ポタポタ時々記

シンプル&スローライフ途上の思い、出来事、買い物記録などです。

断裂していなかった肩腱板  


 本日は、2日のMRI の結果を受けて今後の手術の方針について、医師の話しを聞いてくる。そう覚悟して病院に出かけた。
 そのため、今後あるいくつかの予定を全てキャンセルしてあった。

 ところが「肩腱板は断裂していないねぇ。」とのお告げ。
 「えっ?どういうこと?」と思いながら、「腕を上げてみて?」と言われるままその動きをしてみると、確かに前回より確かに腕が上がってくる。つまり腱板は機能しているのだった。

 見苦しい画像で恐縮だが…。これが診断結果。ご覧のように鎖骨は完全に骨折している(苦笑)。
 これが腱板断裂なら、腕の骨のつけ根の丸い部分あたりに白く断裂が見えるのだそうだ。
 ただ、断裂していないからとは言え、何をしたことが引き金になっているのか不明だが、一時的にしろ、相当のダメージを受けていることには間違いない。肩の痛みは続いているが、以前より腕は少し上がるようになっており、このまま無理をしないでいけば、前ほどは回復しないかもしれないが、(多分)1ヶ月ほどで普通に生活できるようになるだろうとの診断。それでこのまま当分様子を見ながら回復を待つ…そんなことになった。難しい対応だが、その方が良いに決まっている。
 肩の骨の下部にちょっと突起があり、これが気になるんですが…と言ったら、「(もし私が)60歳くらいであれば、削っておきますか?というようなこともあるんだけど…」との回答。

 170904

 まあ、仕方ない。
 <不幸中の幸い>と考えるのが一番だろう。

 今後の生活にとって、気になるのはテニスのこと。
 「やっぱりテニスはやめた方が良いでしょうねぇ。まあやらなくても良いんですが…」
 「腕が動くようになればやっても良いんじゃない?」「そういうのをなくしたら生きている楽しみもないんじゃない?」との返事。
 「へ~」そういう考え方をしてくれるんだ。

 そうそう。たまたま飛び込んだ病院だったが、この医師は肩関節は専門であり、発表している論文の数も症例も多いらしい。良い医師にあたったと、私自身それも幸運だと喜んでいる。
関連記事
tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret