ポタポタ時々記

自転車を中心とするスロー・ライフや時々の買い物記録などです。

平野美宇の闘い  


 久々にうれしいニュースだ。

「◇卓球・アジア選手権 女子シングルス決勝 平野3―0陳夢(2017年4月15日 中国・無錫)」スポニチアネックス 4/16(日) 7:00配信

 女子シングルス決勝で世界ランク11位の平野美宇(エリートアカデミー)が世界ランク5位の陳夢(中国)を3―0のストレートで下し、初優勝した。前日の準々決勝ではリオデジャネイロ五輪金メダリストで世界1位の丁寧、この日の準決勝で同2位の朱雨玲(ともに中国)と強豪選手を連破する快進撃。日本勢の同種目優勝は3人目で、17歳は大会最年少記録となった。
 陳夢のボールがアウトとなったのを見届けると両手を上げて跳びはねて喜んだ。17歳になったばかりの平野は「これが現実か分からない」とびっくり。1月の全日本選手権を制して約3カ月。今度は本場、中国での大会で日本人としてこの種目21年ぶり、しかも、大会最年少で頂点に立った。

 平野がポイントを奪うたび、会場を埋め尽くした観客の「加油」(頑張れ)の声が小さくなった。完全アウェーの決勝で世界5位を圧倒。相手の強打にも体の軸をぶらさず対応し、相手を上回るスピードで追い詰めた。サーブでも優位に立ちパワフルなフォアハンドで何度もラリーを制した。

 誕生日を迎えた14日の準々決勝ではリオ五輪で金メダルを獲得した女王丁寧を最終5ゲームまでもつれる接戦で破った。準決勝は世界2位の朱雨玲にストレート勝ち。「調子が良かっただけでは中国選手に3回も勝てない」と強豪を連破して自信を深めた様子だ。



 しかし、彼女の真骨頂は準々決勝、世界1位の丁寧との闘いである。
 TVではサラッとしか報道しないが、Youtubeでその闘いの様子を見ると、まさに紙一重の勝負(というより「崖っぷちからの逆転劇」か)だったことがわかる。
 本当に素晴らしい闘いだった。静かに彼女の(勝利というより)闘いを讃えたいと思う。

◆続編
 平野美宇の良いプレイだけをピックアップした動画があった
 人間というのは、これだけの短期間でこれほどの進歩を遂げるものかと、改めて感嘆する。
関連記事
tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret