FC2ブログ

ポタポタ時々記

シンプル&スローライフ途上の思い、出来事、買い物記録などです。

Youtubeの世界もいろいろ  


 以前紹介していた「スーパーナブラ」のチャンネルがある。

 その後、北海道へ移住したというある女性「沙耶香sayaka」のチャンネルを見つけ、それも時々見ていたのだったが…。

 今、この2人の間で何やらトラブルがあるらしい。
 このページがその概要を伝えてくれている。
 それを茶化しているかのようなこんなページもあった(笑)。 

 スーパーナブラさんの言い分は、この2つのページ。
◆「沙耶香sayakaの嘘を公表します とても残念なお知らせです 嘘で塗り固めたYouTuberの真実」
◆「沙耶香sayakaとのやり取りを公表します 残念すぎる要求 supernabura」
 対する「沙耶香sayaka」の反論はない。

 詳しくは書かないが、人気Youtuberのスタイルを真似て人物像を作り上げ、モデルとしたその人に偶然を装って近づき自分のフォロワー数を稼ぐ…というようなことがあったらしい。
 何となく胡散臭いところを感じたし、特に魅力ある生活スタイルとも言えないのでそのままになっていたが、結果を見れば、全てカネのためにということだろうが、虚構を作り上げながらグループで「沙耶香sayaka」のページを作っていたということだったのだろう。つまりTVのやらせと同じ。それに乗せられておだてられ、それを信じて感激し、動いていた方とすれば気持ち良いわけがない。

 どの世界にも似たようなことはあるものだが、Youtubeの世界はまだまだ萌芽期の新しい世界。特にこうした世界は、当たれば普通の真面目な人生を送る以上にカネを得ることができるとすれば、カネのためにどんな虚構でも作り上げようという輩がいても不思議じゃない。それがたまたま現実にあったということだ。人気Youtuberであればあるほど、こうしたことに巻き込まれることも当然覚悟しなければならないのだろうか。

 嘘で作り上げられた道義なき世界は国際社会や政治の世界だけにしてほしい…とも言いたくもないものだが、少なくとも正直者がバカを見る世界だけはやめにしてほしいものである。

*     *     *     *     *


 その後のいきさつも、私の関心の続く範囲で記しておくことにしよう。
 これについての沙耶香sayakaからの投稿もあれば、さらに興味深いのだが…。

◆沙耶香sayakaから身勝手な要求が再び届く 全て公表します supernabura

そして、それに関するこんな続編も…。
「【スパーナブラvs沙耶香sayaka】パクるには理由がある!身勝手な要求が再び届く!YouTube攻略に見るパクリと真似のアルゴリズム」

tb: --   cm: 0

壊れたと思った「SOTOスライドガストーチ」が治った  


 着火道具は男のロマン(笑)…と言いたいところだが、愛用の「SOTOスライドガストーチ」がどうしても着火しなくなった。ボッと火が出てすぐに消えてしまうのだ。
 これが壊れることは良くネットでも報告されている。

2020-08-30

 ネットを検索して「SOTOスライドガストーチがつかない時(不具合)の対処法はこれだ!」を見ながら、ガス調整つまみの微調整と圧電スパーク位置の微調整をあれこれやってみた。注入ガスもSOTOのカセットガスでやり直してみた。しかし、いずれも回復しない。せいぜい、良くなっても、相変わらずボッと火が出てすぐに消えるだけ。
 いじっているうちに、圧電スパークの先端が折れてしまった(苦笑)。それでも火花は出るようだけど…(笑)。

 もうこの手のものは使うまい。捨ててしまおうかと思いつつ、まだできる方法は何かないかと思っているうちに、こちらのページ「スライドガスマッチを自力で修理」を見つけた。

 そこでの新富士バーナーからの回答。

よろしければ下記の操作をご確認下さい。
1. ガス調整ツマミの微調整
  ガスは出ていても濃度などバランスが悪いと着火しません。位置を変えてみることをお奨めいたします。
2. 圧電スパーク位置不良
  火花がギア部分へ飛ぶように調整してください。3mm程の距離が適正です。
3. 火口ギア部が異物により詰まり気味
  ガスは出ていても、うまく着火しません。エアブローで改善することがあります。



1,については、可動範囲を制限している突出部はカットしてしまっている(笑)。
2.については、もう先端部が折れてしまっているので動かしようがない(笑)。
3.はやっていなかったので、たまたま手許にあったエアブローで着火口を吹いてみた。そのうち「ノンフロンエアダスター」があった筈だと思い出したので、次いでそれで吹いてみた。

 何と、これで以前と同じように火が出るようになったのだ(苦笑)。単にガスの出口が目詰まりを起こしていただけらしい。日頃のメンテナンスの悪さを反省はしなければならないが、それにしては随分と無駄な労力を使ったものだ。
 修理の順番からしても、まずはエアブローをすべきなんだろうと思う。

 何だか、自分のアホさ加減を晒しただけの記事になってしまった(苦笑)。


 ネット情報によれば、最近、ローソンでは500円だったか、300円だったか?これと類似の製品を出してきているらしい。
 しかし、もう私はこれを買う気持ちにはなれない。
 たまたま今回は回復できたようだが、これがだめになったら他のものを使うようにしようと思っている。着火道具はこれだけじゃないんだから…。

tb: --   cm: 0

XXZU 自撮り棒(ミニ三脚)が届いた  


 動画撮影はまだまだ実用化していないのだが、またまた新しい「自撮り棒(ミニ三脚)」が届いた。
#動画を撮影しても編集が面倒くさいので放置したまま…というだけのことなのだが。

 以前のものは室内できちんと環境をセットして行うもの。外でも使えると良いなと思っていたのだが、装置が大げさで重すぎた。とても外へ持ち出す気になれない。
 今回の「自撮り棒(ミニ三脚)」は外スケッチでのものと考えた。こちらはiPhoneで撮れれば良いか…と思ってのものである。通常、私は外では立って描くので、できるだけ高さが確保できるほうが良いと思って調べたら、売れ筋のこれ「自撮り棒(ミニ三脚)」が見つかった。安いのが何より良い(笑)。
 スタンドを延長できるのは良いのだが、固定する装置がないため、重量によっては勝手に下がって来そうだ。その点が問題である。

2020-08-24minisankyaku


 装置ばかり揃っても仕方ない。編集技術を早く身に着けないと…と思うのだが、これがなかなか面倒だ。
 これまで30年ほど、マニュアルは極力読まないで過ごして来たが、動画編集や正式にYoutubeにアップしていくには本をちゃんと読まないとだめそうだ。わからないことが多すぎる。
tb: --   cm: 0

大和小型ランタンが来た  


 オイルランタンもちょっと男心をくすぐるギアであるが…これが届いた。

2020-08-09ランタン

 今度届いたのは、写真右の小さいものである。先日FBからのリンクでこちら「大和小型ランタン発売決定!詳しく説明してます!」の動画で知ったものである。
 九州の豪雨災害への義援金も含めて購入できるというので、1割ほど義援金を収めて購入させていただいた。

 購入したのが8月9日。
 しかし、その後何の音沙汰がなく、8月23日に、いつ発送いただけるのか確認のメールをしたのだったが、翌24日に「ご購入ページ記載通り、8月末出荷予定でしたが、本日よりご購入された順に出荷を予定しております。」との返信があり、その後程なくして到着したものだった。

 8月末、再び購入ページを見たら「完売」となっていた。

 ちなみに、下の写真左は随分前に購入していたもの。「フュアーハンド・ハリケーンランタン(中型)」である。
 大きさも随分違うが、明るさもだいぶ違う。

ランプ
tb: --   cm: 0

DS STORM Kettle(ストームケトル)にたどり着いた  


 結局、何だかんだでケリーケトル様のものが欲しくなって、いろいろ検討してみた。
 一番最初にケリーケトルに関心を持ってアウトドアの世界に踏み込んだようなものだが、結局最後にここに来たと思えば不思議ではない。ここまで来るのに6年がかりである(笑)。

 容量、大きさ・重量、使い勝手、価格等を比較検討して見ているうちに、「アウトドア・ベース犬山」で見た「デザートストーム」が良さそうだと思うようになった。
 ところが、ここでは販売価格が8,550円(内税)であるものの、在庫数がゼロとなっていた。


 ところが、これに関する一般的な情報が殆どない。とあるブログが一つだけこれを購入したというページが見つかった。それが「まだ見ぬ景色を求めて」「こちら(購入)」「こちら(感想)」のページだった。
 容量は小さいが、なかなか使いやすそうでもある。

 Eydon Kettle Companyが製造元だということはわかったが、製品、価格、送料ともイメージとは程遠い。(これに送料がかかる。)

200819

 そのうち、Amzon.ukで手頃な価格のものをみつけたが、こちらは日本へは発送しない。(通常はこれに£20ほど送料がかかるらしい)

200819

 仕方ないので、販売元(「Eydon Kettle」だったが)にメールで、日本に送らないのか?と質問を送ったら、上記WebPageを紹介された。
 それでは、「製品、価格、送料が私の希望している条件に会わない」と返信したらさらに以下のような返信。随分丁寧だ。

Thank you. For the cheapest version, please go to:-
https://eydonkettle.co.uk/p/ds-storm-tm-kettle-desert-storm-natural
and when you check out it will progress to the overseas delivery price.
You may also go to:-
https://www.ebay.co.uk/itm/264778460776?ssPageName=STRK:MESELX:IT&_trksid=p3984.m1555.l2649
and you may get a better price here.


 ここまで来たら、行けるとこまで行ってみようという感じでこうなった(笑)。
 もちろん「アウトドア・ベース犬山」で売られているスタンドはないが、まあ仕方ない。
 eBayも初めて使ってみたと思うが、結構使えるかもしれない。

200819

 そうしたらすぐにこんな返信。そういう仕組みになっているのだろうか?(苦笑)

Thank you
We have received your order.


 ここまでで寝たのだが、朝起きたら発送したとのメール。素早い(笑)。

*     *     *     *     *


 やはり気になったので「アウトドア・ベース犬山」にもメールを入れた。①Desert Storm (DS)Kettleの入荷の予定はないのか?、②専用スタンドは単独で販売されるのか? ということを確認したかったのである。
①9月上旬に入荷予定だが、日程は不明。大幅に遅れる可能性もある。
②専用スタンドは販売商品に付属するが、単独でも購入可能である。
との回答だった。
 こうして見ると、「アウトドア・ベース犬山」の価格設定はかなり良心的なものであることがわかる。同じ品を購入予定なら、「アウトドア・ベース犬山」から購入されることをお勧めしたい。
#しかし、新価格は多少高くなっていた(10,160円(内税))。まあ仕方ないか。
 ebayからの商品が届いてから…とも考えたが、ちょっと試してみたいこともあったので、単独購入を決めて発注した。

200823

 これはすぐに到着。しかし、作りは雑。端部を重ねて溶接である。もう少し美的な配慮は欲しかった。
 試してみたかったのは、どこまで浅型クッカーの五徳として使えるか…ということである。
 高さは5.7cmほどだから、かろうじてアルストは使えそうだが、五徳は結構大きいので使えるクッカーは限定される。また、これをクッカー内に収めようとすると14cm鍋にも治まらないから、なかなか単独では効果的な使い道が思いつかない。
 持ち運びには、カラビナでザックにぶら下げて…という感じになるだろうか。


 到着後の記事はこちら
tb: --   cm: 0

CDの断捨離  


 このところ外に出ていないからあまり感じないが、世間は記録的な暑さが続いているようだ。
 ただ、ちょっとした買い物でも外に出るとその暑さは感じる。

 そんなこともあり、このお盆休み中、部屋の片付けをすることにした。
 アウトドア用品が大分増えてきているので、その場所をつくらないといけないという事情もある。第一に処分のターゲットになったのがCDである。

 CD処分の方法をネットで検索したら、なぜかHMVが引っかかってきた。今考えればブックオフもあるし、ツタヤなどもあるはずなのだが…。多分、今なら査定額が35%アップだとか、ダンボールで処分ができるというところに引っかかったように思う。

 200815

 届いたダンボールに一応整理しながらCDを詰め込んでいくのには当然時間を要する。こういう時には思い切りが必要である。
 結局、なんだかんだで3日かかり、ダンボールの箱詰めが終わったのは15日(土)の昼過ぎになった。
 ダンボールの箱は100枚入り5箱になった。入り切らなかったものは自分のために少しだけ残しておくことにした。

 ついでに、パソコンのデータCDも結構な量だったのでこれも捨てることにした。ゴミ用ビニール袋一袋分となった。
 その他、目についた本も捨てることにした。
 これら(CDを除いてだが…)は土曜日のゴミ出しにすべて出した。

 そして、これらがなくなって空いた棚には、アウトドア関係の小物が収まった。しかし、これでもすべて片付いたわけじゃない。

 こうなると、どんどん捨てたくなってくる(笑)。

 まだDVD関係が少し残っている。処分待ちの本もある。これらも思い切って処分したい気分になっている(笑)。
 モノを捨てるということは随分気分が開放されるものである。この開放感もなかなか良い。

 ダンボール5箱分は、18日夜送り出して、玄関周りもスッキリした。

*     *     *     *     *


 その後、すぐに到着の連絡とともに、査定結果は8月末になるという連絡があった。

 そして、28日、その査定結果が届いた。

 2020-08-29

 査定評価がついたのが、347点 / 63,276円とのこと。
 個別の査定リストがあり、安いものは1円〜1500円ほどまで、随分幅があった。
 査定リストに掲載のない 85点は、このような理由(買取不可理由:在庫過多、サンプル盤、当社値付かず品のため)で値段の付かなかったものだとのことである。

 私自身、いちいち確認するのが面倒な作業を一つひとつやってくれたらしい。

*     *     *     *     *


 一応CDの処理は終わったのだが、まだ事情があって手許には38点ほどのCDが残っていたので、これも処分しようという気持ちになった。というのは、HMVからのメールで9月13日までの申し込みであれば35%アップの評価になるということだったからである。
 こういうのは、もともとの評価がどうなのか…ということでもあるが(笑)、それでも、9月6日再び買取りの申し込みをした。

 結局、次の38枚は、査定できるものが31枚ということで、3001円。予想より大幅に低額査定だったが、まあ仕方ない「了承」して、CDの断捨離終了。

 結局200万円ほど投資したCDだが、66000円程度にしかならなかったというわけだ。
tb: --   cm: 0

欲しかった椅子の入手が難しくなったようだ  


 絵を描くようになってから、アウトドア関係の椅子も随分買ってきた。
 数個の遍歴を経て、今の椅子「ロゴス」の椅子に落ち着いた。
#今現在、ロゴスの生産ラインからは外れているらしいので、画像は似たような製品のものである。私のものは構造そのものは分解できないが私にはその必要はない。

200814

 今ではチタン製のさらに軽量のものも出ているが、これが壊れてからにしようと思っている。

 その他、こんな椅子「ロゴス(LOGOS) エアライト・1ポールシート 」「alite(エーライト) モナーク チェア」も買ってしまった(笑)。

200814 200814

 これらが私のスケッチ用椅子である。
 ちょっと例外もあるが、私がこれらの椅子に求める要件は「軽さ」「(収納時の)小ささ」の他にさらに重要なポイントが「(柔らかな地面に)めり込まない」ことである。つまりそれが安全な椅子の要件であり、片付け時の汚れがつきにくいことにつながると思うから…である。
#ちなみに、この旅で一緒に絵を描いていた一人が、(アウトドア用の椅子を使用していたのだが)背後の石垣の下に転落してしまった。幸い下に植え込みがあったため何事もなく終わったが…。

 アウトドアに本格的に関心を持つようになって、それ用の椅子が欲しくなった。
 しかし、車を持たない私は最初からロースタイル以外は考えたことがない。

 そして、最初に購入したのがこちら「クレイジークリーク・ヘックス2.0 オリジナルチェア」。これは今もお気入りである。

200814

 そして、あわよくばこんな椅子も欲しいと思っていた。それが「あぐら椅子」の類である。
 それらの第一候補が「Alite (エーライト) Mayfly Chair (メイフライチェア)」であり、第二候補が「ヘリノックス グラウンドチェア」だった。それらがいずれも価格高騰とともに入手自体が難しくなっているようなのだ。
 Mayfly Chair (メイフライチェア)は、現在¥22,000〜¥25,000くらいなら入手できそうだが、プレミア価格で買いたいとは思わない。私にとっては(散財をする)対象がなくなって幸せなのかもしれないが…(笑)。

200814 200814

 後者は生産ラインから外れてしまっているらしい。前者については、現在、メーカーの活動そのものが不確かなのだ。
 実際、このページの情報から個人輸入を試みたのだがそれも難しくなっている。Alite (エーライト)の入手難は世界的なものらしい。
 「Alite (エーライト) Mayfly Chair (メイフライチェア)」は、(手頃な価格であれば)是非入手しても良いと思っていたのだが…。残念。


*     *     *     *     *


 その後、ネットを見ていたら、こんなサイトがあることを知った。
 手頃な価格だと思ったので、購入直前まで行ったのだが、購入はやめにした。当面、モノを増やすのをやめようと思ったのである。

イス2009

 その後、モンベルでも扱っていることを知ったが、今は購入の気持ちはない。

tb: --   cm: 0

そろそろCDの処分か  


 そろそろCD処分の時期が来たのかもしれないと思っている。

 昔、オープンデッキをヤフオクで処分した時、AirCheckしていたOpenTapeも1500円/本 で落札していた記憶がある。しかし、今ではCDなど丁度良い希望者がいない限り価格などあって無いようなものになるような気がする。
 覚悟を決めてネット検索したらHMVが引っかかってきたので、とりあえずダンボール6箱を頼んだ。

 箱が届いたので、早速詰めていったが、見込み通り音楽関係だけで600枚ほどあった。内訳はクラシック550枚、その他50枚ほどである。随分偏った構成である。
 私がオーディオに手を付け始めた頃は、カセットテープが主流。クラシックと言えば殆ど交響曲くらいしか知らなかった頃だから、当初はカセットテープに交響曲を入れて満足していた(笑)。それを数百枚処分しているから、オーディオ機器の音質が良くなるにつれて、ややマニアックな音源が増えていったというわけである。
 そして、最後に残ったのがCD。ほとんど大半がソロ演奏やら四重奏等の小編成曲ばかりになっている。きっとこれらを見たHMVの担当者もかなりマニアックな人間だと思うだろう(笑)。

 しかし、本当はそうでもない。30歳頃入社した会社に、程なくして大学の先輩も入社してきた。その方は自らもギターを教えるほどの腕を持っていたが、腱鞘炎を起こしたとかで当時はリコーダーやフルートに手を付けていた。私はその方に感化されてフルートを始めたりしていたが、娘にバイオリンを習わせたのは私がバイオリン音楽が好きだったというだけがきっかけだった。いずれにしてもその方の影響もあってクラシックの世界が深まっていった。その方は10年ほど前に亡くなってしまったが、息子さんはプロのチェリストとして活躍しているはずである。
 そういうこともあって、私のCD棚にはバイオリン、フルート、リコーダー、四重奏等の弦楽曲を中心に増えていった。その後、音楽が好きだという他の友人達に、リヒテルの平均律クラヴィーアが良いと言われればそのCDを買い、アルバン・ベルクが良いと言われればそのCDを買い、自分が好きだと思う演奏家がいればその人のCDを買い…などと増えていったものである。この頃には交響曲は私には重すぎて殆ど聴くことはなくなっていたから、CDのリストには殆ど入っていない。

 そんなCDも今では殆ど聴かなくなった。BGMとしてかけていても、気がつけば終わっているという状況では多分BGMにもなっていないのだろう。ただ、TV音源よりは精神的には落ち着いて物事に集中できている…とは言えそうである。

 処分するつもりで見ていくと、それでも残しておいても良いかも…と思うものもいくつか出てくる。
 何枚か残して、他は処分…ということになりそうである。

*     *     *     *     *


 CDが1000枚ほど入る自作の棚の下段の方にはPC関係のCDも入っている。殆どがソフト関係であるが、多分、もう10年ほどは触ったこともない。これも近々処分しよう。

 CDの棚は高さが限定されている(自作だから高さを任意に変えることはできるが)が、最近増えてきた小物の収納に丁度良い(笑)。当面は、これら小物の収納棚になる筈である。

 こうやって、自分の興味の移り変わりに応じて、身の回りのものが変わっていくようだ。
tb: --   cm: 0

Unigear 防水タープ キャンプ タープ テント  


 Youtubeを見ているうちに、こんなタープ「Unigear 防水タープ キャンプ タープ テント」があるのを知った。遮光性もあるし、コスパが良いということだったので買ってみるかと軽い気持ちで購入。¥ 4,299だった。

200801

 1日遅れで到着した。予定よりちょっと大きく重かったが、まあ良いか…。そう言えばブログに書いておこうと、今見たら…なんと(色違いではあるが)価格¥2,899となっていた(苦笑)。
 ちょっとがっかりしたが、こんなことは度々あることだし、逆もあるからまあ認めるしか無い。

 色はグリーンの方が良いから、これも仕方ない。

 さて、中にはこんなものが入っていた。
 このアルミのペク、特にプラスティックの自在鉤は使い勝手が良くないらしい。
#丁度セリアに6個入りの自在金具が売られていたので、買ってきてそれに取り替えた。

200803 200803

 雨降りの日には、この下で絵を描く…なんてこと、一人なら何でもできるが、まさか皆さんを連れて行ってこの下で描きましょう…なんて言えないなぁ(苦笑)。
tb: --   cm: 0

料理教室8回目:イタリア料理(米のサラダ、ケイク・サレ、白身魚のピカタ、トマトソース)  


 初めて料理教室なるものに行ってみたのが昨年7月27日だったから。ほぼ1年が過ぎたことになる。
 途中、コロナ騒ぎなどで休止期間もあったから、本日は8回目となった。
 継続は力なり!と言いたいところだが、私には少しも力になっていない。多少、料理の敷居が低くなったというところか(笑)。

 今日のメニューは以下のようなものだった。夏らしいさっぱりした美味しい料理だった。

◆お米のサラダ(イタリアの夏の定番メニュー)
◆ケーク・サレ(フランス生まれの「塩(サレ=sale)」の「お菓子(ケーク=cake)」、つまり「塩味のお菓子」「塩味のケーキ」を意味します。砂糖を使わずに、野菜や肉、チーズなどを焼き込んだ甘くないケーキで、形はパウンド形が基本)
◆基本のトマトソース(料理に応用が効く。今回はピカタに添えるソースとして)
◆白身魚のピカタ(イタリア料理の一つ。塩コショウなどで下味をつけたお肉に小麦粉をまぶし、溶き卵に粉チーズを混ぜたものをたっぷり絡めて焼いた料理のこと)

 いつもは手順に従って紹介したが、今回は料理ごとに…。
 手分けしてやっているので、私の目が届かなかった工程もある。

■米のサラダ

 まず、サラダ用は米粒の大きさと合わせて、すべて5mm角くらいにカット。
 赤玉ねぎは、切ったらしばらく水にさらす。今日は軽く塩をして5分くらいおいて、水洗いしてから搾っている。
 一方で、湯沸かしした鍋で12〜14分くらい米を茹でる。粗熱をとってから野菜と混ぜ、調味料で味を整えた後、冷蔵庫で30分ほどなじませる。

200801

■ケーク・サレ

 ケーク・サレ用は少し大きめにカットして、下ごしらえ。
 南瓜などの火の通りにくいものは予めレンチンなどしておく。この日はパプリカ、ズッキーニを炒めた。野菜は水っぽくならないものなら好みに応じて何でもOK。

200801

 一方で、ボールに全卵を割り入れ泡立て器でほぐしたところに薄力粉、ベーキングパウダー(もちろん調味料も)加えてさらによく混ぜる。
 パウンド型に生地を流し、上から粉チーズを振ったら、オーブンで40分前後火が通るまで焼く。

■基本のトマトソース

 にんにく、玉ねぎを鍋で蒸し焼きした後、トマト缶とローリエを入れ、蓋をして中弱火で煮込む。
 煮詰まって2/3くらいの量になったら火を止め、(ローリエを取り出して)混ぜてピューレ状にしてできあがり。

■白身魚のピカタ

 鮭(イサキ、鯛、スズキ、カジキなどでも良いらしい。その他、薄切りの鶏肉、豚肉、仔牛肉などもOK)の切り身に塩コショウをして粉をはたいておく。
 一方、ボールに卵を割り入れ粉チーズ、牛乳などを混ぜ、衣をつくる。(思っていたより水っぽい)

 フライパンにオリーブオイルを入れ火にかける。
 切り身を上述衣にくぐらせフライパンの中へ。火加減は中弱火。縁の卵がチリチリと固まってきたらひっくり返してバターを落とし、両面をきつね色に焼く。

200801 200801
200801 200801

 今日は全体的に量が少なかったせいか、豚肉も追加された(笑)。

■配膳と食卓

 ピカタが出来上がる頃には、ケーク・サレも焼き上がって…米のサラダとともに皿に…。
 ピカタはトマトソースの上に…。(この逆でも良い)

200801 200801

 いよいよ配膳。そして私の席の様子。
 もちろん、コーヒーはこの後各自の席へ。

200801 200801

 今日は、もっぱら拡大しつつある新型コロナが話題の中心だった。

 いつものように、残ったものは持ち帰って夕飯に…。だけど、ピカタは食べてしまったし今日は夕飯にはちょっと物足りなかったか。
tb: --   cm: 0