ポタポタ時々記

自転車を中心とするスロー・ライフや時々の買い物記録などです。

大腸カメラ検診  


 この数年、毎年この時期は胃と大腸のカメラ検診をしている。
 胃の方は全く何もないのだが、大腸の方はポリープができやすい体質らしく時々ポリープ切除を行うことになる。

 確か昨年、ポリープの切除を行っているはずだから今年は大丈夫だと思っていたのだが、昨日行った大腸カメラ検診では今年も一つ切除ということになった。まあかかった費用以上に保険の方からカネが下りてくるので多少小遣いが増える感じもあって嬉しい点もあるのだが(^^ゞ本当はないに越したことはない(笑)。

 一応、このことも記録として記しておこう。
tb: --   cm: 0

単体のアルコールバーナーの活用  


 Youtubeを見ているとこれを使っている人を時々見かける。もちろん、ガスストーブ CW-C01、CW-C05、ストームクッカーだったり、あるいは、B6君だったり、FIREBOX ナノだったりで…だ。
 私には縁がないガスストーブかと考えていたのだが、ふと思いついて買ってみた。こちら「アルコールストーブキットのアルコールバーナー代替ガスストーブ(¥ 2,166)」である。イグナイターは付いていないが全く気にならない。

 170910

 私が思いついたのはこちら「EVERNEWアルコールストーブスタンドDXセット EBY255」(下左写真)で使うことだった。これはEVERNEWアルコールストーブにしか対応しないので何とか火力調節の方法を工夫したりしていた(下右写真)のだが、なかなか私の中では決定版になっていなかった。それで、とにかくこれを買って実際にどう使えるか試して見ようと思ったのだ。商品説明を見ると「はめ込み穴径:6.5センチメートルから8センチメートル程度」とあるのが決め手になった。

 170910 170910

 実際に届いてみると期待していたよりわずかに大きかった。残念。
 本当は、写真のマジックの線くらいのサイズだったら良かったのだが…。
#写真ではすでに両側に出ていた部分はカットしてしまっている。

 1170912

 狙いとしては、このままこの中(左写真)にスッポリ嵌め込みたかったのだが…。
#開口部のほんの一部をヤスリで削ってガス缶接続部品を通せるようにしている。
#右のプレートはチタンクッカーで炊飯する場合、これを敷いても焦げ付きを防げる。もちろん後始末は面倒になるけど…。

 円盤部分が入らないので、とりあず外側にクリップでずり落ちないようにして乗せてみた(右写真)。

 1170912 1170912

 これにもう一つの部品を被せると、こんな風にガスストーブが完成する。クリップがなければもっとスッキリ納まっていたのだが…。グラインダーがないのが残念。
 不本意な点はあるが、これで「アルコールストーブスタンドDXセット」がガスストーブにもなったわけだ。
 クッカーまでの距離が少し遠いような気もするが、風防効果が大きいので効率的なガスストーブになりそうだ。
 
 1170912 1170912

*     *     *     *     *

 と思っていたのだが、もう少し銅管部分を曲げてやろうと力を入れたら接続部分がポッキリ折れてガス漏れするようになってしまった(^^ゞ。ありゃりゃだ。
 口惜しいので同じものをもう一つ買って再挑戦。懲りないねぇ~(笑)。

 今度は嵌め込み部分を改良したので、下段にはピッタリ嵌り、上段も固定できるようにしたので。全体を手で持ち上げられるようになった。

 170915 170915

 改良したと言っても、金具部分のこの部分をこんな風に加工しただけ。
 しかしこのストーブ、かなり固くて手強い。私の乏しい工具ではこんな程度の加工が精一杯だった。

 170915

 使用した結果では、熱源から離れるこの形では予想したほど熱効率は良くなかった。

*     *     *     *     *

 他のもので可能性を試して見た。

 例えば、「Bonfire Stove」ではこのまま使うことができる。熱効率は「アルコールストーブスタンドDXセット」よりは良さそうだが、ちょっと微妙である。

 1170912

 さらに、手持ちのストーブ類で試して見た。
 「Lixadaのウッドストーブ」では、若干円盤サイズが小さいため、前扉を空けたままにして両側の幅を狭めてやる必要があるだろう。あるいは、左右スリットにφ2mmのステンレス針金を通して支えるようにしてやれば、意外と熱効率の良いガスストーブになる。

 実際に使ってみた中ではこれが一番スマートに扱える。
 ただいかんせん、このストーブは安物だから仕方ないとは言え火力が安定しない。別に完璧を求めているわけではないがちょっと残念。

 1170912

 「エスビット・ポケットストーブ」ではこんな形に設置して、その周囲にステンレス板の五徳(兼風防)を立て、その上に網を乗せるような構造をとってやれば、これもこのままガスで使えることになる。

 1170912

 こういう簡単なガスストーブもいろいろな使い方ができて悪くないものだ。
 もちろん、この手のガスストーブであれば、これ単独で使えるわけだからこんなことを考えなくても良いんだけど…。

 でも、こういうことを考えるのが面白いんだから困ってしまう(笑)。
tb: --   cm: 0

展覧会用の絵一応終了  


 肩の故障で一度はあきらめた展覧会用の作品40号だったが、ようやく2枚描いた。
 あとは額装(と言っても木枠を打ち付けるだけ(笑))してちょっと手直しするくらい。

 170910 <運河の舟:F40>

 170910 <佇む小舟:F40>

 明日は定例の大腸カメラ検診だ。
tb: --   cm: 0

DOPPELGANGERウルトラライトレッキングチェア C1-71  


 肩を壊してしまい「保存治療」が決まったので、家でおとなしく絵を描く日々が続いている。今は40号を2枚描いているが、あと1日もあれば完成させられそうだ。

 今は、肩の痛みは殆ど無くなったが何となくしっくり来ない違和感が残っている。
 リハビリのために、腕を正面から真上に上げるようなことをしてよいと言われているが、横から上げたり、後ろへ持っていくような行為は禁止されている。
 現在、腕は何とか170度くらいまで上がるようにはなっているが殆ど力が入らない状態である。1ヶ月ほど様子を見ないと何とも言えないが、最悪、こんな状態になってしまうのかもしれないと覚悟もしている。

 一番影響を受けるのはお絵描き生活であるが、しばらくは右手に重いものを持てないし肩も休ませたいので、左手・左肩で処理できるような荷物にしたいということになる。当面、お絵描きスタイルを、今までの「立って描く」スタイルから「座って描く」スタイルに改めた方が良さそうだ。
 つまり、絵を描く方もロースタイル、UL志向になってきたというわけである(笑)。

 今までもいろいろなイスを使ってきたが、今のお気に入りのイスはロゴスのこれ「 ロゴス チェア 7075トレックスツールM(私の物はブルー)」(実測296g)(左写真)。 同様に軽い物では、こういうタイプ「ロゴス チェア 7075ポケットスツール」(カタログ値280g)(右写真)もあるが、この足では柔らかな地面だとめり込んでしまうので私としてはNGである。これは絵を始める時、参考にした本で紹介されていた「グリベルのイス」の経験による。これは全てのアウトドア用イスについて言える私のチェックポイントである。

 170909 170909

 ちょっと違うタイプでもう少し軽い物はないかと探した結果、今日これ「DOPPELGANGERウルトラライトレッキングチェア C1-71」(240g、¥2,070-)が届いた。これの4本足のタイプもあるのだが、3本の方がより軽く小さいはずと思っていたのだが、やはり座り心地は四角の座面の方が良さそうだった。ちょっと残念。

 170909

 このイスも先の足元のチェックポイントからすれば疑問符がつきそうだが、これを選んだのは実は他にもちょっと考えるところがあったからだった。しかし、実物を見た感じでは予定していた使い方は難しそうだ。

*     *     *     *     *

 結局、現段階では最初に挙げたイスが最も良さそうだ。それを推薦するイスとして紹介しようと思ったが、今見れば結構高価なものになっている。
 amazonで見るだけでも似たようなイスがいくつも見つかる。もちろん大抵の物は私の物より安価だが、座面の高さ・大きさが異なる。また、フレームの分解・組み立てができるなど便利なものもある。最もわかりにくいのが座面の耐久性である。今の私の使っているものはなかなか良いと思うが、これが絶対良いとは言い切れない。
 結局、自己責任で選ぶしかなさそうだ。

①チェア 5603ポケットスツール
 軽いが高価。そして座面が小さく低い。

②アウトドア チェア コンパクトチェア スツール 釣り椅子 超軽量 小型 ウルトラライト
 この他にも同様のイスが何社かから出ている。各社とも大体2000円くらいまでの範囲である。
tb: --   cm: 0

iPad思案中(その2)  


 iPadをどうしようか考えていたらこんなもの「Bose SoundLink Revolve Bluetooth speaker」を見つけてしまった。Bluetooth接続の無線スピーカーである。
 Youtubeの音楽を教室のBGMにしてみたらどうだろうという発想だったのだが、そうなると通信制限が邪魔になる。
 試しにYoutubeの音楽をMP3に変換してみたが全く音質が違ってしまう。

 170908

 これを使うとなると、iPadの条件は全く異なってしまう。
 むしろiPhoneの方がそれにふさわしい。

 う~ん。 迷うなぁ。
tb: --   cm: 0

オキ床メッシュ (快速旅団)  


 「快速旅団」? それは何だ?という人も多いだろうと思う。
 私も今回初めて使わせていただいたが、北海道夕張市にあるアウトドアショップである。
 最初は、Facebookで「NSメスティン」やら、「グリルNo.5V(野炊士多/Outdoor cooking store)」を見たのが最初だった。
 なかなかユニークな商品を扱っている。しかも、夕張を拠点にしているというところが良いと思う。

 170908 170908

 いろいろ扱っている商品の中で気になるものもあった。個人的には「Pig stove」に最も関心を惹かれたが、当面そこまでの予定はないので、今回はまずこちら「オキ床メッシュ」
 これは、「belmont チタントライアングルストーブ」の円盤底板の代わりに設置するものである。頂点の一つがカットされているのはもちろん収納しやすくするためである。

 170908

 私の場合、これで使うストーブは基本的にはグルーブストーブ。もし炊飯で使う場合にはCFストーブになろう。
 グルーブストーブは五徳不要で最軽量のストーブの一つだが、belmont チタントライアングルストーブがあれば大きなクッカーでも使うことができるから都合が良いのだ。
 そして、今回これを購入したのは、もちろんちょっとした小枝や炭などを燃料にしたい場合にも丁度良いと思ったからだ。
 一面の窓を開けてしまえば、もっと使いやすくなるのかも知れないが、現在はそこまで考えていない。
#その時には、FIREBOXナノのように両端に穴を空けたら良いとは考えたが…。
 また、中央の穴には「エクセラレイター」も固定できるらしいのだが、そこまでは考えていない。

 170908 170908

 最近、日常的にはメスティンの出番が多い。
 個人的には、メスティン中心の最軽量のクッカーセットの一部として使ってみたいと思っている。
tb: --   cm: 0

iPadをどうするか…思案中  


 私の契約はau。iPadとガラケーの2台持ちで月々1万円近くかかっている。
 もともと、携帯でのメールはキーボードがないのであまり使う気がしない。もっとも今ではそれも少し増えてきたが…。
 視力は意外とそれほど悪くはないので裸眼でも新聞くらいは読める。それでもスマホの画面の小ささにはイライラが募りそうなので、iPadMiniを使っている。今のは2台目になる。

 そろそろiPadの2年間の縛りがとれて契約更新時期なので、次をどうしようか考えるため、病院の帰りにauショップに寄ってみた。
 今の機種をそのまま使い続けても月々の支払料金はちょっとバカバカしいとは思っていたから、iPad契約をやめにするか、次の機種で契約するかどちらかだろうと見通しはあった。しかし、新規購入だと今の機種は無駄になってしまう。なぜこんなもったいないシステムなんだろうという思いはある。

①iPhoneにまとめれば、8859円との見積もりが出た。私としてはこれはない。
②新規iPad(2GB3年契約)とガラケーとセット契約だとiPadが3860円になるという見積もりを薦められた。説明を受けている席の右壁に紹介されていたものだ(笑)。私の使い方だと1Gbも使っていないからこの選択はあり得る。
③iPadで契約をやめ(Wi-Fiだけにして)、ガラケーだけにする方法もある。こちらの可能性も考えている。

 今、②と③で揺れている。今月中の決断である。
tb: --   cm: 0

断裂していなかった肩腱板  


 本日は、2日のMRI の結果を受けて今後の手術の方針について、医師の話しを聞いてくる。そう覚悟して病院に出かけた。
 そのため、今後あるいくつかの予定を全てキャンセルしてあった。

 ところが「肩腱板は断裂していないねぇ。」とのお告げ。
 「えっ?どういうこと?」と思いながら、「腕を上げてみて?」と言われるままその動きをしてみると、確かに前回より確かに腕が上がってくる。つまり腱板は機能しているのだった。

 見苦しい画像で恐縮だが…。これが診断結果。ご覧のように鎖骨は完全に骨折している(苦笑)。
 これが腱板断裂なら、腕の骨のつけ根の丸い部分あたりに白く断裂が見えるのだそうだ。
 ただ、断裂していないからとは言え、何をしたことが引き金になっているのか不明だが、一時的にしろ、相当のダメージを受けていることには間違いない。肩の痛みは続いているが、以前より腕は少し上がるようになっており、このまま無理をしないでいけば、前ほどは回復しないかもしれないが、(多分)1ヶ月ほどで普通に生活できるようになるだろうとの診断。それでこのまま当分様子を見ながら回復を待つ…そんなことになった。難しい対応だが、その方が良いに決まっている。
 肩の骨の下部にちょっと突起があり、これが気になるんですが…と言ったら、「(もし私が)60歳くらいであれば、削っておきますか?というようなこともあるんだけど…」との回答。

 170904

 まあ、仕方ない。
 <不幸中の幸い>と考えるのが一番だろう。

 今後の生活にとって、気になるのはテニスのこと。
 「やっぱりテニスはやめた方が良いでしょうねぇ。まあやらなくても良いんですが…」
 「腕が動くようになればやっても良いんじゃない?」「そういうのをなくしたら生きている楽しみもないんじゃない?」との返事。
 「へ~」そういう考え方をしてくれるんだ。

 そうそう。たまたま飛び込んだ病院だったが、この医師は肩関節は専門であり、発表している論文の数も症例も多いらしい。良い医師にあたったと、私自身それも幸運だと喜んでいる。
tb: --   cm: 0

新たなイス(というより背もたれ)の発想  


 私の考えるキャンプはあくまでもロースタイル。
#それは主要な足として自転車を考えているからだが…。
 そして、ロースタイルには背もたれのようなものがないと腰が辛くなることは経験済みである。

 今のところ、その役割を担うものとして「クレイジークリー​ク・ヘックス2.0 オリジナルチェア」を考えていた。これを、可能ならマットとしても併用できないか?と思っていたのだ。まあこれを全面的にマット代わりにするのは辛いだろうが、補助的なマットとして…ということは十分可能だろう。

 ところが、続けざまに見た2本の動画で考え方が変わりつつある。

 一つは「ウルトラライトチェア(なんと75g) Litesmith QwikBack Ultralight Chair」。この発想は衝撃的だった。「支柱式」とでも呼んでみようか?
 170902

 たまたま、私の手許には、少し前に捨てたニーチェア(当時は1.3万円くらいだったから随分値上がりしている)のキャンバス地だけがあったので、これにトレッキングポールを組み合わせてみた。これだけでも十分行けそうだと思えた。
 しかし、キャンバス地の重量を量ったら何と565g。このままではあまり意味がない(笑)。ただ。この形式のイスも十分あり得ると思った。今のままで作ろうと思えばキャンバス地をカットしても良い(半分にカットしても十分使える)がちょっともったいないかな(笑)。
 でもこれなら、適当なポールさえあれば十分自作可能である。

 もう一つはこちら「The best ultralight camp chairs(6:00頃~)で見たもの。この発想も魅力的である。「ロープ式」とでも呼んでみよう。
 170902

 早速、一つ大きなリングを作って、左の肩にかけたバッグのヒモを右足に掛けるような形で背中を支えてみた。これはちょっと窮屈だし、片方だけでは後ろへの力を支えるのにはちょっと辛い。
 それではと、日常使用のリュックにもう一つリングを加えて、両膝で自分の背中を支える方法を考えてみた。この方法では(前者で可能だった)後ろへ倒れようとする力を支えることはできないが、ヒザの力である程度の後傾しようとする力を抑えることはできそうだ。
 私が考えるには、背中を支える構造をきちんと考えておいた方が良いように思う。私だったら背中部分に小さな布をあて、肩の上下から支える方法にするだろう。

 とちらも面白そうだが、まずは「支柱式」の方が簡単で効果的なイスができそうだ。
 重くとも300g以内にはしたいものだ。

 …なんて書いているが、本当につくるかどうかはかなり怪しい(笑)。
tb: --   cm: 0

橋下の私物化?  


 MRI 検査を受けてきた。20分ほどだが、身体を動かさずにいる事ってのはやっぱり辛いものだ。

*     *     *     *     *

 帰ってきて一眠りした後、ネットでこんなページ「橋の下の「スキマ」をオフィスにしちゃった男」を見つけた。
 170902

 私としてもこういうやり方を広めたい訳じゃない。ただ、少しくらい目を瞑って上げても良いじゃないか?という程度の気持ち。いずれ行政に撤去されることになるのだろうが、基本的には誰にも迷惑をかけているわけじゃないし、こういう発想は大好きである。
 日本で同じことをやったら、たいそうな犯罪を発見したかのような正義面した住民のご注進で、こういう仕事には熱心な行政が撤去に来るのだろうか(皮肉)?


tb: --   cm: 0

(肩)腱板断裂の症状  


 基本的には若い人には関係のない傷病かもしれないが気になる人もいるかもしれないし、何より、私の備忘録として定期的に書いていってみよう。

 まずは痛みの具合。
 肩の痛みはそろそろ落ち着いて来た。特に日中は他のことに気をとられているせいかあまり意識しないですんでいる。最も痛みを感じるのが夜。しかし、これもそれほどではないし、割り切って眠れるようになっている。

 次いで機能面。
 腕を水平にして挙げようとするとせいぜい肩ぐらいの高さまで。しかも力が入らない。だから上からちょっと抑えられただけで支えられない。
 腕を曲げて頭の上に直立させようとしても頭よりちょっと上に拳が出るくらい。しかも腕が伸ばせない。
 肩腱板というのはこういう腕の働きを支えているのだ。相当の力がかかっているに違いない。

 本日は教室だが室内なので右手にさえあまり負荷をかけなければ問題はない。
 絵筆を握っていると、腕を曲げて胸の高さで筆を操作しようとすると狙い通りにいかない。前方を描こうと思っても腕が伸ばせないまま。しかも思うにまかせない。
 こうしてみると、なかなか重要な役割を担っていることがわかる。

 私の場合には、非手術的治療では機能回復が不可能なため、何らかの手術的治療が必要になると思っている。
 問題は、それがどの程度の手術で済むか?ということになるだろう。
 最近は関節鏡法などというものもできているようだが、私の場合、今回の結果に至るまですでに間接を相当痛めつけているから恐らくなんらかのオープン法になるのではないかと思う。

 いずれにしても、MRIの結果とそれを診た医師の判断によって決まる。
tb: --   cm: 0

私の弱み…今度は「(肩)腱板断裂」  


 私の歳になると、あちこち悪いところが出てくるものらしいし、突然の大病、事故などで思いがけない障害を持つものも出てくるようだ。最近、そんな話しを聞くようになってきた。

 そんなこともあってだが、誰でも人は、他の人に言わなくても何らかの「弱み」を持っているものだと思った方が良さそうだ。

 私が自分で感じる弱みは右肩。
 最初は大学4年の時の学科内での野球試合。私は大学4年チーム。それまで野球ではセカンドとキャッチャーしかやったことがなかったのだがこの時はピッチャーに推された。張り切って(日頃殆ど投げていないのに)前日に投げすぎて当日は既に肩痛。簡単にノックアウトされる悲しい最初で最後のピッチャーデビューだった(笑)。この時毛細血管をやられたらしい、以来、肩の冷えを感じたり、強いボールを投げられなくなってしまった。
 次は42歳の時の地域の運動会での転倒・脱臼、そして、58歳、テニスでボールを深追いし過ぎての転倒・鎖骨骨折(結局癒合しなかった)。
 日常的に何らかの違和感を感じるのは仕方ない。絵を描く時にも絵を立てて描いていると肩が重くなってしまって続けられない。でもそんなことは本当に些細なこと。
 24日頃からその傷がうずき始めた。最近、骨折のことを忘れたて重い画材セットを持ち歩きすぎたかもしれない。どうやら癒合しなかった部分が剥離したのかもしれないと思う。骨折時の症状に近い。傷口から肩胛骨の内側に重い痛みがある。

 痛み出してからはもちろん肩を動かすような無謀なことはしていない、初日はともかく、2日目には少し落ち着いて来たのか、不思議なことだが、教室にいたり人と話したりする時には忘れていられる。しかし一人になると肩の痛さ、背中の鈍痛が堪える。
 25日夜は殆ど眠れなかった。昨夜は少し眠れたもののやはり背中の鈍痛で不眠が続いている。この痛さでは寝る前のルーチンも効果がない(笑)。どのような姿勢をとろうと鈍痛から逃れられないだけではなく、その痛みが増してくる感じなのだ。

 しかし26日、起きている時には違和感があっても不思議に痛みを感じないで済んでいる。ということはかなり精神的なものが大きいのだろうと思い至った。痛みというものには脳の誤作動もあったりするから、寝る時の痛みも、単に姿勢の問題だけではなく筋肉の緊張もあるような気がするので、今夜は寝る姿勢を考えてみよう。
 もちろん日常的には半年ほど、右手への負荷を避けようと思っている。

*     *     *     *     *

 27日頃、どうやら背中の鈍痛は、肩をかばいすぎる余りに精神的にも肉体的にも背中を意識しすぎているからだとわかった。一種の重い肩こり状態に陥っていたのだ。
 肩の痛みはそれはそれとして受け入れ、背中にまでその影響を及ぼさない意識の持ち方が重要なのだ。

 28日、胃カメラ検診の際に、専門外だけど事情を医者に話したら、とにかくレントゲンをとって状況を確認した方が良いとのこと。

*     *     *     *     *

 29日、昨日の話しを受けて、近くの病院・整形外科に行って診察を受けた。
 診察医は状況を視診と触診。そして私の話から別の傷病の目星をつけたらしい。
 今日はレントゲンとCTスキャン。
 今日の段階での診察結果は、鎖骨の問題ではなく、「(肩)腱板断裂」とのこと。つまり右手が肩より上に挙がらないのだ。
 どうやら原因は、脱臼や鎖骨骨折等で右肩を激しく打ち付けたことでダメージを受けている上に、テニスなどで肩を酷使していることも関係しているのだろう。おまけに絵の道具の重さ…というわけだ。

 170831

 
 まだMRI検査でどの程度の断裂状況なのかを見る必要があるが、あと10年ぐらい、(女性にはもう持てなくても良いから(笑))重いものを持てる身体でいたいから近いうちに手術ということになるだろう。

 よくまあいろいろなことが起きる右手だ。余程右利きなんだろうか?
tb: --   cm: 0

定例の胃カメラ検診  


 毎年のようにやっている胃カメラ検診に行ってきた。

 先日採取していた血液の結果、ちょっと中性脂肪とコレステロールが高めだが心配するほどじゃないと言われた他は、全く問題なし。ついでにやってもらったSPA検査も問題なし。

 その結果を聞いた後は胃カメラ検診。
 これまでの経験では、カメラを入れるのは口からの方が楽かもと思ったこともあったが、別に鼻からやっても変わりない。鼻からの方が使用する薬はよりやさしいという話しを聞いたので、最近は鼻からやってもらっている。
 これも短時間で終わり。レントゲン検査より、余程良くわかるし安心できる。
 いつもは「少し逆流性食道炎が見られる」との診察だったが、今年はそれもなし。

 この1年。少なくとも胃の心配はしなくても良さそうだ。もう暴飲暴食もしなくなったしね。
tb: --   cm: 0