ポタポタ時々記

シンプル&スローライフ途上の思い、出来事、買い物記録などです。

ファイヤーピストン(BE-PALの付録につられて…)  


 BE-PAL最新号(4月号)の付録は「広角&接写レンズ2枚付き」である。これにつられてついつい買ってしまった。しかしまだ私のiPadに使えるかどうかも試していない。

 170317

 その中に興味深い記事があった。それが「井ノ原快彦の野外日曜大工店…ファイヤーピストン」というもの。
 つまり急激に空気を圧縮すると高温になるということを利用して、チャークロスに発火させ火を起こす…というものである。私には初の情報。それも簡単に火が点きそうである。
 早速ネットでも検索してみた。BE-PALを見れば早いのだが、ネットにもこんな作り方のページ「圧気発火器の製作と利用」があった。もちろんYoutubeにも様々な動画を見つけることができる。どうも予想外に小さなものである。

 しかし、購入しようとすると結構高い

 そんな中、こんなページを発見。
 ちょっと遊んでも良いかも…と購入してみた。
 しかし以前、ネットショップ詐欺に引っかかっているので、このサイトのこともちょっと気になったが、どうやらこのサイトは自作の品物を販売するためのものらしい。ネットショップ詐欺ならこんな手の混んだサイトをつくらないだろうと思った(笑)。中にはアルコールストーブもあったりして面白いものがあるかもしれない。でもチラ見した感じでは割合分野が限定されていて「道具」関連のものは少なく、私にとってはあまり関心が沸くものではなかった。

 しかし、これで遊ぶためにはチャークロスも作らなければならない(^^ゞ。でもチャークロスがあれば様々な方法で火を点けることができるなぁ(笑)。
 コットンボールでワセリンティンダーは作ったし、チャークロスも作ってみるか(笑)。

 私も相当の物好きである(笑)。

     *     *     *     *     *
 届いたものを見ると、本人自身がブッシュクラフトが好きで、ファイヤーピストンに関心を持ったらしく、他の人にも知って欲しいと「ファイヤーピストンの組み立てキット」として考えたものらしい。丁寧な説明書とともに全ての部品が入っていた。もちろんチャークロスも…である。
 価格といい、品物の構成といい、かなり良心的なものだと思う。

 サイト情報そのものは消滅してしまう可能性もあるので、感謝の意味を込めて画像を拝借して紹介しておくことにする。

 170318firepiston

*     *     *     *     *

 その結果は…。

・1回目…何の反応も無し。
 ふ~ん。これではダメか。
・2回目…何だか焦げ臭い臭いが…。
 やはり素手ではちょっと痛い。軍手をしてやることにした。
・3回目…無事着火!!
 わかってはいても、やっぱり嬉しい(笑)。
 チャークロスも、結構消えたりしないものなんだということがわかった。

 ファイヤーピストンによる着火よりも、むしろそれを火口に移す方がコツがいることがわかった(笑)。
関連記事
tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret