ポタポタ時々記

自転車を中心とするスロー・ライフや時々の買い物記録などです。

CanteenCupSetとブッシュキャンティーンボトル  


 11月18日の記事では、CanteenCupについて再評価しているような記事を書いていた。そして、1月31日の記事ではナルゲンオアシスが欲しいと書いていた。それも、ステンレスCanteenが予想以上に使いやすかったからである。

 そこで、改めてナルゲンオアシスの価格状況を見てみた。いろいろサイトを見ているとあまりにも価格差が大きくて驚く。そんな中でやはりサバイバルJPのサイトでの価格が妥当だと思った。昨日見たところでは、ナルゲンオアシスの価格が1600円(税抜き)。但し、今は2017年3月予定の入荷待ちとのことだった。
 しかし、今日見たら、Bush Craft Inc.のオリジナルで「ブッシュキャンティーンボトル」が1800円(税抜き)で発売されているのに気づいた。昨日(2月3日)もあったのだろうか?
 私はこういうのに弱いらしい。その価格は品質が向上しているとはいえ200円アップで、総額は私には微妙なところ(笑)。しばし迷った末に早速発注してしまった(苦笑)。ナルゲンオアシスだったらできるだけ無彩色系ということで「ブラック」を考えていたのでクリアというのも良いかもしれない。

170205

 意外だったのは、このタイプの水筒、同じ1リットルでもナルゲンの円筒形水筒より小さく感じられることである。それに形態のせいもあって、水を注ぐ時手に持ちやすい。スタッキングしやすいかどうかには疑問もあるが…。
 そして、サバイバルJPの説明を見ると、なるほど、これを湯たんぽとして使うこともできるようだ。湯たんぽはせっかく買ったばかりで残念だが、今回買ったものは家庭用、キャンプ等ではこのボトルを湯たんぽとして使うことを積極的に考えてみよう。
 重量に関して言えば、実測で以前のボトルが163g、これが152gと11g軽くなっただけだった。もう少し軽量化を期待していたが…。

 結局、いろいろ買い足して行ったので総額では結構な価格になってしまったが、それなりに使いやすく満足できるセットになっている。
 そんなわけで、これ用に作った針金五徳がハンドルと干渉していたのを手直ししてお気に入りセットの完成形としておこう。
 届いたボトルを見ると、クリアというのはなかなか良い感じである。それにナルゲンにない色だというのが良い。
#写真の五徳はアルスト・モードの場合。

 170208 170208
関連記事
tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret