FC2ブログ

ポタポタ時々記

シンプル&スローライフ途上の思い、出来事、買い物記録などです。

良くわからない不快なApp等の精算  


 スマホの問題だから必ずしもiPhoneに限る話ではないのだが…。

 先日、FBの広告(写真から似顔絵を作るらしい)が面白そうだから、(使うつもりはないが、無料のようなので)試してみようとリンク先に行ってみた。
 ところがどこで操作を間違ったか、あるいは誘導されたか、CallRecord…というAppを入れてしまったらしい。「Apple からの領収書です」とのメールが届いた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
App Store
Monthly Premium Subscription
   Monthly Premium Subscription (月額)
   更新:2021年1月27日
   ○○のiPhone
   問題を報告する
                  ¥2,100
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 たまったもんじゃない。
 早速問題の報告をした。
 今は、返却請求手続き中であるが、最悪の場合、無駄な支出をしてしまうことになる。


 その他、こんなメールが入ってきた。後者はこれまたあまり自覚がないものだ。

◆iCloudストレージの使用容量がもう少しで上限に達します。

◆Google Play のご注文明細(ご注文: 2020/12/26)

2020-12-30

 これも不本意な契約である。ただ、私が知らないだけで(昔使っていたGooglePhotoのデータが関係しているのかもしれないとも思うが…)Googleを使う限り継続する必要があるのかどうか、まだ確認していないが…。
 早速解約の手続きをした。しかし、これはもう支払い済みのようだ。

お客様の Google One のメンバーシップを解約しました
〇〇 様
これにより、お客様の 100 GB の Google One メンバーシップは、 2021/12/25をもって解約となります。
現在のところ、お客様は 15.58 GB の容量を使用されています。お客様のメンバーシップの有効期限が切れますと、使用量が上限を超えた状態となるため、Gmail でのメールの送受信、Google Driveと Google Photosへの新しいファイルのアップロードを行えなくなります。
メンバーシップを更新していただくと、引き続き追加の保存容量と Google One メンバーシップの特典をご利用いただけ、すべてのサービスを継続してご活用いただけます。



 何だかガッカリすると同時に不快さが高まる。こちらもきちんと確認しなくては…。

*     *     *     *     *


 以下に、Appleサポートとのやりとりの中で、参考になるポイントを記録しておこう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これらの請求を特定する詳しい方法については、下記の記事を参照してください。

https://support.apple.com/ja-jp/HT201382

お客様の Apple ID、デバイス、またはクレジットカードを利用した可能性のある方と共に購入履歴の内容をご確認いただき、記憶にある購入があるかどうかをお確かめください。

お客様の購入履歴は https://finance-app.itunes.apple.com/purchases で確認できます。

「購入履歴」ページの詳細については、こちらの記事をご覧ください。

https://support.apple.com/ja-jp/HT204088

「購入履歴」ページで項目を選択していただくと、正確な購入日を確認できます。この日付は、お客様が請求書を受け取った日付とは異なる場合があります。

サブスクリプションと購入の詳細については、こちらのページをご覧ください。

https://support.apple.com/ja-jp/billing

購入した人物が特定できない、または、購入した人物がわかったものの、その人物に購入する許可を与えていなかった場合は、大変恐縮ではございますが、Account Security チームへお問い合わせいただきますようお願いいたします。Account Security チームは不正な購入を処理することができます。

当該の明細書の請求が iTunes の購入履歴に記載されていない場合も、Account Security チームへお問い合わせください。お問い合わせ先の電話番号は、以下のページでご確認ください。 リンクをクリックして、アジア太平洋>日本、と進んでください。

https://support.apple.com/ja-jp/HT201232

お電話いただいた際は、Account Security チームとお話になりたい旨をお伝えいただき、以下のお問い合わせ番号をお知らせください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今後サブスクリプションに関する問題が生じた場合の時のため、以下の記事の手順を実行していただき、管理をしていただけますと幸いです。

https://support.apple.com/ja-jp/HT202039

返金リクエストを申請いたしました。48 時間以内に、返金の可否についての判断が下されます。返金リクエストの承認後 48 時間以内に、サブスクリプションは終了し、提供されていた機能も利用できなくなります。返金が承認されなかった場合は、サブスクリプションは現在の請求サイクルの終了時に終了します。進捗状況および結果は、下記の「問題を報告する」ページでご確認いただけます。

https://reportaproblem.apple.com

今後はこちらから返金リクエストを申請していただくこともできます。

返金リクエストを確認する際には、お客様のすべてのアカウント情報を参考にさせていただきます。返金は、返金対象条件に基づいて承認または却下されます。返金が承認された場合は、購入に使用した支払い方法に対して返金されます。

承認された返金額は、クレジットカードでご購入いただいた場合、お客様のクレジットカード会社を経由して返金させていただきます。返金は翌月または翌々月となりますので、ご利用いただいたクレジットカード会社の明細をご確認ください。その他の場合は 30 日以内、携帯料金との一括決済の場合は 60 日以内に、このご購入のお支払いに使用されたお支払い方法で返金いたします。iTunes Store クレジットでご購入いただいた場合は、iTunes Store からサインアウトして、再度サインインしていただく必要があります。これにより、お客様のアカウントの残高情報が更新されます。ストアクレジットの残高をご確認いただく手順については、次の記事を参照してください。

https://support.apple.com/ja-jp/HT202359

注:App を削除しても、サブスクリプションは解除されませんのでご注意ください。既存のサブスクリプションを変更または解除された場合、以前と同一の料金での再度のご登録はできない可能性があります。解除された場合、次の更新日にサブスクリプションが終了します。

購入されたサブスクリプションについて詳しくは、開発元に直接お問い合わせください。詳しくは、次の記事を参照してください。

https://support.apple.com/ja-jp/HT207959

注:このメールで他社製の製品に言及していますが、iTunes Store はこれらの製品を推薦または保証するものではありません。

サブスクリプションと購入の詳細については、次のページをご覧ください。

https://support.apple.com/ja-jp/billing

その他ご不明な点がございましたら、このメールへの返信にてお知らせください。引き続きサポートさせていただきます。


tb: --   cm: 0

風火蔵(五徳+風防+ドリッパー)  


 賀状の宛名印刷と一言メッセージの書き入れが出来て、のんびりYoutubeを見ていた。
 そして、以前も書いたことがあったが「Kentarou In The Woods」のページで、気になる道具を使っていた。それが彼が開発した「風火蔵」だった。
 商品説明を見ると、アルストの五徳謙風防であるが、しかもドリッパーとしても使えるということらしい。重量37g(カバー入れて54g)である。
#関心のある方は、上記の長い商品説明をご覧ください。Youtubeにも使用動画が出てきたようです。

 彼の開発する製品には彼のこだわりがあってこそだが、それだけではなく、彼の切れ味鋭いアイデアが盛り込まれていると思う。私が彼の製品に特に惹かれる理由である。
#画像は紹介ページより。

201227 201227

201227

 以前も、このブログで素晴らしい焚き火台として「79式算盤火床」を紹介したことがあったが、この五徳兼風防も良く練られた素晴らしいものだと思う。

 こういう道具を見るとなんだかワクワクしてくる(笑)。
tb: --   cm: 0

プリンターの故障原因がわかった  


 本日には印刷された賀状が届くことになっている。
 何とか間に合わせたいと、駅近くの家電店でインクカートリッジを買ってきた。念の為に「黒(340)」と「カラー(341)」両方(3993円)である。プリンターより高い(笑)。
 恐る恐るそれに取り替えスイッチを入れてみた。久しぶりの緊張感である(笑)。
 無事に動き、エラーメッセージが出なくなった。ホッとした。
 結局プリンターには何の問題もなかった。やはり「黒」のインクカートリッジに原因があったようだ。

 しかし、いくつかの問題・疑問が残った。 
◆故障のカートリッジは純正のものにも拘らず、恐らく引き取ってはくれないだろう。自分で処分するしかないか。
 店員の話によれば、
◆2つのカートリッジ両方が正しくないとエラーが起きるらしいこと。→片方づつ認識してくれる仕様なら、私もこれほど悩まなくて済んだろうに…。
 それにしても、カートリッジの価格の方がプリンター本体と同程度の価格の製品なんて、改めて異常な世界(業界)だと思ってしまう。
◆このトラブル前に、私のところには既に使えなくなったプリンターが2台があり、処分を待っている。
 店員の話では、新しいプリンターを買えば古いものは処分してくれるらしいのだが、「黒」と「カラー」のカートリッジは既に時代遅れらしく、このカートリッジが使える新商品はない。
→だから、いずれ新しいプリンターを買うか、単独で古いものを処分するしか無い。
→今のプリンターで何の不都合もないから変える必要もない。だったらメルカリで入手したプリンターを再度メルカリで処分するか、あるいは、このプリンターが壊れる時のために保管しておくかどうか。まあ、処分する方向が順当だとは思うが…。

 でもまあ、使えるようになって良かったと改めて思う。
 そして、夕食前には宛名印刷が終了した。

 それにしても、最近はコンビニの機械が随分性能が良くなっているから、今後のことを考えると、コンビニの機械で何ができるのかちゃんと確認しておいた方が良いように思う。
tb: --   cm: 0

年末の仕事(続き)  


 メルカリで買い入れたプリンター(Canon MG3630)が届いた。ジャンク品扱いということで安く2900円。
#年賀状の印刷は先程発送したという連絡が入り、明日には到着することになった。
 本来であれば、明日には宛名印刷が終了し、一言メッセージを書き入れるだけで賀状が送れるはずだったのだが、そうは問屋が卸さなかった。←随分古い言葉だ(笑)

 届いたプリンターも全く同じ症状だったのだ。
 こうなるとインクカートリッジの方に問題があることを疑わないわけにはいかない。メーカーのサイトに何か情報が出ているかもしれないと調べてみたり、どこか接触が悪いのかもしれないとか、改めていろいろ試してみたが駄目だった。
 新しく購入したばかりの(サードメーカーのものではない)本家のインクだったのに「全くぅ…どうしてくれる!」という思いなのだが、メーカー側は決して責任を取ることはないだろうと思う。

 もう急がなければならないので、明日は、インクを買いに行くことにしよう。
 もし、それでも駄目だったら…なんて考えたくないが、新しいプリンターを買うしかないのだろうか?

 届いたプリンターの処分も必要になった。
 仕方ない、これはメルカリで処分してみることにしよう。
 ここでもやらなきゃいけないことができてしまった。
 無駄な仕事、無駄な支出が増えてしまった。

*     *     *     *     *


 来年は、少しでも身の回りをスリムにしていこうと思っている。そのため、まずは「モノ」を買わないことと思いながら、それでも年末には小物を少し買ってしまっている(笑)。
 そういうこともあり、この年末は、あふれてきた「モノ」を少し片付け始めないと…と思っている。特にキャンプ用品がそのやり玉に上がりそうだ。

 ところで、時々参考にさせていただいていた「SORA CAMP」。最近は私の方向とは全く異なる方向に進み始めているが、先日の記事で「チタン」がIH調理器で使えることを書いていた。
 IHで使えるものは、鉄素材○、鋳物素材○、ステンレス素材(物によって使える場合があるが、使えないものもある(磁石に反応しないもの))、アルミ素材☓ というのはわかっていたが、チタンがIHで使える(全て使えるかはわからないが)とは考えてもいなかった。
 チタンが使えるとわかっていれば買わなくても良かった鍋もあったのだが…。

 試しに、台所のIHで、キャンプ用品のチタン鍋を使って袋ラーメンを作ってみた。900mlだとギリギリ状態だが、普通にできた。
 しばらくは、IHを使ってチタンクッカーを楽しむ…なんてことができそうだ(笑)。

*     *     *     *     *


 そう言えば、展覧会の様子を(2本に分けて)動画で撮ったので、iMovieで編集しようと思ったのだが、2本を合成することすらまだ出来ないでいる。
 やはりマニュアルをきちんと読まないと駄目らしい。
 この年末年始にもなかなかこれにかかる時間がとれそうもない。こちらの方はサッパリ進まないままのようだ。

*     *     *     *     *


 年末になり、いくつか戴き物もあるのでお返しをしようと思ったが、主要なアドレスはWindowsPCの中にある。
 住所録の昔のデータだけはMacにも(もちろんそのまま使えないが)入れてあるのでそれを読めるかも…とMacのソフト(エディター)で開いてみたのだが、(バイナリデータが一部文字化けはあってもテキスト表示される)WZEditorのようなわけにはいかない。
 MacでもWZEditorのように使えるソフトはないかと調べてみたら、似たようなことを考えている人がいた
 「Jedit」はもう開発が継続されていないようなので無理だが、「mi(名前だけは聞いていたが使ったことはない)」が何とか使えるかもしれないと導入してみた。
 私の目的には合致しなかったが、Windowsで使っていたWZEditorのような感じのエディターとしては結構使いやすいかもしれない。

 いっそのこと、Mac上でWindowsを使えないかと調べてみたが、これは面倒そう。それに、つい先日OSをVerUpしてしまったばかりなのでなおさらである。むやみにOSをVerUpするものじゃない。
 せめてMS-dosでも使えれば…と思ったりもするが(笑)、当然無理である。関連しそうなページすら見つからなかった。

PS

 早速、翌日のGmailに「Mac で Windows を実行できます」という「Parallels Desktop」というソフトの広告が入っていた。私の検索したのはGoogleにしっかり把握されているのだろう。
 VerUpしてしまった私のmacOS 11.0 Big Surにも対応しているようだが、そのままWindowsを入れるとWindows 10 が入ってしまうらしい。しかし私の周辺機器、ソフトはせいぜいWindows7まで。可能ならWindowsHPの方が良いという旧式。コネクターなども含めてどうしていいか…。

 こんなことでまた苦労するより、2台体制で行ったほうが良さそうだ。
tb: --   cm: 0

年末の仕事  


 一昨日に展覧会が無事に終了。特にトラブルもなく(あったら大変なのだが…)、皆さんも気持ちよく帰られたことと思う。

 昨日は、絵の片付けやら、とにかく展覧会の片付け整理に終始。まだ終わっていないのだが…。

 本日はそろそろ恒例の年末仕事を片付けようと、昨夜発注した年賀はがき200枚の印刷(年賀はがき代込みで15,430円)に続いて賀状の宛先やらの整理を始めようと思ったのだが…。
 その前に、ちょっと荷物を送るところが何件かあって宛名印刷をしようとしたのだが印刷できない。プリンター(Cano MG3630)がインクカートリッジを認識しないのだ。
 先日、展覧会の準備のために、黒インク(大容量)をセットした時からその症状が出ていたので、もしかしたらカラーインクの方がインクが切れそうだったからそのためかと思い、購入したカラーインク(大容量)をセットし直したのだが、だめだった。ネットでマニュアルを探して見たのだが、この症状については故障修理ということになりそうだ。仕方ないので考えられる操作を何回かやり直したりしてみたのだが駄目だった。
 これじゃあ修理に出すか、新しく購入するかしかなさそうだが、修理に出してもカネがかかるだけだし、そもそも年末仕事には間に合わない。

 仕方がない。購入を考えて、過去記事を調べてみたらこのプリンターを購入したのは4年前のやはり年賀状仕事をしようと思った時だった(こういう時にブログの記録が便利である。こういう場面でしか役に立たったことがないのだが…(笑))
 インクで既に数千円を使っているから同じ機種にしようと、試しに価格コムで調べてみたら、同じ機種が1万5千円ほどで出ていた。
 こりゃあメルカリだ…と、そこで探してみたら、2900円で出ていたのでそれを注文することにした。実際に注文するにはメルカリに登録が必要だが、以前に登録していたいつものアドレスだと、電話番号の登録を求めるステップがありどうにもうまく入れないので、別のアドレスで改めて登録して発注した。

 年賀状印刷も2〜3日中には到着するだろうから、何とか年末には発送ができるだろうと思う。
#今見たら、賀状印刷は25日完成、プリンターは長野県からだが発送したとのことだから、26日くらいには賀状の宛名印刷にかかれるかもしれない。

*     *     *     *     *


 私は、昔から、尻に火がつかないと動き出せないという性分なのだが、これは昔の仕事に理由がある。
 つまり、仕事の内容として、いつも時間ギリギリまで内容を詰めることが要求されるものだった。より良い仕事にするためには、仮に早めに仕上げたとしても手直し手直しで時間ギリギリまで詰めることになる。ということは、四六時中その仕事にかかりきりになるということ。つまり自分の時間が持てないということになる。それじゃあたまらないということで、尻に火がつく直前までは自分の時間を楽しみ、残された限られた時間の中で必要な仕事をすれば良い…そう思うようになったのである。それでも間に合わないとなれば徹夜にもなる。その結果、仕事は適当かテキトーかはわからないが、あきらめも良くなるし、程々のところで落ち着くことになる。
 幸い、私がやってきた仕事は決定的なステップというのは殆どない。強いて言えば最終段階だけである。それに相手(クライアントなど)も毎回の打ち合わせや会議の度に100%の成果を求めるわけでもない。それでも自分に自信が持てない頃は不安なのでいつも成果は別にしても気持ちとしては精一杯の仕事をする羽目になるのだが、長年そんな仕事をしているとそのあたりの呼吸も読めるようになるし、仕事が十分できていなくても、口先で補うこともできるようになるのだ。しかも、そんなギリギリの状態で仕事をしていると、いつの間にかどの程度の時間があればその仕事が片付けられるか読めるようになるし、経験を積めば積むほど要する時間も少なくて済むようになる。時間も限られていた方が仕事も早く進められるということもある。
 そんな仕事ぶりで今まで失敗したというような思いもないから、まあ何とかなるものである(笑)。

 「死ぬこと以外はかすり傷」という言葉があるが、私のかっての仕事の大部分は今考えればそんなものだったと思うし(そう思えるようになるまでは経験が必要かもしれないが)、ましてや仕事をやめてからは責任を感じる場面も殆どないから難しく考えることもない。

 しかし新型コロナに関しては、「医療の現場は命を預かって(生死がかかって)いる」のだからその大変な状況がよく理解できる。しかし、カネや利権のためにやっている今の政治屋や、その無能な政治屋に振り回されている官僚に殆ど緊張感が感じられないのは、どうしたことか。私は、そもそも彼らが国民のカネで食べさせてもらっているという意識がないからだと思う。

 彼らが、自分を支えている母体のために働けば良いのだ…というのではなく、本当は国民のために働く「公僕」であるという意識を持つようになるためには何が必要なのだろうか。
 その大切なものがこの国・国民には欠けているように思う。
tb: --   cm: 0

料理教室12回目:イタリア料理(アランチーニ、鳥モモ肉のコンフィ、タブナード、ブロッコリのアンチョビソテー、ミンスパイ)  


 本日は12回目、私としては最後のつもりの料理教室である。

 本日のメニューは以下の通り。年末らしくクリスマス感の強い料理となった。

アランチーニ(ライスコロッケ)
 アランチーニ(イタリア語:arancino(単)arancini(複))はシチリアとナポリ名物のライスコロッケ。形がオレンジに似ていることからアランチーニ(小さなオレンジ)と呼ばれる。
 ナポリのものはアランチーニ・ディ・リゾ(arancini di riso、「米の小さなオレンジ」)またはパッレ・ディ・リゾ(palle di riso、「米の団子」)とも称される。ローマでは、スプリ、スップリ(suppli)と呼ばれる。

◆鳥モモ肉のコンフィ
 コンフィ(フランス語:confit)はフランス料理の調理法であり、各種の食材を風味をよくし、なおかつ保存性を上げることのできる物質に浸して調理した食品の総称である。主に南西フランスで用いられる。コンフィにする食材は肉と果物であることが多く、肉の場合は油脂を、果物の場合は砂糖を用いて調理するのが通例である。密閉して冷所に保管すれば、コンフィは数ヶ月の保存に耐え、さらに繰り返し再加熱することにより保存期間を延長することができる。コンフィは食物を保存するための最も古い方法の1つで、類似の調理法はヨーロッパの他地域や中東、北米でも見られる。
 フランス伝統の調理法であるコンフィは、食材を低音の油でじっくりと煮る料理だとか。ツナもコンフィの一種だということらしい。

タプナード
 タプナードはフランス南東部のプロヴァンス地方を発祥とするペースト。
 タプナードには黒オリーブを使用した黒のタプナードと、緑オリーブを使用した緑のタプナードの2種類があり、黒のタプナードの材料は、黒オリーブ、アンチョビ、オリーブオイル、にんにく、ケッパーのピクルスなどで、緑のタプナードの材料は、緑オリーブ、松の実、粉末アーモンド、にんにく、ケッパーのピクルスなどである。
 タプナードは、食材を(必要なものは適度な大きさにして)混ぜ合わせるだけだから、ここでは記述を省略する。

◆ブロッコリのアンチョビソテー
 ブロッコリーを煮込み、炒めるレシピ。アンチョビの塩味がポイントか。
 
ミンスパイ
 ミンスパイ (英: mince pie) は、ドライフルーツから作った「ミンスミート」を詰めたパイである。クリスマスの時に食することが多いらしい。日本ではあまり一般的ではなく好みが分かれるらしい。

*     *     *     *     *


■下処理等準備

 本日の料理はなかなか複雑。まずは食材の下処理を進めている。

 ミンスパイに入れるミンスミートは1ヶ月ほど前に作り、冷暗所等で寝かしておいたものを使うのが(味に深みが出て)良い。パイ生地の下準備は前日(できれば半日前)にしておく。(最低2時間以上寝かす時間が必要)
 薄力粉とグラニューを出したところへ、冷蔵庫から出したての固いバターを入れ、バターを小さくカットするようにしながら混ぜていく。最後は、手でバターを小さく砕くようにしながら混ぜ合わせる。全体が馴染んできたらそこに水と卵黄を混ぜたものを流し込み、生地を切っては重ねることを繰り返しながらひとまとまりの生地にする。しっとりやわらかくなる。

201219 201219

201219 201219

 米は研いだ後30分以上浸水し、同量の水で炊いていく。このあたりは私も得意とするところである(笑)。
#浸水ではなく、正しくは浸漬(しんし)という言葉を使うべきなのかもしれない。酒などではこちらを使うらしい。
 鶏モモ肉は水気を取り、余分な脂肪・筋を取るなど下処理した後、味が染み込みやすいようフォークで穴を開け、両面にたっぷり塩コショウをし10分以上なじませておく。
 ブロッコリは適度な大きさにカットするとともに丁寧に茎の皮を向いておく。今回ブロッコリは2人で作業したせいか大きさがバラバラになってしまった。

201219

201219 201219

201219


■鶏モモ肉のコンフィ

 深めの鍋に肉全体が浸るほどの油を入れ、80℃くらいの温度で静かに20分くらい加熱し、しっかり中まで火を入れる。途中、丁寧にアクをとっておいた方が良い。
 火が入ったらそのまま静かに冷ます。
 食べる際は、油を十分切り、フライパンで両面をこんがり焼く。もちろん食卓に出す直前に焼くのが良い。
#油に沈んだコンフィ状態ならかなり日持ちがするので、まとめて作っておくとある程度保存でき、応用が効いて便利。

201219 201219

201219


■ミンスパイ

 休ませておいたパイ生地を3ミリ程度の厚さになるよう均一に伸ばしたあと、型抜きをしていく(餃子の皮くらいか)。かぶせる方は1cmほどの余裕を持った大きさにしておく。
 ミンスミートを中央に盛ったら、周囲に卵黄(または卵白)を糊としてフォークの歯で押し付けながらしっかり閉じる。中央は破裂を防ぐため十文字にカットを入れるとともに艶出しの卵黄を塗ってオーブンに入れる。180℃で25分くらい、表面にきれいに焼き色がつくまで焼く。
#ミンスミートは店主が作ってくれていたものを使ったが、日本人の嗜好にも合うようにりんごを入れるなど工夫されていたようである。私にはパウンドケーキのような味わいが感じられた。
#伝統的には表面を覆うパイ生地は星型に抜いたものをあしらうことが多いが、ここではより簡単につくれるものにしている。

201219 201219

201219 201219


■アランチーニ(ライスコロッケ)

 玉ねぎ、ベーコンを小さく刻んで炒め(塩コショウ)、炊けた米、トマトソースとともに(好みでカレー粉。今回はカレーは入れなかった)、さらにつなぎとしての粉チーズも入れてしっかり混ぜる。それをアイスクリームマッシャーなどですくい上げ、中央にダイス状のチーズを埋めて球形にする。
 これに細かく引いたパン粉をつけたら、牛乳を加えた卵液にくぐらせパン粉を二度つけしながら形を整える。
 これを170〜180℃くらいの油でこんがりした色がつくまで揚げる。

201219 201219

201219 201219

201219 201219

201219


■ブロッコリのアンチョビソテー
 
 ブロッコリは塩分1%くらいの熱湯でやや柔らかめに茹でる。(茹で汁もあとで使う)
 種を外した鷹の爪、(芯を取って)粗みじんにしたニンニクを、やや多めのオリーブオイルに入れ弱火で炒める。ニンニクの良い香りがしてきたら、ブロッコリを適当な大きさに切りそろえて入れ、和えるように炒める。ブロッコリの茹で汁も少し入れて煮詰める。

201219 201219

201219


■食卓 

 今日のメニューはいろいろ手分けして進めることが必要だったので、全体像が理解できないまま進んでいったように思う。配膳もいつの間にかできて、食卓が完成していた(笑)。
 アランチーニは、刻みパセリが振られて中央に山盛りにされていた。もっとも山盛りにしたのは私だが…(笑)。

 今日は、私のこの教室の最終日。
 そして店主は今日が誕生日。店は四周年記念でもあるので、いろいろプレゼント交換しながらいつものおしゃべり。美味しいものを食べながらのこういう時間はなかなか良いものである。

201219 201219

 わずかな経験だったが、何となくイタリア料理(だけでもなく、西欧料理というべきか)というものがどんなものか、少しわかってきたような気がする。ただ、私の生活ではあまりにも手間がかかりすぎること、普段使わない食材が多すぎるのが難点だと改めて思う。
 本日のアランチーニもそうだけど、私が作るとなれば、完成までにいたらず途中で食材が無くなってしまうような気がしないでもない(笑)。


*     *     *     *     *


 そう言えば、「低温調理器」というものがあるらしい。
 こちら「【買って良かったもの】大人が選ぶ調理器具と食器キッチンアイテム」でも紹介されていたし、他でも見かけていたので気になっている。
 購入に至るかどうかはわからないが…(笑)。

tb: --   cm: 0

モンベル アルパインクッカー ディープ 9  


 このところ、アルミクッカーを探し続けている。
 「エバニュー アルミクッカー 550FD」でも「アルミクッカー 900FD」、(できれば550FDが良いと思っているのだが)どちらでも良いと思っているのだが、今は市場に出てこない。

 基本的には炊飯できる縦型のクッカーを…と思っているのだが、仕方ないのでステンレスはどうかとこんなものを買ってしまった。「遠藤商事 業務用コップ シルバー 10cm(18−8ステンレス)」と「同じく9cm」である。最初9cmを注文したのだが、すぐに間違いだとわかり、キャンセルしたもののキャンセルしきれず、両方届いてしまったのだった。

201209 201209

 いずれにしても、アルミクッカーには及ばないものの炊飯はチタンよりは楽にできることがわかったので、これを使っていくつもりではあった。
 しかし、運が悪いことに(笑)、見てしまったのだ「モンベル アルパインクッカー ディープ 9」を。

201209

 私の近くにあるアウトドアショップは「ヒマラヤ」である。先日、ここから500円☓3枚のクープン券が届いていた。それを持って店内をブラブラしていたらそれがあったのだ(笑)。
 それでついつい買ってしまった。
 小さくて可愛い。無理やり押し込めば上述の18−8ステンレスコップ10cmに入れることができる。つまり、ステンレスコップの蓋の工夫が必要だが、小さなクッカーセットができたというわけである。
 ただ、取っ手のシリコンがあるためこれ以上入らないし、また無理にこれ以上押し込まないほうが良いと思う。この下に4cmほどの空きがあるはずである。
 このステンレスコップを炊飯用に使うなら、「エバニューチタンマグポット500 RED」の方がすっぽり入る(但し、注ぎ口が引っかかるのでそこまでしか入らないが…)。さらに、(エバニュー(EVERNEW) アルコールストーブ用スタンドDX EBY257)が入るEPIガスの500マグなら、この中に問題なく完全に収まる。
#背景は、明日の展覧会のために描いている30号の絵(伊根の屋並み)。

201214

 実は、このクッカー、この中には「STANLEY(スタンレー) キャンプクックセット 0.71L」がほとんどシンデレラフィットで入るから、この方が使えるかもしれない。
#薄いハンカチ一枚をクッカー保護のために挟めば、持ち上げても落ちることはない。
 蓋は「STANLEY(スタンレー) キャンプクックセット 0.71L」の蓋の下に重ねることができている。


 また、「trangia(トランギア) ハーフパイントマグ ブラックバージョン TR541252」の中にこれまたシンデレラフィットである。ハーフパイントマグは0.5合を炊飯できるから、このセットは(「STANLEY(スタンレー) キャンプクックセット 0.71L」が無くても)炊飯セットとしてはかなり小さいものとして使えることになる。

201214

 まあ、どちらもいろいろな組み合わせがあるものである。
tb: --   cm: 0