ポタポタ時々記

自転車を中心とするスロー・ライフや時々の買い物記録などです。

アウトドアのこれまでと今後について  


 昨年の春の足手術、そして今年の白内障手術と、手術続きで自転車の方はすっかりご無沙汰になってしまった。
 この年齢になってくると、身体をいじめ続けないと体力を維持できないことも改めて実感するようになった。
 横浜市内に住んでいるおかげで、来年には、定額で市内のバス・地下鉄が乗り放題になってくると、バス乗車も気楽になればますます歩くこと、自転車に乗ることが少なくなることが目に見えるようだ。歳をとるとついつい自分に言い訳をして、自分を甘やかすことが多くなってくるのだそうだ。
 幸いというか、私には現場でのスケッチがあるのでそう言っていられないところがあるから、これからもせいぜい身体を動かすことにしようと思う。この2年ほどは、アウトドアグッズの研究やらキャンプ生活の勉強をしてきたから、これからがそれを生かす時期になってくる筈(笑)。←ここに(笑)をつけること自体がちょっと自嘲気味だが、せいぜいそうならないようにしていこうと思う。

 ↑にも書いたが、この2年ほど、何を狂ったかすっかりアウトドアに関心が深まって、随分時間をとられたしそれなりの投資もしてきた。自転車一台を買うことを考えればそれでも随分安上がりなだが、本来最小限のモノで生活する手段であるべきなのに、私の場合にはモノが増えるというのが最大の矛盾でもある。私の場合には、いろいろなモノを使いこなすということに関心があったりするものだからそういう意味ではたちが悪い(笑)。
 おかげで、モノも増えたが、それを改造しながらいじくり回すのも好きなので雑多なものも随分増えてきた。しかも手を加えたりしているので簡単に処分できないものも多い。でもまあその結果、それぞれのメリット・デメリットも多少は理解できたんだから、それで良しとしよう。

◆CL(Comfortable Light)について

 最初はそれほどの考えもなくスタートしてしまったので、雑多なモノが多いが、途中から、アウトドアでの移動手段は、あくまでも自転車と公共交通機関にこだわりたいと思うようになって、UL系への関心が深まってきた。そして元々の性格もあってMYOGの世界への関心も捨てがたいものがある。まあ道具に限界があるしこれ以上の道具を増やしたくないので、こちらはそこそこにならざるを得ないけど…。

 ULをめざせばそれなりの世界があることはわかるが、私の場合にはモバイルPCに関心を持った時からそうなのだが、大げさに言えば「いつでもどこでも、最高の成果をあげるとともに、そこに自分がいる時間を最大限快適に過ごしたい」というもの。そのためにいろいろ苦労しているし、カネも使っている。バカみたいなものだ(笑)。でもそれが楽しいんだから仕方ない(笑)。
 これまでいろいろ触ってきてだんだんわかってきたことは、限界的なULの世界もわからないわけではないが、そこまでの必要性がないとすれば、やはり最小限の快適さのあるサイズ・条件があるということだ。その意味では「Bonfire Stove」開発者の長澤さんが言っているCL(Comfortable Light)が私にはピッタリする。
 ただこれも経験を積み重ねないとわからないことも多いし、ULを知っていることによって自分にとってのCLがどこにあるのかを知ることになる。今後は、そのあたりを念頭において徐々にやっていけたら…と思う。もうモノを増やす必要もあまりないと思う。

 これからは、新しいギアを求めるより、私にとっての最適の構成を考えるようにしていきたいと思う。
 そして、これからはクッカーだけじゃなく、テントその他の方に広げていかないと…と思うのだが…。

◆キャンプスタイルについて

 私は仕事柄室内作業が多かったから、室内作業もあまり苦にならない。あまりにもそうした仕事時間に拘束されるので、若い頃は、徹夜仕事などの場合には会社にフルートを持ち込んで、仕事の合間の気晴らしに、夜中に吹いたりもしていたくらいだ(笑)。また、田舎育ちのせいか外に出るのも、寒いのもあまり苦にならないのはありがたい。
 そんなわけで、絵を描きながらも、その時間を充実させたいと思えば外での生活を充実させることにつながってくる。だから、私のアウトドアはキャンプをが目的ではなく、あくまでも絵画生活の延長としてのものである。だからキャンプよりも野営が多くなってくるだろうし、それをめざして行きたいものだと(まだ)夢想しているところである。
 むしろ、本当は実践することの方が大切なんだけど…(笑)。

 さあ、どうなるだろうか?(笑)
関連記事
tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret