていく。
 今日は、パンのような食べ方をしたが、実際には、これだけで食べると言うよりは、ジャムなどを塗ったり、他の具材を置いたり、巻いたりして食べることが多いように思う。

 191109

*     *     *     *     *

 以下は配膳状態。
 もちろん、食べきれなかった分は持ち帰り。今日中には食べきれないだろうね。

 191109 191109
 191109 191109
tb: --   cm: 0