ポタポタ時々記

シンプル&スローライフ途上の思い、出来事、買い物記録などです。

もしかしてほぼ最小のクッカーセット  


 風邪の方はいつも急激には良くならない。
 まあ今日一日のんびりして、明日から起きだそうと思っている。

 そんな中、久々に出した「ベルモント(Belmont) BM-007 チタントレールカップ280フォールドHD」がなかなか使い勝手が良いのではないかと気がついた。これはメスティン小にもピッタリ治まるものである。
 そこで試しにこれでご飯を炊いてみた。最近の一食分0.6合程度である。
 チタンではあるが、底が丸みを帯びていることもあってか、焦げ付きもせず美味く炊けてしまった(下写真。噴きこぼれてきた時に一度全体をかき回している)。チタンマグでの炊飯にも慣れて来たこともあるようだ。
 そして、「STANLEY(スタンレー) キャンプクックセット 0.71L」で汁物をつくった。スタンレーは、頑丈さとフタが固定できるのが良い。ステンレス製でIHでも使えるから最近は使用頻度も結構高い。
 こんなことをやってみたのは、私の最小クッカーセットを目指してみたかったからである。

 160502

 さて、試しに考えているものを入れて見た。
 左写真の中に右写真のものが(少しだけフタが浮いているが)全て入ってしまった。

 160502 160502

◆右端のフタがされているのはベルモントBM-007 チタントレールカップ280フォールド。そのフタは、りるびわ~くすさんのアイデアからいただいたものである。つまみは百均の磁石。これらが炊飯セット。
 その下に中央に黒く見える丸いものが炊飯用のCF(カーボンフェルト)ストーブ(内部にCFのハギレを入れているだけなのでフタをしている)。固形燃料代わりである。

◆マグカップ2つとグルーブストーブ。これらが私の最小ティーセットを構成している。
 その間にあるのが同じくりるびわ~くすさんからアイデアをいただいたグルーブストーブ。これは何回も書いているように簡単に作れる上に、効率が良い。しかも余ったアルコールはそのままボトルに戻せるという優れものである。

◆通常は、上の2つのアルコールストーブで用が足りてしまうのだが、アルコールを使う時にはトランギアのアルコールストーブも持ち歩こうと考えている。これはベルモントBM-007 チタントレールカップ280の中にスッポリ収まる。その上に見えるワイヤーの五徳は、これもりるびわ~くすさんアイデアのものでいつもはアルコールストーブの中に収まっている。もちろんSTANLEY キャンプクックセット 0.71Lの内部は余裕があるから「エバニュー(EVERNEW) チタンアルコールストーブ用ゴトク EBY253」(16g)も入れようと思えば入れられる。
 STANLEY キャンプクックセット の中には、ステンレスの風防も入っている。

 つまりこれら全てで、炊飯、汁物、コーヒー等これら全てが同時に料理できるというわけである。これで総重量600g。

 これらに、写真左から黒い袋の中に携帯カガミからカガミを外した炊飯用折り畳み五徳兼風防(その他、缶切り、栓抜きなどの多用途ツール)。コーヒーセット(袋の中には13cm角の網)。そしてアルコールボトル100mlを加えて。これで総重量300g。

 160502

*     *     *     *     *


 同様の考え方で、「カップヌードル型チタンクッカー」のセットもできそうだ。
 もちろん、こちらの方が入れられるマグなどの数は少なくなるだろうが、当然重量は軽くなる筈である。 

*     *     *     *     *


PS

 こうやっていろいろ試して見ると、りるびわ~くすさんアイデアのフタは絶妙なサイズ、形であることに気づいた。

 以前ティーセット用にと購入した「PRIMUS(プリムス) イージークック・ソロセットS P-CK-K102」のフタとしてもピッタリである。 この中には「ベルモント(Belmont) BM-007 チタントレールカップ280フォールドHD」もジャストフィットで納めることができるのだが、このフタにも使える。

*     *     *     *     *


 ということで、翌日、これ用にと新しく作ってみた。もちろんどちらにもピッタリ。
 これでこのセットも柔軟に使えるようになったと思う。
 何しろ2枚で216円である(笑)。十分やってみる価値はあるだろう。

 160504

 フタ2枚を仮に「PRIMUS イージークック・ソロセットS P-CK-K102」の中に収めようとすると、フタの部分へ入れる物を考えたい。例えばここにはアルコールストーブが丁度収まってしまう。
 そうでなければ、底に収めるのが良いと思う。

 160504 160504
関連記事
tb: --   cm: 6

コメント

ごぶさたです。

いい感じに進化してますね。
自分も最新のULTSをアップしました。
参考にして頂ければと思います。

URL | りるびわ~くす #kgx8GzAw
2016/05/03 20:44 | edit

>りるびわ~くすさん

 コメントありがとうございます。
 多少は進化しているんでしょうかね。いろいろ余計なものも増えてきました。このブログ、基本的には自分のお遊びの自己満足のページですが、多少は見てくれる人の役に立つ情報があれば良いかもしれない、なんて考えて続けています。

 最近、Youtubeを見る機会も増えてきたのですが、新しいULTSも見せていただいたばかりでした。(^_^)v
 アルコールストーブをいろいろ触っていますと、ますます小さく…なんて考えてしまいます。それにしてもグルーブストーブがあれば、他のストーブは不要だったなぁなんていつも思います。本当に優秀なストーブですね。

URL | のび太 #ff.uBqoo
2016/05/04 09:21 | edit

既にご覧だったのですね。
失礼しました。

自己満足素晴らしいと思います。
自分自身が楽しめなくては趣味の意味がありません。
さらに自己満足の輪が広がれば言う事なしです。

グルーブストーブは使い勝手が良いので自分でも驚いています。
最近は53mm缶のグルーブストーブと土鍋でご飯炊いています。
今の時期だとアルコールは2合で32ml、1合で16mlでイケます。

炊飯中に自分も混ぜる様になりました。
混ぜると美味しさがアップする様な気がします。
沸騰直前に混ぜてほぐしておくと、
沸騰時は軽く混ぜるだけなので慌てないで済むので楽です。

それと炊く前に食用油を2~3滴垂らしています。
サラダ油より米油の方がごはんと相性が良い様に思います。

URL | りるびわ~くす #kgx8GzAw
2016/05/05 00:54 | edit

>るるびわ~くす さん

炊飯するのに、グルーブストーブは熱が強すぎる気がしているので火力調節の方法などを考えているのですが、まだ確信できるところまで至っていません。

>53mm缶のグルーブストーブと土鍋でご飯炊いています。
 これは以前も紹介されていた弱火(とろ火)モードということでしょうか?
 それに1合16mlというのはすごい効率ですね。私は不安もあってなのですが現在0.6合でそのくらいでしょう。

 それに混ぜ方、油の追加等ありがとうございました。
 今後試して見ましょう。

URL | のび太 #ff.uBqoo
2016/05/05 11:37 | edit

土鍋と組み合わせるのは普通のグルーブストーブです。
何も仕掛けなしでそのまま使い、火力調整もしません。
グルーブストーブの下にはコースターを敷きます。
1合なら一人用土鍋で丁度良いです。
騙されたと思ってお試し下さい。
尚、アウトドアで使うには難易度高いです。

URL | りるびわ~くす #kgx8GzAw
2016/05/05 20:53 | edit

>りるびわ~くす さん

 本日は試しに0,6合を15mlのアルコールで、油を垂らして焚いてみました。大豆油でしたけど…(笑)。
 CFストーブでも、炊飯の場合、少しでも長く燃やしたいのですが、それが難しいような気がしていました。
 グルーブストーブ+土鍋(一度だけやったことがありましたが…)も試して見たいと思います。少しでも長く燃やすにはグルーブの高さや数が影響しそうですね。まだなかなか適正値を見いだせませんが…。

URL | のび太 #ff.uBqoo
2016/05/05 21:28 | edit

コメントの投稿

Secret