FC2ブログ

ポタポタ時々記

シンプル&スローライフ途上の思い、出来事、買い物記録などです。

断捨離の将来イメージ  


 このブログで度々引用させていただいているFUKUさんであるが、今日の動画は「「キャンプ道具」妄想ドラマ キャンプ道具だらけの部屋」、なかなかおもしろかった。
#この人を最初に知った5月頃は1万をちょっと超えたばかりだったチャンネル登録者数も今では 8.87万人になってしまっっている。投稿数はもちろんだが、穏やかな語り口、豊かな説明内容、そしてセンスが良いと感じる様々な動画からすれば当然の結果のように思える。チャンネル登録者数まだまだ増えるだろうと思う。

 私のところにもいろいろ集まったキャンプ用品であるが、基本的には「衣食住」全てに関わる。それにしては(特に住に関しては)価格としても大したことがない。それだけに集まりやすいのだが、(生活スタイル自体、常時変化し続けているとは言えるかもしれないが)それでも、自分の生活スタイルが定まってくれば不要なものも数多くできてくる筈である。

 彼が描いたこの<妄想>、私の断捨離の終末の姿としても見えてくるようである(笑)。
 まあ、ただの妄想としてだけでなく、これから断捨離を進めていく中でこれが理想の姿になるかもしれない。
tb: --   cm: 0

そろそろ道具沼からの脱出を図らねば…  


 いつも参考にさせていただいているFUKUさんのYoutubeであるが…。
 本日、たまたま目にしたのがこちら「【キャンプ道具紹介】10年以上キャンプ沼にハマっている男の納戸の中」
 
 長いキャンプ歴をお持ちの方だと推察していたが、そこには次のような説明がある。

”大人になってからのキャンプ歴は13年くらいになります。何でも試してみたくなる性分で、気になるギアがあると買ってみて、自分に合わないものは手放してきました。”


 そして、タイトルにあるように”10年以上キャンプ沼にハマっている”らしい。それだからこそ様々なギアをお持ちであり、様々な知識もお持ちなのだということがわかった。その蓄積が最近のYoutubeの内容にも生きているのだろう。


 お道具マンを自認している私も、「何でも試したくなる」ところは同様で、(自分では認めたくないが)すっかり道具沼にハマっているらしい(苦笑)。しかし、さすがに最近は反省の気持ちも強くなり、試してみたいギアがあっても踏みとどまるようになってきている。欲しいと思っても、大抵のものは今持っている他のもので代用が効くものであったり、ちょっと考えれば、そうしたギアが私には必要ないだろうと思えるようになったのだ。遅ればせながら…であるが(笑)。

 この動画の最後の言葉「最後に私から言えることは、『キャンプ用品を集めすぎると収拾がつかなくなります。』ということです。」には思わず笑ってしまった。まさに私がその一歩手前の状態だと思うからだ(笑)。

 私の場合には、一度買ったものはなかなか手放せないという性格でもあるので、どうしても不要と思われるものも残ってしまう。さらに自作のギアもいくつかあるし手掛けてみたいものもある。そうなると半端な材料がいろいろ残り始めるから、この点でも混乱が増している。
 そしてさらに、メーカーの違うギアの組み合わせもいろいろ試している他、ギアも適宜改造してしまっているから、その点でも一層混乱を増しているようだ。

 いろいろ反省すべきことも増えてきているから、今後は新しいギアの購入には慎重にならざるを得ないだろうと思う。いやそれだけじゃない。むしろ手放すことを積極的に考えなくては…。
tb: --   cm: 0

Youtubeを広告無しで見られるようになった  


 以前、「YouTubePremium」を試してみたことがあった。私の場合には、Youtubeを広告無しで見たかったというだけの理由である。
 しかし、それだけのためとしてはバカバカしいと思ったのでやめていた。

 それが、高校時代の畏友のブログで広告無しで見られるというブラウザがあることがわかった。どうやら、「Brave」というブラウザがあるらしい。
#彼は、高校時代3年間の同級生であるが、常に高校時代は成績トップ。私が逆立ちをしても敵わない友人である。ところが、昔、彼をMacの道に引きずり込んだのがどうやら私だったらしい(笑)。

 Youtubeの広告は、私には、まあ我慢できる程度であったが、唯一我慢し難いのが、文字列に被さる広告が度々出てくることだったが…。それもなくなるのか、ちょっと楽しみにしながら早速それを導入してみた。

 どうやら本当に広告なしに見られるようになった。
#いずれにしても、導入を考えられる方は自己責任で…ということですね。

 彼のブラウザはSafariらしいが、私はChrome。私もそうだが、デフォルトのブラウザとするほどではないかもしれない。
 彼のように、私もYoutube用のブラウザとなりそうだが、確かに広告の出ないのは気持ちが良いものである。

*     *     *     *     *


 以来、どの程度使えるか試してみているのだが、(25日記)
◆ブログの編集に全ての機能が使えないことで、結構不自由な点が多い。
◆新しいサイトでは新規にパスワード等を要求してくるのが面倒だ。
等で、残念ながら全てをこれに移行するというわけには行きそうもない。

 そして、ついでに検索も、GoogleからDuckDuckGoに変えてみた。
 こちらの使い心地の確認はこれから。
tb: --   cm: 0

伊勢市「クリエイターズ・ワーケーション」  


 いつのことだったか、FBの友人の一言から伊勢市「クリエイターズ・ワーケーション」というものがあると知ったので、どんなものか、興味半分に応募していた。

 詳細については忘れたが、全国の芸術に関わる人々に声をかけていたもので、何日かの宿泊をしながら各自の芸術的行為を通じて伊勢市のアピールをする…というようなことだったと思う。
 私は、伊勢市の一般には知られていない風景を発見しながらそれをスケッチすることにより、伊勢市の新しい魅力発見と対外的なPRをしていくことに寄与できたら…ということを提案していたと思う。
 そして、こんな機会ででも伊勢へ行くことができればまた新しい風景を発見できるかも…なんて思っていた。

 すっかり忘れていたが、その返信が昨日届いた。

 このたびは、伊勢市が行う「クリエイターズ・ワーケーション」にご応募をいただき、心より御礼申し上げます。
 ご提出いただいた情報をもとに、外部審査委員の審査を経て、事務局において参加者を決定させていただきましたところ、大変申し訳ございませんが、○○様には今回のクリエイターズ・ワーケーションにご参加いただけないこととなりました。

 せっかく「伊勢に行き、創作したい」という有難いお申し出をいただいておきながら、予算面等の制約上、このような結論になりましたこと、大変心苦しく存じます。
 参加決定者の一覧は、明日正午をめどにnote(https://note.com/ise_cw2020)上に公開いたしますので、ご確認ください。

 勝手ながら感謝の思いを述べたく、どうぞ最後までお読みください。

 今回の募集に対しましては、全国47都道府県から1,271件ものご応募をいただきました。
 募集に用いた「Googleフォーム」では、皆様がご入力いただいた情報をスプレッドシートで出力することができます。
つまり、お一人につき1行の情報が下へ下へと1271件連なったものが、募集締切時点では私の手元に置かれたわけですが、これを、皆様がお書きいただいた内容がすべて読めるように行の高さを調整して印刷すると、A3紙で180枚超にもなりました。
 インターネット上の応募フォームからのご応募という形式にもかかわらず、たった1件の冷やかしやいたずらもなく、クリエイターの創意と熱意に満たされずっしりと重いこの資料は、私の(伊勢市の)宝物になりました。

 あえて申し上げるまでもないことですが、今回の結果は、皆様の創作の素晴らしさに優劣を付けたり、けちを付けたりするものとしてはお示ししたくありません。今回の事業は、観光誘客の一環として行わせていただく事業であることから、これまでのご実績等の比較からすれば、結果にご納得のいかない点もおありかもしれませんが、どうぞご了解賜り、引き続きご縁をいただければ幸いです。

 (以下略)



 選出されたメンバーを見て、あきれてしまった(笑)。全く場違いのところに応募していたらしい。
#ただ、こうした試みは、地域魅力の発掘には極めて効果を発揮することになると思う。

 当然のごとく私は選出はされなかったが、その御礼に…ということで、以下の中から一つを選んで下さいというものだった。
 ありがたくいただくことにしようと、私は「伊勢うどん」で返信させていただいた。
 風景を描くことはできなかったが、食欲の方は少しは満足させてもらえそうである(笑)。

201020


*     *     *     *     *


 そんな話があったところへ、従兄弟からLINEが入った。
#私の気分としては多少は関係がありそうなので、ここで一緒に紹介させていただこうと思う。

 銀行を退職した知人が nipponia sawara という佐原再生事業をしていて、少しずつ進んでいるようだ…とのことだった。
 調べてみたら、これ「nipponia佐原」のことらしい。

 佐原は一度は行ってみたいと思っていたが、確か昨年の台風でも大きな被害を受けていたはず。すっかり行く機会を失っていたが、いつかは行ってみたいところの一つである。そんなことを思い出した。

 これからは地方がどんどん衰退していく時代である。
#いや、日本という国すら、世界でも消滅していくであろう国の代表的存在でもあるのだが…。
 そんな時代にあって、地方から発信する情報がなければ必然的に衰退・消滅の道を歩むしかない。それをどれほどの人々が認識しているのだろうか。
tb: --   cm: 0

FBで見つけた面白い製品2つ ルミナイザーランタン&ハンドルバッグ  


 今日のFBで見つけた興味深い製品が2つあったので紹介してみる。
 ただ、FBの広告はあまり信用できないものもあるし、他で探したほうが安いものがあることもあるので、そのあたりは自己責任で対応を考えて欲しい。
 私は、もうこれ以上ものを増やせない段階に来ているので、多少は関心を持ったが今回はスルーする。

◆最初は、ルミナイザーランタンというもの

 こういう新しい技術を搭載したというものに惹かれてしまう私であるが…さすがに見送らざるを得ない(笑)。

「ノルウェー発。特許技術搭載のLEDオイルランタンLuminiser lantern(ルミナイザーランタン)」

201020


◆2つめは、自転車用のフロントバッグ

 自転車用フロントバッグは、どうせ付けるならもっと大きいものが欲しいし、今あるもので十分間に合いそうなので、面白そうな機構であるがこれも見送ることにした。

「スマートな多機能ハンドルバーバッグ」

201020
tb: --   cm: 0

小手先仕事  


 このところ、何となく中途半端な生活を送っているので、中途半端なお遊び仕事をしてみました。

◆(さしあたって必要でもない)アルストづくり

 自作も含めればアルスト(アルコールストーブ)など一体いくつあるのかわからないほどだけど、CanDoの灰皿をつかってアルコールストーブができることがわかっていたので、ついついその灰皿を買って来てしまった。
 買ったからには作ってみようということで、手許の材料を使って作ってみた。
 材料は、ステンレスの網、スチールウールたわし。
 ちなみに、このページのアルコールストーブは、私も全て作っている。この製品については、私は蓋をそのまま残すことにした。両者の穴の大きさには少し差があるが、使用上は大差ない。角型のほうが多少時間がかかる程度だと考えておいて良いだろう。ただ、丸型はちょっと厚さがあるため、これをポケットストーブに入れようとすると蓋がちょっと浮いてしまうのが残念。

201016

◆100均ガストーチ(ライター)

 先日、壊れたと思った「SOTOスライドガストーチ」が治った…とは言うものの、このライター、デザインは良いのだが、以前から何だかあまり機嫌が良くない。必ずしも1回で着火するとは限らないし、ずっと燃焼させ続けようと思っても途中で消えてしまう。これは私だけなのだろうか?
 むしろ、100均(セリア)のこちらの方が調子が良い。それに焚き火、ウッドストーブにはこれくらいの方が似合うようにも思う。ただ、こちらは100均だけあって使い捨て仕様である。

 201016

 結構これは使いやすいので、ガスを充填しさえすれば継続的に使えるようにした。
 特に難しいことじゃない。底に小さな穴を空けるだけである(笑)。
#もちろん、自己責任である。

201016

◆ペンのインク補充

 今まで、いろいろなペンを使ってきたが、その中で最もお気に入りの一つがこのペン「ロットリング ティッキーグラフィック」である。何しろ、学生時代の頃から製図用ペンとして(全く同じではないが)この手のものを使っていたんだから…。

201016 201016

 当時は、インクを入れ替えることによって使い続けられたのだが(その代わり、細いペンでは詰まることもあったが)、最近のこれはどうやら使い切り製品になっているらしい。いくら軸を回しても空回り状態だった。
 何とか空になったインクを補充できないかと試した結果、先端の黒い部分をペンチで挟んで引っ張れば抜けることがわかった。
 今回補充したインクはプラチナのこのインク。スケッチのペン描き用に買ったのだが、ペンスケッチをしなくなってから何年もの間使いみちがなかったが、ようやく改めて使える目処が立った。
tb: --   cm: 0

料理教室10回目:イタリア料理(キノコのマリネ、ケイクサレ、カネデルリ、キャロットケーキ)   


 本日、イタリア料理の教室も10回目である。
 今日の参加者は3人であった。
 
 今日のメニューは以下のようなもの。ボリューム豊かというわけではないが、味はアッサリ感があって美味しかった。

◆キノコのマリネ

ケイクサレ(サレは塩の意。塩味の効いたケーキといったところか)

◆カネデルリイタリア北部の料理らしい。ドイツではクヌーデル。固くなったパンを有効利用しようというような料理らしい。ネットを見ると、基本的にはパンを団子状にするというだけで、様々な料理があるのがわかる。)

◆デザート:(アメリカン)キャロットケーキ


*     *     *     *     *



 最初は、皆で手分けしてあちこちで準備作業。私は野菜の下ごしらえ…である。


■ケイクサレ

 ケイクサレは、写真のようなパウンド型に入れ焼き上げ、適宜カットして食べるので、断面が美しく見えるように野菜を用意する必要がある。

 (ちょっとボケたが)カウンター上部に私がカットした野菜類が置いてある。結構大きめである。
 ボールに混ぜ合わせた材料の中に、これら野菜を投入し、さらに大きく混ぜ合わせたものをパウンド型に入れていく。
#ここで「メスティン折り」を使ったりしたら、もう少しスマートにできたかな?なんて思ったりした(笑)。
 最後に粉チーズを振ってオーブンへ。この大きさであれば40分くらいか。

201010 201010

201010 201010

 これが焼き上がったものである。

201010


■カネデルリ

 ケイクサレの下ごしらえをしている間に、すでにカネデルリの準備が始まっていた。ニンニクとオリーブオイルに殻付きのエビを入れ出汁をとっている。
 そして、こんな状態のとことろへ、パンで作った団子(この団子のことをカネデルリと言う)を投入することになる。

201010 201010

 こちらは団子作りの様子である。固いパンなどないから今日はパン粉を使っている。
 今日はフードプロセッサーが大活躍である。しかし、粘性が強いのでその扱いにはちょっと手こずっている。
 最後にこれくらいの団子状にまとめる…というわけである。

201010 201010

201010 201010

201010 201010

 20分くらい煮込んで出汁をとったら、ザルなどで汁を濾す。その中に、出汁を取り終わったエビの殻を取り除くため、(身を取り出し)身だけをを鍋に戻したり、白身魚、ムール貝、イカなどの海鮮や好みの野菜を入れ、火を通す。野菜を入れたほうが味がまろやかになるらしい(ただ、貝類はあまり火を通しすぎないように注意。途中、引き上げておくなどの配慮も必要であるようだ)。
 これに団子を投入。それが膨張し浮かんできたら火が入っているということになる。
 ここにさらに旨味を加えるため、ざく切りトマトを入れ、さらに20分ほど煮込んだら、味を整え完成ということになる。

201010 201010


■キノコのマリネ

 鍋にはマリネ液の材料を入れて火にかける一方で、キノコを(基本的には)食べやすい大きさで切る。予想以上に大量だった。
 これを鍋に入れ、沸騰したら火から下ろして粗熱を取る。煮込むのではなく、火を通すというだけである。

201010

201010 201010


■(アメリカン)キャロットケーキ

 キャロットケーキの材料の混ぜ合わせは、ケイクサレと似たような作業であるが、ただ、この白く見えるのは粉砂糖である。
 ケーキの型に入れてケイクサレと同じオーブンで焼き上げたのだが、小さいだけに随分早く焼き上がっている。
 それに仕上げクリームを乗せて完成。

201010 201010


■配膳と食卓

 さあ、食卓が整った。

 外は台風14号の雨。テーブルでは、いつものように軽いおしゃべりである。今日の話題の中心はGOTOトラベル、GOTOイートだったようだ。
 今日のテーブルは、ボリューム感が乏しいかもしれないが、ヘルシー感が一杯である(笑)。
#しかし、食べきれない分は各自持ち帰っているので、それを含めれば結構な量になるということなのだろうと思う。

201010

201010 201010
tb: --   cm: 0

DS STORM Kettle(ストームケトル) の使い勝手が定まった  


 DS STORM Kettle(ストームケトル)、とうとうこれを使おうと決めてからいろいろなことがあった。お道具マンである私にはそれはそれで結構楽しい時間でもあった。

 そして、これの使い勝手を試しながら改善できると思ったところに手をつけてきた。
 それがようやく定まってきたと言えよう。

 内部の汚れ軽減や燃焼性の改善のために、こんな2種の排水皿を注文していた。
 左写真のものでも良いとは思っていたのだが、昨日、右写真のものが届いた。どちらかはSoloStoveにチップを燃料とする時に使えるのではないかと思っていたのだ。最初は、右写真のものをカットして使えるだろう思っていたのだが…。
 右のものが若干大きい。そして、DS STORM Kettleに入れたらシンデレラフィットでピッタリ入ってしまった。

201004 201004

 試しに使ってみたのだが…。
 燃焼性は悪くない。しかも受け皿の容量はこちらの方が大きい。ということで、今後は、こちら(右写真)を DS STORM Kettle用として使うことにした。
 もちろん、収納性もそれほど悪くはない。

 DS STORM Kettleの内部のスス汚れは相変わらずだが、SoloStoveの五徳を入れると、第一段の部分ははるかに汚れが少ない。しかし、一部壁面を伝って垂れ落ちて来るものがある。これはアルコールを湿らせたティッシュ一枚で、写真のようにある程度はきれいにすることができる。
 奥の汚れは、塗装剥がし液で何回かに一回クリーニングすれば良いだろう。

201004 201004

 本日、一部ペレットを燃料として使ってみた。当然のことだが、これでも十分行けることがわかったし、燃焼全般について面倒の見方もわかってきた。結果的には、かなり使いやすい湯沸かし装置だと思うようになった。
 容量が小さいから忙しいが、400mlや450mlで終えるのももったいないので続けて湯沸かしをしてみたら、本日は800mを沸騰させるのに10分程度だった。


 こんな感じで、ようやくこれの使い方が決まってきたように思う。
 これに関する連続記事も、ここらで一段落としようと思う。
tb: --   cm: 0

メスティンのいろいろ  


 残念ながら、今や「アウトドア」がブームである。

 一時期、メスティンがかなり高騰していたらしい。
 何もトランギアのものにこだわらなければ、MiliCampのものもあるし、中国メーカーのものらしいものも出ている。日本でもニトリで出しているらしいし、楽天でも目盛り付きのものを見かけている。
 さらに、弁当型にこだわらなければ、ノースイーグルの角型飯チンなんてのもあるし、もっと高額だが似たものもある。

 ダイソーでも500円のメスティンを出してきたが、それもしばらく入手困難な時期もあった。

 私が、以前買ったSkaterの弁当箱?も、取っ手だけ付け替えて「Skaterメスティン」として販売してきた。
#内部にあったシリコンの縁取りまで付いたままかどうかは知らない。

201004

 何だかなぁ…と思っていたら、昨日見たFukuさんのYoutubeでは「「キャンプ道具」ロゴスの新作 メスキット を購入!新しいメスティンの定番になるか」…ということで、ロゴスでも出してきたらしい。

 しかし、これって、よく見ると底の方に不自然な凹凸がある。
 Amazonを見たら、すでにメスキットは販売していなかったが「LOGOS メタルボックス」(左写真)というのがあった。
 明らかに、Skaterと同様、筐体はそのままで取っ手だけ(こちらは蓋の取っ手も付いた)を変更して売り出したものらしい。

201004 201004

 Skaterの弁当箱は内部にシリコンの縁取りがあり水漏れしないようになっていたので、それなりに使い道があるが、こちらの方は、ただの(積み重ねを考慮した)メタルボックス。
 いずれも長短あるが、これらも特に(炊飯用)クッカーとして使えないことはない。


 それでも人々は、取っ手などが付いたけど、より高額になった「メスティン」を求めるのだろうか。

 
tb: --   cm: 0